十二月 の俳句

十二月 の例句



十二月 補遺

あたたかき十二月なりひまにも馴れ 富安風生
おはん踊る松の寿十二月 山口青邨
すりおろす葱の根つこも十二月 上田五千石 天路
それ~の椅子に人あり十二月 高野素十
のれん出て婦の艶たるは十二月 飯田蛇笏 雪峡
はかり売る秤しきりに十二月 鷹羽狩行
ひとが焼く瓦斯火の魚よ十二月 石川桂郎 含羞
ひと山の蛤買つて十二月 鈴木真砂女 居待月
めざめゐて神の灯仰ぐ十二月 松村蒼石 寒鶯抄
めつむりてひげそられをり十二月 西東三鬼
やはらかな土の憂き色十二月 廣瀬直人 帰路
わが生死食思にかゝる十二月 相馬遷子 山河
われひとに夕靄の濃き十二月 松村蒼石 寒鶯抄
カレンダー一遍上人十二月 星野立子
ネオンと俺との空間が鳴り十二月 古沢太穂 火雲
ビルの上階のみが燈ともす十二月 右城暮石 句集外 昭和三十二年
ホテル裏にも十二月来てをりし 後藤比奈夫
一堂の中のみ仏十二月 高野素十
一弟子の離婚の沙汰も十二月 安住敦
主を頌むるをさなが歌や十二月 石塚友二 光塵
事務服の吹かれ走りや十二月 草間時彦 中年
二度わたるどんぐり橋や十二月 雨滴集 星野麥丘人
人中に呟く男十二月 橋閒石 雪
人込みに白き月見し十二月 臼田亜郎 定本亜浪句集
借りて読む獄書のくさき十二月 秋元不死男
光をくぐり森に入り十二月 廣瀬直人 帰路
内蔵助筆の真贋十二月 百合山羽公 樂土以後
凍蝶も現し身に添ふ十二月 中村苑子
切売りの鯨・鮪も十二月 鈴木真砂女 夕螢
切株に檜葉こぼれふり十二月 石橋秀野
削るほど紅さす板や十二月 能村登四郎
包むもの選ばぬ風呂敷十二月 鷹羽狩行
十二月こちらの本をあちらへ積み 桂信子 草影
十二月さくらもみぢの二葉三葉 松村蒼石 寒鶯抄
十二月とは歯車の摩滅月 佐藤鬼房
十二月と思ひペンとる常のごと 福田蓼汀 山火
十二月上野の北は靜かなり 正岡子規 十二月
十二月乾もの売場の老婆どち 飯田龍太
十二月二日満月まどかなる 細見綾子
十二月八日ごつごつ石ばかり 廣瀬直人
十二月八日のことを妻言はず 燕雀 星野麥丘人
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
十二月八日の記憶無しとせず 相生垣瓜人 負暄
十二月八日の霜の屋根幾万 加藤秋邨
十二月八日や葉付き柚子一顆 星野麥丘人
十二月八日を過ぎて生残る 三橋敏雄
十二月八日動天の記憶あり 山口青邨
十二月八日滾りしもの身ぬちに 伊丹三樹彦
十二月八日籠りぬ故あらず 石塚友二 磊[カイ]集
十二月医者に持薬のあることも 飯田龍太
十二月十七日を鳴く蚊過ぐ 秋元不死男
十二月小躯こつんと墓の前 飯田龍太
十二月朔としみじみ火鉢撫で 阿波野青畝
十二月桑原になくすずめかな 飯田蛇笏 山廬集
十二月梅少し咲きて空寂か 渡邊水巴 富士
十二月気違ひ茄子が生々し 相生垣瓜人 明治草
十二月注射跡から血を噴いて 飯田龍太
十二月洲に白鷺の嘴疲れ 松村蒼石 雪
十二月潤みののぼる蘆の茎 松村蒼石 雪
十二月灯の下の父あきらかに 廣瀬直人 帰路
十二月瓦礫の音は踏むものに 古沢太穂 三十代
十二月空蝉振れば玉の音 秋元不死男
十二月空青き一ト日一ト日過ぐ 村山故郷
十二月縄跳びをよけいそぎおり 飴山實 おりいぶ
十二月蜻蛉の翅草に透きぬ 渡邊水巴 富士
十二月街頭神を説く処女 福田蓼汀 秋風挽歌
十二月西國どこか香くさし 飯田龍太
十二月豆腐全き姿にて 飯田龍太
十二月都塵外套をまきのぼる 加藤秋邨
十二月鏡は雲を整へる 渡邊白泉
十二月靄近づけば寺聳ゆ 廣瀬直人
十二月魚の眼のみな吾を見る 細谷源二 砂金帯
十二月鯉の下へと鯉沈み 鷹羽狩行
十二月鳶が飼はれて沖を見る 秋元不死男
句座を成す市井の閑士十二月 日野草城
味噌送りくれしが便り十二月 石川桂郎 四温
夜の底の挽き臼ひびく十二月 飴山實 おりいぶ
夜嵐の海より起り十二月 鈴木真砂女 夕螢
夜更かしをまたとがめられ十二月 鷹羽狩行
学問も乾び鳴るなり十二月 能村登四郎
寡婦として老い芥焼く十二月 佐藤鬼房
山上に人の灯を生む十二月 原裕 青垣
山上の城ありありと十二月 飯田龍太
巨き歯に追はるゝごとし十二月 石塚友二 方寸虚実
帽子ころげ仰向く十二月の空 橋閒石 無刻
干拓の麦の密生十二月 佐藤鬼房
年若の忌の誰彼や十二月 上田五千石『天路』補遺
廂より高き堤や十二月 原石鼎 花影
微雨しばらくは銀座にも十二月 飯田龍太
手弱女の高臀にして十二月 飯田蛇笏 家郷の霧
指さして山襞の雪十二月 廣瀬直人 帰路
旅人のよき蕎麦食ふや十二月 前田普羅 普羅句集
日々日東より出で十二月 高野素十
日々日西に没して十二月 高野素十
日晩(ひぐらし)をもて病巣を濯がばや 佐藤鬼房
星見れば星なつかしゝ十二月 原石鼎 花影以後
木の香けふ松に荒れしや十二月 石川桂郎 含羞
木瓜の実の落ちたるままに十二月 山口青邨
村人等酒に舌焼く十二月 有馬朗人 知命
村内に焔の澄める十二月 飯島晴子
松の間にまじる黄葉や十二月 石田波郷
枳殻の垣に鹿をる十二月 岡井省二 鹿野
椎の木に凩強し十二月 正岡子規 凩
歩くこと多くなりけり十二月 雨滴集 星野麥丘人
波は十二月青空は青空のまま 飯田龍太
浚渫船杭つかみ出す十二月 秋元不死男
海峡を流るる潮も十二月 高野素十
海苔干されわが家かくるる十二月 秋元不死男
清瀬にも茜富士あり十二月 石田波郷
湖の鳶湖をはなれず十二月 安住敦
火の色やけふにはじまる十二月 日野草城
炉ほとりの甕に澄む日や十二月 飯田蛇笏 霊芝
爪汚す極みの職や十二月 石川桂郎 高蘆
猪の肉いたみて届く十二月 石川桂郎 四温
畝が揃へばこんもりと十二月 廣瀬直人
白鳥を浮べ晴れ晴れ十二月 佐藤鬼房
真近なる山の青空十二月 松村蒼石 雁
石の上に踏みし枯蘭や十二月 永田耕衣
稲刈つて十二月には嫁に行く 高野素十
空いてゐる椅子の多しや十二月 高野素十
空井戸に青竹の蓋十二月 鷹羽狩行
竹叢の風立ち聴けり十二月 石塚友二 磊[カイ]集
絵襖の前に眠れり十二月 飯島晴子
膝厚き義母を訪ひをり十二月 草間時彦
花舗に花の赤きを満たす十二月 松崎鉄之介
若かりし日の顔ぶれや十二月 稲畑汀子
茫々と野にも沖あり十二月 鈴木真砂女 都鳥
萩枯るる枯れ切らずして十二月 細見綾子
蓋括り売らるる土鍋十二月 鷹羽狩行
蝋涙のはなやぎにをり十二月 原裕 青垣
街から村へきらきらと十二月 廣瀬直人 帰路
見なれたる山のふところ十二月 岡井省二 山色
貝塚にさざえを探す十二月 岡井省二 鯛の鯛
貯炭どかどかと減りゆく十二月 右城暮石 句集外 昭和三十年
路地ぬけてゆく人声や十二月 鈴木真砂女 居待月
身のうちの何あらたまる十二月 森澄雄
追悼記ばかり書きをり十二月 草間時彦
遠い木が見えてくる夕十二月 能村登四郎
遠母にかくれ病むなり十二月 藤田湘子 途上
野いばらの実は瀬ほとりに十二月 飯田龍太
金婚のメロンを切るや十二月 山口青邨
金屏のうちの我等や十二月 高野素十
門前の石蕗に声掛く十二月 原裕 青垣
閑居士に番茶の出花十二月 日野草城
陋巷のわが家が産屋十二月 下村槐太 光背
風邪ひいて荒ひげたけぬ十二月 日野草城
駅弁の温みを膝に十二月 鷹羽狩行
鮒鮓の桶のゆるびも十二月 草間時彦 櫻山
鯛一尾秤にのりし十二月 鈴木真砂女 居待月
鶏の羽むしるもくらし十二月 鈴木真砂女 夏帯
鷲老いて胸毛ふかるる十二月 桂信子 月光抄

以上

by 575fudemakase | 2017-01-21 05:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26571789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング