隼 の俳句

隼 の俳句

隼 の例句

きのふから行方不明のわが隼 菅原鬨也
きらきらと稚児隼の渡るなり 黒田杏子 一木一草
はやぶさにまほらの空の鏡なす 上村占魚
はやぶさの地にさす影か風のきく(菊) 早野巴人 (はじん)(1676-1742)
はやぶさの片目を開けて人を見る 今井つる女
はやぶさや流れ早めし根なし雲 松本可南
カザルスを聴く襖絵の隼と 大木あまり 火球
一月虚空少年団とその他隼 阿部完市 春日朝歌
一本松隼がゐて日当れり 宮津昭彦
冬帝にひるがへりわが隼よ 菅原鬨也
干瓢を干し隼のよぎる天 木村蕪城 寒泉
春の山隼松を流れけり 泊月
渡りたる隼の空澄みにけり 稲畑汀子
湖よぎる鶚隼眼に蔵ふ 黒田杏子 花下草上
烈風に隼の香や寝釈迦山 伊丹さち子
目隠しをされてはやぶさ狩を待つ 中村姫路
眠りては飢ゑをまぎらす隼か 大木あまり 雲の塔
秋晴や隼あがる妙義山 関野喜代子
稚児隼の帰巣や秋雲より一気 奈良文夫
空深くなりぬ隼迎へんと 矢島渚男 天衣
篁のはやぶさ放つ薄明り 林泉水
逆落す時隼とわかりけり 吉川一竿
隼とわかる速さのありにけり 岡安仁義
隼と指され羽音の過ぎるのみ 吉年虹二
隼と海の明暗共にせり 九鬼あきゑ
隼に山稜黝し灘の晴 斎藤梅子
隼に日本海の朝日かな 隼 正岡子規
隼に驚き細る鶲かな 皿井旭川
隼の一気に降りる島の崖 下間ノリ
隼の一羽に千の鴨散りぬ 峰山清
隼の一羽荒地のひき緊り 田中まつみ
隼の一閃よぎる最上川 加藤十美子
隼の仕業神鶏減りたるは 吉岡葉子
隼の原野に狙ひをりしもの 岡安紀元
隼の岬に人としたしみぬ 原田喬
隼の形崩れし時獲物 稲畑廣太郎
隼の棲むといふ崖見ゆる宿 寺田ユリ
隼の殺気よぎるや梅林 邊見京子
隼の瀬音浴びをり葛の花 野沢節子 八朶集以後
隼の獲物の羽を飛ばしけり 加藤喜昌
隼の直線消ゆる風の空 宮地玲子
隼の眼や乱雲の裾みだれ 飯田龍太
隼の眼を張つて霧の中 大木あまり 火球
隼の落暉に燃ゆる瞳に逢へる 羽公
隼の襲ひし雀蘆に落つ 田村萱山
隼の霧きる翅音きこえけり 吉田冬葉
隼の頬なき頬や風のにえ 二村典子
隼の鵯追ひおとす佐多岬 徳留末雄
隼や琉球松を鷲づかみ 牧野眞佐子
隼や餌を追ひつめて垣のうち 柳芽
隼を一過せしめて寒鴉 阿波野青畝
隼を日矢と放ちて伊良湖岬 川崎慶子
隼を見したかぶりの夜の衾 蕪城
隼を見失なひたる比叡の空 千原叡子
隼を見失ひたる比叡の空 千原叡子
隼ヨリ額ニ卍ヲ受ケテ褶曲山脈ヲ総ベム 夏石番矢 真空律
隼音機提げて歩けりお花畑 上村佳与
雪止みし湖上はやぶさ低く飛ぶ 中島美也
鷹の上を隼流れ初景色 山本洋子
鷹の尾に隼の尾を繼ぎにけり 鷹 正岡子規


隼 補遺

はやぶさの地にさす影か風のきく 早野巴人
はやぶさの尻つまげたる白尾哉 野水
一点は鷹一線は隼来 阿波野青畝
干瓢を干し隼のよぎる天 木村蕪城 寒泉
春風の隼おのが嶺をめざす 飯田龍太
枯園の隼ひとつ地をあゆみ 百合山羽公 春園
隼に日本海の朝日かな 正岡子規 隼
隼に枯葉の空をきはみなく 百合山羽公 春園
隼のさだかにとまる雪げむり 飯田龍太
隼のまなざし虚空の日を追へる 百合山羽公 春園
隼の夕かげふかき貌去りぬ 百合山羽公 春園
隼の多くは死にき渡海灘 佐藤鬼房
隼の尾羽のさびしく日射しつゝ 百合山羽公 春園
隼の手柄も多し越のやま 木因
隼の暮色にゐつゝ尾羽たてる 百合山羽公 春園
隼の瀬音浴びをり葛の花 野澤節子 八朶集以後
隼の物食ふ音や小夜嵐 内藤鳴雪
隼の眼や乱雲の裾みだれ 飯田龍太
隼の花に舞込巣山かな 素行
隼の落暉に燃ゆる瞳に逢へる 百合山羽公 春園
隼の鋭き智慧に冬あをし 飯田龍太
隼の雌雄は知らず雪解空 飯田龍太
隼の鳥追はぬ日や散さくら 完来
隼を一過せしめて寒鴉 阿波野青畝
隼を澄みゆく園の日に見つゝ 百合山羽公 春園
隼を見したかぶりの夜の衾 木村蕪城 寒泉
鷹の尾に隼の尾を繼ぎにけり 正岡子規 鷹

以上

by 575fudemakase | 2016-11-25 11:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング