帰り花 の俳句

帰り花 の俳句

帰り花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23321233/

帰り花 補遺

あふひすみれ葵の紋章返り花 山口青邨
いつもこのここの桜の返り花 右城暮石 虻峠
いとけなき水照り日すがら返り花 飯田龍太
いま少し時を惜しめと返り花 鷹羽狩行
うしろより日のすり抜ける帰り花 岸田稚魚
うすものゝもとの老妓に帰り咲く 百合山羽公 故園
おかげ咲きなり本山の返り花 右城暮石 上下
かく咲けり返り花には遅すぎて 鷹羽狩行
からたちに返り花なし泉洞寺 雨滴集 星野麥丘人
ぐみの木に返り花あり花川戸 細見綾子
こころより遠きところの帰り花 後藤比奈夫
このごろの日照時間帰り花 後藤夜半 底紅
この堂に看経ひとり返り花 清崎敏郎
こめかみに血の薄くなる返り花 飯島晴子
こもごもに人目恋しき返り花 飯田龍太
これはまた花を大きく返り花 鷹羽狩行
これは媛これは命の返り花 鷹羽狩行
さまざまな顔ある国の返り花 飯田龍太
しだるるもまじり西湖の狂ひ花 鷹羽狩行
せきたてることなき一日返り花 鷹羽狩行
それぞれの世過ぎを忘れ返り花 飯田龍太
たんぽぽの数へられゐる返り花 石田勝彦 秋興以後
だしぬけにをんなわらへり返り花 伊丹三樹彦
つつじなり瑠瑞光院に返り花 山口青邨
つめたさの中にあやめの返り花(唐招提寺芭蕉忌(十一月十三日)) 細見綾子
なかなかに咲くあはれさよ歸り花 正岡子規 帰り花
はかなしや不二をかさして歸り花 正岡子規 帰り花
はたと逢ひ逢へさうで逢ひ帰り花 後藤比奈夫
ひえびえと囁きあへる返り花 飯田龍太
ひとつふたつみつつ杏の返り花 山口青邨
ひらひらと日向山吹返り咲く 臼田亜浪 旅人 抄
ゆきずりにみつけてうれし帰り花 日野草城
よみがへる命の祈り返り花 稲畑汀子
わが庭に狂ふもの杏返り花 山口青邨
一枚も葉の残らずに返り花 右城暮石 句集外 昭和六年
一片の三日月一輪の返り花 山口青邨
一輪のつつじ返り咲く雨ひややか 山口青邨
一輪の乞食も場所の返り花 鷹羽狩行
亡き妻に蝕れし師の文返り花 松崎鉄之介
亦あらむ返り咲きたる悔なども 相生垣瓜人 明治草
人の世に帰り咲くてふことありて 後藤比奈夫
人の世に花を絶やさず返り花 鷹羽狩行
人の世のけがれどこかに帰り花 鷹羽狩行
人肌の匂うがごとし帰り花 橋閒石 和栲
仏恩のあまねきごとし返り花 鷹羽狩行
仰ぎたるところにありし返り花 清崎敏郎
何もかも昔あやめの返り花 高野素十
傘細くすぼめくぐりぬ返り花 山口青邨
入相の鐘に開くか歸り花 正岡子規 帰り花
公達の御成の小家や歸り花 正岡子規 帰り花
六十路尽きつつ白一輪の返り花 古沢太穂 捲かるる鴎以後
北見れば南を忘れ返り花 藤田湘子
十月や畑は梨の返り花 正岡子規 十月
午後にだけ日あたるところ狂ひ花 鷹羽狩行
南天の村南天の返り花 高野素十
友として妻ゐる返り花ざかり 上田五千石 琥珀
咲きざまの返り花とも思はれず 清崎敏郎
咲きし日も散る日も知らず返り花 福田蓼汀 秋風挽歌
四季咲きに非ざる木瓜の返り花 右城暮石 散歩圏
土佐の海ぬくしつつじの返り花 右城暮石 句集外 昭和四十八年
声を掛け合ひたき帰り花同士 後藤比奈夫
夕月のありしあやめの返り花 高野素十
夕風のわたれば寒し帰り花 日野草城
天声の一語の如く返り花 上野泰
太陽に嬉々とゆすらの返り花 野見山朱鳥 愁絶
容赦なき月日のひまの帰り花 岡本眸
寒鯉のときに陣解く 返り花 伊丹三樹彦
寺の茶の日向臭くて返り花 岡本眸
小川淀み縄文の菖蒲返り咲く 山口青邨
小社の大鷲(おほとり)さまの返り花 亭午 星野麥丘人
屋根の上の火山灰掃く返り花 岡本眸
履まざりし父の遺言返り花 上田五千石 天路
山の上に近くて畑の帰り花 右城暮石 句集外 昭和十一年
山の溜息かも知れず返り花 鷹羽狩行
山吹のただ一花だけ返り花 細見綾子
山吹の返り花など無けれども 高野素十
山裾に茎の骨ばる帰り花 佐藤鬼房
川ありて岸あり岸の返り花 橋閒石 微光
川崎や畠は梨の歸り花 正岡子規 帰り花
帰り咲いてさくらの里と呼ばれけり 阿波野青畝
帰り咲いて一重桜となりにけり 阿波野青畝
帰り咲き情を受くるつもりなし 後藤比奈夫
帰り咲くつつじやさしや紅さして 山口青邨
帰り咲くところの枝をまじへたる 後藤夜半 翠黛
帰り咲く木のあり尼僧咳秘むる 臼田亜郎 定本亜浪句集
帰り花あはれ咲きけりはつはつに 日野草城
帰り花この晴天の果ては雨 波多野爽波 鋪道の花
帰り花ざかりと聞けば誘はるる 上田五千石『琥珀』補遺
帰り花したる李の木の親し 高野素十
帰り花つけてかへつて淋しき枝 後藤比奈夫
帰り花とてもためらひ許されず 後藤比奈夫
帰り花とほき木末に幽かなる 日野草城
帰り花まことに咲けり歩みよる 日野草城
帰り花兄妹睦びあひにけり 安住敦
帰り花日かげりぬればさやかなる 日野草城
帰り花昔は首級貴びし 後藤比奈夫
帰り花枝に遠慮をしてをりぬ 後藤比奈夫
帰り花死者は還らぬものと知り 鈴木真砂女 紫木蓮
帰り花石を逸れたる風一筋 岸田稚魚 筍流し
帰り花身は荒草(いらくさ)の花ながら 中村苑子
帰り花顔冷ゆるまでおもひごと 岸田稚魚 筍流し
帰り花鶴折るうちに折り殺す 赤尾兜子 歳華集
年寄が人のぞきをり返り花 臼田亜浪 旅人 抄
弟逝く梅花空木の返り花 松崎鉄之介
御溝水帰り咲く花枝々に 河東碧梧桐
復の卦や昔の妻の返り花 正岡子規 帰り花
徳川の靈屋の側や歸花 正岡子規 帰り花
思ひ草胃なし男に返り咲く 佐藤鬼房
投げこみし仏や菖蒲返り咲く 山口青邨
指させば失せてしまひし返り花 鷹羽狩行
掃き散らす雨水だまり帰り花 岡本眸
日あたりてまことに寂し返り花 日野草城
日がな一日風のピツコロ帰り花 佐藤鬼房
日のひかりまぶしむさまに返り花(十二月十六日、文部大臣表彰を受く) 鷹羽狩行
日和見の漁師が家や帰り花 河東碧梧桐
昼酒に酔ひて出会ひし返り花 右城暮石 散歩圏
曇り日のくもりに映えて返り花 鷹羽狩行
木瓜返り咲いて近親恙なし 鈴木真砂女 居待月
木老いて歸り花さへ咲かざりき 正岡子規 帰り花
木老いて歸り花だに咲かざりき 正岡子規 帰り花
木花之咲耶姫けさ返り花 鷹羽狩行
木隠るる故のあやめの返り花 高野素十
本山に上る十年や返り花 河東碧梧桐
梨どころ来れば道辺に返り花 水原秋櫻子 餘生
梨棚や潰えむとして返り花 水原秋櫻子 葛飾
業平の旅路霞むや返り花 水原秋櫻子 緑雲
歸り咲く八重の櫻や法隆寺 正岡子規 帰り花
歸り花比丘の比丘尼をとふ日哉 正岡子規 帰り花
死神のへつらい笑う帰り花 橋閒石 卯
母がりといふ言葉あり帰り花 岸田稚魚 紅葉山
水亭に一輪の菖蒲返り咲く 山口青邨
水広き故のあやめの返り花 高野素十
水神の加護やしだれて返り咲く 鷹羽狩行
永遠は刹那のつづき返り花 藤田湘子 てんてん
汽動車がガス曳く返り花赤し 草間時彦 中年
泣き立つる嬰ゐてしづか返り花 森澄雄
活けるには何か足らざる返り花 右城暮石 散歩圏
涙目の空を流るる返り花 原裕 青垣
湖北とは思へぬ数の返り花 鷹羽狩行
湖満水きよら白つつじ返り咲く 山口青邨
湯の量の豊かなるゆゑ返り花(伊香保温泉、文学の丘に句碑建立) 鷹羽狩行
濤声や返り咲きして桃の枝 水原秋櫻子 餘生
火の宮の母雨の宮返り花 高野素十
燈台の玻璃のまぶしき返り花 清崎敏郎
牡丹の返り花などあらばさぞ 山口青邨
牧場に苜蓿の花返り咲く(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
狂ひ花日めぐり来ればひらひらす 臼田亜郎 定本亜浪句集
生きてゆくものの運命に返り花 稲畑汀子
畦草の返り咲きつつ黄に紅に 松本たかし
疲れても持する童顔返り花 香西照雄 素心
白壁に見失ひけり歸り花 正岡子規 帰り花
白眉めく蘂の一徹帰り花 後藤比奈夫
盃にちるや櫻の歸り花 正岡子規 帰り花
真昼優しや路面鏡には返り花 佐藤鬼房
真青な葉も二三枚帰り花 高野素十
眼の前に親しやつつじ返り花 山口青邨
神にたばる一花白妙返り花 山口青邨
積み上げしお講座布団返り花 後藤夜半 底紅
筆禿びて返り咲くべき花もなし 正岡子規 帰り花
箕焼けしばかり他事なし返り花 中川一碧樓
簑ぬぎし晴れを思ふや帰り花 河東碧梧桐
終ひの家あやめの返り花一花(越後、島崎に良寛遺跡を訪ふ) 細見綾子
肥桶のひびき空なる返り花 橋閒石 無刻
腐り盡す老木と見れば返り花 正岡子規 帰り花
花かずを小声にかぞへ返り花 鷹羽狩行
花ひとつ見せざる返り花日和 鷹羽狩行
苑やがて寂れまさらむ返り花 日野草城
苜蓿のうす桃色の返り花(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
草の穂のもつれに木瓜の返り花 右城暮石 句集外 昭和九年
草も木も返り咲くてふことあれど 鷹羽狩行
薄日とは美しきもの帰り花 後藤夜半 底紅
藍青の空にほつほつ返り花 上田五千石 風景
藏陰に雀鳴くなり歸り花 正岡子規 帰り花
藻のありて水の中なる返り花 鷹羽狩行
蝉のから碎けたあとや歸り花 正岡子規 帰り花
街に買ふ腐葉土の香や返り花 香西照雄 素心
西子湖に魅かれて返り花しだれ 鷹羽狩行
誰の眼もたそがれに痴れ返り花 藤田湘子 神楽
身から出た錆のごとくに返り花 鷹羽狩行
軒ふかく梭がひびける返り花 安住敦
返り咲き紫思ひ出しにくげ 後藤比奈夫
返り咲き色にぎはひもなかりけり 上田五千石『琥珀』補遺
返り咲き見つけし眼またたきぬ 上村占魚 球磨
返り咲くあるも焚きけり夫の朝 及川貞 夕焼
返り咲くしばしがほども見たかりき 日野草城
返り咲くたんぽぽを挿し熱の床 山口青邨
返り咲くつつじ一輪の佃島 山口青邨
返り咲くものちりばめて浄瑠璃寺 鷹羽狩行
返り咲く園遅々とゆくひろさかな 飯田蛇笏 山廬集
返り咲く園遅々と行く広さかな 尾崎放哉 大学時代
返り咲く年の梢の花ひとつ 富安風生
返り咲く梨や窓前のよき日和 村山故郷
返り咲く浜豌豆はなかりしや 高野素十
返り咲く紫紺のあやめ暮の秋 福田蓼汀 山火
返り咲く花とも見しが冬ざくら 石塚友二 磊[カイ]集
返り咲く花を水音逸れてゆく 原裕 青垣
返り咲く花何々ぞ初時雨 正岡子規 時雨
返り咲く花石鼎の忌日来る 原裕 葦牙
返り咲く雪柳より目に止めて 後藤夜半 底紅
返り咲く馬場の桜や遠くより 尾崎放哉 大学時代
返り咲して光背のごとき絮 後藤夜半 底紅
返り花 後続世代にゆるされて 伊丹三樹彦
返り花あからさまなる梢かな 尾崎放哉 大学時代
返り花ありと聞きしがけふあらず 上田五千石 風景
返り花いま夜の国と昼の国 飯田龍太
返り花おもひあたりしところにも 鷹羽狩行
返り花けふからからの海女の桶 鷹羽狩行
返り花ことばに出せば心失せ 鷹羽狩行
返り花この世しばらく忘れゐる 飯田龍太
返り花さそはれて咲く修道院 鷹羽狩行
返り花してをるといふ日和かな 清崎敏郎
返り花すなはち祖母の忌と思ふ 飯田龍太
返り花せずといふことなかるべし 高野素十
返り花たれのひそみにならひしや 鷹羽狩行
返り花なれど全き白つつじ 清崎敏郎
返り花の完美や劇の予告篇 香西照雄 素心
返り花の白さ汗してゐたりけり 右城暮石 句集外 昭和十九年
返り花むらさき淡し交際も 山口青邨
返り花をりをり日射す墓所の中 飯田龍太
返り花三年教へし書にはさむ 中村草田男
返り花人智のごとき危ふさに 藤田湘子 てんてん
返り花俳人兵のことぎれし 平畑静塔
返り花前後不覚の山ばかり 飯田龍太
返り花句座にひとりの異人居り 飯田龍太
返り花吉備団子から黄粉散る 中村草田男
返り花和蘭陀遠きゆゑ静か 飯田龍太
返り花天にあり地に蝶凍てし 上野泰
返り花師走ごゝろに咲きゐたり 右城暮石 句集外 昭和九年
返り花常よりたかき空のいろ 飯田龍太
返り花書屋をのぞく童あり 山口青邨
返り花柳生といふはなにならむ 燕雀 星野麥丘人
返り花樹を巻く藁に香あるなり 飯田龍太
返り花残月空にまた白し 水原秋櫻子 玄魚
返り花母恋ふ小田巻繰返し 中村草田男
返り花波郷瑞々しくありぬ 飯田龍太
返り花満ちてあはれや山ざくら 水原秋櫻子 餘生
返り花濃きむらさきは京のいろ 飯田龍太
返り花異国に消えし叔父ひとり 飯田龍太
返り花真昼のかるくなりにけり 鷲谷七菜子 一盞
返り花石工のひとり出湯の中 飯田龍太
返り花石工ひとりが出湯の中 飯田龍太
返り花石濤の手に濃かりけり 相生垣瓜人 微茫集
返り花素早く量る魚二匹 飯田龍太
返り花翳は地よりも空にあり 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
返り花老師お臍のはなしなど 飯田龍太
返り花草木のいづれとも知れず 鷹羽狩行
返り花詩とは返り咲くことか 鷹羽狩行
返り花鉄橋をいま貨車の列 飯田龍太
返り花銹びて鞦韆ゆられけり 石橋秀野
返り花陶工に山晴れつづけ 森澄雄
返り花雲はつまづきつつ流れ 鷹羽狩行
返り花頬いつまでも赤しや人 金子兜太
返り花風吹くたびに夕日澄み 飯田龍太
逃げて減りし鳩ともなくて返り花 中川一碧樓
銀閣に銀のかへらぬ返り花 野見山朱鳥 幻日
鎌倉のいづれも高き返り花 鷹羽狩行
鎌研ぎ場小さきあやめの返り花(金沢郊外、湯涌温泉にて) 細見綾子
閃々と返り花あり結界は 上田五千石『風景』補遺
隠れ栖む故のあやめの返り花 高野素十
雨あしに消されてしまひ返り花 鷹羽狩行
雪柳黄葉づりながら返り花 清崎敏郎
雪洞のひかりとどきぬ返り花 山口青邨
霜が来てそののちは見ず返り花 細見綾子
鞐ひとつはづし息ぬく返り花 能村登四郎
高枝はそれと気づかず返り花 高浜年尾
鵯場径白きつつじの返り咲く 山口青邨
鶏犬の声す山中の返り花 臼田亜郎 定本亜浪句集

帰り花 続補遺

うき袖でとへばいづこに帰り花 正秀
おとなしや我をさし出ぬ帰り花 吐月 靫随筆
おめ~と人に折られつかへりばな 寥松 八朶園句纂
しら菊や菊の心で狂ひ咲 万子
すかさずや道に酒売帰り花 加舎白雄
たのまれぬ葉に並びけり帰り花 田川鳳朗
ばせを忌や花も寒げに帰り咲 諷竹
一本に二日かゝるや帰り花 許六
一輪は誰が手のうちに帰り花 曲翠
咲いてこそ常なき世なれ帰り花 魚[モン] 発句類聚
坊主小兵衛小兵衛坊主と帰り花 其角
宿かへた心よくしるかへりばな 万乎
寐た草の馴染はづかし帰り花 千代尼
山茶花は元より開く帰り花 車庸
岩倉や人の得しらぬ帰り花 桃隣
帰り咲くや狐川より志賀の花 椎本才麿
帰り花一輪をしむ薪かな 高桑闌更
帰り花今くる春をまのあたり 露川
帰り花余程案じた風情哉 三宅嘯山
帰り花其春を今まのあたり 露川
散ほどのちからは見えず帰り花 成田蒼虬
日の艶の紀の路は深し帰り花 三宅嘯山
明ぼのも暮の姿やかへりばな 千代尼
有難き娑婆の日和や帰り花 支考
梅もみぢ帰り花さへ舛づもり 野坡
江戸もどりはなし駿河の帰り花 許六
物すごやあらおもしろや帰り花 鬼貫
稀々に声せぬ虻や帰り花 三宅嘯山
線香に念じ出すや帰り花 使帆
編笠は今時さむし帰り花 吾仲
返り花いはゞ老木のおとろひ歟 加舎白雄
黄金は土のほまれや帰り花 野坡

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。