神渡し の俳句

神渡し の俳句

神渡し の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22922673/

神渡し 補遺

つかつかと神渡りくる鵙の雨 角川源義
出雲風土記遠江風土記神渡し 百合山羽公 樂土以後
寺の鐘唸りしもあり神渡し 阿波野青畝
山の木々一夜に痩せし神渡 稲畑汀子
巌避けて船危しや神渡し 能村登四郎
御神渡り諏訪法性の兜とは 水原秋櫻子 蓬壺
汀にて音あり影あり神わたし 岡井省二 大日
碑を包む幕剥がさむと神渡し 阿波野青畝
神渡し七島もつとも潮げむり 石田勝彦 雙杵
神渡し馬の薬を日日煎ず 下村槐太 光背
神渡りとて散るものも飛ぶものも 稲畑汀子
腑におちし蛸の足なり神わたし 岡井省二 鯛の鯛

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。