綿虫 の俳句

綿虫 の俳句

綿虫 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23321266

綿虫 補遺

あやふきに遊ぶこころや綿虫は 能村登四郎
いのこづちまみれ綿虫まみれかな 後藤比奈夫
うそぶきて綿虫をまた漂はす 上田五千石『風景』補遺
うたがひて綿虫宙にとどまれる 上田五千石『琥珀』補遺
くれがての綿虫とあるかこちがほ 上田五千石『風景』補遺
さきざきに綿虫浮び脆き国 斎藤玄 狩眼
どむみりと綿虫の舞ふ埴輪村 伊藤白潮
ねむりたき綿虫の来て髪にとまる 能村登四郎
はかなさは 散る山茶花か 綿虫か 伊丹三樹彦
ひとときに消ゆる綿虫一つ消ゆ 斎藤玄 狩眼
ふと消えし綿虫はもう人のもの 後藤比奈夫
よろこびのごと綿虫を分け通る 森澄雄
わが手より綿虫の又たたざりし 相生垣瓜人 明治草
わが袖に綿虫とまりたるままに 山口青邨
わた虫と老人薄日さりげなく 松村蒼石 雪
わた虫のたかくながるる小春富士 松村蒼石 寒鶯抄
われにつき妻にも峡の綿虫よ 星野麥丘人
下りてくるとき綿虫の重くなる 後藤比奈夫
人の世の綿虫の浮き沈みかな 後藤比奈夫
今の欠くごとく綿虫消えにけり 斎藤玄 雁道
停車場の大綿たれにかかはりある 中村草田男
冬さだかなり大綿を目送す 山口誓子
前髪に大綿はやも嬰児ならず 中村草田男
北欧は知らず綿虫胸に飼ふ 能村登四郎
午前見し綿虫午後もそこに浮く 安住敦
吉良殿の忌の綿虫の親しさよ 伊藤白潮
吾子と在れば大綿降り来乳一滴 中村草田男
命終の綿虫にしてたかく群る 能村登四郎
哲学散歩みち綿虫は日和虫 平畑静塔
唇緘ぢて綿虫のもうどこにもなし 能村登四郎
嘘をいふショール臙脂に雪ぼたる 飯田龍太
噂・綿虫みなさはさはとやりすごし 能村登四郎
夢にまた綿虫群るる中にゐき 相生垣瓜人 微茫集
大綿といつかわかれぬ街の中 加藤秋邨
大綿にこぞる即ち女の手 石田勝彦 雙杵
大綿に明眸くもるすべもなし 飯島晴子
大綿のここに静かな刻ありぬ 岸田稚魚 紅葉山
大綿のちぎれつきたる掌 高浜年尾
大綿のひとつ薄明界を占む 岸田稚魚 筍流し
大綿のふえては池に日向あり 飴山實 句集外
大綿のわけても笹生垣あたり 岡井省二 鹿野
大綿の一つが三つにやがて消ゆ 岸田稚魚
大綿の夕日消えいて吾にかえる 古沢太穂 古沢太穂句集
大綿の宙に遊べる場末川 佐藤鬼房
大綿の宙のたしかさ石の上 岸田稚魚 筍流し
大綿の微々と弾力掌につくとき 加藤秋邨
大綿の日暮ひととき青濃なる 佐藤鬼房
大綿の横にながれて川のうへ 岡井省二 夏炉
大綿の消えて消えざる虚空かな 稲畑汀子
大綿の翅輝きて鶴の如し 後藤比奈夫
大綿の静に逃げし水の空 高浜年尾
大綿の風に乗るとぎ光りけり 稲畑汀子
大綿は手に捕りやすしとれば死す 橋本多佳子
大綿やしづかにをはる今日の天 加藤秋邨
大綿やすくはれて手を易々と翔たず 松村蒼石 雁
大綿やだんだんこはい子守唄 飯島晴子
大綿やわが顔のみが泪せる 松村蒼石 雪
大綿やアララギを買ふ町の書肆 山口誓子
大綿や世間の轍ここ過ぎて 中村草田男
大綿や古道いまも越えがたき 水原秋櫻子 殉教
大綿や女手一つの炊煙に 中村草田男
大綿や子ら堰く道の行くもならず 大野林火 青水輪 昭和二十六年
大綿や昔は日ぐれむらさきに 大野林火 方円集 昭和五十一年
大綿や気配の中の命飛ぶ 中村草田男
大綿や菓子噛む音の口ごもり 中村草田男
大綿や足音吸はる島の道 松崎鉄之介
大綿や頬とがり来し日暮どき 岸田稚魚 筍流し
大綿をうかべ人煙はるかなり 水原秋櫻子 旅愁
大綿を消したる空の高さかな 稲畑汀子
大綿を過ぎつつ時のしどろなる 斎藤玄 雁道
大綿を遺りすごしたる顔厳し 飯島晴子
大綿小綿孫太郎虫の里に飛ぶ 大野林火 月魄集 昭和五十五年
大綿虫を上げおだやかに暮色あり 山口青邨
小安峡より綿虫の便り来る 佐藤鬼房
屋敷神綿虫寄つて綿神楽 百合山羽公 樂土
山茶花の こころごころの 雪蛍 伊丹三樹彦
山茶花の 散るにためらう 雪蛍 伊丹三樹彦
岩山に病みし賢治や雪婆(ゆきばんば) 佐藤鬼房
平安に不安に群れて綿虫は 能村登四郎
幾人がこゝに死せしや綿虫とぶ 右城暮石 句集外 昭和三十五年
忽ちに湧きし綿虫日を微塵 後藤比奈夫
憂き日なり綿虫あまた飛ぶ日なり 相馬遷子 山河
我が家に居る綿虫を知らざりし 右城暮石 声と声
掌の綿虫いまは奈落へむけて吹く 飯島晴子
掬ひたる綿虫綿と吹き返す 能村登四郎
旅立ちの早や綿虫を追ふまなざし 鷲谷七菜子 花寂び
日だまりに出し綿虫のかゞやけり 相馬遷子 山河
日に溶けるまで高上り雪螢 後藤比奈夫
日の下にかかはりはなし綿虫も 石田勝彦 百千
日の透けて綿虫光るものとなる 稲畑汀子
書庫の壁白くまぎるる雪螢 山口青邨
書庫の扉の前綿虫の遊びをり 山口青邨
杉山の綿虫として浮び消ゆ 能村登四郎
横に翔ぶときの綿虫迅かりし 後藤比奈夫
殴りづかみに大綿を損はず 上田五千石 森林
水の上を舞ふ綿虫の綿厚し 能村登四郎
波皺に綿虫まぎれ遠江 能村登四郎
波郷忌を昨日に今日の大綿ぞ 岸田稚魚 紅葉山
浮び出て綿虫墳を越えゆかず 鷲谷七菜子 花寂び
海の子に綿虫あまた飛べる日よ 鈴木真砂女 卯浪
溝の上を知らず綿虫群れてをり 能村登四郎
漂ひて綿虫は死の淵に沿ひ 飯田龍太
澄みとほる天に大綿うまれをり 加藤秋邨
犬よりも大綿に手をさしのぶる 相生垣瓜人 微茫集
狂ほしき綿虫をこそ見出でけれ 相生垣瓜人 明治草抄
玻璃越しに綿虫を見る遊びかな 林翔
男の眼ひとまばたきに綿虫消す 能村登四郎
疲れては綿虫つけて家に入る 能村登四郎
真額に綿虫あたる日和かな 岡井省二 山色
瞼攣るくもる綿虫見てあれば 下村槐太 天涯
石の上に綿虫を見し遠野道 能村登四郎
砂利土管積みて影なし綿虫に 藤田湘子 途上
神飛ばし遊ぶ綿虫と草の絮 山口青邨
粥膳のあと綿虫の庭に出ん 飴山實 句集外
紅葉濃し綿虫も濃くなりにけり 相生垣瓜人 明治草抄
綿薄き綿虫利口かもしれず 飯島晴子
綿虫がわが憐むに任せけり 相生垣瓜人 明治草抄
綿虫が目に入る泪 喪の故郷 伊丹三樹彦
綿虫とぶものに触れなばすぐ壊(く)えん 橋本多佳子
綿虫とぶ古い映画の色で飛ぶ 岡本眸
綿虫とぶ大徳寺にて飼へるもの 山口誓子
綿虫とぶ綿の浮力は制し得ず 津田清子
綿虫と別れて熱き湯に入れり 相生垣瓜人 明治草
綿虫と古道具屋の店であふ 飴山實 句集外
綿虫と思ひしは目の衰へか 岡本眸
綿虫と気の済むところまで歩く 飯島晴子
綿虫と波郷とここに岸田稚魚 雨滴集 星野麥丘人
綿虫と遊びて朝の始まれり 相生垣瓜人 負暄
綿虫にかかはりゐたる宇陀郡 森澄雄
綿虫にかへれといへばかへりけり 星野麥丘人 2001年
綿虫にこころひらけば紅きざす 鷹羽狩行
綿虫にさらはれし子がここにゐる 佐藤鬼房
綿虫にまたたけば日の没りにけり 鷲谷七菜子 游影
綿虫にみちびかるるか染野みち 鷲谷七菜子 一盞
綿虫によびとめられし深大寺 上田五千石 風景
綿虫に一言主はとのぐもり 阿波野青畝
綿虫に人は手を振る暮色かな 林翔
綿虫に口をついたる京ことば 星野麥丘人
綿虫に声ありとせば沼渚 佐藤鬼房
綿虫に慕はれしごと信じをり 相生垣瓜人 微茫集
綿虫に目をうるませて女の過去 岡本眸
綿虫に眉を上げたる齢かな 草間時彦 櫻山
綿虫に瞠くひとみ蒼むまで 能村登四郎
綿虫に瞳を細めつつ海青き 橋本多佳子
綿虫に覚えず耳を澄ましけり 相生垣瓜人 明治草抄
綿虫に訪はるる故のあるらしも 相生垣瓜人 明治草
綿虫に道後日和といふ日和 後藤比奈夫
綿虫に顔の力を応と抜く 藤田湘子
綿虫のいのちの果てをあそびをり 能村登四郎
綿虫のおのおの行手ある如し 水原秋櫻子 緑雲
綿虫のかするる時やにじむ時 相生垣瓜人 負暄
綿虫のこの小娘を捕へ得ず 山口誓子
綿虫のそこで消えたる樗かな 亭午 星野麥丘人
綿虫のそれぞれの白異れり 能村登四郎
綿虫のただよふ姿しか知らず 稲畑汀子
綿虫のつくよつくよと女どち 雨滴集 星野麥丘人
綿虫のはたしてあそぶ櫟みち 石川桂郎 含羞
綿虫のふくらみて消ゆ山の墓 岸田稚魚 筍流し
綿虫のよくよく見れば老の貌 能村登四郎
綿虫の下さびしきかかなしきか 石田勝彦 雙杵
綿虫の光となりて風に乗る 稲畑汀子
綿虫の出づるべくして深大寺 星野麥丘人
綿虫の夕空毀れやすきかな 佐藤鬼房
綿虫の寄りどころなる杉の裏 能村登四郎
綿虫の小さき五臓も舞ひにけり 林翔
綿虫の小雨ながらも浮力あり 佐藤鬼房
綿虫の居るを気づけば亦居りし 右城暮石 句集外 昭和三十八年
綿虫の恋へる日向を吾も恋うて 稲畑汀子
綿虫の意外に蹤いて来て呉れし 飯島晴子
綿虫の慕ふかうすきわが顱頂 能村登四郎
綿虫の憑きし悪感にちがひなし 藤田湘子 てんてん
綿虫の操守さながら柱なす 伊藤白潮
綿虫の明るさは靄のかろさにて 平井照敏 猫町
綿虫の来べきころなり墓掃けば 星野麥丘人 2004年
綿虫の浮べる中のねずみ黐 能村登四郎
綿虫の浮游やすこしづつ流れ 能村登四郎
綿虫の浮游病院の屋根越せず 橋本多佳子
綿虫の消えなむころにこころ遺り 岸田稚魚
綿虫の消ゆる刻来て青を帯ぶ 能村登四郎
綿虫の湧きつしづみつ死後の景 能村登四郎
綿虫の湧きでてぬくき柞山 鷲谷七菜子 游影
綿虫の湧き立つ吾は雨男 右城暮石 句集外 昭和五十三年
綿虫の為にも萩を刈り残す 相生垣瓜人 明治草
綿虫の生死不明の吹かれやう 鷹羽狩行
綿虫の白静止して青くなる 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
綿虫の着きたる土の面かな 石田勝彦 秋興以後
綿虫の移りつぐ顔あげにけり 石田勝彦 百千
綿虫の立ちゐるところ慈姑掘 森澄雄
綿虫の綿に托せし生やすらか 上田五千石『田園』補遺
綿虫の綿の密生暮迫る 山口誓子
綿虫の綿の芯まで日が熱し 橋本多佳子
綿虫の綿も荒神さん日和 後藤比奈夫
綿虫の綿より小さき翅光る 稲畑汀子
綿虫の綿を欲張る天気かな 飯島晴子
綿虫の綿豊かなる嘆きかな 飯島晴子
綿虫の群れてゐるゆゑ日筋さす 能村登四郎
綿虫の辻ならいくらでも待てさう 飯島晴子
綿虫の遊ぶやそこに刻ありし 岸田稚魚 筍流し
綿虫の遠を見し眼の其処に飛ぶ 下村槐太 天涯
綿虫の青たしかめて放ちやる 能村登四郎
綿虫の顔についたる故郷塚 岡井省二 有時
綿虫の飛んで音なき高さあり 稲畑汀子
綿虫の飛翔高きは望まずに 上田五千石『琥珀』補遺
綿虫は浮び微塵は沈みけり 後藤比奈夫
綿虫は遣はされても来たるらむ 相生垣瓜人 明治草
綿虫は青雲の綿七五三 百合山羽公 樂土
綿虫も知る太閤の古羽織 百合山羽公 樂土
綿虫やきのふいづこに今日ここに 水原秋櫻子 緑雲
綿虫やけふ方丈は留守といふ 飴山實 句集外
綿虫やしまひの早き山時間 上田五千石 天路
綿虫やしめ鯖用の鯖仕入れ 鈴木真砂女 夕螢
綿虫やつぶせるもののみつぶす世ぞ 香西照雄 対話
綿虫やひとりとなれば眼鏡濡れ 草間時彦 中年
綿虫やひとり黙つて蹤きゆきぬ 加藤秋邨
綿虫やひと日身につく紺絣 藤田湘子
綿虫やへらぶな釣りを片寄する 石川桂郎 高蘆
綿虫やむらさき澄める仔牛の眼 水原秋櫻子 帰心
綿虫や一事うべなふべきや否 鷹羽狩行
綿虫や人くるけはひなくはなし 星野麥丘人
綿虫や人は旅してひとと逢ふ 藤田湘子 てんてん
綿虫や傾斜ゆるやかに晩年へ 能村登四郎
綿虫や北さす川に沿へる宿 福田蓼汀 秋風挽歌
綿虫や坐して干網やはらかき 能村登四郎
綿虫や城の形見に樅のこり 上田五千石『天路』補遺
綿虫や墓の茅舎は咳を絶ち 上田五千石『琥珀』補遺
綿虫や奥からとゞく人の声 飴山實 句集外
綿虫や子の遊び場に露地残り 松崎鉄之介
綿虫や山が溜息ついてをり 岡本眸
綿虫や帰り点さん戸主の部屋 中村草田男
綿虫や影のごとくに綿を負ひ 鷹羽狩行
綿虫や情かけすぎてあと悔いて 鈴木真砂女 夕螢
綿虫や故人拐(さら)はれ行きしが如 中村草田男
綿虫や朱の廟門に葵の紋 村山故郷
綿虫や杉鉾ひとつづつ起し 石田勝彦 百千
綿虫や母の枕に石つめむ 飯島晴子
綿虫や母の肩布の白にまぎれ 能村登四郎
綿虫や沼尻川となるところ 岡本眸
綿虫や波郷忌ののち寺苑古り 上田五千石『琥珀』補遺
綿虫や海道一重山幾重 百合山羽公 故園
綿虫や煙草すてかね癒遠し 角川源義
綿虫や病者と睦む旅の刻 草間時彦 中年
綿虫や相寄る影の砂利土管 草間時彦 中年
綿虫や精進湖の水痩せ曲る 百合山羽公 寒雁
綿虫や経師屋が来て大工来て 鈴木真砂女 夕螢
綿虫や綻びきたる夜の口 上田五千石『琥珀』補遺
綿虫や興福院(こんぶいん)さままたも留守 雨滴集 星野麥丘人
綿虫や葬りの道を掃きいそぎ 岸田稚魚 筍流し
綿虫や貨車が通ればその色に 岡本眸
綿虫や赤松は皮剥がれ立つ 加藤秋邨
綿虫や足音を待つ小屋ぐらし 石川桂郎 四温
綿虫や踏まれ踏まれし荒蓆 能村登四郎
綿虫や身も死と生に浮遊する 林翔
綿虫よほとほと波郷亡しと知れ 上田五千石 天路
綿虫をいくつ抜けしが行き怯む 能村登四郎
綿虫をうらぶれに似て掌に受くる 能村登四郎
綿虫をさまよふ魂と見付けけり 相生垣瓜人 負暄
綿虫をつけて京都の市電走る 右城暮石 句集外 昭和三十六年
綿虫をつれて夕餉にかへりくる 百合山羽公 故園
綿虫を今も見てゐむ細目して 能村登四郎
綿虫を前後左右に暮れはじむ 野澤節子 未明音
綿虫を同時に見つけ仲直り 飯島晴子
綿虫を待ちきれずして八つ手咲く 相生垣瓜人 明治草抄
綿虫を待つべく鵯を退けし 相生垣瓜人 明治草
綿虫を指ざす誓子掴む三鬼 右城暮石 声と声
綿虫を掬へば半跏思惟像 佐藤鬼房
綿虫を時に日よりも濃しと見る 後藤比奈夫
綿虫を漂はせをり露人の唄 藤田湘子 途上
綿虫を見てより薄目してをりし 能村登四郎
綿虫を見て湾岸が憂がりけり 阿波野青畝
綿虫を見失ひまた何失ふ 林翔 和紙
綿虫を見遺れり多く語らずに 下村槐太 天涯
綿虫を視界の外に蒼しと見 安住敦
綿虫を身の老が受け若さが吹く 能村登四郎
綿虫を追ひて昴の現るる 相生垣瓜人 明治草
綿虫を追ふに一眼は役立たず 安住敦
綿虫を追ふ皃の瀬も昏れにけり 百合山羽公 春園
綿虫を齢の中にみつつあり 能村登四郎
綿虫浮かぶ林中の翳ふりきれず 鷲谷七菜子 銃身
綿虫載せおのが手相をおのが見る 橋本多佳子
綿虫飛ぶほかの一切消え失せよ 右城暮石 上下
綿虫飛ぶ天光の寵暮るるとも 橋本多佳子
羽もたぬ綿虫宙に満つるなり 阿波野青畝
老いてはならず綿虫にどこか日射しゐて 能村登四郎
老人と綿虫の距離縮まらず 亭午 星野麥丘人
肉も寂かや綿虫のさざめける 斎藤玄 狩眼
肩に乗る綿虫の他軽きもの 斎藤玄 狩眼
自らに倦み綿虫の裏へ出る 伊藤白潮
荒れ寺の頃を忘れず雪螢 百合山羽公 樂土
荼毘に間あれば綿虫を見てゐたる 飯田龍太
萩刈りて綿虫隠れなかりけり 相生垣瓜人 明治草
被覆ぼろぼろの電線綿虫翔つ 右城暮石 句集外 昭和三十年
訪ひがての墓も綿虫飛ぶ頃か 石田勝彦 秋興
赫つと夕日綿虫の群大きくす 能村登四郎
逃げやすし天皇陵の綿虫は 燕雀 星野麥丘人
野に少しの水あれば立つ綿虫か 能村登四郎
野紐菊すでに綿虫とびはじめ 森澄雄
量らるる豚大綿に陰さらし 加藤秋邨
降りいでぬ綿虫澄みて暮れけるに 水原秋櫻子 残鐘
隅田川曇り大綿憑きにけり 阿波野青畝
雪催せめて綿虫出でて舞へ 相馬遷子 山河
雪婆汝も好むか白き書庫 山口青邨
雪婆用もないのに来しところ 飯島晴子
雪螢宝物殿を出でたれば 細見綾子
青と決む湖北に見たる綿虫は 能村登四郎
鼻先へ綿虫のせて葉書買ふ 伊藤白潮

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 21:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26368000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング