網代 の俳句

網代 の俳句

網代 の例句


いつまでか在る網代笠梅は実に 佐藤鬼房
ながらへて八十になりぬ網代守 正岡子規 網代守
ながらへて八十路になりぬ網代守 正岡子規 網代守
一亭の網代天井白魚飯 石田勝彦 百千
夕涼し網代の簷の深ければ 富安風生
夜嵐や網代に氷る星の影 正岡子規 凍る
数へ日となりし草鞋と網代笠 後藤比奈夫
曉や凍えも死なで網代守 正岡子規 網代守
梅雨寒の網代片町抜けにけり 弟子 星野麥丘人
永き日を焦げて戻りし網代笠 後藤比奈夫
炎天を網代に組んでゐたりけり 岡井省二 鯛の鯛
物の怪に細る灯や網代守 日野草城
白頭翁網代もひびく午前なり 岡井省二 明野
笠は網代で手にあるは酒徳利 種田山頭火 自画像 落穂集
網代持てば鴨も時折拾ひ来て 河東碧梧桐
網代木のすでにはるかにならびけり 岡井省二 五劫集
網代木を遠ざかりつつ日ざしかな 岡井省二 山色
網代笠日焼けて網目失へり 後藤比奈夫
網代笠黴びさせ給ふ如何せし 後藤比奈夫
雨の夜や動きもやらす網代守 正岡子規 網代守


*牢人とみゆるや宇治の網代守 句空
かみ下と一年置の網代かな 田川鳳朗
しづかさに犬もおどさず網代守 桜井梅室
しづかさを数珠もおもはず網代守 丈草
とかくして旭にあへり網代守 成田蒼虬
世わたりのはづれ~に網代かな 蓼太 蓼太句集初編
初雪や網代の小屋の高鼾 〔ブン〕村
初雪を脊中に負ふや網代守 許六
初鮭や網代の霧の晴間より 支考
夏虫も火を守る宇治の網代哉 越人
富士行や網代に火なき夜の小屋 其角 花摘
山風の相手に吹や網代小屋 露川
幽*りょうに見えよ網代の痩男 洒堂
御鷹野にすくんでゐたり網代守 李由
思ひしる夢をはかなみ網代もり 凉菟
恵心寺に奉公はせいで網代守 支考
押並びてかゝる事する網代守 鈴木道彦
暁のなみだ氷らん網代守 松岡青蘿
槇の嶋見ゆる網代のかゞりかな 加藤曉台
沸釜や我も八十瀬の網代守 凡兆
海老はみな氷魚どしかゝる網代哉 許六
火の影や人にてすごき網代守 池西言水
火をつゝむ藁のあかりや網代守 浪化
灯の影の畳みせばや網代小屋 土芳
爰にのむ坐敷しつらへ網代守 其角
猫喰ふ鳶がむさいか網代守 北枝
獺に飯とられたる網代かな 炭太祇
田上や士筋の網代守 許六
笠の名の網代も寒し五十鈴川 中川乙由
網代守うしろの家へもどりけり 成田蒼虬
網代守夕ぐれは子もある男 成田蒼虬
網代守大根盗をとがめけり 其角
網代守宇治の駕籠かき物とはむ 許六
網代守宇治の駕籠舁と成にけり 許六
網代守宿では申念仏かな 羽笠
網代家の新らしくみゆる哀也 長翠
網代屋にところてん屋の古簾 其角
網代木のそろはぬかげを月夜かな 白雄 白雄句集
網代木も下へ芽を出す柳かな 〔ブン〕村
網代木や守らじ~と朽るまで 寥松 八朶園句纂
網代笠俗にも似合茶摘哉 紫貞女
膝もとに月こそ出れ網代守 牧童
芦火吹顔のみへけり網代守 五明
蛇の枕見たか月夜の網代守 中川乙由
都人の扇にかける網代哉 許六
門松や網代の杭に朝霞 介我
題しらず連哥もしらで網代守 東皐
餅搗た夜から来ぬなり網代守 成田蒼虬
魚ぬすむ狐のぞくや網代守 炭太祇
鯆には心ゆるすな網代守 北枝

以上

by 575fudemakase | 2016-11-25 15:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26406062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング