八手の花 の俳句

八手の花 の俳句

八手の花 の例句



あしたはや日差けむらふ花八手 上田五千石『天路』補遺
いちにちの山居永しや花八ツ手 上田五千石『森林』補遺
いまさかりなる花八ツ手誰も見ず 飯田龍太
いまも小さき我が手や東大の花八手 中村草田男
うきうきと咲いて淋しき花八ツ手 飯田龍太
おどろくや己れ影して花八ツ手 三橋鷹女
おほぞらのしづけさ集め花八つ手 大野林火 月魄集 昭和五十五年
きのふけふ日暮れに雨や花八つ手 星野麥丘人
この後は八手の花も愛で生きん 星野立子
さきがけて夜の下僕に花八手 斎藤玄 狩眼
ちんどんや一人囃せり花八つ手 星野麥丘人
とぼしらの日をよろこべば花八手 上田五千石 琥珀
どの毬も虫の遊べり花八ツ手 松崎鉄之介
ひとくれの闇投げかけし花八手 斎藤玄 雁道
みづからの光りをたのみ八ツ手咲く 飯田龍太
ゆく年の星のささやく花八ツ手 飯田龍太
わが垣も八ツ手の花のたわわ毬なす 篠原梵 年々去来の花 皿
今年なすことの山積花八ツ手 松崎鉄之介
八ツ手の花死者の簪虻舐めて 山口青邨
八ツ手咲いて金の三日月よく光る 渡邊水巴 白日
八手咲いて茶坐敷としも見ゆるかな 正岡子規 八手の花
写真師のたつきひそかに花八つ手 飯田蛇笏 春蘭
午前午後はざまのいろの花八ツ手 飯田龍太
友娶り然も在らぬか花八つ手 石田波郷
味噌蔵の他はあたたまる花八つ手 廣瀬直人 帰路
坂下といふはこの位置花八手 後藤比奈夫
季荒きもののひとつに花八ツ手 飯田龍太
密読に気温めぐみて花八つ手 飯田蛇笏 雪峡
寒気とは日の暮れてゆく花八ツ手 飯田龍太
寫真師のたつきひそかに花八つ手 飯田蛇笏 山響集
尖る山から朝日くる花八つ手 廣瀬直人
幽明のさかひに白き花八つ手 山口青邨
忙日は風音と消え花八つ手 林翔
手水鉢八手の花に位置をとる 正岡子規 八手の花
打水のつらら出来たり花八ツ手 日野草城
昼の月かげ加はり来花八手 阿波野青畝
月遅くなりつつ壕の花八ツ手 松村蒼石 寒鶯抄
朝の日を浴びはつはつと花八手 鷹羽狩行
本あけしほどのまぶしさ花八つ手 波多野爽波
水暮れて音のくぐもる花八手 上田五千石『天路』補遺
法華経寺お会式過ぎし花八つ手 村山故郷
波なして顔過ぎゆきぬ花八ツ手 飯田龍太
湯上りに見るやうに見て花八つ手 岡本眸
漂着といふも渡海や花八つ手 上田五千石『琥珀』補遺
父を愛して話題とはせず花八手 中村草田男
産院に手荒な風よ花八手 鷹羽狩行
白骨の八ツ手の花の白極む 山口青邨
真蒼な月の顔かな花八ツ手 飯田龍太
空き庵の裏を水ゆく花八つ手 原裕 青垣
空広く声たまにくる花八ツ手(上京、大学構内にて) 細見綾子
空高き星夜となりぬ花八ツ手 三橋鷹女
老いはかく音もなく来る花八つ手 林翔 和紙
能面がゆくけんらんと花八ツ手 三橋鷹女
自が転移癌さへ詠みき花八つ手 石田波郷
花八つ手かたまつてくる不倖せ 平井照敏 天上大風
花八つ手ペリカン老いて仄赫き 渡邊水巴 富士
花八つ手今年の賞与低からむ 草間時彦 中年
花八つ手山を集めて日暮れたり 廣瀬直人 帰路
花八つ手日輪の空は戦場なり 渡邊水巴 富士
花八つ手燈ともす前に子を呼びに 岡本眸
花八つ手縁談窶れ誰が子ゆゑ 石塚友二 方寸虚実
花八つ手蜂さむ~と飛べるのみ 飯田蛇笏 霊芝
花八つ手貧しさおなじなれば安し 大野林火 青水輪 昭和二十三年
花八ツ手おなじ寒さはひとに在り 三橋敏雄
花八ツ手こぼるゝことのなく白し 高浜年尾
花八ツ手しばらくは闇おもしろし 飯田龍太
花八ツ手まぢかき星のよく光る 石橋秀野
花八ツ手仔犬めざめてうづくまる 佐藤鬼房
花八ツ手入替なしの木馬館 松崎鉄之介
花八ツ手女ら家に遊びをり 村山故郷
花八ツ手子にもさみしき刻のあり 飯田龍太
花八ツ手日昏れて神も蝋細工 三橋鷹女
花八ツ手気弱りに似る日の弱り 上田五千石『風景』補遺
花八ツ手没日こもりつ靄の中 石橋秀野
花八ツ手深夜の息吹雨となる 石橋秀野
花八ツ手祝ひの始末残しけり 松崎鉄之介
花八手お握り載せやる広手亡し 香西照雄 素心
花八手けふを花火のごとく咲け 上田五千石『琥珀』補遺
花八手三島も花をちりばむる 相生垣瓜人 微茫集
花八手乏しけれども二人子立つ 石田波郷
花八手日あまく蠅のたむろせり 西島麦南 人音
英会話教はる気なし花八つ手 雨滴集 星野麥丘人
蒼然と夜雨つつめる花八ツ手 飯田龍太
虻舐めしあと蜂舐めて花八つ手 山口青邨
送り出し子の手つめたき花八ツ手 飯田龍太
遺書未だ寸伸ばしきて花八つ手 石田波郷
闇を見るならひのままの花八手 斎藤玄 雁道
雷の撥のうはさや花八手 百里
鶯の眦さむし花八ツ手 渡邊水巴 白日

以上



by 575fudemakase | 2016-11-25 13:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング