酉の市 の俳句

酉の市 の俳句

酉の市 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23327090/

酉の市 補遺

いのいちに火の星出づる三の酉 上田五千石 琥珀
お宮迄行かで歸りぬ酉の市 正岡子規 酉の市
お酉樣の熊手飾るや招き猫 正岡子規 酉の市
しかと立つ火消韆や酉の市 水原秋櫻子 蘆雁
だんだんに顔が灯に浮き酉の市 深見けん二
ちらほらの人出の頃の酉の市 清崎敏郎
一と二はしぐれて風の三の酉 百合山羽公 樂土以後
一の酉ベツドの裾を黄葉染め 石田波郷
三の酉すぎしと燗を熱めにし 鈴木真砂女 夕螢
三の酉なきこの冬の乾きをり 能村登四郎
三の酉なき月末の街景色 能村登四郎
三の酉にはそれなりの福のつく 後藤比奈夫
三の酉らしき賑はひ熊手市 清崎敏郎
三の酉薯つらぬきし笹からび 能村登四郎
三の酉赤い実のなる町に来て 星野麥丘人 2002年
三の酉龍岡晋もすでに亡し 安住敦
三枚におろして酢締め一の酉 鷹羽狩行
下宿屋のお豊をつれて三の酉 山口青邨
世の中も淋しくなりぬ三の酉 正岡子規 酉の市
串焼きの葱の熱さよ三の酉 鷹羽狩行
二の酉の焦げあたらしく火吹竹 鷹羽狩行
二の酉の落葉月夜となりにけり 草間時彦
二の酉の験をかつぎし小盃 雨滴集 星野麥丘人
二の酉へ廓ぞめきにうちまじり 福田蓼汀 山火
二の酉もとんと忘れて夜に入りし 星野立子
二の酉やいよいよ枯るる雑司ケ谷 石田波郷
二の酉や夜浅き霧にむせながら 臼田亜浪 旅人 抄
二の酉や枯木襖のむらさきに 石田波郷
人波となりきし酉の市にあり 清崎敏郎
人込みに押されるだけの酉の市 鈴木真砂女 紫木蓮
傾城に約束のあり酉の市 正岡子規 酉の市
傾城の顏見て過ぬ酉の市 正岡子規 酉の市
切山椒へなへな雨の一の酉 有馬朗人 天為
口もとの黒子いとしや一の酉 鷹羽狩行
吉原てはくれし人や酉の市 正岡子規 酉の市
吉原は昔語りや酉の市 高浜年尾
吉原を始めて見るや酉の市 正岡子規 酉の市
君も亦二の酉もどり鯛茶漬 能村登四郎
夕餉すみて根岸を出るや酉の市 正岡子規 酉の市
女つれし書生も出たり酉の市 正岡子規 酉の市
子をつれし裏店者や酉の市 正岡子規 酉の市
封印の恋も古びぬ一の酉 上田五千石『琥珀』補遺
小火騒ぎありしが雨の三の酉 能村登四郎
悪食の店ものぞきて酉の市 岡本眸
手みやげの芋やうかんも三の酉 百合山羽公 樂土以後
新宿は朝より雨の三の酉 石川桂郎 高蘆
星空を闇とは見せつ酉の市 水原秋櫻子 殉教
昼酒の酔ひの未し一の酉 鷹羽狩行
時雨にもあはず三度の酉の市 正岡子規 時雨
板前は教へ子なりし一の酉 能村登四郎
横町のしもたや暗し酉の市 村山故郷
残り福掻き集めんか三の酉 山口青邨
気散じにちりし銀杏や酉の市 石田波郷
泣寝して子に二の酉の過ぎにけり 古舘曹人 樹下石上
灯るまで耐へて降りいづ酉の市 水原秋櫻子 蘆雁
畦道や月も上りて大熊手 正岡子規 酉の市
眉剃りし青女房や酉の市 村山故郷
破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市 及川貞 夕焼
素うどんの薬味の匂ひ一の酉 鷹羽狩行
終電に間ある雑閙三の酉 石塚友二 方寸虚実
縁喜取る早出の人や酉の市 正岡子規 酉の市
胸に袖重ねをみなら酉の市 福田蓼汀 山火
舌出せるおかめの笑ひ酉の市 清崎敏郎
芋頭鳶や落せし酉の市 抱一 軽挙観句藻
被布といふうつくしきもの酉の市 山口青邨
裏みちの野路にも灯かげ酉の市 及川貞 夕焼
賑はしき匂ひの中の三の酉 山田みづえ 木語
道すがら聞く人の恋酉の市 村山故郷
遙かに望めば熊手押あふ酉の市 正岡子規 酉の市
遠き日の火事ばなし明日三の酉 能村登四郎
酉の市ことし長子も所帯持つ 安住敦
酉の市はづれの冷を言はれけり 山田みづえ 忘
酉の市小き熊手をねぎりけり 正岡子規 酉の市
酉の市手ぶら同士の又逢へる 能村登四郎
酉の市疱瘡神も照らさるゝ 高野素十
雜鬧や熊手押あふ酉の市 正岡子規 酉の市
青空と風が出そめぬ一の酉 石田波郷
風おろしくる青空や一の酉 石田波郷
風すぐに櫟しぼりぬ一の酉 石田波郷
高張りの風に揉まれて三の酉 鷹羽狩行
鮨種の彩うつくしき一の酉 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング