落葉 の俳句

落葉 の俳句

落葉 1(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25112426/

落葉 2(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25112418/

落葉 3(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25112407/


落葉 補遺 1(←ここをクリック)

落葉 補遺 2(←ここをクリック)

落葉 続補遺

あかぎれの膏薬つゝむ落葉哉 木導
あさ~や落葉掻下す屋根のうへ 井上士朗
あちこちとして居りたる落葉哉 黒柳召波
あはれなる落葉に焼や嶋さより 荷兮
いとゞ日のみじかいやうに落葉哉 牧童
うごく哉落葉が下の土龍 一笑(金沢)
かくれ家の心に浅き落葉かな 晩得 哲阿弥句藻
かけり行犬にむらだつ落葉哉 三宅嘯山
からかさに来てはそれ行落葉哉 正秀
から堀に心のまゝの落葉かな 水国 たつのうら
かゞり火の中へ空しき落葉かな 小西来山
がさつくや膳棚までもむら落葉 鈴木道彦
こがらしの落葉にやぶる小ゆび哉 杜国
この比の畳ざはりも落葉かな 成美 成美家集
さびしさにたへし跡ふむ落葉哉 西山宗因
さりとては音のしてくる落葉哉 井上士朗
さゝばゆふ落葉をくゞるあられかな 杜若
しのばるゝ人の顔出す落葉哉 紫貞女
つかねたる手にさはる迄落葉哉 桜井梅室
どの寺の落葉がくるぞ寺泊 鈴木道彦
はつゆきや落葉拾へば穴が明 千代尼
はつ雪や何は落ずと落葉山 土芳
はつ雪を持ちからなく落葉かな 杉風
ひいふうみ落葉分たる長慶寺 土性 嵐雪廿七周忌追善集
ひた~と落葉地につく時雨かな 桃妖
ほれ~と日を抱く庭の落葉哉 桜井吏登
ほれ~と日を抱庭の落葉かな 吏登 史登句集
ほろ~と夏の落葉やかんこ鳥 加藤曉台
まかすれば落葉にせまる戸口哉 加舎白雄
みの虫のさかりの枝の落葉哉 正秀
みの虫の無事を問るゝ落葉哉 田川鳳朗
みの虫を撃ことなかれ落葉かき 加藤曉台
むら落葉桶干す日さへもたぬ家歟 鈴木道彦
やかましき余所の落葉を尻目哉 夕道
一度の花もはらりと落葉哉 凉菟
一日南あてゝ屋根はく落葉かな 田川鳳朗
中窪き径わび行落葉かな 炭太祇
二度までは箒とりたる落葉哉 高井几董
人疎し落葉のくぼむ森の道 炭太祇
仏達をものゝ落葉にのせ申 松窓乙二
其比の落葉もあらじ植木原 土芳
出来町のふるがね店に落葉かな 露川
初はなや花の辺の落葉かき 加藤曉台
参銭の音まれ~に落葉哉 支考
又春の来るとも見えぬ落葉かな 蓼太 蓼太句集初編
友どちや落葉かく子の後ロ紐 三宅嘯山
名のないはひとひらもなき落葉哉 田川鳳朗
吹ためて水に色添ふ落葉かな 松岡青蘿
啄木の木つゝく度に落葉哉 破笠
土橋や落葉吹わたすあらし山 三宅嘯山
塩買てかへる径や落葉時 松窓乙二
塩買ひてかへる径や落葉時 岩間乙二
声あげて風にはしるや落葉掻 卓池
夏枯の澪木を蛎の落葉かな 木因
夜すがらや落葉の音にそふこゝろ 田川鳳朗
宮つこの闇の顔うつ落葉哉 黒柳召波
宮守が俵につめたる落葉哉 正秀
宿替の荷物にあるゝ落葉哉 吾仲
寂しさを俵にもする落葉かな 菊塢 発句題叢
寒くとも三日月見よと落葉かな 素堂
寺ゆかし山路の落葉しめりけり 黒柳召波
尊さをおもへ落葉の破衣 中川乙由
小社や落葉の中の鬼がはら 許六
小藪まで入まはりけり落葉掻 鈴木道彦
尤と落葉に思へけさの霜 諷竹
山の気色はらりとかはる落葉哉 尚白
山中や笠に落葉の音ばかり 田上菊舎
山椒の本へ戻て落葉かな 芙雀
山鳥のひとり寐に行落葉哉 成田蒼虬
川渡る音や落葉に高足駄 牧童
川澄や落葉の上の水五寸 炭太祇
常盤木の大心なる落葉哉 松窓乙二
平庭や落葉のあるゝ砂の上 非群
幾落葉それ程袖を綻びず 荷兮
庭鳥の足でかまつた落葉かな 許六
待うけて経かく風の落葉哉 丈草
待人の足音遠き落葉哉 与謝蕪村
御玄豕も過て銀杏の落葉哉 李由
恥かしの森になりたる落葉かな 中川乙由
我もとて袋に入し落葉哉 牧童
我庵は榎ばかりの落葉かな 樗良
我影のそれかと覗く落葉哉 智月尼
手ざはりも紙子の音の落葉哉 許六
掃おろす牛の背中の落葉哉 如行
掃けるが終には掃ず落葉かな 炭太祇
掃よせた落葉うごくや蟾の穴 桜井梅室
散わけてその木~の落葉かな 卓池
日に悲し落葉たゞよふ汐ざかひ 加舎白雄
日のあれて巌をはしる落葉哉 樗良
日の出る日を待合て落葉哉 林紅
日の影の枯枝に配る落葉哉 高井几董
星さえて江の鮒ひらむ落葉かな 露沾 続猿蓑
有明に霜掃まぜる落葉哉 毛〔ガン〕
朝露の残りてはしる落葉哉 岱水
木の直も飛花落葉やいかのぼり 吾仲
木の股にをのが落葉や二日程 馬場存義
木兎の目たゝきしげき落葉哉 中川乙由
木守の柿は照られて落葉哉 魯九
松杉の落葉も見せぬ寒かな 野坡
松蔭に落葉を着よと捨子かな 素堂
柳から数へはじめて落葉かな 来至 一丁墨
柳にはうけて見たれど落葉哉 中川乙由
桐の木の風にかまはぬ落葉哉 凡兆
桐の葉のもろくも遅き落葉哉 凡兆
梵論の行梺静に落葉哉 建部巣兆
椋の落葉宿に磨ん物もなし 加舎白雄
椽に置手燭にさはる落葉哉 牧童
此かぜの夏はふかいで落葉哉 高井几董
此人も耳なし山よ落葉掻 井上士朗
此夕たぞや落葉にすべる音 句空
殿守や落葉分出る酒徳利 三宅嘯山
水のうへに置霜流す落葉かな 千代尼
水の落葉萍よりもちからなき 長翠
水含む落葉わび行草履かな 黒柳召波
沓につく霜の落葉や朝まだき 加舎白雄
淋しさは煮売の鍋に落葉かな 吾仲
炬の火に落葉ふり分行夜かな 加藤曉台
焚ほどは夜の間に溜る落葉哉 早野巴人
猪の毛をふるひ出す落葉哉 正秀
生壁にぬり込門の落葉かな 木導
畑中は柿一色の落葉かな 井上士朗
白水にうきしづみたる落葉哉 木導
白水のながれも寒き落葉哉 木導
白雲の濁る日もある落葉かな 松窓乙二
神事も過て夜の澄落葉哉 田川鳳朗
禅寺の松の落葉や神無月 野沢凡兆
箆深にも射たる*あづちの落葉哉 黒柳召波
米搗の所を替る落葉哉 炭太祇
緑からさま~として落葉かな 凡兆
老とのみ見らるゝもの歟落葉掻 田川鳳朗
背戸の秋豆とさくらのむら落葉 鈴木道彦
船待の笠にためたる落葉哉 丈草
花ならぬ落葉に何をなめくじり 朱拙
茶わかしてこゝに廬山の落葉哉 中川乙由
落葉おちかさなりて雨雨をうつ 加藤曉台
落葉かごひま成人に撰せばや 半残
落葉さへ紅葉の山の高雄かな 樗良
落葉してかむ~坊や柴の庵 尚白
落葉しても又観音の誓有 中川乙由
落葉して幾日になりぬ後堂 馬場存義
落葉して日なたに立る榎かな 夏目成美
落葉して腸寒し猿の声 北枝
落葉して見せよとうふの朝朗 川原一瓢
落葉して遠くなりけり臼の音 与謝蕪村
落葉して鳥もあちこち藪くゞり 寂芝
落葉せぬ京もふるびや初時雨 露川
落葉たく匂ひもうつれ雪の飯 牧童
落葉たく煙も薄し雪の門 木導
落葉たく色~の木の煙かな 宗波
落葉たく軒のまつ風夜をさらず 井上士朗
落葉に門をひらけば烏哉 北枝
落葉まで風の物とや持歩行 千代尼
落葉や音に聞えた雨の森 尚白
落葉をも梢にもどすあらしかな 梢風尼
落葉拾はゞそこらに霜の玉あらん 凉菟
落葉掃浄衣の姿古風なり 三宅嘯山
落葉敷て古城に落る泪かな 樗良
落葉朽葉皆拾はるゝ銀杏哉 北鯤
落葉火や一もえづゝの窓明り 桜井梅室
落葉焼けふの手向や七茶釜 知足
落葉見し賤がとぼそやわかな籠 馬場存義
落葉見にたか蹄せし霜馬峰 挙白
蒸ものや落葉堤の葭かこひ 加藤曉台
藤の実の松に落葉を泣夜哉 荊口
藪の中にも一木あり落葉かき 井上士朗
藪陰も落葉しにけり何くれと 鈴木道彦
見るうちに月の影減る落葉哉 千代尼
象潟の合歓の落葉や后の月 建部巣兆
貝むきが手もとまぎるゝ落葉かな 夏目成美
賽銭を落して払ふ落葉哉 去来
迯る蟹水には遠き落葉哉 早野巴人
迯足に落葉蹈ゆく烏かな 高井几董
醒井や芋も洗はず落葉せず 中川乙由
里道や落葉~のたまり水 一笑(金沢)
隣り~わからぬものは落葉哉 千代尼
隣る木もなくて銀杏の落葉哉 鈴木道彦
雑炊の恩ををくるや落葉掻 毛〔ガン〕
雨落葉走る兎の辷りけり 三宅嘯山
霜どけやあらぬ落葉も足伝ひ 挙白
霜にあけて馬の鼻ふく落葉哉 井上士朗
須磨の子が近き後の落葉掻 土芳
飛ざまに鳥のさそふて落葉哉 梢風尼
鳩などのぬけ羽もいぶる落葉哉 田川鳳朗
鴬をいなせて竹の落葉かな 支考
鵯の水見ておりる落葉かな 卓池
鵯の鳴たつ栗の落葉哉 如行
鶯の落葉にねたる師走哉 支考

以上

by 575fudemakase | 2016-11-15 15:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26380219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング