神迎 の俳句

神迎 の俳句

神迎 の例句


あかつきに雪降りし山神還る 藤田湘子 神楽
お留守には何事もなし神迎 正岡子規 神迎
たぶの木の影は踏まずよ神迎 燕雀 星野麥丘人
はらはらとはしる雑仕や神迎 阿波野青畝
乘掛の旅僧見たり神迎 正岡子規 神迎
北斎に執着の神還りけり 能村登四郎
味噌均しをり悉く神還り 能村登四郎
土器に注がれし酒や神迎 雨滴集 星野麥丘人
宇佐の神還ります日の冬鴎 能村登四郎
宍道湖や明日神迎ふ波荒れて 村山故郷
暗に踏木の葉かはくや神迎へ 野坡
末枯にこらさこらさと神迎ヘ 加藤秋邨
水溜めし刈田ばかりや神還る 能村登四郎
流木の灰に小旋風神迎ヘ 鷹羽狩行
湖の上を疾風来るなり神迎 水原秋櫻子 殉教
神迎ふ柿鈴生りの一湖村 村山故郷
神迎水口だちか馬の鈴 洒堂
神送り神迎へなど今はなし 高野素十
神還りたまひし森のざわめきか 鷹羽狩行
神還り給ふ地酒のこくも見に 百合山羽公 樂土
神還るしづけさにあり気比の宮 能村登四郎
神還る山頂に人遊ばしめ 岡本眸
神還る日があまねくて柞原 能村登四郎
神還る日の大雨の厳島 有馬朗人 耳順
神還る陰木黐の埃して 能村登四郎
禰宜殿は目に見ゆるやら神迎 中川乙由
貧乏の神と句の神還り来し 鷹羽狩行
逢坂を棒に小竹筒や神迎 桃妖
鈴生りの杉の実うれし神迎へ 阿波野青畝
青苔に山茶花にほふ神迎 水原秋櫻子 玄魚
風垣や紙松を貼り神迎ふ 角川源義
駅ありてさびしき村や神迎へ 村山故郷
鵜の鳥の嘴そろへたる神迎へ 能村登四郎
鶺鴒も尾で招く也神迎 中川乙由
鷄もうたひ參らす神迎 正岡子規 神迎

以上

by 575fudemakase | 2016-11-25 15:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26406065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。