冬耕 の俳句

冬耕 の俳句

冬耕 の例句



くちびるに撥ね上げて甘き冬耕土 能村登四郎
そば通り過ぎ冬耕のにぶい音 桂信子 初夏
ペン先にゐる冬耕のひとりなり 石川桂郎 含羞
一切を見ず冬耕の腰曲げて 西東三鬼
三輪山に近く近くと冬田打 山田みづえ 手甲
仏足のありありと暁の冬耕土 能村登四郎
冬田打ち返しはじめし沼ほとり 高浜年尾
冬耕に聞く刃傷の墓どころ 上田五千石 天路
冬耕のいちにち影を伴はず 鷹羽狩行
冬耕のすみしこころに水の靄 能村登四郎
冬耕のすめば多感なたなごころ 能村登四郎
冬耕のとほくの牛へ畝長し 長谷川素逝 暦日
冬耕のどの黒牛もみな動く 西東三鬼
冬耕の一人となりて金色に 西東三鬼
冬耕の人の遠さに夕日落つ 稲畑汀子
冬耕の人帰るべき一戸見ゆ 能村登四郎
冬耕の兄がうしろの山通る 飯田龍太
冬耕の土をいたはる靄すこし 能村登四郎
冬耕の婦がくづをれてだく児かな 飯田蛇笏 春蘭
冬耕の彼方投網のしぶきたつ 飯田龍太
冬耕の憩ひに倣ひ立ち憩ふ 上田五千石『琥珀』補遺
冬耕の日々美しき山を見て 飯田龍太
冬耕の日あたるたびにあらはるゝ 飴山實
冬耕の日かげ片澄む楢林 飯田龍太
冬耕の暮るゝまで澄みまさりけり 小林康治 玄霜
冬耕の次の一人は三里先 鷹羽狩行
冬耕の正す山河を見渡せり 百合山羽公 樂土
冬耕の水を打つたるごとき土 能村登四郎
冬耕の点景たるに終始して 上田五千石『田園』補遺
冬耕の父のうしろを近道す 津田清子
冬耕の父母見下ろしに子が帰る 飯田龍太
冬耕の牛を率てうつ小鞭かな 飯田蛇笏 山廬集
冬耕の牛黒くまた人黒く 伊丹三樹彦
冬耕の畝をあつめて丘の松 山口青邨
冬耕の畝長くしてつひに曲る 山口青邨
冬耕の畝集つて牛立てり 野見山朱鳥 天馬
冬耕の畦の上なる母の顔 飯田龍太
冬耕の畦の自転車淋しさ凝る 伊丹三樹彦
冬耕の老婆に乾く峠道 飯田龍太
冬耕の車とほりぬ句碑の前 山口青邨
冬耕の遠方に澄む旧恩師 飯田龍太
冬耕の鍬を洗へる老いたる手 飯田龍太
冬耕の鍬暮れてきて何か埋む 能村登四郎
冬耕の靄とも霞とも知れず 廣瀬直人
冬耕の音そのほかもすなほな音 能村登四郎
冬耕の顔に真昼のほとけ空 飯田龍太
冬耕の顔に走りて汽笛消ゆ 廣瀬直人 帰路
冬耕の顔を上げては山の墓 鷲谷七菜子 花寂び
冬耕の馬を日暮の鵙囃す 西東三鬼
冬耕やかたち無き日が雲の中 相馬遷子 雪嶺
冬耕やす段段畠とびおりては 三橋敏雄
冬耕や備ふると言ひ待つといひ 岡本眸
冬耕や夕ベの富士の片照りて 及川貞 夕焼
冬耕や高処に光る父祖の墓 伊丹三樹彦
冬耕をして畝作りしてあるよ 清崎敏郎
冬耕をめぐり幼な子跳ね光る 西東三鬼
冬耕を切り上ぐに声したるらし 上田五千石『琥珀』補遺
冬耕を天にとどむる日和かな 上田五千石 森林
冬耕人くちびるに血を滲ませぬ 大野林火 雪華 昭和三十八年
囮罠のぞく冬耕の怠けどき 能村登四郎
国引きて満ちたる神や冬耕す 有馬朗人 知命
城櫓裾白に張る冬田打つ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
妻憩ひゐる冬耕のふたりかな 森澄雄
家康公逃げ廻りたる冬田打つ 富安風生
嶺々そびえ瀬音しづみて冬田打 飯田蛇笏 山響集
新墾野照る日あまねく冬耕す 飯田蛇笏 山響集
暖流の洗ふ地の果冬耕す 橋閒石 雪
暮るるまで冬耕も鳰も羽ばたかず 能村登四郎
月いでて冬耕の火を幽かにす 飯田蛇笏 春蘭
歳月の一塊となる冬耕婦 廣瀬直人 帰路
湖の水湖へかへりし冬田打つ 加藤秋邨
潮濡れの日へ冬耕の牛を進む 橋閒石 無刻
白牛を率て冬耕の詩ありき 飯田蛇笏 雪峡
磐城野の冬田打つ人を窓に見る 村山故郷
老額に真日ぞてらてら冬耕す 伊丹三樹彦
若ければ冬耕の鍬あをく研ぐ 能村登四郎
袋谷戸一沙彌のゐて冬耕す 石塚友二 曠日
裾長に多摩の里人冬耕す 木村蕪城 一位
赤人の墓と信じて冬耕す 大野林火 方円集 昭和五十二年
道ききし冬耕とかく距たれる 上田五千石『琥珀』補遺

以上

by 575fudemakase | 2016-11-25 15:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング