時雨 補遺2

時雨 補遺2

掛稻にしくるゝ山の小村かな 正岡子規 時雨
提灯の見えつかくれつしぐれけり 正岡子規 時雨
撞く鐘はをみな手ならむしぐれ虹 上田五千石『琥珀』補遺
放課後のガラス時雨を呼ぶひかり 廣瀬直人
故山のごと高し時雨のビルディング 中村草田男
散る花や三鬼しぐれを渡しつつ 石塚友二 曠日
新宿に荷馬ならぶや夕時雨 正岡子規 時雨
新發智の青き頭を初時雨 正岡子規 時雨
新聞で見るや故郷の初しくれ 正岡子規 時雨
旅に在す恩師いづちの時雨笠 山口青邨
旅の目にしぐれの湖の乱れのみ 大野林火 方円集 昭和五十年
旅びとにしぐるる簷の深からぬ 伊丹三樹彦
旅人にしぐれて藍き嶽鎧ふ 飯田蛇笏 山響集
旅人にやらずの木の実しぐれかな 鷹羽狩行
旅人の京に入る夜や初時雨 正岡子規 時雨
旅人の京に入る日や初時雨 正岡子規 時雨
旅人の京へ入る日や初時雨 正岡子規 時雨
旅人の牛にのつたる時雨哉 正岡子規 時雨
旅人や橋にしぐるゝ馬の上 正岡子規 時雨
旅人われ羅漢としぐれゐたりけり 伊丹三樹彦
旅僧の牛に乘つたる時雨哉 正岡子規 時雨
旅恋の鎮西の空時雨るゝや 小林康治 玄霜
旅衣不破の時雨にぬらしけり 正岡子規 時雨
日々に見て菜のとくしげる露しぐれ 飯田蛇笏 家郷の霧
日は西に蕪村の毛馬の時雨るるか 佐藤鬼房
日射しすぐ時雨模様になる日和 右城暮石 句集外 昭和十二年
旧宿場しぐれ焼亡後に似たり 松崎鉄之介
早舟の細き舳先にしぐれけり 日野草城
星見れば星にはかなき時雨あと 上村占魚 鮎
映画ありこの時雨の涼しけれ 山口青邨
昴星楼閣のごとしぐれけり 山口誓子
昼からが次第にしぐれさうになる 右城暮石 句集外 昭和十二年
昼顔や襦袢をしぼる汗時雨 正岡子規 昼顔
時じくの鮴名物よ雪しぐれ 阿波野青畝
時ならぬ谿の時雨や黒茶碗 桂信子 草影
時雨かといへばしぐれて来りけり 加藤秋邨
時雨きき酒一合は飲めぬなり 鈴木真砂女 居待月
時雨さんざ仏具屋町わが生家古り 村山故郷
時雨してあとは水澄むばかりなる 右城暮石 句集外 昭和十八年
時雨して人気火の気の無き神社 右城暮石 散歩圏
時雨して虹の出さうな山の空 右城暮石 句集外 昭和六十二年
時雨して鴨居明るき燈をともす 右城暮石 句集外 昭和十七年
時雨すぎ光流して柿田川 松崎鉄之介
時雨すぎ紫式部しづくせり 水原秋櫻子 浮葉抄
時雨すぎ鳰あまたをり鵜もうかぶ 水原秋櫻子 岩礁
時雨せし日輪吾に余生なし 右城暮石 句集外 昭和四十九年
時雨せし青空急ぐ女学生 右城暮石 句集外 昭和五十六年
時雨つゝ生垣めぐり訪ひぬ 星野立子
時雨ても時雨ても旅果てざるは 稲畑汀子
時雨で匂う象 遠巻きに 詩の仲間 伊丹三樹彦
時雨とはなりて鈴鹿に遊びけり 阿波野青畝
時雨とも冬の雨とも善光寺 星野麥丘人
時雨とも通り雨とも言ひながら 稲畑汀子
時雨なり兵も軍馬もまつげ濡れ 伊丹三樹彦
時雨にもあはず三度の酉の市 正岡子規 時雨
時雨にも喧嘩にも女の児が強し 右城暮石 散歩圏
時雨の湖に沿いて番傘さしゆく子 古沢太穂 古沢太穂句集
時雨の駅逢ひて不用意あくび出づ 松崎鉄之介
時雨ふり鵯鳴き移り落葉中 右城暮石 句集外 昭和四年
時雨ふる磐城ぞ琵琶の弾き語り 佐藤鬼房
時雨まづ濡らしてゆきぬくわりんの実 細見綾子
時雨やみしか洋傘を橋に衝く 山口誓子
時雨やみわがこころばえ地を愛す 飯田蛇笏 白嶽
時雨より外の誠や乕の雨 正岡子規 時雨
時雨るるとおもひ下げ来し傘ひらく 上村占魚 球磨
時雨るると人にまじりて急ぎけり 中村汀女
時雨るると仰ぎもすれば俯きも 阿波野青畝
時雨るると木米茶碗蹤ききたる 加藤秋邨
時雨るると精し青塗の塔ぬちに 伊丹三樹彦
時雨るると著せたまはりし真綿かな 松本たかし
時雨るると袖うちかざしよろこべる 富安風生
時雨るると長き兵列のはしけぶり 伊丹三樹彦
時雨るると頬白啼かず去りけぶる 伊丹三樹彦
時雨るると鶴監視人出てをりし 清崎敏郎
時雨るるにおしもだしゆく兵殆ど 伊丹三樹彦
時雨るるやうるさくなりし川の音 山田みづえ まるめろ
時雨るるやとことはに澄む比翼皿 永田耕衣
時雨るるやめざまし雀京に啼き 石川桂郎 高蘆
時雨るるや何となく買ふ記念パン 佐藤鬼房
時雨るるや好いた同士の同じ顔 中村草田男
時雨るるや家風呂に入るも十月振 臼田亜郎 定本亜浪句集
時雨るるや寺は一段づつ高し 廣瀬直人
時雨るるや幾曲りして笹の門 石川桂郎 含羞
時雨るるや息もてくもる若狭塗 古舘曹人 砂の音
時雨るるや手あげて埴輪夫を恋ふ 野見山朱鳥 天馬
時雨るるや水をゆたかに井戸ポンプ 中村汀女
時雨るるや淵へ片寄る楢林 廣瀬直人
時雨るるや烏賊より出づるトビカラス 中村草田男
時雨るるや父の独吟繙けば 山田みづえ 手甲
時雨るるや竹のごとくに枯るる草 山口青邨
時雨るるや蘆刈下駄のむかしぶり 水原秋櫻子 殉教
時雨るるや話し残せしこと文に 星野立子
時雨るるや身の丈ほどの塀の内 廣瀬直人
時雨るるや障子のうちに蘆花夫人 石田波郷
時雨るるや障子明りに黒仏 山口青邨
時雨るるや隣の屋根のたのもしき 永田耕衣
時雨るるや雄島の橋の脚高く 山口青邨
時雨るるや青峰も見えて箱根道 村山故郷
時雨るるや音してともる電熱器 波多野爽波 鋪道の花
時雨るるや馬車より低き小松原 川端茅舎
時雨るるや髯題目の碑のならび 松崎鉄之介
時雨るるや鰡塚ひとつくつがへり 水原秋櫻子 殉教
時雨るゝと四五歩戻りて仰ぎけり 高野素十
時雨るゝやさして急ぎの用もなく 星野立子
時雨るゝやパンなど焼いてもてなしぬ 星野立子
時雨るゝや又きこしめす般若湯 川端茅舎
時雨るゝや松にこぞれる浜烏 原石鼎 花影
時雨るゝや柳に少し葉のありぬ 細見綾子 桃は八重
時雨るゝや横にならびし岨の松 正岡子規 時雨
時雨るゝや水の流るゝ竹林 前田普羅 普羅句集
時雨るゝや海と空とのあはひより 正岡子規 時雨
時雨るゝや灘の嵐の波かしら 正岡子規 時雨
時雨るゝや灯火にはねる家根のもり 正岡子規 時雨
時雨るゝや空の青さをとぶ鴉 原石鼎 花影
時雨るゝや筧を傳ふ山の雲 正岡子規 時雨
時雨るゝや紅葉を持たぬ寺もなし 正岡子規 時雨
時雨るゝや電燈ともる車井戸 前田普羅 普羅句集
時雨るゝ灯魚画きて妻を遠くしぬ 小林康治 玄霜
時雨る夜は古りし恋ゆゑ映画みる 佐藤鬼房
時雨れきし自由ケ丘の男ども 加藤秋邨
時雨れしは気のつかざりし病臥かな 高浜年尾
時雨れたるあとの日ざしの移りゐし 後藤夜半 底紅
時雨れつつ山は容をなしにけり 桂信子 花影
時雨れつつ片虹立てり殉教碑 水原秋櫻子 殉教
時雨れつつ礁かき消す怒濤かな 加藤秋邨
時雨れつつ鋸山の歯に夕日 山口青邨
時雨れつゝけぶれる遠ちへ牛車 星野立子
時雨れつゝわれ大阿蘇と雲に入る 野見山朱鳥 曼珠沙華
時雨れつゝ時雨れつゝ船美しく 星野立子
時雨れつゝ木地屋木屑に埋れて 高野素十
時雨れては裾曲の稲架の見ゆるのみ 水原秋櫻子 殉教
時雨れてもルーズソックスルーズのまま 後藤比奈夫
時雨れゐて光りをそそぐ海の村 佐藤鬼房
時雨れゐる第三埠頭傷だらけ 佐藤鬼房
時雨をり東照宮坂かく古りて 松村蒼石 雁
時雨亭跡寒禽のこゑもなし 雨滴集 星野麥丘人
時雨來る雲の上なりふしの雪 正岡子規 時雨
時雨傘させしからには人憶ふ 後藤比奈夫
時雨傘そこまでもやひ来て別れ 星野立子
時雨傘ふたゝびひらく水の上 日野草城
時雨傘まといて背に負う 海鳴り負う 伊丹三樹彦
時雨傘みな持つてゐてひらき合ふ 日野草城
時雨傘凭せしままや寺の門 桂信子 草影
時雨傘山門に名もなかりけり 石橋秀野
時雨傘持歩き一外交員 伊丹三樹彦
時雨傘比叡が霽るると傾げあふ 日野草城
時雨光る砂地松葉と牡蠣殼と(能登一の宮、折口信夫先生墓のほとり二句) 細見綾子
時雨去り戎衣は歩きつつかわく 伊丹三樹彦
時雨去る冬の大円鏡智かな 平井照敏 天上大風
時雨川に沿ひて旧道ぬかりたる 松崎鉄之介
時雨待つ心にいつか人の事 高浜年尾
時雨星かゞやくひまもなかりけり 日野草城
時雨星またゝく嶺の雪明り 西島麦南 人音
時雨星仰ぎ宿の婢寝る仕度 山口青邨
時雨星北斗七つをかぞへけり 橋本多佳子
時雨月をり~除夜の鐘照らす 高浜年尾
時雨月八瀬を出で来しうしろより 村山故郷
時雨月夜半ともなれば照りわたり 橋本多佳子
時雨来て提げし洋傘なほさゝぬ 山口誓子
時雨来て汽笛はくらき海に果つ 佐藤鬼房
時雨来て流水の声変りけり 水原秋櫻子 餘生
時雨来て濡らし濡らせり栗落葉 山口青邨
時雨来て茜さしまた時雨来る 右城暮石 句集外 昭和四十六年
時雨来と大木の幹砥の如し 川端茅舎
時雨来と屏風の歌仙隠れけり 阿波野青畝
時雨来と栴檀林にあそびをり 川端茅舎
時雨来と水無瀬の音を聴きにけり 川端茅舎
時雨来と脊の鉄兜撫で別れ 川端茅舎
時雨来ぬすでに投函終へてのち 山口誓子
時雨来やわらびかたむく岨の石 飯田蛇笏 山廬集
時雨止まねば木耳も不機嫌か 飯田龍太
時雨止みきらぬにうす日映す鋪道 細見綾子 桃は八重
時雨止み舗道生々と書店出づ 細見綾子
時雨止み鋪道生々と書店出づ 細見綾子 桃は八重
時雨汽車光りてすぐるビルの間 松崎鉄之介
時雨泥踏み集まりて土葬せる 右城暮石 一芸
時雨空かへりみて時遥かかな 飯田龍太
時雨空見えずなりたる虹探す 右城暮石 散歩圏
時雨虹かたみに懸り檜原越ゆ 下村槐太 天涯
時雨虹とは晴れてゆく空のあり 稲畑汀子
時雨虹島を踏まへて顕ちにけり 佐藤鬼房
時雨虹旅路はるけくありしかな 稲畑汀子
時雨虹立つが慣ひの湖畔かな 高浜年尾
時雨虹色うらがへるとき二重 稲畑汀子
時雨越前時は過ぎゆき日矢われに 金子兜太
時雨迅し街道海に沿ふてより 大野林火 海門 昭和七年
時雨過ぐ濡紙不吉にもあらず 飯田龍太
時雨降る美し国なり踏みて行く 小林康治 四季貧窮
時雨雲しづかに山を離れけり 日野草城
時雨雲しりぞき沖を暗くせり 阿波野青畝
時雨雲とざしかねたる星に逢ふ 加藤秋邨
時雨雲とぶやたたかふ鳶烏 山口青邨
時雨雲には青空のついてくる 稲畑汀子
時雨雲はるかの比叡にかゝりけり 杉田久女
時雨雲低し烏も低くとぶ 山口青邨
時雨雲光る高架の裏をゆく 橋閒石 雪
時雨雲冷えしたたかに落しゆく 山田みづえ 草譜
時雨雲刷き出す紺の海と空 角川源義
時雨雲動く明るさ暗さあり 稲畑汀子
時雨雲支へきれざるときこぼす 稲畑汀子
時雨雲散り乱りつつみ崎照る 松本たかし
時雨雲洩るゝ日射のある船路 高浜年尾
時雨雲流るる藪は傾きぬ 大野林火 冬青集 雨夜抄
時雨雲走り日の箭の走りつつ 山口青邨
時雨雲追ひかけてゐる時雨雲 稲畑汀子
時雨雲遠ざかりつゝ海照りす 高浜年尾
時雨馳せうこんの花のさかりなる 大野林火 冬雁 昭和二十二年
時雨鳥しばし垣穂に沿へりけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
時雨鳩わが肩に来て頬に触れ 川端茅舎
晝中のあからあからとしくれけり 正岡子規 時雨
晩翠に浮いて堂塔しぐれけり 日野草城
曙をしくれて居るや安房の山 正岡子規 時雨
曼陀羅に残れる金や初しぐれ(奈良元興寺) 細見綾子
曼陀羅の地獄極楽しぐれたり(奈良、元興寺三句) 細見綾子
月うらとなる山越や露時雨 原石鼎 花影
月の輪の金色澄める露時雨 川端茅舎
月やうそ嵐やまこと初時雨 正岡子規 時雨
月一つ忘れて湖のしくれ哉 正岡子規 時雨
月二郎墓碑の茶の木の夕しぐれ 飯田龍太
月出るやしぐるゝ雲の裏手より 正岡子規 時雨
月夜しぐれ銀婚の銀降るやうに 佐藤鬼房
月見えてうそや誠のしくれ哉 正岡子規 時雨
有明の又しくれけり一くらみ 正岡子規 時雨
有明を小窓ひとつに時雨けり 正岡子規 時雨
有磯道時雨急なり旅行けば 村山故郷
朝からしぐれて柿の葉のうつくしさは 種田山頭火 自画像 落穂集
朝しぐれの洗ひしあとの句碑に会ふ(金沢尾山神社、我が句碑あり) 細見綾子
朝の間の少し時雨れしことを僧 星野立子
朝の鵙ないてしまへばしぐれけり 加藤秋邨
朝はしぐれ夕べ霰の竹瓮かな 草間時彦 櫻山
朝散歩しぐるるほどのうれしさに 阿波野青畝
朝早くしぐるる火を焚いてゐる 種田山頭火 草木塔
朝時雨*えりの魚影を濃くしたる 佐藤鬼房
朝時雨夕時雨とぞわび住めり 星野立子
朝時雨鶲を庭にのこし去る 加藤秋邨
朝風のまたしぐれゐて吊し柿 村山故郷
朧月ぐづぐづと照るしぐれかな 阿波野青畝
木の鳥居木の橋を経て霧しぐれ 鷹羽狩行
木兎は淋しき晝のしくれ哉 正岡子規 時雨
木曾の橡しぐれの音も外としぬ 森澄雄
木洩れ日のむらさき深く時雨去る 桂信子 月光抄
朴の葉の高く残りて時雨れけり 松本たかし
杉しぐれたちまちに山なつかしき 岡井省二 夏炉
杉なりの俵の山をしくれけり 正岡子規 時雨
杉の根の一祠の燭やしぐれつつ 能村登四郎
杉の空しぐるゝ駕の見えて行 正岡子規 時雨
杉の葉もしくれて立てり繩簾 正岡子規 時雨
杉の香の時雨呼ぶなり金泥経 永田耕衣
杉山のしぐれあかりと熱き白湯 能村登四郎
杉山の重なり合ひて時雨ぐせ 右城暮石 散歩圏
村は小春山は時雨と野の廣さ 正岡子規 小春
村時雨鹿より早し尾根を越える 能村登四郎
束の中より時雨に濡れぬ薪を抜く 篠原梵 年々去来の花 雨
杣の子か木の実しぐれか木のさやぎ 飴山實 句集外
東京も果ての山辺の夕時雨 飯田龍太
東山しぐれしぐれて兄の墓 村山故郷
東山はかなくなりてしぐれけり 日野草城
東西に聖堂聖橋時雨る 松崎鉄之介
松あれば松風時雨わがいほり 山口青邨
松か岡香の烟にしくれけり 正岡子規 時雨
松が枝にさはりし音や時雨傘 日野草城
松にしぐれ杉に鳶鳴く夕日哉 正岡子規 時雨
松に菊蕎麦屋の庭の時雨かな 渡邊水巴 白日
松のお寺のしぐれとなつて泊ります 種田山頭火 自画像 落穂集
松ぼくり芝生に降らす時雨雲 右城暮石 句集外 昭和五十五年
松島の時雨を朝の通ひ舟 佐藤鬼房
松枯れて時雨れてわれを打つ怒濤 能村登四郎
松籟やしぐれぐもりの甃 石田波郷
松葉しく茶の湯の庭の初しくれ 正岡子規 時雨
松青し今し時雨し千木の空 村山故郷
松風に筧の音もしくれけり 正岡子規 時雨
松風やしぐるるいろに種の浜 岸田稚魚
板前の仕事着白くしぐれけり 鈴木真砂女 卯浪
板壁の迦陵頻伽にしぐれをり 飴山實 花浴び
林泉の音のしぐれに会ひにけり 上田五千石『風景』補遺
果樹園を守る灯影や露しぐれ 日野草城
枯枝に鳶と烏の時雨哉 正岡子規 時雨
枯蓮のいかに枯れよとしぐるらん 正岡子規 時雨
柊の花のしぐれの粒のごと 大野林火 月魄集 昭和五十四年
柏をもてつつみし包子(パオズ)しぐれけり 加藤秋邨
染付の鷺の薄るゝ夕時雨 相生垣瓜人 微茫集
染返す時雨時雨のもみぢ哉 正岡子規 時雨
柚子照りて牛の鼻よりしぐれけり 加藤秋邨
柩のほかは時雨くらがりして来たる 山田みづえ 木語
柱穴櫛形山の時雨溜め 山口青邨
柿の冷え掌にうけて山しぐるるか 鷲谷七菜子 花寂び
柿をむく刃のすすむ音しぐれけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
柿赤く松緑なる時雨かな 高野素十
柿釜といふことをして時雨れけり 後藤比奈夫
桑黄葉多度は遥かに時雨れます 松本たかし
桜しべしぐれと言はめ平家谷 鷹羽狩行
桶の蓋とればしくるゝ豆腐哉 正岡子規 時雨
梅屋敷てふ提灯に小夜時雨 山口青邨
梅擬つら~晴るゝ時雨かな 川端茅舎
棉摘の一家かたまるしぐれかな 加藤秋邨
棲みふりて身も木も草も露時雨 山口青邨
椋鳥の高きに時雨ふるばかり 飯田龍太
植林の杉ばかりなる時雨ぐせ 右城暮石 句集外 平成四年
椎の実のこつんと打ちししぐれ塚 野澤節子 存身
椿の葉濡らすしぐれの音と聴け 安住敦
楠多き中にも巨樹の露しぐれ 松本たかし
楡しぐれ金鶏は地をあゆむのみ 飯田蛇笏 山響集
楢山時雨藪鳥なほも静まらで 臼田亜郎 定本亜浪句集
業平竹鳴らして過ぎぬ初時雨 山口青邨
榧の実にかなかなしぐれ不破の関 森澄雄
榾くべて法師もてなすしくれ哉 正岡子規 時雨
樫の木に時雨鳴くなり谷の坊 正岡子規 時雨
樫の木に時雨鳴るなり谷の坊 正岡子規 時雨
樹も草も時雨地に呼ぶ峡の国 飯田龍太
橋といふ道の栞にしぐれさす 上田五千石『琥珀』補遺
橋は夕日竹屋の渡ししぐれけり 正岡子規 時雨
橋渡る遠き時雨の海ひかり 加藤秋邨
橘の紋の垂幕しぐるる灯 山口青邨
機関区に蒸気絶えずも初しぐれ 上田五千石『田園』補遺
橡の実は朴におくれて初しぐれ 飯田蛇笏 霊芝
檜葉垣や時雨るる石の荒御魂 古舘曹人 樹下石上
櫨紅葉芒の奥にしぐれつつ 水原秋櫻子 浮葉抄
欅しづかな荻窪を時雨去る 飯田龍太
歌僧の長き顔にもしぐれけむ 阿波野青畝
歌詠んで又泣きたまふ時雨哉 正岡子規 時雨
此頃はどこの時雨に泣いて居る 正岡子規 時雨
武藏野や夕日の筑波しくれ不二 正岡子規 時雨
歩をつかふ蟲ひとしぐれやりすごし 上田五千石『風景』補遺
歸り花それも浮世のしくれ哉 正岡子規 時雨
死ぬときは楽にと如来さましぐれ 佐藤鬼房
残菊のなほはなやかにしぐれけり 日野草城
母とみに弱りぬ時雨しばしばす 松崎鉄之介
母子今日はフランス刺繍 初しぐれ 楠本憲吉 楠本憲吉集
母葬る土美しや時雨降る 橋本多佳子
毎日の時雨に馴れて濁酒かな 村山故郷
毎日の時雨大佐渡小佐渡かな 村山故郷
毒茸に青草なびく山時雨 飯田龍太
比枝の雲夜はしぐるゝともし哉 正岡子規 時雨
比枝一つ京と近江のしくれ哉 正岡子規 時雨
比良の嶺のいまこそばゆき時雨ばえ 鷲谷七菜子 天鼓
毛越寺時雨れゐて夕茜さす 佐藤鬼房
水かけて大釜洗ふ時雨空 廣瀬直人
水を摶つ時雨の音のあるばかり 日野草城
水仙は垣根に青し初しくれ 正岡子規 時雨
水溜めてある水口の初時雨 廣瀬直人
水焚や入江眺めの夕時雨 杉田久女
水煙の夕映えにつつ時雨ける 伊丹三樹彦
水神に笹生の時雨小降りがち 飯田蛇笏 椿花集
水郷のしぐれ明りやうなぎ飯 阿波野青畝
水面に時雨し跡のなまなまし 右城暮石 上下
水音かすかにまた時雨る森のしめやかさ 種田山頭火 自画像 層雲集
江畔のすつぽん店もしぐれけり 阿波野青畝
汽車此夜不二足柄としぐれけり 正岡子規 時雨
沈み行く夜の底へ底へ時雨落つ 種田山頭火 自画像 層雲集
沖晴れて時雨るる此処が三国町 深見けん二
泊てふ駅に降りけり初時雨 鷲谷七菜子 天鼓
泊めてくれない村のしぐれを歩く 種田山頭火 自画像 落穂集
法要茶会時雨よりややにぎやかに 石田波郷
波の秀のしぐるるままに壱岐の鳥 加藤秋邨
波郷土に山坂すべる初時雨 古舘曹人 砂の音
波郷逝く時雨の道のなぜに遠き 松崎鉄之介
泣きぐせの時雨蹄鉄屋(かなぐつや)の死後に 佐藤鬼房
泣くといふ女の武器や夕時雨 鈴木真砂女 夏帯
泥鰌とる鷺のむらがる初時雨 飯田蛇笏 椿花集
泪しぐるゝや色にいでにけり我戀は 正岡子規 時雨
洋中に國極まれり時雨ふる 松本たかし
洋傘つきて帰る家路の海しぐれ 山口誓子
洗ひ鯉時雨の利根に獲し鯉ぞ 水原秋櫻子 霜林
流人碑に 滲む 時雨の粒また粒 伊丹三樹彦
浄林の釜にむかしを時雨けり 正岡子規 時雨
浅き夜の藪にひゞきてしぐれけり 日野草城
浅草に時雨れ居りとは誰知るや 渡邊白泉
浜しぐれ烏賊の腸抜く女どち 燕雀 星野麥丘人
浪人を一夜にふるす時雨哉 正岡子規 時雨
海しぐれ求むる方に虹もなく 山口誓子
海しぐれ蜑の焚く火の炎濡れ 山口誓子
海と山しくるゝ音や前うしろ 正岡子規 時雨
海の村時雨に休む映画館 山口誓子
海の門のしぐるる岩に鶚かな 水原秋櫻子 葛飾
海原の如く照らしぬ時雨月 波多野爽波 鋪道の花
海津余呉木之本尾上しぐれけり 草間時彦 櫻山
海鞘といふ字にも海よりしぐれくる 百合山羽公 樂土以後
海鳥の泛きつつ時雨明りかな 山田みづえ 木語
海鳥の翼緩やか時雨雲 右城暮石 句集外 昭和五十四年
消える 消えない 流人耶蘇碑の時雨の燭 伊丹三樹彦
涙ぐむ粥あつ~や小夜時雨 川端茅舎
涙雨木の実しぐれを誘ひけり 上田五千石『田園』補遺
渓すみて後山まぢかくしぐれけり 飯田蛇笏 山響集
渓の樹のぬれざるはなくしぐれやむ 飯田蛇笏 雪峡
温泉に入りて遊ぶ男女や小夜時雨 松本たかし
温泉を恋ひて辿る山路や小夜時雨 松本たかし
湖に月をおとすやむらしくれ 正岡子規 時雨
湖のしぐれに帰る燕かな 河東碧梧桐
湖の方雲夕づくとしぐれけり 角川源義
湖の面の鳥肌立ちてしぐれくる 上田五千石『田園』補遺
湖や底にしくるゝ星の數 正岡子規 時雨
湯どころの夜景華やぐ灯に時雨 村山故郷
湯にひたる背筋にひたと蟲時雨 川端茅舎
湯のたぎる家のぐるりを時雨けり 正岡子規 時雨
湯ぶねより一とくべたのむ時雨かな 川端茅舎
湯柱の鬼の怨みも時雨れけり 百合山羽公 樂土以後
湯豆腐の間にもしぐれのありしとか 上田五千石 天路
満ちて帰る富貴の大堂のしぐれの香 大野林火 月魄集 昭和五十四年
満山の白山茶花に夕時雨 中村汀女
溝こえて小笹に辷るしぐれ鶏 松村蒼石 寒鶯抄
漂行の鳥影は祖父片しぐれ 佐藤鬼房
潮騒や木の葉時雨るる夜の路 臼田亜郎 定本亜浪句集
濡れてゆく空の一劃時雨虹 稲畑汀子
濡れてゐる朴に月あり小夜時雨 松本たかし
濡れ鹿を素気なく去らす 時雨傘 伊丹三樹彦
濡縁に時雨片足かけて過ぎ 上野泰
濡縁に花替ふる婢や朝時雨 富安風生
瀧きほひ蘭の実枯れて時雨雲 飯田蛇笏 山響集
瀧径をい行かんずるにひとしぐれ 石塚友二 磊[カイ]集
瀬の音のいつか時雨るゝ音なりし 稲畑汀子
瀬戸内は沖よりくるか初しぐれ 能村登四郎
火ともしの火ともしかねつむら時雨 正岡子規 時雨
火の奥の炎の熾んなる時雨宿 桂信子 花影
火山灰しぐれ若葉の星の海に消ゆ 角川源義
火祭を待つ間時雨の幾度か来て 鈴木真砂女 夕螢
灯かすかに沖は時雨の波の音 正岡子規 時雨
灰色のドームの如く時雨れ来し 星野立子
烏鳶をかへり見て曰くしぐれんか 正岡子規 時雨
照紅葉さきほど時雨したりとか 阿波野青畝
熊笹のさゝへり白し時雨ふる 川端茅舎
熊笹打つて沖よりしぐれ日本海 森澄雄
熔岩の怒濤の如く時雨中 星野立子
燈台に旧き燈が点くしぐれ崎 上田五千石 琥珀
爪ほどの貝むらさきに時雨けり 古舘曹人 砂の音
爪琴の下手を上手にしぐれけり 正岡子規 時雨
父の墓夕べあしたとしぐれけり 山田みづえ 木語
父の松抱いてしぐるる日なりけり 橋閒石 和栲
牛つなぐ酒屋の門のしくれ哉 正岡子規 時雨
牛つんで渡る小船や夕しくれ 正岡子規 時雨
牛に乘て矢橋へこえん初しくれ 正岡子規 時雨
牛のせて渡る小舟や夕しくれ 正岡子規 時雨
牛の尾に壁のやぶれをしくれけり 正岡子規 時雨
牛の尾もぬらす名所のしくれ哉 正岡子規 時雨
牛むれて歸る小村のしくれ哉 正岡子規 時雨
牛一つ見えてしぐるゝ尾上哉 正岡子規 時雨
牛消えて時雨移りの幾砂丘 岸田稚魚 負け犬
牛車歸る大津のしくれ哉 正岡子規 時雨
牧の戸に鎖一条霧しぐれ 阿波野青畝
狐火は消えて野寺の朝しくれ 正岡子規 時雨
独り居の膝を崩さず露しぐれ 日野草城
独り言いよよ時雨るる夜となりぬ 桂信子 月光抄
猪の岩鼻はしるしくれ哉 正岡子規 時雨
猫に名をあたへて我はしぐれをり 加藤秋
猫拾ひ来て長子立つ露時雨 原裕 青垣
猿一つ蔦にすがりてしくれけり 正岡子規 時雨
猿黙し吾黙し時雨雲流れ 山口青邨
玉串にさらさらさらと時雨れもす 阿波野青畝
玉砂利の踏み均されて霧しぐれ 鷹羽狩行
玻璃すこしよごれて時雨来りけり 深見けん二
珠数玉の青さ時雨の来さうなり 右城暮石 句集外 昭和六年
球なくて電柱立てり海しぐれ 山口誓子
琵琶の音にさそひ出しけり小夜しくれ 正岡子規 時雨




甕群に藍の華浮く時雨山 古舘曹人 樹下石上
甘檮の丘は檜山や夕時雨 山口青邨
生きて知るソ聯崩壊蟲しぐれ 三橋敏雄
生憎に烏も見えす初しくれ 正岡子規 時雨
生烏賊を時雨のやうに細住り 鈴木真砂女 紫木蓮
産小屋に星の穴ある時雨寒 古舘曹人 砂の音
産小屋に藁塗りこめて時雨寒 古舘曹人 砂の音
産小屋の月日を返す時雨傘 古舘曹人 砂の音
田の家の今ともしける夕時雨 臼田亜郎 定本亜浪句集
町の灯へ戻りて泊つる小夜時雨 稲畑汀子
町中に継橋の朱よしぐれをり 松崎鉄之介
町空のしぐれかかるを聴きとむる 上田五千石『風景』補遺
界隈に漂ひそめぬ時雨傘 日野草城
畑の家柿も蜜柑も時雨の木 右城暮石 句集外 昭和二年
畔塚をうかゞひゐるやしぐれけり 齋藤玄 飛雪
畦もしぐれて竹林の小屋主なし 松崎鉄之介
病廊覗く時雨の犬が足かけて 石田波郷
白き壷真肌くもらす時雨過ぎ 山口青邨
白毛の獅子金の珠食み幾時雨 山口青邨
白河の関の時雨の深き闇 有馬朗人 立志
白砂の山もあるのにしくれ哉 正岡子規 時雨
白菊の少しあからむ時雨哉 正岡子規 時雨
白髪もしぐれの加賀の友禅師 大野林火 飛花集 昭和四十四年
百日紅いよよはなやぎ時雨けり 伊丹三樹彦
百舌に啼かれ旭色噴きあぐ時雨雲 角川源義
盤渉にしぐるゝ須磨の板屋哉 正岡子規 時雨
目の前のしぐれあかりの柱かな 岡井省二 五劫集
目をつむり眉上げてきく小夜しぐれ 三橋敏雄
目覚むれば時雨月あり神戸港 高屋窓秋
目覺むれは猶降つてゐるしくれ哉 正岡子規 時雨
眠剤のことり時雨るる枕上ミ 角川源義
眼を閉じるほかに 何ある 時雨鹿 伊丹三樹彦
着陸の光る時雨となりゆける 稲畑汀子
瞳をおもひしぐれの鹿をおもひをり 森澄雄
知らぬ道いざなはれつゝ時雨れつゝ 星野立子
石しぐれ二十五菩薩楽奏す 阿波野青畝
石の上にやみはじめたる朝しぐれ 岡井省二 有時
石庭の真砂波寄す初時雨 山口青邨
石積の大き空より花しぐれ 岡井省二 夏炉
石見路のしぐれやすさよ子持鮎 飴山實 少長集
砂丘濡らすしぐれ一色クルス立つ 岸田稚魚 負け犬
砂原の時雨吸いこんて水もなし 正岡子規 時雨
砂山の砂ふところに墓しぐれ(能登一の宮、折口信夫先生墓のほとり二句) 細見綾子
砂川の時雨吸こんで水もなし 正岡子規 時雨
碧空を残せる朝の時雨かな 松崎鉄之介
磨崖仏くろがねに立つしぐれ川 大野林火 方円集 昭和五十二年
磯しくれ花も紅葉もなかりけり 正岡子規 時雨
礪波越すあはたゞしさよ幾時雨 前田普羅 能登蒼し
礪波越すあわたゞしさよ幾時雨 前田普羅 普羅句集
祝福の木の実しぐれと思ひけり 鷹羽狩行
神体は剣に在す露しぐれ 松本たかし
神祀る燈明二つ露時雨 福田蓼汀 山火
禪寺のつくづく古き時雨哉 正岡子規 時雨
稲架けてしぐれ日和を重ねたる 上田五千石『琥珀』補遺
稻掛けて神南村の時雨哉 正岡子規 稲掛
穴仏異な顔したるしぐれかな 阿波野青畝
穴熊の耳にしぐるゝ夕哉 正岡子規 時雨
空に飛ぶ山や時雨の來りけり 正岡子規 時雨
空合や隅田の時雨不二の雪 正岡子規 時雨
窓打つや落葉しぐれの風の渦 石塚友二 方寸虚実
窓推すや時雨ながらの夕月夜 正岡子規 時雨
立ち入る者 去れと時雨の粒 磯墓 伊丹三樹彦
立つてゐる子は子の心初時雨 深見けん二
端切れてあがる様子の時雨雲 高浜年尾
竹柏林幾代神びぞしぐれつつ 下村槐太 光背
竹藪を出れば嵯峨なり夕時雨 正岡子規 時雨
笠塚に笠のいはれをしくれけり 正岡子規 時雨
笹の葉に時雨の露のありにけり 山口青邨
筆あはれ時雨の雲の濃く淡く 相生垣瓜人 微茫集
筆硯を調ふる間もひとしぐれ 上田五千石『琥珀』補遺
筆立に筆多し時雨明りかな(加賀友禅無形文化財木村雨山さん三句) 細見綾子
筧かくも高う見て時雨山越す 種田山頭火 自画像 層雲集
箱庭の寸馬豆人をしくれけり 正岡子規 時雨
節分の日の一としぐれ島濡らす 岸田稚魚 紅葉山
篠山のさむさがわかる時雨かな 阿波野青畝
篠山のとどめのしぐれ眉にかな 上田五千石『琥珀』補遺
簑笠に狂ひ出でたり初時雨 正岡子規 時雨
簔笠に狂ひいでけり初しくれ 正岡子規 時雨
簷だれの坊主落ちずに霧時雨 阿波野青畝
糸を繰る音の庇のしぐれかな 河東碧梧桐
紅茸は木の葉に消えず山時雨 飯田龍太
紅葉狩時雨るゝひまを荘にあり 杉田久女
紅顔しぐれるままに 飯店前 哨兵 伊丹三樹彦
納屋抜けてもらひ風呂して時雨宿 星野立子
紐きれて額落つしづかなる時雨 山口青邨
紫陽花を鳴らす鶲の時雨かな 渡邊水巴 白日
結界の身に雪しぐれ埓もなや 角川源義
絵殿の絵脳裡を去らずしぐれけり 下村槐太 天涯
綿の木にしぐれかけたり娶そしり 河東碧梧桐
縦横に絲瓜一つをしくれけり 正岡子規 時雨
繪馬堂の彩色はげて初しくれ 正岡子規 時雨
繪馬堂や彩色兀て初しくれ 正岡子規 時雨
置捨てし床几の端の時雨かな 河東碧梧桐
群衆も鎔炉の旗もかき時雨れ 杉田久女
義仲を梦見る木曾のしくれ哉 正岡子規 時雨
翠黛の時雨いよ~はなやかに 高野素十
老いぼれしくひつき犬をしぐれけり 正岡子規 時雨
老い父の濡れそぼち来ぬ初時雨 相馬遷子 山河
老妻の時雨傘借り杖となす 山口青邨
耳遠き人に隣りてしぐれけり 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
聞かず経し汝のこゑとも露しぐれ 石田勝彦 百千
聞けとこそ更けたる夜の露しぐれ 三橋敏雄
聴き澄めば声して伊豆の村時雨 上田五千石『風景』補遺
職人尽絵図の傘師に初時雨 有馬朗人 非稀
肘張つて蟹茹でらるる雪時雨 鈴木真砂女 夕螢
股木寄る畜生塚のしぐれかな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
肩出して大根青し時雨雲 前田普羅 普羅句集
背合せの神の木もあり初しぐれ 鷹羽狩行
背戸あけて家鴨よびこむしくれ哉 正岡子規 時雨
背負荷の音して走る時雨中 右城暮石 散歩圏
胡麻振つてしぐれにすする朝の粥 大野林火 月魄集 昭和五十五年
能登行きの積みし魚箱にしぐれくる 能村登四郎
膳まはり物淋しさよ夕しくれ 正岡子規 時雨
舟つなぐ百本杭のしくれ哉 正岡子規 時雨
舟一つ遠州灘のしくれ哉 正岡子規 時雨
舟溜りしぐれ叩きし青残す 大野林火 白幡南町 昭和三十年
舸子町やしぐれのそれし屋を低め
船の灯の海に短く時雨けり 松崎鉄之介
色に出づ時雨にぬるる多摩の石 山口青邨
色里や時雨きかぬも三年ごし 正岡子規 時雨
色鳥はしぐれやどりの羽を落す 阿波野青畝
花つけし老樹時雨の中にあり 飯田龍太
花の末のいろみな濃ゆし初時雨 松村蒼石 雪
花も昔月の昔としくれけり 正岡子規 時雨
花を手に浄行菩薩しぐれをり 川端茅舎
花八ッ手たかだかと塔時雨けり 角川源義
花火して時雨の雲のうつり哉 正岡子規 時雨
花荷着く時雨の山の彼方より 飯田龍太
花賣の片荷しぐれて歸りけり 正岡子規 時雨
若狭路の煮鰈厚し時雨くる 能村登四郎
茅葺の朝を湯気立つ露時雨 松崎鉄之介
茶を運ぶばさりばさりと時雨婆 山口青邨
茶団子に日の当り来し時雨かな 石田波郷
茶粥食べ極楽図見てしぐれたり(奈良、元興寺三句) 細見綾子
草々の名のみ時雨のなかにあり 飯田龍太
草のうつくしさはしぐれつつしめやかな 種田山頭火 草木塔
草の藪書物の山に時雨ふる 山口青邨
草木にしたがひ露のしぐれ受く 上田五千石『琥珀』補遺
草枕ランプまたゝきしぐれくる 相馬遷子 山国
草赤し林しぐるる奥にして 水原秋櫻子 霜林
荊棘(けいきょく)のしぐれ空々寂々と 川端茅舎
荒川の芯盛り上がる時雨雲 平井照敏 天上大風
荒鵜翔け海くらくなる時雨雲 角川源義
菅笠の阿弥陀が駅をしぐれけり 内藤鳴雪
菊人形トタンの屋根をしぐれ打つ 平畑静塔
菊焚けば日射し萩刈れば時雨過ぐ 安住敦
菎蒻にしぐれ初めけり笊の中 正岡子規 時雨
華やかな時雨なりけり朝日中 星野立子
萩の野に風狂の眉しぐれをり 原裕 葦牙
萩筆の遠江よりしぐれ文 上田五千石『琥珀』補遺
落付て眞直にふるしくれ哉 正岡子規 時雨
落葉の雨しぐれの雨も興そへむ 山口青邨
落葉松の高き巣箱に初しぐれ 飯田蛇笏 椿花集
落霜紅すでにしぐれし大和かな 岡井省二 鹿野
著衣尊像裸形尊像時雨寺 星野立子
葬り沢しぐるる声を持ちて過ぐ 加藤秋邨
蒔砂に箒の波や初しくれ 正岡子規 時雨
蓖麻の実のねむるよりはつしぐれ 飯田蛇笏 山響集
蓖麻の実の眠むるより初しぐれ 飯田蛇笏 霊芝
蓮かれて小鴨のしぐれ哀なり 正岡子規 枯蓮
蓮牛蒡噛めばたやすくしぐるるよ 草間時彦 中年
蔦紅葉濡れしは今かしぐれけむ 水原秋櫻子 岩礁
蕗といふ村の少しく時雨れたる 高野素十
薄ら日となれば時雨を待つ心 高浜年尾
薄墨にしくるゝ山の姿哉 正岡子規 時雨
薄墨のひまの紺青しぐれ空 富安風生
薄暗し不二の裏行初しくれ 正岡子規 時雨
薪割って割って憂さ飛ぶしぐれ空 及川貞 夕焼
薬のむ湯のなまぬるき時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
藤原のほとけを深く時雨村 鷲谷七菜子 一盞
藪さゐは軒に澄めども時雨空 村山故郷
藪なかや朽ち垣ぬらす初時雨 飯田蛇笏 山廬集
藪に来る鵯時雨れぬ日とてなし 村山故郷
藪ぬらす音しばらくや初時雨 山口青邨
藪の穂に星は見えゐてしぐれけり 日野草城
藪の端に時雨光りす石だたみ 飯田龍太
蘭湯にぬくむしぐれの憩ひかな 大野林火 飛花集 昭和四十四年
虹かけて炭鉱住宅幾時雨 山口青邨
虹の間に入るしぐれいま駈け過ぎし 大野林火 飛花集 昭和四十三年
虹消えて時雨の顔の井にのこる 角川源義
蚶満寺門前の青時雨かな 佐藤鬼房
蛸の手の切口見えて夕しくれ 正岡子規 時雨
蜆蝶生れながらに傷を負ひ 佐藤鬼房
蟲しぐれ時世のながれ停るなし 飯田蛇笏 家郷の霧
蟲しぐれ雨くらき寺を見てすぐる 村山故郷
蟲時雨わが哭くこゑもその中に 三橋鷹女
蟲時雨銀河いよいよ撓んだり 松本たかし
蟷螂の尻の重さよ露時雨 川端茅舎
蟷螂や死にも果てずにはつ時雨 阿波野青畝
蟻嶋をひたせる汐の片しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
蠣殼の屋根に泣く夜や初しくれ 正岡子規 時雨
行きつかぬうちにしぐるゝ矢走哉 正岡子規 時雨
街すずめ単歩の背のしぐれゆく 赤尾兜子 歳華集
街すぢの夜の時雨のはなやかに 上村占魚
街夜色時雨は海へ去りてゆく 大野林火 早桃 太白集
袖乞のしぐれながらに鳥辺山 川端茅舎
裸灯に生るる暈や露時雨 福田蓼汀 山火
西の木に鳥が零れる時雨空 佐藤鬼房
西空に片寄る甲斐のしぐれ雲 廣瀬直人
西行も虎もしぐれておはしけり 正岡子規 時雨
見えてゐる落葉時雨の中に入る 稲畑汀子
角矯めてなお黒牛や露しぐれ 橋閒石 和栲
訪れて山家は暗し初時雨 杉田久女
諸涙鵜や蟹の目を時雨過ぎて 金子兜太
谷中には新墓多し初しくれ 正岡子規 時雨
谷川岳沖の耳飛ぶ時雨雲 水原秋櫻子 霜林
谷橋のたかきをふみて月しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
象潟やしぐれの雲の海鳴りす 角川源義
貝盛り直して 老婆 時雨の軒端借りて 伊丹三樹彦
買ふてくる釣瓶の底やはつしくれ 正岡子規 時雨
赤げらひとつどこかに容れてしぐれ山 岡井省二 明野
赤多き加賀友禅にしぐれ来る(加賀友禅無形文化財木村雨山さん三句) 細見綾子
赤松の時雨はあめのうづめかな 平井照敏 天上大風
走り根の起つて丹波の時雨かな 鷲谷七菜子 游影
足摺の五つ崎崎うち時雨れ 松本たかし
路次口に油こほしぬ初しくれ 正岡子規 時雨
路次口に油こぼすや初しくれ 正岡子規 時雨
跼み読む墓碑の去来の椎しぐれ 加藤秋邨
踏みあてて仰げば木の実しぐれかな 鷹羽狩行
身にしれと紙衣の穴をしくれけり 正岡子規 時雨
身ぶるひやけふもをくらき時雨雲 正岡子規 時雨
身を入れてかじめを刻む時雨市 古舘曹人 樹下石上
軍の影鯛焼しぐれてゆくごとし 赤尾兜子 歳華集
軒深き往き来日当り時雨れ去る 臼田亜郎 定本亜浪句集
辨當提げて役所を出れば夕時雨 正岡子規 時雨
近隣の墓へ時雨の檜葉頒つ 伊丹三樹彦
返り咲く花何々ぞ初時雨 正岡子規 時雨
迷ひ出る時雨の雲や關か原 正岡子規 時雨
迷ひ来てクルス墓原時雨けり 小林康治 玄霜
追立つるかたはの馬や夕時雨 正岡子規 時雨
逆簑や運のさだめの一としぐれ 飯田蛇笏 山廬集
通天やしぐれやどりの俳諧師 川端茅舎
逝くままに桂郎時雨ふらせける 斎藤玄 雁道
逢阪の上に行きあふしくれ哉 正岡子規 時雨
運慶か仁王の腕にしくれけり 正岡子規 時雨
道あるがごとくにしぐれ去りにけり 鷹羽狩行
道ばたの石一つさへ時雨さび 富安風生
道路鏡涙ながすは霧しぐれ 阿波野青畝
道違へことにかなかなしぐれかな 岸田稚魚 紅葉山
遠くにて猫口あけり蟲しぐれ 加藤秋邨
遠く隔つ旅をかたみに初時雨 上田五千石『天路』補遺
遠ぞらの青きへわたるしぐれかな 三橋敏雄
遠出して鹿も時雨に逢ひにけり 鈴木真砂女 夕螢
遠原や真玉匿しの蟲しぐれ 三橋敏雄
遠山を二つに分けて日と時雨 正岡子規 時雨
遠巻の篝火消て小夜しくれ 正岡子規 時雨
遠海の遠崎晴れて時雨ふる 松本たかし
遠海の青澄むばかり時雨ぐせ 佐藤鬼房
遺書書くや入院前夜しぐれつゝ 相馬遷子 山河
酒の荷のまつほと匂ふしくれ哉 正岡子規 時雨
酒買ひに韋駄天走り時雨沙弥 川端茅舎
酔ひ別るしぐれ明りのぼんのくぼ 伊藤白潮
酔ひ発す坐りて時雨ききしとき 鈴木真砂女 夏帯
酔泣きのひとりをかこみしぐるる夜 大野林火 飛花集 昭和四十五年
酢につけて生姜紅さす夕時雨 鈴木真砂女 夕螢
酢をくぐる小鰺の肌や夕時雨 鈴木真砂女 居待月
醫者が來て發句よむ也初しくれ 正岡子規 時雨
里びとは北しぐれとぞいひつ濡れ 橋本多佳子
里芋の面とつてをり夕時雨 鈴木真砂女 紫木蓮
野々宮の今日の時雨のあら~し 高野素十
野ざらしの旅を偲べとしぐるるか 阿波野青畝
野の中やひとりしぐるゝ石地藏 正岡子規 時雨
野の果に没日一痕しぐれをり 加藤秋邨
野仏と背中合せに時雨避く 津田清子
野明りや時雨れかかりし牡丹町 石田波郷
金・銀の納め札賜ぶ青時雨 松崎鉄之介
金杉や相合傘の初時雨 正岡子規 時雨
針通神山のしぐれに耳きこえ 森澄雄
釣りあげし鮠に水の香初しぐれ 飯田龍太
釣り上げし魚あたたか夕時雨 高田風人子
釣舟やしぐれて歸る鳰の湖 正岡子規 鳰
鈴蟲は鳴きやすむなり蟲時雨 松本たかし
鉄帽にかなしき音し時雨けり 伊丹三樹彦
銀座華やか真珠の胡蝶初時雨 山口青邨
銀煙管いつぱいおいて時雨せる 飯島晴子
鋭き呼吸の我が胸にして夕時雨 石橋秀野
鍋提げて金無し詩人時雨るゝよ 小林康治 玄霜
鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女 居待月
鍬の柄の時雨戦前戦後なし 飯田龍太
鎌倉の観音巡り時雨れつゝ 高浜年尾
鎮魂やしぐれごもりの雲の裏 能村登四郎
鏑物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女
鐘つけば去り鐘つけば来るしぐれ 鷹羽狩行
長坂のなかばに立てば初しぐれ 鷹羽狩行
門とざす狸横町の時雨哉 正岡子規 時雨
門ン出れば睫にしぐれ梅林 右城暮石 句集外 昭和十二年
門前の日を楽しめば時雨来つ 臼田亜郎 定本亜浪句集
門川の清流の末時雨川 松崎鉄之介
閂にこんな棒ぎれ露しぐれ 阿波野青畝
関守を仕る石またしぐれ 阿波野青畝
闘鶏に時うつくしき時雨かな 岡井省二 明野
降つてくる時雨の針のちかちかと 山口青邨
陶榻をここにおきけり時雨松 山口青邨
陶苑の轆轤時雨るゝ窓に廻り 村山故郷
陽の中の時雨の針の降つてくる 山口青邨
障子手にかけて声かけ夕時雨 鈴木真砂女 生簀籠
障子白く襖も白く時雨宿 山口青邨
雉子吊つて売らるゝ軒やむら時雨 村山故郷
雉子鳴いてしぐれ明るむ杉の空 能村登四郎
雑沓をさけて時雨の女坂 星野立子
雨降嶺の果して青葉時雨かな 石塚友二 玉縄以後
雪しぐれとなりて消えたる山の音 森澄雄
雪しぐれ乗ればはや馳す橇の馬 松崎鉄之介
雪しぐれ礫となりて落ちし鳥 中村苑子
雪しぐれ身にくひこみし紐ひとすぢ 鷲谷七菜子 花寂び
雪つれて富士の時雨の大粒に 松崎鉄之介
雪よりも時雨にもろし冬牡丹 正岡子規 冬牡丹
雪時雨 化野の墓見尽くさん 伊丹三樹彦
雪時雨釜臥山颪し照り翳り 小林康治 玄霜
雪村庵ちよこなんとしてしぐれけり 飯島晴子
雪舟の庭を見るべく時雨晴れ 細見綾子
雲割れて青空見えし朝しぐれ 細見綾子
霧しぐれ猿は樹間にぶらさがり 村山故郷
霧の湯とききし由布院の夕しぐれ 水原秋櫻子 殉教
霧時雨鰈を釣つてひるがへす 古舘曹人 樹下石上
露しぐれわれ老いわが句古びゆく 日野草城
露しぐれ一磴欠いて夜の戸口 石川桂郎 四温
露しぐれ右に左にばた~と 原石鼎 花影
露しぐれ鱈下げて手頸現はるる 斎藤玄 狩眼
露店の大傘や夕しくれ 正岡子規 時雨
露時雨川音しぐれ副へりけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
露時雨物見の松となづけられ 川端茅舎
露時雨猿蓑遠きおもひかな 石田波郷
露時雨窓下白紙の曉けゐるや 角川源義
露時雨蟷螂尻をどかと据ゑ 川端茅舎
青しぐれ山刀伐越えの女人たち 佐藤鬼房
青笹と漆紅葉としぐれけり 日野草城
静けさよ阿呆の杜としぐれけり 高屋窓秋
面差や時雨の雲を追ひたまふ 相生垣瓜人 微茫集
面櫃の紐やはらかき時雨かな 永田耕衣
面白う叩け時雨の鉢叩き 正岡子規 鉢叩
面白やふじにとりつく幾時雨 正岡子規 時雨
面白や垣結ふ人に初時雨 正岡子規 時雨
鞘堂の中の御霊屋夕時雨 川端茅舎
音つれてわたるしぐれや保美泊り 上田五千石『琥珀』補遺
音なしの木の実しぐれにあひにけり 上田五千石『琥珀』補遺
音もなく寝しや時雨のひとり客 鷲谷七菜子 花寂び
音立てて落葉しぐれといふべかり 稲畑汀子
順禮の數珠もんで行く時雨哉 正岡子規 時雨
頬あてや横にしぐるゝ舟の中 正岡子規 時雨
頬さむし時雨に濡れし髪いくすぢ 鷲谷七菜子 黄炎
頬時雨ゆくりなかりし山葵かな 阿波野青畝
顔の火を消さねば時雨また時雨 加藤秋邨
風吹て湖水をめぐる時雨哉 正岡子規 時雨
風呂立つる火の粉美し夕時雨 高田風人子
風渡る大竹藪の時雨哉 正岡子規 時雨
飛ぶときの尾の斑しぐれて斑鳩か 加藤秋邨
食べてゐるおべんたうもしぐれて 種田山頭火 自画像 落穂集
飯食ひに妻と出て初時雨かな 草間時彦 櫻山
飾り申す伊賀焼の翁初時雨 山口青邨
餓鬼盡きず夜を雅叔園のしぐれかな 飯田蛇笏 山響集
首を仕舞って 浮かぶ白鳥 夕時雨 伊丹三樹彦
首立てゝ家鴨つれたつしくれ哉 正岡子規 時雨
香に於て餅の在るあり老時雨 永田耕衣
馬糞のからびぬはなしむら時雨 正岡子規 時雨
駅の前山がはだかるしぐれ冷 大野林火 月魄集 昭和五十四年
駅離れ来れば星天しぐれそむ 山口誓子
骨太く重き会津の時雨傘 福田蓼汀 山火
高槻のそのたかさよりしぐれくる 能村登四郎
髢屋が繁盛浅草時雨月 山口青邨
髪洗ふ湯の沸きすぎし時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
髪白しさんさ時雨を潜りしより 橋閒石 卯
鬼の手振はだあすこだあだあ時雨つかむ 加藤秋邨
鬼剣舞阿吽時雨るる夜のくだち 加藤秋邨
魚拓貼る湖の駅しぐれけり 阿波野青畝
魚臭しみる壁や股間や初時雨 金子兜太
鮎のぼる川音しぐれと暮れにけり 石橋秀野
鯉しぐれいよいよものを言はむとす 斎藤玄 雁道
鰈・川鮭のみの朝市しぐれふる 佐藤鬼房
鰐口を一打して出るしぐれかな 飴山實 次の花
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亜郎 定本亜浪句集
鳥のこゑ生れて消ゆる時雨空 飯田龍太
鳰ないていよいよ罩むる時雨靄 日野草城
鳳蝶の喬樹をくだる露しぐれ 飯田蛇笏 家郷の霧
鳴子の湯はなはだ匈ふしぐれかな 阿波野青畝
鴉ゐて官衙の楡のしぐれけり 飯田蛇笏 雪峡
鴨の陣から雁の陣 時雨過ぐ 伊丹三樹彦
鴫も居らず鴫立つ澤の初時雨 正岡子規 時雨
鵯の声ばかりならねど時雨よぶ 右城暮石 句集外 昭和十七年
鶯のお宿尋ねん初しくれ 正岡子規 時雨
鶯のかくれ家見えて初しくれ 正岡子規 時雨
鷄の子の草原あさる時雨哉 正岡子規 時雨
鷄頭の狼藉として時雨哉 正岡子規 時雨
鷄頭の黒きにそゝぐ時雨かな 正岡子規 時雨
鷄頭やこたへこたへて幾時雨 正岡子規 時雨
鷄頭を伐るにものうし初時雨 正岡子規 時雨
鷹まうて神座のたかねしぐれそむ 飯田蛇笏 山響集
鷺の嘴時雨雫となりにけり 石田勝彦 百千
黒坂やしぐれ葬の一つ鐘 飯田蛇笏 山廬集
黒潮の潮路さだかに時雨ふる 松本たかし
黒竹のありあり時雨びかりかな 鷲谷七菜子 游影
鼠らもわが家の子よ小夜時雨 川端茅舎
鼻すじの若狭少女ら駅しぐれ 古沢太穂 捲かるる鴎以後
鼻曲り鉈木地小屋の時雨くる 石川桂郎 高蘆
鼻緒切った 遠い日 芒の土ijyou 手しぐれる 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-11-13 18:50 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26375190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング