菊 3

菊 3

菊寂びてありたる屋形障子かな 後藤夜半 底紅
菊小鉢禁煙室に検査待つ 中西凍雷
菊屑と蛹がこぼれてゐて豊橋 加倉井秋を
菊屑と蛹がこぼれゐて豊橋 加倉井秋を
菊展のキリンの首は咲かぬまま 下間ノリ
菊展の葭簾の中の大樹かな 加治幸福
菊展の賞なき菊も咲き盛る 文挟夫佐恵 雨 月
菊展へ案内状の切手貼る 柴田ミユキ
菊展へ籠城用の井戸の水 桑島啓司
菊展を観て来て越える団子坂 阿部夜咲
菊川に公家衆泊けり天の川 蕪村遺稿 秋
菊市の香にうづもるる仁王かな 龍岡晋
菊市へつれだつなかや娘分 久保田万太郎 草の丈
菊干すや東籬の菊も摘みそへて 杉田久女
菊年々天長節の日和順 菊 正岡子規
菊形の焼餅くふて節句哉 菊 正岡子規
菊形の菓子賜はりし御宴かな 寺田寅彦
菊愛すこころ貧しきままに老い 新明紫明
菊折って罪深くなるような夜 対馬康子 愛国
菊折て日の丸る旗の竿にせん 菊 正岡子規
菊折りし怒のボール投げかへす 服部衣山人
菊抱いて齢いつまで隠されず 鈴木栄子
菊括らむ思ひに日数過ぎにけり 冨田みのる
菊挿しつ恋に溺るゝ恥やある 石塚友二 方寸虚実
菊挿してさみだれを耳底に 松本鳳山
菊挿してわたしの母語の土の匂い 堀之内長一
菊挿して待つとにあらず誰がために 稲垣きくの 牡 丹
菊挿して父の愚直に近づけり 宮田正和「積殖」
菊挿して父また老ゆる日昏かな 宮田正和
菊挿して雨音つよき夜となりぬ 篠崎玉枝「雉俳句集」
菊挿すや光の中の雨の粒 細谷喨々
菊挿すや大川端へ用足しに 加藤郁乎「江戸桜」
菊捨ててよりの起居のうらさむし 鷲谷七菜子 黄 炎
菊描きて向日葵の時の如くせし 相生垣瓜人 微茫集
菊描くと省きし筆のただ粗し 相生垣瓜人 微茫集
菊描く金ンの花びら長短 後藤夜半 底紅
菊提げて雜魚提げて村へ歸る人 菊 正岡子規
菊摘みて香る手のまま子へ便り 菅谷久雄
菊数多届き親なき子となりぬ 櫂未知子 貴族
菊日和いづこにゆくも子が重荷 福永耕二
菊日和いろのさめたる小風呂敷 長谷川櫂 古志
菊日和かくあるべしと今日を待ち 高濱年尾 年尾句集
菊日和さらに蜂鳥日和かな 加藤耕子
菊日和また稲架日和じりじりと 石塚友二
菊日和ゴルフに夫を捕られまじ 水野由美子
菊日和人生百か二十五か 攝津幸彦 鹿々集
菊日和働きて杼に艶加ふ 加倉井秋を
菊日和夜は満月をかかげけり 富安風生
菊日和大なめくぢのまかり出づ 和田耕三郎
菊日和奈良の最中を貰ひたる 高澤良一 石鏡
菊日和嫁ぐ子の髪結ひじまい 花田みすず
菊日和拍手の中に男ゐる 菅原鬨也
菊日和死ね死ぬ死なぬ女なり 高澤晶子 純愛
菊日和生くるとは残さるること 渡邊千枝子
菊日和空に小旗のあるやうな 柿本多映
菊日和縁に百姓野に百姓 橋本鶏二 年輪
菊日和羅漢福耳もてあます 河野南畦 湖の森
菊日和美しき人にばかり逢ふ 松原地蔵尊
菊日和羽織をぬいで縁に腰 大橋櫻坡子 雨月
菊日和虻の饗宴蜂の饗宴 高浜虚子
菊日和身にまく帯の長きかな 鈴木真砂女
菊日和靴下の穴見えたかな 永末恵子 留守
菊明り隔つ扉や懺悔室 石田あき子 見舞籠
菊昔ながら畿内の霞かな(桃山御陵) 石井露月
菊時はあきぞ悲しき明樽の 菊 正岡子規
菊時は菊を売るなり小百姓 正岡子規
菊時は菊を賣る也小百姓 菊 正岡子規
菊晴や布団とぢゐて子に復習ひ 阿部みどり女 笹鳴
菊晴や濯げる胸の月夜の詩 神尾久美子 掌
菊晴れを茄物の灰汁匂ふ戸や 内田百間
菊暮れてまつくらがりの在所かな 大峯あきら 宇宙塵
菊暮れて月の染めゆく山上湖 橋本榮治 麦生
菊村に石橋多き日和かな 内田百間
菊桔梗いづれか顔に似る花ぞ 松岡青蘿
菊正宗の一升瓶沢山ホテルかな 山崎斌 竹青柿紅
菊武者の裏骨組みの篭見えて 平野辰美
菊水の軍旗古りたる楠公忌 吉良ゆき子
菊河に公家衆泊めけり銀河 蕪村
菊活くるこの子去るとは思ほえず 相馬遷子 雪嶺
菊活くる水絨毬にまろびけり 西島麦南
菊活くる水絨毯にまろびけり 西島麥南
菊活くる水絨緞にまろびけり 麦南
菊活けて夕立白き中に居る 渡邊水巴 富士
菊活けて後片づけの葉のにほふ 高澤良一 石鏡
菊活けて空につながる窓明り 林翔 和紙
菊活けて荷物ちらばる宿屋哉 菊 正岡子規
菊活けて菊の葉屑を屑籠に 高澤良一 素抱
菊活けて貧しき調度見じとする 林翔 和紙
菊活けて赤貧といふにもあらず 西島麥南
菊活けて静に住めり帰化市民 左右木韋城
菊活けて黄菊一枝殘りけり 菊 正岡子規
菊活ける妹の指先ひそかに勁し 桜井博道 海上
菊流る湖のどこから流れ来し 右城暮石
菊流る湖のどこより流れ来し 右城暮石 上下
菊淋し歌にもならで賤が庭 正岡子規
菊添ふやまた重箱に鮭の魚 服部嵐雪
菊添へて斃れし鳥を地に返す 山下定子
菊澄める朝のそよ風たちそむる梢 梅林句屑 喜谷六花
菊濡らすともなく雨のあがりけり 高田正子
菊火照り英霊かへる街せはし 石橋秀野
菊生けてめでたき風炉の名残かな 蓑虫
菊畑にたゝづみをれば銃の音 大橋櫻坡子 雨月
菊畑にのこる星あり後の月 横井也有 蘿葉集
菊畑に何の響や山の寺 長谷川零余子
菊畑に水引き入るる鬼貫忌 岡井省二
菊畑に菊剪る姥や浄妙寺 松本たかし
菊畑の人に近づくその妻か 鈴木鷹夫 風の祭
菊畑の大きく傾ぎたるに住む 岡井省二
菊畑やけふ目に見ゆる足の跡 千代尼
菊畑や夢に彳(たたず)むむ八日の夜 千代尼
菊畑や大空菊の気騰る 飯田蛇笏
菊畑や暮れのこる白のところ~ 森鴎外
菊畑や竹田の里の生薬屋 窪田桂堂
菊畑や隣りは紅の摘残り 千代女
菊畑をかたづけてゐる烟かな 岡井省二
菊畑先へ進むは亭主かな 水田正秀
菊畑笑ひて人の誠かな 岡井省二
菊畑見かけ奥羽路北上す 星野立子
菊畠にわつと薄暮の嵩の殖ゆ 藤村克明
菊畠に式の子散りぬ明治節 阿部みどり女 笹鳴
菊畠に髪置の子を歩かせし 龍胆 長谷川かな女
菊畠や大空へ菊の気騰る 飯田蛇笏 山廬集
菊畠南の山は上野なり 菊 正岡子規
菊畠奥ある霧の曇りかな 杉風
菊畠晴れて夜の山裾ひきぬ 石原舟月 山鵲
菊痩せて雁が音ふとる後の月 許六
菊白う人神になる夜寒かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
菊白くとこよの月のこぼれくる 金尾梅の門 古志の歌
菊白く死の髪豊かなりかなし 橋本多佳子
菊白く死の髪豊かなるかなし 橋本多佳子
菊白しうすき紙もて包みても 有働亨 汐路
菊白しピアノにうつる我起居 杉田久女
菊白し安らかな死は長寿のみ 飯田龍太
菊白し得たる代償ふところに 鈴木しづ子
菊白し棺の遺体の眼鏡まで 福田甲子雄
菊白し死にゆく人に血を送る 相馬遷子 雪嶺
菊白し死に逢ひ得しは神の意志か 岩田昌寿 地の塩
菊百本咲かせて母はまた細る 井上真実
菊盛り夜を近々と人通る 大木和子
菊盛り花もてその身翳らせて 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
菊目石ひろひたる避暑散歩かな 岩崎照子
菊秋の旦暮の香や新仏 吉武月二郎句集
菊積んで人中通る車かな 菊 正岡子規
菊籬こゝより癩者自治の圏 品川鈴子
菊籬老父に殖えゆく新刊書 鍵和田[ゆう]子 浮標
菊籬農家の犬の吠えやすく 石川桂郎 含羞
菊純白にかなしみの香を放つ 龍太
菊美し嫁ぐべく兄征くべく 竹下しづの女句文集 昭和十六年
菊花の日更に四恩に合掌す 河野静雲
菊花壇の障子をあぶる西日哉 菊 正岡子規
菊花大会そのビラと伊豆を南周す 林原耒井 蜩
菊花展あまねく鉢の濡れてゐし 尾崎義之
菊花展けふより始まる城目指す 高澤良一 石鏡
菊花展と天守を結ぶ飛行雲 田川飛旅子
菊花展ひだり義経みぎ静 中村洋子
菊花展までの木橋の鳴りにけり 中戸川朝人 星辰
菊花展めぐりし髪の重さかな 丹羽 啓子
菊花展より戻りたるばかりの鉢 西村和子 かりそめならず
菊花展丹精の葉の艶匂ふ 山下美典
菊花展初日の菊に気勢あり 高澤良一 石鏡
菊花展卒業式のごとくなり 高澤良一 燕音
菊花展即ち煙草慎みぬ 高澤良一 石鏡
菊花展城の階(きざはし)水打って 高澤良一 石鏡
菊花展大賞は元学校長 堀 政尋
菊花展嬰児もつとも眠りけり 鈴木鷹夫 渚通り
菊花展押し合つている匂ひかな 蓮沼久枝
菊花展日和と家を後にせり 高澤良一 素抱
菊花展気儘な菊はなかりけり 秋山未踏
菊花展背後は弱き風の幕 山下幸子
菊花展葭簀巡らしお膳立 高澤良一 燕音
菊花展見てきて紐をもてあそぶ 鳴戸奈菜
菊花展閉ぢて茜が少し炎ゆ 鈴木鷹夫 渚通り
菊花晴れ群岳に起つ日章旗 長谷川かな女 雨 月
菊花節大東亜圏晴一天 石塚友二 方寸虚実
菊花賞菊に係わりなき人出 高澤良一 鳩信
菊荒れし背戸の日に出てそこはかと 清原枴童 枴童句集
菊荒れて日好し虻去り虻來る 菊 正岡子規
菊蕾むことを一途に月半ば 高澤良一 石鏡
菊虎は菊を吸ひをり咬みてをり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
菊衣替へ菊の香も著せ替ふる 恩地れい子
菊見にとアイロンの痕光らせて 林翔 和紙
菊見るやまだセザンヌに憑かれゐて 山田桂梧
菊見事死ぬときは出来るだけ楽に 日野草城
菊見人しづかに混める御苑かな 吉井莫生
菊許り花賣の荷の物淋し 菊 正岡子規
菊買は又棊にまけし人やらん 服部嵐雪
菊買ふは又碁にまけし人やらん 服部嵐雪
菊買ふや杖頭の錢二百文 菊 正岡子規
菊賣に天長節の朝日哉 菊 正岡子規
菊賣るや十二街道の塵の中 菊 正岡子規
菊購ふに福沢諭吉崩しけり 高澤良一 石鏡
菊赤うして主の心見られけり 尾崎紅葉
菊起しコスモス起しそんな日々 高野冨士子
菊車城門ひらく風の中 桂樟蹊子
菊車角過ぐ芭蕉生家とや 福田蓼汀 秋風挽歌
菊車電車を止めて匂ひ行く 長谷川かな女
菊鉢や咲きひろけたる二百輪 菊 正岡子規
菊鉢や咲きも咲いたる二百輪 菊 正岡子規
菊鉢を提げ新刊書小脇にす 高澤良一 暮津
菊食うて燈を明るしと思ひをり 川崎展宏
菊食べて夜髪をすくと梳る 大石悦子 百花
菊食べて媼さび来しことをふと 大石悦子 群萌
菊香る棺に小窓ありにけり 北見さとる
菊鶏頭きり尽しけり御命講 芭蕉
菊鶏頭切り尽しけり御命講 松尾芭蕉
菊黄なり白き御帳のやはら閉づ 太田鴻村 穂国
菓子折の赤き紐もて菊括る 高澤良一 ねずみのこまくら
菜に混ぜて小菊商ふ嵯峨の口 飴山實
菜畠のわつかに青し菊の花 菊 正岡子規
菰強く縛せる菊荷重たしや 右城暮石 上下
萩の根を移しつ菊の根を分けつ 摘草 正岡子規
萩は散り好日菊にやや早く 永井龍男
萩刈りぬ菊に朝日を受くるべく 菊 正岡子規
萬壽菊天然痘の神の手に 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
落葉空にかゞやく菊の日和かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
葉牡丹やほとりの菊を刈りしより 五十崎古郷句集
葉生姜の匂ひや添へて菊の露 中村史邦
著せ綿を除けば菊の赤さかな 渡辺水巴 白日
著馴れたる蒲團や菊の古模様 蒲団 正岡子規
葡菊棚の濃き影ぶだう採りしあと 桂信子 花寂び 以後
葡萄酒の瓶にさしけり赤き菊 寺田寅彦
蓑虫庵出で来て眩し菊花展 斎藤節子
蓬菖蒲菊作る家の門口に 菖蒲 正岡子規
蔭あれば蔭に入りたし菊日和 品川鈴子
蕎麦は己が糧菊は都へと咲かせをり 林原耒井 蜩
薬師寺へ仏納めに菊日和 深田三玉
薮寺や十夜のにはの菊紅葉 高井几董
藁屋根の雫に痩する小菊哉 菊 正岡子規
藪欠いて菊の畠をつくりけれ 柳原極堂
蘭の名を問ひ菊の名を問はざりし 後藤夜半 底紅
蘭の香に遊ぶ日はなし菊の花 千代尼
蘭の香や菊よりくらき邊りより 蕪村遺稿 秋
蘭の香や菊より暗きほとりより 蕪村
蘭菊の高きに上る詩聖かな 小澤碧童
號外を受け取る菊の垣根哉 菊 正岡子規
號外を投込菊の垣根哉 菊 正岡子規
虫声惻々雨月の黄菊我も嗅がむ 北原白秋
虫柱立ちゐて幽か菊の上 高浜虚子
虻去らぬ菊抱へきて朝市に 小谷敦子
蚊柱や凡五尺の菊の花 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
蛇笏忌や振つて小菊のしづく切り 飯田龍太
蜂たかく脚そろへゆく菊日和 篠田悌二郎 風雪前
蜂はさし蝶は眠るや菊の花 服部嵐雪
蜂蜜を小商ひして菊の宿 角光雄
蜂蠅の遊び場となる乱れ菊 阿部みどり女 月下美人
蜜蜂の儲け話や菊白し 野村喜舟 小石川
蜻蛉の翅音のひゞく菊日和 片山桃史 北方兵團
蝦夷菊が紙に透きつつ花舗灯る 朝倉奈美
蝦夷菊に日向ながらの雨涼し 内藤鳴雪+
蝦夷菊に渦巻いて寄る子猫の尾 長谷川かな女 雨 月
蝦夷菊の花咲く頃は祖母恋し 良藤き代
蝦夷菊の鬼が島なる雲なりや 小野信一
蝦夷菊やひやりとしたり蔵の中 阿部みどり女 笹鳴
蝦夷菊や村の背負籠も風袋 大森知子
蝦奥菊や老医のことばあたたかく 柴田白葉女 花寂び 以後
蝦実菊や空の近くを水流れ 大山良夫
蝶々も小さくなりぬ小浜菊 鈴木洋々子
蝶も来て酢を吸ふ菊の鱠哉 蝶も来て酢を吸ふ菊の酢和哉 松尾芭蕉
蝶翔びぬ菊の光に洗われて 細谷源二
蝶老てたましひ菊にあそぶかな 星布尼
蠣がらは垣根に白し菊の花 菊 正岡子規
行く秋や菴の菊見る五六日 行く秋 正岡子規
行く馬の跡に花なし菊の空 上島鬼貫
行年や仏の花に残る菊 小澤碧童 碧童句集




袖は一重二重合羽や菊の花 菊 正岡子規
袖口に菊の花粉や我が花粉 池田澄子 たましいの話
裏山を百舌鳥宰領す菊日和 大峯あきら 宇宙塵
裳裾より木の香ただよふ菊館 石川桂郎 高蘆
褒めあうて競ひ合ひをり菊づくり 市川敏雄
西瓜くふや菊のびてゐる庭はあり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
要するに何處どう見ればよきや菊 高澤良一 燕音
見つめゐる影まで掃かれ菊花展 能村研三 鷹の木
見どころのあれや野分の後の菊 史邦 芭蕉庵小文庫
見やう見真似に藪菊と成にけり 一茶
見をるうち菊のましろさ眼より溢れぬ 篠原梵
見所のあれや野分の後の菊 松尾芭蕉
見舞はれて共に汗かき菊まぶし 桜井博道 海上
見通しに菊作りけりな問れがほ 炭 太祇 太祇句選
角かくし大輪の菊去る如し 佐野青陽人 天の川
言分のつく程を菊痩にけり 幸田露伴 谷中集
記者會す天長節の菊の酒 菊の酒 正岡子規
試歩疲れ小菊のつぼみ金色に 鍵和田[ゆう]子 浮標
誰かれの墓の高さに菊咲けり 対馬康子 純情
誰が挿せし鎖鑰(さやく)かくす菊一輪 西本一都
誰に賣らん金なき人に菊賣らん 菊 正岡子規
誰彼に喧嘩を売つて菊の前 大木あまり 火球
謐かなる忌のともがらに菊華盛る 松村蒼石 露
講堂に菊の香満ちて君が代や 寺田寅彦
警官の立ち寄る公園菊花展 高澤良一 燕音
讃美歌は白菊のごとかなしけれ 国弘賢治
谷の家や朝日に育つ菊少し 菊 正岡子規
谷の戸や菊も釣瓶も霧の中 飯田蛇笏 山廬集
谷川に臨んで菊の宿屋哉 菊 正岡子規
豆程にむらがる菊の莟かな 菊 正岡子規
豆菊の盛久しき明家哉 寺田寅彦
負色の花こそ見えね菊合 星衣
買ふて來た菊に水やる手燭哉 菊 正岡子規
買ふて來た菊を見せたる手燭哉 菊 正岡子規
賞のなき親しさありし菊花展 新井あい子
賢しらに菊描く墨を惜しみけり 相生垣瓜人 微茫集
赤子てふあつきもの抱く菊の雨 橋本榮治 越在
赤子地に降せば歩む菊日和 伊丹さち子
赤菊の蕾黄菊の蕾哉 菊 正岡子規
赤菊をそへし柚味噌の贈物 菊 正岡子規
起きあがる菊ほのかなり水のあと 松尾芭蕉
起きぬけに菊見回るや鉢五十 田口晶子
起き~の煙草に菊のつぼみけり 金尾梅の門 古志の歌
起せども腰が抜けたか霜の菊 正岡子規
起せども腰が拔けたか霜の菊 霜 正岡子規
足ふんだ男が我を見る菊の夜の灯 河東碧梧桐
足らざりし言葉を悔いぬ菊の前 八木絵馬
足音のぴたりと止まる古典菊 高澤良一 さざなみやつこ
路上のこと忘れゐて菊をかぐかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
身うごけば菊の香のして忌に籠る 下田実花
身にあまる倖せだきて菊に待つ 五十嵐八重子
身に合ふは縞よ絣よ菊の頃 鈴木真砂女
身の内のこきと音して菊の酒 川崎展宏
身仕舞や縁にいたはる菊にほひ 及川貞 夕焼
軍艦のデッキの菊や佳節凪ぎ 飯田蛇笏 山廬集
軒下の菊の盛りの衰へず 高濱年尾 年尾句集
軒深に日和明りや菊の花 増田龍雨 龍雨句集
輪台にのりて旋回菊ひらく 亀井糸游
辻番も一もと菊のあるじかな 横井也有 蘿葉集
近松をまつりし小菊のこりけり 水原秋櫻子
近海を黄菊白菊遠ざかる 宇多喜代子
近眼鏡かけて老医や菊手入 小原菁々子
送別会せしもこの室供華の菊 阿部みどり女 笹鳴
這うて咲く菊に天気のつゞきけり 大場白水郎 散木集
通らせてもらふ小春の菊畠 上田五千石 琥珀
遂にこぬ晩餐菊にはじめけり 杉田久女
遊ぶ日に菊いそがしき匂ひかな 京-似船 元禄百人一句
運ばれて百菊の香の駅となる 山田弘子 こぶし坂
運び来し揺れ収まりて懸崖菊 橋本美代子
道々の菊や紅葉や右左 紅葉 正岡子規
道のべに時雨るる菊も翁の日 風生
道のべの掃溜菊も秋澄む日 鈴木しげを
道ばたに伏して小菊の情あり 風生
道愉ししきりに菊の咲きあふれ 久保田万太郎 流寓抄
道筋の菊また褒めて医者通ひ 尾上勝久
選外の菊も大事に運び出す 松倉ゆずる
酒壺に十日の菊ぞ挿したまへ 石川桂郎 四温
酒折のにひばりの菊とうたはばや 山口素堂
酒機嫌草にものいふけふの菊 言水
酒臭き黄昏ごろや菊の花 一茶 ■年次不詳
酒買ひにどこへ行きしぞ菊の花 菊 正岡子規
酒買ふて酒屋の菊をもらひけり 菊 正岡子規
酒造る隣に菊の日和かな 加舎白雄
醉ざめや十日の菊にたばこのむ 菊 正岡子規
里近し酒賣る家の菊の花 菊 正岡子規
重陽の日と知るのみの菊を買ふ 川上百合子
重陽の風雨に菊を起しけり 橡面坊
野の菊と老いにけらしなよめがはぎ 野澤羽紅女
野分して葎の中の小菊哉 菊 正岡子規
野崎まつりの餅のまろし菊の秋 長谷川かな女 雨 月
野良猫に名をつけてよぶ菊日和 加藤 修
金婚の鯛の骨抜く菊日和 藤田トヨ
金持の隱居なりけり菊つくり 菊 正岡子規
金色に咲くとは菊の口をしき 菊 正岡子規
金賞の字がまだ濡れて菊花展 鷹羽狩行
金賞の隣の菊を見落せり 湯川雅
金賞を争ふ菊の目白押し 高澤良一 ももすずめ
金銀のほか白もまた菊の賞 右城暮石 上下
釘効かぬ戸板は菊の匂ひせり 柿本多映
針箱の片よせありて菊の留守 阿部みどり女 笹鳴
鉢の菊爛漫として倨る主かな 尾崎紅葉
銀座にも銭湯のあり菊の露 滝沢伊代次
銀燭の燦爛として菊合 菊 正岡子規
銭百のちがひが出来たならの菊 広瀬惟然
鐘ひとつ撞いてきたりし菊畑 関戸靖子
長寿者の訃報つぎ~菊日和 河野静雲
長期戦菊は斯く咲き斯く匂ふ 渡邊水巴 富士
長櫃に鬱々たる菊のかほりかな 蕪村遺稿 秋
長身の喪の家族なり菊日和 赤松[けい]子 白毫
長身を菊に沈めし佛かな 岸本尚毅 舜
門の内に菊つくりたる小料理屋 菊 正岡子規
門の菊ちさきのみなる寅男逝く 岸風三楼 往来
門の菊西日の人の澄みゆける 臼田亞浪 定本亜浪句集
門内の空の深さや菊日和 西山泊雲 泊雲句集
門口や稻干すそばの菊の花 菊 正岡子規
門酒や馬屋のわきの菊を折 榎本其角
閲兵のごと歩を移し菊花展 轡田 進
闇にただよふ菊の香三十路近づきくる 中嶋秀子
阿房宮とは食べにくき黄菊の名 後藤比奈夫 めんない千鳥
阿波木偶の錦繍纏ふ菊日和 堀北久子
陶土練る菊は蕾を固くして 鈴木真砂女 夕螢
陽をそこに呼び込んで咲く黄菊あり 高澤良一 石鏡
階段を河原菊まで運び去る 攝津幸彦 鹿々集
障子さへいやぢやに菊の舞台哉 尾崎紅葉
隠れ家や月と菊とに田三反 松尾芭蕉
隠家や嫁菜の中に残る菊 嵐雪
隱れ家や贅澤盡す菊の鉢 菊 正岡子規
雁名残り文人菊池逝けるよし 飯田蛇笏 雪峡
雁来るや白きは摘める料理菊 久米正雄 返り花
雑菊と云ひて床しき菊ありし 相生垣瓜人
雑音のリズムを ききわけようとして 宿の菊に 吉岡禅寺洞
雙六の石もまばらや菊の宴 俵雨
雨ながら籬の菊の明るさに 阿部みどり女 『微風』
雨になる天長節や菊細工 菊細工 正岡子規
雨の菊かくれ過たるけしき哉 松岡青蘿
雨の菊遠くに見えてひとつづつ 岸本尚毅 鶏頭
雨の菊雫光りて晴れんとす 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
雨ひとつ命ひとつと菊の花 富沢不二
雨ふれば雨ににじみぬ残る菊 山口青邨
雨をふくむ菊玲瓏とすがれけり 渡辺水巴 白日
雨上り菊拜觀の草履哉 菊 正岡子規
雨霽れてすでに久しき菊の露 中村汀女
雪くらしされど窓べの菊の鉢 久保田万太郎 流寓抄
雪に置く菊は屍に置く如し 古館曹人
雪のよに盛りあがり菊の匂ひなし 太田鴻村 穂国
雪中に菊らんらんと佛あり 岸本尚毅 舜
雪掻いて黄菊の花のあらはるゝ 高野素十
雲の上に雲流れゐむ残り菊 赤尾兜子
雲一つなき空食べる菊を摘む 小森良子
雲涼し窟をながるる菊池川 吉武月二郎句集
雲渉り老いの匂いの菊畑 寺井谷子
電卓に指の弾みて菊日和 藤原照子
霜ためて菊科の蕚聳えたる 前田普羅 飛騨紬
霜の菊の咲きいずるなおも一輪二輪 栗林一石路
霜の菊傷つきし如膝重し 水原秋桜子
霜の菊円光負うてゐるごとし 永島靖子
霜の菊安堵にも母老いゆくや 馬場移公子
霜の菊杖がなければおきふしも 服部嵐雪
霜の菊父情は遂に言なさず 渡邊千枝子
霜を待つ菊も暮れあふ九月かな 浪化
霜月の菊に多数の蜂あはれ 阿部みどり女
霜月も末の雨浸む菊葎 水原秋櫻子
霜月や日ごとにうとき菊畑 高浜虚子
霜月や痩せたる菊の影法師 霜月 正岡子規
霜枯れし黄菊こぞりて日をかへし 茂呂緑二
霜枯れし黄菊の弁に朱を見たり 高浜虚子
霜菊や岸に及べる舟の波 岡本眸
霜菊や母に外出の一と日あり 澄雄
霜菊を剪りもて白き身をつゝむ 岸風三楼 往来
霧の香のなかの菊の香一葉忌 飯田龍太
霧見えて暮るるはやさよ菊畑 中村汀女
霧見えて暮るゝはやさよ菊畑 汀女
露かわく葉の濃みどりに菊の虫 西島麦南 人音
露団々小菊を跨ぎ過たず 林原耒井 蜩
露霜にくろぐろとして菊の叢 彷徨子
靄ふかき家のまばらに菊にほふ 篠田悌二郎 風雪前
靈山の麓に白し菊の花 菊 正岡子規
青々と持ちて雷や露の菊 河野静雲 閻魔
青々と菊の蕾のふくらみ来 星野 椿
青い目の嫁の見舞の菊を剪る 保田白帆子
青き菊の主題をおきて待つわれにかへり来よ海の底まで秋 塚本邦雄
青ぞらのけふあり昨日菊棄てし 林田紀音夫
青竹にかがやく菊の盛りかな 樗良
青竹の筒にさしけり赤い菊 寺田寅彦
青邨忌陶淵明の菊活けて 東連翹
靖國の子に嫁ぐ子に菊の雨 松村蒼石 露
静寂の重さ暁けたり菊の空 阿部みどり女
面白う黄菊白菊咲きやつたよ 菊 正岡子規
鞭打つて出でし甲斐あり菊花展 松本 進
顔みせに初孫の来る菊日和 詫摩まつ子 『卒寿』
顔抱いて犬が寝てをり菊の宿 高浜虚子(1874-1959)
顔痩せて花肥やしたり菊作り 李由 九 月 月別句集「韻塞」
顧みて心恥なし菊の花 鈴木花蓑句集
風が来て蓆を飛ばす菊花展 遠藤梧逸
風の家菊に人なく暮れてゐる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
風ふけば蝿とだゆなり菊の宿 芝不器男
風ふけば蠅とだゆなり菊の宿 定本芝不器男句集
風をいとふ中年婦人菊の燭 飯田蛇笏 雪峡
風立てばとまり直して菊の虻 西山昌子
颯颯と生者ばかりが菊をもつ 和田悟朗
飛び消ゆる菊の夜露やよばひ星 立圃
飛簷高く菊の上ワ雲流れけり 楠目橙黄子 橙圃
飛行機のとゞろけば菊に飯うまし 渡邊水巴 富士
食卓に黄菊皇礼砲ひゞけり 片山桃史 北方兵團
食卓や菊を囲んで五六人 寺田寅彦
飾り了へ掃き了リたる菊花展 深見けん二
香に酔うて菊百輪を活けあげぬ 朝倉和江
香水の瓶にさしけり黄なる菊 寺田寅彦
馬蹄去つて菊提げし僧に逢着す 菊 正岡子規
馬駈けの人の眉とぶ菊ばたけ 吉本伊智朗
馬鹿になりきれぬ余生や乱れ菊 高嶋香都
高窓の土蔵のしめり菊の昼 高井北杜
髪に挿す黄菊白菊にほへども狂はねば告げ得ざらむこころ 藤井常世
髪染めて若返りたる菊の主 河野静雲 閻魔
鮮けき頭上の菊に眼を閉づる 久米正雄 返り花
鳩の巣のごときポストを菊に立て 阿部みどり女
鶏鳴のしはがれてゐる菊日和 山本洋子
鶴の声菊七尺のながめかな 服部嵐雪
鶺鴒の歩き出て来る菊日和 松本たかし
黄をもつて祝ふ菊さへ手にあれば 古舘曹人 能登の蛙
黄昏のうつすらとのる菊畑 蓬田紀枝子
黄白の菊や相和し相背く 相生垣瓜人
黄菊しらぎくその外の名はなくもがな 嵐雪
黄菊とは蕊に籠れる黄なりけり 正雄
黄菊ぬれ白菊うるむ朝となんぬ 渡辺水巴 白日
黄菊先づ車窓馳すなり町近し 汀女
黄菊咲く花菱アチャコの笑顔して 高澤良一 石鏡
黄菊摘む囀りも黄泉も輝き 金子皆子
黄菊白菊そのほかの名はなくもがな 服部 嵐雪
黄菊白菊その外の名はなくもがな 嵐雪
黄菊白菊その外はなくもがな 服部嵐雪 (1654-1707)
黄菊白菊てんぷら揚がる市場の中 穴井太 土語
黄菊白菊一もとは赤もあらまほし 菊 正岡子規
黄菊白菊俳諧仏となり給ふ 中川宋淵
黄菊白菊其の外の名はなくも哉 嵐雪 (百菊を揃けるに)
黄菊白菊其外の名はなくも哉 服部嵐雪
黄菊白菊其外の名は無くもがな 嵐雪
黄菊白菊柿赤くして澁し 柿 正岡子規
黄菊白菊相倚るごとき墓二つ 小澤碧童 碧童句集
黄菊白菊稽古の果ては供華とせり 中嶋秀子
黄菊白菊茶室は声を裹みたり 鍵和田[ゆう]子 浮標
黄菊白菊雑然と咲き我が家なる 金子麒麟草
黄菊白菊鞐もうすき女足袋 石川桂郎 含羞
黄菊赤菊ござでかたげて霜の町 松瀬青々
黙々と断酒のこゝろ菊作 河野静雲 閻魔
黙契の重みに菊に額づくのみ 林翔 和紙
鼬川菊つくる家両岸に 前田普羅 新訂普羅句集
鼻たれる朝のはじめやけふの菊 几董
鼻埋め残せし菊の柩かな 杉山倭文
鼾にておのれと覚めぬ菊の昼 服部嵐雪

以上
by 575fudemakase | 2016-11-12 14:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26372050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング