七五三 の俳句

七五三 の俳句

七五三 の例句



かくも小さき白足袋ありし七五三 林翔
この宮は戦に焼けず七五三 水原秋櫻子 蘆雁
どんぐりの袴大小七五三 百合山羽公 樂土以後
ふと思ひ出して七五三なりき 清崎敏郎
むさし野の椎や欅や七五三 亭午 星野麥丘人
むさし野は見あぐる槻や七五三 水原秋櫻子 餘生
めをといてふ注連をかけたり七五三 山口青邨
ネクタイは鳩の空色七五三 後藤夜半 底紅
七久里の出湯の日和の七五三 雨滴集 星野麥丘人
七五三あめつちの地を歩ましむ 平畑静塔
七五三の母子に名古屋城晴れて 村山故郷
七五三むすめばかりもよきものよ 後藤比奈夫
七五三公耳へ騒音私耳へ鈴 香西照雄 素心
七五三千早振る神古りたまふ 平畑静塔
七五三双親三拝九拝す 平畑静塔
七五三四簷の鳩ら避けゐたり 阿波野青畝
七五三土下座して神の塵ひろふ 平畑静塔
七五三妊婦もつとも美しき 佐藤鬼房
七五三妻をし生れかはらしめ 平畑静塔
七五三幼なを神は抱きたしや 平畑静塔
七五三形揃へて銀杏散る 百合山羽公 樂土
七五三御用写真師老いにけり 後藤比奈夫
七五三憶良が子らもまじるべし 上田五千石 天路
七五三日和の島に遊びけり 佐藤鬼房
七五三日蔭は苔の匂ふなり 岡本眸
七五三晴ぞと鵯の高鳴ける 水原秋櫻子 緑雲
七五三木の葉も鳩も逃げぬ坂 鷹羽狩行
七五三杉の木黄葉をあふれしめ 平畑静塔
七五三杉は天までとどく意志 平畑静塔
七五三水の桑名の橋わたる 藤田湘子
七五三畦に入りて尿りけり 飴山實 句集外
七五三祖母育ちなる手を引かれ 清崎敏郎
七五三神官むらさき袴にて 平畑静塔
七五三育ての金精さまに礼 平畑静塔
七五三色がもつるる斎庭あり 阿波野青畝
七五三見来たりこれの嫁見たり 石塚友二 光塵
七五三詣欅の葉を降らす 臼田亜浪 旅人 抄
住吉の氏子なりけり七五三 山口青邨
切支丹坂に会ひけり七五三 村山故郷
千歳飴の袋見上げて見下ろして 中村草田男
参殿の童ら盛装七五三 山口青邨
参道の長きはたのし七五三 山口青邨
古町の水神さんや七五三 雨滴集 星野麥丘人
四十にて町医老いけり七五三 相馬遷子 山国
大杉に金の注連縄七五三 平畑静塔
奥宮へ辿りつきたり七五三 清崎敏郎
女三代内足揃へ七五三 香西照雄 素心
子が無くて夕空澄めり七五三 星野麥丘人
子授けの金精さまに七五三 平畑静塔
富士に雪二三条ふえ七五三 能村登四郎
山の辺の道の家から七五三 藤田湘子
帯解のいろはもみぢの散りにけり 古舘曹人 樹下石上
帯解のはづれの道の梅雨穴 岡井省二 鯨と犀
帯解も花たちばなの昔哉 其角
帯解や立ち居つさする母の親 村上鬼城
帯解や雨の中打つ宮太鼓 石橋秀野
弾む日へも父目を細め七五三 香西照雄 素心
急く仔犬四肢もにぎやか七五三 香西照雄 素心
愚かなる「無」の扁額や七五三 中村草田男
村嬢とて又よかりけり七五三 能村登四郎
松竹に美しき日や七五三 山口青邨
松風や長き袋の千歳飴 渡邊白泉
榛名山錦繍寂びぬ七五三 水原秋櫻子 旅愁
歩き幅合はぬ石段七五三 右城暮石 一芸
段のばる錦繍池に映る七五三 山口青邨
浜松に風のをさまる七五三 上田五千石 天路
浦町の磴のけはしき七五三 石田勝彦 秋興以後
父似の娘母似の息子七五三 後藤比奈夫
猿飴の湯島の宮の七五三 水原秋櫻子 緑雲
玉垣は石七五三声徹る 下村槐太 天涯
畳店青き香に満ち七五三 中村草田男
病む顔へ影もかぶせて七五三 香西照雄 素心
石地蔵の袖の長さよ七五三 中村草田男
磯の子に戻る袴着除かれて 平畑静塔
神馬いま百歳となる七五三 阿波野青畝
細耕で隆め黒土七五三 香西照雄 対話
綾杉をふりさけ仰ぐ七五三 阿波野青畝
綿虫は青雲の綿七五三 百合山羽公 樂土
舞ふ巫女も香椎育ちや七五三 阿波野青畝
若かりし昭和も老いぬ七五三 相馬遷子 雪嶺
草の戸にはなやかなるは千歳飴 山口青邨
袴着は娘の子にもはかまかな 其角 続虚栗
袴着も戎の宮の顔なじみ 平畑静塔
袴着や一坐に直る惣領子 正岡子規 袴着
袴着や千とせの坂を碁盤にて 旨原 反古ふすま
袴着や子の草履とる親ごゝろ 小西来山
袴着や橘にほふ紋どころ 水原秋櫻子 蘆雁
袴着や殊更初瀬の御告子 三宅嘯山
袴着や老の一子の杖柱 村上鬼城
袴着や豆ひろふ鳩いさみ足 阿波野青畝
袴著や八幡宮の氏子だち 正岡子規 袴着
貝として海星(ひとで)もあがる七五三 平畑静塔
遺り場なき手をもてあます七五三 右城暮石 句集外 昭和五十六年
鈴は鳴り房はふさふさ七五三 山口青邨
雨にのび佳日を得たり七五三 水原秋櫻子 蘆雁
高杉の並びて七五三迎ふ 平畑静塔
鳥雲に帯解に顎あげにけり 岡井省二 猩々
鶯の七五三に憶する榊かな 桜井梅室

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 13:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング