大根干す の俳句

大根干す の俳句

大根干す の例句



あまたるう春も暮けり干大根 千川
まれびとに日かげる干菜干大根 上田五千石『琥珀』補遺
ものみな藍の岬端にして干大根 中村草田男
一つ家やどちらを見ても干大根 正岡子規 干大根
亡き母いまもかがめる如し干大根 楠本憲吉 孤客
切干の大根の中の唐辛子 正岡子規 干大根
切干大根ちりちりちぢむ九十九里 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
千本は目立たざる数懸大根 後藤比奈夫
大根にまぎれ老婆が大根干す 鷹羽狩行
大根干し近隣つねに目がさとし 古舘曹人 能登の蛙
大根干す檐の日向や鶸の籠 正岡子規 大根干
大根干す竿が一本島畑 石田勝彦 秋興以後
大根干す視野に連絡船入り来 岡本眸
大根干済めば勿ち夷講 山口青邨
大根掛けられ無花果は乞食の木 鷹羽狩行
子を負ふて大根干し居る女かな 正岡子規 大根干
山里や大根干す木に梅の花 正岡子規 梅
嵐すべく伊吹は立てり干大根 阿波野青畝
帰り花咲や庵の干大根 十丈
干し大根ちぢむ日和の毎日よ(金沢郊外、湯涌温泉にて三句) 細見綾子
干し大根海鳴りいつもそこで聞く 細見綾子
干し大根軒に吊して住みつけり 細見綾子
干大根いまはかけがへなきいろに 飯島晴子
干大根が月のひかりのとどくところ 種田山頭火 自画像 落穂集
干大根よめ菜を恋るおとろヘハ 杉風
干大根人かげのして訪はれけり 橋本多佳子
干大根出水のものは干しをへて 林翔 和紙
干大根日射濃すぎて落ちつかず 岡本眸
干大根月かげにあり我家なり 橋本多佳子
干大根細りきつたりアロエ咲き 清崎敏郎
干大根細り細るや一茶忌へ 林翔
年々や婆々が手痩せて干大根 正岡子規 干大根
庫裡暗し干大根の翳るとき 後藤比奈夫
庭詰に懸大根がひそひそと 後藤比奈夫
懸大根はばかりもなき湯宿かな 石田勝彦 秋興以後
懸大根まだあたらしき茶々の里 森澄雄
懸大根日を経て闇にまぎれやすし 岡本眸
懸大根瀧のこだまに細りけり 石田勝彦 雙杵
懸大根越の高窓玻璃二重 福田蓼汀 秋風挽歌
懸大根足一本の折れも見ず 上田五千石『琥珀』補遺
懸大根雨が洗ふといふ日あり 後藤比奈夫
懸大根黄ばむより海荒れにけり 岡本眸
打豆に干大根やむめの花 許六
掛け大根婚後を死後のごとく生き 鷹羽狩行
掛大根かがやくのみの遠き家 山口青邨
掛大根なつかし千樫の山低し 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
掛大根凪ぎの小浜の廃屋に 佐藤鬼房
掛大根屏風の如く書を読める 山口青邨
日ざし来て干大根が喜べり 細見綾子
日の当るときの掛大根安堵 後藤比奈夫
日暮や大根掛けたる格子窓 正岡子規 大根干
春風にしぼむものあり干大根 正岡子規 春風
春風の吹けばしぼむや干大根 正岡子規 春風
桟橋の下を見よこの懸大根 波多野爽波
椽側に切干切るや繪師か妻 正岡子規 大根干
海峡の機嫌よき日の大根干す 岡本眸
渡岸寺さまのひとつれ干大根 岸田稚魚 紅葉山
湖風に痩せ過ぎてゐし干大根 稲畑汀子
満ち干なき湖の桟橋大根干す 右城暮石 上下
漁師町初冬青首大根干す(出雲崎) 細見綾子
漠然と人肌戀し干大根 三橋敏雄
無門関道場の干す大根かな 後藤比奈夫
由良の戸のいま雨ざらし懸大根 岡本眸
畳数尽きしところに干大根 石田勝彦 秋興
白砂青松怒濤に縮む干大根 百合山羽公 寒雁
石筆のころがる椽や干大根 正岡子規 干大根
絃歌わく二階の欄も干大根 川端茅舎
縁の下からも風来る大根干す 後藤比奈夫
翁われに掛大根を飾りをり 石川桂郎 四温
能登さびしなまじ名残りの干大根 上田五千石『琥珀』補遺
若い者は皆出てゆくと大根干す(金沢郊外、湯涌温泉にて三句) 細見綾子
若き尼紅梅の枝に大根干す 正岡子規 大根干
蝶~や雫にすがる干大根 東皐
連山に負けじと大根掛けわたす 上田五千石 風景
野に大根干す伊勢駛り亭午過ぐ 下村槐太 天涯
雲は行き懸大根はとどまれり 後藤比奈夫
飢ゑし日ありきこずゑまで掛大根 鷹羽狩行
首途の太刀にはかばや干大根 正岡子規 干大根
駅柵に大根干してはばからず 上田五千石『風景』補遺

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 15:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26405996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング