時雨 2

時雨 2

吹あげてしぐれの松葉空に満つ 松瀬青々
吹かれ~時雨来にけり痩男 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
吹上るほこりの中のはつしぐれ 高井几董
吾が前が時雨に濡れてゆきにけり 高木晴子 花 季
吾前の日ざしに時雨来しことを 高木晴子 晴居
周山街道眼鏡明るくしぐれけり 永島靖子
和びとの時雨れてゆくや竹の中 鷲谷七菜子 天鼓
和邇びとの時雨れてゆくや竹の中 鷲谷七菜子
咳きいでて夜半の時雨を遠くしぬ 林翔 和紙
品川に台場の音のしぐれかな 飯田蛇笏 山廬集
品川の宿場通りの時雨かな 中里信司
哭かむまで母の白髪時雨けり 小林康治 玄霜
唐傘の裏に音してしぐれかな 玉井瑛子
唐崎に遇ひし時雨と式部の実 ふけとしこ 鎌の刃
唐櫃に時雨の音を納めけり 岸田稚魚 筍流し
唯今は十国峠時雨をる 高木晴子 晴居
唸りしぐれきやくしやかたがわ 加藤耕子
唾壺をたゝく隣や小夜しくれ 時雨 正岡子規
啼いて居し犬静まりて小夜時雨 高木餅花
喝采がしぐれに変はりはじめけり 波多江敦子
喪にありてききたる宵の時雨かな 宮武寒々 朱卓
喪の列に妻を遣りたる時雨かな 原裕 葦牙
喪の旅の衿掛け替ふる小夜時雨 大橋敦子 勾 玉以後
嘘の髪かぶりて泣けりしぐれ通夜 平井さち子 紅き栞
噴水にしぐれのまじる夜の髭 鳥居おさむ
噴煙の傾けば来し時雨かな 大久保橙青
噴煙をあげて火の鳥時雨れけり 岩切貞子
四つの歌碑みな見きしぐれ濡らせるを 猿橋統流子
四五人にしぐれかゝるや紙芝居 龍雨
四五人や時雨をめでて庭にあり 比叡 野村泊月
四國路へわたる時雨や播磨灘 時雨 正岡子規
四方より釣鐘なぶるしぐれ哉 時雨 正岡子規
回診の来るとき時雨金色に 岩田昌寿 地の塩
国栖人のしぐれで染めし楮紙 長谷川櫂 蓬莱
土なし家なし時雨ばかりを聞く我等 加藤知世子 黄 炎
土佐の國南もなしにしぐれけり 時雨 正岡子規
土佐の海南もなしにしぐれけり 時雨 正岡子規
土山や小浪が笠にしぐれふる 時雨 正岡子規
地の菓子の味をりからのしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
地震のあと心にしみる菊しぐれ 西本一都 景色
坂いくつ曲りてあふぐ青しぐれ 小峰松江
坂にふりし時雨は街に来てもふる 横山白虹
坂に沿ふ湯まちのたつき時雨るる日 小川濤美子
坂めくに下駄爪尖の時雨かな 松根東洋城
堂守の時雨炬燵や引けば寄る 古舘曹人 砂の音
塔かげの瓦片しぐれし地に拾ふ 皆吉爽雨 泉声
塔しのぐもののなければしぐれくる 上田五千石(1933-97)
塔の月仰いで居ればしぐれけり 比叡 野村泊月
塔を見るほどよき距離をしぐれをる 鍵和田[ゆう]子
塔高し時雨の空の天王寺 時雨 正岡子規
塩間に鮎死にかゝる時雨かな 如行 俳諧撰集「有磯海」
塩鮭は親し北方から時雨 雅人
塩鮭を湯にくぐらせし時雨かな 鈴木真砂女 夕螢
塩鯛の塩ほろほろと時雨かな 時雨 正岡子規
墓に彫る時の翼に時雨降る 野見山朱鳥
墓囲ふ藁にしぐるる暮色かな 門前弓弦子
墓裏に手をつかねたる時雨雲 古舘曹人 砂の音
墨擦つても擦つても薄し時雨来る 阿部みどり女
壁に懸けわが賜りし時雨の句 村松紅花
壱岐埠頭時雨の銅鑼となりにけり 文挟夫佐恵 遠い橋
壺買つて奈良の時雨に逢ひにけり 江口千樹
夏蚕しぐれ夜も農婦を眠らせず 西條
夕されば海はしぐれぬ海鼠売 掬池路
夕しぐれ尼が財布を買ふことも 長谷川双魚 風形
夕しぐれ柩を蔽ふ白レース 吉野義子
夕しぐれ煤煙ながす空のこる 千代田葛彦 旅人木
夕しぐれ煮炊きの香して山の宿 松橋幸子
夕しぐれ鬼師の蒐む瓦かな 伊藤敬子
夕まぎる啄木鳥のゐる時雨かな 阿波野青畝
夕日さす波の鯨や片しぐれ 巴人
夕日照る時雨の森の銀杏かな 時雨 正岡子規
夕星の澄み極まりて時雨けり 金尾梅の門 古志の歌
夕時雨さゝずに傘をつきにけり 大場白水郎 散木集
夕時雨また藪道にさしかゝり 清原枴童 枴童句集
夕時雨をんなの眼もて藍を鑑る 柴田白葉女 遠い橋
夕時雨去なぬ雀に米やらん 高田蝶衣
夕時雨図書館の鐘ふいに鳴る 杉本さいき
夕時雨来て狸藻の花黄なり 内藤吐天 鳴海抄
夕時雨白磁の姿くづれそむ 相生垣瓜人 微茫集
夕時雨自宅待機に月余経ぬ 芦沢一醒 『花枇杷』
夕時雨蟇ひそみ音に愁ふ哉 蕪村 冬之部
夕時雨話半ばに別れけり 縣 積雄
夕時雨野の枯いろの濃かりけり 久保田万太郎 草の丈
夕時雨降りゐる景の傾ける 波多野爽波 鋪道の花
夕時雨雲の切目は暮れて居ず 林直入
夕時雨風に引き戻されもせし 村越化石 山國抄
夕時雨鳩たちて師の近づけり 小池文子 巴里蕭条
夕月のおもて過行しくれ哉 時雨 正岡子規
夕烏一羽おくれてしぐれけり 時雨 正岡子規
夕茜してゐる時雨雲の端 高濱年尾
外套にしみもせざりし時雨なる 野澤節子 黄 瀬
外能登や海かけて来る夜叉時雨 岩坂満寿枝
多賀城の紅葉しぐれにあひにけり 石原八束 空の渚
夜あらしや時雨の底の旅枕 上島鬼貫
夜のしぐれそれの爪もて蟹食へば 皆吉爽雨
夜の時雨いよよ目納め櫛作り 加藤知世子 花 季
夜の棟に裾触り時雨亙りけり 石塚友二 光塵
夜の湯槽に裾野を恋ふる霧時雨 宮武寒々 朱卓
夜の雨はじめ終をしぐれけり 加舎白雄
夜をこめて独り時雨るゝ鹿火屋守 酒匂新冬
夜時雨やから呼されしあんま坊 一茶
夢うつゝ三度は袖のしぐれ哉 向井去来
夢工房三年坂のむら時雨 清水三千代
夢殿の絵脳裡を去らずしぐれけり 下村槐太 光背
大いなるかな法兄弟の時雨笠 阿波野青畝
大仏に到りつきたる時雨かな 高浜虚子
大仏の裏しぐれつつ男郎花 宮田正和
大佛の鐘が鳴るなり小夜時雨 時雨 正岡子規
大原は時雨つゝ月出づるかな 高濱年尾 年尾句集
大原は時雨れつゝ月出づるかな 高濱年尾
大原や青葉しぐれに髪打たす 鍵和田[ゆう]子
大原女が時雨にしたる頬被り 高濱年尾 年尾句集
大名の柩ぬれたる時雨哉 時雨 正岡子規
大和三山二山はしぐるるよ 山口いさを
大和路は時雨ふるらし氣車の覆 時雨 正岡子規
大夫にもならで此松しくれけり 時雨 正岡子規
大学のほとりの寺の月しぐれ 石原舟月 山鵲
大寝坊夢は時雨にほとびけり 可躍 選集「板東太郎」
大寺も小寺もしぐれ明りにて 飯田龍太
大山の闇より音となる時雨 山田弘子 懐
大揺に竹ゆれうつり時雨けり 上村占魚 鮎
大柄な画商といふもしぐれけり 折井紀衣
大根の大根になる時雨哉 尚白
大正の時計の鳴れるしぐれ窯 筒井珥兎子
大江山越えくる時雨荒きこと 西井雅子
大江山鬼の角よりしくれける 時雨 正岡子規
大牛の路に塞がる時雨哉 時雨 正岡子規
大盛の蜆ラーメンしぐれけり 赤坂とし子
大空のしぐれ匂ふや百舌鳥の贄 渡辺水巴 白日
大空へ山を吹きこすしぐれ哉 松瀬青々
大鍋に蟹ゆで上る時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
大門町堀端町も時雨けり 小森丈仙
大阪はしぐれてゐたり稲荷ずし 北野平八
天の原よし原不二の中行く時雨かな 山口素堂
天ぷらは河岸のなごりや夕時雨 龍岡晋
天保山扉船の上にしぐれつゝ 米沢吾亦紅 童顔
天地の間にほろと時雨かな 高濱虚子
天地をしばらくたもつ時雨哉 几圭
天崩れ人は廃墟に時雨れたる 金箱戈止夫
天平の甍にわれに降る時雨 桂樟蹊子
天蓋のしぐれ葬列村貫く 石原舟月
天龍より風越に時雨るる狗賓(グヒン)かな 日夏耿之介 婆羅門俳諧
太陽も時雨に濡れてありにけり 粟津松彩子
太龍寺かけめぐるごとしぐれ来る 寺西安子
夫へ言ふ月の時雨に濡れ来しこと 岡本差知子
奈良にして消ゆる寧楽山しぐれ雲 皆吉爽雨 泉声
奈良七夜降るやしぐれの七大寺 樗堂
奈良千年伽藍伽藍の時雨哉 時雨 正岡子規
奥嵯峨へ帰る尼なり時雨傘 五十嵐播水 播水句集
奥能登の旅の先き先きしぐれけり 岡田日郎
奥阿仁駅しぐれ真赤な箱ポスト 田村九路
奪衣婆の時雨に胸をはだけたる 川崎展宏 冬
女人堂しぐれて燭を継ぎにけり 門井美豫
如是閑先生旧居の時雨明りかな 皆川白陀
妙高の霧さき立てて時雨来る 西本一都 景色
妻と来し湖尻泊りにしぐれ虹 桂樟蹊子
妻持ちしばかりの吾が身小夜時雨 成瀬正とし 星月夜
妻木とる内侍の尼のしぐれかな 召波
姫島を望み陰陽石しぐれ 穴井太 原郷樹林
姫路城お菊の井戸にしぐれけり 南雲秀子
子と別る白膠木の紅葉時雨はや 小林康治 四季貧窮
子の寝息妻を誘ひてしぐれけり 杉山岳陽 晩婚
子をかばひつゝ時雨傘堤行く 高濱年尾 年尾句集
子をつれて手の中の手よ町時雨 皆吉爽雨
子を結ぶ竹に日くるゝしぐれ哉 蕪村遺稿 冬
子を育ておのれ育たぬしぐれかな 中野英伴
子を負〔て〕川越す旅や一しぐれ 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
子等のあと妻も時雨れて戻りけり 河野静雲 閻魔
子舟載せ親船に家紋しぐれ通し 平井さち子 完流
子連れとてとく帰りけり夕時雨 中村汀女
孤蓬庵はたして時雨来りけり 大石悦子 聞香
学園の昼を賑はすひと時雨 飯田蛇笏 椿花集
宇治木幡(こばた)京へしぐれてかかる雲 曲翠 俳諧撰集「有磯海」
宇陀の牛にあはぬ淋しさをしぐれけり 米沢吾亦紅 童顔
安寿塚しぐれの虹の紅の辺に 坂根白風子 『彩雲』
宗匠の四國へ渡るしくれ哉 時雨 正岡子規
宗祇去り芭蕉歿して幾時雨 時雨 正岡子規
宗祗去り芭蕉没して幾時雨 正岡子規
宗鑑が粥煮るけさのしくれ哉 時雨 正岡子規
定に入僧のあるらん小夜しくれ 時雨 正岡子規
定家卿時雨そめけん夏座敷 調和 選集「板東太郎」
定家様にてかし座敷あり村時雨 由平
実海桐をくゞる時雨の響きけり 前田普羅 能登蒼し
客足の絶えしは時雨来し故か 鈴木真砂女 夕螢
家うつりの車駆りゆく時雨かな(十一月廿一日松江南田町に転居) 『定本石橋秀野句文集』
家までのかへり路時雨あまたたび 上村占魚 球磨
家路とは情のあるもの夕時雨 粟津松彩子
宿かして名をなのらする時雨かな ばせを 芭蕉庵小文庫
宿れとは御身いかなるひと時雨 宗因
宿借りて名を名乗らする時雨哉 松尾芭蕉
寂として目鼻時雨るる樹胎仏 加藤知世子 花寂び
富士を出て箱根をつたふ時雨哉 時雨 正岡子規
寒げだつ賤か夜明や花時雨 花の雨 正岡子規
寒念仏夜々の時雨に逢ひにけり 金田狂蜂
寒明の窓さら~と時雨鳧 内田百間
寝入りめに似非の時雨の朴落葉 宇多喜代子 象
寝寒さの思ひしぐれにあつまりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寝筵にさつと時雨の明りかな 一茶
寝莚にさつと時雨の明り哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
寝返るも時雨るゝ家でありにけり 小林康治 四季貧窮
寺々の時雨たづねて京に在り 新村寒花
寺あれば紅葉もありてむら時雨 時雨 正岡子規
寺かぢる鼠が駆ける時雨かな 前田普羅
寺もなき鐘つき堂のしぐれ哉 正岡子規
寺もなき鐘つき堂の時雨かな 時雨 正岡子規
寺町の沈む時雨や加賀の町 今泉貞鳳
封切って兵のにほひを知る時雨 福島小蕾
封切つて兵のにほひを知る時雨 福島小蕾
尉もなし野はしぐれつつ腸洗う 赤尾兜子
小夜しくれとのゐ申の聲遠し 時雨 正岡子規
小夜しくれ小鴨のさわぐ入江哉 時雨 正岡子規
小夜しぐれうましの嫁を祝ぎて辞す 宮武寒々 朱卓
小夜しぐれ湯壺の人の眼ひらかぬ 林原耒井 蜩
小夜しぐれ買ひきし米を量るなり 成瀬櫻桃子 風色
小夜しぐれ隣の臼は挽きやみぬ 野坡
小夜時雨*煮る物買うて戻りけり 高橋淡路女 梶の葉
小夜時雨ありたる後のうろこ雲 軽部烏帽子 [しどみ]の花
小夜時雨ほとけに履かす足袋買ひに 梶山千鶴子
小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん 正岡子規
小夜時雨子等は己の臥床のぶ 中村汀女
小夜時雨枢おとして格子うち 石橋秀野
小夜時雨樞おとして格子うち 石橋秀野
小夜時雨溝に湯を抜く匂ひかな 藤野古白
小夜時雨玻璃におさへて灯かがやく 川島彷徨子 榛の木
小夜時雨生死の外に坐るかな 野村喜舟 小石川
小夜時雨眠るなかれと鐘を撞く 夏目漱石 明治三十七年
小春とはしぐれせぬ日の野山かな 此路 選集古今句集
小松雫していさご路あかし夕時雨 日夏耿之介 婆羅門俳諧
小町墳言葉少なに時雨傘 浅野アツ子
少年の瞳して阿修羅のしぐれをる 鍵和田釉子
尼寺の暗き明るさ夕時雨 立子
尼寺の暗さ明るさ二タ時雨 星野立子
尼寺の暗さ明るさ二夕時雨 星野立子
尾の道やしぐれ催ひの渡り雲 石塚友二 光塵
尾花蛸這はせ夕市しぐれけり 山崎冨美子
尿前のしぐれて虹を立てにけり 阿波野青畝
居酒屋に時雨持ちこむ女傘 小池龍渓子
屋根苔の深くもぬれし時雨かな 楠目橙黄子 橙圃
屋根葺の海をふりむく時雨かな 内藤丈草(1662-1704)
屑鉄みな物のかたちに時雨そむ のぼる
山あひに日のあたりゐるしぐれかな 室生犀星 魚眠洞發句集
山の湯の尾花しぐれに別るるか 西本一都 景色
山の灯をいぶかしみ聞く夕時雨 西山泊雲 泊雲句集
山の端や月にしぐるゝ須磨の浦 時雨 正岡子規
山の音時雨わたると思ひをり 森 澄雄
山は時雨大根引くべく野はなりぬ 也有
山は晴れ谷は時雨るる塩の道 加藤よし子
山めぐる姥は時雨の名なりけり 高橋睦郎
山中に人の働くしぐれどき 齋藤玄 『雁道』
山中の時雨に無線中継所 和田耕三郎
山中の落葉しぐれや芭蕉堂 泊 康夫
山中の風が風呼ぶ時雨宿 中川結子
山二つかたみに時雨れ光悦寺 田中王城
山原の竹売りに那覇しぐれけり 小熊一人 『珊瑚礁』
山吹や時雨をからん笠のぬし 浜田酒堂
山囲みゐる街日ごと時雨ぐせ 高木晴子 花 季
山城のしくれて明る彦根哉 時雨 正岡子規
山城へ井出の駕籠借る時雨哉 松尾芭蕉
山居しぐれてけづる牛蒡のかをり哉 中勘助
山崎や時雨の月の朝朗 時雨 正岡子規
山桐の葉を真平らにつゆしぐれ 飯田蛇笏
山茱萸と云へば和菓子の黄味しぐれ 高澤良一 寒暑
山茶花に時雨の跡の残りをり 森田 愛子
山茶花のしぐるる花のみな平ら 皆吉爽雨
山茶花の艶極まりてしぐれけり 長谷川双魚 風形
山茶花の蕋かげ消ゆるときしぐれ 赤松[けい]子 白毫
山茶花も煉獄の火の時雨にて 小檜山繁子
山蔭やしぐれの道の函ポスト 石塚友二 光塵
山里や嫁入しぐるゝ馬の上 時雨 正岡子規
山門に時雨るる島と沖を置く 原田青児
山風やしっぺ返しの村時雨 内藤丈草
山鳥の尾を垂れてゐるしくれ哉 時雨 正岡子規
岡崎で泊まらにや暮るゝ時雨かな 長谷川零余子
岡野辺や楢の広葉をうつ時雨 大魯
岩倉の目無し地蔵のしぐれぐせ 大野林火
岩小屋に紅葉時雨をやりすごし 福田蓼汀 山火
峠路や時雨晴れたり馬の声 尾崎放哉
峡深く人の後追ふ時雨かな 野村泊月
島の端に残る時雨も朝の景 山田弘子 螢川
島守のあらめの衣しぐれけり 時雨 正岡子規
島山にしぐれかへしぬ福良港 石原八束
崩れ簗天城へしぐれ移りけり 佐野梧朗
崩れ簗見れば見えをりしぐれつつ 加藤楸邨
嵐山のみやげ屋で買ふ時雨傘 清水志郎
嵯峨しぐれ小脇抱への手漉和紙 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
嵯峨の時雨に待ちゐて肩を濡らせしよ 大石悦子 群萌
嵯峨ははや時雨ぐせなる十三夜 鈴鹿野風呂
川と海どこで折合ふ時雨虹 佐藤麻績
川千鳥雪のしぐれを梭のごとし 矢島渚男 天衣
川向ふ今しも木の葉時雨かな 高澤良一 鳩信
川幅にしぐれの重さ来そめたり 松村蒼石 雪
川添の飴屋油屋時雨けり 鏡花
川添や酒屋とうふ屋時雨れつゝ 泉鏡花
川砂を敷きて時雨の通る庭 高澤良一 宿好
川舟を揚げし長さのしぐれたり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
川越しの銭にも成らぬ時雨哉 横井也有 蘿葉集
川音の時雨れて今もランプなり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
帆を下す舸夫に妻出て時雨るるよ 五十嵐播水 埠頭
帆柱に月持ちながら時雨かな 時雨 正岡子規
師へつとの時雨に買ひぬ磯ざかな 及川貞 榧の實
帰りきて日本の時雨肺潤らす 長峰二三
帰り来し吾子に灯を向け時雨をり 加藤楸邨
常の雨を誰が聞き分けて夕しぐれ 伊丹-宗旦 元禄百人一句
常盤津会はねし銀座のしぐれけり 田原幹一郎
常磐木は時雨宿りに適ふもの 物種鴻兩
幕下りてわく拍手さへ夕時雨 大場白水郎 散木集
幣一つ刺されて墳のしぐれけり 上野さち子
干柿の二筋三筋しくれけり 時雨 正岡子規
干柿の錆びつくしたる軒時雨 米沢吾亦紅 童顔
干籾にしぐれ日和となりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
干網に入日染みつつしぐれつつ 来山
干茸に時雨れぬ日とてなかりけり 松本たかし
平成期の時雨はきらきら光らねば 藤後 左右
年よりにしぐれ一と粒比叡山 魚目
年月のつもるにまかすしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
幼稚園しぐれていまだ退けぬかな 道芝 久保田万太郎
幾人(いくたり)かしぐれかけぬく勢田の橋 内藤丈草(1662-1704)
幾人かしぐれかけぬく瀬田の橋 丈草
幾人か時雨駈けぬく勢田の橋 丈草
幾山河こえさりゆかば時雨かな 星野昌彦
幾度の時雨のあとの夕時雨 波多野爽波 鋪道の花
幾時雨横川へ我ら行かしめず 成瀬正とし 星月夜
幾時雨石山の石に苔もなし 時雨 正岡子規
幾重にもネオンの滲む時雨かな 上月ひろし
広沢やひとりしぐるる沼太郎 中村史邦 (未詳)
広沢やひとり時雨るる沼太郎 史邦
広沢やひとり時雨るゝ沼太良 史邦
庫裡の簷しぬぐ山茶花しぐれけり 加藤風信子
庫裡までは濡るるに任す杉しぐれ 北野民夫
庭石の仏顔鬼顔しぐれけり ほんだゆき
庭雀時雨ただしき三ケ日 松村蒼石 雁
庵主の反古しらべ居る時雨かな 比叡 野村泊月
廓街の時雨を裸馬に乗り過ぎつ 宮武寒々 朱卓
廻廊に燈籠の星や小夜しくれ 時雨 正岡子規
弁当忘れても時雨傘忘れるな 坊城 中子
張り出せし枝は鳩の座時雨くる 菊井稔子
形なさぬ鎧ぞ飾り時雨宿 石川桂郎 四温
往路より復路ものものしき時雨 宇多喜代子 象
待ちうけて涙見あはす時雨かな かや 俳諧撰集玉藻集
後の月蕎麦に時雨の間もあらね 松岡青蘿
御油・赤坂時雨に追はれ通りけり 中村純子 『花守』
御築地に見こす山辺やいく時雨 炭 太祇 太祇句選後篇
御造営の白木を濡らす時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
御遷宮一月こえてしくれ哉 時雨 正岡子規
心弱くなりゐる母を泣かしめて夜の時雨か落葉を踏むは 北沢郁子
思ひ出し思い出し降るしぐれかな 京-烏水 選集古今句集
思ひ捨つ一片に京のしぐれかな 中村汀女
急く旅の熱田はしぐれ津はいかに 筑紫磐井 未定稿Σ
恋もなき時雨の貯炭むらさきに 小林康治 玄霜
恋沢の竹一管の青しぐれ 落合水尾
恠談の蝋燭青し小夜しくれ 時雨 正岡子規
息づきの仏とわれと堂しぐれ 皆吉爽雨 泉声
愛古りて時雨の彩もなかりけり 小林康治 玄霜
戀ともなしくれそめたる袂哉 時雨 正岡子規
我が袖の蔦や浮世の叢しぐれ 遊女-薄雲 俳諧撰集玉藻集
我もいつか斯くはしぐるる墓とならん 猿橋統流子
我佇てば我佇つところ時雨ゐし 田中暖流
我袖の蔦や浮世のむら時雨 遊女薄雲
或る日よりかなかなしぐれ明け昏れに 杉山やす子 『梅東風』
手から手へあやとりの川しぐれつつ 澁谷道
手入すみし松のあかるきしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
手拭の妙法講をしくれけり 時雨 正岡子規
手鏡のむらさき濃ゆく時雨けり 富沢赤黄男
托鉢の出会ひがしらや能登時雨 市堀玉宗
折からの時雨きく眼をわれに向け 林原耒井 蜩
折りもてるものをかざして時雨れけり 風生
押かけの客と名乗るや夕しぐれ 水田正秀
捨てし世も四とせ過ぎぬる時雨かな 松根東洋城
捨文の時雨に濡れて着きにけり 尾崎紅葉
捨聖足より濡るる時雨かな 雨宮きぬよ
掃きよせて時雨の音を聴く落葉 井上井月
掃溜に青菜の屑をしぐれけり 時雨 正岡子規
掛け替ふる大絵馬打てり那智しぐれ 坂口 麗峰
掛稲の表を走る時雨かな 比叡 野村泊月
掛稻にしくるゝ山の小村かな 時雨 正岡子規
掛軸の宗旦狐しぐれ呼ぶ 広岡仁 『休診医』
掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ 伊東宏晃
提灯の見えつかくれつしぐれけり 時雨 正岡子規
揚繰(あぐり)網ひく河時雨通りけり 石原八束 『藍微塵』
携へて時雨傘ともならざりし 真下喜太郎
撥ねつるべ笠間窯元しぐれけり 土岐久英
放生池を時雨がたたく師は亡しや 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
敗荷にひかり散華の旅しぐれ 野澤節子 黄 炎
散るや実(げに)花の時雨の山西瓜 調鶴 選集「板東太郎」
数珠売女ねぢれ柱にしぐれ待 西本一都 景色
文も見ぬ時雨降る夜ぞ定なき 上島鬼貫
文鳥死す五坪の庭に時雨来て 宮坂静生 青胡桃
新しき紙子にかかるしぐれかな 許六
新宿に荷馬ならぶや夕時雨 時雨 正岡子規
新田に稗殻煙るしぐれ哉 昌房
新藁の出そめて早き時雨かな 芭蕉
旅いつも終幕のあり時雨虹 山田弘子 こぶし坂
旅に逢ふ人も時雨もなつかしく 藤松遊子
旅の旅つひに宗祇の時雨かな 山口素堂
旅二た夜一と夜時雨れてたのしくて 高橋淡路女
旅二た夜一ト夜時雨てたのしくて 高橋淡路女
旅人の牛にのつたる時雨哉 時雨 正岡子規
旅人や橋にしぐるゝ馬の上 時雨 正岡子規
旅僧の牛に乘つたる時雨哉 時雨 正岡子規
旅恋の鎮西の空時雨るゝや 小林康治 玄霜
旅衣不破の時雨にぬらしけり 時雨 正岡子規
旅衣時雨るゝがまゝ干るがまゝ 竹下しづの女 [はやて]
既に来る足音よそへさよ時雨 宋阿
日ありつゝ時雨るゝ京の慣ひかな 高濱年尾
日ぐれのトタン屋根がしぐれてきた 橋本夢道 無禮なる妻抄
日の入るを待つと唄へばしぐれけり 猿橋統流子 『丹波太郎』
日の烏ぬれにぞぬれしゆふ時雨 惟中
日の脚に追はるる雲やはつしぐれ 千代尼
日本と砂へ書きたる時雨哉 一茶
日枝までものぼれ時雨の走り舟 李由
早や三度時雨にあひぬ町暮るゝ 高木晴子 晴居
早打の先へはれ行しぐれ哉 子曳
早舞の鼓はつしとしぐれけり 唐橋秀子
昃れば時雨れて居りし高雄かな 高濱年尾 年尾句集
明日越ゆる山うかがへば時雨星 福田蓼汀
昔、男、しぐれ聞き聞き老いにけり 久保田万太郎 流寓抄
昔おもふしぐれ降る夜の鍋の音 鬼貫
昔東海道鈴鹿坂下時雨かな 松根東洋城
星月夜空にはくれし時雨哉 孤舟
星見えて椎に音ある時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
星見れば星にはかなき時雨あと 上村占魚 鮎
昨日しぐれ今日又しぐれ行く木曾路 漱石
昴星涙のごとくしぐれけり 大峯あきら
昼ふかきネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作 海の旅
昼深きネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作
昼深く待つ足音に時雨降る 野見山ひふみ
昼顔や襦袢をしぼる汗時雨 昼顔 正岡子規
時ならぬこれは時雨ぞ一乗寺 高澤良一 燕音
時鐘鳴るヴェニスの時雨橋幾つ 石原八束 『風信帖』
時鐘鳴るヴエニスの時雨橋幾つ 石原八束 風信帖
時雨かな耳なし法師の琵琶思う 伊達甲女




時雨きく大和すわりの御ん仏 瀧 積子
時雨きてたましひを吊る峠の木 柿本多映
時雨きてどんぐり銀行閉店す 岡 汀子
時雨きてまた水溜まる塔心礎 角光雄
時雨きて浮燈台のよみがへる 澤村昭代
時雨きて火の匂ひ濃きのぼり窯 柴田白葉女 花寂び 以後
時雨きて無量光院跡とのみ 冨田みのる
時雨きて若狭の佛うすみどり 山本洋子
時雨きて音かはりたる落葉踏む 前山松花
時雨きや並びかねたるぶね 千那
時雨くとみれば瀬頭もみあへる 川島彷徨子 榛の木
時雨くる亡き人のことばとも思ふ 石田郷子
時雨くる小布施の径の濡れ仏 近藤良一
時雨くる老婆のほほに一と滴 高橋総子
時雨くる転害門の甍より 山本洋子
時雨けり衣手の森洗濯屋 調泉 選集「板東太郎」
時雨して鴨居明るき灯をともす 右城暮石
時雨せよ茶壷の口を今切ぞ 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
時雨せり山の横顔重なりて 茨木和生 木の國
時雨たか今朝は緑の麦門冬 随古
時雨たるあとの日ざしの移りゐし 後藤夜半
時雨つつ濁りのあらず渓の川 永野永久
時雨つつ竹真青なり四畳小屋 藤田湘子 雲の流域
時雨つつ野路に明るさありにけり 佐藤朴水
時雨つゝ大原女言葉交しゆく 高浜虚子
時雨つゝ朝となりたる灯かな 高木晴子 花 季
時雨ては石ころ積んで慰霊祭 萩原麦草 麦嵐
時雨ても雫短し天王寺 上島鬼貫
時雨てや花まで残る槍笠 園女 俳諧撰集玉藻集
時雨てや花まで残る檜笠 斯波園女
時雨とはすぐに泣き止む女の子 吉野精
時雨ともなき一刷きを海の上 綾部仁喜 樸簡
時雨とも云つては居れず本降りよ 高木晴子 花 季
時雨にぞ一本させた峰の松 立允 選集「板東太郎」
時雨にはあらず枯葉の走り音 西岡一郎
時雨にもあはず三度の酉の市 時雨 正岡子規
時雨にもいと騒々し男松 立独 選集「板東太郎」
時雨にも会はまく訪ひて来しことを 浅井青陽子
時雨に濡れ藁埃身につきやすし 大熊輝一 土の香
時雨の洋傘絞る櫓滴もかくあらん 栗生純夫 科野路
時雨の湖に沿いて番傘さしゆく子 古沢太穂 古沢太穂句集
時雨はれ星の光れる夜明かな 吉良比呂武
時雨ひとしきり人形つつむ玻璃 中田剛 珠樹以後
時雨ふり黒木になるは何々ぞ 才麿
時雨ふる盤城ぞ琵琶の弾きがたり 鬼房
時雨ふる磐城ぞ琵琶の弾き語り 佐藤鬼房
時雨ほど声ふりかゝるひばり哉 松岡青蘿
時雨また落人めきて岨下る 西村公鳳
時雨やむつれだち出づる軒やどり 大橋櫻坡子 雨月
時雨より外の誠や乕の雨 時雨 正岡子規
時雨るや馬に宿貸す下隣 井上井月(1822-86)
時雨るるとおもひ下げ来し傘ひらく 上村占魚 球磨
時雨るると仰ぎて旅の頬濡らす 山田弘子 螢川
時雨るると立ちて灯を消す湖畔の夜 吉年虹二
時雨るると罅をこまかに花文鏡 野見山ひふみ
時雨るるにまかせ干しあるずゐきかな 橋本鶏二 年輪
時雨るるやO番線というホーム 小島橘香
時雨るるやしぐれて父は傘たたむ 高澤晶子
時雨るるやすぐ洗い終う夕餉のもの 古沢太穂 古沢太穂句集
時雨るるやみみず通りにみすゞの詩 只松真清
時雨るるやめざまし雀京に啼き 石川桂郎 高蘆
時雨るるや住めば都の街並に 岩田由美
時雨るるや光太郎居の煤薬缶 遠藤アサ子
時雨るるや冥府にかかる橋もまた 甲斐由起子
時雨るるや又きこしめす般若湯 川端茅舎(1897-1941)
時雨るるや古き軒端の唐辛子 炉柴 俳諧撰集「藤の実」
時雨るるや吉野の葛を煮てをりぬ 高橋京子
時雨るるや和紙で束ねし巫女の髪 戸恒東人
時雨るるや土鍋の蓋の置きどころ 岩田由美
時雨るるや夫の尿瓶を抱へ出づ 伊藤澄子
時雨るるや家風呂に入るも十月振 臼田亞浪 定本亜浪句集
時雨るるや平たき石にまるき石 石嶌岳
時雨るるや幾曲りして笹の門 石川桂郎 含羞
時雨るるや座右去来抄歎異抄 深見けん二 日月
時雨るるや庭師梯子を下りてこず 田中絹子
時雨るるや息もてくもる若狭塗 古舘曹人 砂の音
時雨るるや手あげて埴輪夫を恋ふ 野見山朱鳥
時雨るるや指先で持つ油罎 北野民夫
時雨るるや母の死知らで母恋ひゐし 白井米子 『青浄土』
時雨るるや水をゆたかに井戸ポンプ 中村汀女
時雨るるや浚渫船の鑵火見ゆ 五十嵐播水 埠頭
時雨るるや浪はしりきて砂に消え 内藤吐天 鳴海抄
時雨るるや点さぬ室の壁明り 原田種茅 径
時雨るるや煙出しの黒誘ひ出し 櫛原希伊子
時雨るるや犬のごとくに眠りたし 森松 清
時雨るるや犬の来てねる炭俵 芥川龍之介
時雨るるや眉引きなほす大徳寺 竹久夢二
時雨るるや空の青さをとぶ鴉 原石鼎
時雨るるや船渠は火屑こぼしつつ 五十嵐播水 埠頭
時雨るるや蓑笠つけて俳聖殿 浦野芙美
時雨るるや街燈に泛く奈良格子 宮崎幸子
時雨るるや象の字多き普賢経 有馬朗人 耳順
時雨るるや軒にもさがる鼠の尾 巴人
時雨るるや農機具光るまで磨く 宮井保彦
時雨るるや辻占入りのおせんべい 成瀬正とし 星月夜
時雨るるや酒場灯影の反きあひ 中村汀女
時雨るるや鏡キラリとコンパクト 成瀬正とし 星月夜
時雨るるや電燈ともる車井戸 前田普羅
時雨るるや電話に母の息遣ひ 角田周子
時雨るるや音さまざまに晒し首 加藤知世子 花寂び
時雨るるや音してともる電熱器 波多野爽波 鋪道の花
時雨るるや黒木つむ屋の窓あかり 野澤凡兆
時雨るるを今日の贅とし誕生日 綾野道江
時雨るる江軍ケ浦の名を遺す 下村ひろし 西陲集
時雨るる瀧金色と見し旅一瞬 松村蒼石 雪
時雨るる碑異形字何を訴ふる 下村ひろし 西陲集
時雨るれば一さい湯気や桜餅 殿村莵絲子 雨 月
時雨るゝと四五歩戻りて仰ぎけり 高野素十
時雨るゝは淋し別れてゆくはいや 森田 愛子
時雨るゝも日ざすも立子句碑新た 高木晴子 花 季
時雨るゝや々暗き十二階 芥川龍之介
時雨るゝやいよいよまろき鷹ケ峰 山本梅史
時雨るゝやいよ~まろき鷹ケ峯 山本梅史
時雨るゝやすゞろに匂ふ杉の幹 中島月笠 月笠句集
時雨るゝやちぎれ~の大江山 西山泊雲 泊雲句集
時雨るゝやよせやき冷ゆるさざめ言 石田波郷
時雨るゝやピアノの上の孔雀の羽 原コウ子
時雨るゝや人かたことゝ軒宿り 皆吉爽雨
時雨るゝや加茂の社も野路のもの 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや又少しのむ熱さまし 長谷川かな女 雨 月
時雨るゝや古き軒端の唐辛 炉柴 古句を観る(柴田宵曲)
時雨るゝや堀江の茶屋に客一人 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
時雨るゝや境内どこか咲く椿 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや小鳥影抜け透き葎 松根東洋城
時雨るゝや尚現ッなる菊鶏頭 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや層々暗き十二階 芥川龍之介 蕩々帖〔その一〕
時雨るゝや山村稲架に豆干して 大谷句佛 我は我
時雨るゝや心の中がふと変る 上野 章子
時雨るゝや心危しやゝやゝに 林原耒井 蜩
時雨るゝや抛りくれゆく海のもの 村松紅花
時雨るゝや旅の気儘の時なしに 星野立子
時雨るゝや明日焚くべき窯を守り 高濱年尾 年尾句集
時雨るゝや暗車磨が舁く梯子 米沢吾亦紅 童顔
時雨るゝや東尋坊に虚子はあり 森田愛子
時雨るゝや松にこぞれる濱鳥 原石鼎
時雨るゝや林中絶蘆の沢 松根東洋城
時雨るゝや柳に少し葉のありぬ 細見綾子 花寂び
時雨るゝや格子のうちの炭俵 増田龍雨 龍雨句集
時雨るゝや横にならびし岨の松 時雨 正岡子規
時雨るゝや水の流るゝ竹林 前田普羅 新訂普羅句集
時雨るゝや水をゆたかに井戸ポンプ 中村汀女
時雨るゝや海と空とのあはひより 時雨 正岡子規
時雨るゝや淵瀬変らぬ黒部川 普羅
時雨るゝや灘の嵐の波かしら 時雨 正岡子規
時雨るゝや灯りそめたるアアク燈 芥川龍之介
時雨るゝや灯火にはねる家根のもり 時雨 正岡子規
時雨るゝや牛繋ぐ樹のいつもの樹 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや畑の葱の如きもの 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや筧を傳ふ山の雲 時雨 正岡子規
時雨るゝや簑買ふ人のまことより 蕪村 冬之部
時雨るゝや紅葉を持たぬ寺もなし 時雨 正岡子規
時雨るゝや緬羊おのれ野に棄てる(軽井沢) 殿村菟絲子 『牡丹』
時雨るゝや自然薯掘りの藪の中 野村喜舟 小石川
時雨るゝや船の吃水書かれゆく 米沢吾亦紅 童顔
時雨るゝや落葉の上の音立てゝ 野村喜舟 小石川
時雨るゝや蒲團の人の動きし如し 原石鼎
時雨るゝや薯蔓かゝる稲架の端 西山泊雲 泊雲句集
時雨るゝや蘭のぬるゝをまのあたり 尾崎迷堂 孤輪
時雨るゝや軒に日残る干し大根 芥川龍之介
時雨るゝや都唯中古武蔵 松根東洋城
時雨るゝや雲衲かざす網代笠 森永杉洞
時雨るゝや頭上の松に濱烏 原石鼎
時雨るゝや馬車走りつゝ灯ともせし 大橋櫻坡子 雨月
時雨るゝや鹿つぎ~に起上り 岡田耿陽
時雨るゝや黒木つむ屋の窓あかり 野沢凡兆(?-1714)
時雨るゝを狐日和と里人は 古屋敷香葎
時雨るゝ日甘藷切干の恋甘し 萩原麦草 麦嵐
時雨るゝ灯魚画きて妻を遠くしぬ 小林康治 玄霜
時雨るゝ魚の中にてもえびは藻につく 中塚一碧樓
時雨れたるあとの日ざしの移りゐし 後藤夜半 底紅
時雨れてもしぐれても枇杷の花同じ 河合未光
時雨れても時雨れても旅果てざるは 稲畑汀子 汀子第二句集
時雨れて燦と八百年の筆力 加藤知世子 花寂び
時雨れねば松はひまなり小六月 支考
時雨れんとす椎の葉暗く朝焼けて 芥川龍之介 似無愁抄
時雨れ来のかへりみすれば独かな 松根東洋城
時雨をやもどかしがりて松の雪 松尾芭蕉
時雨をり東照宮坂かく古りて 松村蒼石 雁
時雨亭からかさ亭としぐれけり 青木重行
時雨会の烏詣う来ぬ見候へ 尾崎紅葉
時雨傘さしかけられしだけの縁 久保田万太郎 流寓抄以後
時雨傘さすと見えくる影の軍 徳弘純 麦のほとり 以後
時雨傘たたみてぬくき冠木門 高井北杜
時雨傘ちゞれし紅葉つけしまゝ 長谷川かな女
時雨傘もとより用意嵯峨歩き 鈴鹿野風呂
時雨傘差せしからには人憶ふ 比奈夫
時雨傘帰る車中に乾きけり 草地勉
時雨傘星を抱けるところあり 高濱年尾 年尾句集
時雨傘通天橋にとゞけらる 銀漢 吉岡禅寺洞
時雨僧高き位でありにけり 田中裕明 先生から手紙
時雨光る砂地松葉と牡蠣殼と 細見綾子
時雨光生きて湧きつぐ藍の華 加藤知世子
時雨冷覚え高原いゆく旅 松尾緑富
時雨北より海峡を北より越ゆ 伊藤敬子
時雨去り寂光苔をにほはしむ 山口草堂
時雨去る冬の大円鏡智かな 平井照敏 天上大風
時雨奈良まち耳*とうのおもき観世音 つじ加代子
時雨宿娘にかます猿轡 筑紫磐井 婆伽梵
時雨尚ほ栖めば色を保つ花 安斎櫻[カイ]子
時雨待つ心のありて京も果 梅田実三郎
時雨急心おぼえを書き留む 高木晴子 花 季
時雨払つて耀く星や枯柳 西山泊雲 泊雲句集
時雨星またゝく嶺の雪明り 西島麦南 人音
時雨星音はら~と藪にあり 西山泊雲 泊雲句集
時雨月をり~除夜の鐘照らす 高濱年尾 年尾句集
時雨木枯のあれあれて生れ出しもの 高浜虚子
時雨来て山の湯宿の早や灯る 新井セツ
時雨来て掌中の歩の打ちどころ 石田倭文子
時雨来て海波に針の穴穿つ 田川飛旅子 花文字
時雨来て生洲の*えいの泳ぎ居る 高木晴子 晴居
時雨来て石仏の顔皆静塔 八木三日女
時雨来て迷ふこころの雨宿り 佐野十三男
時雨来て駅にさざめく土地訛 大沼雅敬
時雨来と屏風の歌仙隠りけり 青畝
時雨来ぬわが松林は濡れずして 山口波津女 良人
時雨来ぬ間を大井川渡りきる 萩原麦草 麦嵐
時雨来む風に稲屑火どんと燃ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
時雨来やわらびかたむく岨の石 飯田蛇笏 山廬集
時雨来る不風死岳の名をよしと 矢島渚男 延年
時雨来る古墳の里は母の里 奥仲季草
時雨来る空や八百屋の御取越 ぶん村 十 月 月別句集「韻塞」
時雨来る習ひ太鼓を打つ子らに 新井太四郎
時雨来る阿修羅の眉目くもらせて 橋本榮治 麦生
時雨止み鋪道生々と書店出づ 細見綾子 花寂び
時雨照りはゝきの草の紅ふかき 金尾梅の門 古志の歌
時雨空はぐれしものを濡らしけり 手塚 美佐
時雨空よりも暗かり佐渡の海 堤靭彦
時雨空光りくる朝の松葉踏む 金尾梅の門 古志の歌
時雨空木の間ゆく身を思ひ見じ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
時雨聞き凩を聞き磨崖仏 大橋敦子 手 鞠
時雨聞く二条の城の切符売り 鈴木鷹夫 風の祭
時雨聞て腸さぐる寐覚かな 松岡青蘿
時雨聴くごとくに半跏し給へる 大井戸辿
時雨聴く四角な布を仮だたみ 沼尻巳津子
時雨華やぐ釈尊の肋骨 加古宗也
時雨虹かけし浅間嶺夕映える 安藤衛門
時雨虹かたみに懸り檜原越ゆ 下村槐太 天涯
時雨虹とは晴れてゆく空のあり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨虹天上遠きものならず 山田 弘子
時雨虹懸り伊予富士やさしかり 横山容子
時雨虹消えて消えざるものを抱く 稲岡長
時雨虹消えて舟音残りけり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨虹湖に残して比叡晴るゝ 石井とし夫
時雨虹色うらがへるとき二重 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨行日をおもかげの翁かな 白雄
時雨見て時雨宿りの二月堂 皿井旭川
時雨過て又浮漂見ゆ星明り 石島雉子郎
時雨降り黒木になるは何々ぞ 椎本才麿
時雨降る美し国なり踏みて行く 小林康治 四季貧窮
時雨雲しぐれず過ぎし山の径 塙告冬
時雨雲しづかに山を離れけり 日野草城
時雨雲ちぎれ北澄み夕日さす 岡田日郎
時雨雲にも漂泊のこころあり 山田弘子 懐
時雨雲ひろがつてゆく杉磨 西村博子
時雨雲佐渡の山根は波に這ふ 原田種茅 径
時雨雲冷えしたたかに落しゆく 山田みづえ
時雨雲刻追うて刻はるかかな 大村昌徳
時雨雲割れて日矢差す浮御堂 斎藤朗笛
時雨雲支へきれざる時こぼす 稲畑汀子
時雨雲鴎を波におろしけり 堀口星眠 青葉木菟
時雨霽れ香椎の宮で見る帆かな 飯田蛇笏
時雨馳せうこんの花のさかりなる 大野林火
時雨鳥いざなひ連れて日の方へ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
時雨鳥しばし垣穂に沿へりけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
時雨鳩わが肩に来て頬に触れ 川端茅舎
時雨鵜よ握れば温きひとの手よ 奈良文夫
晝中のあからあからとしくれけり 時雨 正岡子規
晝深きネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作
晝鳶の大路を走る時雨かな 内田百間
晩年や鴟尾のしぐるる夕明り 倉橋弘躬
晴れ行くや波に離るる横時雨 風虎
智照尼の庵は近し時雨冷 阿部みどり女
暗闇に眼ならす時雨わたるなり 宮坂静生 山開
暮て行時雨霜月師走哉 井原西鶴
暮れてつく荷物列車に時雨れけり 内田百間
曙をしくれて居るや安房の山 時雨 正岡子規
曼陀羅に昼明暗の時雨雲 加藤知世子 花寂び
曼陀羅の地獄極楽しぐれたり 細見綾子(1907-97)
最明寺時頼よりの時雨ふる 萩原麦草 麦嵐
月しぐれ島の恋唄夜もすがら 山田 弘子
月のあたり雲繚乱と時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
月は花はけふはしぐれの翁哉 加舎白雄
月一つ忘れて湖のしくれ哉 時雨 正岡子規
月代や時雨のあとのむしの声 内藤丈草
月出るやしぐるゝ雲の裏手より 時雨 正岡子規
月夜しぐれ銀婚の銀降るように 佐藤鬼房
月時雨なりし余呉湖の昨夜のこと 千原叡子
月花の愚をしぐれけり二百年 正岡子規
月見えてうそや誠のしくれ哉 時雨 正岡子規
有明に成りてたびたび時雨かな 許六 俳諧撰集「藤の実」
有明の又しくれけり一くらみ 時雨 正岡子規
有明を小窓ひとつに時雨けり 時雨 正岡子規
有様は寒いばかりぞはつ時雨 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
望郷台子も立つや多摩しぐれつつ 古賀まり子
朝しぐれ月を残してゐたりけり 関口恭代
朝の間の少し時雨れしことを僧 星野立子
朝はしぐれ夕べ霰の竹瓮かな 草間時彦 櫻山
朝市とはやさしきものよ能登時雨 安東次男 裏山
朝時雨する癖ついて二三日 池内たけし
朝時雨千代川に佇ちをれば 橋本允子
朝時雨鶲を庭にのこし去る 加藤楸邨
朝網や蟹もまじりて魚しぐれ 海岸 中勘助
木がくれに五位鷺の啼く時雨かな 大場白水郎 散木集
木がらしの地にも落さぬ時雨かな 去来
木の下の墓は濡らさず時雨去る 大串章
木の実しぐれ百体仏の前うしろ 村井智舟
木の浜やしぐれにかゆる小越舟 水田正秀
木の葉しぐるるあふるるよ湯殿山 黒田杏子 花下草上
木の葉しぐれ杖一触にはじまりぬ 太田青舟
木の葉時雨か北斎の絵天井 長田道哉
木の葉時雨人やり過ごすその時に 高澤良一 石鏡
木の葉時雨今しもグッドタイミング 高澤良一 石鏡
木の葉時雨磧の岩に川中に 高澤良一 石鏡
木の葉時雨股旅姿の吾を想ひ 高澤良一 石鏡
木の間ふりいでし時雨のみゆるかな 久保田万太郎 草の丈
木を叩く音のしぐるる誕生寺 立間悠久男
木兎は淋しき晝のしくれ哉 時雨 正岡子規
木曾川の時雨が濡らす武者走り 町田しげき
木菟のたわいなく寝る時雨哉 一茶
札配しぐれまとひて入り来ぬ きくちつねこ
朱唇仏湖北しぐれてゐたりけり 福島勲
朱鷺死にて時雨にけぶる小佐渡山 関根チヨ
朴の葉の高く残りて時雨れけり たかし
朴葉味噌焦がす火の香にしぐれをり 田守としを
杉たつる門に蚊の鳴しぐれ哉 高井几董
杉なりの俵の山をしくれけり 時雨 正岡子規
杉に消ゆしぐれの懸巣しかと白羽 皆吉爽雨 泉声
杉の空しぐるゝ駕の見えて行 時雨 正岡子規
杉の葉もしくれて立てり繩簾 時雨 正岡子規
杉丸太磨く音よりしぐれけり 田中君子
杉伸びて北山しぐれ呼ぶ雲か 野田記子
杉木立寺を蔵して時雨けり 夏目漱石 大正元年
杉箸にとほる柾目や夕しぐれ 橋本榮治 逆旅
村しぐれ笑ひ仏に笑み返へし 田中須美子
村は小春山は時雨と野の廣さ 小春 正岡子規
村を去る人に川音しぐれけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
村上の堆朱乾鮭しぐれけり 黒田杏子 一木一草
村時雨めいわく川や数しら 水田正秀
村時雨口三味線の越後獅子 長尾きよし
束の間をしぐれて束の間の夕日 小谷明峰
束ハ中より時雨に濡れぬ薪を抜く 篠原梵 雨
杣の負ふものの雫や霧時雨 忍月
来し方を語れば簗もしぐれけり 古賀まり子 緑の野以後
来て会へりしぐれどころのしぐれにも 茨木和生 丹生
来て見れば旅籠の庭もしぐれけり 室生犀星 犀星発句集
東京に江戸のまことのしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
東山画隠大雅のしぐれ墓(京都浄光寺二句) 石原八束 『高野谿』
松か岡香の烟にしくれけり 時雨 正岡子規
松にしぐれ杉に鳶鳴く夕日哉 時雨 正岡子規
松にならへ八百屋が軒のやよ時雨 調泉 選集「板東太郎」
松に菊蕎麦屋の庭の時雨かな 渡辺水巴 白日
松よりも櫻さびしきしぐれかな 廣江八重櫻
松代の町の雁木に時雨つゝ 伊藤柏翠
松原や時雨せぬ日も冬の音 杉風
松山や時雨の脚のはこびやう エド-利合 十 月 月別句集「韻塞」
松手入しかけてありて庭しぐれ 富安風生
松籟やしぐれぐもりの甃 石田波郷
松風に筧の音もしくれけり 時雨 正岡子規
松風のこゑ地におちて荒しぐれ 石原八束 空の渚
松風のぬけて行きたるしぐれかな 千代尼
松風の松しぐるるや象頭山 広瀬惟然
松風の里は籾するしぐれ哉 服部嵐雪
松風やしぐるるいろに種の浜(敦賀) 岸田稚魚 『花盗人』
板壁や馬の寝かぬる小夜しぐれ 中村史邦
板壁や馬の寝兼ぬる小夜しぐれ 史邦 芭蕉庵小文庫
枝々の切りくちしろきしぐれかな 久保田万太郎 草の丈
枯れながら菊咲きつゞく時雨かな 白水郎句集 大場白水郎
枯れ蓮も眺められたり時雨の日 井上井月
枯木から絞り出したる時雨哉 斗文
枯枝に鳶と烏の時雨哉 時雨 正岡子規
枯草の穂を揃へたる時雨かな 萩原麦草 麦嵐
枯葎嵩の減りゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
枯蓮のいかに枯れよとしぐるらん 時雨 正岡子規
枯蓮や水にきらめく時雨星 西山泊雲 泊雲句集
枯蘆や起て戦ふ一しぐれ 淡々 (探題修羅道)
架け稲のむかふの山のしぐれをり 橋本鶏二 年輪
染付の鷺の薄るゝ夕時雨 相生垣瓜人 微茫集
染返す時雨時雨のもみぢ哉 時雨 正岡子規
柚子照りて牛の鼻よりしぐれけり 楸邨
柚落ちて明るき土や夕時雨 芥川龍之介 似無愁抄
柩のほかは時雨くらがりして来たる 山田みづえ 木語
柩負ふしぐれの虹のうすあかり 松山足羽
柳にも雫みじかしはつしぐれ 千代尼
柳川は芽柳に又時雨来る 高濱年尾 年尾句集
柴の戸やしぐれた跡の雲の減 内藤丈草
柴はぬれて牛はさながら時雨哉 榎本其角
柴売の柴にことかくしぐれかな 水田正秀
柴漬のあたりしぐれてゐたるかな 岡田詩音
柵のなか突立つて牛しぐれけり 大木あまり 雲の塔
柿ちぎる顔をすぎゆく時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
柿の冷え掌にうけて山しぐるるか 鷲谷七菜子 花寂び
栂の尾のしぐれ槙の尾しぐれざる 池内たけし
栂の尾の橋の時雨をなつかしみ 比叡 野村泊月
栂尾や時雨れて急ぐ若狭人 大谷句佛 我は我
桜橋菊橋と来て時雨かな 新田祐久
桶の蓋とればしくるゝ豆腐哉 時雨 正岡子規
梅が枝にしぐれかかりて莖漬ける 室生犀星
梅の樹の容すはつしぐれ 高井几董
梅咲り松は時雨に茶を立ル比 杉風
梅干と皺くらべせんはつ時雨 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
梅擬つらつら晴るゝ時雨かな 川端茅舎
梅明き空に時雨るゝ星見たり 林原耒井 蜩
棕櫚剥ぐやまた流れきて時雨雲 中谷朔風
椅子散らばる芝生のしぐれ見てをりし 上野さち子
椋鳥の今も糞場のむらしぐれ(草庵) 廣江八重櫻
椎の実のこつんと打ちししぐれ塚 野澤節子
楠の根をしづかにぬらす時雨かな 蕪村
楠の根を静かにぬらす時雨かな 蕪村
楠の根を静にぬらす時雨哉 蕪村 冬之部
楢山にしぐれの虹は欠けて立つ 小林侠子
楢山時雨藪鳥なほも静まらで 臼田亞浪 定本亜浪句集
業の鳥罠を巡るや村時雨 小林一茶
楯つきて侍つやむかふも時雨雲 水田正秀
楽焼の火にあたたまる時雨かな 五十嵐播水 播水句集
榊葉の時雨るゝところ女住む 長谷川かな女 雨 月
榎時雨して淺間の煙余所に立つ 蕪村遺稿 冬
榾くべて法師もてなすしくれ哉 時雨 正岡子規
槇の葉の日ざし追ひゆく時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
横しぐれ芒は馬をきらひけり 高橋龍

以上
by 575fudemakase | 2016-11-13 18:54 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26375205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング