山茶花 の俳句

山茶花 の俳句

山茶花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25086509/

山茶花 補遺

「とばしる山茶花」狐咥えた花一枚(ひら) 金子兜太
さざんくわの白がきまりや風鶴忌 星野麥丘人
ちりしきてある山茶花に日短き 右城暮石 句集外 昭和六年
はかなさは 散る山茶花か 綿虫か 伊丹三樹彦
ひそかにも山茶花は世の音に馴れ 飯田龍太
ふと咲けば山茶花の散りはじめかな 平井照敏 天上大風
また逢へた山茶花も咲いてゐる 種田山頭火 草木塔
わが庭の山茶花を賞め人通る 森澄雄
ポストヘの径吾が径に山茶花散る 細見綾子
一幹の 日影 日おもて 山茶花散る 伊丹三樹彦
一日に一度は見上ぐ山茶花を 細見綾子
一樹満白の山茶花 添水音 伊丹三樹彦
一瞬の豪華山茶花花吹雪 山口青邨
不忠不孝の人山茶花の真くれなゐ 飯島晴子
乱雑に山茶花散るよ泣く子にも 金子兜太
佳き石のあれば山茶花散りおほふ 水原秋櫻子 殉教
傘は、山茶花に曇りときどき雨と言う 荻原井泉水
咳込めば山茶花の白宙に舞ふ 中村苑子
墨染のうすしとも見え山茶花に 原石鼎 花影以後
夕焼のうすれ山茶花も散りゆくか 渡邊水巴 白日
多摩川が見え山茶花に煙草買ふ 渡邊水巴 富士
女家族は紙屑多し山茶花散る 中村草田男
室生細径愕然と山茶花発華 金子兜太
宴のはて山茶花を嗅ぎゆきし人 佐藤鬼房
小鳥来る山茶花一つ花咲かせ 山口青邨
山茶花が咲きつぎ散りつぎあはれがる 細見綾子
山茶花が咲きて日数のみづみづし 細見綾子
山茶花で閉づる夕や風鶴忌 斎藤玄 狩眼
山茶花と椿の実とや見比ぶる 三橋敏雄
山茶花に ほうほうの声憚らず 伊丹三樹彦
山茶花に 出湯帰りの子規現われよ 伊丹三樹彦
山茶花に 声呑む仲間 良しとする 伊丹三樹彦
山茶花に 娶らず逝きし子規のこと 伊丹三樹彦
山茶花に 対座の背骨立て直す 伊丹三樹彦
山茶花に 憲吉がもう居ないとは 伊丹三樹彦
山茶花に 生死大事の声ひびく 伊丹三樹彦
山茶花に 陽のうつろいの 永座り 伊丹三樹彦
山茶花にあるは霙の降る日かな 河東碧梧桐
山茶花にいつより得たる病なる 安住敦
山茶花にひとりを好む家居しぬ 富安風生
山茶花にふれたき思ひ家を発つ 野見山朱鳥 愁絶
山茶花に今日虻も出ず人も来ず 星野立子
山茶花に入日を惜しむ時津風 飯田蛇笏 椿花集
山茶花に南受ける書齋哉 正岡子規 山茶花
山茶花に口つぐみゐて呼び鈴を 森澄雄
山茶花に垣穂の渡し見晴れけり 飯田蛇笏 山廬集
山茶花に天城の瀬鳴かはらねど 上田五千石『天路』補遺
山茶花に影きせかけて餘生感 古舘曹人 砂の音
山茶花に戀ならで病める女あり 正岡子規 山茶花
山茶花に指折るは 亡き友の数 伊丹三樹彦
山茶花に新聞遲き場末哉 正岡子規 山茶花
山茶花に暫しの西日とどめをり 上村占魚 鮎
山茶花に月の霰やそゞろなる 西島麦南 人音
山茶花に月夜いみじき二三日 細見綾子
山茶花に無常迅速言はずとも 後藤比奈夫
山茶花に犬の子眠る日和かな 正岡子規 山茶花
山茶花に猶なまめくや頽れ門 正岡子規 山茶花
山茶花に花に鉋屑吹く柱立 正岡子規 山茶花
山茶花に鉦鳴らす庵の尼か僧か 正岡子規 山茶花
山茶花の こころごころの 雪蛍 伊丹三樹彦
山茶花の 咲いても 散っても まくれない 伊丹三樹彦
山茶花の 散るにためらう 雪蛍 伊丹三樹彦
山茶花の 落花用意の 白加減 伊丹三樹彦
山茶花の 風を殺して 咲ききって 伊丹三樹彦
山茶花のあたり寒うに夜のけぶる 右城暮石 句集外 昭和十三年
山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子
山茶花のこぼれかゝるやかなめ垣 正岡子規 山茶花
山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤秋邨
山茶花のこゝを書齋と定めたり 正岡子規 山茶花
山茶花のとばしる水に舟を行る 木村蕪城 寒泉
山茶花のどの木の下も花散れる 右城暮石 句集外 平成三年
山茶花のひとひら 落ちきるまでの 坐視 伊丹三樹彦
山茶花のふちのくれなゐ日あたれる 森澄雄
山茶花のみだれやうすき天の川 渡邊水巴 白日
山茶花のみちのくびとに媚びて咲く 山口青邨
山茶花の一とたび凍てて咲きし花 細見綾子
山茶花の一輪咲て秋暮れぬ 正岡子規 秋の暮
山茶花の全身の花夕日まみれ 細見綾子
山茶花の前に夫婦の草履干す 廣瀬直人
山茶花の匂ふがごとく散り敷ける 日野草城
山茶花の午後深くして低き声 草間時彦 櫻山
山茶花の咲きうすれたる花の紅 右城暮石 句集外 昭和六年
山茶花の咲きつづくこと散りつづくこと 山口青邨
山茶花の咲きどき 散りどき 肯いつ 伊丹三樹彦
山茶花の咲くより散りてあたらしき 日野草城
山茶花の咲く庭ありて大藁家 村山故郷
山茶花の垣に挿し過ぐ落穂かな 渡邊水巴 白日
山茶花の垣に銀杏の落葉哉 正岡子規 山茶花
山茶花の垣の内にも山茶花や 正岡子規 山茶花
山茶花の垣根に人を尋ねけり 正岡子規 山茶花
山茶花の垣湖の衝立に 山口誓子
山茶花の大樹花満つ鶴の村 野見山朱鳥 運命
山茶花の大輪旦暮おだやかに 中村汀女
山茶花の山陰に散り波の音 松崎鉄之介
山茶花の庭より魚板打ちて訪ふ 後藤比奈夫
山茶花の散って くれない ひたすらな 伊丹三樹彦
山茶花の散って 地明かり ほむらあかり 伊丹三樹彦
山茶花の散っている間の 息使い 伊丹三樹彦
山茶花の散つて集まる水の裏 斎藤玄 狩眼
山茶花の散りざま 一つ一つ違う 伊丹三樹彦
山茶花の散りしく月夜つづきけり 山口青邨
山茶花の散りし一ひら日を経たり 清崎敏郎
山茶花の散りたきときに魚板鳴る 後藤比奈夫
山茶花の散りためろうも 着地まで 伊丹三樹彦
山茶花の散るからに 咲くからに ああ 伊丹三樹彦
山茶花の散るさへ黒き眼鏡越し 渡邊水巴 白日
山茶花の散るに すっとぶ消防車 伊丹三樹彦
山茶花の散るに 粟立つ 雨後の土 伊丹三樹彦
山茶花の散るをいたみし言葉かな 原裕 青垣
山茶花の散る裏門や館舩 正岡子規 山茶花
山茶花の散る辻幾つ伊賀上野 伊丹三樹彦
山茶花の散れば花びらおびただし 山口青邨
山茶花の散華 いぶしよ 敏郎よ 伊丹三樹彦
山茶花の散華に 櫂を与えんか 伊丹三樹彦
山茶花の日の消えぎはを母歩く 森澄雄
山茶花の早や咲きてをり散りてをり 右城暮石 句集外 平成元年
山茶花の暮れゆきすでに月夜なる 水原秋櫻子 重陽
山茶花の月の涙となり散りぬ 山口青邨
山茶花の桃色うすく淡かりし(丹波の家の庭) 細見綾子
山茶花の椽にこほるゝ日和哉 正岡子規 山茶花
山茶花の白い血痕 ギャバン逝く 楠本憲吉 方壺集
山茶花の白の充実健気なる 楠本憲吉 孤客
山茶花の白妙にこぼれたる白き 山口青邨
山茶花の白尋め行くや石鼎忌 原裕 青垣
山茶花の箔こぼれつぐ月夜かな 鷹羽狩行
山茶花の簷にも白く散りたまり 杉田久女
山茶花の紅つきまぜよゐのこ餅 杉田久女
山茶花の紅を見る苦労かな 飯島晴子
山茶花の紅白を見る日に招ず 岡井省二 有時
山茶花の累ねの白や惜命忌 星野麥丘人
山茶花の脆きところにひしと触る 斎藤玄 狩眼
山茶花の花の田舎や納豆汁 河東碧梧桐
山茶花の花びらにして月に敷く 古舘曹人 砂の音
山茶花の花よれ~の小春かな 原石鼎 花影
山茶花の花下に無心の 刻一刻 伊丹三樹彦
山茶花の花屑のみの砂地掃く 木村蕪城 寒泉
山茶花の花屑を溜め組紐屋 飴山實 次の花
山茶花の花散る月夜子は育つ 有馬朗人 母国
山茶花の落暉しばらくみだれけり 飯田龍太
山茶花の落花とをどる霰かな 原石鼎 花影
山茶花の落花並べは 神遊び 伊丹三樹彦
山茶花の落花新鮮なり掃くな 日野草城
山茶花の落英銀のあぶみより 原石鼎 花影
山茶花の葉混み離れし 落花の紅 伊丹三樹彦
山茶花の葉滑る花や霜の上 原石鼎 花影
山茶花の蕾そろひぬ初時雨 山口青邨
山茶花の蕾む桃いろ初仲人 古沢太穂 火雲
山茶花の貝の如くに散りにけり 山口青邨
山茶花の赤き斑に打ち雨かすか 渡邊白泉
山茶花の金の蘂病癒えしかな 石田波郷
山茶花の陽にあまえるは ゆるされて 伊丹三樹彦
山茶花の霜や産月に辿りつく 森澄雄
山茶花は咲く花よりも散つてゐる 細見綾子 雉子
山茶花は漱石の花一枝折る 草間時彦 中年
山茶花は紅く川泥やはらかき 飯島晴子
山茶花へ毎年の顆 今年の顔 伊丹三樹彦
山茶花も馳せ加はりし秋日和 相生垣瓜人 負暄
山茶花やまでやはらかき墓の土 正岡子規 山茶花
山茶花や墓をとりまくかなめ垣 正岡子規 山茶花
山茶花や子供遊ばす芝の上 正岡子規 山茶花
山茶花や爐を開きたる南受 正岡子規 山茶花
山茶花や病みて琴ひく思ひ者 正岡子規 山茶花
山茶花や石燈籠の鳥の糞 正岡子規 山茶花
山茶花や窓に影さす飯時分 正岡子規山茶花
山茶花や鳥居小き胞衣の神 正岡子規 山茶花
山茶花を垣とはいへぬ程に疎に 清崎敏郎
山茶花を待たせて人を招じけり 斎藤玄 雁道
山茶花を折り戻りたる炬燵哉 右城暮石 句集外 昭和六年
山茶花を炭火のそばによせて見る 右城暮石 句集外 昭和五年
山茶花を雀のこぼす日和哉 正岡子規 山茶花
山茶花囁やくごとく散る汝幸せか 楠本憲吉 孤客
山茶花散る倫旨を宝木地師村 松崎鉄之介
山茶花散る早鞆の瀬の鳴るなべに 上田五千石『天路』補遺
山茶花経あらば唱えん 花下に在り 伊丹三樹彦
山鳩の雌雄の塒 紅山茶花 伊丹三樹彦
師の孫の若しよ山茶花の隠岐に 金子兜太
帰り来よ児よ山茶花うごかないはな 中川一碧樓
年の暮凍て山茶花が星宿す 細見綾子
弁天の山茶花折つて挿す句会 山口青邨
思案仏である 山茶花が散るからか 伊丹三樹彦
掃き寄せる凍てて散りたる山茶花を 細見綾子
散り山茶花 つらぬき 幹の影著し 伊丹三樹彦
散り急ぐ山茶花 磁場のあるような 伊丹三樹彦
散り敷いて 褪せるを知らず 紅山茶花 伊丹三樹彦
散るたびに山茶花を水はこびけり 平井照敏
敷きつめて 散り山茶花の 重ならず 伊丹三樹彦
旅の山茶花三日遊べば三日散る 楠本憲吉 孤客
智恵伊豆の墓の山茶花いま盛り 山口青邨
月夜にも山茶花がちる止めどなし 細見綾子
杉垣に山茶花散るや野の小家 正岡子規 山茶花
板塀に山茶花見ゆる梢哉 正岡子規 山茶花
板塀や山茶花見ゆる末ばかり 正岡子規 山茶花
植木屋の垣の山茶花咲きにけり 正岡子規 山茶花
植木屋の山茶花早く咲にけり 正岡子規 山茶花
死期明らかなり山茶花の咲き誇る 中川一碧樓
母の忌や山茶花の白つつましく 鈴木真砂女 紫木蓮
流涕や山茶花色にかぎらるる 斎藤玄 狩眼
涙のごと山茶花こぼす切通し 楠本憲吉 孤客
深夜帰宅山茶花踏絵の如く踏み 楠本憲吉 方壺集
湯ぼてりの身に 山茶花の散るは 散るは 伊丹三樹彦
濡いろの山茶花崖に初弁天 石橋秀野
無産階級の山茶花べたべた咲くに任す 中川一碧樓
片々と山茶花が散り母の濡れ手 細見綾子
白を遂げむと山茶花の死に尽し 斎藤玄 狩眼
白砂を治め山茶花落花のみ掃くらん 中村草田男
神籤と見たは山茶花 宵祭 伊丹三樹彦
箱屋の横さんざん山茶花くもりけり 飯島晴子
紅山茶花に迎へるものは首の桶 飯島晴子
紅山茶花の真南を疾風雲 飯田龍太
純白考 山茶花を見て 雲を見て 伊丹三樹彦
結び籤と見たは山茶花 宵祭 伊丹三樹彦
考える膝の女ら 山茶花散る 伊丹三樹彦
腐つまで散り山茶花の花の反り 細見綾子
色街で尽きる坂とか山茶花撒き 楠本憲吉 孤客
花びらの裏に何ある 敷き山茶花 伊丹三樹彦
華山忌の山茶花映えを眉宇にして 上田五千石『琥珀』補遺
蕊残りなほも花相や日の山茶花 香西照雄 素心
覇者の地に山茶花の白まぎれなし 佐藤鬼房
言問えば 山茶花にただ座すとのみ 伊丹三樹彦
詔書渙発桶の山茶花しづかにも 渡邊水巴 富士
跪坐石の跡に山茶花散り敷ける 水原秋櫻子 殉教
金こぞる蕋の山茶花 草城忌 伊丹三樹彦
金蠅をのせ山茶花の弁凹む 伊丹三樹彦
降つてくる落葉山茶花の花びらも 山口青邨
陽に酔う僕 山茶花の散る只今は 伊丹三樹彦
雨の山茶花の散るでもなく 種田山頭火 草木塔
青苔に山茶花にほふ神迎 水原秋櫻子 玄魚
風の日は山茶花の紅咲き溢れ 廣瀬直人
魂込めて創(つく)りしか散り残りし山茶花 金子兜太
鳥影の往来は許し 山茶花散る 伊丹三樹彦
鳥獣の往来はゆるし 山茶花散る 伊丹三樹彦

山茶花 続補遺

きさらぎや山茶花寒きわすれ花 松岡青蘿
壁ぬりが山茶花折にもどりけり 成田蒼虬
山茶花にけぶり残るや種がしま 成田蒼虬
山茶花によその目覚す姿かな 秋色 みかへり松
山茶花に手をかけたれば時雨けり 井上士朗
山茶花に茶の湯も好ずの孫 諷竹
山茶花に茶をはなれたる茶人哉 北枝
山茶花に行かさびしき下駄の音 成田蒼虬
山茶花のあるだけ寒し松の庭 桜井梅室
山茶花のをはりしほらし春の雪 松岡青蘿
山茶花の傍に日の照る椿哉 魯九
山茶花の力や枝にわけらるゝ 陽和
山茶花の只今咲て散にけり 尚白
山茶花の散煩はぬりき世哉 我峰
山茶花の陰にいますか浪化仏 樗良
山茶花は元より開く帰り花 車庸
山茶花もふた木はもたぬ宗佐哉 鈴木道彦
山茶花をながめてねばし基の相手 秋之坊
山茶花を折とて見けり爪の伸 鈴木道彦
山茶花を旅人に見する伏見哉 西鶴
山茶花を椿ときくも草枕 成田蒼虬
庚申や山茶花すでに開る夜 露沾 勧進牒
折こゝろにも山茶花は冬木かな 寥松 八朶園句纂
折れ散もてあましけりな山茶花 尚白

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング