霜1

霜1

*しどみさく林*けい霜をわすれけり 西島麥南
*しどみさく林羽霜をわすれけり 西島麥南
「ボン」と名付け霜をいただく店の屋根 毛塚静枝
「伊那」といふ名を呼んでみる霜の朝 石寒太 あるき神
「峡の音」を読む烈霜の峡の句を 及川貞 夕焼
あきらかに霜消えし風窓にくる 川島彷徨子 榛の木
あけぼのや霜にかぶなの哀れなる 杉風
あしび早花ごしらへや朝の霜 西山泊雲 泊雲句集
あひるのこえが暮れてきた あしたも霜か 吉岡禅寺洞
いいふくめ犬を帰しぬ霜の駅 武田和郎
いく霜の山地日和に咲く茶かな 飯田蛇笏 山廬集
いたいけに霜置く薔薇の莟哉 霜 正岡子規
いつ死ぬも寿命大霜きらきらす 岸田稚魚
いづくへか霜の月夜の車牛 淡々
いもの葉にひと霜きしや湖の月 飯田蛇笏 山廬集
うごめきて霜の蝗の捕られけり 軽部烏頭子
うすうすと霜が匂へる山ざくら 佐野良太 樫
うす霜に枯葉かさねて葡萄かな 西村公鳳
うす霜のむぐらが門に九月尽 細谷源二 砂金帯
うす霜の葎が門に九月尽 細谷源二
うたよみて老いざる悲願霜の天 飯田蛇笏 雪峡
うちへ郵便夫の足あとの霜どけ シヤツと雑草 栗林一石路
うらうらと旭いづる霜の林かな 飯田蛇笏 山廬集
うら~と旭いづる霜の林かな 飯田蛇笏 霊芝
うるむ目に月かとも又霜かとも 鈴鹿野風呂 浜木綿
おおかたは他力体験霜の声 鈴木 明
おく霜の一味付けし蕪かな 一茶
おこじよ馳せ岩間きらめく霜の華 渡辺 立男
おこたらずつとめて霜の美しき 橋本鶏二 年輪
お火焚や霜うつくしき京の町 蕪村
お火焼や霜うつくしき京の町 蕪村
かまつかの霜に崩れし姿かな 草間時彦 櫻山
かまつかの霜や老妓の深ねむり 林翔
かや船も一夜の霜の入江かな 路通
から崎の鮒煮る霜の月見かな 北枝
から松のおとす葉もなく霜を置く 前田普羅 飛騨紬
から~と折ふしすごし竹の霜 芭蕉
がまづみの消え入りさうに霜置く実 高澤良一 燕音
きしきしと霜置く刻や箒星 野村ふみ子
きやべつ菜に横濱近し畑の霜 霜 正岡子規
くくり解く糸の斑の散る霜戸前 文挟夫佐恵 雨 月
ここ過ぎて霜陣営の賤ヶ岳山柿の実は棘より黒し 山崎方代
この世この生あるかぎり霜の屋根 倉橋羊村
こゝら霜せむ山の鶏劈く客見れば 林原耒井 蜩
さいかちの裸木ばかり霜ふらす 萩原麦草 麦嵐
さゝやかな煙出しあり霜の屋根 西山泊雲 泊雲句集
しづくし翔つ水の白鷺霜ぐもり 松村蒼石
しら菊に赤みさしけり霜の朝 青蘿
しら菊に赤味さしけり霜の朝 青蘿
しんとしぬ山の月夜の枝の霜 太田鴻村 穂国
すがり葉の霜滴りやささ鳴いて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
すでに霜大江健三郎の生家 相原左義長
せきれいの霜の色して岩畳 高澤良一 燕音
たが塚ぞ霜に伏したる八重葎 霜 正岡子規
つとめ路は霜より遠の帆が白く 細谷源二 鐵
つばくらめ飛び交ひ霜は花咲けり 前田普羅 春寒浅間山
つひの日の無慚に霜の美しき 小池文子
とし~に霜がれにけりいろは茶屋 一茶
とりかぶと霜の一二度にも強し 佐藤 多太子
どの家も蕪漬け終へし霜晴よ 宮田正和
なきものとせし日のかげを霜夕べ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ぬか虫にむせて霜ふみしだくなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ぬぎすてた下駄に霜あり冬の月 冬の月 正岡子規
ぬぎすてた木履の霜や冬の月 冬の月 正岡子規
ねんねこにいつか来る来る風と霜 斎藤慎爾
はつ霜の木斛玉をくだきけり 石原舟月 山鵲
はらはらと霜へおとして火を運ぶ 今瀬剛一
ひき起す霜の薄や朝の門 丈草
ひさにみる霜あれ庭のくさぐさを 中尾白雨 中尾白雨句集
ひしひしと野に枯は満つ霜薊 草間時彦 櫻山
ひし~と霜の田深し藺を植うる 山口草堂
ひつそりと甲斐国分寺霜の中 福田甲子雄
ひとふさの落穂あり濃き霜をおく 斎藤桜城
ひろ庭の霜に焚火や僕夫婦 岩木躑躅
びつしりと梅の奮が霜天に 阿部みどり女
ふた親にたちまちわかれ霜のこゑ 飯田蛇笏
ふりかへらず行く先々の霜みつめ 津田清子 二人称
ふんだんに貌すれちがふ霜のこゑ 柚木紀子
ほつかりと日のあたりけり霜の塔 霜 正岡子規
ほろほろと朝霜もゆる落葉哉 朝霜 正岡子規
ほろ~とこぼれもぞして葱の霜 鈴木花蓑句集
またたきて雫となるや槙の霜 澤村昭代
まだ読まぬ詩おほしと霜にめざめけり 田中裕明
まばゆきは高野の星座霜のこゑ 黒田杏子 花下草上
まぼろしのご赦免の師よ霜のこゑ 広治 (角川源義先生逝去)
ままごとも湖を見つつよ霜の菊 草間時彦 櫻山
みいくさのオリオン星座霜ふらす 萩原麦草 麦嵐
むらさきは霜がながれし通草かな 渡邊水巴
もろ草やはりつくばかり霜に焦げ 前田普羅 飛騨紬
よく晴れて霜とけわたる垣間かな 飯田蛇笏 山廬集
よべ置きし霜の雫か簷落つは 石塚友二
わかれ鹿霜の笹山わたるなり 暁台
わが家一燈一水系や霜ふかし 宮坂静生 雹
わが影を刺す木影かも霜の門 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが戸籍はたと一人や霜のこゑ 川口文絵
わが村に小流れ多し霜の花 高井北杜
わが衾明けつつ霜の積りゐぬ 西村公鳳
エプロンに霜の大根さげてくる 小原菁々子
グノー聴け霜の馬糞を拾ひつゝ 石田波郷
ジジと泣いて霜の解くるや庭南 河野静雲
ジャズ現つ紙屑を燃す霜の上 古沢太穂 古沢太穂句集
スト越えきし握手のつよさ霜のふかさ 古沢太穂 古沢太穂句集
トタン棲み玉菜の霜葉ギシギシと 香西照雄 対話
トラクター霜のふかきに櫛の目を 軽部烏帽子 [しどみ]の花
トラックに乗りて学徒ら霜きびし 岸風三楼 往来
ドラマに死を書きこみ四方霜くるか 寺田京子 日の鷹
ビルの霜雲とびちりて光り盈つ 飯田蛇笏 雪峡
ペンに執す幾日交互に雪と霜 栗生純夫 科野路
ヤロビの麦の根ばりを信ず朝日の霜 栗林一石路
一むれの牛のあとあり橋の霜 霜 正岡子規
一塊の金魚の散りし霜日和 阿部みどり女 『雪嶺』
一塊の霜枯の富士あざみなり 皆吉爽雨 泉声
一文字にイチイの下枝霜つよし 前田普羅 飛騨紬
一月三日は霜のとけて乾いた道の鶴が岡 詣る 荻原井泉水
一期一會渡舟の霜を拭きくれし 北見さとる
一粒の星生き生きと霜の声 国井忠志
一輪の霜の薔薇より年明くる 秋櫻子
一霜に兼六園の初紅葉 田村愛子
一霜の降りたる竹の箒かな 長谷川櫂 蓬莱
七日喪の霜の甘藍呟きぬ 岸田稚魚
三年鯉口に斑が出る霜の果 宮坂静生 山開
三條の霜に手をつく泪哉 霜 正岡子規
三椏の枝の岐れに今朝の霜 金久美智子
世の中を恨みつくして土の霜 霜 正岡子規
丹精も放つたらかしも霜枯るる 吉年虹二
久方の光りが霜に帰り花 青々
乾坤に霜の綺羅置く積翠忌 辻口静夫
予報士が雲を動かし霜予報 高澤良一 石鏡
二度の霜浴びたる色の蜂屋柿 斎藤美規
五十年こまごまありき今朝霜来 及川貞 夕焼
亡き妻の四九日や墓の霜 霜 正岡子規
亡き母の空耳に覚め霜白し 宮崎とき女 『雪椿』
人々それぞれのくらし朝の地うすく霜下り 安斎櫻[カイ]子
人のゐぬ身にうすうすと昼の霜 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人夫等に美酒盛れや霜の酒舗 細谷源二 鐵
人形に頭がのりて霜の晴 綾部仁喜 寒木
人間機関車全力疾走終ゆ霜旦 高澤良一 宿好
仄白き乳房つかめば霜の音 対馬康子 吾亦紅
今日きりの霜か窯火の匂ひ来る 金尾梅の門 古志の歌
仔猫遣る霜解けしるき小社宅 殿村莵絲子 遠い橋
休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣 傲霜
伸びどきの子の脛出して霜日和 黒坂紫陽子
住み古りて霜すさまじき初明り 殿村菟絲子
住み荒れて雀來て寐る椽の霜 霜 正岡子規
何をひるむ湯気いつぱいに霜の馬糞 古沢太穂 古沢太穂句集
倣霜や墓は手触るるために在り 斎藤玄 雁道
健康に霜がひらめく路鋲ふむ 飯田蛇笏 雪峡
傲霜や墓は手触るるために在り 斎藤玄
傷なめて童子さへ霜を踏んで行く 岩田昌寿 地の塩
元日の光をためし霜の花 コウ子
光源となる羽根たたむ霜の鶴 源鬼彦
兜脱げ酒ふるまはん鬢の箱 霜 正岡子規
入院す霜のわが家を飽かず見て 相馬遷子 山河
八手の芽霜がかゝりて伸びにけり 萩原麦草 麦嵐
共同湯霜にこはばる身をほぐす 高澤良一 燕音
兵營や霜に荒れたる國府の臺 霜 正岡子規
冬川や芥の上の朝の霜 几董
冬瓜の霜粉老寿のまづはじめ 百合山羽公 寒雁
冬瓜や霜ふりかけし皮の色 霜 正岡子規
冬籠書痴といはるゝ鬢の霜 真下喜太郎
凍て蝶の鎧と見たり霜衣 近藤泊泉
凍上げて巌なしけり霜の土 石塚友二
凍蝶の翅に置く霜の重たさよ 高浜虚子
凍蝶の翅伏す霜の寂光土 西島麦南
凛々と蔵王山系霜日和 草間時彦 櫻山
凱旋や天子見そなはす鬢の霜 霜 正岡子規
出初式霜を散らして纏かな 松根東洋城
出鼻まづ霜に叩かれたる茶園 田中暖流
切株のはなればなれに霜を待つ 福永 耕二
切株は神の円座よ霜の花 武智忠子
切通し霜踏めば遂はるるごとし 角川源義 『口ダンの首』
刈田は霜の溝くらく村は寐こけてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
初一念静かに霜を踏みなから 橋本鶏二
初凪や霜雫する板廂 鬼城
初日待つ霜の手摺に寄りかかり 阿部みどり女
初晴や朝日煌めく霜の屋根 田口泡水
初産の馬に一灯わかれ霜 斉藤君子
初空や埃鎮めて霜白し 班象
初雀三ッ指ついて霜を来る 河合未光
剃刀を手に強霜の陽を怖る 石原八束 『秋風琴』
前のめり来る工員ら霜厚し 石塚友二
劍さきの霜もこほるや冬の月 冬の月 正岡子規
加賀人が料りて見せつ霜の蟹 霜 正岡子規
加賀人が酢の塩梅や霜の蟹 霜 正岡子規
北枕その北窓の霜のこゑ 鈴木鷹夫 大津絵
十二月八日の霜の屋根幾万 加藤楸邨(1905-93)
十二月八日根をもつごとき霜 桜井博道 海上
十日ほど源氏を読みぬ霜の華 神尾久美子 桐の木
十萬の髑髏の夢や草の霜 霜 正岡子規
午後へ霜残して谷戸の枯れ一気 山本つぼみ
南天をこぼさぬ霜の静かさよ 正岡子規
南天をこぼさぬ霜の靜かさよ 霜 正岡子規
厳しさや琅*かん折れて霜に伏す 前田普羅 飛騨紬
友泊めて赤子のこゑと霜の華 中戸川朝人 残心
受験期や霜の木橋の釘が浮き 宮坂静生 山開
叡山は明けごしらへや川の霜 西山泊雲 泊雲句集
口切りや二霜三霜ありしより 赤羽岳王
古寺や百鬼夜行の霜のあと 霜 正岡子規
君亡くて霜伏す小屋根連ねたり 森 かつみ
吾妹子が眉に置きけり朝の霜 朝霜 正岡子規
告悔日踏みゆく霜の砂利厚し 後藤一朗 『雪間』
咲かで枯れし薔薇の蕾や朝の霜 朝霜 正岡子規
咲き咲きてダリヤ惨たり今朝の霜 林原耒井 蜩
啄木鳥のねぢ巻きのぼり霜日和 黒坂紫陽子
啖呵切るごとく大空霜晴れて 高澤良一 さざなみやつこ
喜劇王亡しりんりんと霜の朝 志摩芳次郎
四方拜のお庭の霜や初鴉 四方拝 正岡子規
囮鳴くや青天樹々の霜雫 碧雲居句集 大谷碧雲居
地の霜を傷つけやすし旅の手提 津田清子 礼 拝
地下足袋に草の霜つけ何に急く 大熊輝一 土の香
堆の霜櫨はもみぢを尽しけり 麦南
堆の霜櫨はもみぢを盡くしけり 西島麥南
塗り膳を土蔵より出す朝の霜 桂信子 遠い橋
塚の霜われも苔にはちかき身ぞ 成美
塩浜や焼かでそのまま今朝の霜 西鶴
塩濱の霜かきならす朝日かな 霜 正岡子規
墓に甘えあそびおる子ら硝子の霜 寺田京子 日の鷹
墓の裏母を支ふや霜崩る 小林康治 四季貧窮
墓標なす穂高岩壁霜の花 広岡仁 『休診医』
多羅葉の一葉ちぎれば霜雫 ふけとしこ 鎌の刃
夢にまで藍さす霜の貯炭山 小林康治 『華髪』
夢に来し妻こまごま甘ゆ霜咲けり 矢島薫
大儀なる生命蝗ら霜を経て 津田清子 礼 拝
大利根の霜をかきわけ薺つむ 知世子
大原の霜晴美男かづらかな 皆川白陀
大年の霜流れゐる龍の髯 外川飼虎
大霜に楽がぬけ出て森番小屋 野澤節子 黄 炎
大霜のまがきめぐらしひとすめり 中尾白雨
大霜のもたげし石の昼ふかむ 中戸川朝人 残心
大霜の上げ潮にのる野菜舟 石原舟月 山鵲
大霜の上にどんどの焔かな 大谷句佛 我は我
大霜の墓突つ切つて猟夫ゆく 羽田岳水
大霜の山河あらたな旅にいづ 阿部みどり女
大霜の朝日が染めし木々の蔓 秋櫻子
大霜の枯蔓鳴らす雀かな 臼田亜浪
大霜の流に沿ふに渦迅し 原田種茅 径
大霜の湿林をゆく園児たち 長谷川双魚 風形
大霜の神の庭掃く巫女ふたり 水原 春郎
大霜の空まつすぐに鶴が来る 大串章 百鳥
大霜の簗の水勢見えにけり 石原舟月 山鵲
大霜の籬めぐらしひとすめり 中尾白雨 中尾白雨句集
大霜の蘆は一本づつ立てる 白井爽風
大霜の鵯もこゑ断つ日の出なり 阿部ひろし
大霜やかゞやく朝日まろからず 上村占魚 鮎
大霜や土は一面蜂の巣めき 渡辺恭子
大霜や壁に乾ける馬の沓 石鼎
大霜や富士は黄色に日の当り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
大霜や遠望は火もみすぼらしく 大野林火
大霜野刃ものめく径山に消ゆ 柴田白葉女 花寂び 以後
天派手に霜日和なる小市民 飯田蛇笏 雪峡
太霜や手代の如く手を擦る 内山泉子
夫のもの高く干したり霜の花 大木あまり 火球
如月菜霜の傷みもなかりけり 茨木和生 倭
始まつて来し神杉の霜雫 茨木和生 往馬
子に拾ふ霜野の羽の流離かな 金箱戈止夫
子に拾ふ霜野の羽根の流離かな 金箱戈止夫
子の喋る聖書のことば霜の朝 石寒太 炎環
子の目覚はつらつと二階霜の中 桂樟蹊子
学童の霜の畦道通りゆく 桜井征支朗
家船の霜まだ踏まぬ歩板かな 冨士谷清也
密林にこぼるゝ炭も霜を着け 前田普羅 飛騨紬
寒取や霜の浅黄を踏荒し 他力
寒菊の霜を払つて剪りにけり 風生
寒菊や霜の重みに倒れけん 霜 正岡子規
寒菊や霜憐れめど剪り惜む 岡本松浜
小夜覚めし無明の闇に霜の声 小根山光子
尻もちをつきし不覚も霜の午後 皆川白陀
尼つれて紀北の霜にあひにけり 飯田蛇笏 雪峡
尼寺の錠かゝりけり門の霜 霜 正岡子規
屍の体位となりし霜のヨガ 井上弘美
屑々に蝶の翅や霜の石 西山泊雲 泊雲句集
山の霜日たけて消えず文化の日 相馬遷子 山国
山帰来おくれて霜に末枯るゝ 高野冨士子
山系花や未だ消安き枝の霜 桃隣
山茶花の霜や産月に辿りつく 森澄雄
山茶花は霜傷みしてはや醜女 高澤良一 素抱
山茶花をいたぶる霜の手をゆるめず 高澤良一 宿好
山頂の草立つさまや霜の晴 長谷川かな女 雨 月
崖の霜くづるるほかは墓洗ふ 原田種茅 径
崩れ霜そのまゝしまる竹ゆふベ 林原耒井 蜩
嵯峨に出て霜解けそむる初筏 大谷句仏
巌山の霜枯すすき空およぎ 太田鴻村 穂国
川烏けらつつきにも霜の朝 深見けん二 日月
帆まばらに富士高し朝の霜かすむ 朝霜 正岡子規
干し網に霜の花咲くふどし町 小島千架子
干菜落ちて少しく霜を置きにけり 清原枴童 枴童句集
年ふるや女夫霜踏む神の鹿 滝川愚仏
幾霜に心ばせをの松飾り 芭蕉
幾霜に根をかため行小松哉 霜 正岡子規
庇裏の丹ほの~と霜解くる 松藤夏山 夏山句集
庭下駄に茶の花摘まん霜日和 茶の花 正岡子規
庭石や霜に鳥なく藪柑子 霜 正岡子規
庭雀見ぬ朝霜のきびしかり 阿部みどり女
引拔た手に霜殘る大根哉 大根引 正岡子規
強霜にひづめを鳴らしへだたれる 三橋鷹女
強霜にバーベル置きしあと歴然 河野南畦 『風の岬』
強霜に今日来る人を心待ち 高浜虚子
強霜に何の撃たれし火薬臭 澤田一餘
強霜に光をゆづり朝の月 甲斐すず江
強霜に湯煙山の生活(たつき)あり 高澤良一 燕音
強霜に驚きパンを焦がしたり 津田清子 二人称
強霜のありあり地獄の釜の蓋 高澤良一 石鏡
強霜の富士や力を裾までも 飯田龍太(1920-)
強霜の日の水底にとどきけり 松村蒼石 雁
強霜の朝の鴉の腹光り 金子千侍
強霜の畑にカーテンしぼりけり 阿部みどり女
強霜の群竹の奥まつさをな 大野林火
強霜の草踏めば草呻(な)きにけり 藤田利夫
強霜の試歩道行くもかぎりとて 角川源義 『西行の日』
強霜の雫かしらんほつりほつ 高木晴子
強霜の飛騨の一番電車かな 木川夕鳥
強霜へはちはちとせる数珠の音 中田剛 竟日
強霜やあさあかねして駒嶽の嶮 飯田蛇笏
強霜やオートミールに舌焼いて 二神節子 『砥部』
強霜や一音欠けてオルゴール 長岐靖朗
強霜や弓引くヘラクレス像のふぐり 石川青狼
強霜や朝あかねして駒嶽の嶮 飯田蛇笏
強霜や欅の風姿松の艶 鈴木鷹夫 風の祭
強霜や盆地満目金縛り 白松達夫 『初松籟』
強霜や若き自刃の墓十九 水原春郎
強霜や薪喰はせ窯責めに入る 石川 桂郎
強霜や野猿にもある仕置小屋 関森勝夫
強霜を罪あるごとく見てをりぬ 石田郷子
当り矢の谺がへしに霜の天 伊藤いと子
影むらさき霜を染なす旭かな 杉 風
影むらさき霜を染めなす旭かな 杉風
御僧と頬骨きそふや霜支 齋藤玄 飛雪
御火焚や霜うつくしき京の町 蕪村
御火焼や霜うつくしき京の町 蕪村
御衣霜に映えて美し四方拝 赤木格堂
忍冬の終の一花や霜日和 石田あき子 見舞籠
恐らくは霜バリバリの朝ならむ 高澤良一 燕音
愛するは叱るに似たり霜の花 坂本謙二
戀ひ死なばせめては塚の霜に訪へ 霜 正岡子規
戦友の住む村霜の厚きかな 佐藤正治 『山川草木』
戦死とは何なりし満つ霜の声 文挟夫佐恵
手袋に付きて解けざる霜払ふ 茨木和生 倭
折りくべて霜湧きいづる生木かな 内藤鳴雪
押し石を転がし来るや畑の霜 龍胆 長谷川かな女
拝殿に幣まだ見えず今朝の霜 佐野青陽人 天の川
捨石や霜より霜に鳥の糞 吟松 選集「板東太郎」
採石音遮る霜の殉職碑 中戸川朝人 星辰
掻きわたる枯葉に霜や牛蒡引 斎藤俳小星
支那蕎麦の手招く灯あり霜の辻 石塚友二 方寸虚実
故郷の霜の味見よ赤かぶら 霜 正岡子規
敬遠の一書や霜華鳴る思ひ 中塚一碧樓
文学の旅をかさねて霜日和 飯田蛇笏 雪峡
文學の旅をかさねて霜日和 飯田蛇笏
新年の霜と消えたるはかなさよ 新年 正岡子規
方舟に誰をのこすか霜の声 鈴木明
日にとくる霜の白さや枯芒 原石鼎
日のさして霜のとけゐる葎かな 比叡 野村泊月
日の出いまだ霜が真白のうす明り 貞
日の出待つ霜の藁塚地に充てり 沢木欣一
日当れる吾が家の蔭に吾が家の霜 津田清子 二人称
日拝むや山茶花に深き霜を見し 碧雲居句集 大谷碧雲居
旭のさすや紅うかぶ霜の富士 霜 正岡子規
旭の霜や檜原の裾の小草原 西山泊雲 泊雲句集
明け方にふりし霰ぞ霜の上 花蓑
明け方に降りし霰ぞ霜の上 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
明寺の霜枯に無く鼬哉 霜枯 正岡子規
明殘る月の光りかしものつや 霜 正岡子規
春雨や檜は霜に焦げながら 芥川龍之介
昨日の蜂骸となりて霜日和 太田好子
昨日釣りし鮒皆活きて霜きらゝ 碧雲居句集 大谷碧雲居
昼の霜草に青みをのこしたる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
晩年や捨縄につく霜の華 関 成美
晩菊の霜に焦げつつ姿かな 草間時彦 櫻山
普請さなか南天に霜ふかきかな 増田龍雨 龍雨句集
暁や鯨の吼ゆる霜の海 暁台
暁闇や耳騒がしき霜の聲 石塚友二
暁霜に舳そろへて御艦待つ 鈴鹿野風呂 浜木綿
曉や御庭の霜の捨篝 霜 正岡子規
最後の一羽の雀も 棟をとんで 夕霜 吉岡禅寺洞
月に響く霜折れの葦のこりけり 小林康治 『四季貧窮』
月に響く霜折れの葦残りけり 小林康治 四季貧窮
月光をさだかに霜の降りにけり 松村蒼石 寒鶯抄
月曜を大股に霜深ければ 中川純一
月荘厳しかばねむすぶ霜あらむ 太田鴻村 穂国
月見るや睫毛に霜の凝る思ひ 比叡 野村泊月
有明の水仙剪るや庭の霜 水仙 正岡子規
有明の霜まばらなり敷俵 霜 正岡子規
朝な朝な霜おく旅の紙衣哉 霜 正岡子規
朝光をあび人に狎れ霜の道 飯田蛇笏 雪峡
朝日さす霜の空林空山に 高澤良一 燕音
朝晴やふち紅させる霜の菊 柴田白葉女 『冬泉』
朝霜に日の昇りたる城下かな 朝霜 正岡子規
朝霜に枯きくを焚く小庭かな 福田把栗
朝霜に青き物なき小庭哉 朝霜 正岡子規
朝霜の帆綱に光る日の出かな 朝霜 正岡子規
朝霜の御茶の水河岸静かなり 正岡子規
朝霜の御茶の水河岸靜かなり 朝霜 正岡子規
朝霜の沢石夫の歩幅拠る 平井さち子 完流
朝霜の藁屋の上や富士の雪 朝霜 正岡子規
朝霜やいらかにつゞく安房の海 朝霜 正岡子規
朝霜やかれかれ赤き蓼の花 朝霜 正岡子規
朝霜や不二を見に出る廊下口 朝霜 正岡子規
朝霜や室の揚屋の納豆汁 蕪村
朝霜や屋根のつゞきの安房の海 朝霜 正岡子規
朝霜や江戸をはなれて空の不二 朝霜 正岡子規
朝霜や猶青臭き莖菜桶 朝霜 正岡子規
朝霜や舟流したる橋の下 朝霜 正岡子規
朝霜や茶湯の後のくすり鍋 丈草
朝霜や藁家ばかりの村一つ 正岡子規
朝霜や車に牛を着くるとし 尾崎迷堂 孤輪
朝霜や郷士が家の鷹の塒 喜谷六花
朝霜や鐘引き捨てし道の端 朝霜 正岡子規
朝霜や雫したゝる塔の屋根 朝霜 正岡子規
朝霜や雫流るゝぶりき屋根 朝霜 正岡子規
朝霜や青菜つみ出す三河嶋 朝霜 正岡子規
朝霜や靜かに殘る竹の月 朝霜 正岡子規
朝霜をおきあつめたる落葉哉 朝霜 正岡子規
朝霜を洗ひ落せし冬菜哉 朝霜 正岡子規
木の国の女の部屋の霜格子 中村 苑子
木曽谷の日裏日表霜を解かず 松本たかし
木曾谷の日裏日表霜を解かず 松本たかし
東西の鉄路真直ぐに霜置けり 誓子
松は霜に葉を逆立てゝ年明けぬ 渡邊水巴 富士
松風や霜に浮いたる石の貌 小林康治 四季貧窮
松飾日出づるまでの霜静か 九品太
枕木の霜正刻に汽車きたる 百合山羽公 故園
果樹園に人を送りて霜日和 飯田蛇笏 雪峡
枯に大霜枯の今朝到る 皆吉爽雨
枯れて立つもの岐嶇として霜置きぬ 青邨
枯忍霜のさゝやく音ぞかし 小杉余子
枯洲霜おくままに水ゆく シヤツと雑草 栗林一石路
枯芝も老一徹に今朝の霜 今泉貞鳳
架け稲に大原は霜の厳しさよ 美甘一洒
枸杞の実のこぼれて霜のやゝ寒し 士朗
柊に霜置く庭や三十三才 奥田彩雲
柊の花の上の霜や神の留守 松瀬青々
柿の木の蔕落す鳥や霜日和 渡辺水巴 白日
根木打霜のゆるみを飛ばすなり 稲田黄洋
桃の根に藁敷きつめて霜を待つ 廣瀬直人
棕梠の太刀葉抵抗は霜の地にみなぎる 古沢太穂 古沢太穂句集
楢柏からびつくりして霜つよし 蓁樹
極まりし霜枯のわが通ひ路や 中村若沙
極道の一つに俳句霜の声 高野ムツオ 蟲の王
樹がくりに浅草世帯霜日和 飯田蛇笏 雪峡
橋たかく迅瀬のからむ霜日和 石原舟月 山鵲
橋の霜雀が下りても遊びけり 霜 正岡子規
橋上の霜おばしまの影に沿ひ(大正十四年) 『定本石橋秀野句文集』
橋潜る艀の細身霜の河 小林康治
橋立や霜一すぢの朝朗 大魯
橋脚に早瀬のからむ霜日和 石原舟月
機関車の蒸気ゆたかに霜の駅 飴山實 『おりいぶ』
櫛拭きて身仕舞ひ終る霜日和 山崎冨美子
歎けとて瓢ぞ残る垣の霜 素堂
歓ずれば一些事なれど霜の声 富安風生
正面の視野のさざめく霜まんだら 綾部あや
武蔵野の松に霜おき謡初 岡田信成
死や霜の六尺の土あれば足る 楸邨
残されて一霜被たる柿の色 石塚友二
残生や霜は心の陣営に 川崎展宏
母に逢はず母死にしより霜の幾朝 中塚一碧樓
母の星屋根にとどまる霜庇 柴田白葉女 『冬泉』
母病めりひとすぢの藁霜結び 大岳水一路
母親を霜よけにして寝た子かな 一茶
水に浮くものまで霜の濃かりけり 橋田憲明
水仙花うてなに霜の見えにけり 阿部みどり女
汽車工場の軌条霜崖へ行き止る 細谷源二 鐵
沓につく霜の落葉や朝まだき 白雄
沖へ沖へ鯊を追ひゆき霜しろし 篠田悌二郎
河岸をゆく羽織たらりと霜日和 飯田蛇笏 雪峡
沼山津の野の霜白き小楠忌 志賀青研
法官や僻地に老いて髭の霜 霜 正岡子規
波郷忌が渉りをり霜の闇 斎藤玄
洋蘭や復活の如霜の著書 殿村莵絲子 雨 月
洗い寝し皿も笛吹きおらむ霜焼く火 寺田京子 日の鷹
洛北や霜の村名なつかしく 尾崎迷堂 孤輪
流星痕消えてわが家に霜のこゑ 稲垣敏勝
浦に育ちて池を恐るゝ道の霜 中塚一碧樓
海かけて霜の晴れ見る檻かな 白雄
海嶺はわが栖なり霜の声 佐藤鬼房
海暁けてこぼれ松葉の霜の針 阿部みどり女
消灯の紐の音霜でも踏むやうに 高澤良一 暮津
淋しげに霜の鳥居の立ち盡す 霜 正岡子規
渡し場や下駄はいてのる舟の霜 霜 正岡子規
港路の鰒屋ののれん霜日和 飯田蛇笏 雪峡
満目の霜や一歩を踏み出せる 高澤良一 随笑
満目の霜をふみ罰おもるるか 飯田蛇笏 雪峡
潮鳴りや霜晴の椿花を見ず 渡邊水巴 富士
火屑掃くわが靴あとや霜じめり 飯田蛇笏 山廬集
灯を消して峡のひとり寝霜の声 深見けん二 日月
灯を消せば歳月のこゑ霜の声 古賀まり子 緑の野
灯氷る杉の木立や路の霜 霜 正岡子規
炉開きや左官老い行く鬢の霜 芭蕉
炉開や左官老い行く鬢の霜 芭 蕉
炉開や左官老行鬢の霜 芭蕉
烈霜や命触れあふやはらかき 八木三日女 紅 茸
烏なく霜の野寺の明にけり 霜 正岡子規
烏啼く時舌赤く見ぬ棟の霜 西山泊雲 泊雲句集
無造作に柩持ち去る霜の華 岸田稚魚
煙草でも吸ひたし霜の淋しさに 杞陽
照る霜の葎かさなく枯れにけり 麦南
熱帶の草しほれけり今朝の霜 朝霜 正岡子規
燐寸買ふ霜ふけし家の蔀かな 室生犀星 魚眠洞発句集
燦爛としらぎくの霜こぼれけり 飴山實

以上

by 575fudemakase | 2017-01-20 09:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26569674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング