時雨 3

時雨 3

横川かのあたり時雨の糸ごしに 成瀬正とし 星月夜
横臥しの片耳を過ぐ夜のしぐれ 丸山海道
樫の木に時雨鳴くなり谷の坊 時雨 正岡子規
樫の木に時雨鳴るなり谷の坊 時雨 正岡子規
橋は夕日竹屋の渡ししぐれけり 時雨 正岡子規
橋立の片波高きしぐれかな 西山泊雲 泊雲句集
橋立をたてに雲ゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
機くるひ縞に出て軒時雨れけり 内田百間
橡の実は厚朴におくれてはつしぐれ 飯田蛇笏
檜葉垣や時雨るる石の荒御魂 古舘曹人 樹下石上
檜隈に色どめしたるしぐれかな 安東次男 昨
欅山ながら時雨の庭ながら 京極杞陽 くくたち下巻
歌詠んで又泣きたまふ時雨哉 時雨 正岡子規
正倉院木の実時雨のただ中に 河合佳代子
此の猿はやしろ久しき時雨かな 斯波園女
此頃はどこの時雨に泣いて居る 正岡子規
武藏野や夕日の筑波しくれ不二 時雨 正岡子規
歸り花それも浮世のしくれ哉 時雨 正岡子規
残菊に北山しぐれほしいまゝ 山本い花
残菊のなほはなやかにしぐれけり 日野草城
母の嘆きのとほざかるしぐれ虹 黒田杏子 花下草上
母葬る土美しや時雨降る 橋本多佳子
比叡あたご雲の根透けり村時雨 言水
比叡おろししぐれの度や寝床替 内藤丈草
比叡までものぼれ時雨のはしり舟 李由 俳諧撰集「有磯海」
比枝の雲夜はしぐるゝともし哉 時雨 正岡子規
比枝一つ京と近江のしくれ哉 時雨 正岡子規
毘沙門の杉が時雨をよびにけり 角光雄
水ぎはもなくて古江のしぐれ哉 蕪村遺稿 冬
水にまだあをぞらのこるしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
水の上風追うてゐる時雨かな 吉武月二郎句集
水神に笹生の時雨小降りがち 飯田蛇笏 椿花集
水迅き疎水へ紅葉しぐれかな 槙尾登代子
水面に時雨し跡のなまなまし 右城暮石 上下
水鳥のかたまりかぬる時雨かな 良長 古句を観る(柴田宵曲)
水鳥の背の高う成るしぐれかな 千代尼
水鶏去而入野北方時雨鳧 日夏耿之介 婆羅門誹諧
氷屋の氷にしぐれゐたりけり 田中裕明 山信
池の星またはらはらと時雨かな 立花北枝 (?-1718)
池の星またはら~としぐれかな 北枝
池の星又はらはらと時雨かな 立花北枝
池の鴨森の鴉や夕時雨 寺田寅彦
池隈の鴛鴦の彩濃に時雨かな 松根東洋城
池隈の鴛鴦の彩艶に時雨かな 東洋城千句
汽車此夜不二足柄としぐれけり 時雨 正岡子規
沈みゆく夜の底へ底へ時雨落つ 山頭火
沖を航く船に陽のさす時雨かな 中村美代子
沖夕焼けて鴎鳴き合ふ時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
沖晴れて時雨るる此処が三国町 深見けん二
沖波は時雨れて暗し屋根の上 有働亨 汐路
沖見ゆる障子の穴もしぐれけり 梅室
沢音の時雨とまがふ木曾山中 片山由美子 天弓
河原鶸しぐれの道となりにけり 尾林朝太
沸く音の時雨を風炉の名残かな 鳳朗
油断せぬかほや時雨るる琵琶法師 立花北枝
沼の香をしぐれゆく彼方坂あがり 安斎櫻[カイ]子
沼波の光りを消さず時雨来し 石井とし夫
法堂の一角灯るしぐれ哉 中川宋淵 詩龕
波はしりしぐれくもりに七つ島 猿橋統流子 『丹波太郎』
波音かしぐれか旅寝うつゝなる 内田准思
泥地獄時雨を得つつ沸沸と 中村汀女
泪しぐるゝや色にいでにけり我戀は 時雨 正岡子規
洞あればかくれ鬼の木しぐれけり 岩城久治
流れたる雲や時雨るる長等山 カガ-北枝 十 月 月別句集「韻塞」
流人船実に時雨て見送りぬ 加舎白雄
流燈はさんだらぼつちささしぐれ 文挟夫佐恵 遠い橋
浄林の釜にむかしを時雨けり 時雨 正岡子規
浅草に七味を買へば時雨れけり 江口千樹
浅草の時雨打つなりどぜう汁 松山足羽
浜芦屋晴れ山芦屋時雨つゝ 北垣宵一
浦しぐれ灯台母のごと灯る 吉田杉子
浪人となりてひもじき時雨かな 小酒井不木 不木句集
浪人を一夜にふるす時雨哉 時雨 正岡子規
海と山しくるゝ音や前うしろ 時雨 正岡子規
海に去る時雨や追へぬものばかり 西川 織子
海に沖あり霧時雨して見えざれど 高柳重信
海に遠く/海に/向く坂/風しぐれ 林 桂
海に降る時雨や人を隔てつゝ 小佐田哲男
海は照り松は時雨の枝張りて 岩田昌寿 地の塩
海光をはるかに置きて時雨れけり 須藤常央
海原の如く照らしぬ時雨月 波多野爽波 鋪道の花
海山のしぐれつきあふ菴の上 内藤丈草
海棠の花は咲ずや夕しぐれ 蕪村遺稿 冬
海津余呉木之本尾上しぐれけり 草間時彦 櫻山
海溝をたしかに越えししぐれ雁 吉田紫乃
海苔襖重ねて奥行しぐれ軒 平井さち子 完流
海蒼くしぐれ敗戦兵還る 石原舟月
海鼠今松葉しぐれて桶の中 松瀬青々
消ゆるまで時雨に赤き一位笠 川崎展宏
消炭のつやをふくめる時雨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
淡路より時雨もすなり月も照 松岡青蘿
深山路や落葉しぐれに逢ふも旅 柴田道人
深川は月も時雨るる夜風かな 杉風
深曇りして時雨よぶ鳰の海 柴田白葉女 『冬泉』
深谷やしきる時雨の音もなし 服部嵐雪
清滝に宿とるべくとしぐれ居り 比叡 野村泊月
渓の樹のぬれざるはなくしぐれやむ 飯田蛇笏 雪峡
渡し場にまだ謫仙のしぐれかな 加藤郁乎 佳気颪
渦染めて鯉のきほへばしぐれけり 金尾梅の門 古志の歌
温泉煙のまた濃くなりし時雨かな 土屋仙之
湖に月をおとすやむらしくれ 時雨 正岡子規
湖のしぐれてきたる祝箸 福島 勲
湖の方雲夕づくとしぐれけり 角川源義 『神々の宴』
湖の色かはり~て時雨雲 高濱年尾 年尾句集
湖の隈藍少しある時雨かな 内藤吐天
湖へむく湖北観音しぐれつつ 川原 博美
湖や底にしくるゝ星の數 時雨 正岡子規
湖西線また*えりが見えしぐれけり 町田しげき
湖頭の碑欠けて無き字に時雨かな 比叡 野村泊月
湯のたぎる家のぐるりを時雨けり 時雨 正岡子規
湯のたぎる薬鑵は貧し時雨けり 阿部みどり女
湯ぶねより一とくべたのむ時雨かな 川端茅舎(1897-1941)
湯場しぐれお吉の唄のものさびず 林原耒井 蜩
湯手拭被せて古提灯も時雨れけり 林原耒井 蜩
源義桂郎しぐるる雲に乗り給ひ 山田みづえ
溝こえて小笹に辷るしぐれ鶏 松村蒼石 寒鶯抄
滂沱たる部分もありてはつしぐれ 渋谷 道
滝壺に滝写りをりしぐれ馳く 猿橋統流子
漂行の鳥影は祖父片しぐれ 佐藤鬼房 朝の日
漉切(すきぎれ)や鼻の穴もれ行く時雨 調巴 選集「板東太郎」
漕ぎ急ぐ舟とも見えず時雨れつゝ 石井とし夫
潮騒や木の葉時雨るる夜の路 臼田亞浪 定本亜浪句集
澤渡りの石ぬれそめし時雨かな 久保田万太郎 草の丈
濡にける的矢をしはくしぐれ哉 炭 太祇 太祇句選
濡れてゐる朴に月あり小夜時雨 松本たかし
濤音にしぐれのまじる行幸宿 宮武寒々 朱卓
瀬の音のいつか時雨るゝ音なりし 稲畑汀子 汀子句集
瀬の音の時雨に似たる蕪蒸 角川春樹
火ともしの火ともしかねつむら時雨 時雨 正岡子規
火の上に読む文濡れし時雨哉 尾崎紅葉
火祭を待つ間時雨の幾度か来て 鈴木真砂女 夕螢
灯かすかに沖は時雨の波の音 時雨 正岡子規
灯れば東廓の時雨傘 高野 典
灯をかへす時雨のありし庭の石 川島彷徨子 榛の木
炉話の寝込み勝ちなり一ト時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
炭斗にしぐれに濡れし炭まじる 能村登四郎
炭斗のしぐれに濡れし炭まじる 能村登四郎
烏丸は時雨れ五条の柳散る 小松崎爽青
烏鳶をかへり見て曰くしぐれんか 時雨 正岡子規
無患子のしぐれし空にみなぎる実 皆吉爽雨 泉声
無愛想な雲の端よりしぐれけり 吉野トシ子
煙草消す男に帰心小夜時雨 谷口桂子
照紅葉さきほど時雨したりとか 阿波野青畝
熊笹のさゝべり白し時雨ふる 川端茅舎
熊笹を時雨のはしる天城越え 山本 洋子
熱湯にこんにやく踊る目借時 雨宮抱星
燐寸すりて人を送れるしぐれかな 室生犀星 犀星発句集
燗ぬるくあるひはあつくしぐれかな 久保田万太郎 草の丈
燗番のしぐれてゐるや大根焚 五十嵐播水
燗酒や屋島あたりがしぐれをり 里見善三郎
燠かきのかくもへりゐて時雨宿 銀漢 吉岡禅寺洞
燭寸かつ振り子の詩なり片しぐれ 加藤郁乎
爛番のしぐれてゐるや大根焚 五十嵐播水 播水句集
爪ほどの貝むらさきに時雨けり 古舘曹人 砂の音
爪琴の下手を上手にしぐれけり 時雨 正岡子規
父の墓夕べあしたとしぐれけり 山田みづえ 木語
父の廟子の廟並ぶ時雨かな 比叡 野村泊月
父の松抱いてしぐるる日なりけり 橋石 和栲
片しぐれして林中の青水輪 冨田みのる
片しぐれ人参島より来たりけり 山尾 玉藻
片しぐれ北山杉の空せまき 高橋君枝
片しぐれ幾日つづくぞ小町寺 麦水
片紅葉しぐれけぶりに鷹ヶ峰 野沢節子
片脚は琵琶の湖中に時雨虹 田畑美穂女
片脚を湖に堅田の時雨虹 杉山恵子
牛つなぐ酒屋の門のしくれ哉 時雨 正岡子規
牛つんで渡る小船や夕しぐれ 正岡子規
牛のせて渡る小舟や夕しくれ 時雨 正岡子規
牛の尾に壁のやぶれをしくれけり 時雨 正岡子規
牛の尾もぬらす名所のしくれ哉 時雨 正岡子規
牛むれて歸る小村のしくれ哉 時雨 正岡子規
牛一つ見えてしぐるゝ尾上哉 時雨 正岡子規
牛車歸る大津のしくれ哉 時雨 正岡子規
牛鍋のふつふつ煮えて伊勢時雨 田部みどり
牛馬のくささもなくて時雨かな 浪化 俳諧撰集「有磯海」
牡丹焚く背なつつぬけにしぐれ闇 吉田未灰
牡丹焚火待つしぐれ傘かたむけて 吉田未灰
物いはば雲はしぐれん冬近し 樗良
牲の牛ひた啼いて時雨満山に 久米正雄 返り花
犀川を渡り地震くる時雨来る 西本一都 景色
犬の碑をけふより打ちて時雨来ぬ 石田あき子 見舞籠
犬一匹受付に寝て時雨寺 市川冨士子
犬張子買へばしぐるる谷中かな 角谷昌子
狐火の次第に消ぇて小夜時雨 井上井月
狐火は消えて野寺の朝しくれ 時雨 正岡子規
狛犬や碓氷の神のしぐれける 川崎展宏
猩々木緋をうち重ねしぐれけり 千代田葛彦 旅人木
猪の岩鼻はしるしくれ哉 時雨 正岡子規
猿一つ蔦にすがりてしぐれけり 正岡子規
猿酒をおもへば深山時雨けり 大串章
獄を出て時雨の中を帰りけり 角川春樹
獅子灯籠鶴灯籠としぐれけり 蓑谷皐一
玄海の沖暗みつゝ時雨来し 高濱年尾
玄関にて御傘と申時雨哉 炭 太祇 太祇句選
玉笹や不断時雨るゝ元箱根 井原西鶴
玻璃すこしよごれて時雨来りけり 深見けん二
珠洲と呼び名舟といひてそだち来し能登のうみやましぐれ降りをり 三井ゆき
球なくて電柱立てり海しぐれ 山口誓子
琵琶の音にさそひ出しけり小夜しくれ 時雨 正岡子規
瓦置く其夜めてたき時雨かな 尾崎紅葉
甌穴によびよせられて時雨ふる 横山白虹
甕群に藍の華浮く時雨山 古舘曹人 樹下石上
甘酒の釜の火色の嵯峨しぐれ 鈴木鷹夫 渚通り
生きて世に寝覚うれしき時雨かな 召波
生姜もてころす馬刺や夕しぐれ 中尾杏子
産小屋に星の穴ある時雨寒 古舘曹人 砂の音
産小屋に藁塗りこめて時雨寒 古舘曹人 砂の音
産小屋の月日を返す時雨傘 古舘曹人 砂の音
田の家の今ともしける夕時雨 臼田亞浪 定本亜浪句集
田戻りや時雨に濡れしものを抱き 橋本鶏二 年輪
由布越えて来し時雨冷え温泉に浸り 高濱年尾 年尾句集
甲山よりも小さく時雨虹 山田弘子 懐
男一人京のしぐれにあひにゆく 矢島渚男 梟
町の灯へ戻りて泊つる小夜時雨 稲畑汀子
畔塚をうかゞひゐるやしぐれけり 齋藤玄 飛雪
留学の子ありしぐるる壁に地図 皆吉爽雨
畝襟や時雨もいたく横嵐 尺草 選集「板東太郎」
畦道をうろたへ廻る時雨かな 水田正秀
畳屋のいなでぞありぬ夕しぐれ 高井几董
畸人傅をとぢかへす夜の間の時雨かな 日夏耿之介 婆羅門俳諧
疾き影は玄海灘の時雨雲 文挟夫佐恵 遠い橋
病床の淡路島よりしぐるるか 田畑美穂女
痩像に魂を入歟小夜しぐれ 松岡青蘿
発ちし子の今はフエリーか小夜時雨 山田紀子
白ベレー大和しぐれに濡れてをり 佐川広治
白味噌の椀の洛中しぐれけり 大屋達治
白朮火を傘に守りゆく時雨かな 大谷句仏
白毫の塔まぼろしに山時雨 小島千架子
白河の関のしぐれの九曜紋 西田真理子
白無垢の蚕蛾のわななくしぐれかな 千代田葛彦
白無垢の蚕蛾わななくしぐれかな 千代田葛彦
白砂の山もあるのにしくれ哉 時雨 正岡子規
白神時雨荒れて猿の横走り 星野紗一
白粥をまぶしくしぐれ通りけり 田中鬼骨
白芥子や時雨の花の咲きつらん 芭蕉「鵲尾冠」
白菊の少しあからむ時雨哉 時雨 正岡子規
白鷺と天の接点しぐれけり 野見山ひふみ
白鷺は堰を離れず夕時雨 笹井雅司
白鷺も鷺見る面もしぐれけり 古賀まり子 緑の野以後
百幹の竹のしぐれてしづくせず 檜紀代
盤渉にしぐるゝ須磨の板屋哉 時雨 正岡子規
目もとより時雨の晴るる庵主さま 川崎展宏
目を閉じるほかに何ある時雨鹿 伊丹三樹彦
目前をむかしに見する時雨哉 蕪村遺稿 冬
目覺むれは猶降つてゐるしくれ哉 時雨 正岡子規
直撃の笑ふほかなし青時雨 檜紀代
相傘に片袖づゝをしぐれかな 横井也有 蘿葉集
相寄りて陶榻ふたつ時雨けり 岸風三楼 往来
眼うとしと母こごみ寝る時雨れんか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
眼の隅に尼僧の素足しぐれ止む 横山白虹
眼を閉じるほかに何ある 時雨鹿 伊丹三樹彦
着陸の光る時雨となりゆける 稲畑汀子 汀子第三句集
瞽女の唄山椒太夫しぐれけり 西本一都 景色
石にまた戻る石仏時雨晴れ 伊藤敬子
石のしたしさよしぐれけり 荻原井泉水
石の上にやみはじめたる朝しぐれ 岡井省二
石上の霰にそそぐ時雨かな 会津八一
石山に時雨るゝ虹の短けれ 松藤夏山 夏山句集
石廊時雨るゝ夜や「科野路」を読了す 林原耒井 蜩
石段のぬるるにはやきしぐれかな 久保田万太郎
石段のぬるゝにはやきしぐれかな 久保田万太郎 草の丈
石臼の陰のしぐれてあそこ爰(ここ) 内藤丈草
石蕗咲けりけさしぐれたる痕きえず 久保田万太郎 流寓抄
石見路のしぐれやすさよ子持鮎 飴山實 少長集
砂みちのあくなくぬるゝしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
砂原の時雨吸いこんて水もなし 時雨 正岡子規
砂山にぬるゝ草ある時雨かな 増田龍雨 龍雨句集
砂山の砂ふところに墓しぐれ 細見綾子 雉子
砂川の時雨吸こんで水もなし 時雨 正岡子規
砂色の鳥啼く礁しぐれ来る 文挟夫佐恵 雨 月
研ぎたての太刀魚届く夕しぐれ 木屋四風子
碑をかこむ鉛筆の音時雨の音 加藤知世子 花 季
磯しくれ花も紅葉もなかりけり 時雨 正岡子規
礪波越すあはたゞしさよ幾時雨 前田普羅 能登蒼し
祗王寺の篝あととかうちしぐれ 田邊夕陽斜
神の名の嶺より走り霧しぐれ 山田弘子 懐
神主にいぶかしまれつ夕時雨 比叡 野村泊月
神護寺の仏も眠る峯しぐれ あるひ花野
神輿倉昼も灯す青しぐれ 高澤良一 素抱
神農の軸掛け医家の時雨月 浜田徳子
神鏡の曇りかしこき時雨かな 比叡 野村泊月
禅寺の磴に手摺や雪しぐれ 正部家一夫
禅林の廊下うれしきしぐれ哉 蕪村遺稿 冬
禪寺のつくづく古き時雨哉 時雨 正岡子規
種おろし遠峯しぐれのうつるころ 福田甲子雄
種おろし遠嶺しぐれのうつるころ 福田甲子雄
稲佐山寝墓しぐれておはすらん 桑田青虎
稲扱きのモーター競ふ月時雨 柴田白葉女 遠い橋
稲架しぐれ信濃に多き道祖神 西本一都 景色
稲架を打つてしぐれは海へ走り去る 木下夕爾
稲架襖伊賀山時雨今日は来ず 橋本鶏二 年輪
稻掛けて神南村の時雨哉 稲掛 正岡子規
積み込みし俵にぬくきしぐれかな 井上井月
積丹の背山越えくる時雨雲 井熊 茂
穴うさぎ穴掘ればまたしぐれけり 大江眞一路
穴仏異な顔したるしぐれかな 阿波野青畝
穴熊の耳にしぐるゝ夕哉 時雨 正岡子規
空と雲重なり合へば時雨けり 安田哲夫
空になき時雨の音の石にあり 井田すみ子
空に飛ぶ山や時雨の來りけり 時雨 正岡子規
空の八隅くらし時雨の来つつあり 上村占魚 『石の犬』
空ら拭きの机にひびくしぐれかな 高澤良一 ねずみのこまくら
空海の道われの道横しぐれ 黒田杏子 花下草上
空濠へかなかなしぐれ降り込めり 野澤節子
窓あけて見送つてゐる時雨かな 比叡 野村泊月
窓しぐれ鏡の林しぐれけり 阿部みどり女 笹鳴
窓の灯の佐田はまだ寝ぬ時雨かな 蕪村
窓打つや落葉しぐれの風の渦 石塚友二 方寸虚実
窓押すや藪のはざまの時雨星 西山泊雲 泊雲句集
窓推すや時雨ながらの夕月夜 時雨 正岡子規
窯ぐれの手だれ時雨れて窯泣けり 鈴木詮子
竈馬来て硯池をのぞく小夜時雨 高田蝶衣
立臼のぐるりはくらし夕時雨 樗良
立臼のぐるりは暗し夕しぐれ 樗良
竜胆に日のさして居る時雨かな 比叡 野村泊月
竜胆を摘みし野悼み時雨くる 井上哲王
竝ぶ訃やただ柿熟るゝ時雨空 横光利一
竪戸樋の中は旱の時雨かな 士丸
竹の実の嵯峨の時雨に遇ひにけり 青木重行
竹むらやややにしぐるる軒ひさし 室生犀星 魚眠洞發句集
竹売つて酒手にわびむつゆ時雨 立花北枝
竹寺の竹の時雨にあひ申す 松原地蔵尊
竹杖に想ひはせをり加賀しぐれ 大谷 茂
竹林の径ゆづり合ふしぐれ傘 鹿毛み月
竹柏林幾代神びぞしぐれつつ 下村槐太 光背
竹植うるその日を泣くや村しぐれ 素堂「鉢扣」
竹藪を出れば嵯峨なり夕時雨 時雨 正岡子規
笛吹童子時雨の夜は何をなす 鈴木六林男 王国
笠とれば六十顔の時雨かな 斯波園女
笠もなきわれを時雨るるかこは何と 芭蕉
笠もなき我を時雨るるかこは何と 松尾芭蕉
笠塚にふるは紅梅しぐれかな 西本一都 景色
笠塚に笠のいはれをしくれけり 時雨 正岡子規
笠寺や時雨濡らさぬ観世堂 磯野充伯
笠提げて塚をめぐるや村しぐれ 立花北枝
笠提て塚をめぐるや村しぐれ 北枝
笠箱や跡の川音夕しぐれ 調泉 選集「板東太郎」
笹の葉に西日のめぐる時雨かな 椎本才麿
筆あはれ時雨の雲の濃く淡く 相生垣瓜人 微茫集
箱庭の寸馬豆人をしくれけり 時雨 正岡子規
篁の嵯峨はしぐるる墓どころ 石原舟月
簷だれの坊主落ちずに霧時雨 阿波野青畝
籾すりの夜より癖づきし時雨かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
糸に只声のこぼるる時雨かな 上島鬼貫
紅をひき出かけずにいる時雨かな 田中基白
紅を引く夜汽車の窓を時雨かな 佐藤文子
紅茸は木の葉に消えず山時雨 飯田龍太
紙漉くや橙のまたしぐれをり 大峯あきら 鳥道
素通りの故郷の山河時雨れをり 山田弘子 こぶし坂
紫に上る時雨も京らしく 星野 椿
紫の時雨の空もありにけり 大峯あきら 宇宙塵
紫陽花を鳴らす鶲の時雨かな 渡辺水巴 白日
結界の身に青時雨埒もなや 角川源義
絵殿の絵脳裡を去らずしぐれけり 下村槐太 天涯
絵馬を見る人顔暗き時雨かな 阿部みどり女
絵馬堂や時雨あそびの子守唄 吉武月二郎句集
絵馬幾重いくへに青葉時雨かな 樋口桂紅
網さらす松原ばかりしぐれかな 素堂
綿の木にしぐれかけたり娵そしり 河東碧梧桐
綿玉のひそかにはぜる時雨哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
緋の夜具をかむりて聴くや坊時雨 近藤一鴻
総門の白蛙股時雨けり 高澤良一 燕音
縁に出て松を仰げば時雨かな 比叡 野村泊月
縦横に絲瓜一つをしくれけり 時雨 正岡子規
縮むかに天の橋立しぐれをり 竹中碧水史
繭の中音しづまりてしぐれなる 室生犀星 遠野集
義仲を梦見る木曾のしくれ哉 時雨 正岡子規
義仲寺へいそぎ侯はつしぐれ 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
義経の落ちし街道しぐれけり 猪俣 壽水
羽の国の稲刈しぐれ湖を渡る 西本一都 景色
羽織着て出かゝる空の時雨かな 高井几董
翁の日ロンドン塔もしぐるると 酒井 武
翁見む夢のしぐれは誠にて 松岡青蘿
翆黛の時雨いよいよはなやかに 高野素十
翠黛(すゐたい)の時雨いよいよはなやかに 高野素十(1893-1976)
翠黛の時雨いよいよはなやかに 高野素十
翠黛の時雨いよ~はなやかに 高野素十
老いぼれしくひつき犬をしぐれけり 時雨 正岡子規
老が恋わすれんとすればしぐれかな 蕪村
老幹の苔したたかに時雨吸ふ 田中水桜
耳に手やこっち次第の村時雨 濯資 選集「板東太郎」
耳奥に時雨の谷の小鳥たち 高野ムツオ 雲雀の血
耳鳴りの耳振つて聴く時雨かな 小出 恋
聖堂の森の時雨や夕鴉 寺田寅彦
聞き耳の至近にありし時雨の夜 岡田 耕治
聞香に一本の松しぐれけり 大石悦子 聞香
聞香の思ひ猿蓑時雨の碑 加藤知世子 花寂び
職辞して帰るに開くしぐれ傘 三浦晴子 『晴』
肉桂(シナモン)で掻き混ぜてゐる時雨かな 中原道夫 巴芹
肌着即体温かなかなしぐれかな 池田澄子
肘張つて蟹茹でらるる雪時雨 鈴木真砂女 夕螢
肝心の日は時雨けり大根曳 浜田酒堂
肥前しぐれて光体となる壺の群 佐川広治
肩先に京訛きく時雨道 渡辺 恭子
肩出して大根青し時雨雲 前田普羅 新訂普羅句集
肩濡らすほどにしぐれて与謝峠 茂里正治
背山よりしぐれ尾を曳く神事能 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
背戸あけて家鴨よびこむしぐれ哉 正岡子規
能登しぐれ曳売りの荷を濡らし過ぐ 茂里正治
能登よりのしぐれが来ると宿をんな 石川文子
能登路には能登路のしぐれはじまれり 安東次男 裏山
能登金剛しぐれの中にそそり立つ 吉田未灰
能面の裏を返せば時雨れけり 清水道子
膝並めて木の実時雨を聞く縁し 杜藻
膝小さく杞陽夫人や時雨寒 山田弘子
膳まはり物淋しさよ夕しくれ 時雨 正岡子規
臘梅や枝まばらなる時雨ぞら 芥川龍之介
自嘲うしろすがたのしぐれてゆくか 種田山頭火
自転車を漕ぐ子と父の夏果てて坂の上なるかなかなしぐれ 三枝昂之
舞妓くる智恩院さま花しぐれ 萩原麦草 麦嵐
舞扇ひらきてとぢて時雨れけり 金久美智子
舟つなぐ百本杭のしくれ哉 時雨 正岡子規
舟一つ遠州灘のしくれ哉 時雨 正岡子規
舟人にぬかれて乗し時雨かな 尚白
船宿の外階段のしぐれけり 行方克己 昆虫記




船頭の罵る聲や夕時雨 会津八一
艀呼ぶ旗が揚りぬ時雨中 五十嵐播水 埠頭
艫に置く時雨の簑と渡舟賃 石井とし夫
良寛も借りししぐれの軒ならむ 齊藤美規
良有て田へ移り行く時雨かな 井上井月
色の山や哀と憂さを弥時雨(いやしぐれ) 翁言子 選集「板東太郎」
色変へぬ蔦は寒かり時雨れては 林原耒井 蜩
色里や時雨きかぬも三年ごし 時雨 正岡子規
芋ほりに男はやりぬむら時雨 風国 俳諧撰集「有磯海」
芝へ飛ぶ木の葉明るき時雨かな 楠目橙黄子 橙圃
芝居見て松に時雨るる三宅坂 今野桂子
芭蕉堂紅葉しぐれに扉をひらき 守田恵美子
花の雲青蓮院に時雨けり 行方克巳
花の雲青蓮院に時雨れけり 行方克己 昆虫記
花も昔月の昔としくれけり 時雨 正岡子規
花を手に浄行菩薩しぐれをり 川端茅舎
花伝書のことばの奥もしぐれたる 中村明子
花市のあと掃くころのしぐれかな 増田龍雨 龍雨句集
花時雨てふ深吉野の山雨来る 角川春樹
花時雨ほとけを念ふことばかり 角川春樹 夢殿
花楓宇治山しぐれ通りつつ 波多野爽波
花火して時雨の雲のうつり哉 時雨 正岡子規
花番や時雨るゝ駅に客を引く 松藤夏山 夏山句集
花賣の片荷しぐれて歸りけり 時雨 正岡子規
若き杉ことに素直にしぐれけり 古賀まり子
若狭蟹外の面はしぐれゐるらしき 森田峠 避暑散歩
若葉しぐれ姉のなみだを思はしめ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
苫船や夢に時雨るゝ八幡山 松岡青蘿
茅(あばら)屋に俤のこる時雨かな 水田正秀
茎漬や北山しぐれあまたたび 立木大泉
茶の花に月より降りし時雨かな 島村元
茶を煎て時雨あまたに聞なさん 服部嵐雪
茶を煎りて時雨あまたに聞きなさん 服部嵐雪
茶団子に日の当り来し時雨かな 石田波郷
茶炭焼く見せ窯ひとつ時雨れけり 手塚美佐 昔の香
茸がりやあぶない事に夕時雨 芭蕉
茸の香をしぐれの羽織たゝむ時 安斎櫻[カイ]子
茸狩やあぶなきことに夕時雨 茸狩やあぶない事に夕時雨 松尾芭蕉
草に木につかはれながら村しぐれ 広瀬惟然
草の戸に紅葉時雨のきのふけふ つじ加代子
草堂や時雨過ぎたる軒雫 河野静雲 閻魔
草枕ランプまたゝきしぐれくる 相馬遷子 山國
草枕犬も時雨るか夜の声 芭蕉
草枕犬も時雨るるか夜の声 芭蕉
荏柄天神迷堂の句碑しぐれけり 皆川白陀
荒川の芯盛り上がる時雨雲 平井照敏 天上大風
荒海や時雨あがりの渚松 清水基吉 寒蕭々
荒涼と往けをみならもしぐれ虹 黒田杏子 花下草上
荒行の一喝山はしぐれけり 安藤葉子
菊は白くしぐれ溶けあふ夕厨 室生犀星 犀星発句集
菊焚いて鵞鳥おどろく時雨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
菜をかかへ砂利もしぐるるたつきかな 室生犀星 犀星発句集
菜畑のしぐるる宵の女人講 大峯あきら 鳥道
菩提子の黒きはかなし時雨けり 岸風三楼 往来
萍の赤きに奈良の時雨かな 伊東慶子
萩の野に風狂の眉しぐれをり 原裕 葦牙
萱の空たちまち晴るる時雨かな 橋本鶏二 年輪
落付いてうしの物喰ふしぐれかな 大江丸
落付て眞直にふるしくれ哉 時雨 正岡子規
落葉しぐれ言ひ尽したる如く止む 官林千枝子 『遠郭公』
落葉松の一長身に降る時雨 有働亨 汐路
葛の葉に音なじみきししぐれかな 成瀬桜桃子 風色
葛の葉をまとひしぐるる猪の檻 大島民郎
葛城の時雨に濡れし言葉かな 細川加賀 生身魂
葱の根にたましひ入る時雨かな 高橋睦郎
葱の荷の着くより木ノ葉時雨かな 堤高嶺
蒟蒻の湯気あたたかにしぐれかな 猿雖 十 月 月別句集「韻塞」
蒟蒻の湯気暖かに時雨かな 猿雖
蒼天を濡らす時雨や鷹ヶ峰 大峯あきら 宇宙塵
蓑虫あまた動きてやまず夕時雨 西山泊雲 泊雲句集
蓑虫のぶらと世にふる時雨かな 蕪村
蓮かれて小鴨のしぐれ哀なり 枯蓮 正岡子規
蓮掘りし跡ひとしぐれありにけり 伊藤京子
蓮牛蒡噛めばたやすくしぐるるよ 殿村菟絲子
蔦の葉の落ちた処を時雨けり 此筋 十 月 月別句集「韻塞」
蔵窓のしぐれ明りや助郷帳 野川釈子 『苗』
蕎麦架けてしぐれやすらむ家のさま 太田鴻村 穂国
蕗の葉に酒飯くるむ時雨哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
蕪蒸若狭は小橋よりしぐれ 橋本榮治 麦生
薄ら日となれば時雨を待つ心 高濱年尾 年尾句集
薄墨にしくるゝ山の姿哉 時雨 正岡子規
薄氷をしぐれの後の日がぬらす 長谷川双魚 風形
薄野を行脚僧一人しぐれたる 寺田寅彦
薔薇園の時雨の松を愛づるかな 大木あまり 火球
薔薇窓や時雨あかりを慈しむ 小池文子 巴里蕭条
薗八のなかるべからず岡時雨 加藤郁乎 江戸桜
薪割って割って憂さ飛ぶしぐれ空 及川貞 夕焼
薬のむ湯のなまぬるき時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
藁塚の遠重なりに時雨けり 岸風三樓
藁塚やさざめきわたる幾しぐれ 木下夕爾
藁塚乏し丹波たちまちしぐれに暮れ 土田祈久男 『素心』
藁庇しぐれてたたむ紙子帯 田中富士子
藍溶いて少し日のある時雨かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
藍甕の十三美濃に時雨来る 鈴木喜美恵
藍絶えて藍に染みたるしぐれかな 安東次男 昨
藪しぐれ探す人また探されて 澁谷道
藪の裾結ひてしぐれの人とほす 宮田正和
藪空の一処明かし時雨星 西山泊雲 泊雲句集
藷穴の中の声洩れしぐれ止む 大熊輝一 土の香
虚子に会ひ波郷に会はぬ時雨かな 長峰竹芳
虚子の碑も去来の墓も時雨れけり 八木健夫
虹かけて沖過ぎゆけり荒時雨 沢木欣一 二上挽歌
虹消えて時雨の顔の井にのこる 角川源義 『神々の宴』
蚕時雨の縁に休める女かな 岡崎 芋村
蛸の手の切口見えて夕しくれ 時雨 正岡子規
蝋屋敷しぐれ降り込む渡り廊 浜田みずき 『石蕗の花』
蝋梅や枝疎なる時雨空 芥川龍之介 我鬼句抄
蝦夷塚の夜目にも光る時雨かな 深見けん二 日月
蝸牛の殻うすうすと時雨かな 小池文子
蟹を煮て山茶花しぐれとなりにけり 吉田紫乃
蟻嶋をひたせる汐の片しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
行きつかぬうちにしぐるゝ矢走哉 時雨 正岡子規
行き行くに木の葉しぐれの多摩湖畔 中島好宣
行き逢うて大原女笑めり時雨つゝ 高濱年尾 年尾句集
行く雲や犬の駆け尿村時雨 行く雲や犬の逃げ尿村時雨 松尾芭蕉
行く雲や犬の駈け尿(ばり)村時雨 松尾芭蕉
行けば済む義理と割り切りしぐれ傘 遠井雨耕
行しぐれ蓑着て追おもひあり 加舎白雄
行徳は時雨鯊釣松手入 岩田由美 夏安
街道や時雨いづかたよりとなく 中村草田男
衛矛にしぐれふりつつ窓あかり 木津柳芽 白鷺抄
衝立はしぐれてゐるか煮頃鮒 高橋龍
衣海のしぐれの濤の浮身とも 文挟夫佐恵 遠い橋
裸木のむらなくぬるる時雨哉 会津八一
西行も虎もしぐれておはしけり 時雨 正岡子規
西陣の路地の駄菓子屋しぐれけり 奥田 積
要らぬ灯をふやして籠る時雨かな 手塚美佐
要港のしぐるる妓楼鼓を打てる 宮武寒々 朱卓
見えてゐる落葉時雨の中に入る 稲畑汀子
見渡せば人の匂いのしぐるるか 岸本マチ子
親の名に傘貸してやる時雨かな 也有
観阿弥の冷えに冷えたるしぐれ町 鷲谷七菜子 花寂び 以後
詮なくて子を抱く桜しぐれかな 石原八束 空の渚
誰待つとなき爐を焚けば時雨けり 内藤吐天
諍ひし男山女山と時雨れけり 金箱戈止夫
謡ふべきほどは時雨つ羅生門 夏目漱石 明治二十九年
謡師の子は鼓うつ時雨かな 夏目漱石 明治三十年
谷戸百樹色極まりてしぐれけり 文挟夫佐恵 黄 瀬
谷橋のたかきをふみて月しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
谿ひらく青葉しぐれの白磧 川口芳雨
豆腐焼く串にはらはら時雨哉 夏目漱石 大正元年
豆買つて門前仲町しぐれそむ 藤岡筑邨
象潟やしぐれの雲の海鳴りす 角川源義 『口ダンの首』
貝足煮に梁ひくくしぐれけり 澁谷道
買ふてくる釣瓶の底やはつしくれ 時雨 正岡子規
赤げらひとつどこかに容れてしぐれ山 岡井省二
赤坂に能しまひたる時雨かな 小池文子
赤城より下り来て竹にしぐれをり 加藤楸邨
赤多き加賀友禅にしぐれ来る 綾子
赤松の時雨はあめのうづめかな 平井照敏 天上大風
赤髭を蓄ふしぐれ通りけり 宮坂静生 山開
足にからみやすく畦草時雨後は 大熊輝一 土の香
足袋はいてじつとして居る時雨かな 杉風
踏板に時雨降り来て帰さゞる 長谷川零余子
身にしれと紙衣の穴をしくれけり 時雨 正岡子規
身にひそむものの色めく時雨かな 大石悦子 聞香
身の幸のけふゆくりなきしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
身ぶるひやけふもをくらき時雨雲 時雨 正岡子規
身を入れてかじめを刻む時雨市 古舘曹人 樹下石上
身を隠す時雨の浅間隠山 川崎展宏
車折と駅の名読めて北時雨 澁谷道
軍の影鯛焼しぐれてゆくごとし 赤尾兜子
軒の月古き世に似てしぐれけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
軒提灯の揃ひともりぬ夕時雨 金尾梅の門 古志の歌
軒深き往き来日当り時雨れ去る 臼田亞浪 定本亜浪句集
軒端過ぐ時雨の足の見えてをり 高浜年尾
軽便の白粉くさく時雨けり 岩田昌寿 地の塩
辨當提げて役所を出れば夕時雨 時雨 正岡子規
辻マリアしぐれにともる誰が祈る 文挟夫佐恵
近道を阿闇梨につるゝ時雨かな 斯波園女
近道を阿闍梨につるるしぐれかな 園女 俳諧撰集玉藻集
迷ひ出る時雨の雲や關か原 時雨 正岡子規
迷ひ来てクルス墓原時雨けり 小林康治 玄霜
追ひすがる時雨の音となりにけり 小林康治
追立つるかたはの馬や夕時雨 時雨 正岡子規
退院日大安なれど時雨れけり 田村武雄
逃げ尻を笑ふからすもしぐれかな 水田正秀
逆簑や運のさだめの一としぐれ 飯田蛇笏 山廬集
逍遥の橋にとどまる時雨かな 三田きえ子
通り行時雨をまねけ青蝦手(かゑで) 重貞
通天やしぐれやどりの俳諧師 川端茅舎(1897-1941)
逝くままに桂郎時雨ふらせける 齋藤玄 『雁道』
逝く年を時雨かけたる新居関 水野征男
逢いに行けば多分疲れる片しぐれ 池田澄子 たましいの話
逢阪の上に行きあふしくれ哉 時雨 正岡子規
遂にまた雪や時雨やはうれん草 中村汀女
運慶か仁王の腕にしくれけり 時雨 正岡子規
道あるがごとくにしぐれ去りにけり 鷹羽狩行
道のべに時雨るる菊も翁の日 風生
道ばたにしぐれて沖の石といふ 富安風生
道三の墓も鵜塚も時雨かな 江崎成則
遠き陽にしぐれ皃なる冬の鵙 小松崎爽青
遠つ田の藁塚のみ光り一ト時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
遠チ方の松にあつまるしぐれかな 増田龍雨 龍雨句集
遠出して鹿も時雨に逢ひにけり 鈴木真砂女 夕螢
遠山を二つに分けて日と時雨 時雨 正岡子規
遠巻の篝火消て小夜しくれ 時雨 正岡子規
遥なる隠岐かもかくす時雨雲 清水基吉 寒蕭々
遺墨展しぐれ呼ぶ灯に集ふかな 伊藤京子
遺書書くや入院前夜しぐれつゝ 相馬遷子 山河
酒の荷のまつほと匂ふしくれ哉 時雨 正岡子規
酒の雫しぐれそめけり飾松 二三子 選集「板東太郎」
酒をのむ夜の灯時雨とともに去る 石原八束 空の渚
酒中花も百の椿もしぐれけり 福永耕二
酒売らぬ幾停車場を時雨れつゝ 尾崎紅葉
酒蔵の小窓明りや朝時雨 桐山秀峰
酒買ひに韋駄天走り時雨沙弥 川端茅舎(1897-1941)
酢につけて生姜紅さす夕時雨 鈴木真砂女 夕螢
酢をくぐる小鯵の肌や夕時雨 鈴木真砂女
酸性のしぐれピカピカ電脳街 島 青櫻
里神楽時雨に白き顔並ぶ 沢木欣一
重箱の銭四五文や夕時雨 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
野々宮やさしわたりたる時雨月 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
野の中やひとりしぐるゝ石地藏 時雨 正岡子規
金沢のしぐれをおもふ火鉢かな 室生犀星
金沢は乞はるるごとく時雨れけり 松山足羽
金澤のしぐれをおもふ火桶かな 室生犀星 魚眠洞發句集
金色の尾の軍鶏走り時雨来る 坂根白風子 『彩雲』
釜山海の銘の蹲青時雨 須賀遊子 『保津川』
釣人の情のこはさよ夕しぐれ 蕪村遺稿 冬
釣舟やしぐれて歸る鳰の湖 鳰 正岡子規
銀行街しぐれて艶歌通りけり 長谷川双魚 風形
鋭き呼吸の我が胸にして夕時雨 『定本石橋秀野句文集』
錦織家見によればしぐれ哉 高井几董
鍋に火のすぐきいてくるしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
鍋提げて金無し詩人時雨るゝよ 小林康治 玄霜
鍋本にかたぐ日影や村しぐれ 内藤丈草
鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女
鍬とめてしぐるるうしろふりかへり 橋本鶏二 年輪
鎌倉の十橋十井しぐれけり 原 礼子
鎌倉の果に住みつくしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
鎌倉の観音巡り時雨れつゝ 高濱年尾
鎌帛にしめ~とふる時雨かな 乙二(長岡の東、け白といふ里に入る)
鏡撞きてさそひし青葉時雨かな 片山由美子 天弓
鐘ついて時雨を呼んでしまひけり 小田まこと
鐘撞きに出て来し尼や時雨傘 高濱年尾 年尾句集
鐘楼はしぐれて枉(たも)に鳶翔ちぬ 宮武寒々 朱卓
鑑真の壷眼一山しぐれけり 熊谷愛子
鑓持のなほ振りたつる時雨かな 水田正秀
鑓持の猶ふり立つる時雨かな 正秀
長谷寺はこれより右としるしたる石を濡らして行く時雨かな 落合直文
長驟や時雨しみ込む土塁あと 石原華枝
門さきやしぐれにたたむ酒莚 史庭 俳諧撰集「藤の実」
門とざす狸横町の時雨哉 時雨 正岡子規
門前の日を楽しめば時雨来つ 臼田亞浪 定本亜浪句集
門徒いふ門主日和も時雨れけり 大谷句佛 我は我
門火たくたもとに闇の時雨かな 閑夕 俳諧撰集「有磯海」
門火焚く道坂なれば坂なりに 宮下時雨
閉山の時雨いよいよ足尾町 正田稲洋
関の跡芭蕉しぐれの句もなさず 河野南畦 『試走車』
阿部定にしぐれ花やぐ昭和かな 筑紫磐井
阿部鯉屋より鯉おくられる時雨ふる 阿部完市 その後の・集
降(ふる)々と昼になりたる時雨かな 臥高 俳諧撰集「有磯海」
降りやみし時雨のあとや八ツ手の葉 永井荷風
降るものの一のかなかなしぐれかな 鞍悦子
降る度に月を研ぎ出すしぐれかな 来山
降る雪を泥にこねたる時雨かな 水田正秀
降れ降れ時雨小さき木魚をわれたたかん 北原白秋
限りなう山を恋ふれば時雨かな 尾崎迷堂 孤輪
陶房の一人一灯時雨くる 板東紅魚
障子しめぬ夕冷えよりもしぐれ冷え 久保田万太郎 流寓抄
障子手にかけて声かけ夕時雨 鈴木真砂女 生簀籠
隣人はなまづを釣りに行くとしぐれ 小池文子
雀ちいさく鴉大きくしぐれけり 安永千鶴
雀色時雨は光輪持ちて降る 大野林火
雁来紅あかい角から時雨れけり 北原白秋
雁瘡の子の永泣きに時雨来る 殿村莵絲子
雉子鳴きてしぐれ明るき櫟山 根岸善雄
雑巾や杉に時雨る床柱 一滴 選集「板東太郎」
難波女の駕に見て行くしぐれかな 几董
難波女の駕に見て行しぐれ哉 高井几董
雨やみしのちのかなかなしぐれかな 大木あまり 火球
雪しぐれ乗ればはや馳す橇の馬 松崎鉄之介[ ]
雪しぐれ寝釈迦と濁世ともにして 諸角せつ子
雪しぐれ当麻の杉戸かをりけり 斉藤夏風
雪しぐれ身にくひこみし紐ひとすぢ 鷲谷七菜子 花寂び
雪よりも時雨にもろし冬牡丹 正岡子規
雪時雨釜臥山颪し照り翳り 小林康治 玄霜
雲しぐれかかるや星の白眼がち 水田正秀
雲に似て火に似て飛べりしぐれ虹 石原八束 『雁の目隠し』
雲はなほ定めある世の時雨かな 心敬
雲水と逢ひし日ぐれのひとしぐれ 豊田都峰
雲水の笠傾けて時雨けり 吉田比呂志
電柱とごみの袋と時雨けり 大串章 百鳥 以後
電球切れし音をたしかむ沼時雨 松山足羽
霜時雨それもむかしや坐興庵 嵐雪 (七回忌)
霜時雨それも昔や坐興庵(ざこうあん) 服部嵐雪
霧しぐれシユナイダー碑は火山岩 西本一都 景色
霧しぐれ冨士をみぬ日ぞおもしろき 芭蕉
霧しぐれ富士をみぬ日ぞ面白き 松尾芭蕉
霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き 芭蕉
霧時雨富士を見ぬ日ぞ面白き 芭蕉
霧時雨父よウイスキーティーの時間です 寺井谷子
霧時雨鰈を釣つてひるがへす 古舘曹人 樹下石上
青きネオン赤くならんとし時雨る 竹下しづの女句文集 昭和十二年
青しぐれ仏足石を降りのこし 松永知子
青しぐれ空きつ放しの其中庵 吉原文音
青時雨こころ曇れば歩きけり 大木あまり 山の夢
青時雨この池のもの死に絶えて 依光陽子
青時雨地上一階は罌粟咲く灯り 金子弘子
青時雨嵯峨野と決めしけふの宿 原田喜久子
青空の雲を呼ぶことなくしぐれ 粟津松彩子
青艸のしぐれあがりをの喰む 松瀬青々
青鷺のはるかなる視野しぐれけり 上野さち子
静と書き母の名なりし時雨けり 岸風三楼
静脈のように時雨れる摩天楼 五島高資
面差や時雨の雲を追ひたまふ 相生垣瓜人 微茫集
面白う叩け時雨の鉢叩き 鉢叩 正岡子規
面白やふじにとりつく幾時雨 時雨 正岡子規
鞍馬炭門に著きたる時雨かな 比叡 野村泊月
韓目指したる曾良の死かしぐれ岬 文挟夫佐恵 遠い橋
音たてゝ時雨は氷雨とも思ゆ 高木晴子 晴子句集
音のした戸に人もなし夕時雨 諸九尼
音もなく時雨の馬の額ならぶ 杉山岳陽 晩婚
音立てて落葉しぐれと言ふべかり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
頂きは雲に溶けゆく時雨虹 山内遊糸
順禮の數珠もんで行く時雨哉 時雨 正岡子規
頬あてや横にしぐるる舟の中 正岡子規
頬あてや横にしぐるゝ舟の中 時雨 正岡子規
頬さむし時雨に濡れし髪いくすぢ 鷲谷七菜子 黄 炎
頬杖を穿つしぐれの気脈かな 増田まさみ
題朝時雨 雲のひまに夜は明て有しぐれ哉 蕪村遺稿 冬
顔見世のあとの鍵善しぐれけり 神戸周子
顔見世やことに時雨るゝ宵の口 大谷句佛 我は我
顔見世や京のしぐれのひとしきり 角川春樹
風の音はげし時雨の音はげし 高木晴子 晴居
風は北まさしく白根時雨かな 上村占魚 『一火』
風吹て湖水をめぐる時雨哉 時雨 正岡子規
風強うして家人屋中を行く時雨 永田耕衣 陸沈考
風渡る大竹藪の時雨哉 時雨 正岡子規
風雲や時雨をくぐる比良おもて 内藤丈草
飛び石の臼にしぐるる直指庵 巽恵津子
飛ぶごとく宇陀郡過ぐる時雨雲 茨木和生 往馬
食どきにさしあふ村のしぐれかな 去来 芭蕉庵小文庫
食堂(じきだう)に雀啼くなり夕時雨 各務支考 (1665-1731)
食堂に雀啼くなり夕時雨 各務支考
食堂に雀鳴くなり夕時雨 支考
飲食のうとましきまで時雨月 長谷川久々子
首のべて若草山の時雨見ゆ 角川春樹 夢殿
首立てて家鴨つれたつしぐれ哉 正岡子規
首立てゝ家鴨つれたつしくれ哉 時雨 正岡子規
香に於て餅の在るあり老時雨 永田耕衣 闌位
香焚いてしぐれに灯す筆造り 藤原たかを
香煙や墓碑しぐれてもしぐれても 町田しげき
馬かりて竹田の里や行しぐれ 乙州
馬の傷思ふ我傷や小夜時雨 石島雉子郎
馬はぬれ牛は夕日の北しぐれ 杜国
馬方は知らじ時雨の大井川 松尾芭蕉
馬籠なる家並の裏田しぐれけり 皆吉爽雨 泉声
馬糞のからびぬはなしむら時雨 時雨 正岡子規
馬肥ゆるころをしぐれて軍馬の碑 大島民郎
馳せつけて嵯峨のしぐれに遭ひにけり 高澤良一 燕音
駅にして米子しぐれのやむを待つ 小滝白月
骨太く重き会津の時雨傘 福田蓼汀 山火
高千穂は嶺々鎧ふ国しぐれけり 桑田青虎
高枝渡る雀の細声時雨かな 東洋城千句
高枝渡る雀の細聲時雨かな 松根東洋城
高浪の砂引く音やむらしぐれ 増田龍雨 龍雨句集
高清水閣一睡の時雨かな 青木重行
高野槇少女時雨の眉持ち来 小檜山繁子
髪洗ふ湯の沸きすぎし時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
鬼の手振りはだあすこだあだあ時雨つかむ 加藤楸邨
鬼の貌しぐれてかなし瓦塀 下村ひろし 西陲集
魔の山にのぼる風音しぐれかな 日野繁子
魚と老人 時雨れて黙る 遺唐港 伊丹公子 時間紀行
鮎のぼる川音しぐれと暮れにけり 石橋秀野
鮒蒸しや余呉の時雨を聴きながら 北見さとる
鮟鱇の口にはらはらしぐれけり 藤井紫影
鮟鱇の口にはら~しぐれけり 藤井紫影
鯉しぐれいよいよものを言はむとす 齋藤玄 『雁道』
鯉にぶく向きをかえたるしぐれかな 池田澄子 たましいの話
鯉の泡母に流れてしぐれけり 大木あまり 山の夢
鰐口を一打して出るしぐれかな 飴山實 『次の花』
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亞浪 定本亜浪句集
鳥の毛の炉上をまへり時雨照り 金尾梅の門 古志の歌
鳥の羽もさはらば雲の時雨口 内藤丈草
鳥もなかず時雨乍に日の暮ぬ 故雀
鳥声のかたまり移る夕時雨 藤井佳子
鳩の巣のあらはなるよりしぐれそめ 暁台
鳳凰堂簷を重ねて時雨けり 高濱年尾 年尾句集
鳴き止まぬ鴉もろともしぐれけり 小島千架子
鳴る海のくらやみしづみ時雨れをり 石原八束 空の渚
鳶の羽も刷ひぬはつしぐれ 去来
鴉ゐて官衙の楡のしぐれけり 飯田蛇笏 雪峡
鴛套渡る北国時雨浴びながら 阿波野青畝
鴨山へ我ら二三子時雨ゆく 井上哲王
鴬のしのびありきや夕しぐれ 太祇 五車反古
鴻の列を崩さぬしぐれかな 米巒 十 月 月別句集「韻塞」
鵠沼のくぐひの宿のしぐれかな 日夏耿之介 溝五位句稾
鵯は睦み鵙は孤独のしぐれどり 千代田葛彦 旅人木
鶏の親子さびしきしぐれかな 岡村柿紅
鶏冠の左右しぐるる山河かな 斎藤梅子
鶏頭しぐれぬ牛のまた柵をめぐる時 安斎櫻[カイ]子
鶏頭のくろずみて立つしぐれかな 室生犀星(1889-1962)
鶏頭のつくねんとして時雨哉 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
鶏頭の黒きにそそぐ時雨かな 正岡子規(1867-1903)
鶏頭の黒きにそゝぐ時雨かな 正岡子規
鶏頭もいつかなくなる時雨かな 比叡 野村泊月
鶯の卯の時雨に高音かな 几董
鶴は棹鴨は飛礫や時雨空 竹下白陽
鷄の子の草原あさる時雨哉 時雨 正岡子規
鷄頭の狼藉として時雨哉 時雨 正岡子規
鷄頭の黒きにそゝぐ時雨かな 時雨 正岡子規
鷄頭やこたへこたへて幾時雨 時雨 正岡子規
鷹ケ峰しぐれ鴉を翔たすなり 岸風三楼 往来
鷹狩や時雨にあひし鷹のつら 夏目漱石 明治二十八年
鷹舞うて神座の高嶺しぐれそむ 飯田蛇笏
鷺ぬれて鶴に日の照る時雨哉 蕪村遺稿 冬
麦肥の土に落ちつくしぐれかな 李由 十 月 月別句集「韻塞」
黄せきれい濃き黄を投ぐるしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
黒みけり沖の時雨の行どころ 内藤丈草
黒傘ににじむこの雨伊香しぐれ 下田稔
黒坂やしぐれ葬の一つ鐘 飯田蛇笏 山廬集
黒島の藷の畑に時雨虹 松藤夏山 夏山句集
鼻丸めきつたる象の時雨をり 猪俣千代子 堆 朱
鼻曲り鉈木地小屋の時雨くる 石川桂郎 高蘆

以上
by 575fudemakase | 2016-11-13 18:55 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26375213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング