鷲 の俳句

鷲 の俳句

鷲 の例句

あら鷲の吹きかへさるゝ野分哉 野分 正岡子規
から風や青菜踏みつけ檻の鷲 銀漢 吉岡禅寺洞
その鷲の行方は知らず吹雪きをり 大峯あきら 宇宙塵
とまり木に老いける鷲や青嵐 水原秋桜子(1892-1981)
まばたきてふと白き眼となりし鷲 小路紫峡
みな仰ぐとき大鷲の翼張る 後藤嘉子
やゝ寒み鷲の身振ひ羽振ひ 漸寒 正岡子規
ゆるやかに岬を押えて尾白鷲 小林寿子
わが姿如何にや鷲の瞳の中に 佐久間慧子
わが而立握り拳を鷲も持つ 鷹羽狩行 誕生
オホーツクの空ひろげたる尾白鷲 木村燿子
オホーツクは白し大鷲相寄れる 杉山鶴子
オホーツク朝日に向かふ尾白鷲 榎 美幸
一湾の風となりゆく尾白鷲 市村正之
丹念に羽繕ひする檻の鷲 徳重怜子
人を無視世を無視檻の尾白鷲 村松紅花
仔羊を盗られ法度の鷲を撃つ 吉良比呂武
光りしは鷲の目ならず鷲の爪 後藤比奈夫 めんない千鳥
冠鷲翔けて樹海に日の沈む 田村萱山
冬ざれや青味帯びゐる鷲の嘴 中川宋淵 詩龕
冬の鷲爪みじかくて老いにけり 桂信子 黄 瀬
冬の鷲爪みぢかくて老いにけり 桂信子
冬霧の鷲の白きを母郷とす 橋本鶏二
凍港に起重機鷲の嘴の如し 久米正雄 返り花
出羽びとの山を神とす尾白鷲 武甕静江
動く時きて翔ちゆけり尾白鷲 永田耕一郎 雪明
北吹くと北向きしまま尾白鷲 田代朝子
北限に生く大鷲の人怖ぢず 藤浦昭代
吹きこみし雨に目ざとき檻の鷲 阿部寿雄
咳ひとつ落つ月明の鷲羽山 田住満夫
国境を守るかに鷲旋回す 広中白骨
大いなるまたたき寒し檻の鷲 田村木国
大いなるまたゝき寒し檻の鷲 田村木国
大いなる古創顔にこれの鷲 山口誓子
大空をたゞ見てをりぬ檻の鷲 高濱虚子
大鷲が巌を掴みて翅たたむ 島村正
大鷲に緋色の岩をあたへたし 岩淵喜代子
大鷲に羽摶たれし顔もちあるく 稲垣きくの 牡 丹
大鷲のひろげし翼折れまがり 森田峠 避暑散歩
大鷲の制空圏下犬の恋 平井さち子 紅き栞
大鷲の嘴にありたるぬけ毛かな 高浜虚子
大鷲の巣の光り出す霧氷林 小川原嘘帥
大鷲の帰る翼の撓りたり 奥田智久
大鷲の爪あげて貌かきむしる 加藤秋邨 野哭
大鷲の狩の眼となり女透く 佐藤 秀
大鷲の瞳は人の世に向はざる 下村非文
大鷲の統べる断崖怒濤打つ 石垣軒風子
大鷲の翔ちて嘴槍のごとし 小林道子 『下萌』
大鷲の襲ひはすまじ頭上なる 奥田智久
大鷲の鋭けれども悲しき眼 山田凡二
大鷲の魚掴みたつ雪もよひ 加藤草杖
大鷲の黒点にして空統ぶる 坊城俊樹
天に鷲渡り金鉱船に積む 神尾季羊
天山の鷲の空とし高からず 佐藤道明
天日を遮りて翔つ尾白鷲 深谷雄大
天辺に鷲ゐて檻のがらんどう 石井とし夫
失えてゆく冬陽の端にねむる鷲 富澤赤黄男
威厳とは動かぬことや檻の鷲 波出石品女
寒釣の来て磯鷲の巌奪ふ 明石芋峡
尾白鷲の気配に万の鴨翔ちし 高橋桐子
尾白鷲大岩壁の背後より 高澤良一 燕音
尾白鷲天に流氷きしみ哭く 長谷川史郊
尾白鷲振り向ける目の火のごとし 笠井操 『雪の紋』
尾白鷲棲みつくに海青過ぎぬ 長沼三津夫
尾白鷲現れ一天のひきしまる 古賀昭子
尾白鷲白さだかにし止りたり 依田明倫
尾白鷲皓々として翁めく 小林道子 『下萌』
尾白鷲空手のままに舞へりけり 阿波野青畝
尾白鷲翔けて夏天を暗めけり 荒川文雄 『銀河』
尾白鷲翼大事にたたみけり 久保田重之
尾白鷲雪降るときも止むときも 福島壺春
山号に鷲棲む深山沙参かな 中戸川朝人 星辰
山焼くや今宵爛たる飼鷲の眼 久米正雄 返り花
山空をひとすぢに行く大鷲の翼の張りの澄みも澄みたる 川田順
山霊の遊ぶごとくに鷲舞へり 磯崎兼久 『孤雲』
岩鼻の鷲吹はなつ野分かな 大島蓼太 (りょうた)(1718-1787)
巌の鷲のたゞ一羽なりいつも一羽 米田双葉子
巌の鷲のむさゝび攫む枯野かな 東洋城千句
巌頭の一樹が鷲の座に叶ひ 川村紫陽
巌頭の雪の大鷲身じろがず 紺野美代子
巣立たむと鷲に太腿ありにけり 正木ゆう子 悠
御神渡鷲の雌雄の空を占め 増澤正冬
新秋の高翅ける鷲夫と仰ぐ 松村多美
春山にひらふ大鷲の抜羽かな 大須賀乙字
春鷲や翼の脱臼するひびき 安井浩司 汝と我
木枯や深山秀虚空鷲一羽 松根東洋城
枝の雪落とさずに鷲止まりけり 山岡和子
根開きの靄立つ梢の尾白鷲 畠 友子
森の鷲代田作りにこゑ放つ 堀口星眠 営巣期
樹上にて魚を割きたり尾白鷲 滝沢伊代次
檣頭に大鷲のゐる休航日 豊岡はじめ
檻に鷲短日の煤地におちる 桂信子 黄 瀬
檻の鷲さびしくなれば羽摶つかも 石田波郷
檻の鷲はづかしき餉を見られけり 宮沢健児
檻の鷲わづかを飛べり秋風裡 中西夕紀
檻の鷲アンデスの山恋ふる目に 千才治子
檻の鷲一途なる眼を吾に向け 山田閏子
檻の鷲世は雪ふりてゆくばかり 加藤楸邨
檻の鷲寂しくなれば羽搏つかも 石田波郷(1913-69)
檻の鷲明治生れと思ひけり 坊野早苗
檻の鷲眼光にぶくなりしかな 上田五千石 田園
檻の鷲空の青さに耐へてをり 荒牧成子
檻の鷲高きにとまり人を見ず 阿片瓢郎
止り木は一段高し檻の鷲 鷹羽 狩行
死ぬときも翼広げて檻の鷲 小泉八重子
気象探測気球(ラヂオゾンデ)放つも夙に鷲の天 平井さち子 紅き栞
氷上の夕陽すべらす鷲の肩 平井さち子 紅き栞
氷切る炎昼の背は鷲となり 大井雅人 龍岡村
氷原に鷲来て吾の生身欲る 津田清子(1920-)
氷塊に大鷲群るる羅臼沖 北村方男
氷塊を爪に殺して尾白鷲 深谷雄大
河童忌の白鷲に雨しぶきをり 堀口星眠 営巣期
流氷の海に日の落つ尾白鷲 大森三保子
流氷の点晴として尾白鷲 和久田隆子
犬鷲に見られし手持無沙汰かな 岡田久慧
生き餌追ふ鷲なれば爪隠さざり 大島早苗
白鷲は榛の宿水に二月尽 松村蒼石
白鷲や今日こそ秋のことぶれに 林翔
目瞑れる鷲にこそ散れ夕ざくら 澤 暁子
眠りても鷲は怒り眼尾羽かなし 加藤知世子 花寂び
知床の断崖踏まへ尾白鷲 丸茂良子
知床の落日に炎ゆ鷲の嘴 小林雪雄 『海明け』
知床の風をはらみて尾白鷲 小森行々子
磐梯山猛鷲蛇をさげて越す 前田普羅
磯鷲のはからず巌にとまりけり 原石鼎
磯鷲はかならず岩にとまりけり 原石鼎
磯鷲はかならず巌にとまりけり 原石鼎(1886-1951)
禿鷲の翼片方づつ収む 飯島晴子
節分の豆にまじろぎ檻の鷲 楸邨
糸電話こずえの鷲につながりぬ 澁谷道
納沙布の晴れにただよふ尾白鷲 中山砂光子 『納沙布』
紙漉く家白鷲流るごと渡る 西村公鳳
羽づくろふ枝の大鷲人影めく 小林道子 『下萌』
羽摶たむとしてよろめくや檻の鷲 右城暮石
肉ちぎる鷲はたゝらを踏みにけり 森田 峠
肩口に老いの見えきし檻の鷲 藤崎久を
若鷲の眼光すでに風は秋 紫藤ゆき
荒鷲よひとつ吠えたら山を喰え 榎本宗太
蒼ざめて地をあるく鷲雪とならむ 千代田葛彦 旅人木
雄阿寒を鷲のぼりゆきて越えにけり 京極杞陽
雪原のおのが影へと鷲下り来 山口草堂
雪空を畳のやうに鷲飛ぶと 大峯あきら 宇宙塵
雲水に大鷲まへる雪日和 飯田蛇笏 春蘭
零天に欠伸をするや檻の鷲 廣江八重櫻
青空に雪の峻峰と鷲とかな 河野静雲
飛ぶ鷲の勢盡きし野分哉 野分 正岡子規
高原の老鷲の唄みづ浅葱 伊藤敬子
髪に鷲短日の煤地におちる 桂信子
鳥葬のための鷲舞ふ素秋かな 佐川広治
鴨狙ふ尾白鷲木に身じろがず 南秋草子
鶴ころこ鷲かんかんと啼いたりき 山口誓子
鶴ころろ鷲かんかんと啼いたりき 山口誓子
鷲がゐて樹頭の雪を落としけり 大峯あきら 宇宙塵
鷲とともに駆けおりて来るピカソの目 深町一夫
鷲に雲一つなき夜明かな 原石鼎 花影以後
鷲の前人間の目がふとかなしむ 加藤楸邨
鷲の子の兎をつかむ霰かな 霰 正岡子規
鷲の子や野分にふとる有磯海 去来
鷲の巣と見えて大きな卵哉 鳥の巣 正岡子規
鷲の巣のそれかあらぬか絶壁に 湯浅桃邑
鷲の巣の下を行きたる菌狩 相生垣瓜人 微茫集
鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ 野澤凡兆
鷲の巣の鷲が見てゐる百草採 中島杏子
鷲の檻死木が肩を組んでおり 中村和弘
鷲の毛の金網に散る寒さかな 太田鴻村 穂国
鷲の眼に濤と戦ふ巨艦あり 永田青嵐
鷲の羽三和土にひろふ極寒地 小田欣一
鷲の血を承けて轆轤へ背をまげる 竹中宏 饕餮
鷲やまだ汚さずに絵具皿 山田弘子
鷲や今日のはじまるわが粗食 殿村莵絲子 雨 月
鷲ゆける樹海は粗く雪残り 岡田貞峰
鷲一羽夜へ傾くオホーツク 牧野眞佐子
鷲下りて雪原の年あらたなり 草堂
鷲翔けしあと峡谷を朝の霧 小浜光吉
鷲老いて止り木の糞石と化す 藤井亘
鷲老いて胸毛ふかるる十二月 桂信子 黄 瀬
鷲老いて胸毛吹かるる十二月 桂信子(1914-)
鷲迎へ近江の波の立ちあがる 二見登紀
鷲飛びし少年の日よ雪嶺よ 多田裕計
鷲飼うとおもいきめつつ夏のあみもの 渋谷道
鷲騒ぐ隣の檻に鷹静か 高浜虚子
鷲鬱と青き降誕祭を抽く 斎藤玄
鷽替の鷲額々に成長す 御崎敏江
黒松にこもる海鳴り尾白鷲 成田千空


鷲 補遺

あら鷲の吹きかへさるゝ野分哉 正岡子規 野分
おのが足ついばむ三ケ日の鷲 鷹羽狩行
かの鷲は去りぬ古木を立ち去りぬ 高屋窓秋
けうときは鷲の栖や雲の峰 祐甫
ここに飾る牧を襲ひし鷲なりと 山口青邨
しら鷲や青くもならず黴の中 不玉
ついてくる鷲鳥にボートつひに勝つ 山口青邨
とまり木に老いける鷲や青あらし 水原秋櫻子 玄魚
はつ嵐小猿に鷲はこずゑかな 飯田蛇笏 白嶽
めつむりて千里の枯を想ふ鷲 上田五千石『琥珀』補遺
やゝ寒み鷲の身振ひ羽振ひ 正岡子規 漸寒
わが而立握り拳を鷲も待つ 鷹羽狩行
光りしは鷲の目ならず鷲の爪 後藤比奈夫
冬の鷲爪みぢかくて老いにけり 桂信子 月光抄
剥製館 鷲・鷹どもも失速 みな 伊丹三樹彦
南風の海ひとさし舞の尾白鷲 角川源義
右顧ののち左眄をながく鷹羽狩行 檻の鷲
吹かへす鷲の羽風やつた紅葉 馬場存義
大いなる古創顔にこれの鷲 山口誓子
大鷲の嘴の黄濃く鳴き交はす 飯島晴子
大鷲の爪あげて貌かきむしる 加藤秋邨
大鷲の翼を厚く雪待てり 飯島晴子
大鷲を水かけて鴨防ぐとか 高野素十
失えてゆく冬陽の端にねむる鷲 富澤赤黄男
岩角にうへみぬ鷲のぼたむ哉 馬場存義
常に住鷲のみ山や夏座敷 荷兮
日かげりて帆消えし海や鷲翔る 原石鼎 花影
梅雨夜更けわが手負鷲荒び発つ 佐藤鬼房
檻に鷲短日の煤地におちる 桂信子 月光抄
檻の鷲さびしくなれば羽摶つかも 石田波郷
檻の鷲世は雪ふりてゆくばかり 加藤秋邨
檻の鷲眼光にぶくなりしかな 上田五千石 田園
檻の鷲脚ふみかふるほかはなく 加藤秋邨
止り木は一段高し檻の鷲 鷹羽狩行
満山の秋風鷲に吹きわかる 加藤秋邨
煤払はざる剥製の鷹と鷲 鷹羽狩行
磯の鷲きのふもさむき岩にをり 赤尾兜子 玄玄
磯鷲はかならず巌にとまりけり 原石鼎 花影
禿鷲の翼片方づつ収む 飯島晴子
秋雨に翅の雫や網の鷲 杉田久女
羽摶たむとしてよろめくや檻の鷲 右城暮石 句集外 昭和三十年
色鳥のすり出さるゝや鷲の声 游刀
草かれや鷲の居りたる浜庇 加舎白雄
虹現れよ荒鷲の天に虹現れよ 三橋鷹女
長い廊下尽き剥製の鷲と父 橋閒石 風景
雪虫がゆき襤の鷲すごく光る 加藤秋邨
雲水に大鷲まへる雪日和 飯田蛇笏 春蘭
飛ぶ鷲の勢盡きし野分哉 正岡子規 野分
高千穂は鷲羽うつごと初日影 角川源義
鳩の又鷲の我が目や初鏡 上野泰
鶴ころろ鷲かんかんと啼いたりき 山口誓子
鷲がゐて池の鴨みな息づまる 山口誓子
鷲が見てその嘴も見るごとし 加藤秋邨
鷲と皃見合する折戸哉 加藤曉台
鷲に雲一つなき夜明かな 原石鼎 花影以後
鷲のむね密閑時間流れをり 加藤秋邨
鷲のテープ流してゐるのかと 後藤比奈夫
鷲の子のちからつきけり秋の風 句空
鷲の子の兎をつかむ霰かな 正岡子規 霰
鷲の子や野分にふとる有そ海 去来
鷲の巣と見えて大きな卵哉 正岡子規 鳥の巣
鷲の巣の下を行きたる菌狩 相生垣瓜人 微茫集
鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ 野沢凡兆
鷲の目のおのれわするるときあらじ 加藤秋邨
鷲の羽を宿の箒や榾埃 河東碧梧桐
鷲は翅構へて夏の雨に濡れ 松崎鉄之介
鷲ひとつ 厳冬ここにきはまりぬ 富澤赤黄男
鷲やしげ~と見れば啼そむく 寥松
鷲偲ぶ使徒ら愛(かな)しも夏の葱(「鷲巣繁男を偲ぶ集い」に寄す) 永田耕衣 葱室
鷲動かず紙屑北風にさらはるる 桂信子 月光抄
鷲小舟浮巣や絶し楫羽がひ 挙白
鷲烏秋天皇機関説など知らず 山口青邨
鷲老いて胸毛ふかるる十二月 桂信子 月光抄
黒鞄重たし檻の鷲羽摶つ 加藤秋邨

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 11:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング