冬日和 の俳句

冬日和 の俳句

冬日和 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23321154/

冬日和 補遺

おちかたの冬晴や掌の珊瑚玉 橋閒石 無刻
こころなごみゆく地の起伏冬日和 飯田蛇笏 家郷の霧
ただありて泰山木の冬日和 森澄雄
たのしげに煙立ちのぼる冬日和 日野草城
やまぐにの河に鳶舞ふ冬日和 飯田蛇笏 家郷の霧
ゆくほどに冬晴れの峡道通る 飯田蛇笏 家郷の霧
よく続く冬日和かな母を訪ふ 星野立子
わだつみの神とも申す冬日和 高野素十
ジャムの壜買つて荷物や冬日和 草間時彦
人が鴉に似る冬晴の火日壁 松村蒼石 雪
冬日和あなうら肉の赤さ見す 松崎鉄之介
冬日和焚火に熱りつゝ讃ふ 山口誓子
冬日和白珠のごときひとわらふ 日野草城
冬日和誓子が近くなりにけり 日野草城
冬日和道明寺糒尼が売る 能村登四郎
冬日和飽食の客然と 日野草城
冬晴に一考の翳もちあるく 上田五千石 風景
冬晴に噴き上げ水の虹足して 上田五千石『天路』補遺
冬晴に応ふるはみな白きもの 後藤比奈夫
冬晴に良寛の字を指ならひ 上田五千石『琥珀』補遺
冬晴に飽きたる襟ボタンはづす 岡本眸
冬晴のはうろく灸にうち興ず 岡本眸
冬晴のまこと美くし玻璃拭ふ 星野立子
冬晴のダムはしづかに翼張る 松村蒼石 雁
冬晴の一筋町にしておはる 橋閒石 朱明
冬晴の全きもとのワシントン 高田風人子
冬晴の北国言葉御せつかく 高野素十
冬晴の埋立に来て喪章外す 橋閒石 卯
冬晴の墓の温みを恐れけり 岡本眸
冬晴の屑物店にラジオの声 右城暮石 句集外 昭和三十八年
冬晴の底に身を置き仰ぐもの 後藤比奈夫
冬晴の影ふかぶかと伽藍の溝 橋本多佳子
冬晴の日の鎌倉の大通り 上野泰 春潮
冬晴の日曜を吉日とする 日野草城
冬晴の松島にあり寿(いのちなが) 佐藤鬼房
冬晴の柿を花かと 呟いて 伊丹三樹彦
冬晴の森を借景に夫婦固し 橋閒石 荒栲
冬晴の玉蟲色に鳩歩く 星野立子
冬晴の白毛ちらしたる雲や 山口青邨
冬晴の空の紺より川の紺 清崎敏郎
冬晴の老人花を胸に挿す 橋閒石 卯
冬晴の野越え山越え頬からぶ 村山故郷
冬晴の階をのぼれば朱欄映ゆ 松崎鉄之介
冬晴の障子微笑を湛へたり 日野草城
冬晴の雀ぴか~とびにけり 星野立子
冬晴の雲井はるかに田鶴まへり 杉田久女
冬晴の音を立てたる英彦の鈴 後藤比奈夫
冬晴の高屋窓秋の左手なり 渡邊白泉
冬晴の麒麟は首を廻しけり 亭午 星野麥丘人
冬晴やお蔭様にて無位無官 藤田湘子 神楽
冬晴やかなた楼閣海の上 山口青邨
冬晴やさかさに映るめがね橋 燕雀 星野麥丘人
冬晴やさびしくなりし嵐山 日野草城
冬晴やふたゝびはいる西大寺 日野草城
冬晴やむげに枯れたる大芭蕉 日野草城
冬晴や世にも小さな峠越す 星野立子
冬晴や伐れば高枝のどうと墜つ 飯田蛇笏 山廬集
冬晴や佃雀の横着に 飯島晴子
冬晴や入るを許さぬ道返す 星野立子
冬晴や出づべくとして汽車長し 日野草城
冬晴や切株二つ榻二つ 星野麥丘人 2001年
冬晴や子供は何を著ても似合ふ 星野立子
冬晴や小暗き部屋に読みすすみ 上野泰 春潮
冬晴や担ひおきたる水一荷 飯田蛇笏 山廬集
冬晴や掃く間を子らと追い出され 古沢太穂 三十代
冬晴や旅に迎へし誕生日 星野立子
冬晴や旅人ばかり五六人 高野素十
冬晴や杭ゼの禽を射ておとす 飯田蛇笏 山廬集
冬晴や水上たかく又遠く 前田普羅 飛騨紬
冬晴や誰にも会はぬ深大寺 雨滴集 星野麥丘人
冬晴や阿蘇の噴煙祖母を越え 野見山朱鳥 天馬
冬晴や雪解けてゐる音羽山 日野草城
冬晴や電車高架の路を疾く 日野草城
冬晴るるわが身を塵と働かし 岡本眸
冬晴るるサンタマリアといふ名さへ 後藤比奈夫
冬晴れし夢のうすいろ遠嶺空 飯田蛇笏 山響集
冬晴れて掌にのるほどの町 清崎敏郎
冬晴れのとある駅より印度人 飯田龍太
冬晴れのゆゆしさ風鈴つづけ鳴る 細見綾子
冬晴れの掟のごとく港あり 廣瀬直人 帰路
冬晴れの晴衣の乳を飲んでをる 中村草田男
冬晴れの水音鋭がり来る日暮 岸田稚魚 筍流し
冬晴れの禍福いづれぞ黒衣装 飯田龍太
冬晴れの空大國の和すごとし 飯田龍太
冬晴れの赤児の頭胸に触れ 金子兜太
冬晴れの陶器舗によき娘ありけり 飯田蛇笏 春蘭
冬晴れやつぎの標にもバスを待つ 大野林火 早桃 太白集
冬晴れや力をもつて打たれしボール 細見綾子
冬晴れや土の匂ひは薄暮まで 廣瀬直人 帰路
冬晴れや尾長下りれば雀飛ぶ 廣瀬直人
冬晴れや朝かと思ふ昼寝ざめ 日野草城
冬晴れや次ぐ訪客にゆめうつつ 飯田蛇笏 山廬集
冬晴れや鵙がひとこゑだけ鳴いて 日野草城
冬晴をすひたきかなや精一杯 川端茅舎
冬晴をまじまじ呼吸困難子 川端茅舎
冬晴を吸ふてかなしき肺一つ 岸田稚魚 負け犬
冬晴を我が肺は早吸ひ兼ねつ 川端茅舎
冬晴を肩身にかけてすひをりしか 川端茅舎
刈り伏せを踏めば音たて冬日和 鷹羽狩行
名もなき婚冬晴れ廟の森見えて 佐藤鬼房
君逝きてあと冬晴れを極むなり(藤江とみきさん逝く) 細見綾子
呼びとどむべき冬晴の箒売 斎藤玄 雁道
嗽して冬晴の百八十度 橋閒石 微光以後
塵穴に燐寸一本冬日和 後藤夜半 底紅
墓掘りに山また山の冬日和 廣瀬直人 帰路
天はるかに大菩薩峠冬晴れたり 渡邊水巴 富士
天照や梅に椿に冬日和 鬼貫
小火事騒ぎありていよいよ冬日和 岡本眸
小説のごとき邂逅冬晴れて 三橋鷹女
山削り冬晴の町荒々し 高田風人子
山国や夢のやうなる冬日和 阿波野青畝
山路見ゆ滝川ごしの冬日和 飯田蛇笏 山廬集
川ぞひの竹あからむや冬日和 卓池
巡拝の心厳しや冬日和 高浜年尾
建ち了る家新鮮に冬日和 日野草城
故郷とは硫黄でぬめる冬日和 佐藤鬼房
春に似て心うるはし冬日和 鬼貫
昨日よりもをとゝひよりも冬日和 星野立子
暮てから町はくおとや冬日和 卓池
朝ひげを剃りていちにち冬日和 日野草城
杭より影の細りて冬日和 清崎敏郎
水の不思議は冬晴れの棚田道 飯田龍太
水脈曳きて水脈のなか航く冬日和 鷹羽狩行
海女も子を守るとき冬晴れ海見晴らす 大野林火 雪華 昭和三十四年
熔岩海に伸びて火の島冬日和 高浜年尾
病室に海驢眺める冬日和 飯田龍太
発車ベルまだ鳴りつゞけ冬日和 星野立子
神の橋かがやくばかり冬日和 山口青邨
神松や稲も荒穂の冬日和 鬼貫
老体を玉にしてみむ冬日和 斎藤玄 狩眼
迫戸過ぎて水脈を拡ぐる冬日和 山口誓子
鉄橋に水ゆたかなる冬日和 飯田蛇笏 雪峡
鋳物場に馬も鉄色冬日和 伊丹三樹彦
闇市の混沌として冬日和 日野草城
雀らにけふ冬晴の国分寺 鷲谷七菜子 天鼓
雪駄はく地の底までの冬晴に 橋閒石 微光
電話来る君閑な人冬日和 星野立子
駅前冬晴 靴磨きらの挑む眼玉 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 22:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26368007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング