霜 補遺2

霜 補遺2

翁忌のかうべに霜を置くわれら 上田五千石『琥珀』補遺
老いぬれば四方平面の霜摘まむ 永田耕衣
老松のおきたる霜のとくるなり 前田普羅 飛騨紬
老眼鏡掛け初め武き霜の丈 草間時彦
老骨の胸にひろがる霜の照り 佐藤鬼房
耳掻いてゐる老人に霜のこゑ 飯田龍太
肅々と馬に鞭うつ霜夜かな 正岡子規 霜夜
肉親をまつ空港の霜日和 飯田蛇笏 家郷の霧
肺炎の児に蚊帳くゞる霜夜かな 渡邊水巴 白日
胃が痛み通せし夜明け霜の声 右城暮石 上下
背に霜の野犬に顔のほころぶも 金子兜太
胡桃割つてみつみつの声霜夜にて 森澄雄
胸あふれ来て跼まりし霜の華 能村登四郎
胸に手を組んでの目覚め 霜の声 伊丹三樹彦
胸に組む油手霜の夜明けがた 佐藤鬼房
腹の子の風邪引くといふ霜夜かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
臥す顔にちかぢか崖の霜の牙 橋本多佳子
臥妻に霜の月来てうづくまる 角川源義
舟べりの霜しづかなる水面かな 飯田蛇笏
色鳥の羽摶ち去り霜けぶらする 伊丹三樹彦
芋虫の前うしろより霜のこゑ 飯田龍太
芝刈られし直後はやるせなき霜ら 三橋鷹女
芭蕉葉を刈り置く土に霜の来て 右城暮石 句集外 昭和十三年
花よりも 紅葉よりもの 吉野の霜 伊丹三樹彦
花遂に霜に負けたり寒牡丹 日野草城
苫の霜夜の間にちりし紅葉哉 正岡子規 散紅葉
茶の花はこぼれそめつゝ霜日和 西島麦南 人音
茶の花や霜にさびたる銀閣寺 正岡子規 茶の花
茶の花や霜に明行ふしの山 正岡子規 茶の花
草の葉の形に強き霜置けり 山口誓子
菊の霜泡立ち消ゆる如くなり 星野立子
菊畑の日輪霜をはなれけり 飯田龍太
菊目石店内霜のごときかな 阿波野青畝
菜園に月光霜をそゝぎをり 相馬遷子 山国
落葉なき合歓の下霜とけやらぬ 飯田蛇笏 山響集
落葉は落ちて落ちつくところ毎朝霜 荻原井泉水
葛原や一夜の霜の葉を焦す 石川桂郎 四温
葛飾は霜に芦伏す初景色 能村登四郎
葬儀社に鉋の音す霜夜かな 渡邊水巴 白日
蒼白きものふるへ来る月の霜 渡邊水巴 白日
蓬生や霜に崩るゝ古築地 正岡子規 霜
薄赤う旭のあたりけり霜の不二 正岡子規 霜
薔薇咲けり霜に明けゆく司祭館 水原秋櫻子 殉教
藁すぼや霜を恐るゝ牡丹の芽 正岡子規 木の芽
藁一束もらふため行く霜の畦 能村登四郎
藁屋根の大きな日なた霜解けて 長谷川素逝 暦日
藁束を抜く万目の霜かゞやき 右城暮石 句集外 昭和三十三年
藥草の花紫に霜早し 正岡子規 霜
藥草の花紫に霜白し 正岡子規 霜
蘗のある霜ぐせの土と見て 右城暮石 句集外 昭和十七年
蚤出でて霜夜を擾すことをせり 相生垣瓜人 微茫集
蝶ノ羽ニ霜置ク夜半ヤ冴エ返ル 正岡子規 冴返る
蟹の泡に似た子沢山霜きららか 橋閒石 風景
街の日は霜にさやけく黒手套 飯田蛇笏 雪峡
襟立てつ深霜の道遠ければ 飯田龍太
親牛の子牛をねぶる霜夜哉 正岡子規 霜夜
誕生の日のごとき陽と霜威あれ 能村登四郎
誰が家ぞ霜に折れたる萩芒 正岡子規 霜
豆柿に霜や月光ふりそそぐ 山口青邨
豪霜よ誰も居らざる紅梅よ 加藤秋邨
貨車とまる駅にあらざる霜の崖 橋本多佳子
貨車の闇小さき鏡に霜明くる 橋本多佳子
賜はりぬ満目の霜と眼の澄みを 能村登四郎
赤い實の一つこぼれて霜の橋 正岡子規 霜
赤き實の一つこぼれぬ霜の庭 正岡子規 霜
赤貧にたへて髪梳く霜夜かな 飯田蛇笏 山廬集
起せども腰が拔けたか霜の菊 正岡子規 霜
足袋はくや故園の霜のくまなくて 百合山羽公 故園
跫音もたてず悪友霜を来し 飯田蛇笏 雪峡
蹴ちらせば霜あらはるゝ落葉かな 高野素十
身じろがぬもの 寒の鯉 霜の墓 伊丹三樹彦
軍國の埠頭の霜に靴鋲鳴る 飯田蛇笏 白嶽
軒ちかみ九輪は霜の旦暮かな 石橋秀野
軒につむ木にも及びし霜のぬれ 右城暮石 句集外 昭和七年
軒の霜麓人生家このあたり 村山故郷
農夫の子に生涯の田か霜うすし 能村登四郎
農日記永し霜夜の汽笛ゆく 飯田龍太
辻堂に狐の寐たる霜夜かな 正岡子規 霜夜
迫り来るもののあるなり霜気なり 相生垣瓜人 明治草
送る身に露霜ひしと汽車発つ間 石塚友二 方寸虚実
遅月のかゞやきつゝも霜夜かな 高浜年尾
遅霜のあるべし星の美しき 高野素十
遅霜の戸口~に女立ち 高野素十
遅霜やそよりともせぬ葦乾き 松村蒼石 雁
遍照光家陰に霜の銀を敷き 香西照雄 素心
過去新たきのふも獄に霜下りて 秋元不死男
道ばたの冬菜の屑に霜白し 正岡子規 冬菜
遠くに私ゐる地の霜の白きに 中川一碧樓
遼東の霜にちびたるひづめ哉 正岡子規 霜
部屋ぬちに声音しづみぬ霜深く 桂信子 月光抄
郵便車霜濡れかがやく文も然れ 香西照雄 対話
酒さめてしゝむら冷ゆる霜夜かな 西島麥南 金剛纂
酒さめて楓橋の夢霜の鐘 正岡子規 霜
酔うて寝て漏刻も知らず霜夜かな 村山故郷
酪農の灯る霜夜となりにけり 阿波野青畝
醉蟹の壺を伺ふ霜夜かな 正岡子規 霜夜
野に拾ふ霜に爛れのマタイ伝 木村蕪城 寒泉
野の仏の拈華微笑や霜迫る 楠本憲吉 孤客
野の霜に腐れる何の魚の骨 石塚友二 光塵
野の霜に転がる軍靴過去まざと 伊丹三樹彦
野の霜を踏みゆけり禽あまた翔ち 伊丹三樹彦
野沢菜の霜幾度の紫よ 山口青邨
野霜耀る一点くれば蜻蛉の死 伊丹三樹彦
金岡の馬靜まりし霜夜哉 正岡子規 霜夜
金鈍る三日月は霜かゝるらし 渡邊水巴 富士
鉛筆の香に酔ふ眸して子の霜夜 渡邊白泉
錆流す露霜の屋根いまを生く 佐藤鬼房
鍋の霜日の短きも限りかな 正岡子規 霜
鏘然とあるべかりけり霜の声 相生垣瓜人 負暄
鐘つきの衣かたしく霜夜哉 正岡子規 霜夜
鐘聲が聞き捨て逝くや霜の聲 永田耕衣
鐘聲は《踏み行かれ霜》聴く勿れ 永田耕衣
長汀を誇る村なり霜も知らぬ 大野林火 方円集 昭和五十二年
降神の詞厳しく霜に立つ 山口青邨
陥落ちかし霜の日雪の日とつづき 山口誓子
陶物のあをき色もてる霜夜かな 大野林火 冬青集 雨夜抄
障子際に帯おいて寝る霜夜かな 細見綾子 桃は八重
隠れ家のトタンの霜の蒸發よ 三橋敏雄
雀とまる釣瓶の底や霜のあと 正岡子規 霜
雀歩くたのしさ霜のトタン屋根 飯田龍太
雑煮すんで垣根の霜を惜みけり 渡邊水巴 白日
雑華世界即雑草園霜の華 山口青邨
雪嶺に地は大霜をもて応ふ 相馬遷子 山河
霜あをし日の出を待てる雀らに 相馬遷子 山河
霜いたし日々の勤めの老仲間 村上鬼城
霜いたし鉄板の音身にひびき 加藤秋邨
霜いたみせしからむしの葉落かな 右城暮石 句集外 昭和九年
霜いたみ少しも見せず黄の小菊 右城暮石 句集外 昭和十年
霜いたるつゆぐさは瑠璃固めゐて 松村蒼石 雪
霜おきぬかさなり伏せる壕の屍に 長谷川素逝 砲車
霜かがやく甥来て朝より肉食す 岡本眸
霜がびつしり下りて居る朝犬を叱る 尾崎放哉 須磨寺時代
霜がるる丘の石廊旭がはげし 飯田蛇笏 雪峡
霜がるる萩のうら花とどまれり 飯田蛇笏 心像
霜が下り今年こまごまおもひあり 及川貞 夕焼
霜が光れる二階の雨戸あけ居る 尾崎放哉 大正時代
霜が来てこんにやく畑は茶のべール 細見綾子
霜が来てそののちは見ず返り花 細見綾子
霜きびし山のわらべの喇叭鳴る 飯田蛇笏 心像
霜きびし母娘こもれる深廂 桂信子 月光抄
霜きびし父子起きいでて湯を沸かす 大野林火 早桃 太白集
霜きびし犬の糞まり待つ女 岸田稚魚 紅葉山
霜きびし癌の出る年頃となり 日野草城
霜きびし高層街の天せまく 飯田蛇笏 雪峡
霜きらめく隣家の奥で時計鳴る 野澤節子 未明音
霜けぶるひととき過ぎて夜の明けし 鷹羽狩行
霜げしにまづ一献と猪口ましろ 星野立子
霜こほる焼刃を水の流れけり 正岡子規 霜
霜ごとにほそる古畦けさ火を焚く 能村登四郎
霜しろくころりと死んでゐる 種田山頭火 草木塔
霜ためて菊科の蕚聳えたる 前田普羅 飛騨紬
霜ちらす雀見て息つめてをり 能村登四郎
霜つよき芝生を構へ松の内 原石鼎 花影
霜つよし一縷の望みまだ捨てず 相馬遷子 山河
霜つよし忿りをかへす天の壁 飯田蛇笏 家郷の霧
霜つよし方里目覚めの刻を待つ 飯田龍太
霜つよし湯ぼてりの眼を群嶺まで 飯田龍太
霜つよし炉の電工等談笑す 飯田龍太
霜とけつ罠をこころに措くところ 飯田蛇笏 雪峡
霜とけて陽炎あぐる深山歯朶 前田普羅 飛騨紬
霜とけの囁きをきく猟夫かな 飯田蛇笏 霊芝
霜とけ鳥光る 尾崎放哉 小豆島時代
霜と雹たくらむ天に茶の芽立つ 百合山羽公 寒雁
霜どけの墓土はねし袴かな 西島麦南 人音
霜どけの沼の水野に浸透す 松崎鉄之介
霜どけや崩れてひくき土饅頭 西島麦南 人音
霜どけや漾ふばかり位山 前田普羅 飛騨紬
霜どけを生みたて卵そつとくれる 細見綾子
霜なくて曇る八十八夜かな 正岡子規 八十八夜
霜におごる八つ手の花や友等老い 山口青邨
霜にのこる毬栗と見て小さゝよ 右城暮石 句集外 昭和十一年
霜にひびく日の出る前の石切る音 廣瀬直人 帰路
霜にやけし葉の照つてゐる椿かな 細見綾子 桃は八重
霜に伏す棟錯落と湯華小舎 水原秋櫻子 殉教
霜に夜が明けしよ昼は有難し 右城暮石 上下
霜に寐て案山子誰をか恨むらん 正岡子規 霜
霜に寝て假の世假の庵かな 石塚友二 磯風
霜に我が悔及ばぬを只なげく 右城暮石 句集外 昭和十二年
霜に明け殉教の像はみな濡れぬ 水原秋櫻子 殉教
霜に星輜重鞍下の音を絶え 齋藤玄 飛雪
霜に残るその葉思へて真弓の木 右城暮石 句集外 昭和十二年
霜に的乙女を発す白羽の矢 草間時彦
霜に立つ「一本の葦」と呟きて 加藤秋邨
霜のきびしさ霜をふんでまうでる 種田山頭火 草木塔
霜のなき場所がくつきり作業場 右城暮石 句集外 昭和三十四年
霜の中亡き祖父われを抱きおろす 三橋敏雄
霜の二階をんなの声の直線に 鷲谷七菜子 黄炎
霜の原水を通さむ思いあり 永田耕衣
霜の叺ひとつ口開き港ちかし 能村登四郎
霜の吉野へ翁より年たけて 上田五千石 琥珀
霜の塔日日玲瓏と生滅し 松本たかし
霜の塔荘厳なりし倒れ消ゆ 松本たかし
霜の墓の裾にかゞまり祷るなり 小林康治 四季貧窮
霜の墓抱き起されしとき見たり 石田波郷
霜の声あらばあるべき時刻なり 相生垣瓜人 明治草抄
霜の声わが家も旅の宿りにて 石塚友二 磊[カイ]集
霜の声古人は既に聞きをれり 相生垣瓜人 負暄
霜の声寝る刻知らぬ妻寝をり 能村登四郎
霜の声死を越えてまたじり貧に 佐藤鬼房
霜の声産湯をわかす眼に鼻に 石川桂郎 含羞
霜の声眉にかぶさる山もなし 臼田亜郎 定本亜浪句集
霜の声聞きてゐるべし野鳥塚 右城暮石 句集外 平成元年
霜の声聞けりと言ふに躊躇はる 相生垣瓜人 明治草
霜の声轟沈と書きつ燈は揺れず 渡邊水巴 富士
霜の夜の子猫話をつづけたり 平井照敏
霜の夜の寝酒の量を過したる 安住敦
霜の夜の眠りが捕ふ遠き汽車 野澤節子 未明音
霜の夜の花火七彩きのこ雲 角川源義
霜の夜や赤子に似たる猫の声 正岡子規 霜
霜の大木に映る竈火や初鴉 原石鼎 花影
霜の太杭この土を日本より分つ 加藤秋邨
霜の威に墓ことごとく蒼ざめぬ 草間時彦
霜の威の凝りしがごとし創痛し 藤田湘子 途上
霜の小垣小垣課税を区切りあひて 草間時彦
霜の小石拾ひて供ふ石仏に(箱根早雲寺宗祇碑、裏山に墓あり) 細見綾子
霜の小菊に鶏鳴はあとかたもなし 飯田龍太
霜の屋根漂流感は蔽はれず 藤田湘子 途上
霜の崖徹夜の仕事抱きて攀づ 石田波郷
霜の日のひかりを鞭(しもと)死なぬため 佐藤鬼房
霜の日の島に帰りし白木箱 佐藤鬼房
霜の暁肢ふみかへし鳩円ら目 加藤秋邨
霜の暮赤き馬身の駈けひびく 野澤節子 未明音
霜の月微笑の顔のあるごとし 角川源義
霜の月華厳浄土を照らすなり 水原秋櫻子 旅愁
霜の朝留飲吐くや胸迫る 石塚友二 方寸虚実
霜の朝私設地獄に閻魔王 角川源義
霜の朝葬式にゆく園児達 飯田龍太
霜の楽机の麺麭に日射しきて 藤田湘子 途上
霜の樹々一樹歪みて崖に向く 石田波郷
霜の樹をずたずたに伐りし夢なりき 藤田湘子 途上
霜の水づきこれのみちゆけばかしは原 中川一碧樓
霜の燦貧の期に生れ何得しや 角川源義
霜の犬腰老ゆ肩のあたりよりも 中村草田男
霜の畦水田もわかずけぶりたる 水原秋櫻子 残鐘
霜の白むら~と土ありにけり 右城暮石 句集外 昭和十一年
霜の石踏まれどほしの朝いたる 加藤秋邨
霜の石蹴りしが石に当たりてひびく 篠原梵 年々去来の花 中空
霜の砂原流木に石置く人の子誰 金子兜太
霜の破損車乱離みごもる妹に 金子兜太
霜の笹紅衣女人の過ぎにけり 草間時彦 中年
霜の色伐られし松に日は静か 右城暮石 句集外 昭和十五年
霜の花ひとたび猫に附きて消ゆ 石田波郷
霜の花ユダが投げうつ銀三十 有馬朗人 知命
霜の花出雲阿国の墓平ら 有馬朗人 知命
霜の花小走りの猫散らし過ぐ 石田波郷
霜の花底うすき靴もて足らう 古沢太穂 古沢太穂句集
霜の花消ゆれば塵や芥川 石塚友二 光塵
霜の花酸素ボムベ車踏み来たる 石田波郷
霜の菊来世も汝と添ひとげむ 上田五千石 天路
霜の菜のやはらかさ口にふくみゐる 細見綾子 桃は八重
霜の華工夫の脚絆みじかくて 藤田湘子 途上
霜の華短き遺語をくちずさむ 角川源義
霜の蟹や玉壺の酒の底濁り 正岡子規 霜
霜の通夜不幸が会はすはらからなり 松崎鉄之介
霜の道うしろしざりに掃き直す 阿波野青畝
霜の道わが足型を踏絵とす 角川源義
霜の道傷痍徽章を胸にせり 松崎鉄之介
霜の道日の差しそめてゐたるかな 岸田稚魚 紅葉山
霜の道馬糞その他をうべなへり 石田波郷
霜の野に手離すや犬まつしぐら 石川桂郎 含羞
霜の鐘打つて去就を決する間 飯田蛇笏 椿花集
霜の香に湖北の冷えの厠紙 大野林火 飛花集 昭和四十五年
霜の駅よくぞ還りし無疵の手 石塚友二 方寸虚実
霜の駅夜汽車とまりて燠おとす 飴山實 おりいぶ
霜の鳩歩ませ宮古駅広場 佐藤鬼房
霜の鵯谺きびしくなりにけり 阿波野青畝
霜の鶏頭父を愛せし女幾人 草間時彦 中年
霜はまづ襤褸の葛の葉に降れり 能村登四郎
霜ばしら世情疎まる日々を踏む 伊丹三樹彦
霜ばしら選佛場をかこみけり 川端茅舎
霜ひびき犬の死神犬に来し 西東三鬼
霜ひびく地震や遺影のずり落つる 山田みづえ 忘
霜ふかき月日ならずや相見つつ 加藤秋邨
霜ふかくして息ふかし疑ふか 加藤秋邨
霜ふみてしづまる心宙を見る 飯田蛇笏 椿花集
霜ふみて深慮を秘するふところ手 飯田蛇笏 椿花集
霜ふむや空華は永の右横臥 石田波郷
霜ふると起きて聞く夜の幌車 石橋秀野
霜ふるや病舎も獄も霜夜の塀 古沢太穂 古沢太穂句集
霜ふる音の家が鳴る夜ぞ 尾崎放哉 大正時代
霜ふんで鹿曉の山にたつ 正岡子規 霜
霜や深き大黒柱ひゞく音 正岡子規 霜
霜や鳶花弁のごとく鶏をむしる 平井照敏 猫町
霜をふみ悲願を抱きて歩きけり 飯田蛇笏 家郷の霧
霜を来し懺悔の前の燭二つ 飯田蛇笏 家郷の霧
霜を置く塩土翁神(しほつちおぢ)に火の酒を 佐藤鬼房
霜を踏み試歩の鼻緒をくひこます 橋本多佳子
霜一夜して野沢菜のなぞへ畠 能村登四郎
霜下りて醜の魚のうまきかな 鈴木真砂女 都鳥
霜下る夜空に木々の犇めけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
霜光り泰山木の葉に流れ 川端茅舎
霜光れ病髪を梳く乙女子に 楠本憲吉 孤客
霜冴えてけはしく啼ける鴉かな 日野草城
霜冷えがあたたまりたる凌瓶かな 阿波野青畝
霜凝る五時新聞店に小声充ち 伊丹三樹彦
霜処一死あるらし日当れり 永田耕衣
霜凪ぎや沼辺にいでし郵便夫 飯田蛇笏 山廬集
霜凪に濃き紅葉見ゆ向ひ島 河東碧梧桐
霜凪に神怒り坐す極みあり 石橋秀野
霜凪の墓清潔に崩れをり 橋閒石 朱明
霜凪の浄土が浜に目覚めけり 佐藤鬼房
霜凪や味噌汁の具の九條葱 寒食 星野麥丘人
霜凪や影を交へて楢櫟 岸田稚魚
霜凪や細くて折れぬ婆紙縒 能村登四郎
霜到りよみがへりたる軍歌急 藤田湘子 途上
霜割れの風鳴妻子生きるべし 佐藤鬼房
霜呼ぶ地残る幾年か妻を愛さむ 岸田稚魚 負け犬
霜呼ぶ地残る幾年妻を愛さむ 岸田稚魚 雁渡し
霜咲かせ戦屍のやうな行倒れ 三橋敏雄
霜夜そのふるさとびとを呼びて亡し 加藤秋邨
霜夜てふ言葉のありて恋しけれ 細見綾子 桃は八重
霜夜なり胸の火のわが*あら蝦夷(えみし) 佐藤鬼房
霜夜にてゆゑなく紙縒ほぐしゐる 佐藤鬼房
霜夜ぬくく君をいだきて寝るごとし 飯田蛇笏 椿花集
霜夜のネオン火のごと埋立てられてすぐ 大野林火 雪華 昭和三十九年
霜夜の寝床がどこかにあらう 種田山頭火 草木塔
霜夜の寝床が見つからない 種田山頭火 自画像 落穂集
霜夜ひとり買ひきし塩を壺にうつす 石橋秀野
霜夜ひとり餅焼き焦す出征歌 加藤秋邨
霜夜ふかしひびく鍵音咎をこめ 赤尾兜子 歳華集
霜夜もどりし馬にさし出す灯かな 右城暮石 句集外 昭和八年
霜夜わが傍にねしもの息安し 森澄雄
霜夜二人子熟睡してはや寝息なし 森澄雄
霜夜北斗をつらぬく煙われ強かれ 加藤秋邨
霜夜厨に柄杓うつぶせ妻病めり 森澄雄
霜夜妻子の寐息ひとつになり離る 篠原梵 年々去来の花 皿
霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤秋邨
霜夜寝て四方走り居る汽車のこと 石塚友二 方寸虚実
霜夜待つ丹田に吾子生るるを 森澄雄
霜夜托す健やかなれの唯一語 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
霜夜来し髪のしめりの愛しけれ 大野林火 海門 昭和七年以前
霜夜来てかくしより出す鰹節 加藤秋邨
霜夜死の眸が我を見定む息溜めては 加藤秋邨
霜夜睦む子工作の絃鳴らし 佐藤鬼房
霜夜覚めゐしを家人にけどられしや 安住敦
霜夜逢へばいとしくて胸もとのさま 中川一碧樓
霜天に万象黙す日の出前 相馬遷子 山河
霜天に小爪消えたる手をかざす 相馬遷子 山河
霜天に鑿もて彫りし山すわる 相馬遷子 山河
霜天の脳裡に青き松飾る 三橋敏雄
霜天や食絶えて死すはいさぎよし 相馬遷子 山河
霜天を見て堪ふ動悸不整脈 相馬遷子 山河
霜太る夜夜の風ぐせかくれ棲む 星野立子
霜孕む四方のけしきに明けてけり 石塚友二 光塵
霜害の天かぎりなく澄みにけり 相馬遷子 山河
霜害の桑にそばたつ槍穂高 木村蕪城 一位
霜害の桑の芽に遠光る川 佐藤鬼房
霜害を脊の青嶺がさしのぞく 相馬遷子 雪嶺
霜強く帯ひき結ぶ仮着かな 飯田蛇笏 椿花集
霜強し人をなつかしみては失敗す 永田耕衣
霜待つや輪塔苔の十一基 水原秋櫻子 玄魚
霜折れといふ言葉あり曇り来し 高野素十
霜折れの道のべを行くソフトかな 三橋鷹女
霜掃きし箒しばらくして倒る 能村登四郎
霜日和人を抜擢して愉し 日野草城
霜日和打ち返し見る術後の掌 岡本眸
霜日和渓かたらへば丘應ふ 飯田蛇笏 家郷の霧
霜日和稲掛けし運河堤かな 河東碧梧桐
霜日和老人と老くらべ見る 能村登四郎
霜日和腹を出てくる糞法師 秋元不死男
霜日和野心金輪際すてず 飯田蛇笏 雪峡
霜日和雀問答いつ了る 石塚友二 光塵
霜明りさすや徹夜の果ての詩も 飯田龍太
霜晨や富士見る幼女うちふるへ 渡邊水巴 富士
霜晴か鵙晴か一朶雲なし 石塚友二 玉縄以後
霜晴に舞込む如し看護婦は 伊丹三樹彦
霜晴の両手をふつていつた門 渡邊白泉
霜晴の松葉掃きよせ焚きにけり 杉田久女
霜晴の蒼き硝子の内にゐる 橋閒石 雪
霜晴の那須野那須嶽故郷去る 深見けん二
霜晴やコッフェル煮立つセロリ粥 草間時彦 中年
霜晴や土曜休みの息ひとつ 草間時彦 櫻山
霜晴や干し足らぬ衣けふも干す 日野草城
霜晴れて嶺の蟇石に渓こだま 飯田蛇笏 家郷の霧
霜晴れに下駄履き出づや畏るゝごと 小林康治 四季貧窮
霜晴れの大藁屋桃径園とあり 村山故郷
霜晴れの天に準依をわきまへて 飯田蛇笏 雪峡
霜晴れの天へ旅立つみ霊かな 林翔
霜朝日長子の責を負ふ身かな 草間時彦 中年
霜朝更に不服である煉瓦塀何処までもつゞく 中川一碧樓
霜来り護符の白さに野良の富士 百合山羽公 寒雁
霜来るが早しと言へり緋の菜漬け 細見綾子
霜来ると流れ澄むなり街の川 石塚友二 方寸虚実
霜枯るる都の高台人遅々と 飯田蛇笏 雪峡
霜柴の我が目に痛き煙かな 内藤鳴雪
霜消えし後蒼黄と散策す 相生垣瓜人 明治草
霜消えてただ貝殻の白き残る 草間時彦
霜消して天の青壁武者幟 百合山羽公 寒雁
霜消しの盃上げて旅立たん 高野素十
霜消しの盃小さなることよ 高野素十
霜消しを更に重ねよ~と 高野素十
霜深し夢の通ひ路いづこまで 桂信子「草影」以後
霜溶やこころにかなふ山の形 飯田蛇笏 椿花集
霜濃し水汲んでは入つてしまつた 尾崎放哉 小豆島時代
霜濡れの枯芝かがやく散る紙も 野澤節子 未明音
霜焦げの檜葉甦りつつありぬ 石塚友二 磊[カイ]集
霜焦の花ばかりなり冬椿 日野草城
霜白く蓬髪の夫たくましき 桂信子 月光抄
霜白しすでに働く身のこなし 中村汀女
霜白し妻の怒りはしづかなれど 日野草城
霜白し己れひそかに制すもの 中村汀女
霜白し独りの紅茶すぐ冷ゆる 中村汀女
霜眩しかりそめなりし地を故郷 橋閒石 無刻
霜空へ子癌ひきつれ先立ちし 赤尾兜子 歳華集
霜置いてイチイが閉す山河哉 前田普羅 飛騨紬
霜腫の一茶よ柿も鶏頭も 鷹羽狩行
霜芝や日影をあびて沓の泥 飯田蛇笏 山廬集
霜菊や岸に及べる舟の波 岡本眸
霜菊や母に外出の一と日あり 森澄雄
霜葉の明日にまどろむ旅衾 百合山羽公 寒雁
霜著きことが即ち競馬場 山口誓子
霜融きつつ紫帯びぬ教への庭 香西照雄 素心
霜融けに野鍛冶の土間は朝あかるし 飴山實 おりいぶ
霜蟹の壷にこよひの芒挿す 山口青邨
霜解く崖子がいつまでも「お富さん」 岸田稚魚 負け犬
霜解けず遺影軍帽の庇深く 草間時彦
霜解けて割引時間疾く過ぎぬ 日野草城
霜解けの光ととどく遠だより 能村登四郎
霜解けの坂を湯揉みに老下る 上村占魚 球磨
霜解けや女懶き昼過ぎつ 岸田稚魚 負け犬
霜解けや農婦大路に哄笑す 飯田龍太
霜解けを踏み孫たちの来るを待つ 能村登四郎
霜解のとろとろと皆何處へ行く 永田耕衣
霜解の猫の雑巾濡縁に 松本たかし
霜解の道正面に御堂あり 高野素十
霜解や杭にふるふ下駄の土 正岡子規 霜解け
霜解や浴びたるごとく藪も濡れ 富安風生
霜踏みて碑の寂光をたんのうす 飯田蛇笏 椿花集
霜踏む素足で ロザリオを朝日にキラリ 伊丹三樹彦
霜踏んで妻もどりきぬ母逝きしか 大野林火 冬青集 海門以後
霜蹴る少年ガスタンク膨れ眼前に 飴山實 おりいぶ
霜遍満同志以外弟子在るべからず 中村草田男
霜鏡全天瑠璃をなせりけり 野見山朱鳥 愁絶
霜陵につくばひはなし鹿ケ谷 平畑静塔
霜風に稲扱き遅る桑隠り 飯田蛇笏 白嶽
霜風の枯れ荏をゆりて通りけり 飯田蛇笏 白嶽
霜風や人に挑んで檻の猿 石塚友二 光塵
霜髪に冬帽載することもなし 石塚友二 光塵
霜髪の徒に存らへ咳こぼす 佐藤鬼房
霜黒の婆ぞ庇いつ餅*板チヨコ 永田耕衣
露地の子に各々霜を踏む父あり 加藤秋邨
露霜に叱る教師も立ちつくす 山口誓子
露霜に濡れてかたまる伏屋かな 富安風生
露霜のくされ稲抱き老農婦 能村登四郎
露霜のここに乾きて道遠し 佐藤鬼房
露霜のぬらす箒草鳳仙花 山口青邨
露霜のシヨパン肥汲み来て居りし 岸田稚魚 負け犬
露霜の流るる菊をわが綾羅 山口青邨
露霜の紅さして母遺りけり 岸田稚魚 筍流し
露霜の胸に置きたるたなごころ 森澄雄
露霜やしまひの花の露草に 山口青邨
露霜や旅の顔して顔洗ふ 角川源義
露霜や死が隣りゐる母の睡り 能村登四郎
露霜や死まで黒髪大切に 橋本多佳子
露霜や犇と組みゐし指うごく 林翔
青しとも青し蟷螂霜の前 山口青邨
青帝暁を青女に霜を乞はれけり 原石鼎 花影以後
青春の日に比しがたき霜の天 飯田蛇笏 雪峡
青籬の霜ほろほろと初雀 松本たかし
静かさや枝垂るゝ松も霜つけて 前田普羅 飛騨紬
鞴火のころげあるきて霜夜かな 飯田蛇笏 霊芝
頬を削る風と思ひにき霜や濃き 石塚友二 方寸虚実
顎むずと霜の鉄槌をさげきたる 加藤秋邨
顏見せや朝霜匂ふ紅の花 正岡子規 顔見世
風吹てのら猫叫ぶ屋根の霜 正岡子規 霜
風吹て蒲團に霜を置く夜哉 正岡子規 霜
風邪の眼に朝日ひろがる霜畑 飯田龍太
飛来数期待の 霜の鶴の里 伊丹三樹彦
飛石の霜置きそめし雀かな 齋藤玄 飛雪
餅賜べと姥過ぎ行くや霜の橋 永田耕衣 物質
餌漁りの 足跡びっしり 霜の鳩 伊丹三樹彦
饅頭の湯氣のいきりや霜の朝 正岡子規 朝霜
馬の臀摶たれてひびく霜来つつ 藤田湘子 途上
馬柵の霜火山湖蒼くなりにけり 飯田蛇笏 山響集
駅柵の霜手で払ふ男と女 右城暮石 句集外 昭和三十二年
高浪に霜の舷濡れにけり 日野草城
髭の山羊綿の羊も霜を舐む 阿波野青畝
魚河岸や鮫に霜置く冬の月 正岡子規 冬の月
鳥にやる菜をむしりけり庭の霜 正岡子規 霜
鳩の足赤きあはれや今朝の霜 中村苑子
鳴きわかれては愉しみて霜の空 飯田龍太
鴉鳴く四十九日や塚の霜 正岡子規 霜
鵯の朝日に飛ぶや霜の原 正岡子規 霜
鵯鳴けり霜燦爛の多摩郡 水原秋櫻子 残鐘
鵲なくや霜天いまだくらきより 長谷川素逝 砲車
鶏小屋のぬくみ八十八夜霜 鷹羽狩行
鶏頭に強霜が来てとみき逝く(藤江とみきさん逝く) 細見綾子
鶏頭の花ひとすぢの霜をのせ 高野素十
鶏鳴の針立ち霜の国守る 西東三鬼
鶫ゐて日の出の霜を飛び歩く 右城暮石 句集外 大正十五年
鶲鳥霜木に音を立てゝゐる 右城暮石 句集外 大正十五年
鶴の墓大霜となむ置酒の客 阿波野青畝
鶴舞ふや稲城があぐる霜けむり 杉田久女
鶴鳴く霜夜の障子ま白くて寝る 尾崎放哉 須磨寺時代
鶺鴒の鋭声に消ゆる霜の花 前田普羅 飛騨紬
鷄鳴くや月落ちかゝる橋の霜 正岡子規 霜
鷹とぶや大霜に立つわれなど見ず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
鹿下りる橋と定まりぬ今朝の霜 原石鼎 花影
麥の芽のほのかに青し霜の朝 正岡子規 朝霜
黒松の霜待つ屋上園斜に 石塚友二 方寸虚実
黒槙の霜なき下枝肌着替ふ 能村登四郎
鼻がまぶしき霜の畑見て年つまる 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-01-19 11:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26567557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング