鼬 の俳句

鼬 の俳句

鼬 の例句


しぐるゝや鼬子をひく軒の端 三宅嘯山
のつぺらぼう鼬の頭のうしろ影 中村草田男
むささびか鼬かばつた食ひし糞 右城暮石 句集外 平成三年
やませ来るいたちのやうにしなやかに 佐藤鬼房
人を見る鼬あやしや秋の暮 三宅嘯山
古寺や鼬の顔にしくれけり 正岡子規 時雨
古庭の雪間をはしる鼬かな 正岡子規 雪
古庭や鼬吹き出す初嵐 正岡子規 初嵐
夕立に猫といたちのさわぎ哉 正岡子規 夕立
天草舟寄る いたち浜だという洞 洞 伊丹三樹彦
媒にはしる鼬の寒さ哉 正岡子規 寒さ
寒の内御宝蔵にもいたち穴 百合山羽公 樂土以後
新涼や鼬見た人見ない人 飯島晴子
明寺の霜枯に無く鼬哉 正岡子規 霜枯
春の昼逃げてふり向く鼬の眼 飯田龍太
昼がほや子を運ぶ鼬垣根より 黒柳召波
晴れつゝ越す鼬峠や青芒 飴山實 句集外
月の出の山人に一と抱えの鼬 金子兜太
木洩れ日のお玉杓子と鼬羊歯 佐藤鬼房
末子の襟巻小鼬受け口小歯並び 中村草田男
枸杞垣に鼬迯込む夕部哉 泥足
栗落ちて鼬の道の絶えてけり 正岡子規 栗
歯朶の名の或はいたち或は蛇 富安風生
水仙に鼬隱るゝ明家かな 正岡子規 水仙
水門に鼬死居る冬の月 正岡子規 冬の月
沸騰の底に澄みきる鼬の眼 橋閒石 風景
畦こえて鼬の見えぬ冬田哉 正岡子規 冬田
畦豆に鼬の遊ぶ夕かな 村上鬼城
白露に顔たてのぞく鼬かな 阿波野青畝
盆の月畑に鼬と男女出る 飯田龍太
稲妻にとりて返すや藪鼬 吾仲
窯跡に鼬出て来し雪明り 飯田龍太
笹鼬春立つて道走りけり 岡井省二 猩々
綿とりし野面になりぬ鼬飛ぶ 河東碧梧桐
胴跳びぬつづまり脚も跳ぶ鼬 中村草田男
草枯れて鼬のにげる寒さかな 正岡子規 草枯
菊あれて鶏ねらふ鼬かな 正岡子規 菊
行く秋の鼬死居る木部屋哉 正岡子規 行く秋
農夫尿るうしろ鼬の黄金がひらり 伊丹三樹彦
魚避けて鼬いさむる荷葉かな 素堂
鯉に指吸わせてからの 鼬噺 伊丹三樹彦
鴬がねぐら笛吹おこせ笹鼬 其角
鼬など出て秋興を添へにけり 後藤比奈夫
鼬には侮られたる鼠捕 後藤比奈夫
鼬の奥に月あり心象光満つ 金子兜太
鼬の路伸(の)し切りの首伸しながら 中村草田男
鼬の頭がさむき全身ふり返り 中村草田男
鼬ゐて人を化すや秋の暮 村上鬼城
鼬急ぐ次第太りの身を長く 中村草田男
鼬急ぐ浮かぶ瀬あらば身を捨てんと 中村草田男
鼬等くゞらず封水すめりうゐ仏 千那
鼬鼠色にげてとまりし関の趾 平畑静塔

以上

by 575fudemakase | 2016-11-25 15:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26406033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング