柊の花 の俳句

柊の花 の俳句

柊の花 の例句



ふれみぞれ柊の花の七日市 其角
ウエディングドレスに触れて花柊 松崎鉄之介
宇佐八幡出づるに匂ふ花柊 松崎鉄之介
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
思ひとほし柊の花に立ちどまる 大野林火 冬青集 海門以後
柊の昼の闇より花こぼる 野澤節子 飛泉
柊の花こぼれゐる下駄履かな 飴山實 辛酉小雪
柊の花にもびびと翅音する 後藤夜半 底紅
柊の花に明行霜夜かな 〔ブン〕村
柊の花に雨風終りけり 岸田稚魚 負け犬
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊の花のこぼれを人知らず 上村占魚 球磨
柊の花のしぐれの粒のごと 大野林火 月魄集 昭和五十四年
柊の花のにほひやおぼつかな 舎羅
柊の花の下なる夜の土 石田勝彦 秋興
柊の花の二度咲き文字づかひ 岡井省二 山色
柊の花はたふとし角大師 露川
柊の花も気色や祖師の弓 游刀
柊の花を見し日や眼帯す 細見綾子
柊の花一本の香りかな 高野素十
柊の花多ければ喜びぬ 中村草田男
柊の花晩節は望まねど 飯島晴子
柊の花最小をこころざす 藤田湘子
柊の花柊の葉を雨洗ふ 石川桂郎 高蘆
柊の花降る里を憂しと行く 中村苑子
柊は冬まつ花ぞ四十雀 浪化
柊花なり漂鳥の唾ここに積り 金子兜太
極寒の天晴れて咲く柊かな 飯田蛇笏 椿花集
母がりや花柊の現はれて 岸田稚魚 筍流し
玄英や門の柊青々と 原石鼎 花影
男帯柊の花終りけり 藤田湘子
米寿待たで伯母逝きたるや花柊 松崎鉄之介
花柊「無き世」を「無き我」歩く音 中村草田男
花柊先生ひとり病ましめて 岸田稚魚 筍流し
花柊散る静かさの水屋窓 石川桂郎 高蘆
花柊朝に残れる雨少し 松崎鉄之介
花柊老尼の歌もかくありし 飯田龍太
花柊裏町の夜の通り雨 松崎鉄之介
香の強き花柊にして古木 高浜年尾

花柊 補遺

ひひらぎの花こまごまと幸不幸 鷹羽狩行
ひひらぎの花なむ大事母大事 雨滴集 星野麥丘人
ウエディングドレスに触れて花柊 松崎鉄之介
宇佐八幡出づるに匂ふ花柊 松崎鉄之介
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
柊の花柊の葉を雨洗ふ 石川桂郎 高蘆
柊咲き日本犬どち吠えぬ里 中村草田男
柊咲く嬉しきときもつぶやきて 岡本眸
母がりや花柊の現はれて 岸田稚魚 筍流し
母棲んで柊咲ける木戸ひとつ 草間時彦
生きをれば波郷も翁ひひらぎ咲く 藤田湘子 神楽
米寿待たで伯母逝きたるや花柊 松崎鉄之介
花ひひらぎ十年はいま二昔 亭午 星野麥丘人
花柊「無き世」を「無き我」歩く音 中村草田男
花柊こぼれて瑣事の溜まるばかり 鍵和田釉子
花柊だれもが風の強さいふ 鍵和田釉子
花柊先生ひとり病ましめて 岸田稚魚 筍流し
花柊喪ごころうすれやすきかな 片山由美子 水精
花柊散る静かさの水屋窓 石川桂郎 高蘆
花柊朝に残れる雨少し 松崎鉄之介
花柊老尼の歌もかくありし 飯田龍太
花柊裏町の夜の通り雨 松崎鉄之介
香の強き花柊にして古木 高濱年尾

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 13:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング