時雨 続補遺 2

時雨 続補遺 2

悲しさも云ちらしたる時雨哉 卓袋
慈悲ふかき代官たちて初時雨 露印
成レ~と降か時雨に七回り 此筋
我せこが帰りし夢や時雨の戸 りん女
我ひとり食の替出すしぐれ哉 野坡
我山は足駄いたゞくしぐれ哉 其角
我庵も瀬田の時雨の剃毛ついで 其角
戸障子や何所の時雨のあまり風 魯町
所望なら時雨さう也後の月 蘆本
手の跡やおもひまいらせ袖しぐれ 旦藁
手向草あふぎの上に時雨けり 万子
打こみの酒の友来るしぐれ哉 夕兆
折さして枝見る猿や露しぐれ 高桑闌更
折角と鵜の羽ほして時雨かな 寂芝
折~の時雨伊吹はぬらせども 千川
押かけの客と名乗や夕しぐれ 正秀
担ひもて毛呂に翁のしぐれかな 加舎白雄
拝み処にのぼる小坂の時雨哉 卯七
振うては居眠る鳥や村しぐれ 三宅嘯山
捨られて野中の松の時雨けり 魯九
提て出る市の狸や初しぐれ 木因
散雲の下は沙汰なきしぐれかな 林紅
文も見ぬ時雨降る夜ぞ定なき 鬼貫
文消しておもひの窓の時雨哉 乙訓
新わらの屋根の雫や初しぐれ 森川許六
新庭の石も落付初しぐれ 洒堂
新田に稗殻煙るしぐれ哉 昌房
新藁の屋ねの雫や初しぐれ 許六
旅すがた時雨のよ芭蕉翁 樗良
旅すれば時雨の跡のあたゝまり 鈴木道彦
旅ならば亭主もあらん夕時雨 万子
旅なれぬやつこつれけり夕時雨 許六
旅の意地坂を見おくるしぐれかな 怒風
旅の旅つひに宗祇の時雨かな 素堂
旅人とたが呼かけん袖しぐれ 濁子
既に来る足音余所へ小夜時雨 早野巴人
日のさしてふるや蜜柑に初しぐれ 卓池
日の早う暮たばかりぞはつ時雨 田川鳳朗
日の脚に追はるゝ雲やはつしぐれ 千代尼
日は落て波をあかしの夕時雨 樗良
旧庵にしらぬ僧あり初しぐれ 百里
是きりと見ゆる日もなき時雨かな 吐月 発句類聚
時雨きく佗もありけり東山 桜井梅室
時雨きく顔は替らぬ心かな 其角
時雨きや並びかねたるぶね 千那
時雨くる酔やのこりて村時雨
時雨けりたばこ荷主の草鞋懸 諷竹
時雨していとゞわりなきわかれ哉 樗良
時雨して入かはりけり池の鳥 桜井梅室
時雨するほどは間もあるゆふべ哉 田川鳳朗
時雨する日や能因がから車 許六
時雨せよなどか橋立真野の比良 角上
時雨そめ黒木になるは何々ぞ 椎本才麿
時雨だつ雲や泣~峯の月 支考
時雨ては音なし河に明切ぬ 雪芝
時雨ても乾く宿有旅羽織 中川乙由
時雨ても仕回ず月の薄曇 三宅嘯山
時雨ても雫短し天王寺 鬼貫
時雨てや花迄残るひの木笠 園女
時雨とはよう名をつけた~ 野紅
時雨にも名のおもしろき美濃路哉 中川乙由
時雨にも海静なり旅硯 中川乙由
時雨にも見ばやつぼんでのこる菊 蘆本
時雨ねば松は隙なり小六月 支考
時雨ふる比守武御供なりけるや 一笑(金沢)
時雨ほど声ふりかゝるひばり哉 松岡青蘿
時雨もみぢ旅寐翫する両亭主 土芳
時雨るやしぐれぬ中の一心寺 小西来山
時雨るや戻りして来る馬の鈴 昌房
時雨るや手元へうつる斧の影 成田蒼虬
時雨るや舟へ佃の茶の匂ひ 車英 園圃録
時雨るや舟まつ岸の戻り馬 加舎白雄
時雨るや落る葉にさへ生れ色 野坡
時雨るや軒にもさがる鼠の尾 早野巴人
時雨るや辛抱づよき烏芋掘 卓池
時雨るるや軒にもさがる鼠の尾 早野巴人
時雨るゝといふ名甲斐あれ二見がた 中川乙由
時雨るゝやひかえ細工の気草臥 岱水
時雨るゝやへだゝる雲も膝の上 りん女
時雨るゝやもとあらそいのないじや迄 芦角
時雨るゝや墨のヂマル新卒都婆 夕兆
時雨るゝや弥陀の利生を呀にや 百里
時雨るゝや町屋の中の薬師堂 志太野坡
時雨るゝや背負つれたる木葉かご 壺中
時雨るゝや門口もなき薪の*ならべ 琴風
時雨るゝや高雄しまふて一夜松 角上
時雨るゝや黒木つむ屋の窓あかり 野沢凡兆
時雨をばはだしにしてや初紅葉 左次
時雨ゝやおくへもゆかず筆なやみ 玄虎
時雨ゝや一降ふつて峯の松 建部巣兆
時雨ゝや壁もそこらの土の色 蘆本
時雨ゝや牛に付たる油筒 高桑闌更
時雨ゝや町屋の中の薬師堂 野坡
時雨ゝや竹かつぎゆく鳥羽縄手 高桑闌更
時雨ゝや葱台の片柳 其角
時雨ゝや角まじへゐる野べの牛 高桑闌更
時雨来てまた時雨行く夕べかな 完来 発句題叢
時雨来よ花も紅葉有磯海 樗良
時雨来る空や八百やのおとりこし 許六
時雨来る空や八百屋の御取越 〔ブン〕村
時雨来る空や女中の多賀参 許六
時雨痩松私の物干にと書り 其角
時雨聞て腸さぐる寐覚かな 松岡青蘿
時雨行日をおもかげの翁かな 加舎白雄
時雨行笠や十夜の鉦の奥 中川乙由
時雨行風やいづこの根ぶか汁 〔ブン〕村
時雨降座はしづまりぬ古後達 凉菟
時雨雁箕手にならぶ時もあり 松窓乙二
時雨~に鎰かり置ん草の庵 挙白
時雨~能名になるぞ夜の雨 朱拙
晴て行跡にもの有初しぐれ 中川乙由
暁の鐘ぬれてある時雨かな 木因
暑さへなをなさけなるしぐれかな 樗良
暮かゝる餌やの窓の時雨かな 許六
暮て行一羽烏や初しぐれ 諷竹
暮て行時雨霜月師走哉 西鶴
暮るとてけふも時雨や九月尽 桃隣
更行や鐘もしぐれもさゞ波も 完来
月と雲時宜はすんだり初時雨 北枝
月はよう御出なされた時雨かな 旦藁
月は花はけふはしぐれの翁哉 加舎白雄
月まちや我宵がちに山しぐれ 土芳
月代や時雨のあとのむしの声 丈草
月代をいそぐやう也村しぐれ 千川
月待や我宵がちに山時雨 土芳
月時雨さりとては古きけしきかな 井上士朗
月時雨もるを庵の会式かな 成田蒼虬
月蝕のはり合になるしぐれかな 鈴木道彦
月越しの松風ぬらすしぐれ哉 松窓乙二
有明となれば度々しぐれ哉 許六
有明や時雨まちとる杉の上 浪化
朔日の出合がしらや初しぐれ 洒堂
朔日の待るゝ数かはつしぐれ 露川
朔日はこらえて見たる時雨哉 野紅
朔日や日の有うちを夕時雨 高桑闌更
朝がほの種はなれたり初しぐれ 成田蒼虬
朝しぐれあはしき心かく斗 土芳
朝夕の不二もけぶらぬ時雨かな 建部巣兆
木々の葉も地に有付てしぐれ哉 野坡
木の浜やしぐれにかゆる小越舟 正秀
木仙やあいに時雨のつよう来る 十丈
木兎の寝やうとすれば時雨かな 中川乙由
木斛のてり葉を風にしぐれ哉 支考
木母寺はしぐれも夜~の方はづれ 鈴木道彦
杉たつる門に蚊の鳴しぐれ哉 高井几董
杉の森天狗おそろし時雨哉 林紅
村しぐれ一二の橋の竹笠屋 荷兮
村しぐれ跡はこぶねの*篝かな 芦角
村たちてぬれたる文や初しぐれ りん女
村時雨めいわく川や数しらず 正秀
村時雨中に立たる虹ひとつ 千川
村時雨山は男鹿のなみだかな 馬場存義
杣が火のけぶり行あふしぐれかな 成田蒼虬
杣小家の焼さしは何初しぐれ 中川乙由
来た時雨能句したいとつのめ立 泥足
来る冬をまたぬ時雨ぞ哀なれ 露川
来月は猶雪降ンはつしぐれ 千里
東人窓に時雨を見とれけり 三宅嘯山
東雲やしぐれめく物先あはれ 土芳
松に蔦片手うちなる時雨かな 野口在色
松のほど時雨の楯となる菴 加舎白雄
松ばらや時雨せぬ日も冬のをと 杉風
松五尺そよやことしの初時雨 尚白
松低きさとやしぐれの鴉あれ 井上士朗
松原のすきまを見する時雨哉 其角
松原の御製にもるゝ時雨かな 許六
松陰の硯に息をしぐれ哉 其角
松風のぬけて行たるしぐれ哉 千代尼
松風の里は籾するしぐれ哉 嵐雪
板壁や馬の寐かぬる小夜しぐれ 史邦
板壁や馬の寝かぬる小夜しぐれ 中村史邦
枯ながら時雨をしぼる柳哉 三宅嘯山
枯菊の夜るは淀のる初時雨 野坡
枯葛の夜るは泣のかはつしぐれ 野坡
柊はしぐれぬ顔で咲にけり 素覧
染かけて山へ日の入る時雨かな 玄武 新類題発句集
染らねば時雨匂はす葱ばたけ 野坡
染物に星の入たるしぐれかな 探志
柳など梢は重し初時雨 去来
柳にも雫みじかしはつしぐれ 千代尼
柴の戸に夜明烏や初しぐれ 建部巣兆
柴の戸やしぐれた跡の雲の減 丈草
柴はぬれて牛はさながら時雨哉 其角
柴売の柴にことかくしぐれ哉 正秀
柿の葉のまだひらついてしぐれ哉 如行
柿包む日和もなしやむら時雨 露川
栩搗か引板の名残か村しぐれ 千那
根はなしと罪ゆるさるゝしぐれ哉 三宅嘯山
梅の木は苔のつくなりはつしぐれ 寥松
梅の樹の容すはつしぐれ 高井几董
梅咲り松は時雨に茶を立ル比 杉風
梟の身をまかせたるしぐれかな 夏目成美
梨の花しぐれにぬれて猶淋し 野水
梵論~の時雨すがたや京の町 長翠
棒公の棒であしらふ時雨哉 朱拙
棹鹿の身すかしもどる時雨哉 寂芝
椎柴に間なき時雨のはこび哉 加舎白雄
楠の根を静かにぬらす時雨哉 与謝蕪村
業平にしぐれのうたはなかりけり 鈴木道彦
楮ひたす水もにごさぬしぐれ哉 卓池
楯つきて待やむかふも時雨雲 正秀
橋筋は夜の賑ふしぐれかな 成田蒼虬
次ぎ歌の友やしぐれの霊迎へ 長翠
歟の声の時雨成けり軒の暮 野坡
止めば降る時雨の坂や五十町 馬場存義
正風は此人よりぞはつしぐれ 恵風 ふるすだれ
此あたり何をあてどに時雨るゝぞ 諷竹
此うへは白きものとてしぐれけり 千代尼
此ごろの野辺にまたるゝ時雨かな 樗良
此なみだ我か人のか村時雨 乙訓
此はづみ風がぬかさぬ時雨かな 野径
此中はしぐれても立ッ日数かな 野坡
此別れにつこりとして時雨けり 露川
此墓の三とせは夢にしぐれかな 智月尼
此寐覚かねて時雨の板びさし 寥松
此月の時雨を見せよにほの海 曲翠
此比のむかしになりし時雨かな 嵐青
此法やはなは降らでも初時雨 野坡
此猿はやしろ久しき時雨かな 園女
此畑に大根のこる時雨かな 嵐青
此釜の煮えかあらぬか初時雨 蓼太 発句類聚
此顔がもとの我なり幾時雨 木因
武蔵野やいく所にも見る時雨 舟泉
比叡おろししぐれの度や寝床替 丈草
比叡までものぼれ時雨のはしり舟 李由
比良の雲湖水に夜の時雨哉 凉葉
気がつけば夢の中にも時雨哉 路青
気のうつる石のくぼみや初時雨 りん女
水枯や石川ぬらす初しぐれ 荷兮
江戸住やしぐれ問こす人ゆかし 黒柳召波
江戸桜心かよはんいくしぐれ 濁子
江戸瓦しまぬ程ふる時雨かな 露言 富士石
池の星またはら~と時雨かな 立花北枝
池の星又はら~と時雨かな 北枝
沖の雲しぐれて帰れ後脊山 加藤曉台
沖西の朝日くり出す時雨かな 沾圃
沖見ゆる障子の穴もしぐれけり 桜井梅室
河原毛の烏帽子の上や初しぐれ 去来
沸音の時雨を風炉の名残哉 田川鳳朗
油断せぬかほや時雨るゝ琵琶法し 北枝
泉涌寺を顔でをしゆる時雨かな 成田蒼虬
洩るまでは聞すましけりさよ時雨 桜井梅室い
洩る月をなぐさめかねて行しぐれ 井上士朗
流れたる雲や時雨るゝ長等山 北枝
流人船実に時雨て見贈りぬ 加舎白雄
浮出し海人佗しげな時雨かな 三宅嘯山
海山のしぐれつきあふ菴の上 丈草
海山の骨を見するや初しぐれ 游刀
海川の乗らぬ所を時雨かな 紫道
海越に田地をぬらすしぐれ哉 里東
淋しさに宿や時雨のくだり闇 松窓乙二
淡路より時雨もすなり月も照 松岡青蘿
淡路山つゝぽりとして時雨けり 壺中
深川の豆煎噺時雨けり 田川鳳朗
深川は月もしぐるる夜風かな 杉風 続別座敷
深川は月も時雨るゝ夜風かな 杉風
深草へ便のほしきしぐれかな 木導
深谷やしきる時雨の音もなし 嵐雪
渋柿も紅粉や流れて初時雨 露川
渋鮎や扨は水にも露しぐれ三宅嘯山
渡し守ばかり蓑着るしぐれ哉 傘下
湖を屋ねから見せん村しぐれ 尚白
湯豆腐や都は知らず北時雨 仙化
漸と京に着けり村しぐれ 芙雀
澄月にかゝる曇りや露しぐれ 三宅嘯山
濡がみに日は包まれて時雨けり 素丸 素丸発句集
濡にける的矢をしはくしぐれ哉 炭太祇
瀟湘の灯のさやはづす時雨哉 土芳
火ともしの何もかぶらで露しぐれ 加舎白雄
火燵切思案の中やはつしぐれ 吾仲
炭がまや烟からみて行時雨 五明
炭売やいかに時雨るゝ皃の形 小春
煙帛にじめ~とふるしぐれかな 松窓乙二
片庇飯櫃過るしぐれ哉 一笑(金沢)
片日影棺ゆく野の時雨かな 伊藤信徳
片袖は人に見せばやはつ時雨 亀世
片袖をほせば片袖しぐれかな 梢風尼
牛が来てしるう成ほど時雨けり 許六
牛の子も鼻ゆるされて時雨哉 中川乙由
牛の子や杭にすり付むらしぐれ 泥足
牛売て伯父と道きる時雨かな 去来
牛馬のくさゝもなくて時雨かな 浪化
物の葉につれだつ音や初しぐれ りん女
物音の夜な~変るしぐれ哉 望月宋屋
犬の子のかさなり転ぶしぐれ哉 百里
犬吼る昼も淀野のしぐれかな 夏目成美
狂乱のこゑや時雨る角田川 不碩 伊達衣
独居や古人かやうの小夜しぐれ 井上士朗
狭布子のひとへ夢の時雨の五月庵 杉風
猪に誰かけられし夕しぐれ 加舎白雄
猫鳥の行列もなき時雨哉 荻人
玄関にて御傘と申時雨哉 炭太祇
玉まつり時雨のすがた眼にうかぶ 樗良
玉笹や不断時雨るゝ元箱根 西鶴
琴箱を荷ひゆくなり夕しぐれ 加舎白雄
瓢箪のかたまりすます時雨哉 斜嶺
瓢箪の形も定るや初しぐれ 中川乙由
生て世に寐覚うれしき時雨哉 黒柳召波
田はもとの地に落付や初時雨 千代尼
田舎気の見ゆる処や初しぐれ 成田蒼虬
畠ふむ鳥も山見る時雨かな 凉菟
番雁の畔もちかねるしぐれかな 鈴木道彦
畳屋のいなでぞありぬ夕しぐれ 高井几董
疇道をうろたへ廻る時雨かな 正秀
痩像に魂を入歟小夜しぐれ 松岡青蘿
痩臑をさすりて時雨聞夜哉 五明
白壁によごれ待なり初しぐれ 中川乙由
白河に袖かき合すしぐれ哉 望月宋屋
白菊の残る甲斐あるしぐれかな 成田蒼虬
白雲の里の時雨や檜木笠 荊口
白雲や時雨かゝゆる町の上 卯七
百までといはるゝ顔の時雨哉 朱拙
百年の芭蕉しぐれのあるじ哉 樗良
皃しらぬ世にも泣さん時雨かな 土芳
盗捨売にするしぐれかな 朱拙
目出度さを松に顕はす時雨哉 越人
相傘は医師ともす也むら時雨 馬場存義
真赤にしぐれも待ず唐がらし 諷竹
真野は二度かた田は今や初時雨 野坡
眼にのぼる花かき交て一しぐれ 加藤曉台
瞬をひきたてゝふれ初しぐれ 卓池
石くろく晴残してや一しぐれ 土芳
石経の墨を添けり初しぐれ 丈草
石臼の陰のしぐれてあそこ爰 丈草
砂山や小松ありつく初しぐれ 素覧
砂清し時雨過行鳥居さき 成田蒼虬
碁にまけてつれなく見ゆる時雨哉 杉風
神帰り根笹に走る時雨哉 為有
神鳴がなふて待るゝ時雨かな 中川乙由
神鳴のまことになりし時雨哉 其角
稲垣の見ゆるところや初しぐれ 成田蒼虬
穴熊の出ては引込時雨かな 為有
空鮭にあふてや其程初時雨 吾仲
突出した舟はのがるゝ時雨かな 桜井梅室
窓ぶたになるやしぐれの松のかげ 井上士朗
窓明て双紙洗やはつ時雨 中川乙由
立がれの松や素肌にむら時雨 魯九
立よれば祢宜はしる人時雨の火 早野巴人
立臼のぐるりは暗し夕しぐれ 樗良
竪横と屏風に暮て時雨かな 浪化
竹に来て猶脚はやき時雨哉 野坡
竹の絵を掛て悲しき時雨哉 孤屋
笠とれば六十皃の時雨かな 園女
笠に着た黒木は売てしぐれけり 桜井梅室
笠を泣時雨なつかし北南 望翠
笠取よ富士の霧笠時雨笠 其角
笠提て塚をめぐるや村しぐれ 北枝
笹の葉に西日のめぐる時雨かな 椎本才麿
筆屋が軒鹿の涙や時雨行 凉菟
筆嶋を時雨寄てや千句塚 中川乙由
箒目の角もとれざるしぐれ哉 素覧
簑ほしと石も今日泣けはつ時雨 田川鳳朗
簑を着て鷺こそ進め夕しぐれ 其角
簑笠の翁しぐれしむかし哉 万子
簑笠もほからかし行時雨哉 左次
簑箱の古実聞たし初時雨 支考
米山のふる道ゆがむはつしぐれ 成田蒼虬
糸に只声のこぼるる時雨かな 鬼貫
約束に手はじく夜の時雨哉 りん女
紅葉引船もしどろに時雨かな 許六
細き灯もあらたに光る時雨かな 桜井梅室
結構な日を定てや初しぐれ 舎羅
網けふこそ比良の初しぐれ 木節
網さらす松原ばかりしぐれかな 素堂
綿ざねのいりつく音や村時雨 吾仲
綿売のすげなきものに時雨かな 桜井梅室
義仲寺のふみ濡て来る時雨かな 桜井梅室
羽折かさむ月にかゝれる村時雨 杉風
羽織着て出かゝる空の時雨かな 高井几董
翁見む夢のしぐれは誠にて 松岡青蘿
翌日もふるとてけふも降時雨かな 松窓乙二
耳にある声のはづれや夕時雨 土芳
耳にある声の外也夕時雨 土芳
聞からに胸ふさがるゝ露時雨 路健
聞しよりかくも時雨の筑波ふき 寥松
肝心の日は時雨けり大根曳 洒堂
背中むく里の住居や夕しぐれ 嵐青
胸に手を置て寐覚るしぐれ哉 水颯
腹のなるをとも更行しぐれかな 旦藁
舎りうれし時雨乾かす我衣 高桑闌更
舟人にぬかれて乗し時雨かな 尚白
舟~の片腹おかし横時雨 傘下
色かへぬ松やしぐれのあまし物 野水
芋ほりに男はやりぬむら時雨 風国
芋喰の腹へらしけり初時雨 荊口
芝うらや時雨て帰る牛の角 加舎白雄
芝うらや時雨れて帰る牛の角 白雄 白雄句集
芝原の生キ出てかなしつゆしぐれ 白雪
芥子苗のうごきそへけり初しぐれ りん女
芥火の細口あけてはつ時雨 成田蒼虬
芭蕉~枯葉に袖のしぐれ哉 風麦
花鳥やあつめて塚の初しぐれ 昌房
苔ながらいく世男松の露しぐれ 句空
苔に水聞ちからなき時雨哉 舎羅
苫船や夢に時雨るゝ八幡山 松岡青蘿
茅ふく軒をしぐれのまことかな 井上士朗
茅屋に俤のこる時雨かな 正秀
茶に塩のたらぬ朝也はつしぐれ 成田蒼虬
茶を呑ば茶ばたけに降る時雨かな 野坡
茶を煎て時雨あまたに聞なさん 嵐雪
茶袋に泪のかゝる時雨かな 路青
草に木につかはれながら村しぐれ 惟然
草の戸に焼火はほそし夕時雨 桃妖
荒海の鳥もきこゆるしぐれかな 卓池
菅笠や似たと泣出す袖時雨 亀洞
菊の日のきくより白きしぐれ哉 松窓乙二
菊の香や鼻からぬけて露時雨 吾仲
落さふな雲の茂みや時雨先 浪化
落日の稲妻なして時雨けり 三宅嘯山
落葉せぬ京もふるびや初時雨 露川
葉はしぐれ根は水清し冬の芹 野坡
葉多葉粉に一ぺん降や初しぐれ 露川
葛葉よりかさつく比のしぐれ哉 許六
蒟蒻の湯気あたゝかにしぐれ哉 猿雖
蓑むしの死なで鳴夜や初しぐれ 松岡青蘿
蔓ものゝつるのゆるみやはつ時雨 露印
蔦の葉の落た処を時雨けり 此筋
蕎麦腹に扨も時雨の降ッたりな 白雪
蕪菜に田舎だよりの時雨かな 吾仲
藁焼てうちは音なき時雨哉 中川乙由
藤ばかま香のをとなしく時雨ふる 寥松
藤豆のまだ咲たがるしぐれかな 寥松
蘿の葉の細かに動くしぐれ哉 助然
蜀黍の陰をわたるや露時雨 荷兮
蟷螂の座鋪つくるや初しぐれ 寂芝
蟷螂の羽も染にけりつゆしぐれ 三宅嘯山
行しぐれ簑着て追んおもひあり 加舎白雄
行灯をかゝげさしてや初時雨 含粘
行違ふ船にものいふしぐれかな 井上士朗
行雲のはし乱ッゝ初しぐれ 高桑闌更
衰やしぐれ待身となりにける 黒柳召波
袖しぐれ百二十里を墓参り 望月宋屋
袖つまにもつれし雲や露時雨 嵐雪
西行もしばし棚かるしぐれ哉 尚白
見しり逢ふ人のやどりの時雨哉 荷兮
角田川舟ちん高き時雨かな 蕉雨 八巣発句集
言信るしぐれや我が病ムまくら 杉風
言葉尽て扇に画し雪しぐれ 樗良
訪ひに行うちに月見るしぐれかな 亀世
誰肩に牡丹の旅や初しぐれ 曲翠
豆腐やの火影たよりや小夜時雨 程已
責馬のいくつ残るぞ初しぐれ 左柳
買切と馬にのり出すしぐれかな 雪芝
赤ばるやむなしき苔を初時雨 文鳥
起出る間に音絶えし時雨哉 田川鳳朗
足たゝぬ蛭子ふねなき時雨かな 野坡
足癖になるやしぐれの里めぐり 野坡
足袋はいてじつとして居る時雨哉 杉風
跡遠く時雨て来たり今朝の事 左柳
跫もきえて時雨の又寐かな 朱拙
踏分る杖のあまりのしぐれかな 野坡
軒に来て我ぞ鳩啼露時雨 除風
軒のしぐれ地の霜池もいく古び 完来
軒下のふりこふらつく時雨哉 泥足
軒口の乱るゝ穂屋のしぐれ哉 望月宋屋
近付の道具も出たりはつしぐれ 凉菟
近江笠越前簑のしぐれ哉 千那
近江路や紀の路に消る時雨哉 土芳
近道をおもひこなしてしぐれかな 野紅
近道を阿闍梨につるゝ時雨哉 園女
迯尻を笑ふからすもしぐれかな 正秀
追ついて霰の跡のしぐれ哉 旦藁
追鳥の幸得たるしぐれかな 卓池
逢坂の先ぬるゝほど時雨けり 許六
遊びやうわすれて居るに初時雨 土芳
道~やしぐれを照らす柿の色 樗良
都染江戸に向きけり初時雨 言水 江戸十歌仙
酒になるげんかい灘のしぐれ哉 野明
酒や時雨のめば紅葉ぬ人もなし 松氷貞徳
酒桶を只干兼ししぐれかな 許六
野ざらしの露よしぐれよ剃髪塚 樗良
野は霍の嘴ふりあげて初しぐれ 成田蒼虬
野路くれて牛の貝ふく時雨哉 卓池
野風ふく室町がしら初時雨 高井几董
金屏に乾く時雨のやどりかな 中川乙由
釣柿の夕日ぞかはる北しぐれ 其角
錦織家見によればしぐれ哉 高井几董
鍋屋からかぶつて戻る時雨かな 木導
鍋本にかたぐ日影や村しぐれ 丈草
鐘つきて肝のつぶるゝ時雨かな 非群
鐘の音あらひ立たる時雨かな 木導
鐘の音やしぐれ降行あとのやま 加藤曉台
鑓持の猶振たつるしぐれ哉 正秀
門てるや裏の片屋の横しぐれ 角上
門口や夕日さし込村しぐれ 一笑(金沢)
門番の膝にかゝるや北しぐれ 木導
降うちに亦異音の時雨かな 琴風
降さしてまた幾所か初しぐれ 千代尼
降そめてふりもさだめずはつ時雨 樗良
降て来るしぐれや野路の松二本 壺中
降にけり紅葉らうへのはつしぐれ 成田蒼虬
降らぬ日の猶定まらぬ時雨哉 田川鳳朗
降中へふりこむ音や小夜時雨 五明
降出して時雨は負る日よりかな 紫貞女
降込て硯をぬらす時雨かな 亀世
降雪を泥にこねたる時雨哉 正秀
隠家の森やしぐれの青幣 りん女
雑魚はまのごつたに見える時雨哉 寥松
離別荷の潜にぬれるしぐれ哉 三宅嘯山
難波女の駕に見て行しぐれ哉 高井几董
雨にわかち風にまぎるゝしぐれかな 樗良
雪までのなじみを竹の時雨かな 小西来山
雪見ゆる峰をかくして初時雨 高井几董
雪雲は愛宕にたばふしぐれ哉 浪化
雲しぐれかゝるや星の白眼がち 正秀
雲はあれど時雨もたねばたゞ寒し 井上士朗
雲はしぐれ鐘は其世の感に伏 加藤曉台
雲よりも先にこぼるゝしぐれ哉 去来
雲母行豆腐にかゝるしぐれ哉 黒柳召波
雲水のうつゝ海道は時雨けり 凉菟
雷おつる松はかれ野の初しぐれ 丈草
雹ふれ時雨の雲の行だまり 子珊
霄の中上野浅草としぐれけり 夏目成美
霄暗を時雨わかるゝ小舟かな 加舎白雄
霜時雨それも昔や坐興庵 嵐雪
露しぐれその間をいそぐ夕日哉 乙訓
露しぐれ我目にのみや虹のさす 三宅嘯山
露しぐれ時雨し跡の照る日哉 高桑闌更
露時雨さしては来り聾傘 挙白
露時雨しぐれんとすれば日の赤き 加舎白雄
青海の根は切れて来る時雨哉 百里
青鵐啼くやしぐれの先ばしり 井上士朗
静さやしぐれこがらし休むとき 桜井梅室
面うちの宿にしぐれの旅寐哉 早野巴人
面白や時雨る透間の流星 探志
音のした戸に人もなし夕時雨 有井諸九
音のみぞ深山しぐれは木のあなた 寥松
頓て入る月や二日の夕時雨 史邦
額板や時雨転じて胡粉の霜 牧童
顔あげてきけば寐覚の河時雨 芙雀
顔しらぬ世にもなかせんしぐれ哉 土芳
類ひなや鰤の脊さらし初時雨 樗良
風はやし時雨待とる峯の松 猿雖
風雲や時雨をくゞる比良おもて 丈草
飛石のしめり加減やはつ時雨 中川乙由
食どきにさしあふ村のしぐれ哉 去来
食堂に雀啼くなり夕時雨 各務支考
食堂に雀啼なり夕時雨 支考
食焼て柴ぬらしけりはつしぐれ 許六
飼猿の引窓つたふしぐれ哉 其角
首かけん笠ぬいの島初しぐれ 西鶴
馬かりて竹田の里や行しぐれ 乙訓
馬の尾に払ひ行なる時雨哉 望月宋屋
馬の背を染よしぐれの紫根 長翠
馬はぬれ牛は夕日の村しぐれ 杜国
馬道は梺をまねる時雨かな 呂風
馬道は麓を廻るしぐれかな 呂風
馬鑓の空もしぐれの往来かな 土芳
馬駕籠も時雨にかなし墓参 呂風
駅路で人にとはるゝしぐれ哉 りん女
駕籠舁は百の空見るしぐれかな 野坡
驚かぬ網引のさまや初しぐれ 高桑闌更
魂まつり雪も時雨も袖の露 樗良
魚鳥もたらで我等がしぐれ神 長翠
鰒も出て浮世を渡る時雨哉 吾仲
鰯やくかざも伏見の時雨哉 臥高
鰹の木にたよる山路の時雨哉 牡年
鱗のこゝろはふかしはつしぐれ 加藤曉台
鳥の羽もさはらば雲の時雨口 丈草
鳥急におどろく松のしぐれ哉 仙化
鳥羽田には時雨ふるらし水菜船 加藤曉台
鳰の巣のあらはなるよりしぐれそめ 加藤曉台
鳳まはる平等院の時雨かな 尚白
鳴海にてしぐれそめけり草鞋の緒 井上士朗
鳴門時雨れて浮世の松は風もなし 大淀三千風
鳶の羽もかいつくろひぬ初しぐれ 向井去来
鳶の羽も刷ぬはつしぐれ 去来
鳶尾の葉はみなぬれにけり初しぐれ 鼠弾
鴬のすり込竹のしぐれ哉 紫白女
鴬やしぐれにまじる藪の音 朱拙
鶏の尾に入日はさしてしぐれ哉 望月宋屋
鶏頭の花に持て来る時雨哉 岱水
鶴啼もあてにはならず夕しぐれ 成田蒼虬
鷺ぬれて鶴に日のさすしぐれ哉 与謝蕪村
鷺烏片日がはりや夕時雨 其角
鹿の声跡はしぐれて明にけり 凉菟
鹿の音や松にしぐれて九月尽 除風
麦糞の土に落つくしぐれ哉 李由
黄昏や月見えそめて時雨二度 桜井梅室
黒みけり沖の時雨の行どころ 丈草

以上
by 575fudemakase | 2016-11-14 10:12 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26376848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング