菊 2

菊 2

晩年のこの街が好き菊日和 林 友次郎
晩年や父の眼鏡に菊の冷え 伊藤京子
暁天に霜青うあり菊の相 横光利一
暮るるまで菊活け菊の香に眠る 古賀まり子 降誕歌
曇り日のくくりし菊の埓こえず 阿部みどり女
曇天や菊よりしろき鶏のむれ 有働亨 汐路
書をにぎる芭蕉にねぶれ菊の児(ちご) 服部嵐雪
書を抽芭蕉にねぶれ菊の児 服部嵐雪
最上下戸けふや淵しる江戸の菊 調古 選集「板東太郎」
月もあり黄菊白菊暮るゝ秋 暮の秋 正岡子規
月代に霧ながれをり菊畠 石原舟月
月蝕のすすむひと間の菊白子 鳥居美智子
有る程の菊抛げ入れよ棺の中 漱石 (床の中で楠緒子さんの為に手向の句を作る)
望外の受賞と云はんばかりの菊 高澤良一 燕音
朝々の露にもはげず菊の花 千代尼
朝な朝な踏切の菊つぼみゆく 原田種茅 径
朝市の菊の花びら糧りけり 黒田杏子
朝市の菊も小振りに神渡し 橋本榮治 麦生
朝市や通かゝりてけふの菊 炭 太祇 太祇句選後篇
朝晴やふち紅させる霜の菊 柴田白葉女
朝涼に菊も一艘通りけり 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
朝炭を切り菊をいぢつてをつた一日 梅林句屑 喜谷六花
朝粥に添へてもつてのほかの菊 角川 照子
朝茶のむ僧静かなり菊の花 松尾芭蕉
朝霧や奈良阪下る小菊賣 菊 正岡子規
朝露や菊の節句は町中も 炭 太祇 太祇句選
朝風や菊のうなづく幾久(きく)の露 上島鬼貫
木の股に火星が咲けり菊の酒 鈴木鷹夫 千年
木型から干菓子うちだす菊日和 長谷川櫂 蓬莱
木曽谷の養生訓に菊の酒 加藤耕子
木枯や菊子夫人の菊づくし 大木あまり 火のいろに
木棉ながら善き衣着たり菊の花 菊 正岡子規
木樵来る菊の蕾のはつはつと 宇佐美魚目 天地存問
木魚ふとやみたる菊の日和かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
本丸の人流れ来る菊花展 藤谷紫映
本尊は阿彌陀菊咲いて無住也 菊 正岡子規
机下につまりし反古焼いて菊澄む日あり 安斎櫻[カイ]子
村山源氏寂聴源氏菊日和 山田弘子 こぶし坂
村百戸菊なき門も見えぬ哉 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
村童の露の菊さす持佛堂 塩谷はつ枝
杖ながら菊はこけ居り三十三才 高田蝶衣
杜国の墓塵一つなく菊供え 大谷きよ
束ねられ淋しくなりし残る菊 柴田奈美
来る花も来る花も菊のみぞれつゝ 久保田万太郎 草の丈
東京に菊の雨降る蕎麦の味 有働亨 汐路
東京より俳優(わざおぎ)が来て菊花展 高澤良一 石鏡
東洋のオリムピツクの蘭よ菊よ 筑紫磐井 婆伽梵
松に菊古きはものゝなつかしき 菊 正岡子規
松に菊蕎麦屋の庭の時雨かな 渡辺水巴 白日
松を伐てうれし小菊に旭のあたる 菊 正岡子規
松手入してをり菊の間に佳客 岸風三楼 往来
松風す大輪の菊運ばるる 松村蒼石 雁
枝摘みて摘みて仕上げる仕立菊 榊原和雄
柚の色や起あがりたる菊の露 榎本其角
柚味噌燒く雨の夕や菊百句 柚味噌 正岡子規
柚子倉をほそめに開き菊日和 古賀まり子 緑の野以後
柿栗も賞でたりなほ菊さへも 横光利一
栗めしもゆかしき月や菊の宿 白麻
栗飯や下駄ぬぐきはに菊の花 菊 正岡子規
栗飯を昼に炊いたる菊節供 森澄雄
校倉の壁に日の差す菊日和 井上けい子
栽ゑ置いて忘れた菊の咲きさまよ 尾崎紅葉
梁の年経し張りや菊の雨 石塚友二 光塵
梁高き孔子座像に菊冷ゆる 下村ひろし 西陲集
梯子段とんとん降りる菊日和 藤岡筑邨
棟上げや家巍々として菊の紋 菊 正岡子規
棺の中物音もなし菊日和 原裕 『出雲』
棺桶に封ずこの世の菊・言葉 辻田克巳
椋落葉黄菊すがれとなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
検査結果遊走腎とは菊の花 高澤良一 随笑
検眼室を真暗がりにす白菊も 田川飛旅子
楽やみてまなこ開けば菊すめり 片山桃史 北方兵團
楽器店菊咲き楽器ひやゝかに 片山桃史 北方兵團
槌の子が黄菊を食べにくるといふ 岩淵喜代子 硝子の仲間
様子見の開き加減や雨の菊 高澤良一 素抱
横町につゞきて菊の夜店哉 菊 正岡子規
横着に石蕗まぜてある菊の桶 安東次男 昨
橋詰めに灯ともす店の菊の花 辻 濟行
欄干にのぼるや菊の影法師 許六
次の世のしづけさにある黄菊かな 浅井一志
歌麿といふ菊愛(めぐ)し菊花展 高澤良一 燕音
正午かと思へば菊の節句かな 清水径子
正座して海を見る日の菊の酒 阿戸敏明
正装は妻を寡黙に菊日和 廣井國治
武漢一望の丘をめぐりて菊かをる 滝井孝作 浮寝鳥
歩をうつす千輪咲きの菊の前 軽部烏頭子
歩をうつす千輪咲の菊の前 軽部烏帽子 [しどみ]の花
歳饉ゑて庄屋が門の菊悲し 寺田寅彦
歸んなんいざと咲きけり菊の花 菊 正岡子規
死が残す地鳴りに浮きぬ夜菊の白 加藤知世子 黄 炎
死者の家昨日の小菊に昨日の虻 林翔 和紙
残り咲く菊一輪の気丈かな 小田嶋野笛
残り菊棚田の隈に伏してゐし 細見綾子
残る菊K君の墓はどこでせう 岡田史乃
殘る菊けふより後の名にせはや 菊 正岡子規
殘菊のしどろに妹が垣根かな 菊 正岡子規
殘菊や宇治の古宮女君 菊 正岡子規
母が活けし菊に小菊を挿しそへぬ 三橋鷹女
母と似し人と乗り合う菊日和 林 恵子
母の忌の菊や水揚げねんごろに 大賀 龍雲
母の所作だんだんあはし菊にほふ 金田咲子 全身 以後
母の為めに薬を煮るや菊貧し 尾崎迷堂 孤輪
母を締め吾を締むる帯菊の酒 大館史子
母恋ふ夜黄菊しびるるほど濃ゆし 小檜山繁子
母葬り菊の葉屑の冷え拾ふ 蓬田紀枝子
毎に恨む銭なし籬下に菊を鋳ん 椎本才麿
比宮の神みそなはす菊花展 松本美簾
毛糸店の菊は造花をおもはしめ 太田鴻村 穂国
毟らるる菊芳しき料理かな 前田普羅
気のつきしとき一斉に蕾む菊 高澤良一 素抱
水一筋菊の亂れのうつくしき 菊 正岡子規
水中花菊も牡丹も同じ色 長谷川かな女 花 季
水呑むや十日のあやめ六日の菊 橋石 和栲
水巴忌の白菊白に徹しけり 松田碧霞
水替ふるたび絲菊の縺れあふ 朝倉和江
水汲の雫に肥つ軒の菊 内藤丈草
水洟や小菊清らに押しもあて 野村喜舟
水盤の菊大輪に新たな世 飯田蛇笏 雪峡
水霜をたもちて菊の重さかな 宮沢賢治
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 其角 九 月 月別句集「韻塞」
氷仙よりも凍菊うつくしき 大場白水郎 散木集
永劫に父は裁かれ荒地菊 齋藤愼爾
汁鍋にむしり込だり菊の花 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
汐風に蜑か垣根の菊痩せぬ 菊 正岡子規
汝を思ひ夜をねずをれば菊かほる 中尾白雨 中尾白雨句集
江の辺菊の出店や南側 松滴 選集「板東太郎」
汲まぬ井に十日の菊となりにけり 吉田紫乃
汲みおきの水の冷し残る菊 鈴木真砂女
汲めや汲め菊の素顔のけふ来ずは 花榴 俳諧撰集玉藻集
決断は急がず菊挿す話など 福本竹峰
沖縄の万座毛岬の白菊わが庭に咲けば戦史は閉じん 大内須磨子
沙魚釣りや沖流れ去る菊一朶 会津八一
河上肇墓前の菊は誰が活けし 山本歩禅
河豚喰ふや伊万里の皿の菊模様 水原秋桜子
法皇の紋幕かゝげ菊花壇 森 孝子
波郷忌や花荷がこぼす菊の弁 町田しげき
泣きやすき中年ら寄り菊供ふ 柴田白葉女 花寂び 以後
泣き顔の向けどころなし菊ばかり 小島千架子
泰然として太き竹菊の杖 上野泰 佐介
洋風の菊の客ともここになり 京極杞陽 くくたち下巻
洗濯にふやけし指や菊日和 鈴木真砂女 生簀籠
活けし菊すぐ水上ぐる夜の深さ 菖蒲あや あ や
流す菊ながるゝに降り出でにけり 水原秋櫻子
浦々の菊あつめゆく初荷舟 岡本まち子
浪さかまいてしらぎく黄ぎくみだれ菊 幸田露伴
浮世哉菊に晴レ着の黒小袖 菊 正岡子規
海見ゆる簷の炊煙菊日和 石原舟月 山鵲
海道を一碧として菊日和 百合山羽公 故園
涙もてすすぐ年月菊の月 大畑善昭
涛声に菊花壇の日宙をめぐる 石原舟月 山鵲
淀どのの出城なりければ菊乱る 有働亨 汐路
清流を下るがごとく菊見かな 高澤良一 暮津
清浄に乱菊残す旧居かな 西本一都 景色
清滝の流の上の菊の宿 比叡 野村泊月
清閑を菊に托する暮しかな 榊原百石
渚にて金沢のこと菊のこと 田中裕明(1959-)
渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明 花間一壺
湯の山の小村小村や菊の花 泉鏡花
湯の山の村村おなじ小菊かな 泉鏡花
満つる菊わけて聖火を掲げたり 長谷川かな女 花寂び
滄浪の水濁りけり菊の花 菊 正岡子規
漆せぬ琴や作らぬ菊の友 素堂
澄み深き玻璃戸の菊の黄にひらく 太田鴻村 穂国
澄雄来て硯咄や菊びより 角川源義 『西行の日』
濃き日ざしうつりつつある菊の中 橋本鶏二
濡落の雫晴れけり菊の露 朱廸 九 月 月別句集「韻塞」
濤声に菊花壇の日宙をめぐる 石原舟月
火の上の菊がぽとりと火の中へ 岸本尚毅 選集「氷」
灯かへす供華の白菊椿邸 原裕 葦牙
灯ともして御影祭るや菊の花 菊 正岡子規
灰になりけじめもなしや萩と菊 阿波野青畝
炉塞ぐや菊の根もとを掘る男 炉塞 正岡子規
炎天に菊を養ふあるじ哉 炎天 正岡子規
炎天の菊を縛して花見せず 右城暮石 上下
炎帝の下に盾並め菊作り 齋藤玄 飛雪
炭いよゝ乏しくも壺の菊しづか 渡邊水巴 富士
烏相撲終りて賜ふ菊の酒 板谷芳浄
煌々と厚物白菊スプーン弁 高澤良一 燕音
煤掃いてなほ残る菊をいとほしむ 渡辺水巴 白日
照葉して小菊の気品定まれり 及川貞
熱の瞳が神持たぬとて菊を這ふ 加藤知世子 黄 炎
燈もて翌まつ菊に酒くまむ 乙二 選集古今句集
燈心の如き白菊咲きにけり 菊 正岡子規
燦々と菊泰衡の首一つ 宮慶一郎
爐開て殘菊いけし一人哉 炉開 正岡子規
父に似し弟一人残る菊 松本たかし
父の忌の黄菊白菊朝日充ち 伊東宏晃
父母に供へて黄菊映えにけり 今泉貞鳳
父逝きて菊七鉢が残りけり 吉川千丘
片寄せられ等外の菊白ばかり 高澤良一 ねずみのこまくら
牛久沼頭に生き菊花節暮れたり 石塚友二 方寸虚実
牛市へ出す牛磨く菊日和 阪上史琅
特選に友の名のあり菊花展 福島武蔵
特選の菊とし少し盛り過ぎ 稲畑汀子
犠牲多き戦果や菊を活け足らず 渡邊水巴 富士
犬がみて穴のようなる窓に白菊 阿部完市 軽のやまめ
独りゆきて吾子蝦夷菊を買ふほどに 星野立子
独眼流正宗の菊差し替え中 高澤良一 石鏡
狼星(シリウス)をうかがふ菊のあるじかな 宮沢賢治
猪垣をして菊花展してをりぬ 上野さち子
猫の毛の濡れて出でけり菊の露 岱水 九 月 月別句集「韻塞」
猫の瞳の奥より菊の香のすなり 後藤眞吉
猫走り出て括り萩括り菊 大木あまり 火球
玄関を開けしままなる菊手入 依光陽子
玉菊燈籠あはれ一葉の文字あはれ 福田蓼汀 秋風挽歌
王官の荒れんとすなり菊あせて 臼田亞浪 定本亜浪句集
珠と受く医師のひと言菊日和 島村久枝 『矢作古川』
理髪所や十時過なる菊日和 尾崎紅葉
琴は語る菊はうなづく籬かな 服部嵐雪
琴箱や古物店の背戸の菊 松尾芭蕉
瑠璃菊や児と一字の塔かなし 西本一都
瓣ほつれてよりの大菊やすらげる 殿村莵絲子 牡 丹
甕の菊白妙なれば影生めり 絵馬
生きのこる小菊も吾も何恃む 杉山岳陽 晩婚
生き上手はなし上手や菊の酒 台迪子
生け捕りの黄菊白菊あたたかし 大西泰世 世紀末の小町
生業や駕籠かきやめて菊つくり 西山泊雲 泊雲句集
生涯にまたなきけふぞ菊の酒 五十嵐播水 埠頭
男なり小菊ながらも白を咲く 菊 正岡子規
町内の左官屋の菊三色(みいろ)ほど 高澤良一 鳩信
畑の菊こごえて朝を迎へけり 高澤良一 ももすずめ
畑の菊雪待つ富士を泛べたり 有働亨 汐路
畑三畝菊の黄なるは喰ふべく 下村牛伴
畠から出て来る菊のあるじかな 涼菟
畦菊の吹きさらされて暮れきらず 小島千架子
異人館通りに老いて菊作り 山田弘子 懐
畳屋の菊の出来栄えよかりけり 高澤良一 ももすずめ
病居士の端居そぞろなり菊の花 正岡子規
病居士の端居そゞろなり菊の花 菊 正岡子規
病床や高き菊香をいとひそむ 阿部みどり女 笹鳴
痩せながらわりなき菊のつぼみ哉 松尾芭蕉
痩村の質屋富みたり菊の花 菊 正岡子規
痩菊に霜置かぬ朝の曇りかな 霜 正岡子規
登四郎の死後白菊を厭ふなり 鈴木鷹夫 千年
白い菊見つめつづける罰として 高澤晶子 純愛
白きみとばり今ぞ引かれむ菊かがやき 太田鴻村 穂国
白ぎくと黄菊のまさり劣りかな 久保田万太郎 流寓抄
白じらと菊を映すや絹帽子 芥川龍之介
白も黄もさき竝べたり菊の花 菊 正岡子規
白も黄も咲きならべけり菊の園 菊 正岡子規
白絹に待針を打つ菊日和 佐藤 緑
白花瓣やっさもっさの厚物菊 高澤良一 石鏡
白菊が机にあがる突然死 高澤良一 さざなみやつこ
白菊ぞ歳首の花と挿して祝ぐ 篠田悌二郎 風雪前
白菊といへど暮色をまとひたる 新井ひろし
白菊とわれ月光の底に冴ゆ 桂信子(1914-)
白菊と別の眩しさ黄菊にも 岸善志
白菊と思ひし菊の黄を咲ぬ 菊 正岡子規
白菊と言う天上の埃かな 北見弟花
白菊と黄菊観音勢至かな 尾崎迷堂 孤輪
白菊にうはの空なる銀化粧 秋色 俳諧撰集玉藻集
白菊におぼつかなくも落涙(なみだ)して 宇多喜代子
白菊にかゝる藁火の埃かな 比叡 野村泊月
白菊にしかもこよひは月夜哉 菊 正岡子規
白菊にしんかんと陽の澄みにけり 小松崎爽青
白菊にふるるものなく月を前 石原舟月 山鵲
白菊に今宵の酒をそとふくみ 川端茅舎
白菊に八方澄める遠嶺かな 石昌子
白菊に咫尺し玉の如き夜を 阿部みどり女
白菊に影の生まるる日ざしかな 小林たけし
白菊に恍惚と藁かかりけり 金尾梅の門
白菊に月ある夜ルの到るかな 尾崎迷堂 孤輪
白菊に朝の素顔をたたくなり 北原志満子
白菊に棟かげ光る月夜かな 杉田久女
白菊に氷を抱いて胃安らか 久米正雄 返り花
白菊に汚れし妹が櫛笥かな 西山泊雲 泊雲句集
白菊に汚れし妹が櫛筐かな 西山泊雲
白菊に癒えざるものを糧とせよ 平井照敏 天上大風
白菊に置得たり露置得たり 嵐山
白菊に蟻はひ上る日和かな 菊 正岡子規
白菊に見合へる母の背格好 高澤良一 燕音
白菊に謂はん方なき夜明かな 尾崎紅葉
白菊に起ち居しづかな日を重ね 桂信子 黄 瀬
白菊に遊べる月の魍魎(かげぼうし) 鈴木花蓑句集
白菊に遠い空から雨が来る 飯田龍太
白菊に鷹据はりたる静かなり 長谷川かな女
白菊に鷹据わりたる静かなり 長谷川かな女 雨 月
白菊のあしたゆふべに古色あり 飯田蛇笏
白菊のあふれ咲くとき善人泣け 油布五線
白菊のさし覗けるに水走る 石塚友二 光塵
白菊のしづくつめたし花鋏 飯田蛇笏 山廬集
白菊のなかのおん眼のひかりかな 佐野美智
白菊のひとつかたむく豊さよ 草堂
白菊のほとりの暮色かりもがり 豊長みのる
白菊のまさしくかをる月夜かな 高橋淡路女 梶の葉
白菊の一もとゆかし八重葎 菊 正岡子規
白菊の一もと白し八重葎 菊 正岡子規
白菊の中に黄菊の倒れたる 岸本尚毅 選集「氷」
白菊の中の大輪とけそめし 上村占魚 鮎
白菊の光り放ちて空しき室 阿部みどり女
白菊の在所に入れば波の音 山本洋子
白菊の墓のつめたさ秋子の忌 大橋芥子
白菊の夜もかがやくばかりなり 村山古郷
白菊の大輪天の冷え放つ 小川原嘘帥
白菊の少しあからむ時雨哉 時雨 正岡子規
白菊の朝臣黄菊の臣・連 高澤良一 ぱらりとせ
白菊の束帯召せり後醍醐帝 高澤良一 さざなみやつこ
白菊の白く匂へる笑顔得し 今瀬剛一
白菊の白さつくして晴れにけり 金尾梅の門 古志の歌
白菊の白妙甕にあふれける 水原秋桜子(1892-1981)
白菊の目にたてて見る塵もなし 松尾芭蕉
白菊の目にたてゝ見る塵もなし 芭蕉
白菊の目に立てて見る塵もなし 芭蕉
白菊の目に立て見る塵もなし 白菊や目に立て見る塵もなし 松尾芭蕉
白菊の粥かな秋のほの~と 渡邊水巴 富士
白菊の老いて赤らむわりなさよ 菊 正岡子規
白菊の花でこさばや濁り酒 濁酒 正岡子規
白菊の辺や道知らぬ友を待ち 石川桂郎 四温
白菊の鎌倉やすまば扇が谷(やつ) 服部嵐雪
白菊の雲の如くにゆたかなり 橋本鶏二 年輪
白菊はそびらの明り紙を漉く 加藤知世子 花 季
白菊は富士新雪を前に光る 山口青邨
白菊も黄菊も蒼き影曳きて 竹村まさる
白菊やうすむらさきは窶れのいろ 林原耒井 蜩
白菊やしづかに時のうつり行く 浪花 江涯 五車反古
白菊やつるぎ研ぐ家のひとところ 室生犀星
白菊や一誌創刊告ぐるべし 松尾隆信
白菊や匂にもある影日なた 芥川龍之介
白菊や受賞に海の紺緊り 櫛田と志子 『繭玉』
白菊や呉山の雪を笠の下 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
白菊や大さ月輪の如し 徳田秋声
白菊や夫は死後の願ひもて 加藤知世子 黄 炎
白菊や子の忌わが生あるかぎり 川村紫陽
白菊や影法師のみ老いゆける 小泉八重子
白菊や暗闇にても帯むすぶ 知世子
白菊や未生以前の渚見ゆ 佐藤鬼房 潮海
白菊や母にふえたる忘れごと 杉本寛
白菊や珊瑚の簪入るべからず 菊 正岡子規
白菊や看護記録に余白なき 小松和子
白菊や祖母の代塩でもの潔めき 草田男
白菊や紅さいた手のおそろしき 千代尼
白菊や膝冷え来る縁の先 横光利一
白菊や茸もある店の灯のもとに 室生犀星 魚眠洞發句集
白菊や血のにじむまで牡蠣を剥く 小泉八重子
白菊や血の滲むまで牡蠣を剥く 小泉八重子
白菊や衰へし人禮正し 横光利一
白菊や貝を根に置く蜑が宿 野彼 (筑前黒崎にて)
白菊や闇をこぼれて庭の隅 菊 正岡子規
白菊や霜よりしもの花の色 昌叱
白菊や静に時の移りゆく 江涯
白菊よ白菊よ恥長髪よ長髪よ 芭蕉
白菊を瀧につくりし細工哉 菊細工 正岡子規
白雲は遠いものなり菊の上 乙二
白露に養ふ菊の莟かな 菊 正岡子規
白髪抜く四十の額を菊の中 古舘曹人 能登の蛙
百々御所を曲りて路地の菊日和 古賀まり子
百も承知茄であがる菊嵩のこと 中原道夫
百姓の垣に菊あり鶏頭あり 菊 正岡子規
百菊に百官の序のある如し 遠藤梧逸
百菊のころを山門不幸とは 依光陽子
百菊の百の光陰まぶしけれ 倉田 紘文
百菊もさくや茶の間の南向 嵐竹 芭蕉庵小文庫
百號に滿ちけり菊はさきにけり 菊 正岡子規
盃に漆の臭やけふの菊 成美
盃の下ゆく菊や朽木盆 松尾芭蕉
盃や山路の菊と是を干す 桃青 選集「板東太郎」
盆ほどになるてふ菊の莟哉 移竹
盆栽の菊の松籟聞かむとす 高澤良一 ももすずめ
盆栽菊調度の鉢も凝りに凝る 高澤良一 素抱
盆程の庭の蒔繪や菊もみち 菊 正岡子規
盆花の菊鮮しき巴塚 堀 文子
盛りすぎし菊に番人掃けるかな 清原枴童 枴童句集
盛んなる菊の面影残りけり 高浜虚子
目を欲りし日は早や遠く菊に佇つ 平尾みさお
直立の月下の菊を見て老いぬ 寺井谷子
真二つに碧空割れん菊の花 佐野青陽人 天の川
真白な菊見て来てより可笑し 野村喜久子
真綿ひく祖母に手を貸す菊日和 古賀まり子 降誕歌
石切りの指紋なき日々蝦夷菊咲く 小田 保
石垣の菊灸らるゝ藁火かな 芝不器男
石炭船流るゝ菊を押し戻す 殿村莵絲子 遠い橋
石蕗よりも遅く咲く菊のありにけり 尾崎迷堂 孤輪
破靴や延命菊に雫せる 齋藤玄 飛雪
碑文字且つ拾ひ彫る菊も匂ひて 内田百間
磔像に菊の晴れまた鵙の晴 高濱年尾 年尾句集
祖遠し墓に十日の菊明り 秋山朔太郎
祝ぎごとの大皿を出す菊日和 朝倉和江
祝花の菊みな前向けてあるはいやし 田川飛旅子
福助に作れる菊に人だかり 高澤良一 ももすずめ
秀吉の衰へ見えし菊衣 安斉君子
秋はまづ目にたつ菊のつぼみ哉 去来
秋むかし菊水せむと契りしか 山口素堂
秋をへ(経)て蝶もなめるや菊の露 松尾芭蕉
秋を経て蝶もなめるや菊の露 松尾芭蕉
秋を経て蝶も嘗めるや菊の露 芭蕉
秋出水菊塢が庭を思ふかな 野村喜舟 小石川
秋天の裳裾を菊の彩れる 上野泰 佐介
秋悲し白菊の色に染む事 高井几董
秋櫻東籬の菊にあらねども 京極杞陽
秋菊に媒はき落す小窓哉 菊 正岡子規
稔の墓お隣りの墓菊とりどり(横須賀良長院下田稔の墓) 高澤良一 石鏡
稚き仏ぞ被まし菊衾 石塚友二 光塵
種子島雲と伏しゐる菊日和 米谷静二
稲かけて菊かくれたる垣根かな 村上鬼城
稲こきの姥もめでたし菊の花/稲こきの姥もめでたし庭の菊 松尾芭蕉
稲刈ぢや菊も糸瓜もあるものか 会津八一
稻の花東籬菊いまだ莟なり 稲の花 正岡子規
稻舟や穂蓼の渚菊の岸 菊 正岡子規
稿遅々と十日の菊を飾りけり 高橋健文
空気銃撃ちし音菊ひやゝかに 誓子
窓もとに咲きひろごりし黄菊哉 会津八一
窺える菊一文字のしたり顔 市園盛一郎
立てぬ日は這うて部屋掃く菊日和 国弘賢治
立冬の塵穴菊を捨てそめし 皆吉爽雨
章魚壺のかずかず菊も活けたらずや 佐野まもる 海郷
竹伐の外には見えず菊の笠 内藤丈草
竹垣や隣の菊のこぼれ咲く 菊 正岡子規
竹立てゝ?燭さしぬ菊の中 菊 正岡子規
竹筒に夥しき菊や地蔵堂 寺田寅彦
笠の紐解きてのせけり菊車 宇佐美魚目 天地存問
笠の菊揺れて歎ける人形かな 大橋櫻坡子 雨月
第二芸術や吾が句集成る菊日和 橋本夢道 『無類の妻』以後
筆とらぬ日を経て菊の衰へず 相生垣瓜人 微茫集
筆擱けば真夜の白菊匂ひけり 草城
籠菊があふぎも古しとしの暮 園女 俳諧撰集玉藻集
籾を干す豊かさ菊を垣と成す 岡本圭岳
精一杯菊に添ひ立つ母なりき 高澤良一 石鏡
精出して病みたくさんの菊貰ふ 中尾寿美子
糠のごと小菊が咲きて灸寺 宮津昭彦
糸菊の糸の乱るゝ日和かな 沢村芳翠
紅菊の色なき露をこぼしけり 日野草城
紅葉々をちらしかけてや残る菊 立花北枝
納棺の泪は菊の蕾ほど 高澤良一 鳩信
紫の幕紫の総菊黄なり 京極杞陽 くくたち上巻
細いとて賞め太いとて賞める菊 後藤比奈夫 めんない千鳥
紺菊の闇のしぶきのおぼえかな 斎藤玄 雁道
紺菊も色呼出す九日かな 桃隣
終身の喪とす白菊の冷をこそ 山田みづえ
絵かきには見せじよ庵の作り菊 正岡子規
絵に書くは黄菊白菊に限りけり 正岡子規




絵の中のむかしの景色菊の宿 小澤實
絵の菊に今朝も飢えたる胡蝶かな 服部嵐雪
絵の菊に今朝も餓たる胡蝶哉 服部嵐雪
絹着せぬ家に菊あり詩經あり 菊 正岡子規
綿きせて十程若し菊の花 一茶
綿詰めがどうのかうのと一文字菊(いちもんじ) 高澤良一 燕音
緑蔭に菊水の紋散らしあり 竹中弘明
緑青の吹きをることの菊の如露 後藤夜半 底紅
縁の上によき一鉢の雨の菊 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
縁日へ押し出す菊の車かな 菊 正岡子規
縁日へ菊買ひに行く翁かな 菊 正岡子規
縄跳びの下手な子混り菊日和 奈田菜摘子
繪かきには見せじよ庵の作り菊 菊 正岡子規
繪に書くは黄菊白菊に限りけり 菊 正岡子規
美しき白菊揺れて船すすむ 五十嵐播水 埠頭
義経の袖より黄菊こぼれ落ち 森 幸子
翳る身の寄りがたく菊澄みにけり 鷲谷七菜子 黄 炎
老いたるが寫し寫され菊の晴 板垣鋭太郎
老いらくのかしづくごとく菊に住む 上林白草居
老の杖盲の杖や菊の宿 高濱年尾 年尾句集
老人のふつとかがやく菊の前 中尾寿美子
老医師の菊作りして休診日 添野光子
老友の学習院長霜の菊 高浜虚子
老巡査菊の日向に物書ける 五十嵐播水 埠頭
老我に菊の日向は芳しき 深川正一郎
老菊のものやはらかき花の鞠 後藤夜半 底紅
耕耘機畦の黄菊を孤独にす 津村青岬 『南紀』
耳の奥に囚人菊を抱いてゐる 栗林千津
聖天のうしろは淋し菊の花 菊 正岡子規
聞くならく奈良屋も同じけふの菊 立允 選集「板東太郎」
肥後菊のはなびらの疎とありにけり 正木ゆう子 静かな水
肩の上にいつも仔猫や菊いぢり 五十嵐播水 播水句集
肩衣の老をたすけよ菊の露 立花北枝
胃カメラがするりと通る菊日和 吉沢野露
背伸びをば強ひられし菊並びをり 相生垣瓜人 明治草抄
胸に菊つけ面映ゆくをりにけり 高木晴子 花 季
胸の菊血に染め仆れたりあなや 石塚友二
胸ほそく菊に秀でて弥勒仏 桂樟蹊子
臙脂なる菊を鎧の草摺に 高澤良一 さざなみやつこ
自らの老好もしや菊に立つ 高浜虚子
自分史の海にすとんと菊日和 岩田柳堂
舞殿の欄干を垂れ菊競ふ 荒井正隆 『父嶽』
船を憶ふわれらが集ひ菊の酒 高濱年尾 年尾句集
船旅の疲れなかりし菊の花 五十嵐播水 埠頭
船頭に犬ついてくる菊日和 足立香織
色を言ひ菊の匂を言はざりし 後藤比奈夫 花びら柚子
芥焼く朝のけむりや菊畠 河野静雲 閻魔
芭蕉忌の伏見あたりも菊の雨 多田裕計
花ならぬ処はないそ国の菊 広瀬惟然
花に月に雪にわけては菊の香に 菊 正岡子規
花の中の黄菊 白菊 それだけをあがなう 荻原井泉水
花はみな四方に贈りて菊日和 宮沢賢治
花嫁が来しと駈けだす菊日和 永方裕子
花嫁の父かなしけれ菊の前 石田あき子 見舞籠
花時計六時の小菊濡れてをり 早川志津子
花笠菊咲けばみちのくすぐに盆 田村了咲
花舗の菊簷にあふれて雨かかる 石原舟月 山鵲
花街の出格子拭かれ菊大輪 桐山秀峰
花車(くわしや)同士つうかあの仲残る菊 中原道夫
花鋏静かに置きぬ菊の前 椎橋清翠
芸に老い芸に生きてしけふの菊 武原はん女
苦心譚笑顔で語り菊花展 士館千尋
茄子引て菊に莟の見ゆる哉 布舟
茎の水流れて到る菊の前 大橋桜坡子
茶屋に菊あり遠足會の人休む 菊 正岡子規
草の戸に日暮てくれし菊の酒 芭蕉
草の戸の用意をかしや菊の酒 太祇
草の戸や日暮てくれし菊の酒 松尾芭蕉
草の戸や日暮れてくれし菊の酒 芭蕉
草の戸や盃赤く菊白し 菊 正岡子規
草履売る隙(ひま)に見事や菊の花 立花北枝
荒星を風が磨くよ菊づくり 大木あまり 火のいろに
荒野菊身の穴穴に挿して行く 永田耕衣(1900-97)
菊あかき籬となりし我家かな 尾崎迷堂 孤輪
菊あかり汝のひとかはめ誰に亨けし 杉山岳陽 晩婚
菊あふれ歳月とはに薫るべし 小松崎爽青
菊あれて鶏ねらふ鼬かな 菊 正岡子規
菊いけて荷物ちらはる旅籠哉 菊 正岡子規
菊いよよ大輪惜しみなく揃ふ 中村汀女
菊うらら翅あれば出て飛ばぬなき 悌二郎
菊うらら遠き日の遺書裂きてをり 鷲谷七菜子 黄 炎
菊うらゝ翅あれば出て飛ばぬなき 篠田悌二郎
菊おこす風雨の合羽頭にかむり 及川貞 榧の實
菊おろして短日の縁となりにけり 阿部みどり女 笹鳴
菊かほるかつての闘士喜寿の翁 吉屋信子
菊かほる如来の厚きたなごころ 宮田祥子
菊かれてすら~と日の暮るゝなり 布舟
菊かれて蠣むく蜑の隣哉 不ト
菊かをり新しき画布かがやけり 相生垣瓜人 微茫集
菊かをり金槐集を措きがたき 水原秋櫻子
菊が香に大臣(おとど)あるきし小径かな 角光雄
菊くゝる杖の長さをそろへけり 菊 正岡子規
菊さえや都わすれの名に咲きぬ 斎藤空華 空華句集
菊さかり馬に噛まれし手を冷やし 吉本伊智朗
菊さくころの菊さげて毎とし行くところ 荻原井泉水
菊さくやきせ綿匂ふ不二の雪 菊 正岡子規
菊さくや十二街頭の塵の中 菊 正岡子規
菊さくや我に等しき似セ隠者 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
菊さくや米飯麥飯粟の飯 菊 正岡子規
菊さけば南蛮笑ふけしきかな 飯田蛇笏 山廬集
菊さけり蝶来て遊べ絵の具皿 服部嵐雪
菊さしてふるき日記にしたしみぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
菊さして庭を廻ればふと悲し 横光利一
菊ざけに薄綿入のほめきかな 井原西鶴
菊すこしいたみし庭に対ひけり 清原枴童 枴童句集
菊すめり楽器売りたるレヂスタア 片山桃史 北方兵團
菊そふやまた重箱に鮭の魚 嵐雪
菊たべて向ふに淵のありにけり 永島靖子
菊たべて灰となるまで姉妹 大木あまり 雲の塔
菊つかむ雀悲しき嵐哉 菊 正岡子規
菊つくり得たれば人の初老かな 幸田露伴 江東集
菊つくる五位の隱居や黒あばた 菊 正岡子規
菊つみてはや盛り上る籠の中 素十
菊といふこのみじろがぬものに仕へ 黒田杏子 花下草上
菊どきの三日なつかし明治節 楠目橙黄子 橙圃
菊どきは菊の香ばかり仏の間 角川照子
菊にきく垣なき中のむすびかな 上島鬼貫
菊にさす夕日は卓を溢れけり 林火
菊にほひ波郷も寝ねし雨の音 及川貞 榧の實
菊にゆかんとするくつぬぎの母の手とらむ 梅林句屑 喜谷六花
菊に佇ち心千里を走りゐる 阿部みどり女
菊に佇つ母に一言かけたき日 高澤良一 石鏡
菊に出でて奈良と難波は宵月夜 菊に出でて奈良と難波は宵月夜 松尾芭蕉
菊に対し床上に尿する身かな 久米正雄 返り花
菊に峰巒大霧に月のありどころ 原石鼎
菊に早き萩にはおそき忌に参ず 鈴木真砂女 夕螢
菊に来る虻や猪鍋待ちながら 岸本尚毅 選集「氷」
菊に添へはつかに言葉遺し去りぬ 軽部烏頭子
菊に煙草吹いては雨の日楽し 太田鴻村 穂国
菊に石抱かせる術(すべ)に道理あり 高澤良一 宿好
菊に立ち裲襠美しき愛しさよ 相馬遷子 雪嶺
菊に見る写楽画怪をきはめたる 森川暁水 淀
菊に見る写楽画雲母をおしみなく 森川暁水 淀
菊に解いて今朝つきし雑誌明るさよ 碧雲居句集 大谷碧雲居
菊に頬よすとも癩の痕消えず 菖蒲あや 路 地
菊のかげこまごまとある落暉かな 岸風三楼 往来
菊のことばかり話して診てくれず 渋田ト洞庵
菊のこる三日の庭の女客 長谷川かな女 牡 丹
菊のちり打つべくもなくかかりけり 飯田蛇笏 山廬集
菊のつゆ凋る人や鬢帽子 榎本其角
菊の丈揃ひ水着を夜も干し 阿部みどり女
菊の上にふりいでて雨止みにけり 萩原麦草 麦嵐
菊の主拙き歌を詠みにけり 菊 正岡子規
菊の前こゝろ痩せをり洟ゆるび 石塚友二 光塵
菊の前しづかに墨を摺りゐたり 山口波津女 良人
菊の前人とは何ととゞまりぬ 殿村莵絲子 花寂び 以後
菊の前掃きてきれいや籾を干す 橋本鶏二 年輪
菊の前畳こがねと坐りたる 赤松[けい]子 白毫
菊の前静かにたまる落葉かな 橋本鶏二 年輪
菊の匂ひ生ま生ましくて喪のにほひ 右城暮石 上下
菊の卓われらが占めて船楽し 五十嵐播水 埠頭
菊の卓鴎は窓に翼ひろげ 深見けん二
菊の句も詠まずこの頃健かに 杉田久女
菊の句を殘して去りぬ把栗居士 菊 正岡子規
菊の名も誇らか國華晴舞台 高澤良一 宿好
菊の名や問ひかへさるゝ白ウルリ 中村史邦
菊の名を添へて届きし分根かな 新山武子
菊の園茶の花垣の少しあり 高濱年尾 年尾句集
菊の垣南の山は上野なり 菊 正岡子規
菊の垣滿艦飾の見ゆる哉 菊 正岡子規
菊の垣犬くゞりだけ折れにけり 菊 正岡子規
菊の壇氣に入つた菊はなかりけり 菊 正岡子規
菊の壇聖体帰りましましぬ 山口青邨
菊の婚母はなにもて身を飾る 河野多希女 彫刻の森
菊の宴いまのわが身にはれがまし 松尾いはほ
菊の宴に菊の蒔繪そ心なき 菊 正岡子規
菊の宿に仏尊く刻みけり 生田葵山
菊の宿夜は炬燵のあたたかく 木村蕪城 一位
菊の宿昔女のうたひかな 菊 正岡子規
菊の庭松にもたるゝ菊もあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
菊の後大根の外更になし 芭蕉
菊の日々新妻の日々美しき 藤 小葩
菊の日に唇赤く病婦酔ひ居りぬ 阿部みどり女 笹鳴
菊の日に用ため置いてうかと居ぬ 阿部みどり女 笹鳴
菊の日のふとん部屋まで子がつき来 山本洋子
菊の日のまだ膝だしてあそびゐる 田中裕明 櫻姫譚
菊の日の渚づたひに来る子かな 大峯あきら
菊の日の長き汀を歩きをり 大峯あきら 宇宙塵
菊の日の門に風出できたりけり 小林虚人
菊の日や丸うて臣を愛み 作者不知 選集古今句集
菊の日や御岳烏も出でて啼く 蒼[きう]
菊の日や母の好みし江戸小紋 高須禎子
菊の日や水すいと引く砂の中 魚目
菊の日和にたたずむで憶ふことのしばし 梅林句屑 喜谷六花
菊の月うす~靄の立ちながら 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
菊の月今宵あたりは霜おりん 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
菊の月夜々に蝉きまさりけり 西島麦南
菊の月夜々に輝きまさりけり 西島麦南 人音
菊の杖蜻蜒のとまる處なり 菊 正岡子規
菊の束ロビーの椅子をひとつ占む 池田秀水
菊の杯上げて百寿にあやからむ 堀恭子
菊の杯酌み重ねつゝ健康に 高浜年尾
菊の根を分けつつ居れば君来る 会津八一
菊の根を分ち終りて素読かな 高浜虚子
菊の棺とともに焼かれしわが句集 平井照敏
菊の灯に酌む雪冤の面テかな 西島麦南 人音
菊の灰日暮の空のあをあをと 岸本尚毅 鶏頭
菊の秋母が寿筵に帰郷かな 大橋櫻坡子 雨月
菊の簀を巻きたる端のよごれかな 楠目橙黄子 橙圃
菊の紋仰ぎ詣りぬ七五三 遠藤梧逸
菊の色のこがね粧ほふ日の出かな 上島鬼貫
菊の花八百屋の店に老いにける 菊 正岡子規
菊の花咲くや石屋の石の間 芭蕉 俳諧撰集「藤の実」
菊の花咲くや鮑によりかつを 立花北枝
菊の花天長節は過ぎにけり 菊 正岡子規
菊の花心おきなく招かれし 高木晴子 晴居
菊の花我を相手に咲きにけり 菊 正岡子規
菊の花茄でてしまえば湖の漁 和知喜八 同齢
菊の花蓑の下より見ゆるかな 菊 正岡子規
菊の花見に来てゐるか石たゝき 可南
菊の荷と今日出すはがき一枚と 山本 洋子
菊の葉の青き匂ひを菊剪りぬ 久米正雄 返り花
菊の葉をのせて秋意の胡麻豆腐 大島民郎
菊の虻紫苑の虻とよそよそし 辻桃子
菊の虻翅を光となして澄む 深見けん二
菊の虻花の桟敷を渉り 上野泰 佐介
菊の虻蕊を抱へて廻りけり 鈴木花蓑句集
菊の蜂大まはりして返し来る 阿部みどり女
菊の蜂部屋をめぐりて菊日和 阿部みどり女 月下美人
菊の象の腋毛アパートの暗いシーツ 大沼正明
菊の部屋仕置のごとく暖を断つ 倉品一衛
菊の酒あたゝめくれしこゝろざし 星野立子
菊の酒一杓づゝの回向かな 都甲 久美子
菊の酒上げて卒寿を自祝せん 村上三良
菊の酒人の心をくみて酌 星野立子
菊の酒酌むや白衣は王摩詰 芥川龍之介
菊の酒醒めて高きに登りけり 闌更
菊の鉢を片つけて一杯な夕日になる日 河東碧梧桐
菊の鉢並べしまゝに雨の庭 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
菊の鉢回転扉に抱き悩む 吉屋信子
菊の鉢屋ぬちに世捨小路かな 中原道夫
菊の鉢廻転ドアに抱き悩む 吉屋信子
菊の鉢抱きて病廊知りつくす 石田あき子 見舞籠
菊の鉢提げて菊の香のぼりくる 蓬田紀枝子
菊の雨仮名の手紙は子へ宛つる 有働亨 汐路
菊の雨巴里を想へばつのりけり 草間時彦
菊の雨火鉢すゝめて我もよる 阿部みどり女 笹鳴
菊の雨菊をうつしてたまるのみ 阿部みどり女 『微風』
菊の雨襟立ててより本降りに 草間時彦 櫻山
菊の雫盃に受けたる如かりき 原石鼎 花影以後
菊の露夜空朝空うつくしく 西島麥南
菊の露落ちて拾へば零余子かな 松尾芭蕉
菊の飾窓虻摶つことをくりかへす 原田種茅 径
菊の館あるじはツレを仕る 高濱年尾 年尾句集
菊の香にありしんしんと夜の深さ 岸風三楼 往来
菊の香にあるだけの椅子並べ置く 田島星景子
菊の香にえびは一、二度反りあがる 松本恭子 二つのレモン 以後
菊の香にくらがり登る節句かな 芭蕉 (くらがり峠にて)
菊の香にこゝろかよわくひとを呼ぶ 中尾白雨 中尾白雨句集
菊の香にさすが山路の雪踏(雪駄)かな 服部嵐雪
菊の香にしたしみの眸つぶやける 石原舟月 山鵲
菊の香になくや山家の古上戸 立花北枝
菊の香に鳰も硯の水添へん 服部嵐雪
菊の香のくらき仏に灯を献ず 杉田久女
菊の香のにがく晴れたり一茶の忌 鳥居おさむ
菊の香のはやみ仏の吾子拝む 田淵ひで 『木椅子』
菊の香のひとつを残すにほひかな 上島鬼貫
菊の香のわけて身に入む嵐雪忌 服部嵐翠
菊の香の堂の金色われをつつむ 加藤知世子 花寂び
菊の香の夜の扉に合掌す 高野素十
菊の香の身におのづからそひ来なる 久保田万太郎 流寓抄以後
菊の香の身に移されし芸すこし 松本たかし
菊の香の闇ふかければ眠るなり 稲垣きくの
菊の香の闇や秘仏の曲線見ゆ 加藤知世子 花寂び
菊の香の髯に薫する翁かな 尾崎紅葉
菊の香も市のへだてや下地窓 松岡青蘿
菊の香やならには古き仏達 芭蕉
菊の香やひとつ葉をかく手先にも 炭 太祇 太祇句選
菊の香やふるき難波の呑み手ども 千川 九 月 月別句集「韻塞」
菊の香ややれ誰やらがうしろ影 唯次妻 俳諧撰集玉藻集
菊の香や一葉世代の母なりき 横山康子
菊の香や一間したゝか唐めかす 尾崎紅葉
菊の香や何も映らず夜の鏡 中村汀女
菊の香や加賀の鶴来の板庇 栗田やすし
菊の香や只三人に夜の更くる 菊 正岡子規
菊の香や吾子の瞳に菊うつり 杉山岳陽 晩婚
菊の香や太古のままに朝日影 飯田蛇笏 山廬集
菊の香や奈良には古き佛達 芭蕉
菊の香や奈良は幾世の男ぶり 松尾芭蕉
菊の香や妻と子と孫と碑のまえに 浅原六朗 紅鱒群
菊の香や山路の旅籠奇麗也 炭 太祇 太祇句選
菊の香や庭にきれたる沓の底 ばせを 芭蕉庵小文庫
菊の香や庭に切れたる靴の底 松尾芭蕉
菊の香や御器も其の僅宵の鍋 支考 俳諧撰集「藤の実」
菊の香や慈悲の手ながき観世音 島田万紀子
菊の香や指しなやかに伎芸天 西脇妙子
菊の香や日待ち明け行く橡の先 ぜぜ-探芝 俳諧撰集「藤の実」
菊の香や母をたたへし書の重み 稲垣光子 『絵付筆』
菊の香や民生れ増しつしかも彦 石塚友二 方寸虚実
菊の香や灯もるゝ観世音 高野素十
菊の香や瓶より余る水に迄 榎本其角
菊の香や白粉の香や酒五合 尾崎紅葉
菊の香や花屋が灯むせぶ程 炭 太祇 太祇句選
菊の香や茶に押し合ふもこの日より 千代尼
菊の香や親子三人が亨けし氏 米沢吾亦紅 童顔
菊の香や観音経は誰も誦し 野村喜舟 小石川
菊の香や踏切小屋の赫きに 野村喜舟 小石川
菊の香や連舞の手の良く合ひて 足立靖子 『梨花』
菊の香や雲井に近き朝朗 菊 正岡子規
菊の香や静かに暮るる能舞台 中村智子
菊の香や鬚ある人の思はるゝ 菊 正岡子規
菊の香や鶏の声張る平群谷 中御門あや
菊の香や麓の里のそここゝに 尾崎迷堂 孤輪
菊の香よ露のひかりよ文化の日 久保田万太郎
菊の香をまとひて男児生まれけり 今泉貞鳳
菊は猶捨てじ仏のたてがらし 千那 九 月 月別句集「韻塞」
菊は白くしぐれ溶けあふ夕厨 室生犀星 犀星発句集
菊は紙片の如く白めりヒロポン欠く 鈴木しづ子
菊へまぢかに耳向けて読むパスカル伝 田川飛旅子 『外套』
菊へ水差すやしまらく甕ひびく 栗生純夫 科野路
菊へ水差すや鮮たに甕のつゆ 栗生純夫 科野路
菊まくらくねる丸太の唐ごころ 加藤郁乎
菊もまだつゆつゆつぼむ九日哉 服部嵐雪
菊も刈り芒も刈りぬ霜柱 正岡子規
菊も刈り薄も刈りぬ霜柱 霜柱 正岡子規
菊も咲きぬ新酒盗みに來ませ君 新酒 正岡子規
菊も紅は野の一隅を爛れさす 篠田悌二郎
菊も菜の色に咲きたる小春哉 小春 正岡子規
菊やれば菊も喰ぶなり神の鹿 大橋櫻坡子 雨月
菊や今朝人魚のせこし引鶴 露治 選集「板東太郎」
菊や咲く我酒たちて五十日 白雄
菊や咲我酒たちて五十日 加舎白雄
菊や鍬や買ひけり市の夕月夜 菊 正岡子規
菊よりも低き去来の墓なりし 多田和子
菊よ月よ我ひとり泣友にせん 松岡青蘿
菊を切る跡まばらにもなかりけり 榎本其角
菊を切る鋏の音の晴るるかな 野村喜舟
菊を刈りなほ立てなほすこころざし 小林康治 『虚實』
菊を剪つて行く秋惜む主かな 行く秋 正岡子規
菊を噛む菊の葉先の揃ひかな 辰下 俳諧撰集玉藻集
菊を売るその小車と行き並ぶ 石田 波郷
菊を括る紐なりきのうより置かれ 宇多喜代子
菊を着てまつといふ妻ありしこと 後藤比奈夫 めんない千鳥
菊を見つ且後架借ル女哉 高井几董
菊を見てゐて祝電を打たんと思ふ 大橋櫻坡子 雨月
菊を見て安息日の講話かな 石井露月
菊を見る相へだたりて主従かな 大橋櫻坡子 雨月
菊を見歩りく人の動きの愚かなる 太田鴻村 穂国
菊を詰め箱詰めにしたい女あり 田中久美子
菊を買ふ妻のうしろに立ちにけり 上村占魚 球磨
菊を食ひ濁らぬ国にゐるごとし 小島千架子
菊一つ摘みし子兵に送るといふ 渡邊水巴 富士
菊一籬栗三升に事足りぬ 菊 正岡子規
菊乱れみだれて背戸の小六月 高浜年尾
菊乱れ~て背戸の小六月 高濱年尾 年尾句集
菊低く活けて夕日のさすままに 岸本尚毅 舜
菊作りひとりたのしむ胸の内 高澤良一 宿好
菊作り一途に生きて美しく 田辺粧洋
菊作り仕へ老いたる僕かな 小原菁々子
菊作り教室の菊人集め 高澤良一 燕音
菊作り汝ハ菊の奴かな 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
菊作り答えがでると勧めをり 高澤良一 燕音
菊作り菊に倦みふとみまかりぬ 林原耒井 蜩
菊作り読本仕立てに難易度付し 高澤良一 石鏡
菊作り顏に疱瘡のある男なり 菊 正岡子規
菊作る奥床しさの暖簾かな 尾崎紅葉
菊作る心に月日ありにけり 粟津松彩子
菊作る村に古りたる能舞台 ふけとしこ 鎌の刃
菊使戻りて菊の噂かな 移竹
菊倒れ易く長雨至りけり 高澤良一 暮津
菊冷えて女陰のごとき真昼かな 秦 夕美
菊冷えに花器の水替へ忘れをり 河野南畦 湖の森
菊冷えの右掌で包む左の手 松浦敬親
菊冷えの柱の数も三千院 鈴木鷹夫 千年
菊冷えや夢のごとくに遺影あり 森下 都
菊冷の家具にもありし被爆痕 朝倉和江
菊冷の眦くらく癩病めり 野見山朱鳥
菊冷の黄泉より便り来る筈なし 鈴木真砂女 夕螢
菊冷やことに下品のほとけたち 三田きえ子
菊冷や地球を縛る飛行雲 嶋田麻紀
菊冷ゆる夜更は珠のわが時間 福永みち子
菊分くる傍に立つのは貰人乎 尾崎紅葉
菊分けてうれしき雨となりにけり 大山千代子
菊切りに出てゐて茜びたしかな 飴山實 辛酉小雪
菊判の重きを愛し漱石忌 西嶋あさ子
菊剪るや燭燦爛と人にあり 石鼎
菊匂ひ石鹸匂ひ洗面所 波多野爽波 鋪道の花
菊匂ふ夜の静けさを病臥せり 青山緑葉
菊匂ふ大往生といふ今宵 赤尾恵以
菊匂ふ深きより水湧くごとく 橋間石
菊匂ふ白鮫着せの飾太刀 中戸川朝人 尋声
菊包み来しセロフアンを荒だたみ 永島靖子
菊千輪妻に寄り添えば吾子分け距つ 橋本夢道
菊厚く着せ替ふ流罪親鸞は 赤松[けい]子 白毫
菊咲いて女に水と時間澄む 桂信子 黄 瀬
菊咲いて朝梅干しの風味かな 一茶
菊咲いて滅びの力芯にあり 水田光雄
菊咲いて濃やかなりし夕陽かな 高橋馬相 秋山越
菊咲いて自ら醸す新酒かな 高浜虚子
菊咲いて雨は夜に降るならひかな 斎藤空華 空華句集
菊咲いて雨風多き他國かな 石井露月
菊咲かす程の畑あり山の奥 菊 正岡子規
菊咲きてこの山熱き湯を噴けり 山口波津女 良人
菊咲きぬ御忌のお花もこれでよし 河野静雲 閻魔
菊咲くやけふ仏参の紙草履 飯田蛇笏 山廬集
菊咲くや人気小伝次吉右衛門 久保田万太郎 流寓抄
菊咲くや大師の堂の普請小屋 菊 正岡子規
菊咲くや晴天の風こまやかに 佐野青陽人 天の川
菊咲くや樓に上れば舟遠し 菊 正岡子規
菊咲くや舟漕いで童子酒買ひに 菊 正岡子規
菊咲くや草の庵の大硯 菊 正岡子規
菊咲けりいのち僅かに傾けて 松下金鹿
菊咲けりふるさと人は老いてやさし 福田蓼汀 山火
菊咲けり吾が終の家建つると娘 小松崎爽青
菊咲けり悪路つゞきの家々に 右城暮石 声と声
菊咲けり故郷に帰らんかと思ふ 福田蓼汀 山火
菊咲けり産月の腹さすりをり 岸田稚魚
菊咲けり陶淵明の菊咲けり 青邨
菊咲てけふまでの世話わすれけり 千代尼
菊咲て余の香は草に戻りけり 千代尼
菊咲て花ともいはぬあるじかな 加舎白雄
菊咲て龍駕幸手にとゞまりぬ 菊 正岡子規
菊園に天長節の國旗哉 菊 正岡子規
菊売の井水を汲んでゆきにけり 鈴木しげを
菊売の蔓梅もどき少し持つ 後藤夜半 底紅
菊売の車に逢へり柳ばし 花柳章太郎
菊売や障子の外も千代の声 松吟 俳諧撰集玉藻集
菊売女朝の波止場に来てゐたる 高濱年尾 年尾句集
菊大輪全きことを怖れけり 嶋田麻紀
菊安し天長節の後の市 菊 正岡子規

以上
by 575fudemakase | 2016-11-12 14:03 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26372035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング