冬紅葉 の俳句

冬紅葉 の俳句

冬紅葉 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25116925/

冬紅葉 補遺

あつき温泉をいでがたくをり冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
ありやいかに隅田川辺の冬紅葉 加藤曉台
いたゞきし斎に温もり冬紅葉 星野立子
うつくしきものみなひそか冬紅葉 山口青邨
かま風呂に入るまなうらの冬紅葉 後藤比奈夫
ここも亦冬紅葉して墓どころ 高野素十
このあたり段だら模様冬紅葉 岸田稚魚 紅葉山
さへづりのしみゝにぬくし冬紅葉 日野草城
なほ燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子
はげそめてやゝ寒げ也冬紅葉 正岡子規 冬
ひきこもり病にあらず冬紅葉 山口青邨
ふた七日なほ紅たもつ冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
もえながらまばらとなりぬ冬紅葉 原石鼎 花影以後
一すじの道冬紅葉濃かりけり 及川貞 夕焼
一と日づつ一と日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫
一枚の瓦を寄進冬紅葉 高野素十
下リざまに又鐘きくや冬もみぢ 高井几董
主婦であり且つこの道や冬紅葉 及川貞 夕焼
人迎ふ言葉温めて冬紅葉 岡本眸
侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉 椎本才麿
冬もみぢ晩年すでに始るか 安住敦
冬もみぢ端山の草木禽啼かず 飯田蛇笏 山響集
冬紅葉およそ夕日になづみけり 松村蒼石 雁
冬紅葉しづかに人を歩ましむ 富安風生
冬紅葉にはかに暮れてしまひけり 清崎敏郎
冬紅葉一円相にちりつもる 川端茅舎
冬紅葉一壇林として存す 高野素十
冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ(金沢郊外、湯涌温泉にて) 細見綾子
冬紅葉仏心もまた濃かりけり 後藤比奈夫
冬紅葉全く散るを肯ぜず 阿波野青畝
冬紅葉南風吹く日にどつとちる 川端茅舎
冬紅葉堂塔谷に沈み居り 川端茅舎
冬紅葉布留の宮とも云ふとかや 高野素十
冬紅葉師の忌に逢うてまた別る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
冬紅葉怺ふる色を重ねたる 後藤比奈夫
冬紅葉恬然として我は見る 高野素十
冬紅葉擁かれつ蹤きつ女の身 石田波郷
冬紅葉故国はかくも天霧らふ 山口誓子
冬紅葉日陰日陰へ水はしり 能村登四郎
冬紅葉末子にうすき父の縁 上田五千石『田園』補遺
冬紅葉楠家菩提のために濃し 後藤比奈夫
冬紅葉気軽に人を宥しけり 鈴木真砂女 夕螢
冬紅葉気随言はせて貰ひけり 飯島晴子
冬紅葉水仕いよいよあはれなり 森澄雄
冬紅葉海の十六夜照りにけり 水原秋櫻子 帰心
冬紅葉潭を出でては水迅み 森澄雄
冬紅葉濃しや峡田の行きどまり 水原秋櫻子 磐梯
冬紅葉焚くに寄りゆくおのづから 水原秋櫻子 緑雲
冬紅葉照りながらへてさながらに 日野草城
冬紅葉燃ゆる彼方の仏かな 細見綾子
冬紅葉父をも顧みざりけり 石田波郷
冬紅葉甲斐にのこれる歌の宮 福田蓼汀 山火
冬紅葉甲斐深き山うかびたり 水原秋櫻子 玄魚
冬紅葉界隈としてわがありき 岡井省二 前後
冬紅葉目を惹く京の寺社めぐり 高浜年尾
冬紅葉空気銃提げなまけもの 福田蓼汀 山火
冬紅葉美しければ又思ふ 高野素十
冬紅葉美しといひ旅めきぬ 星野立子
冬紅葉見るに散らざり地には敷き 及川貞 夕焼
冬紅葉見事や大樹なればなほ 高浜年尾
冬紅葉誓子は老を詠はざる 藤田湘子
冬紅葉身軽な旅に出たりけり 鈴木真砂女 生簀籠
冬紅葉長門の国に船着きぬ 山口誓子
千年経て御佛います冬紅葉 水原秋櫻子 殉教
命とは神意とは冬紅葉かな 岡本眸
城砦綴りし葛の冬もみぢ 能村登四郎
夕映に何の水輪や冬紅葉 渡邊水巴 白日
夜半照りし月はいづこに冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
大勢の中に我あり冬紅葉 星野立子
大木の四五枚残る紅葉かな 内藤鳴雪
女子大にむさし野の森冬紅葉 山口青邨
女子大はきよらかにして冬紅葉 山口青邨
山に落つ夕日とらへて冬紅葉 稲畑汀子
岬山の谷深ければ冬紅葉 鷹羽狩行
強飯の粘ることかな冬紅葉 石田波郷
御仏のこもります山冬紅葉 山口青邨
扁額に無形寂寥冬紅葉 森澄雄
手をとればやさしさ通ふ冬紅葉 上田五千石『琥珀』補遺
撞き終る捨て鐘一つ冬紅葉 松本たかし
攀ぢり来し白息洩らす冬紅葉 能村登四郎
散りがてに粧ひがてに冬紅葉 後藤夜半 底紅
日おもてにあればはなやか冬紅葉 日野草城
日に透きし色透かぬ色冬紅葉 清崎敏郎
日に透きて散るけはひなし冬紅葉 清崎敏郎
日に透けて残る紅葉も二三枚 山口青邨
日の当る山がきまりて冬紅葉 鷲谷七菜子 游影
日は松にはじけて白し冬紅葉 渡邊水巴 富士
日を透かし一枚一枚冬もみぢ 山口青邨
日当れば日当る寒さ冬紅葉 後藤比奈夫
日表へ峠越ゆれば冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
時流れをり師恩あり冬紅葉 廣瀬直人
暮れてまた夕映すなり冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
曇れども越の山見ゆ冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
曲るたび日当たる谷の冬もみぢ 鷹羽狩行
書庫の壁ひとつらの蔦冬紅葉 山口青邨
木の暗の明るむところ冬紅葉 鷹羽狩行
枝々のはなはだ細し冬紅葉 清崎敏郎
気を張れば病を忘れ冬紅葉 星野立子
水底の紅葉水面の冬もみぢ 岡本眸
水神のためいつまでも冬紅葉 鷹羽狩行
水音の引き立ててゐる冬紅葉 後藤比奈夫
汐風の吹よわるかたや冬紅葉 加藤曉台
深大寺蕎麦は灰色冬紅葉 後藤比奈夫
濡れ僅か城廓の冬紅葉谷 佐藤鬼房
父憶ふ心は同じ冬紅葉 星野立子
猫間障子一枚冬紅葉を見する 山口青邨
田の中に古墳稲荷山冬紅葉 山口青邨
病人に月日経ちやすし冬紅葉 鈴木真砂女 卯浪
砂町の波郷死なすな冬紅葉 渡邊白泉
磴半ば明るきところ冬紅葉 高浜年尾
竹林の中あでやかに冬紅葉 山口青邨
芝生踏み来て睡蓮の冬紅葉(新宿御苑にて) 細見綾子
芭蕉似は弱きはらわた冬紅葉 佐藤鬼房
荒海に崖なすや冬紅葉 村山故郷
蔵王また修験道なり冬紅葉 森澄雄
虚子に喜寿艶また年尾にも冬紅葉 山口青邨
足を病む妻や祈りの冬紅葉 山口青邨
辛口の集ひけるかな冬紅葉 齋藤玄 飛雪
近松は長門の生まれ冬紅葉 森澄雄
鐘つきに僧馳けりくる冬紅葉 飯島晴子
隠棲といはずおしづかに冬紅葉 山口青邨
雨そそぐ髻塚や冬紅葉 山口青邨
頽齢の恋おそろしや冬紅葉 佐藤鬼房
食ひしばるごと逆光の冬紅葉 林翔
高く上る煙草のけむり冬紅葉 山口青邨
鯉の背を打つ滝やさし冬紅葉 鈴木真砂女 卯浪

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 22:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26368038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング