朴落葉 の俳句

朴落葉 の俳句

朴落葉 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23327064/

朴落葉 補遺

あめつちのあひだふと翔つ朴落葉 長谷川素逝 暦日
いちまいの朴の落葉のありしあと 長谷川素逝 暦日
しき重ね朴の落葉の夥し 高野素十
しろがねもくろがねも表裏朴落葉 山口青邨
その上ミの大根畑にも朴落葉 岡井省二 鹿野
ながらへて誰よりも鈍(どん)朴落葉 佐藤鬼房
はなれたる朴の落葉のくるあひだ 長谷川素逝 暦日
ひと日かけ裏返りたる朴落葉 桂信子「草影」以後
まつすぐに落つ雨の日の朴落葉 草間時彦
一枚の朴落葉手に日短し 右城暮石 句集外 昭和三十四年
一枚の音を加へし朴落葉 鷹羽狩行
二三枚朴の落葉の重ならず 高野素十
五六枚朴の落葉の集まりし 高野素十
何枚も要らざる朴の落葉かな 後藤比奈夫
包むものなき朴落葉二三枚 後藤比奈夫
厚朴落葉みるみる雨のなごみけり 飯田蛇笏 白嶽
嫌な顔して居る羅漢朴落葉 阿波野青畝
山径や落葉の上の朴落葉 石塚友二 磊[カイ]集
山賤の小便桶に朴落葉 阿波野青畝
布のごと乾きしものに朴落葉 上村占魚
師の留守の朴の落葉を拾ひけり 山田みづえ 木語
径あれば待たるるごとし朴落葉 岡本眸
待ちくれしごとくに朴の落葉かな 上田五千石 琥珀
木洩日にするすると消ゆ朴落葉 松村蒼石 雪
木簡にあらずありたる朴落葉 後藤比奈夫
朴の木の 朴の落葉の かなしさよ 富澤赤黄男
朴落葉いま銀となりうらがへる 山口青邨
朴落葉かさと落ち朱塗椀貰ふ(福久清一さん来る) 細見綾子
朴落葉して洞然と御空かな 川端茅舎
朴落葉せりこの上に前登志夫 右城暮石 天水
朴落葉せり一枚も残さずに 右城暮石 散歩圏
朴落葉だんだん鉄となりゆける 山口青邨
朴落葉ちんちんもがもが蹴とばされ 阿波野青畝
朴落葉には非ねどもさも似たり 阿波野青畝
朴落葉ぬるで紅葉の谷間かな 河東碧梧桐
朴落葉はなれて天の刻ゆらぐ 長谷川素逝 暦日
朴落葉ひき入れつよき底流れ 橋本多佳子
朴落葉まつたく谷の明かるくて 佐藤鬼房
朴落葉わが靴のせてかさと言ひぬ 山口青邨
朴落葉わが靴のせるべくありぬ 山口青邨
朴落葉インド民芸品に似て 高田風人子
朴落葉ハンドバッグに収まらず 阿波野青畝
朴落葉俳諧の一舎残らまし 河東碧梧桐
朴落葉光琳笹を打ちにけり 川端茅舎
朴落葉家持とこゑ出でにけり 岡井省二 猩々
朴落葉少しの風に遠く飛ぶ 虹立つ 細見綾子
朴落葉巻く法螺貝のごと蹴りもして 山口青邨
朴落葉手にしてゆけば風あたる 篠原梵 年々去来の花 雨
朴落葉拾ひて今日の至福とす 山田みづえ 忘
朴落葉拾ひて卑しからざりし 後藤比奈夫
朴落葉拾ひて思ひ屈しけり 岸田稚魚
朴落葉拾ひて思ふこと自由 後藤比奈夫
朴落葉掃き舞はしたる不覚かな 岸田稚魚 筍流し
朴落葉枝と訣るる声耳に 富安風生
朴落葉母亡き地にからびけり 石田波郷
朴落葉浴後の膝にもてあそぶ 岡本眸
朴落葉真正面より吹かれくる 桂信子 草影
朴落葉硝子戸一枚一枚映す 細見綾子
朴落葉筆置にせりいく日ぞ 石川桂郎 四温
朴落葉花の香のして焚かれけり 大野林火 飛花集 昭和四十六年
朴落葉落ちてひろがる山の空 森澄雄
朴落葉重なり乾くひとところ 右城暮石 句集外 昭和六十二年
朴落葉鉄板のごとうち敷ける 山口青邨
朴落葉鋼の硬さもて乾反る 富安風生
朴落葉降らして天は傷もなし 藤田湘子 てんてん
橋の上朴の落葉の飛び来り 阿波野青畝
水もれの半生であり朴落葉 佐藤鬼房
水底にむらさきつよし朴落葉 大野林火 飛花集 昭和四十三年
波郷忌の濃紫あり朴落葉 石田勝彦 百千
炉の灰に朴の落葉が火と燃ゆる 阿波野青畝
生涯にこの一音を朴落葉 有馬朗人 非稀
生涯の乳児をさがす朴落葉 橋閒石 卯
神さびや供米うちたる朴落葉 飯田蛇笏 山廬集
笹原に大き落葉は朴落葉 山口青邨
茸多く朴の落葉の夥し 松本たかし
落葉とは分けてありたる朴落葉 後藤比奈夫
血圧上るほど散るよ散る朴落葉 金子兜太
表より裏に光や朴落葉 後藤比奈夫
裏乾き表濡れたる朴落葉 福田蓼汀 山火
足すこし曳くに気づきぬ朴落葉 岡本眸
銅滓の道朴落葉したりけり 阿波野青畝
露の日の朴の落葉に干菓子盛る 角川源義
頭の上を雲ゆく重さ朴落葉 藤田湘子 途上
風童子朴の落葉を面に為し 佐藤鬼房
驥尾に付すつもりはなかり朴落葉 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング