落葉 補遺 1

落葉 補遺 1

「ここに眠る」こことは落葉一重の地 鷹羽狩行
あくまでも落葉掃く作務つづきけり 稲畑汀子
あざやかに蔦の落葉の柄を長く 山口青邨
あたたかに落葉吹きたむ寿康館 角川源義
あたたかや櫟落葉の降りしきる 中村汀女
あなたなる落葉の深さ思ひけり 阿波野青畝
あひびきやちらりほらりと夜の落葉 日野草城
いかにこの寺を落葉寺と呼ばん 日野草城
いささかの落葉を焚きて煙出す 細見綾子
いそぐなよとは思はねど落葉降る 後藤比奈夫
いちめんに呼名「落穂」の松落葉 中村草田男
いちめん落葉で 何描く微笑 滞仏画家 伊丹三樹彦
いつきても門の落葉の同じほど 波多野爽波 鋪道の花
いつまでも樟落葉掃く音つづく 山口青邨
いつまでも蟲の音一つ落葉踏む 中村汀女
いつもほど落葉を焚いて焚き止みぬ 及川貞 榧の實
いつも誰かが 起きてて灯してて 落葉の家 伊丹三樹彦
いつよりか落葉焚くことなかりけり 雨滴集 星野麥丘人
いつ敷きし雪ぞ峠の落葉季 水原秋櫻子 帰心
いづれ地に朽つる落葉を掃き寄する 桂信子 草影
いてふ落葉もつとも深きところ踏む 山口青邨
いてふ落葉敷きつむ土の見えぬまで 細見綾子
いてふ落葉踏めばよみがへること多し 山口青邨
いと小さき落葉よ汝は夭折か 林翔
いまは日の当る落葉を掃ける音 後藤比奈夫
いやさうに首ふる風の落葉哉 正岡子規 落葉
うしろより忽と音たつ落葉掻 岸田稚魚 紅葉山
うす青き銀杏落葉も置きそめし 松本たかし
うは目見る戸越の空の落葉雨 石塚友二 方寸虚実
おちよぼ口して塩嘗地蔵落葉中 山口青邨
お堂浅くて落葉ふりこむさへ 尾崎放哉 須磨寺時代
お百姓落葉鳴らして大尿 日野草城
かかる入日いつまた見むと落葉踏む 水原秋櫻子 霜林
かきよせて落葉にしるや庭のあき 正岡子規 落葉
かこハれた五尺の庭の落葉哉 正岡子規 落葉
かさなりて栗の落葉のみな長し 長谷川素逝 暦日
かさりともこそりとも墓落葉かな 星野麥丘人
かそけさの落葉の音の枝をつたふ 長谷川素逝 暦日
かの森の終のいてふの落葉見に 安住敦
からかさ干して落葉ふらして居る 尾崎放哉 須磨寺時代
からからと散らかりふゆる落葉かな 三橋敏雄
からまつ落葉まどろめばふるさとの夢 種田山頭火 草木塔
ぎらと光る落葉の中にひそむ水 山口青邨
くわりんの実埋もるあと一枚の落葉 山口青邨
けぶるごと老いていつまで落葉焚 鷲谷七菜子 花寂び
けもの来て何噛みくだく夜の落葉 野澤節子 未明音
ここに径尽きて落葉の寄せてあり 稲畑汀子
ことごとく落葉せり追ひつめられぬ 藤田湘子 途上
このみちどこへゆくふかく落葉して 種田山頭火 自画像 落穂集
この宵の落葉踏む音のみ待てる 山口青邨
この家売り候 桜落葉は積り候 伊丹三樹彦
この枯木この落葉いま波郷亡し 石塚友二 磊[カイ]集
この落葉大学生としても踏みし 富安風生
こまごまと落葉してをり滝の岩 波多野爽波 鋪道の花
これよりは落葉掃くことたのしみに 山口青邨
ころがりてまことに粗なる落葉籠 飯田蛇笏 心像
こんこんと湧きて落葉を泛べたる 清崎敏郎
ごうごうと楡の落葉の降るといふ 高野素十
ご詠歌の振鈴澄むや落葉寺 鷲谷七菜子 游影
さかんなる落葉にあへることうれし 山口青邨
さはればすぐあく落葉の戸にて 尾崎放哉 須磨寺時代
さびしさの手ふれてぬくき落葉あり 鷲谷七菜子 黄炎
さびしさは素足に触るゝ落葉かな 日野草城n
ざうざうと掃く音落葉多きやう 山口青邨
しぐれる落葉はそのままでよし 種田山頭火 自画像 落穂集
しだれざくら総身落葉したりけり 草間時彦 櫻山
しづかさをひいて落葉の音つたふ 長谷川素逝 暦日
しづかなる音のただ降る椎落葉 長谷川素逝 暦日
しめじめと落葉踏む音近づけり 上田五千石『風景』補遺
しめりたる落葉を焚きしことありし 高野素十
すずかけの落葉と人にかこまるる(茅舎賞受賞のため上京、本郷白十字にて記念会二句) 細見綾子
すずかけの落葉吹かるる方へ別る(茅舎賞受賞のため上京、本郷白十字にて記念会二句) 細見綾子
すずかけ落葉妻とは別に町にあり 安住敦
せせらげり落葉の嵩をくぐり出て 清崎敏郎
せつせつと落葉は己が木をくぐる 松村蒼石 雁
せゝらぎて日光通る落葉山 上田五千石『風景』補遺
その中の濡れし落葉も焚かれけり 稲畑汀子
それでよろしい落葉を掃く 種田山頭火 草木塔
そゝけたる梢銀杏の落葉かな 河東碧梧桐
たそがれの海の光りに落葉舞ふ 村山故郷
ただあるく落葉ちりしいてゐる道 種田山頭火 自画像 落穂集
ただひとり落葉を踏みて*たらつみに 飯田蛇笏 椿花集
ただ歩く落葉ちりしいてゐるみち 種田山頭火 自画像 落穂集
たつつけのみな神にして落葉かき 原石鼎 花影以後
たのむ木の椎の落葉をいまは踏む 山口青邨
たまさかの落葉の音のあるばかり 長谷川素逝 暦日
たれびとを夢にたづねん落葉宿 上田五千石『琥珀』補遺
ちぎれ飛ぶ落葉か鳥か撓(たわ)の空 佐藤鬼房
ちりこんだ杉の落葉や心ふと 正岡子規 心太
ちんどんやをちかた通る落葉宿 山口青邨
ちんどん屋いまははやらず街落葉 山口青邨
つぎ足してつぎ足してひろき落葉宿 山口青邨
つくづくと落葉つもりて象潟や 鷲谷七菜子 天鼓
とかくして不二かき出すや落は掻 正岡子規 落葉
ときをりは影となりつつ落葉掻 鷲谷七菜子 游影
とどこほるとみれば通ひて落葉川 上田五千石『天路』補遺
ともしびのあれば落葉のふるが見ゆ 山口青邨
とりに餌を門掃きてさて落葉焚 及川貞 夕焼
とろろそばなんどすすりて落葉茶屋 山口青邨
どうがんじさま時雨来て落葉して 草間時彦 櫻山
どうしても落葉踏まねば行けぬ路 鈴木真砂女 都鳥
どこをどう吹くも落葉の風となる 岡本眸
なおも続く 森の出口のキスと落葉 伊丹三樹彦
なほ暮れて落葉おのおの土の上 長谷川素逝 暦日
なんぼう考へてもおんなじことの落葉ふみあるく 種田山頭火 草木塔
ねぎらひのひと言かかる落葉掻 石田勝彦 秋興以後
ねんねこに母子温くしや夕落葉 中村汀女
はき出せぬ五尺の庭の落葉哉 正岡子規 落葉
はご掛けに大工をやとふ落葉哉 正岡子規 落葉
はじまりし落葉は母に言はで発つ 中村汀女
はらはらと落葉かさかさと老人 藤田湘子 てんてん
はらはらと身に舞かゝる木葉哉 正岡子規 落葉
ひつそりと落葉宿より出湯の香 鷲谷七菜子 天鼓
ひとすぢにこころ馳す落葉夕日なり 大野林火 冬青集 海門以後
ひとふるひ落葉して梢しづかなる 上田五千石『琥珀』補遺
ひねもすの霧に落葉の音もなし 清崎敏郎
ひもすがらみつむるのみや落葉ふる 石田波郷
ひややかに落葉見送るゆふべの木 飯田龍太
ひらひらと吾に落たる木葉哉 正岡子規 落葉
ひらりと礼落葉降る中走せながら 中村草田男
ひるからのあたたかさ落葉つもりけり 村山故郷
ひろひはさむ落葉あまりに大きくて 山口青邨
ふきまろぶ落葉にしかと大地あり 長谷川素逝 暦日
ふたたびす香港夜景落葉坂 中村汀女
ふとき幹落葉の土をぬいてたつ 長谷川素逝 暦日
ふりかゝる松の落葉や雀鳴く 正岡子規 散り松葉
ふりしきる落葉障子の火影にも 山口青邨
ふりつもる落葉におもてかくす水 山口青邨
ふりつもる落葉を蹴れば日にとどく 山口青邨
ふるみちのとぎれし落葉日和かな 鷲谷七菜子 花寂び
ほそほそと烟立つ茶屋の落葉かな 正岡子規 落葉
ほろほろとゐろりの木葉もえてなし 正岡子規 落葉
ほろほろと朝霜もゆる落葉哉 正岡子規 朝霜
みちのくの落葉さびしと彼は書く 山口青邨
みちのくの落葉しつくす林かな 村山故郷
むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋櫻子 葛飾
むさし野のまゝに住み古り落葉焚 及川貞 榧の實
むつつりとデリシヤス落葉踏み入りぬ 古舘曹人 能登の蛙
ものを書くうしろ落葉のしきりなる 山口青邨
やはらかに落葉かさみて濃山吹 松村蒼石 雁
やや動く一まい二まい日の落葉 鷲谷七菜子 一盞
ゆづらざる空のありけり栃落葉 石田勝彦 秋興以後
よき庭や苔に落葉に埋まるとも 阿波野青畝
よき落葉道ありて靴埋めたる 細見綾子
よくこぼし萩の落葉を掃く青畝 阿波野青畝
よく見れば落葉の水に蝦魚あそぶ 山口青邨
よびかけられてふりかへつたが落葉林 種田山頭火 草木塔
よべの虫がけろりと歩く落葉かな 渡邊水巴 白日
よぺ殊に星かがやきし落葉かな 村山故郷
らんらんと落葉の豹の瞳かな 平井照敏
わがための欅落葉のをり~に 高野素十
わがふれて節子の琴の落葉の音 山口青邨
わが住めば木々も落葉も植木村 石塚友二 曠日
わが去ればわが句碑のこる椎落葉 秋元不死男
わが庭の落葉の嵩を肯へり 安住敦
わが庭の落葉は掃かず跫音を 山口青邨
わが庵の更けては落葉の音するばかり 種田山頭火 自画像 落穂集
わが歩む落葉の音のあるばかり 杉田久女
わが立つにこの山寺のはや落葉 山口青邨
わが童女似る彼は亡く落葉降る 飯田蛇笏 家郷の霧
わが胸の落葉を拉(しだ)く鴻(おほとり)よ 佐藤鬼房
わが踏むを待ちて落葉の応へけり 相生垣瓜人 負暄
わが髪はわれとあたたか夕落葉 中村汀女
わらんべの酒買ひに行く落葉哉 正岡子規 落葉
をとつひのけふの墓前の落葉かな 岸田稚魚
をりからの月の落葉のうら表 中村汀女
アカシヤの落葉祭りの如くにも 石塚友二 磊[カイ]集
オムレツが上手に焼けて落葉かな 草間時彦
ガイド嬢マロニエ落葉踏んでゐる 阿波野青畝
クツシヨンの花燃ゆるなり落葉宿 山口青邨
クリスマスローズ莟あり落葉の中 山口青邨
サボテンの刺一枚の落葉刺す 山口青邨
シェパードの停る速さや楢落葉 渡邊白泉
ジャケツ厚し落葉焚き来し香をこめて 草間時彦 中年
スープに台皿 路上に雨の落葉の嵩 伊丹三樹彦
セーヌ流れわが靴音に落葉降る 深見けん二
ニコライの鐘の愉しき落葉かな 石田波郷
ピアノ鳴るうかれ落葉の風に舞ふ 上村占魚 鮎
マイセンの陶の貴人(あてびと)落葉宿 山口青邨
マッチ箱落葉へ拗りからなりし 阿波野青畝
マロニエの落葉を踏めば古き巴里 山口青邨
マロニエの黄金の落葉ペガサスも 山口青邨
メデイアとは落葉を運び去る水も 後藤比奈夫
ルネといふ店の白樺落葉かな 能村登四郎
ローソクの透きとほり燃ゆ落葉宿 山口青邨
ローソクを煙草の火とす落葉宿 山口青邨
一つづつ落葉に裏のついてゐし 後藤比奈夫
一としきり落葉して木はまた日を浴ぶ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
一人禰宜落葉箒を横使ひ 飯島晴子
一塵やけさ読む新聞松落葉 山口青邨
一宿す富士の裾野の落葉宿 細見綾子
一方向を得て落葉群移動せり 加藤秋邨
一枚の橡の広葉の落葉濡れ 上村占魚 球磨
一枚の神の落葉の影濃きも 高野素十
一枚の落葉となりて昏睡す 野見山朱鳥 愁絶
一枚の落葉一枚の羽机上閑 山口青邨
一眼に落葉一眼に泪溜め 安住敦
一籠の紅葉いくらぞ落葉掻 正岡子規 落葉
一茶の落葉、良寛の落葉わたしが掃く 荻原井泉水
一遍の図絵の祖父塚落葉焚く 松崎鉄之介
一隅に落葉をためて田の仕舞 能村登四郎
万両の落葉に埋もれつつ赤し 山口青邨
三つ栗の其の落葉の一つかや 河東碧梧桐
三人となり落葉掻何を笑ふ 星野立子
三代の嵐九代の落葉かな 正岡子規 落葉
三尺の庭に上野の落葉かな 正岡子規 落葉
三日見ねば総落葉してやすけしや 角川源義
下闇に光る銀杏の落葉かな 正岡子規 銀杏落葉
下馬札の奥は銀杏の落葉かな 内藤鳴雪
不眠にて落葉火の燃えしぶりたる 細見綾子
世に古ぶおくるるごとし落葉籠 岡井省二 五劫集
丘落葉島の夕焼長からず 村山故郷
両の手をさびしがらせて落葉焚く 鷹羽狩行
中天に舞はせて磴の落葉掃く 上野泰 佐介
中庭の落葉となり部屋部屋のスリツパ 尾崎放哉 須磨寺時代
久しぶりに妹がり行けば落葉哉 正岡子規 落葉
二つあるゆゑ耳塚よ松落葉 阿波野青畝
二の酉の落葉月夜となりにけり 草間時彦
二三枚木葉しづみぬ手水鉢 正岡子規 落葉
二三枚落葉沈みぬ手水鉢 正岡子規 落葉
二三疋落葉に遊ぶ雀かな 村上鬼城
二僧都のかたみに鳴るや落葉中 山口青邨
二日雨の泊りの落葉殖やしたる 大野林火 飛花集 昭和四十六年
五六枚さらに加はる落葉の火 鷹羽狩行
亦も肩をすくめて 失語の 落葉のパリ 伊丹三樹彦
京に生れ落葉の奥の奥にく 西東三鬼
亭々とそびえて暮るる落葉の木 飯田龍太
人の焚く落葉のかさを見て過ぎし 中村汀女
人の目に朝日とびつく落葉かな 岡本眸
人の香を断ちたる径の落葉かな 鷲谷七菜子 游影
人は祷り犬尿し去る落葉の刻 岸田稚魚 負け犬
人丸が好きで落葉を掃きにくる 後藤比奈夫
仄とある落葉明りや思慕に似て 安住敦
今宵おひまの射的屋老人 落葉に雨 伊丹三樹彦
今日の日の黄なる落葉に逍遥す 川端茅舎
今日もまた一斗許りの落葉かな 正岡子規 落葉
仏頭の埋もれもせで落葉山 鷲谷七菜子 天鼓
仕方なきことかも知れず落葉降る 星野立子
佇めば水が落葉をくゞる音 清崎敏郎
佐久佐女の森の落葉の紅一枝 大野林火 方円集 昭和四十九年
何か足らないものがある落葉する 種田山頭火 草木塔
何の落葉刻を深く黄にして大き 山口青邨
何を待つ日に日に落葉ふかうなる 種田山頭火 草木塔
修験とは落葉かく踏み岩かく踏み 後藤比奈夫
俸給の薄さよ落葉と舞はせたし 林翔 和紙
個は全や落葉の道の大曲り 西東三鬼
停電の闇に眼をあげ落葉きく 臼田亜郎 定本亜浪句集
傷兵と犬居てしろし落葉昏る 細谷源二 鐵
元日の門前に来る子と落葉 飯田龍太
光より人あらはれぬ山毛欅落葉 鷲谷七菜子 游影
入院や葉脈あざやかなる落葉 西東三鬼
八一逝くつぶやくごとく落葉散る 有馬朗人 母国
八月の櫻落葉を掃けるかな 富安風生
公園の木椅子に凭るは落葉聴く 安住敦
公園の落葉の椅子の隣同士 中村汀女
公園の飼へる狐に落葉降る 山口青邨
内陣に御あかし搖ぐ落葉かな 内藤鳴雪
円山もしづかな日あり落葉降る 後藤比奈夫
冬籠家は落葉にうもれけり 正岡子規 冬籠
冬落葉石垣照らしだす電灯 廣瀬直人 帰路
凍落葉銀閣寺出て煙草喫ふ 百合山羽公 寒雁
凩に舞ひあがりたる落葉哉 正岡子規 凩
凩の外は落葉の月夜哉 正岡子規 凩
出征のあと突風に落葉敷きぬ 渡邊水巴 富士
切株と思へば石や落葉降る 山口青邨
初日うらうら草の戸落葉深きまま 山口青邨
別れたる銀座に欅落葉かな 松崎鉄之介
刻々と土の落葉の暮るるのみ 長谷川素逝 暦日
前をゆく人にはらはら落葉かな 山口青邨
加賀町の宵のさびしさや落葉風 村山故郷
励みとも嘆きとも日の落葉樹 廣瀬直人
匂ふ落葉光は行方さだまらぬ 鷲谷七菜子 銃身
北窓の落葉明りや妻の肩 草間時彦 中年
十字架のうしろ明るし落葉して 津田清子
十月の楡の落葉をはやふみて 山口青邨
十王の落葉を踏んで長命寺 星野麥丘人 2004年
半跏して病も古りぬ落葉ふる 石田波郷
卍の金高く落葉の降る中に 山口青邨
南面の落葉微塵や穴施行 森澄雄
厚落葉より水にじみ修道院 鷹羽狩行
厚落葉踏む父母よりも師の恩に 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
厭戦の巌反戦の落葉降る 飯田龍太
厳めしく門立てり落葉ふりやまず 種田山頭火 自画像 層雲集
又別のところに焔落葉焚 深見けん二
受話器に受く母国語窓に降る落葉 有馬朗人 母国
古き樹の残りて街に落葉ふる 山口青邨
古家や狸石打つ落葉の夜 正岡子規 落葉
古文書を時かけて読む落葉の日 鷲谷七菜子 一盞
古池に落葉つもりぬ水の上 正岡子規 落葉
句碑の字の情にふれてふる落葉 山口青邨
吐き出して落葉を惜しむ滝の渦 前田普羅 飛騨紬
含羞みて うつくしかりき 落葉の中 富澤赤黄男
吹かれゆく心落葉の風の中 長谷川素逝 暦日
吹きあがる落葉かかる夜笑はずや 加藤秋邨
吹きあがる落葉にまじり鳥渡る 前田普羅 飛騨紬
吹きおろす木葉の中を旅の人 正岡子規 落葉
吹きたまる紅葉落葉の玄関に 山口青邨
吹きたまる落葉の墓や吾子いかに 角川源義
吹きたまる落葉や町の行き止まり 正岡子規 落葉
吹きよせられてゆふべは落葉おちつく 種田山頭火 自画像 落穂集
吹き下す風の木の葉や壇かつら 正岡子規 落葉
吹き下す風の落葉や背戸の山 正岡子規 落葉
吹き入れし石燈籠の落葉哉 正岡子規 落葉
吹溜りへところがれる風落葉 阿波野青畝
吾を負ひし兄の背老いぬ落葉焚 岡本眸
呼吸惜しむ老にひとひらづつ落葉 林翔 和紙
唇もチーズもうすく落葉おわる 橋閒石 風景
啄むもの あるから鳩が 落葉の墓 伊丹三樹彦
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子 葛飾
四五枚の木の葉掃き出す廓哉 正岡子規 落葉
団栗の己が落葉に埋れけり 渡邊水巴 白日
国分尼寺らしく赤松落葉かな(備中国分尼寺跡六句) 鷹羽狩行
園丁と鶴と暮れゐる落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
園丁の焚くゆりの木の落葉かな 星野麥丘人
團栗の共に掃かるゝ落葉哉 正岡子規 落葉
團栗もかきよせらるゝ落葉哉 正岡子規 団栗
土と暮れ落葉は闇にもどりけり 長谷川素逝 暦日
地があからさまに落葉す動物園 右城暮石 声と声
地で売るは 落葉か アクセサリか 原宿 伊丹三樹彦
地に敷いて朝の落葉のささやかず 長谷川素逝 暦日
地に敷いて落葉のしじまときにあり 長谷川素逝 暦日
地のしじま落葉のしじま敷きにけり 長谷川素逝 暦日
地を見つめをりまたたくに落葉積む 松村蒼石 雁
地を走る落葉さへぎるものもなし 上野泰 佐介
地車や石を積み行く落葉道 正岡子規 落葉
坂の上の落葉つややけし海が見ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
坂の上の風ひびき来る落葉かな 村山故郷
垣間見し落葉焚く火の清かりし 相生垣瓜人 負暄
城あとの桜落葉に心止め 上村占魚 球磨




城跡の窪は落葉の寄合場 山口誓子
城門を入るより桜落葉はや 福田蓼汀 山火
堀割の道じくじくと落葉哉 正岡子規 落葉
塔の下に来し静けさを落葉かな 村山故郷
塔の下に雀来遊ぺ降る落葉 村山故郷
塔の森落葉煙の出し今朝よ 川端茅舎
塵労やはらりはらりと松落葉 安住敦
境内の落葉鎮めしよべの雨 稲畑汀子
境内は賑やかなれど落葉哉 正岡子規 落葉
墓うづむ落葉の上の落葉かな 福田蓼汀 山火
墓の面を斜めに迅し青落葉 中村草田男
墓の面落葉煙にこそはゆき 川端茅舎
墓は日々落葉燻しにあひつれど 川端茅舎
墓守を ただに嘆かす 欅落葉 伊丹三樹彦
墓山へ落葉の下の傾斜踏み 鷹羽狩行
墓山へ落葉踏む音高みつつ 鷹羽狩行
夕べ落葉たいて居る赤い舌出す 尾崎放哉 須磨寺時代
夕日さしけふの落葉の落かさむ 右城暮石 句集外 昭和三年
夕焼くる落葉見てたてり故もなく 大野林火 冬青集 海門以後
夕焼の中落葉舞ふ二三片 山口青邨
夕風や木の葉吹き寄する石疊 正岡子規 落葉
外側からガラス拭く手にふと落葉 加藤秋邨
多度山を在所と告げて落葉掃く 松崎鉄之介
夜が来れば東西わかぬ落葉宿 福田蓼汀 山火
夜のなやみあしたにうすれ落葉焚く 飯田蛇笏 雪峡
夜の目にもあらあらと敷く落葉かな 清崎敏郎
夜の落葉焚ける煙に火色映ゆ 右城暮石 句集外 昭和五十一年
夜の落葉降るしづけさに眠るべし 安住敦
夜も落葉失ふことのみ多き日々 岡本眸
夜嵐やどこの落葉を鳰の海 正岡子規落葉
夜昼となく常盤木に落葉舞ひ 飯田龍太
夢窓國師落葉微塵に去りたまふ 川端茅舎
大いなる死は日と炎えて松落葉 渡邊水巴 富士
大わたや落葉ふむ音のみの道 及川貞 夕焼
大地に落ちたもうて仏頭、落葉こんじき 荻原井泉水
大塵穴椎の落葉を貪れる 富安風生
大学に来て踏む落葉コーヒー欲る 中村草田男
大学の留守落葉降りブザア鳴り 楠本憲吉 隠花植物
大寒の落葉みださず仔犬来る 飯田龍太
大寺の屋根にしづまる落葉哉 正岡子規 落葉
大巖の面を起し落葉のせ 清崎敏郎
大庭や落葉もなしに冬木立 正岡子規 冬木立
大木に従ひ立ちて落葉踏む 松本たかし
大木の二本竝んで落葉哉 正岡子規 落葉
大村の鎮守淋しき落葉かな 正岡子規 落葉
大根を引きたる穴の落葉かな 川端茅舎
大欅夜を紅葉せり落葉せり 相馬遷子 山国
大男桜落葉を焚くに侍す 飯島晴子
大落葉追ひ小落葉の駆けてをり 上野泰
大足の中学生に落葉の帰路 細見綾子
大風の落葉にまじり栗礫 福田蓼汀 山火
夫の咳わが身にひゞき落葉ふる 桂信子 月光抄
夫も無言に靴音合はす落葉坂 岡本眸
夫亡くし来るや落葉の水溜り(南ひさ子さん二句) 細見綾子
夫恋へば落葉音なくわが前に 桂信子 月光抄
奔り出す緋縅落葉一騎あり 林翔
奥で笑ひ声がした落葉 尾崎放哉 小豆島時代
女手の音は小刻み落葉掻く 後藤比奈夫
女来て松落葉掻くことはじむ 安住敦
好日の落葉をのせるたなごころ 飯田蛇笏 白嶽
妄想の火色育ちぬ落葉焚 石塚友二 光塵
妹が垣根古下駄朽ちて落葉哉 正岡子規 落葉
妻出でて霜の落葉をはきにけり 原石鼎 花影以後
姫沙羅の幹美しき落葉かな 安住敦
娘の来る日落葉を焚いてものを煮て 鈴木真砂女 夕螢
媼掃く孔子に仕へ椎落葉 山口青邨
子と掻けば落葉喜び舞ふごとし 小林康治 四季貧窮
子にうけて雨が綺麗や落葉山 岡本眸
子には未来が 落葉掬っても こぼしても 伊丹三樹彦
子を売る如しおろおろ落葉の木 岡本眸
子供等ももてなす心落葉焚く 高野素十
存念の箒目正す落葉かな 星野麥丘人
季はかく過ぎぬ落葉に落葉積み 鷹羽狩行
学園祭後の荒涼に舞ふ落葉 能村登四郎
学生の足音の来る落葉坂 稲畑汀子
孫と寝て朝孫童子と落葉焚く 及川貞 夕焼
実桜も地に印す松落葉かな 河東碧梧桐
宮守の賽錢ひろふ落葉かな 正岡子規 落葉
宵闇の水うごきたる落葉かな 渡邊水巴 白日
家のぐるり落葉にして顔出してゐる 尾崎放哉 小豆島時代
家長のさびしさ持ちて落葉踏む 大野林火 冬青集 海門以後
容よき墓のうしろも落葉かな 星野麥丘人
寒さころがる落葉が水ぎわでとまつた 尾崎放哉 須磨寺時代
寒山も拾得も居ぬ落葉かな 相生垣瓜人 負暄
寒山も近寄つてくる落葉焚 飴山實 次の花
寝たり起きたり落葉する 種田山頭火 草木塔
寝てよりの落葉月夜を知つてをり 森澄雄
小手かざす日和の落葉はじまれる 中村汀女
小浅間や樅の直ぐなる落葉みち 雨滴集 星野麥丘人
小禽むれ霜枯る山梨落葉せり 飯田蛇笏 山響集
小鳥来る太陽と落葉のみの庭 相馬遷子 山河
尼寺の佛壇淺き落葉かな 正岡子規 落葉
尾根落葉しつくして青空の冴ゆ 村山故郷
尾根近く日輪曇る落葉かな 村山故郷
尾長らと落葉踏みなどしてみたし 石田波郷
屋根に落葉目に見えてくらしつまりゆく 大野林火 早桃 太白集
屋根の落葉をはきをろす事を考へてゐる 尾崎放哉 須磨寺時代
屋根まろぶ落葉女はつねに待つ 野澤節子 未明音
屑籠のとなりに銀杏落葉籠 鷹羽狩行
屯して落葉あたためあふ窪み 鷹羽狩行
山に入るいきなり杜の落葉かな 山田みづえ 草譜
山の井の魚淺く落葉沈みけり 正岡子規 落葉
山の日はうなじにぬくし落葉踏む 福田蓼汀 山火
山を離れて青空の落葉かな 松村蒼石 雁
山中や落葉のぬくみ土の上に 桂信子 花影
山吹の落葉し盡す露の川 飯田蛇笏 家郷の霧
山国に山の雨降る落葉かな 草間時彦
山土の掻けば香にたつ落葉かな 飯田蛇笏 霊芝
山妻は落葉吹雪に声を挙ぐ 山口青邨
山息吹く須叟青天の修羅落葉 石塚友二 光塵
山晴れをふるへる斧や落葉降る 飯田蛇笏 霊芝
山松をまづけぶらしぬ落葉焚 水原秋櫻子 殉教
山椒魚とありて落葉の降るばかり 安住敦
山湖に浮く侠気の白鳥落葉期 金子兜太
山茶花の垣に銀杏の落葉哉 正岡子規 山茶花
山落葉し尽くして湖のしじま守る 村山故郷
山落葉猟夫口笛に犬を呼ぶ 村山故郷
山行けば御堂御堂の落葉かな 正岡子規 落葉
山鳩のむせぶ声かも落葉焚 水原秋櫻子 餘生
山鳩よ今朝はいづこの落葉焚 水原秋櫻子 餘生
岡ぞひの家低く子に夕日さす 正岡子規 落葉
岡ぞひの蕎麦まだ刈らぬ落葉哉 正岡子規 落葉
岩に落葉表裏生死のごとくあり 福田蓼汀 秋風挽歌
巡禮一人風の落葉に追はれけり 正岡子規 落葉
左右にある殉死の塚の落葉かな 河東碧梧桐
師と吾の間に落葉の忌日かな 草間時彦 櫻山
師の墓前落葉囁きくるるのみ 上野泰
幕あけばその他大勢落葉掃く 平畑静塔
干網に吹きためられし落葉哉 正岡子規落葉
干鮎も落葉のかをり朝の皿 飴山實 次の花
幸うすき人と思ひて落葉踏む 高野素十
幹撫でて去るべき楡は落葉して 石田勝彦 秋興以後
幼な貌の我と歩きたき落葉かな 渡邊水巴 白日
幼子の死に雲ふかし落葉降る 飯田蛇笏 椿花集
幾秋の落葉の宮の絵馬のもと 中村汀女
庖刀に身をかまへたる落葉哉 正岡子規 落葉
庖刀に身搆へしたる落葉哉 正岡子規 落葉
座右ただ置き申す仏落葉宿 山口青邨
庭の木にはごかけて置く落葉哉 正岡子規 落葉
庭の木に尾長鳥來て居る落葉哉 正岡子規 落葉
庭落葉今日の憂ひは今日捨てむ 村山故郷
庭落葉掃かず積りて心ゆたか 山口青邨
庵主のしか嘆かひそ庭落葉 伊丹三樹彦
庵寂びぬ落葉掃く音風の音 正岡子規 落葉
廃園のさきがけにけり落葉焚 水原秋櫻子 餘生
延寶の立石見ゆる落葉かな 正岡子規落葉
弓杖に人の彳む落葉哉 正岡子規 落葉
後山の夕焼刻を落葉鳴る 飯田蛇笏 椿花集
御徒歩のこの落葉ふみ給ふとか 富安風生
御手の上に落葉たまりぬ立佛 正岡子規 落葉
御手洗の水かれかれに落葉哉 正岡子規 落葉
御猟地の役人落葉道に見ゆ 大野林火 早桃 太白集
徳利提げて巫女歸り行く落葉哉 正岡子規 落葉
忍坂や御陵の落葉屋根に敷き 大野林火 方円集 昭和五十一年
忍路の落葉踏む音いかにせん 山口青邨
志うごきいでたり落葉蹴る 阿波野青畝
忙中の閑のふりして落葉焚き 鷹羽狩行
思惟の落葉懐古の落葉とて拾ふ 後藤比奈夫
急に能が見たくなりたり落葉の香 能村登四郎
急に顔おほひて泣けり落葉焚 岡本眸
悉く樫の落葉の裏表 高野素十
悟りなき禅僧のごと落葉せり 平井照敏
悪童の去りし夕べの 落葉の池 富澤赤黄男
悲しみを今は語らずただ落葉 稲畑汀子
我が供華真赤椎落葉から薮柑子 中村草田男
我が思ふ白い青空ト落葉ふる 高屋窓秋
或る枝の澄みて始めし落葉かな 平畑静塔
戦場の血の旗かざり落葉館 鷹羽狩行
扇なす谷にながらへ落葉焚く 佐藤鬼房
手がかりのすぐ消え渓の落葉はや 福田蓼汀 秋風挽歌
手が見えて父が落葉の山歩く 飯田龍太
手なし猿片手を杖に落葉坂 角川源義
手袋のうつくしき落葉にぎりゐる 山口青邨
打ち返しある山畑の落葉かな 渡邊水巴 白日
打仰ぎ落葉する木にもたれけり 松本たかし
折折の落葉に囮鳴きつづけ 清崎敏郎
拝殿の鈴の佳きおと落葉山 鷲谷七菜子 游影
拾得の向うむきなる落葉焚 飴山實 次の花
捨てゝ置く箒埋めて落葉かな 正岡子規 落葉
捨舟の落葉掃き出す日和かな 正岡子規 落葉
掃かずとも好いという落葉老妻掃いている 荻原井泉水
掃きよせし落葉に消えし焚火かな 上野泰
掃きよせて落葉山の如くまたうれし 山口青邨
掃き了へて落葉をとむる箒かな 飯田蛇笏 椿花集
掃き寄せておいて落葉をまだ焚かず 安住敦
掃き寄せる松の落葉や鹿の糞 内藤鳴雪
掃き掃いて落葉の庵をひとめぐり 山口青邨
掃き溜めの落葉現る雪消えて 右城暮石 句集外 昭和四十四年
掃除婦に御苑の落葉逆はず 後藤比奈夫
提琴が行く街路樹の落葉あび 有馬朗人 母国拾遺
播けば生えてあをあをとして落葉する中 種田山頭火 草木塔
改宗祠は島頂 落葉が足奪う 伊丹三樹彦
敗残や落葉の上を落葉飛び 岡本眸
教会の落葉道ゆく吾を追ふ 細見綾子
散るまゝに吹かるゝまゝに庭落葉 相馬遷子 山河
散るを掃き掃くを燃やして木葉哉 正岡子規 落葉
散る木の葉風は縦横十文字 正岡子規 落葉
散ればたき散れば焚きして木の葉哉 正岡子規 落葉
文づかひ待たるる落葉焚火かな 上田五千石 天路
文化の日欅の落葉道うづめ 相馬遷子 山国
文机に落葉聖書にうす埃 石川桂郎 含羞
文鳥を葬りて暮れし落葉かな 村山故郷
断層の意識 落葉は降りやまず 富澤赤黄男
新しき箒に落葉従へり 上野泰 佐介
新月や掃き忘れたる萩落葉 飯田蛇笏 霊芝
新聞紙値上りぬ落葉俄かなり 石田波郷
旅したしとも思はずなりぬ落葉ふる 石田波郷
旅どこも小学校に落葉せり 大野林火 方円集 昭和四十九年
旅人にからまつ落葉きつねいろ 高田風人子
旅人は休まずありく落葉の香 前田普羅 飛騨紬
日々溜る落葉の嵩を嘆くまじ 安住敦
日々落葉ゆき夜々ねむる落葉宿 大野林火 冬雁 昭和二十一年
日々落葉夫の仕事にわれ無力 岡本眸
日々落葉昨夜の椅子にまた坐り 岡本眸
日々落葉空を拡げてゆきにけり 稲畑汀子
日のぬくみ落葉にたまる月の坂 角川源義
日の当るところに出でし落葉掻 岸田稚魚 紅葉山
日は雲の絶間より鵙の啼く落葉 渡邊水巴 富士
日もすがら落葉を焚きて自愛かな 松本たかし
日当りて桜は落葉しはじめぬ 岸田稚魚 紅葉山
日当りて落葉を急ぐとも見えず 高田風人子
日当れば落葉にまがふ山の蝶 福田蓼汀 秋風挽歌
日溜りが落葉溜りや榛の径 星野麥丘人
日溜りの落葉溜りの噴井かな 佐藤鬼房
旧友に逢へるかも落葉降る道を 渡邊水巴 富士
早春の日なたの落葉くだけつつ 三橋敏雄
明日は発つこころ落葉を手に拾ふ 長谷川素逝 砲車
明日師の忌けふ父の忌の落葉焚く 山田みづえ 手甲
星空や落葉の上を精進まで 前田普羅 普羅句集
星遠しといへど落葉木の伸ばす枝 細見綾子
時間にもありたる密度落葉踏む 後藤比奈夫
時雨ふり鵯鳴き移り落葉中 右城暮石 句集外 昭和四年
時雨忌のあとさきなるや落葉掃 平畑静塔
時雨忌をまたこの落葉道歩く 野見山朱鳥 幻日
時雨来て濡らし濡らせり栗落葉 山口青邨
晝中の小村淋しき落葉かな 正岡子規 落葉
晩鐘と落葉にロザリオ月終る 有馬朗人 母国拾遺
晴天に落葉狂へる猿茸 飯田龍太
暗き眼に落葉明りの浄土変 安住敦
暮るゝ日や落葉の上に塔の影 尾崎放哉 大学時代
暮れかけて落葉こそこそ子安神 森澄雄
暮れてゆく落葉おのおのおのが位置 長谷川素逝 暦日
曇り日の落葉掃ききれぬ一人である 尾崎放哉 須磨寺時代
更くる夜を落葉音せずなりにけり 正岡子規 落葉
書きとむる落葉日記の二三行 山口青邨
書を移していまは落葉す林崎 山口誓子
書屋ともすまだ見えてゐてふる落葉 山口青邨
書庫の径だんだん落葉深くして 山口青邨
書架の本みな生きてをり落葉宿 山口青邨
最上川落葉一枚づつ流す 山口青邨
月のゆめを見しおもひ出や落葉焚く 飯田蛇笏 山廬集
月の出やはらりはらりと木の葉散る 正岡子規 落葉
月の面の穢の鮮かに落葉かな 原石鼎 花影
月光は天へ帰らず降る落葉 野見山朱鳥 愁絶
月明の海や落葉を吹きかへす 加藤秋邨
月明の落葉踊れり槻一樹 草間時彦 中年
有朋公ここに眠れり椎落葉 山口青邨
朝ごゝちみだすものなく落葉焚く 及川貞 夕焼
朝に夕に落葉掃く日のなほありや 桂信子 草影
朝月の光り差したる落葉谷 松村蒼石 雁
朝濡るる落葉の径はひとり行かな 長谷川素逝 砲車
朝霜をおきあつめたる落葉哉 正岡子規 朝霜
木の実落つ音の落葉にせつかちに 長谷川素逝 暦日
木の股に妻の目があり庭落葉 平井照敏 猫町
木の葉はらはら幼子に逢ふ小阪かな 正岡子規 落葉
木の葉をりをり病の窓をうつて去る 正岡子規 落葉
木の葉散る奥は日和の天王寺 正岡子規 落葉
木木痛し戀しき松は松落葉 三橋敏雄
木枯や湖に落葉のなだるる音 村山故郷
木立ふかく椿落ちゐし落葉かな 杉田久女
木莵引や落葉と降りし四十雀 水原秋櫻子 旅愁
木賊叢濁世を隔て落葉浴び 飯田龍太
末枯の漆落葉を踏み行きぬ 河東碧梧桐
本陣は色鳥こばれ落葉ふり 山口青邨
朽ちきれぬ落葉がうごき山の昼 鷲谷七菜子 一盞
朽ちてゆく落葉に埋もれ石地蔵 星野立子
杖曳いて桜落葉の日向あり 森澄雄
杣みちや剣抜き落葉暮れ残す 石川桂郎 高蘆
東京の落葉はじまる灯影かな 岡本眸
松立つて漁村の銀杏落葉かな 河東碧梧桐
松籟に日はかくれたる落葉かな 原石鼎 花影
松茸を引いて穴あく落葉かな 三橋敏雄
松落葉こぼるゝ海人の畠にて 飴山實 辛酉小雪
松落葉日ごと掻きては砂均らす 山口青邨
板前もしばらくはゐる落葉焚 能村登四郎
板屋根の泥になるまで楢落葉 前田普羅 飛騨紬
林中に来てたのし落葉降りつもる 村山故郷
林中の雨ひびきあふ落葉かな 村山故郷
林道の日暮落葉のにはたづみ 松村蒼石 雪
林間や落葉掻く子に夕日さす 正岡子規 落葉
枝々が醸す夕靄落葉後 林翔 和紙
枝も踏み鳴らして通る落葉墓地 鷹羽狩行
枝縫ひてしだれざくらの落葉かな 草間時彦 櫻山
枝股にメタセコイヤの落葉積み 高浜年尾
枯曼にメカニズム落葉理論もつ 山口青邨
枯菊を見れば落葉に芽をふける 右城暮石 句集外 昭和五年
枯葉朽葉中に銀杏の落葉哉 正岡子規 落葉
柊の落葉侮れば人を刺す 阿波野青畝
柏落葉厭ふべきものに顔ひぬ 草間時彦 櫻山
柔かに褥敷せる落葉かな 富安風生
栄華のあとの落葉きれいに掃いて旅館とする 荻原井泉水
栗の菓子鄙びて落葉聴く如し 水原秋櫻子 餘生
栗鼠くるかピーターパンまで落葉径糸 山口青邨
栗鼠跳ねて深山落葉の音覚ます 鷲谷七菜子 花寂び
栴檀の落葉焚くただの火にあらず 山口青邨
案内され踏む落葉とは贅沢な 後藤比奈夫
桐落葉乾ける土を叩くなり 上村占魚 球磨
桑落葉冬草しげくなりにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
桜落葉髪にひらひら登高す 角川源義
梅の木の落葉毎朝二つ三つ 高野素十
梅落葉する閑雅さよ菊の上(奥多摩吉野梅林) 細見綾子
梢よりすぐに加はり落葉焚き 鷹羽狩行
森の中句碑あり落葉降りつもる 山口青邨
森の中夕暮早し落葉焚く 福田蓼汀 山火
森の息木の息落葉籠の息 鷹羽狩行
森淋し小娘一人落葉掻く 正岡子規 落葉
森落葉見つむる木菟の眼やあらむ 大野林火 早桃 太白集
椋の木に尾長鳥來て居る落葉哉 正岡子規 落葉
椋落葉黄菊すがれとなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
植木屋の無口めでたし松落葉 石川桂郎 四温
椎の實のまじる槻の落葉哉 正岡子規 椎の実
椎の實を探す槻の落葉哉 正岡子規 椎の実
椎の闇しきりに椎の落葉かな 山口青邨
椎大樹鬱然として落葉する 山口青邨
椎落葉しげぎ官庁街を通ふ 松崎鉄之介
椎落葉めがけ雀も逆落し 中村汀女
椎落葉白金長者ここに棲みき 山口青邨
椽に干す蒲團の上の落葉哉 正岡子規 落葉
楠落葉に点火 教会裏を嘆き 伊丹三樹彦
楠落葉降ること~宮仕ヘ 高野素十
楡落葉しんじつ生きて口ぬらす 佐藤鬼房
榎とは知れる榎の落葉哉 正岡子規 落葉
樟落葉間遠にちりて歩々の苔 飯田蛇笏 家郷の霧
樫の落葉椎の落葉や庭の隅 正岡子規 落葉
樫落葉踏みしに急に山の冷え 岸田稚魚 紅葉山
樫落葉雀のこゑを夕方に 燕雀 星野麥丘人
樹々の影落葉の上に新たなる 野見山朱鳥 愁絶
樹に倚れば落葉せんばかり夜寒かな 渡邊水巴 白日
橋寺や花をまぶして落葉掻 岸田稚魚
橡落葉筒袖童子風の神 森澄雄
橡落葉踏みてひとりの音韻かす 安住敦
櫟林落葉しつくし句碑はあり 山口青邨
欅落葉少しの風が誘ふなる 細見綾子
欅落葉敏きが石の円卓に 細見綾子
欲しきものマッチ白墨落葉踏む 岡本眸
止り木に孔雀城頭落葉して 山口誓子
此処に又落葉掃きためマッチすり 星野立子
歩くことも大事な齢落葉降る 岸田稚魚 紅葉山
歳の瀬流るる落葉を流してつばきしがらみ 荻原井泉水
歴日や身辺の句を落葉と溜め 安住敦
死ねば落葉被し山椒魚に似るか 大野林火 方円集 昭和五十一年
残る虫落葉の底の闇に栖む 大野林火 早桃 太白集
残菊に触るる落葉や我が絵筆 上野泰
母と子に落葉の焔すぐ尽きぬ 橋本多佳子
母の忌の桜落葉や妻の辺に 草間時彦 中年
比売神の火伏せの銀杏落葉かな 燕雀 星野麥丘人
水が享く夕深空や落葉して 鷲谷七菜子 銃身
水ごころ熱くて落葉を掃きいたり 橋閒石 微光
水なき喫泉落葉了へたる一樹下に 草間時彦 中年
水に浮く落葉自由といふことなし 後藤比奈夫
水の上に色をうかべし落葉かな 山口青邨
水の上の落葉や月の夜を沈む 桂信子 月光抄
水の上帆かけて走る落葉あり 山口青邨
水ゆたか落葉ゆたかや渡岸寺 草間時彦 櫻山
水付いて舞ふこともなき落葉かな 佐藤鬼房
水流れ鶺鴒歩み落葉敷き 清崎敏郎
水無月の木蔭によれば落葉かな 渡邊水巴 白日
水無月の落葉するなり心太 日野草城
水無月の落葉とどめず神います 水原秋櫻子 餘生

以上
by 575fudemakase | 2016-11-15 14:54 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26380137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング