大根 の俳句

大根 の俳句

大根 の例句


あはれなり大根畑の梅一木 正岡子規 梅
あんたが来てくれる大根もふとうなつてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
いたはりし土の記憶の大根畑 廣瀬直人
うつし世をかなしみゐたる大根煮て 細見綾子
こほろぎや翌の大根を刻む音 正岡子規 蟋蟀
これで終りの大根として素直に抜け 能村登四郎
ころがせる大根も伊豆の出土品 上田五千石『風景』補遺
こゝろあらためて霜の大根をぬく 種田山頭火 自画像 落穂集
さつさと大根の種子まいて行つてしまつた 尾崎放哉 小豆島時代
すこやかに頭寒足熱大根汁 山口青邨
すつぽりと大根ぬけし湖国かな 橋閒石 和栲
その上ミの大根畑にも朴落葉 岡井省二 鹿野
たくさんの児等を叱つて大根漬けて居る 尾崎放哉 須磨寺時代
のびあがりのびあがり大根大根 種田山頭火 自画像 落穂集
はつしぐれ大根おろしに甘味かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
はるかなる葉のあらあらしきは大根畑 山口青邨
ひげなくて色の白さや秋大根 村上鬼城
ひつ提げて大根抜身の如くにぞ 石塚友二 磊[カイ]集
ひとりぐらしの大根きりぼしにすることも 種田山頭火 自画像 落穂集
ひや~と大根は尾よりおろすべし 岡井省二 猩々
みんなみを日はわたりゆく大根畑 山口青邨
よき顔にて人はあるく大根畠 中川一碧樓
わが立てる大根畑寒くなりぬ 山口青邨
をりふしに自愛を思ひ煮大根 藤田湘子 てんてん
ロンヂンに大根なます詩昨今 飯田蛇笏
一つ星ゆれさだまりし大根畑 石田勝彦 百千
一休も一茶も祝へ大根を 山口青邨
一本の大根厨に向きもの 山口青邨
万先生大根煮返しゐたりしこと 安住敦
三方原草分けの味大根漬 百合山羽公 寒雁
乾大根遠き田水が月泛べ 松村蒼石 雁
二股のをかしの大根は神にささぐ 山口青邨
亡き兄の育てし大根畑青し 松崎鉄之介
仏前に名草大根切つて立て 山口誓子
伊勢大根斎宮趾に肥えにけり 阿波野青畝
佇めば大根衿を抜き白し 山口青邨
何を噛む野犬大根畑に来て 右城暮石 句集外 昭和五十七年
冬めきて大根の葉の流るる日 山口青邨
冬を迎ふる大根畑とわが家と 中川一碧樓
冬来れば大根を煮るたのしさあり 細見綾子
冬近し千六本の大根汁 草間時彦
切られ売る大根の値など妻も病む 古沢太穂 火雲
利尻昆布敷きて大根煮はじむる 細見綾子
十月の暗が太らす大根かな 右城暮石 声と声
友泊めて飛騨の古謡・煮大根 能村登四郎
吐くだけの息を吸うなり大根畑 橋閒石 微光以後
啓勢の生ま大根を児がかじる 右城暮石 句集外 昭和三十三年
土ながら大根つまれぬ雪や来ん 前田普羅 普羅句集
坊さんのにこにこ顔や大根市 燕雀 星野麥丘人
塩原の名の大根を子の祭 森澄雄
声誉求(と)めぬ人ぞ大根乗り出して 香西照雄
声誉求めぬ人ぞ大根乗り出して 香西照雄 対話
夜をこめて大根を煮る小正月 細見綾子
大いに晴れわたり大根二葉 種田山頭火 草木塔
大根おろし御飯にかけて山暮し 金子兜太
大根が一番うまし牡丹鍋 右城暮石 一芸
大根が太つて来た朝ばん佛のお守りする 尾崎放哉 須磨寺時代
大根が煮えてもっとも短き日 橋閒石
大根が煮えてもつとも短き日 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
大根に簑着せて寝ぬ霜夜かな 村上鬼城
大根ぬきに行く畑山にある 尾崎放哉 小豆島時代
大根のいのち出てゐる土の上 飯田龍太
大根のがつきと折れていさぎよし 山口青邨
大根のやたらと辛し虻の昼 石川桂郎 高蘆
大根の二葉に秋の日さし哉 正岡子規 秋の日
大根の刀蕪の矢の根かな 正岡子規 大根
大根の土出し肩に日当れる 星野立子
大根の太々し又白々し 相生垣瓜人 負暄
大根の断面乾きひとり暮し 津田清子
大根の日々太り子等も健 高野素十
大根の湯気をゆたかに煮て喪中 鷹羽狩行
大根の煮汁に乾く塗師の風呂 松崎鉄之介
大根の燦たるものを摺り下す 藤田湘子 神楽
大根の甘さと雲の冷たさと 藤田湘子 てんてん
大根の畑へ十歩車井戸 星野麥丘人
大根の白さを風のもたらせし 右城暮石 句集外 昭和十八年
大根の白さ目立ちて年の暮 右城暮石 散歩圏
大根の瞬きながら抜かれけり 橋閒石 微光
大根の細首上げぬ寺畑 山口青邨
大根の茎立僧に綿立ちに 高野素十
大根の葉が地の起伏埋めつくす 右城暮石 散歩圏
大根の葉のごと女冷たしや 右城暮石 句集外 昭和二十三年
大根の貴賤を問はず堆し 古舘曹人 砂の音
大根の野が丘となり野となりし 阿波野青畝
大根の青首のぞく 安宅関 伊丹三樹彦
大根の鬚根の土は温しとも 右城暮石 句集外 昭和十五年
大根の鶴蕪の龜や酒九獻 正岡子規 大根
大根は手が抜けるやう重たさよ 右城暮石 声と声
大根は虚空へかへり老女たち 飯島晴子
大根も肩をむらさき冬に入る 山口青邨
大根やにはかに細き院の径 古舘曹人 砂の音
大根をつけては大根馬と言はれ 山口青邨
大根をひつさげ婆子の腰は弓 川端茅舎
大根を刻む刃物の音つゞく 山口誓子
大根を墓場の木にもかけ流す 右城暮石 句集外 昭和二十三年
大根を抱き碧空を見てゆけり 飯田龍太
大根を煮つめて陸に沈みをる 岡井省二 鯛の鯛
大根を煮つゝそゞろに冬はじめ 山口誓子
大根を葉でぶらさげて湖渡る 平畑静塔
大根を鏡草とぞ飾りける 山口青邨
大根を間引く杉山見下ろして 右城暮石 散歩圏
大根を隣りの壁にかけにけり 村上鬼城
大根二葉わがまま気ままの旅をおもふ 種田山頭火 草木塔
大根二葉石狩は出水躍らして 山口青邨
大根刻む音のふと止む何思ふ 加藤秋邨
大根刻む音淋し今日も暮れけるよ 種田山頭火 自画像 層雲集
大根売る八百屋ありけり中華街 深見けん二
大根巨塊わが貧厨の大月夜 山口青邨
大根抜くときのちからを夢の中 飯田龍太
大根抜く掴みどころはみな同じ 能村登四郎
大根漬けてから長い手紙をかく 種田山頭火 自画像 落穂集
大根煮て来し方何もなきごとし 山田みづえ まるめろ
大根煮るにほひの湯気が岨路へ 中村草田男
大根畑枯野を青く塗り替へぬ 阿波野青畝
大根稲架裏には白き脚垂らす 山口誓子
大根負ふ腰入れ直し荒磯道 岸田稚魚 負け犬
大根買ふ輪切りにすると決めてをり 波多野爽波
大根馬かなしき前歯見せにけり 川端茅舎
大根馬ゆき夕闇のいよよ濃き 山口青邨
大根馬菩薩面して眼になみだ 川端茅舎
好きやねん大根畑と葱畑 星野麥丘人 2001年
威勢よき十一月の大根畑 石塚友二 玉縄以後
嬉しさうに青首大根売る男 岡本眸
宵月のやがて大根の葉に照りぬ 中村草田男
屋上から大根の葉が墜ちてきた 金子兜太
屹と立つ大根おろし鳥渡る 秋元不死男
峠路や秋を瑞葉の肥後大根 上田五千石 天路
布団陽にふくれ大根は土をもたげ 橋閒石朱明
御師の家大根虫気なかりける 細見綾子
手渡しに一本売るる大根かな 石田勝彦 秋興以後
故郷の大根うまき亥子哉 正岡子規 亥の子
新涼の大根おろし山なりに 能村登四郎
月の空澄みて大根の葉には靄 川端茅舎
月読のひかりのどけき大根かな 川端茅舎
朝の富士大根畠に木の葉浮く 松村蒼石 雪
朝焼雨ふる大根まかう 種田山頭火 草木塔
杉山を真逆さまの大根畑 石田勝彦 秋興以後
松とれて費えのうちの芋大根 石橋秀野
柚子の香や弘法の日の蒸し大根 石塚友二 磊[カイ]集
桜島大根の葉の濃きみどり 右城暮石 散歩圏
桜島大根首級の重さなる 百合山羽公 樂土以後
死にたれば人来て大根煮きはじむ 下村槐太 天涯
沈丁や麦や大根やつかみさし 正岡子規 沈丁花
泥んこ道が噛む三輪車大根の荷 伊丹三樹彦
満載の大根トラックと下船せり 伊藤白潮
漬大根つかみて軍備のろひをり 伊丹三樹彦
炭馬の炭なきときは大根馬 鷹羽狩行
焼跡に人棲み大根太りたり 村山故郷
煮大根ならいが西にまはりけり 岡本眸
煮大根をゆゑなく欲りて母の忌なり 安住敦
煮大根を通夜の畳の上に置く 草間時彦
生馬の身を大根でうづめけり 川端茅舎
畑大根皆肩出して月浴びぬ 川端茅舎
畑大根肩抜いてをり鳰のこゑ 森澄雄
神饌の菜園大根の畑もあり 山口誓子
秋行くや大根二股にわれそめて 正岡子規 行く秋
税三百倍や大根土に太る 右城暮石 声と声
稲架の裏伊勢大根の足の裏 山口誓子
納豆におろす大根法師蝉 細見綾子
終りに近きショパンや大根さくさく切る 加藤秋邨
練馬野の大根首出し御慶かな 村山故郷
聖十體二股大根まつ晝間 岡井省二 鯨と犀
肩出して大根青し時雨雲 前田普羅 普羅句集
胴長の大根馬いまわが門に 山口青邨
般若老(ひ)ねこけし二股大根なり 岡井省二 鯨と犀
茎立ちし大根のあと忘れけり 百合山羽公 樂土
茎立の燦然たりし大根かな 百合山羽公 樂土以後
葉も炊いて大根剰すところなし 石塚友二 玉縄以後
葱根深大根白菜底曇 石塚友二 光塵
葱蕪大根年譜など要らず 岡井省二 鯨と犀
蕪大根二葉に出でて秋の空 村山故郷
行きくれて大根畑の月夜哉 正岡子規 月夜
行きずりに大根買ひゆくうらゝかに 村山故郷
行く秋や大根畠に鳴く雀 正岡子規 行く秋
谷底へ帰る人々大根負ひ 福田蓼汀 山火
負籠負ひ来ぬ冬大根と赤ん坊と 森澄雄
貧乏な八百屋車や芋大根 正岡子規 芋
貧厨に火を噴く島の大根よ 山口青邨
赤大根卸しすなはち薄みどり 鷹羽狩行
踏切の雪霏々として大根馬 山口誓子
農園の主作大根間引き積む 右城暮石 句集外 昭和三十四年
逗留をゆゑなく延ばす煮大根 上田五千石 琥珀
逢へておわかれの大根もらうてもどる 種田山頭火 草木塔
道祖神二股大根嘉したまふ 山口青邨
野の池や大根あらへる今日の波 水原秋櫻子 古鏡
野分して牛蒡大根のうまさ哉 正岡子規 野分
鍬鍛冶に旭の大根畑頬へ照る 飴山實 おりいぶ
鎌倉の大根畠や冬籠 正岡子規 冬籠
長男が畝切つて待つ大根畑 廣瀬直人
院児の糧大根土を躍り出し 西東三鬼
青くびの大根煮つけ予後の膳 角川源義
青海苔と同色名草大根畑 山口誓子
風呂吹にすべく大根の大なる 正岡子規 風呂吹
風邪重くなる大根の尻切つて 秋元不死男
馬の背の大根白し夕もみち 正岡子規 紅葉
鳥いくつ流れて過ぎし大根畑 廣瀬直人
鵙ないて大根畑の日和哉 正岡子規 鵙
鵯のあと山鳩とんで大根村 岡井省二 鹿野
鶯の大根畑に初音かな 内藤鳴雪



あつまるや雪に明行大根馬 桃李 江戸名物鹿子
かつしかや鷺が番する土大根 一茶 七番日記
かまくらやをさまる御代は大根曳 夏目成美
けふ斗辛き三月大根かな 左次
こさふかば大根で消さん秋の月 其角
こぼれても念彼のちからや大根種 露川
さりげなや大根畑の九月尽 田川鳳朗
さればいの泥によごれつひく大根 正秀
むめがゝや土気もとれず活大根 此筋
一俵は雑煮の料や大根ひき 三宅嘯山
七種や常はやせたる野大根 嵐青
二三寸舞出て青し土大根 千川
人妻は大根ばかりをふぐと汁 其角
先雪よ次に大根の伊吹山 凉菟
冬偈ある寺にひかるゝ大根かな 黒柳召波
冬籠りけふは罪なし針大根 野坡
力瘤出すや石地の大根ひき 亀世
十方に里の道あり大根びき 中川乙由
名月のこれもめぐみや菜大根 許六
名月や草とも見えず大根畠 小西来山
土大根つむやはたけが山になる 桜井梅室
夕立に種ながしけり大根畠 許六
夜や浅き大根さゝがす雪の音 句空
大根で責るもむごし冬籠 許六
大根に実の入る旅の寒さかな 欺波園女
大根に実の入旅の寒さかな 園女
大根の下し鱠やふゆ気色 尚白
大根の二葉に立やけさの秋 素覧
大根の二葉裂きけり比良下風 沙明
大根の国のもと也民の春 知足
大根の大根になるしぐれ哉 尚白
大根の延び出るをとや初時雨 りん女
大根の髭むしる夜はみぞれかな 風国
大根の鱠がけふの神むかへ 嵐青
大根はあかれて雪の若菜哉 支考
大根はこなたに雪のいぶき山 支考
大根はまだ十八ぞのちの月 桃先
大根は仏事の一や七回忌 野坡
大根ひきて松はひとりになりにけり 成美 成美家集
大根ひくその夜や松にきり~す 夏目成美
大根もよろしさう也菊の華 北枝
大根や家にひかれてしぐれ草 秋之坊
大根を鯛ほどほめる山家かな 桜井梅室
大根曳御城の見ゆる天気哉 成田蒼虬
大根生る逆成がおかしいとや人~ 杉風
大風呂の貝ふく迄や大根曳 高井几董
子祭や大根白く神黒し 三宅嘯山
寒ぞらにむきて抜出る大根哉 朱拙
寒菊の隣もありやいけ大根 許六
寒菊の隣もありや生大根 許六
寒菊の隣もあるやいけ大根 許六
小半で火燵しかけよ大根いし 除風
尾上から大根おろしやはつ鰹 巣兆 曾波可里
尾張路や跡にひかるゝ大根畑 中川乙由
居風呂とけふは見る日や大根曳 野坡
岡崎や吉田に続くなつ大根 五明
年かくす牛の力や大根曳 嵐青
我畑の卑下もやさしや大根曳 成田蒼虬
掘たての大根ぬくし山のはた 成田蒼虬
新そばの兵者共や土大根 凉菟
日の縁にあがる大根や一むしろ 臥高
月も身にしむや大根のからき宿 鈴木道彦
月雪の野はたしか也大根時 惟然
此畑に大根のこる時雨かな 嵐青
玉川の水や師走の藁大根 完来
目の前でかぶりつきたる大根かな 惟然
神送荒たる宵の土大根 洒堂
秋も漸大根むまき寒さ哉 水颯
紅梅に大根のからみぬけにけり 夏目成美
網代守大根盗をとがめけり 其角
肝心の日は時雨けり大根曳 洒堂
胡蘿も色こきまぜて大根曳 黒柳召波
草茎に大根つらねとしの軒 百里
菜大根に二百十日の残暑かな 李由
菜大根の土に喰つくさむさ哉 乙訓
菜大根ももれぬ回向や御命講 卓池
落つかぬほどを知とやいけ大根 游刀
落つる日や吹きさらされし大根馬 桜井吏登
落る日を吹きさらされし大根馬 吏登 吏登句集
買に来る人はこなすや大根畑 北枝
辛崎の松も見ゆるや大根ひき 夏目成美
道くさの草にはおもし大根哉 千代尼
錦木や染ぬ大根に啼家鴨 建部巣兆
長明が車もおせや大根ひき 夏目成美
霜はらふにんじん午房大根芋 如行
静さや大根のへりにほとゝぎす 樗良
鮎よりも生たり露の葉大根 鼠弾

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 15:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング