茶の花 の俳句

茶の花 の俳句

茶の花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23321306/

茶の花 補遺

いつしか明けてゐる茶の花 種田山頭火 草木塔
うつ向きに仰向きに茶が咲いてをる 清崎敏郎
おからなど食べ茶の花の咲く日かな 藤田湘子
おもひでは茶の花のなつかしさ供へp 種田山頭火 自画像 落穂集
お茶の木は一つの花の良夜かな 渡邊水巴 富士
お茶の花うれしきときも俯きて 後藤比奈夫
お茶の花手に提げらるる壺にかな 後藤夜半 底紅
からたちの中に茶の花あはれなり 正岡子規 茶の花
けふあす何事もないやうに白く咲いた茶の花 中川一碧樓
ころがつてゐる茶の花のからびたる 清崎敏郎
しづごころ茶の花ひろひてのひらに 山口青邨
しほらしやつまれたる茶も花盛 正岡子規 茶の花
はるかなこゑ「茶の花がもう咲いてます」加藤秋邨
ほんのりと茶の花くもる霜夜哉 正岡子規 霜夜
一茶忌や茶の花つくとたださして 山口青邨
一輪挿けふ茶の花をほしと思ふ 石川桂郎 四温
住みなれて茶の花のひらいてはちる 種田山頭火 自画像 落穂集
侘寂もまこと茶の花葉かげなる 山口青邨
刈込に茶の花にほふ十三夜 水原秋櫻子 緑雲
医王寺の朝に逢ひ茶が咲けるなり 岡井省二 夏炉
南国の土佐も宿毛やお茶の花 石塚友二 玉縄以後
咲くからに散り散らかしてお茶の花 飯島晴子
喉いたき朝のめざめに茶が咲けり 水原秋櫻子 霜林
夕方がはや来茶の花日和かな 後藤比奈夫
寄りて見る茶の花の蕊うひうひし 山口誓子
庭下駄に茶の花摘まん霜日和 正岡子規 茶の花
掌にのせ茶の花を仰向かす 富安風生
提灯に茶の花しるき夜道かな 河東碧梧桐
散るは柿の葉咲くは茶の花ざかり 種田山頭火 草木塔
日にようて茶の花をかぐ命かな 飯田蛇笏 山廬集
日の縁や茶の花密に主婦の時 石川桂郎 含羞
日を恋ふるこれからか茶の花を挿し 細見綾子 冬薔薇
書庫白き茶の花白きわがゆきき 山口青邨
朝明の茶の花を見てゆきにけり 岡井省二 五劫集
木の花の咲くや甘茶の春が来て 平畑静塔
歩くことは考へること茶が咲けり 岸田稚魚 紅葉山
歪なる茶の花富士にはぢらはず 阿波野青畝
活けて久しき茶の花散りぬ土達磨 正岡子規 茶の花
犬蓼の花くふ馬や茶の煙 正岡子規 蓼の花
瓶原(みかのはら)とは日の暮の茶が咲いて 岡井省二 有時
甘藷蔓を茶の花垣に欝陶し 山口誓子
盛塩や茶の花籬もひとさかり 石田勝彦 秋興以後
眼の高さにて茶の花が咲くことも 岡井省二 夏炉
秋冷の碑を見つ仰ぐ四囲の山(矢筈山麓、京子碑『茶の花』の遺句に) 飯田龍太
秋雨や夜明に似たるお茶の花 渡邊水巴 白日
茶が咲いて*えりに日波のたちはじむ 岡井省二 有時
茶が咲いてしみじみ白を思ひ出す 加藤秋邨
茶が咲いて人よろこびす友の母 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
茶が咲いて吉備中山のひがしかな 大野林火 方円集 昭和四十九年
茶が咲いて土橋の上に日矢直立 大野林火 雪華 昭和三十六年
茶が咲いて肩のほとりの日暮かな 草間時彦
茶が咲きて驚き起す稿のあり 水原秋櫻子 残鐘
茶が咲きぬ素足が冷えぬおのづから 水原秋櫻子 霜林
茶が咲けば机催合ひし兄のこと 岡本眸
茶が咲けり働く声のちらばりて 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
茶が咲けり田舎教師の大き瞳よ 星野麥丘人
茶の花と共に日浴びの椅子を置く 水原秋櫻子 蘆雁以後
茶の花にうすもや載りて十日夜 大野林火 飛花集 昭和四十六年
茶の花にかげのきてゐる囮かな 百合山羽公 春園
茶の花にひねもすダムの水煙り 飯田龍太
茶の花にふつと老婆の匂せり 飯島晴子
茶の花にほのとゆくての夕がすみ 飯田龍太
茶の花にをさなき吾の睡りゐる 佐藤鬼房
茶の花に便り一行など惜しむ 中村汀女
茶の花に地蜂焼く炎のふれにけり 西島麦南 人音
茶の花に宇治は師走の天気かな 日野草城
茶の花に尚はつ春の日和かな 阿波野青畝
茶の花に押しつけてあるオートバイ 飯島晴子
茶の花に提灯あてて僕かな 阿波野青畝
茶の花に日月天衣無縫かな 後藤比奈夫
茶の花に月は知らねど日のやさしさ 後藤比奈夫
茶の花に梅の枯木を愛す哉 正岡子規 茶の花
茶の花に灯るいつかは還りこむ 加藤秋邨
茶の花に烟絶えたる香爐哉 正岡子規 茶の花
茶の花に空のギヤマン日翳せり 飯田蛇笏 山響集
茶の花に約るひかり十三夜 下村槐太 天涯
茶の花に藁火の埃かゝりけり 西島麦南 人音
茶の花に裏門遠き野寺かな 内藤鳴雪
茶の花に鰈乾したり門徒寺 正岡子規 茶の花
茶の花に鵯に寸暇のしあはせを 及川貞 夕焼
茶の花のあふるるはよし蘂の毬 山口青邨
茶の花のうひうひしくも黄を点じ 阿波野青畝
茶の花のこぼれてそつぽ向いてをる 清崎敏郎
茶の花のこぼれて白し月光に 山口青邨
茶の花のころがつてをる甃 富安風生
茶の花のこんなに咲いてゐる寒さ 飯島晴子
茶の花のするすると雨流しをり 波多野爽波
茶の花のちるばかりちらしておく 種田山頭火 草木塔
茶の花のつつめる蘂や山の雨 水原秋櫻子 晩華
茶の花のつぶやく年の名残かな 森澄雄
茶の花のところのみ日向の感じ 清崎敏郎
茶の花のひそかに蕋の日をいだく 長谷川素逝 暦日
茶の花のほとりにいつも師の一語 石田波郷
茶の花のぽちぽち咲きに怠けゐる 上田五千石『琥珀』補遺
茶の花のみなうつむきてふくよかに 山口青邨
茶の花の中にまじりて茶實哉 正岡子規 茶の花
茶の花の中手にふれてぬれにけり 右城暮石 句集外 昭和六年
茶の花の中行く旅や左富士 正岡子規 茶の花
茶の花の二十日あまりを我病めり 正岡子規 茶の花
茶の花の咲きて日和に心置く 後藤夜半 底紅
茶の花の咲くあたり見て遠く見る 波多野爽波
茶の花の大一番のふくよかに 山口青邨
茶の花の容うしなふ雨の昼 飯島晴子
茶の花の屡々黄なる没日かな 加藤秋邨
茶の花の思うツボなる美人哉 永田耕衣
茶の花の新らし銀の雨が降る 星野立子
茶の花の映りて水の澄む日かな 飯田龍太
茶の花の焚火煙にうつむくも 山口青邨
茶の花の盛り流人の如く佇つ 三橋鷹女
茶の花の茶の葉あるこそ恨みなれ 正岡子規 茶の花
茶の花の萎れて散るも昔かな 永田耕衣
茶の花の蕋のまづしき入り日かな 長谷川素逝 暦日
茶の花の蘂の雨粒暮色めく 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
茶の花の軽音楽は家から家 石川桂郎 含羞
茶の花の道の風筋明らむや 岸田稚魚 筍流し
茶の花はこぼれそめつゝ霜日和 西島麦南 人音
茶の花は雄蘂の奢り日は沈む 中村草田男
茶の花も時に燦たり飯を食ふ 右城暮石 句集外 昭和二十二年
茶の花も菅笠もさびし一人旅 飯田蛇笏 山廬集
茶の花やうしろ上りに東山 正岡子規 茶の花
茶の花や利休の像を床の上 正岡子規 茶の花
茶の花や坊主の頭五つ六つ 正岡子規 茶の花
茶の花や坊主頭の五つ六つ 正岡子規 茶の花
茶の花や客をもてなす乾鰈 正岡子規 茶の花
茶の花や庭にもあらず野にもあらず 正岡子規 茶の花
茶の花や庭のうしろの東山 正岡子規 茶の花
茶の花や横に見て行朝の不二 正岡子規 茶の花
茶の花や祠小暗き庭の隅 正岡子規 茶の花
茶の花や花を以てすれば梅の兄 正岡子規 茶の花
茶の花や藁屋の烟朝の月 正岡子規 茶の花
茶の花や詩僧を會す萬福寺 正岡子規 茶の花
茶の花や詩僧を會す黄檗寺 正岡子規 茶の花
茶の花や雨にぬれたる庭の石 正岡子規 茶の花
茶の花や霜にさびたる銀閣寺 正岡子規 茶の花
茶の花や霜に明行ふしの山 正岡子規 茶の花
茶の花をかざゝばいかに丸頭巾 正岡子規 頭巾
茶の花をときに伏眼の香と思ふ 飯田龍太
茶の花をまたいで出でつ墓の道 内藤鳴雪
茶の花を以て実存とす鼻の数 永田耕衣
茶の花を花生けに生けて爐をおこす 正岡子規 茶の花
茶の花を見出でしよりの冬用意 福田蓼汀 山火
茶の花を詠ひて女体おとろふる 下村槐太 天涯
茶の花を高く咲かせておもしろし 山口青邨
茶の花垣買物籠の主婦たちに 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
茶の花小粒わが死後に誰嘆かむや 秋元不死男
荏苒といふ日茶が咲きそれが焦げ 後藤比奈夫
菓子赤く茶の花白き忌日哉 正岡子規 茶の花
藪陰に茶の花咲きぬ寺の道 正岡子規 茶の花
藪陰に茶の花白し晝の月 正岡子規 茶の花
西国の茶の花を眼で慈しみ 桂信子「草影」以後
見てをりし茶の花昃るずんずんと 阿波野青畝
谷戸ともりそめ茶の花の夕べつぶら 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
野はづれに茶の花は誰が別莊ぞ 正岡子規 茶の花
野阜や一と株の茶の花ざかり 飯田蛇笏 山廬集
雪嶺の前朴の花朝茶の湯 山口青邨
飯移す香やはればれと茶が咲いて 岡本眸
香を立たせ茶の花に日の移り来し 稲畑汀子
麺茹でて顔濡らしをりお茶の花 岡本眸

茶の花 続補遺

ちやのはなやほるゝ人なき笑聖女 越人
ちやのはなや雲雀鳴日もあれば有 加藤曉台
人事もよい事はいへ茶の花香 舎羅
住ばかく茶の花垣ぞうらやまし 加舎白雄
初雪や見るうちに茶の花は花 千代尼
朝霜の花も奥あり茶の木原 去来
茶の花にきゞす鳴也谷の坊 黒柳召波
茶の花にたとへんもの歟寂栞 加舎白雄
茶の花になかぬ鴬朝かな 尚白
茶の花にツゝホ拾ふや鳥の声 里東
茶の花に今般の雉子かくれけり 加舎白雄
茶の花に兎の耳のさはる哉 加藤曉台
茶の花に寺はたふとし油あげ 吾仲
茶の花に引れて恋のほつれけり りん女
茶の花に此里床し美濃だより 支考
茶の花に老の寝覚や軒*並び 中川乙由
茶の花のあるじや庭に誰居らず 凉菟
茶の花のつぼみて寒し九月尽 仙化
茶の花の世にはさし出ぬ匂ひ哉 正秀
茶の花の今日は卒都婆を匂はする 錦江女
茶の花の夜は三日月のにほひかな 井上士朗
茶の花の時や名もなき夕日山 牧童
茶の花の皺ものしたり小六月 浪化
茶の花の見付られたる枯野哉 使帆
茶の花の霜に起行あらし哉 路健
茶の花の首から上や水仙花 許六
茶の花の香や冬枯の興聖寺 許六
茶の花の香や葉がくれの玉川子 高井几董
茶の花は御時分柄の見物哉 知足
茶の花も帋子も見へて冬近し 望月宋屋
茶の花を折行人や物静 三宅嘯山
蕎麦の花なら茶の花はなかりけり 浪化

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング