波郷忌 の俳句

波郷忌 の俳句

波郷忌 の例句


さざんくわの白がきまりや風鶴忌 星野麥丘人
たよりあり波郷忌のこと柿のこと 雨滴集 星野麥丘人
なにごともきのふのごとし忍冬忌 星野麥丘人 2004年
乙訓へ行こか波郷忌過ぎたれば 星野麥丘人 2001年
人を恋ふことのすずろや風鶴忌 岸田稚魚 紅葉山
今にして切字にまよふ風鶴忌 能村登四郎
八つ手咲き遺書書かざりし波郷の忌 村山故郷
十三星霜波郷忌のわが鬢白し 林翔
山茶花で閉づる夕や風鶴忌 斎藤玄 狩眼
山茶花の累ねの白や惜命忌 星野麥丘人
常臥しの飲食は健波郷の忌 森澄雄
年々の白雲木と波郷忌と 燕雀 星野麥丘人
文鎮の佐渡赤石や風鶴忌 亭午 星野麥丘人
木枯がつぶさに見せる風鶴忌 斎藤玄 狩眼
末枯を大足で来る波郷の忌 林翔
杉山に波郷忌の雲あそびをり 原裕 青垣
枯色の色の果あり波郷の忌 斎藤玄 狩眼
枯菊に萱の雪吹く風鶴忌 斎藤玄 狩眼
桂郎忌の枯木波郷忌の枯木中 斎藤玄 雁道
榧の実の落ちて散らばり波郷の忌 森澄雄
波郷の忌近し寒暖定めなく 原裕 葦牙
波郷忌が来る木の葉が風に乗つて来る 林翔
波郷忌が渉りをり霜の闇 斎藤玄 狩眼
波郷忌にちかづく眼鏡玉拭けり 上田五千石『天路』補遺
波郷忌に参ず着物は枯葉色 鈴木真砂女 都鳥
波郷忌に時あふれをり菊の屑 斎藤玄 狩眼
波郷忌のくるまで柿は食はぬこと 星野麥丘人
波郷忌のけふも短き日なりけり 百合山羽公 寒雁
波郷忌のこの木なんの木くわりんの木 雨滴集 星野麥丘人
波郷忌のしばらく日ざす白襖 飯田龍太
波郷忌のちかづく「卯波」がよひかな 上田五千石 琥珀
波郷忌のひよどりすこし虔めよ 雨滴集 星野麥丘人
波郷忌のまた近づきぬわれ病むなり 村山故郷
波郷忌のむくろじの晴れ極りし 岸田稚魚
波郷忌のやさしき霜にまづ跼む 山田みづえ 木語
波郷忌の五殻豆など光五郎 岸田稚魚 紅葉山
波郷忌の冷え込んでくる草の音 岸田稚魚
波郷忌の同齢者北のしぐれに遇う 古沢太穂 捲かるる鴎以後
波郷忌の夕寒むからぬ茜雲 上田五千石 琥珀
波郷忌の宵の果なる水二合 上田五千石 天路
波郷忌の家にここだの恋椿 角川源義
波郷忌の小芋も酒の肴かな 星野麥丘人
波郷忌の手足眠りに従へり 飯田龍太
波郷忌の朝や霜被て木賊叢 星野麥丘人
波郷忌の柿すすりゐてさびしけれ 角川源義
波郷忌の潮の音を聞けとこそ 石田勝彦 秋興以後
波郷忌の濃紫あり朴落葉 石田勝彦 百千
波郷忌の無患子のため明日晴れよ 星野麥丘人 2003年
波郷忌の無患子仰ぐ夫婦かな 岸田稚魚 紅葉山
波郷忌の無患子花の如くなり 石塚友二 磊[カイ]集
波郷忌の無患樹の空軽くなる 石田勝彦 雙杵
波郷忌の男らタイを結ばずに 星野麥丘人 2004年
波郷忌の秋桜子先生のあとに蹤き 岸田稚魚 筍流し
波郷忌の近附く霜の香なりけり 草間時彦
波郷忌の透明をゆく蓮根売 斎藤玄 狩眼
波郷忌の過ぎたる墓に水つかひ 燕雀 星野麥丘人
波郷忌の金柑五十貰ひけり 星野麥丘人
波郷忌の雪の上ゆく叩雨 斎藤玄 狩眼
波郷忌の風の落ちこむ神田川 秋元不死男
波郷忌の風邪を貰つて戻りけり 山田みづえ 手甲
波郷忌の首を据ゑたる夕景色 藤田湘子
波郷忌の高雲に目を放ちけり 飯島晴子
波郷忌や一休庵の蕎麦饅頭 雨滴集 星野麥丘人
波郷忌や人ことごとく饒舌に 星野麥丘人
波郷忌や切字のあまき句の増えて 鷹羽狩行
波郷忌や富士玲瓏の道行きて 水原秋櫻子 餘生
波郷忌や朝の雨とは水に降り 石田勝彦 秋興
波郷忌や波郷先生風邪引くな 藤田湘子
波郷忌や波郷好みの燗つけて 鈴木真砂女 夕螢
波郷忌や白鳳佛の厨子かがよひ 水原秋櫻子 餘生
波郷忌や雨が軒打つ路地の店 鈴木真砂女 居待月
波郷忌を昨日に今日の大綿ぞ 岸田稚魚 紅葉山
波郷忌を流してこゑの焼藷屋 伊藤白潮
浮いてゐる鳰が一つや忍冬忌 星野麥丘人
潮引いて波郷忌近き小名木川 伊藤白潮
無辺より訪ひ来たる波郷の忌 斎藤玄 狩眼
熊坂も与兵衛もひらき風鶴忌 雨滴集 星野麥丘人
玉縄に昼のしぐれや忍冬忌 石塚友二 玉縄以後
町雀耳目にせざり忍冬忌 上田五千石 天路
百椿つぼみばかりや忍冬忌 森澄雄
石狩にゐてしぐるるや波郷の忌 斎藤玄 雁道
笹子ゐて耳遊ばする波郷の忌 森澄雄
綿虫や波郷忌ののち寺苑古り 上田五千石『琥珀』補遺
綿蟲や波郷忌の過ぎきのふけふ 山田みづえ 草譜
群青の空あたたかに波郷の忌 石塚友二 玉縄抄
葉牡丹の色渦に出て波郷の忌 村山故郷
重ね着をせり波郷忌が近附きぬ 草間時彦 櫻山
青々と竹撓ひたる波郷の忌 廣瀬直人
颯々として波郷忌の近づけり 岸田稚魚

以上


by 575fudemakase | 2016-11-25 15:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26406060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング