時雨 補遺1

時雨 補遺1

山宣ひとりの墓へしぐれん空が寄り 古沢太穂 捲かるる鴎以後
ZIGZAGに死の斥候が来てしぐれ 楠本憲吉 方壺集
「*あめかんむり」のごと時雨来るなり坂の上 山田みづえ 忘
あかあかと落葉松林時雨れけり 相馬遷子 山河
あかるみの松にのぼるや小夜しくれ 正岡子規 時雨
あたらしき火のとほりけり初時雨 正岡子規 時雨
あの家この家のべんがら格子雪しぐれ 村山故郷
あはれ鶫時雨の網に嘴を垂れ 水原秋櫻子 浮葉抄
あぶらやにふらずもがなのしくれ哉 正岡子規 時雨
あまたたび時雨るる香住蟹景気 阿波野青畝
いくたびか時雨れてけふも島に泊つ 村山故郷
いつからを時雨といはん太陽暦 正岡子規 時雨
いつしかに桑の葉黒し初しくれ 正岡子規 時雨
いつとなく時雨れて佐渡は今日も暮るゝ 村山故郷
いつの間に星なくなつて時雨哉 正岡子規 時雨
いと白う八つ手の花にしぐれけり 中村汀女
いぶせくてよき此頃の時雨かな 右城暮石 句集外 昭和十年
いま見しを月下の石蕗に時雨来る 水原秋櫻子 帰心
いろいろの戀をしくるゝ嵯峨野哉 正岡子規 時雨
いろいろの時雨は過ぎて冬の雨 正岡子規 冬の雨
うしろすがたのしぐれてゆくか 種田山頭火 草木塔
うたひめにネオンかはたれはつしぐれ 飯田蛇笏 雪峡
うちさやぐ時雨の竹の青さかな 日野草城
うちまぎれ行くや松風小夜しくれ 正岡子規 時雨
うつくしきあぎととあへり能登時雨 飴山實 少長集
うつくしく時雨過ぎたる鹿の子たち 飯田龍太
おかめ笹しぐれんとする湖の碧 角川源義
おたたしぐれてすたすたいそぐ 種田山頭火 自画像 落穂集
おとなしき笹あを~としぐれけり 日野草城
おとはしぐれか 種田山頭火 自画像 落穂集
おのが畫を売らむと抱へ時雨畫家 相馬遷子 雪嶺
お山しぐるる岩に口づけて飲む 種田山頭火 自画像 落穂集
お日待に降り出てしぐれはじめかな 上田五千石『風景』補遺
かき時雨れ鎔炉は聳てり嶺近く 杉田久女
かくれすむにはあらねども露時雨 山口青邨
かぐはしや時雨すぎたる歯朶の谷 川端茅舎
かけはしはしぐれて越えぬ亡き顔と 加藤秋邨
かけ橋や笠の端めぐる時雨雲 正岡子規 時雨
かざす手に時雨をはりのふたみ粒 加藤秋邨
かつぎ屋の腰よろめくや朝時雨 林翔 和紙
かなかなしぐれ人あつまりて今宵も 大野林火 海門 昭和七年以前
かなかなしぐれ泣けてくるよな腹の汗 大野林火 海門 昭和九年
かへらざるものをしぐれと呼ぶべきか 平井照敏
かへるさの燈ともし頃を時雨けり 上村占魚 鮎
からかさを千鳥はしるや小夜時雨 正岡子規 時雨
からげたる赤腰卷や露時雨 正岡子規 露
からだ投げだしてしぐるる山 種田山頭火 自画像 落穂集
からまつの透く千本の時雨寒 鷲谷七菜子 花寂び
かんばしき黒珈琲や初時雨 日野草城
かゝる処に六波羅密寺しぐれゐる 日野草城
きそひ打つ五山の鐘や夕しくれ 正岡子規 時雨
きぬぎぬを引きとめられてしぐれけり 正岡子規 時雨
きらめく時雨少女笑へば塔ひびき 加藤秋邨
くわりんの実たびたび時雨したる色 右城暮石 散歩圏
けふから時計を持たない夕べがしぐれる 種田山頭火 自画像 落穂集
けふはしも高雄時雨にうちぬるる 山口青邨
けふ以後やしぐれ日和を潟の常 上田五千石 天路
こけし小さな瞳貰ひて時雨に笑む 加藤秋邨
ここに遊ぶ松亭々と初時雨 山口青邨
このごろや夕かけてくる時雨ぐせ 桂信子 草影
このわたり大きくしぐれざかひかな 岡井省二 五劫集
この宵のさんさしぐれは雪となる 山口青邨
この山の木の葉音してしぐれけり 森澄雄
この時雨かつて独歩の書に読みき 加藤秋邨
この松のわれに高しや初時雨 山口青邨
この道を芭蕉もゆきぬ初時雨 山口青邨
こもり居の門辺の菊も時雨さび 杉田久女
さうさうとしぐるゝ音や四つの絲 正岡子規 時雨さうさう<口+曹>
さしかける夢もあるなり時雨傘 橋閒石 和栲
さはさはと紙衣と時雨身を去らず 加藤秋邨
さめてまた時雨の夜半ぞひとのもと 橋本多佳子
さらさらと石のしぐれの亡き二人 加藤秋邨
さんざ時雨黄金掘る山をまなかひに 村山故郷
しくるるや上野谷中の杉木立 正岡子規 時雨
しくるゝやいつこの御所の牛車 正岡子規 時雨
しくるゝやいつまで赤き烏瓜 正岡子規 時雨
しくるゝや何を湯出鱆色に出る 正岡子規 時雨
しくるゝや刀引きぬく居合拔 正岡子規 時雨
しくるゝや古き都の白牡丹 正岡子規 時雨
しくるゝや夕日の動く西の空 正岡子規 時雨
しくるゝや妹がりはいる蛇の目傘 正岡子規 時雨
しくるゝや妻、子を負ふて車推す 正岡子規 時雨
しくるゝや局隣も草雙紙 正岡子規 時雨
しくるゝや山こす小鳥幾百羽 正岡子規 時雨
しくるゝや岬をめぐる船の笛 正岡子規 時雨
しくるゝや弘法死して一千年 正岡子規 時雨
しくるゝや旅人細き大井川 正岡子規 時雨
しくるゝや昔の夢を花の下 正岡子規 時雨
しくるゝや東へ下る白拍子 正岡子規 時雨
しくるゝや松原通る馬の鈴 正岡子規 時雨
しくるゝや檐より落つる枯あやめ 正岡子規 時雨
しくるゝや熊の手のひら煮る音 正岡子規 時雨
しくるゝや物書く筆の薄にじみ 正岡子規 時雨
しくるゝや石にこぼるゝ青松葉 正岡子規 時雨
しくるゝや祗園清水智恩院 正岡子規 時雨
しくるゝや紅薄き薔薇の花 正岡子規 時雨
しくるゝや胡弓もしらぬ坊か妻 正岡子規 時雨
しくるゝや腰湯ぬるみて雁の声 正岡子規 時雨
しくるゝや芋堀るあとの溜り水 正岡子規 時雨
しくるゝや芳野の山の歸り花 正岡子規 時雨
しくるゝや藜の杖のそまる迄 正岡子規 時雨
しくるゝや隣の小松庵の菊 正岡子規 時雨
しくるゝや雀のさわぐ八重葎 正岡子規 時雨
しくるゝや鶏頭黒く菊白し 正岡子規 時雨
しくれけり月代已に杉の上 正岡子規 時雨
しくれけり梢に夕日持ちながら 正岡子規 時雨
しくれけり菎蒻玉の一むしろ 正岡子規 時雨
しくれけり豆腐買ひけり晴れにけり 正岡子規 時雨
しくれしてねぢけぬ菊の枝もなし 正岡子規 時雨
しくれして鎧の袖の曇り哉 正岡子規 時雨
しくれすに歸る山路や馬の沓 正岡子規 時雨
しくれたる人の咄や四疊半 正岡子規 時雨
しくれつゝも菊健在也我宿は 正岡子規 時雨
しくれては熊野を出る烏哉 正岡子規 時雨
しくれとも雪ともしらす走り雲 正岡子規 時雨
しぐるとも御笠參らすよしもなし 正岡子規 時雨
しぐるるか玉虫の厨子くらくなる 加藤秋邨
しぐるると子安の小貝濡れにけり 阿波野青畝
しぐるると寄り合ふ鳥の烏骨鶏 石田波郷
しぐるると座敷ワラシを見たかりき 加藤秋邨
しぐるると球磨の釣人火を焚けり 阿波野青畝
しぐるると菊も籬によろぼへる 富安風生
しぐるると赤い傘さし老婆ゆく 深見けん二
しぐるると道草いそぐ法隆寺 阿波野青畝
しぐるるに物干しきりの飯場かな 阿波野青畝
しぐるるも晴るるも変へず湯の煙 阿波野青畝
しぐるるやあつあつをもて止めの椀 鷹羽狩行
しぐるるやあるだけの御飯よう炊けた 種田山頭火 草木塔
しぐるるやいよいよほそき弥陀の指 秋元不死男
しぐるるやうかれめ住まぬ化粧坂 角川源義
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る 種田山頭火 草木塔
しぐるるやなど白波は誘ふなる 中村汀女
しぐるるやのれんしまひてよりの客 鷹羽狩行
しぐるるやみんなぬれてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐるるやめでたき茶器が市に出づ 水原秋櫻子 梅下抄
しぐるるやマンホールにも源家紋 百合山羽公 樂土以後
しぐるるや人のなさけに涙ぐむ 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐるるや切られて白き蛸の肌 鈴木真砂女 夕螢
しぐるるや古茶に戻れる新茶の香 石川桂郎 四温
しぐるるや号東山雲巌寺 森澄雄
しぐるるや夕焼たばしる河口港 角川源義
しぐるるや夢のごとくに観世音 草間時彦 櫻山
しぐるるや夢みるための眠りさえ 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
しぐるるや岩ゆ噴きゐる湯のけむり 村山故郷
しぐるるや思ひかへして辻たがへ 上田五千石『天路』補遺
しぐるるや手斧で彫れる雉子車 野見山朱鳥 幻日
しぐるるや旅信を落すポストの丈 秋元不死男
しぐるるや昼を暈して茶屋灯 上田五千石『天路』補遺
しぐるるや死なないでゐる 種田山頭火 草木塔
しぐるるや泰山木と虚子像と 星野麥丘人
しぐるるや濤更けまさるバーの椅子 石田波郷
しぐるるや燃えて密かな北の人 橋閒石 卯
しぐるるや父の形見に矢立あり 高田風人子
しぐるるや病ひに癒えのきざしなし 野見山朱鳥 愁絶
しぐるるや百市の川の名をしらず 雨滴集 星野麥丘人
しぐるるや肌磨きに姫丸太 富安風生
しぐるるや船に遅れて橋灯り 鷹羽狩行
しぐるるや芥ふちどり日本海 岸田稚魚 負け犬
しぐるるや花売媼菊持て来 安住敦
しぐるるや踏切の灯の笠ななめ 鷹羽狩行
しぐるるや道は一すぢ 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐるるや遺影故郷の山の景 松崎鉄之介
しぐるるや郵便やさん遠く来てくれた 種田山頭火 草木塔
しぐるるや鉈に生まれし仏達 阿波野青畝
しぐるるや駅に西口東口 安住敦
しぐるるを知らず目薬さしをれば 阿波野青畝
しぐるる土に播いてゆく 種田山頭火 草木塔
しぐるる土をうちおこしては播く 種田山頭火 草木塔
しぐるる土をふみしめてゆく 種田山頭火 草木塔
しぐるる塘葬列行くに鐘鳴らし 安住敦
しぐるる墓荒田千枚見下しに 岸田稚魚 筍流し
しぐるる夜客の一人に寂聴尼 鈴木真砂女 紫木蓮
しぐるる街のみんな温かう着てゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐるれど御笠參らすよしもなし 正岡子規 時雨
しぐるゝと人はいるなり寐惚顔 正岡子規 時雨
しぐるゝやともしにはねるやねのもり 正岡子規 時雨
しぐるゝやむれて押あふ桶の鮒 正岡子規 時雨
しぐるゝや右は龜山星か岡 正岡子規 時雨
しぐるゝや寫本の上に雨のしみ 正岡子規 時雨
しぐるゝや平家にならぶ太平記 正岡子規 時雨
しぐるゝや日暮るや塔は見せながら 正岡子規 時雨
しぐるゝや殘燈かすかに詩仙臺 正岡子規 時雨
しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上 正岡子規 時雨
しぐるゝや隣の家に運座あり 正岡子規 時雨
しぐれうとうとして暮れにけり 正岡子規 時雨
しぐれきく藪かもゆかし草の宿 山口青邨
しぐれきし我にあらずや癪の神 加藤秋邨
しぐれきてはては松風海の音 正岡子規 時雨
しぐれきて仏体は木に還りける 加藤秋邨
しぐれきて女の紅のよぎりけり 松崎鉄之介
しぐれくる崖の赤土見れば見ゆ 加藤秋邨
しぐれけり出石白磁の箆描きに 大野林火 月魄集 昭和五十四年
しぐれしか裏の竹山旭さす 正岡子規 時雨
しぐれしたしうお墓を洗つていつた 種田山頭火 草木塔
しぐれして余生の永き世はよきか 大野林火 月魄集 昭和五十四年
しぐれして古き仏は立木かな 大野林火 方円集 昭和五十一年
しぐれして手箱に鹿を蒔きにけり 岡井省二 有時
しぐれして日曜毎の法事かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
しぐれして白い襷をくばりにゆく 飯島晴子
しぐれしと素十大声満足し 阿波野青畝
しぐれしを知らず源氏の香聞きぬ 阿波野青畝
しぐれずに空行く風や神送 正岡子規 時雨
しぐれせぬ處はあらずはりま灘 正岡子規 時雨
しぐれたりぐい呑に顔うづめては 草間時彦 櫻山
しぐれたるあとの日が射し実南天 鷲谷七菜子 游影
しぐれたるけはひの土へ初日かな 鷲谷七菜子 游影
しぐれたるまま地下鉄が停車せる 阿波野青畝
しぐれたる小ぐらき雲が真上ゆく 篠原梵 年々去来の花 雨
しぐれつつうつくしい草が身のまはり 種田山頭火 草木塔
しぐれつつしづかにも六百五十柱 種田山頭火 草木塔
しぐれつつ我を過ぎをりわれのこゑ 森澄雄
しぐれつつ柞に日射す貴船口 能村登四郎
しぐれつつ気温高まる夜の近火 野澤節子 未明音
しぐれつつ油いためも必死にて 飯田龍太
しぐれつつ花咲く菊に葉のにほひ 飯田龍太
しぐれつつ路傍の石も成仏す 阿波野青畝
しぐれつつ長居の炭火くづれゆく 水原秋櫻子 岩礁
しぐれつゝ富士のありける空暮れぬ 日野草城
しぐれてその字が読めない道しるべ 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐれてぬれてまつかな柿もろた 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐれてぬれて待つ人がきた 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐれては市振駅の柿紅葉 山田みづえ 木語
しぐれては日あたるところ牛繋ぎ 山口誓子
しぐれては松あざやかに暦売 鷲谷七菜子 游影
しぐれては紅花鮮らし夫婦墓 角川源義
しぐれて山をまた山を知らない山 種田山頭火 草木塔
しぐれて柿の葉のいよいようつくしく 種田山頭火 草木塔
しぐれて雲のちぎれゆく支那をおもふ 種田山頭火 草木塔
しぐれともゆげともわかぬ夜の湯浴 阿波野青畝
しぐれなとあれよ餘りに静かなり 正岡子規 時雨
しぐれねば火星するどく露地の奥 加藤秋邨
しぐれのあとしぐれのあとと峠越す 大野林火 飛花集 昭和四十七年
しぐれの跡泥の靴あと吾子病むや 古沢太穂 古沢太穂句集
しぐれふるみちのくに大き佛あり 水原秋櫻子 岩礁
しぐれますと尼僧にあいさつされて居る 尾崎放哉 須磨寺時代
しぐれむ日何時とは知らず林泉暑し 相生垣瓜人 微茫集
しぐれよと泣尼ころぶ狂言師 阿波野青畝
しぐれより霰となりし山泉 森澄雄
しぐれる落葉はそのままでよし 種田山頭火 自画像 落穂集
しぐれゐて片羽縛りの死鴉 佐藤鬼房
しぐれゐて神と仏が寄せあふ肩 加藤秋邨
しぐれゐる一流木と日本海 野見山朱鳥 幻日
しぐれをきし額をもつて熱診られ 加藤秋邨
しぐれをりコンピューターに億の数 加藤秋邨
しぐれんといてふもみぢ葉すきとほる 下村槐太 天涯
しぐれんと腕欠仏真青なり 加藤秋邨
しぐれ一粒紙子にとどめ戻りたる 大野林火 月魄集 距和五十七年
しぐれ中来て夕膳の蟹を待つ 能村登四郎
しぐれ坂笛の豆腐屋下りゆけり 秋元不死男
しぐれ城崎 湯気立つ屋根に鳩かたまる 伊丹三樹彦
しぐれ墓こころなごみぬまた来なむ 松村蒼石 寒鶯抄
しぐれ宿りが 機で 嵯峨人形買っちまう 伊丹三樹彦
しぐれ小屋明治村句を興行す 平畑静塔
しぐれ待つ心に似たり仏の灯 阿波野青畝
しぐれ急墓ぐさとりて妻も娘も 松村蒼石 寒鶯抄
しぐれ恋ふ死を急ぐごと旅つづけ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
しぐれ日射すやしんしんと母枯れゆけり
しぐれ晴間にそば粉を干してゐるならん(妹ヘ) 細見綾子
しぐれ来し尼やかりかり柿を食ふ 加藤秋邨
しぐれ来し音をすばやく榊山 鷲谷七菜子 天鼓
しぐれ来てひとりひとりが匂ふかな 山田みづえ 木語
しぐれ来てやゝ早き灯の寺泊 能村登四郎
しぐれ来て縫ひの急く手を火にかざす 及川貞 夕焼
しぐれ来とちと立ち止り歩き出す 岸田稚魚 紅葉山
しぐれ来と松の中なる松その他 岸田稚魚
しぐれ来や夜は白身の焼肴 亭午 星野麥丘人
しぐれ来るせめて薄暮の熱き粥 飯田龍太
しぐれ色の鯰や鮒やどもる漁夫 古沢太穂 火雲
しぐれ虹あはあはと掛け母国なし 阿波野青畝
しぐれ追ふ昨日出石に今日間人 大野林火 月魄集 昭和五十四年
しげさ節ききてしぐれの隠岐に泊つ 野見山朱鳥 幻日
しだれざくら一葉もなくてしぐれけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
しづかなる時雨の音にみな眠る 山口青邨
しづ~と下向の虚子や花しぐれ 日野草城
しはぶきの野中に消ゆる時雨かな 角川源義
しばらくは息を蓄へしぐれ傘 岸田稚魚 紅葉山
しばらくは時雨の音にものを書く 山口青邨
すぐき桶しぐれの石を三つ吊れり 草間時彦
すぐもどる西の河原やはつしぐれ 石田波郷
すべもなく催促金神しぐれをり 加藤秋邨
するすみの雲しぐるるか市の空 上田五千石 風景
たけのふしながくひとつぶづつしぐれ 平畑静塔
たそがれや白山茶花に幾しぐれ 日野草城
たましひのあまたのひとつ時雨鯉 斎藤玄 雁道
ためらはず嫁げるうしろ時雨けり 小林康治 玄霜
たらちねの国の時雨に濡れにけり 小林康治 四季貧窮
だしぬけに富士しぐれ出す障子の灯 村山故郷
だんだんに燈のほそりけりさよ時雨 正岡子規 時雨
つくは山かのもこのものしくれ哉 正岡子規 時雨
つぼ白粉時雨宿りに買ひもして 石橋秀野
つややかな信心のこゑ青時雨 鷲谷七菜子 游影
つゆけさの初こがらしか露しぐれ 高屋窓秋
つりばなと教へられけり初時雨 山口青邨
とかうして咳おさまりぬ小夜時雨 日野草城
ときに葉をまじへて木の実しぐれかな 鷹羽狩行
とみるまに時雨の水輪池に満つ 日野草城
ともし火の一つ殘りて小夜時雨 正岡子規 時雨
どうがんじさま時雨来て落葉して 草間時彦 櫻山
ながつきのいつかのこのみしぐれかな 鷹羽狩行
ながながと電話堅田は夕時雨 高野素十
なき人のまことを今日にしくれけり 正岡子規 時雨
にひはりの埴の赭さよ大時雨 日野草城
ぬかづくや時雨と言はず鞭の雨 百合山羽公 樂土以後
ぬれながら人ものいはず横時雨 正岡子規 時雨
はぐれ鹿寄り来て去りし時雨かな 岸田稚魚 筍流し
はつきりと鉦叩又蟲時雨 星野立子
はつしぐれ大根おろしに甘味かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
はらはらとしぐれて馭者の五角星 山口誓子
ひつじ田に三畝の緑をしぐれけり 正岡子規 時雨ひつじ<禾+魯>
ひとしぐれありけり石の寝入りばな 日野草城
ひとしぐれありける道の日和かな 日野草城
ひとしぐれして木賊むら濡れにけり 岡井省二 夏炉
ひとしぐれ過ぎたる海鼠噛みにけり 鷲谷七菜子 游影
ひとつまみの塩に味きめ夕時雨 鈴木真砂女 都鳥
ひとつれの時雨やどりや清閑寺 日野草城
ひとときは寒暮の日記しぐれけり 高屋窓秋
ひとりごと時雨に濡れし髪なでゝ 星野立子
ひとりゆく山科の道しぐれけり 日野草城
ひとり来て宇陀のしぐれに濡れにけり 日野草城
ひとり来て箕面しぐれに会ふことも 後藤比奈夫
ひと日晴れけふはしぐれぬ毛絲編み 及川貞 夕焼
ひと時雨又ひと時雨東山 稲畑汀子
ひと時雨蜻蛉は赤く湖わたる 角川源義
ひねもすの時雨をめでて妻とある 上村占魚 鮎
びるしやな佛音しておかめ笹しぐれ 岡井省二 五劫集
びるばくしや目細う時雨ごころかな 阿波野青畝
ふたもとの榎しぐるる月日かな 岸田稚魚 雁渡し
ふた本の榎しぐるる月日かな 岸田稚魚 負け犬
ふりかへて我身の上のしくれ哉 正岡子規 時雨
ふるしぐれお修羅あそびのわらしたち 加藤秋邨
ふるみちや伊賀の時雨に菊濡れて 水原秋櫻子 殉教
ふんだんに蟹食ひし夜の時雨かな 松崎鉄之介
ほととぎす一ト時雨せし笹径 大野林火 冬雁 昭和二十一年
ほろほろと七面鳥もしぐるるか 加藤秋邨
ほろ醉の端唄なまるや小夜時雨 正岡子規 時雨
まぐはひの飛鳥の石にしぐれけり 阿波野青畝
まだ熱き灰捨てに出てしぐれ月 鷹羽狩行
まだ犬もつながれしまま夕時雨 中村汀女
まなかひの田より立ちたる時雨虹 鷲谷七菜子 一盞
まのあたり蘆のほぬるるしぐれかな 松村蒼石 寒鶯抄
まぼろしの鹿はうつつも時雨かな 加藤秋邨
まぼろしの鹿はしぐるるばかりかな 加藤秋邨
まらうどにしただみ茄でよ能登時雨 木村蕪城 寒泉
みえぬものひかるしぐれのうへのあめ 平畑静塔
みぞれともならで越路のしくれ哉 正岡子規 時雨
みちのくのしぐれ世に出て似たり貝 森澄雄
みちのくの時雨の月を思ひ寝る 山口青邨
みちのくの時雨は荒し棒の虻 山口青邨
みづうみに見えずに蒲の時雨かな 岡井省二 山色
みづうみのいま鬱々としぐれどき 草間時彦 櫻山
みづうみのたかぶり迎ふ時雨かな 草間時彦 櫻山
みほとけに時雨けぶれる池面見ゆ 伊丹三樹彦
みほとけに時雨の音の棟過ぐる 伊丹三樹彦
みほとけの金色蔵ふ時雨の扉 伊丹三樹彦
み佛に母に別るゝ時雨かな 杉田久女
むらしぐれ青杉山に黄葉の斑 日野草城
むら時雨東寺門前素通りす 村山故郷
めつむれば木曾路の時雨ゆくごとし 加藤秋邨
もくもくとしてしぐるる白い函をまへに 種田山頭火 草木塔
もてあそぶ火のうつくしき時雨かな 日野草城
もの凄き鳥なく山のしくれ哉 正岡子規 時雨
もの書きて端近くゐればゆく時雨 山口誓子
もの煮ゆる音をあやしみ時雨なる 右城暮石 句集外 昭和十六年
やすらへば時雨れにけりな谷紅葉 松本たかし
やはり時雨れて 竹輪焼く火に見惚れて 旅 伊丹三樹彦
ゆく道のひかり出したる初時雨 岸田稚魚 紅葉山
よき滝を見せてもらひぬ時雨中 星野立子
わが夢をしぐるる海の一ゆすり 加藤秋邨
わが宿の客をぬらせし時雨かな 前田普羅 普羅句集
わが宿はどこ湖の夕時雨 高野素十
わが店の酒は辛口夕時雨 鈴木真砂女 都鳥
わが庭に石ただ一つ初時雨 山口青邨
わが立てば琴棋書画の間軒しぐれ 山口青邨
わが部屋を恋しと思ふ時雨かな 星野立子
わが髪をぬらす黒髪山時雨 山口青邨
わが魂のごとく動かずしぐれ鳰 能村登四郎
わたしひとりのけふのをはりのしぐれてきた 種田山頭火 自画像 落穂集
われ立つや時雨烏の木の下に 山口青邨
アメリカも共にしぐれん海の音 正岡子規 時雨
カチューシャ被りの牧婦霧しぐれ 阿波野青畝
カルストの時雨の虹のはなやかに 山口青邨
コスモスに空の時雨の来はじめる 右城暮石 句集外 昭和六年
シアトルまた北国しぐれ慣ひとす 高浜年尾
ジヤズの音をふみ急ぎたる初時雨 石田波郷
チエホフを読むやしぐるる河明り 森澄雄
バーベキュー興ざめてきし霧しぐれ 阿波野青畝
パリモード長き柄の傘初時雨 山口青邨
ホイトウと呼ばれる村のしぐれかな 種田山頭火 自画像 落穂集
ホップの支柱八ケ岳に傾き幾時雨 山口青邨
ミルク甘し島の茶房の時雨窓 村山故郷
モーターのめぐるぬくみの夕時雨 大野林火 早桃 太白集
レストラン「ふくろうの森」しぐれけり 佐藤鬼房
一しくれ京をはつれて通りけり 正岡子規 時雨
一しぐれ過ぎたる萩を刈りにけり 安住敦
一つ二つ谷のともしや夕時雨 上村占魚 鮎
一と二はしぐれて風の三の酉 百合山羽公 樂土以後
一と時雨してねびまさるくわりんの実 細見綾子
一と時雨して石青し石赤し 後藤比奈夫
一の池二の池しぐれ一位の実 飯田龍太
一人客は断られけりまた時雨 村山故郷
一口村(いもあらひ)十三丁のしぐれ傘 日野草城
一口村時雨舟よりあふぎつゝ 日野草城
一合の飯煮ゆる間や夕しぐれ 鈴木真砂女 夏帯
一塊の冬嶽雲にしぐれ霽れ 飯田蛇笏 白嶽
一尾根に日向が逃げて葛しぐれ 上田五千石 琥珀
一月や時雨るる森の賽銭箱 廣瀬直人 帰路
一村は籾すりやんで夕しぐれ 正岡子規 時雨
一睡の山はありたり夕時雨 斎藤玄 雁道
一粒のしぐれ娼婦の顔を切る 赤尾兜子 蛇
七湯の軒に雲おくしくれ哉 正岡子規 時雨
万年青の実いよいよ赤し初時雨 山口青邨
丈高く枯菊立てる時雨かな 正岡子規 枯菊
三井寺に颯と湖水の時雨哉 正岡子規 時雨
三十のゑがかぬ眉にしぐれけり 鷲谷七菜子 黄炎




三幹の竹に時雨や市の中 山口青邨
三日月をしぐるゝ雲や沖の隅 正岡子規 時雨
三日月を時雨てゐるや沖の隅 正岡子規 時雨
三日頃の月をしくるゝや沖の隅 正岡子規 時雨
三星をこよひの時雨星とこそ 山口青邨
上げられてしぐれにあひし盲鰡 森澄雄
上人を戴する舟ありむら時雨 正岡子規 時雨
上州へ越え得ず越の時雨雲 松崎鉄之介
下下の下の鼻のしぐるる一里塚 加藤秋邨
不機嫌な客あしらひや小夜時雨 鈴木真砂女 居待月
不老水旅人汲めばしぐれけり 阿波野青畝
世の中の誠を不二に時雨けり 正岡子規 時雨
世の中はしぐるゝに君も痩せつらん 正岡子規 時雨
両神山の肩打つ時雨お降りなり 金子兜太
中川女大原女よりもしぐれさび 富安風生
串焼きの川魚の香やしぐれ月 鷹羽狩行
主は駕籠家隷の袖にしぐれけり 正岡子規 時雨
主客あり即ち時雨愛であへる 星野立子
久米歌の宇陀の高城のしぐれけり 松崎鉄之介
亀買うてみちのく時雨旅つづく 秋元不死男
二上山は天の眉かもしぐれけり 日野草城
二上山時雨れて遂に見失ふ 水原秋櫻子 殉教
二上鳴るかしぐれの風か轟と過ぐ 大野林火 方円集 昭和五十年
五六艘五平太船のしぐれけり 正岡子規 時雨
五劫思惟の弥陀はほろりとしぐれがな 阿波野青畝
五月雨は藜の色を時雨けり 正岡子規 五月雨
五百年の夢をさまして小夜しくれ 正岡子規 時雨
井戸堀の裸しくるゝ焚火哉 正岡子規 時雨
京さして山の時雨の迷ひ雲 正岡子規 時雨
京しぐれ靴よりも泥の美しく 楠本憲吉 孤客
京へ来て古きもの見て時雨れけり 後藤比奈夫
京時雨虹滋賀時雨虹湖畔 稲畑汀子
人しのぶみこしの松のしくれ哉 正岡子規 時雨
人にさしかけることして時雨傘 古舘曹人 砂の音
人のごと時雨自動車立ち迷ひ 中村汀女
人の名の親しき湖のしぐれかな 草間時彦 櫻山
人も來ず時雨の宿の納豆汁 正岡子規 納豆汁
人形焼見てゐて時雨ぱらぱらと 山口青邨
今たしか少し時雨れてをりたるに 星野立子
今日のこと今日にはじまる時雨かな 高野素十
今朝からの日和うしなふ時雨かな 阿波野青畝
今朝逢ひし軍用車より時雨れをり 加藤秋邨
仏頭山まこと仏頭時雨ふる 山口青邨
仏飯やしぐれの松のさし交せ 齋藤玄 飛雪
伏勢の藪に顔出すしくれ哉 正岡子規 時雨
会場の庭時雨して華やげり 右城暮石 句集外 昭和六十年
似し山の多き宇陀郡時雨雲 右城暮石 天水
佐渡までのしぐれ明りや茣蓙帽子 岸田稚魚 負け犬
何もかも時雨せしさま雲ケ畑 右城暮石 一芸
余り乳濃くて切なし露時雨 岸田稚魚 負け犬
俄か雷しぐれは降らず去りにけり 及川貞 夕焼
信徳の墓つひになし雪しぐれ 星野麥丘人
俳諧師東明雅もしぐれけり 山田みづえ 草譜
個展出て青の印象街時雨 山口青邨
個展見て銀座をそぞろ初時雨 山口青邨
停車位置変へてもらひし時雨泥 右城暮石 散歩圏
傘提げてこゝにも一人時雨待つ 正岡子規 時雨
傘提げて只しぐれ待つ思ひあり 正岡子規 時雨
傘曲る喰物横町小夜時雨 正岡子規 時雨
傾ける傘の裏行く時雨かな 正岡子規 時雨
傾城のうそも上手にさよしくれ 正岡子規 時雨
傾城の外はしくるゝとも知らず 正岡子規 時雨
傾城は知らじ三夜さのむら時雨 正岡子規 時雨
傾城やしくれふるとも知らで寐る 正岡子規 時雨
僧ぬれたり時雨の亭の時鳥 正岡子規 時鳥
僧の頭の殊更青くしぐれけり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
八ケ岳前山また大岳のごとしぐれ 山口青邨
八十神の御裳裾川や露時雨 河東碧梧桐
内川や外川かけて夕しぐれ 正岡子規 時雨
処女時雨遥か此方に虚堂待つ 永田耕衣
出て見よや彼方此方の時雨れやう 星野立子
出女の聲にふり出す時雨かな 正岡子規 時雨
切能となればほろりとしぐれけり 阿波野青畝
刈跡の柔はき青草しぐれけり 松村蒼石 雁
初しくれ夜船にのりし女哉 正岡子規 時雨
初しぐれなるを確かめ歩きだす 鷹羽狩行
初しぐれ保宇帰寂することのよし 飯田蛇笏 山響集
初しぐれ君が病ひのまじなひに 正岡子規 時雨
初しぐれ病む身がおもふ人の上 石川桂郎 四温
初しぐれ紅葉張りつく青芭蕉 川端茅舎
初しぐれ虹の松原わたりゆく 細見綾子 存問
初しぐれ誰が雨男雨女 石川桂郎 四温
初しぐれ都の友へ状を書く 正岡子規 時雨
初時雨ありしも京の日和かな 稲畑汀子
初時雨して北山の紅葉まだ 木村蕪城 一位
初時雨また猿簑を読まんと思ふ 福田蓼汀 山火
初時雨上野はむかし山といひき 山口青邨
初時雨人なつかしく待ちにけり 星野立子
初時雨人違ひにはあらざりき 星野立子
初時雨夕時雨よと旅人等 星野立子
初時雨景も心も変りけり 星野立子
初時雨木もりのかぶす腐りけり 正岡子規 時雨
初時雨茶碗蒸などいただきて 星野麥丘人
初時雨萩寺さまを素通りに 雨滴集 星野麥丘人
初時雨蛙ひとつの声しかと 石川桂郎 四温
初時雨赤子に肩を叩かれて 岸田稚魚
初時雨釣瓶なげうつ仮ずまひ 石橋秀野
初暦花時鳥月時雨 正岡子規 初暦
別れて半日尿前しぐれに逢ひゐしや
刻々に色変りいま時雨柚子 後藤比奈夫
剃刀をいたゞきに行く露時雨 河東碧梧桐
前山に日の当り来て時雨けり 清崎敏郎
割烹着ぬぐとき時雨きゝにけり 鈴木真砂女 生簀籠
割箸を割りそこねたる時雨かな 鈴木真砂女 居待月
劍に舞へばさつとしぐるゝ砦かな 正岡子規 時雨
加谷谷の時雨の音を聞きに来し 高野素十
化物も淋しかるらん小夜しくれ 正岡子規 時雨
化粧濃き人の傘うつ時雨かな 日野草城
北の海しぐれて船に航きあはず 松村蒼石 雁
北国の大時雨とは今日のこと 高野素十
北国や護岸工事のしぐれやすし(金沢にて) 細見綾子
北山に時雨虹立ち街を行く 波多野爽波 鋪道の花
北山のしぐれに来たり薬喰 森澄雄
北斎の齢に似たり雪時雨 山口青邨
北欧の時雨ふる頃までさらば 山口青邨
北陸の雪やしぐれや痘の神 森澄雄
十三重塔婆のぞめばしぐれけり 雨滴集 星野麥丘人
十二日芭蕉亡じてしぐれけり 阿波野青畝
十団子を享けてしぐれにあひにけり 上田五千石『田園』補遺
十月や十日も過ぎて初時雨 正岡子規 時雨
十萬戸煙ののぼるしくれ哉 正岡子規 時雨
千軍萬馬ひつそりとして小夜しくれ 正岡子規 時雨
半島の風待ち湊初時雨 松崎鉄之介
単線の下りを待てる時雨かな 平井照敏 天上大風
原中や夕日さしつゝむら時雨 正岡子規 時雨
厠出の顔日あたりてしぐれけり 岡井省二 鹿野
友禅を書く筆洗ふしぐれ水(加賀友禅無形文化財木村雨山さん三句) 細見綾子
叢雲をこぼれて青し時雨星 日野草城
口にして時雨といへばそれらしく 能村登四郎
口に出てわが足いそぐ初しぐれ 石田波郷
古寺のしぐれや音をなさずして(奈良、元興寺三句) 細見綾子
古寺や鼬の顔にしくれけり 正岡子規 時雨
古池やしくるゝ音の夜もすから 正岡子規 時雨
句をしるす時雨にぬるる文字は濃く 山口青邨
句碑除幕はらはら時雨誰が涙か 楠本憲吉 方壺集
右近の橘の実のしぐるるや 種田山頭火 自画像 落穂集
合鍵の一つが失せてしぐれ月 鷹羽狩行
吉原や晝のやうなる小夜時雨 正岡子規 時雨
吉野山根に伸びて来し時雨雲 右城暮石 句集外 昭和五十四年
吊柿の二筋三筋しぐれけり 正岡子規 時雨
名所は古人の歌にしくれけり 正岡子規 時雨
名月の頃より沼は時雨ぐせ 高野素十
名木の紅梅老て初しくれ 正岡子規 時雨
含滿や時雨の狸石地藏 正岡子規 時雨
吾に妻姉に夫欠き時雨けり 松崎鉄之介
味噌椀のすこし濃いめのしぐれかな 草間時彦
呼鈴の紐のありかや夕時雨 中村汀女
和邇びとの時雨れてゆくや竹の中 鷲谷七菜子 天鼓
咲き増ゆる花に時雨るることも伊賀 稲畑汀子
咳きいでて夜半の時雨を遠くしぬ 林翔 和紙
哀れなる人に時雨の句を申す 河東碧梧桐
品川に台場の音のしぐれかな 飯田蛇笏 山廬集
哭かむまで母の白髪時雨けり 小林康治 玄霜
唇の荒れて熱引く時雨かな 鈴木真砂女 卯浪
唐櫃に時雨の音を納めけり 岸田稚魚 筍流し
唾壺をたゝく隣や小夜しくれ 正岡子規 時雨
喃々と安房のしぐれを女どち 雨滴集 星野麥丘人
喪の列に妻を遣りたる時雨かな 原裕 葦牙
四十釣り岩礁に立ちて時雨斜め 村山故郷
四國路へわたる時雨や播磨灘 正岡子規 時雨
四方より釣鐘なぶるしぐれ哉 正岡子規 時雨
国境の河を見にゆく時雨かな 日野草城
土佐の國南もなしにしぐれけり 正岡子規 時雨
土佐の海南もなしにしぐれけり 正岡子規 時雨
土器のとぶもとばぬもしぐれけり 日野草城
土山や小浪が笠にしぐれふる 正岡子規 時雨
土鈴面ひさぐ城下の片しぐれ 上田五千石『天路』補遺
土間あらふさかなや見えて夕時雨 大野林火 海門 昭和七年
坪の内外時雨に濡るる塵もなし 富安風生
城門をこゝに移して時雨かな 日野草城
堂守の時雨炬燵や引けば寄る 古舘曹人 砂の音
塔しのぐもののなければしぐれくる 上田五千石 琥珀
塔に降る時雨に濡るるわが戎衣 伊丹三樹彦
塔濡らす天二上のしぐれかな 大野林火 方円集 昭和五十年
塔高し時雨の空の天王寺 正岡子規 時雨
塗桶に寿司の錦やしぐれふる 松本たかし
塩鮭を湯にくぐらせし時雨かな 鈴木真砂女 夕螢
塩鯛の塩ほろほろと時雨かな 正岡子規 時雨
墓と杉いづれしぐれに苔むしぬ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
墓原は時雨に葱の畝たてゝ 石橋秀野
墓參する帯の金銀つゆしぐれ 飯田蛇笏 白嶽
墓群透く荒海のため夕しぐれ 佐藤鬼房
墓裏に手をつかねたる時雨雲 古舘曹人 砂の音
墨つげばしぐれかよひぬ一夜筆 上田五千石『風景』補遺
売るものになめこ・やまいもしぐれけり 大野林火 飛花集 昭和四十三年
壷白し時雨の音の時にして 山口青邨
夏柑はみどりつらつら初時雨 山口青邨
夏落葉しぐれといはん木陰あり 飴山實 句集外
夕しぐれ老母いよいよ頭が冴えて 佐藤鬼房
夕まぎる啄木烏のゐる時雨かな 阿波野青畝
夕刊の香やあたたかく時雨けり 中村汀女
夕日照る時雨の森の銀杏かな 正岡子規 時雨
夕時雨小走りにゆく人につき 星野立子
夕時雨新聞どこの駅にも売る 高田風人子
夕時雨樋鳴る程になりにけリ 高田風人子
夕時雨白磁の姿くづれそむ 相生垣瓜人 微茫集
夕時雨開山堂はなつかしき 高野素十
夕時雨降りゐる景の傾ける 波多野爽波 鋪道の花
夕月のおもて過行しくれ哉 正岡子規 時雨
夕烏一羽おくれてしぐれけり 正岡子規 時雨
夕焼は沖よりぞくるしぐれ雲 野澤節子 八朶集以後
夕空に何も遺らぬ時雨あと 飯田龍太
夕粥や時雨れし枝もうちくべて 川端茅舎
夕茜してゐる時雨雲の端 高浜年尾
外しやる時雨来し子のランドセル 伊丹三樹彦
外人墓地巨木時雨れて霧笛這ふ 飯田龍太
外套にしみもせざりし時雨なる 野澤節子 未明音
夜の時雨濡らし通りし奈良盆地 右城暮石 散歩圏
夜の棟に裾触り時雨亙りけり 石塚友二 光塵
夜の間の時雨でありし旅の朝 高浜年尾
夜を急きて川水とわれしぐれけり 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
夜半時雨生きものの死はおもふまじ 佐藤鬼房
夢殿の絵脳裡を去らずしぐれけり 下村槐太 光背
大いなるかな法兄弟の時雨笠 阿波野青畝
大伽藍時雨馴れして鳩遊ぶ 村山故郷
大佛の鐘が鳴るなり小夜時雨 正岡子規 時雨
大原は時雨つゝ月出づるかな 高浜年尾
大名の柩ぬれたる時雨哉 正岡子規 時雨
大和路は時雨ふるらし氣車の覆 正岡子規 時雨
大夫にもならで此松しくれけり 正岡子規 時雨
大寺の藪も少しく時雨たる 高野素十
大寺も小寺もしぐれ明りにて 飯田龍太
大山にひつかかりたる時雨雲 右城暮石 句集外 昭和五十六年
大揺に竹ゆれうつり時雨けり 上村占魚 鮎
大時計打ちぬ時雨の晴れてあり 石橋秀野
大時雨して霜月のはたゝ神 日野草城
大時雨北安田村訪るる 高野素十
大樟も私も犬もしぐれつゝ 種田山頭火 自画像 落穂集
大江山鬼の角よりしくれける 正岡子規 時雨
大煙突しぐれのあとの白煙 大野林火 方円集 昭和五十年
大牛の路に塞がる時雨哉 正岡子規 時雨
大空のしぐれ匂ふや百舌鳥の贄 渡邊水巴 白日
大空を片寄せてゆく時雨雲 稲畑汀子
大蔵王時雨をとばし虹を張り 阿波野青畝
大鍋に蟹ゆで上る時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
大阿蘇に人近づけば時雨かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
天くだる白鷺を洲にしぐれ川 大野林火 方円集 昭和五十一年
天に雁 地に鴨 時雨推し移る 伊丹三樹彦
天よりのもの美しき時雨かな 上野泰
天蚕の織ぬんめりと初時雨 上田五千石 琥珀
太子在す時雨雲覆ふくらがりに 山口青邨
太白の照るばかりなり露時雨 阿波野青畝
太陽のくぐり出て来し時雨雲 右城暮石 句集外 昭和六十一年
太陽も自動車も時雨びかりせる 右城暮石 散歩圏
奈良千年伽藍伽藍の時雨哉 正岡子規 時雨
妻は帰りぬ時雨病廊半ば濡れ 楠本憲吉 孤客
妻もかぶり吾もかぶるや時雨笠 山口青邨
妻留守の竹に音して初時雨 山口青邨
媼さぶとも時雨藁塚一めぐり 飯島晴子
子と別る白膠木の紅葉時雨はや 小林康治 四季貧窮
学園の昼を賑はすひと時雨 飯田蛇笏 椿花集
宇治や来て時雨のいろのゆりかもめ 古沢太穂 捲かるる鴎以後
宇陀吉野時雨るる中を深入りす 右城暮石 句集外 平成二年
宗匠に善きはあらじ初しくれ 正岡子規 時雨
宗匠の四國へ渡るしくれ哉 正岡子規 時雨
宗祇去り芭蕉歿して幾時雨 正岡子規 時雨
宗鑑が粥煮るけさのしくれ哉 正岡子規 時雨
定に入僧のあるらん小夜しくれ 正岡子規 時雨
実海桐をくゞる時雨の響きけり 前田普羅 能登蒼し
客足の絶えしは時雨来し故か 鈴木真砂女 夕螢
宵時雨霽れて星出ぬ藪の上 日野草城
家うつりの車駆りゆく時雨かな 石橋秀野
家はなし時雨の鵙を嗤はうか 加藤秋邨
家までのかへり路時雨あまたたび 上村占魚 球磨
富士を出て箱根をつたふ時雨哉 正岡子規 時雨
寒げだつ賤か夜明や花時雨 正岡子規 花の雨
寒し暗し時雨の菊も目に入らず 加藤秋邨
寒葵や曼殊院道しぐれくる 飴山實 句集外
寝返るも時雨るゝ家でありにけり 小林康治 四季貧窮
寝酒てふもの二三杯露時雨 鈴木真砂女 都鳥
寺あれば紅葉もありてむら時雨 正岡子規 時雨
寺の餉に親しみ仰ぐ時雨空 飯田龍太
寺もなき鐘つき堂の時雨かな 正岡子規 時雨
寺を訪へば花稽古日や梅雨しぐれ 村山故郷
寺畑へ小倉山より夏しぐれ 石田勝彦 雙杵
寺箒立てかけしより時雨かな 桂信子 草影
尉もなし野はしぐれつつ腸洗う 赤尾兜子 歳華集
導師また風狂の徒やしぐれけり 松崎鉄之介
小がらめと笹子とあそぶ時雨かな 原石鼎 花影
小仏へ径ほそぼそと時雨れゐる 山口青邨
小倉山松ゆれてをり時雨来む 山口青邨
小夜しくれとのゐ申の聲遠し 正岡子規 時雨
小夜しくれ小鴨のさわぐ入江哉 正岡子規 時雨
小夜時雨 シャンソン歌手は BUNBUNBU 伊丹三樹彦
小夜時雨上野を虚子の來つゝあらん 正岡子規 時雨
小夜時雨子等は己の臥床のぶ 中村汀女
小夜時雨来て沈金の夜となりぬ 山田みづえ 草譜
小夜時雨枢おとして格子うち 石橋秀野
小夜時雨病室の灯の端に降る 石田波郷
小夜時雨開山さまはおきて来し 川端茅舎
小式部に深山しぐれや濡れぬほど 鷲谷七菜子 天鼓
少し寒く少し時雨れて旅終る 高野素十
尼寺の暗さ明るさ二タ時雨 星野立子
尾の道やしぐれ催ひの渡り雲 石塚友二 光塵
尿前のしぐれて虹を立てにけり 阿波野青畝
尿前のしぐれ溜め在り実なし栗 阿波野青畝
尿前のしぐれ翁に逢ふごとし 百合山羽公 樂土以後
居坐りて仮の庵とや初しぐれ 石塚友二 光塵
居坐りて假の庵とや初しぐれ 石塚友二 光塵
居酒屋にをればしぐれて港町 高田風人子
屋敷神何を祀るや初時雨 山口青邨
山々の近むとみしや露しぐれ 飯田蛇笏 家郷の霧
山の端や月にしぐるゝ須磨の浦 正岡子規 時雨
山の音時雨わたると思ひをり 森澄雄
山並のことに呼子岳はしぐれ易 上田五千石『風景』補遺
山中に人の働くしぐれどき 斎藤玄 雁道
山中の巌うるほひて初しぐれ 飯田蛇笏 家郷の霧
山中の迎地蔵のしぐれかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
山住みのしぐれぞよしや日日時雨 橋本多佳子
山地蕎麦掛け干す樹々に初しぐれ 飯田蛇笏 山響集
山城のしくれて明る彦根哉 正岡子規 時雨
山城の白壁しぐれ馳せしむる 大野林火 月魄集 昭和五十四年
山姥や紅葉くづしのしぐれして 百合山羽公 樂土以後
山宿の時雨いくたび吊ランプ 山口青邨
山崎や時雨の月の朝朗 正岡子規 時雨
山本の里と申して初時雨 正岡子規 時雨
山柿に時雨通りし日当れり 右城暮石 句集外 昭和五十八年
山桐の葉を真平らにつゆしぐれ 飯田蛇笏 心像
山椒魚うごかず澄める夕しぐれ 飯田蛇笏 山響集
山水にしぐれの声もまぎるべし 上田五千石 風景
山畑や黒馬を置きてしぐれをり 村山故郷
山科にほつ~時雨れゐる男 高野素十
山科のあたり畦木の夕しぐれ 飯田龍太
山茶花の蕾そろひぬ初時雨 山口青邨
山蔭やしぐれの道の函ポスト 石塚友二 光塵
山里や嫁入しぐるゝ馬の上 正岡子規 時雨
山門に時雨の傘を立てかけし 河東碧梧桐
山門や時雨馳け抜け修行僧 村山故郷
山陽に鳶啼きこもる初しぐれ 上田五千石 森林
山霧らふみやましぐれと云ふ草木 松崎鉄之介
山鳥の尾を垂れてゐるしくれ哉 正岡子規 時雨
岩倉の目無し地蔵のしぐれぐせ 大野林火 飛花集 昭和四十三年
岩小屋に紅葉時雨をやりすごし 福田蓼汀 山火
岬頭に燈台小さし時雨飛ぶ 松本たかし
峠路や時雨晴れたり馬の声 尾崎放哉 一高時代
峡の空時雨の月のありそめし 山口青邨
島に来て日数すぎゆく時雨かな 村山故郷
島の娘の衰匂ひゆく初しぐれ 村山故郷
島を刷く時雨がみぞれ日の出前 佐藤鬼房
島国の竹美しき時雨かな 村山故郷
島守のあらめの衣しぐれけり 正岡子規 時雨
島島をかき消し玄界より時雨 上村占魚
川幅にしぐれの重さ来そめたり 松村蒼石 雪
川獺の祭にさつと一しぐれ 阿波野青畝
己れを頼るほかはなきしぐれかな 鈴木真砂女 卯浪
帆柱に月持ちながら時雨かな 正岡子規 時雨
師へつとの時雨に買ひぬ磯ざかな 及川貞 榧の實
帰り来し吾子に灯を向け時雨れをり 加藤秋邨
帰り荷のジャンク腰高時雨けり 松崎鉄之介
干柿の二筋三筋しくれけり 正岡子規 時雨
干満珠寺門前の青時雨かな 佐藤鬼房
干茸に時雨れぬ日とてなかりけり 松本たかし
年々にとしより給ふ時雨かな 内藤鳴雪
年や果つ砂山叩きひとしぐれ 岸田稚魚 紅葉山
幻か一本杉の霧しぐれ 阿波野青畝
幾度の時雨のあとの夕時雨 波多野爽波 鋪道の花
幾時雨石山の石に苔もなし 正岡子規 時雨
庭の松三本しばらく時雨ふる 山口青邨
庭の餅搗へだてられ居し時雨ふる 平畑静塔
庭時雨涙となりてゆきにけり 山口青邨
庭石の泉の如くしぐれけり 阿波野青畝
庭石の濡れはじめたる時雨雲 桂信子 草影
廃塩田しぐれに海の色戻す 大野林火 飛花集 昭和四十四年
建て急ぐ赤き煉瓦にしぐれけり 日野草城
廻廊に燈籠の星や小夜しくれ 正岡子規 時雨
廻縁しぐれたり日の当つたり 阿波野青畝
形なさぬ鎧ぞ飾り時雨宿 石川桂郎 四温
彫金に似たる時雨と思わずや 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
待つにあらず待たぬでもなし初時雨 正岡子規 時雨
徒野に時雨 おんおんおん 鐘鳴り 伊丹三樹彦
従いて来し犬の嚏や露時雨 日野草城
御僧や時雨るゝ腹に火薬めし 川端茅舎
御遷宮一月こえてしくれ哉 正岡子規 時雨
微熱いまひく摂理かや露時雨 川端茅舎
心まで時雨るゝことのなかりけり 稲畑汀子
忍べとのらす御声のくらししぐれ 臼田亜郎 定本亜浪句集
思ひ出すまで寒雀しぐれをり 加藤秋邨
思ひ捨つ一片に京のしぐれかな 中村汀女
思ふことすぐ打ち消して時雨れけり 岡本眸
恋もなき時雨の貯炭むらさきに 小林康治 玄霜
恠談の蝋燭青し小夜しくれ 正岡子規 時雨
息つめて光りまばたく時雨谷 佐藤鬼房
愛古りて時雨の彩もなかりけり 小林康治 玄霜
戀ともなしくれそめたる袂哉 正岡子規 時雨
戸を開けて時雨見てをり囲碁クラブ 岡本眸
手拭の妙法講をしくれけり 正岡子規 時雨
手鏡の むらさき濃ゆく時雨けり 富澤赤黄男
托鉢僧しぐるる中の喜捨の礼 村山故郷
折からの木の葉時雨も関の址 清崎敏郎
折りもてるものをかざして時雨れけり 富安風生
拭き込んでしぐれに構ふ飛騨格子 能村登四郎
振り立つる大万燈に時雨かな 村上鬼城
掃溜に青菜の屑をしぐれけり 正岡子規 時雨
掌の上の顔に時雨の夜風来る 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-11-13 18:48 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26375185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング