大根引 の俳句

大根引 の俳句

大根引 の例句



たそがれの息もつかずや大根引 松村蒼石 寒鶯抄
たら~と日が真赤ぞよ大根引 川端茅舎
つかの間や大根引いて屋敷畑 石川桂郎 高蘆
なあ~となあ~と云ひ大根引く 高野素十
もう山の影がとゞいて大根引 飴山實 次の花
をりをりに横川の鐘や大根引 岡井省二 山色
三方原まだまだひろし大根引く 百合山羽公 樂土以後
修禅寺横手耳門の外の大根引 安住敦
大年の前ゆく大根車かな 波多野爽波 鋪道の花
大根引き大根と歩きはじめたり 鷹羽狩行
大根引くあとや蕪引く拍子ぬけ 正岡子規 大根引
大根引く歌こそあらめ三河嶋 正岡子規 大根引
大根引く男か女か山の暮 森澄雄
大根引く畑にそふて吟行す 正岡子規 大根引
大根引く畑にそふて散歩哉 正岡子規 大根引
大根引く鉄塔見上げられにけり 廣瀬直人 帰路
大根引く音聞きに出ん夕月夜 正岡子規 大根引
大根引く黒子の鴉従へて 秋元不死男
大根引て葱淋しき畠哉 正岡子規 大根引
大根引て葱畠は荒れにけり 正岡子規 大根引
大根引白山いまも澄みわたり 飴山實 句集外
大根引磐梯の日の中天に 山口青邨
大根引終るびつしり土冷えて 松村蒼石 雪
大根引身を柔かに伸ばしけり 川端茅舎
富士晴れて大根引の尻高し 飯島晴子
引拔た手に霜殘る大根哉 正岡子規 大根引
捷報の來し朝なり大根曳 正岡子規 大根引
生涯を大根引かず種も蒔かず 鈴木真砂女 紫木蓮
百姓の頸くぼ深し大根引 原石鼎 花影
神在の最中の雲大根引 岡井省二 有時
空澄むに大根引のうつろさよ 松村蒼石 雪
緑の葉手に吸ひつけり大根引く 右城暮石 虻峠
練馬道大根引くべき日和哉 正岡子規 大根引
蕪引く妻もあるらん大根引 正岡子規 大根引
門前の大根引くなり村役場 正岡子規 大根引
霙るる前大根引の終りけり 松村蒼石 雁
顔はやもすずめいろどき大根引き 飯田龍太
鳶からす野は吹き出して大根引 村山故郷


あやまちの若きは多し大根引 三宅嘯山
いま一度牛をまつかや大根引 鈴木道彦
しかられた咄や伯父の大根引 路青
たび人の国ほめ行や大根引 田川鳳朗
たゝきざやにぎりあてたり大根引 りん女
はち巻を角にむすぶや大根引 凉菟
はるはまた花で逢ふぞ大根ひき 凉菟
ぽつきりと折レてころぶや大根引 白雪
むす子にはいつかかゝらむ大根引 牧童
一俵は雑煮の料や大根ひき 三宅嘯山
三ッある中の猪の子や大根引 許六
久~で野に出る馬や大根引 浪化
乗物につかえまはるや大根引 李由
五人張に十三束や大根引 中川乙由
人声や霧たちこめて大根引 風国
今様もしらぬはさびし大根引 風国
伊吹には雪こそ見ゆれ大根引 支考
兄弟の若盛也大根引 桃隣
出女に投て通るや大根引 許六
力瘤出すや石地の大根ひき 亀世
化事のまろびあひけり大根引 りん女
同日に山三井寺の大根引 許六
唐人のほむる物也大根引 凉菟
声高に大津次郎や大根引 木導
大根引けりねりまの郡みよしのや 洞雨 坂東太郎
大根引こゝら畠の字かな 高井几董
大根引ぬいてたゝくや牛の尻 〔ブン〕村
大根引土のつきけり門ばしら 許六
大根引志賀は人気の揃ひけり 成田蒼虬
大津絵に書かせて見たし大根引 素丸 素丸発句集
奥山にかゝる日和や大根引 成田蒼虬
婆ゝが子は伝馬休みて大根引 桜井梅室
強力を召す山伏の大根引 木導
御師殿は先こなたへと大根引 其角
御殿場に馬休めけり大根引 其角
忠度の腕これ見よと大根引 松岡青蘿
手ならひの師匠へやるや大根引 知足
暖とやな武家のいの子の大根引 文鳥
此風は何のあれやら大根引 白雪
百日の鯉にや切らん大根引 白雪
盗人のぬすむ沙汰あり大根引 許六
綿とりに和らいだ手を大根引 中川乙由
腕かぎり気根かぎりや大根引 馬場存義
角力取宿もちけらし大根引 桜井梅室
赤味噌の宿のあればや大根引 蓼太 蓼太句集二編
辛崎の松も見ゆるや大根ひき 夏目成美
道ばたの天秤棒や大根引 炭太祇
鉢まきをとれば若衆ぞ大根引 野坡
鉢巻でことの葉もなし大根引 早野巴人
長明が車もおせや大根ひき 夏目成美
雪前や岡の月夜に大根引 松岡青蘿
骨折に一本かむや大根引 北枝

以上



by 575fudemakase | 2016-11-25 15:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング