冬木 の俳句

冬木 の俳句

冬木 の例句


冬木 補遺

あせるまじ冬木を切れば芯の紅 香西照雄 対話
あたりもの無くなり立てり大冬木 中村汀女
いしだゝみへ冬木のひくい枝々 中川一碧樓
いただきのふつと途切れし冬木かな 松本たかし
いただきの現るるより冬木かな 後藤夜半 翠黛
いつも見てとほる冬木の欅なり 岡井省二 前後
いまははやいろはもみぢも冬木かな 山口青邨
うき物を冬樹せぬ葉の払けり 三宅嘯山
お墓の冬木は、咲けば散りかかる桜とおもう 荻原井泉水
かぎりなく冬木倒すや幸探すごと 細谷源二 砂金帯
かたくなに根もと日ざさぬ大冬木 長谷川素逝 暦日
くちびるに穹あたりゐる冬木かな 岡井省二 夏炉
くらやみの冬木の櫻ただ黒し 三橋敏雄
ここにあれば必然にして大冬樹 山口青邨
ことごとく空に触れゐる冬木の葉 波多野爽波
ことごとく藁を掛けたる冬木哉 正岡子規 冬木
この冬木われと齢を同じうす 山口青邨
この冬木空に梢の網なしぬ 松崎鉄之介
しづかなる冬木の間歩きけり 日野草城
しづかにも年輪加ふ冬木かな 大野林火 早桃 太白集
すべて冬木子の重みのみとなりゐつゝ 細見綾子
その冬木誰も瞶めては去りぬ 加藤秋邨
それぞれの冬木となりてうめさくら 石塚友二 玉縄以後
たそがるる冬木のみちの恐ろしや 高野素十
たつ鳥に冬木かゞやき隠るなき 百合山羽公 春園
つなぎやれば馬も冬木のしづけさに 大野林火 青水輪 昭和二十三年
のけぞりてのけぞり切れぬ大冬木 右城暮石 一芸
はつきりと冬木の末や晝の月 正岡子規 冬木
はなしごゑ冬木の幹につきあたる 長谷川素逝 暦日
はるかなる冬木と夢に遊びけり 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
はるかより光りの帰りくる冬木 岡井省二 前後
はるかより近づいてくる一冬木 岡井省二 夏炉
ふりむけば母は冬木の神かくし 上田五千石 森林
ぼくぼくと冬の木竝ぶ社哉 正岡子規 冬木
まつすぐに来て月に逢ふ冬木坂 廣瀬直人
まのあたり静かに暮るゝ冬木かな 日野草城
まぼろしの冬木加へて湖畔描く 上田五千石『琥珀』補遺
まぼろしの湯柱見たり冬木中 上田五千石『田園』補遺
みづうみに寒き谺や冬木樵る 日野草城
みづみづとして冬の幹尼が嗅ぐ 加藤秋邨
もの音に冬木の幹のかかはらず 長谷川素逝 暦日
やう~と冬木がくれのうめの花 寥松
ゆたかなる冬木のひかり地にまじへ 百合山羽公 春園
ゆたかなる冬木並みたちゆく雲と 百合山羽公 春園
わが凭りし冬木戦車の音となる 加藤秋邨
わが家の冬木二三本 尾崎放哉 小豆島時代
わが影の中より枝を出す冬木 篠原梵 年々去来の花 雨
わが書架へ午後は冬木の影二本 大野林火 冬雁 昭和二十二年
わが立ちて冬木のいのちわがいのち 深見けん二
わが立てばかばふが如く冬の幹 山口青邨
オンドルの煙まつはる冬木かな 日野草城
ガタ馬車往来する道となり冬木 尾崎放哉 小豆島時代
クリスマス冬木の肌の照るをせめて 細見綾子
バスの標赤し冬木とまだ暮れず 大野林火 海門 昭和十二年
バス曲り現れ来べきかなた冬木せり 篠原梵 年々去来の花 皿
ピアノ鳴りあなた聖なる日と冬木 西東三鬼
ペンと月冬木の翳にさすらひて 高屋窓秋
ボスいづこ冬樹の宙は猿のもの 角川源義
レール月冬木の音も絶えにけり 高屋窓秋
一冬木雲におのれを送りゐる 岡井省二 有時
一本のあたりに木なき大冬木 高野素十
一本のやまももの木も冬木中 高野素十
一本の冬木の幹の斜なる 高野素十
一本の冬木をこの日見了らず 相生垣瓜人 微茫集
一灯へ人の息寄る峡の冬 桂信子 樹影
一身を懇ろに冬木貫けり 三橋敏雄
一鳥を梢に冬木飾とす 山口青邨
三十番教室いまも冬木の中 大野林火 冬青集 海門以後
下駄鳴らし過ぐ老獪な冬木のそば 橋閒石 和栲
中空に冬木切られしあと残る 高浜年尾
乳牛をつなげば高し桐冬木 細見綾子 存問
二三本冬木とりまく泉哉 正岡子規 冬木
五位戻る冬木の上枝夕日あり 高浜年尾
人こほし冬木のかげを蹠に 三橋鷹女
人よりも冬木親しと痛み籠る 福田蓼汀 山火
人下に立てば即ち大冬木 上野泰 佐介
人入りて人の耳澄む冬木山 廣瀬直人 帰路
人外境に日か「君」が目か冬木賊 中村草田男
仁丹を衣嚢に鳴らす冬木めぐり 伊丹三樹彦
今し夕やくる中の冬木 尾崎放哉 大正時代
今朝の冬木斛の位置所得て 能村登四郎
会釈して金壺眼冬木伐 森澄雄
何ごともなかりしさまに大冬木 桂信子 花影
何の木と誰も知らざる大冬木 右城暮石 一芸
何描く画家冬木根に腰かけて 星野立子
傷つける園の冬木の眼にとまり 上村占魚 球磨
働いて薄着たのしや冬木賊 岡本眸
共に出でて吾子と別るる冬木のもと 大野林火 早桃 太白集
冬の幹削ればその香逼迫す 加藤秋邨
冬の幹立つふるさとの道のはた 木村蕪城 寒泉
冬の木の幹のけはひの闇に満つ 篠原梵 年々去来の花 皿
冬の蝸牛の一歩がありて樫の幹 能村登四郎
冬木あゆむ神父けはしき世とへだつ 大野林火 海門 昭和十四年
冬木あり夜光塗料の壕を指す 大野林火 早桃 太白集
冬木あり鳴りて詩を呼ぶ冬木あり 上田五千石『琥珀』補遺
冬木かげわが影なべてあるがまま 林翔
冬木きるや人らこだまに意を注がず 細谷源二 砂金帯
冬木さくらの貝殻虫は眼に痛し 松村蒼石 雁
冬木とその影の錯綜葬り来て 鷹羽狩行
冬木なる桜をながめつくしけり 日野草城
冬木にだかれゐて電柱の色同じ 松崎鉄之介
冬木にて枝の伐口なまなまし 山口誓子
冬木に手をふれこの時しもおもふわが国 中川一碧樓
冬木に身をもたせ逍遥ここに終る 松崎鉄之介
冬木のかげ、脚もつた影はあるいてゆく 荻原井泉水
冬木のさくら雨靄に育ひたり 松村蒼石 雁
冬木の中撞いたる鐘のうごくなり 岡井省二 明野
冬木の列遥かに続き異邦人 有馬朗人 母国
冬木の意志さながらその根岩を抱く 大野林火 雪華 昭和三十九年
冬木の月あかり寝るとする 種田山頭火 草木塔
冬木の枝に止まりしボールにかかづらふ 細見綾子
冬木の枝全部伐られて横たわる 右城暮石 句集外 昭和二十八年
冬木の根床几の下に蟠る 富安風生
冬木の根日だまり雀の溜り場に 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
冬木の根蝶を泊めをりかがみ寄る 大野林火 青水輪 昭和二十四年
冬木の浮雲かな 荻原井泉水
冬木の空明日の喜びあるごとし 角川源義
冬木の窓があちこちあいてる 尾崎放哉 小豆島時代
冬木の膚睡眠不足の吾に同じ 大野林火 青水輪 昭和二十五年
冬木みち妹黙を欲りまた厭ふ 伊丹三樹彦
冬木みち家に妻子あることはかなしき 安住敦
冬木みなしんとそのゆゑ立ちどまる 伊丹三樹彦
冬木みな傾ぎ菟は神の座に 木村蕪城 寒泉
冬木ゆくわれを見とがむ生徒の眼 大野林火 冬青集 海門以後
冬木よぎるときつぶやきとなりにけり 大野林火 冬雁 昭和二十一年
冬木より痒がる孤児の影が濃し 秋元不死男
冬木より静かに息をすること得ず 後藤比奈夫
冬木一本立てる尾上の日を追へり 臼田亜郎 定本亜浪句集
冬木中はらからつどひ母葬る 大野林火 冬青集 海門以後
冬木中一本道を通りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
冬木中乳房をさぐる如く行く 角川源義
冬木中鳥音慕うて歩きけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
冬木傾く身よりも長き影をひき 橋閒石 朱明
冬木冬木一列縦隊義足で散歩時間です 荻原井泉水
冬木山子の声が抜け風が抜け 廣瀬直人 帰路
冬木影地に滲みつつ失せにけり 上野泰
冬木抱く人間よりは温きかと 橋閒石 無刻
冬木映り玻璃戸透明たらしむる 大野林火 青水輪 昭和二十四年
冬木晴屋敷町に人訪ねけり 村山故郷
冬木根にこぼれミルクや科吸はる 中村草田男
冬木根のたしかな隆起呱々の声 佐藤鬼房
冬木根の大地の隅を匍ひ廻り 上野泰
冬木根の走りかくるる家居かな 中村汀女
冬木根を深くも掘りぬ水の湧く 中村草田男
冬木桜茫として常照皇寺 能村登四郎
冬木樵に鳥湧き出づる空の奥 桂信子 花影
冬木照り野の寂寥のあつまりぬ 加藤秋邨
冬木空敵機の迫る刻流れ 大野林火 早桃 太白集
冬木緻密に枝と枝との交響で 楠本憲吉 方壺集
冬木群けさゆたかなる日を離れ 百合山羽公 春園
冬木裂く放歌の果の若ものら 能村登四郎
冬木裾日だまり嫗眉をなみ 中村草田男
冬木賊仙女を気に吐く蟇も居ず 中村草田男
冬木賊手負ひの竜も蛇も居ず 中村草田男
冬木賊翁の逝きし申の刻 星野麥丘人 2004年
冬木赤芽小さき過失の鮮しや 上田五千石『琥珀』補遺
冬木道ガス燈つきしころの冬木 大野林火 月魄集 昭和五十四年
冬木靡きてつぎつぎに波郷の句 廣瀬直人 帰路
冬木風残んの煙草惜しみすふ 村山故郷
冬木騒うしろより来てまた過ぐる 篠原梵 年々去来の花 雨
冬樹伐る倒れむとしてなほ立つを 山口誓子
凭る冬木揺れやまずひと遠きかな 伊丹三樹彦
凱旋兵冬木騒然と影をどる 加藤秋邨
出征兵犇犇と来り冬木を瞶る 加藤秋邨
剣を持つ子が大冬木より出て来 上野泰 春潮
匂ひなき冬木が原の夕あられ 加舎白雄
卒然と没日をあびぬ冬木の中 加藤秋邨
口ダンの像枝払はれし冬木の瘤 松崎鉄之介
古洲一つ亀甲に割れ冬木賊 中村草田男
古道に馬も通らぬ冬木哉 正岡子規 冬木
吃々と枝を発して冬木なり 清崎敏郎
名園の冬木の手入打ち晴れて 松本たかし
咲けば江戸紫桐もいまは冬木 山口青邨
回想の冬木いつぽんあたたかに 上田五千石『琥珀』補遺
国の工事遅々と冬木の根を起す 右城暮石 句集外 昭和三十六年
地に投げて冬木の影のこまやかに 石塚友二 光塵
地の裂れのふかく冬木の根につづく 大野林火 早桃 太白集
坊守の脂削る瘤冬木かな 河東碧梧桐
堀兼の井の谺なす冬木空 角川源義
壁鏡冬木が遠く身震ひする 桂信子 晩春
壮行の家の冬樹の月に濡れ 大野林火 早桃 太白集
夕焼なく暮るる冬木の一屯 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
夕焼に手をあげしごとき冬木ならぶ 篠原梵 年々去来の花 雨
夜々月の遅くなりつゝ冬木道 星野立子
夜の冬木とほり過ぐれば黒にかへる 篠原梵 年々去来の花 雨
大いなる冬木さくらありよろし句碑の位置 荻原井泉水
大いなる冬木を見よやたのもしき 山口青邨
大交るどこの冬木も歩かれず 秋元不死男
大冬木より放たれて歩きけり 上野泰 春潮
大冬木二つ並びて影並び 上野泰
大冬木反り大空のすさりをり 上野泰
大冬木蛇蛇蛇として垣乗り越え 上野泰 佐介
大冬木黄金の棒の如き時 上野泰 佐介
大学のさびしさ冬木のみならず 加藤秋邨
大木の幹まつすぐに冬の壁 飯田龍太
大木戸に似し門ありて冬木かな 河東碧梧桐
大浅間ひとり日当る山冬木 臼田亜郎 定本亜浪句集
天のもの地のものとして大冬木 山口青邨
天をおほふ万朶整然大冬木 山口青邨
天心に碧さふかめて冬木衝く 橋閒石 朱明
奥底もなくて冬木の梢かな 露川
女侘し冬木を恋へど片恋の 三橋鷹女
妻とわれに垣の内外の冬木かな 原石鼎 花影以後
妻急変冬木一列帰路一途 松崎鉄之介
子と憩ふ冬木のベンチ妻居らず 大野林火 冬青集 海門以後
子を呼べば深夜の冬木よりはなる 加藤秋邨
子を連れてわづかの暇を冬木の中 大野林火 冬青集 海門以後
安曇野の冬木にこころ置きて来し 藤田湘子 神楽
宮冬木砂持の通ふ道となり 河東碧梧桐
宮水の涌ける冬木の光る町 後藤比奈夫
家を出づれば冬木しん~とならびたり 種田山頭火 自画像 層雲集
寒禽を捕るや冬木の雲仄か 飯田蛇笏 山廬集
寒禽を捕るや冬樹の雲仄か 飯田蛇笏 霊芝
寝覚うき身を旅猿の冬木かな 鬼貫
小ぼとけの寝かされてゐる冬木の根 鷲谷七菜子 天鼓
小鳥ゐて朝日たのしむ冬木かな 村上鬼城
屋根も冬木もセメントの灰降る町よ 松崎鉄之介
山をさの冬木ゆゝしく積まれけり 原石鼎 花影
山裏の灯もよく見えて冬木山 能村登四郎
岡に見る我が家冬木にかこまれあり 松崎鉄之介
川べからばらばらこの方へ冬木の雑木 中川一碧樓
廻転扉冬木としづかなるタベ 大野林火 海門 昭和十一年
影少しづつ痩せてゐし冬木かな 稲畑汀子
征く人に冬木一本づつ来る 三橋敏雄
忘恩や冬木の幹を伝ふ雨 上田五千石『琥珀』補遺
急坂の冬木描かれてあたたかに 秋元不死男
恙寝は旅寝のごとし冬木見え 鷲谷七菜子 天鼓
悔ゆるなき一ト日一人冬木の空 右城暮石 句集外 昭和十八年
悲しさは夜の冬木根につまづきて 中村汀女
懺悔の涙ぽつんと冬木ともるとき 大野林火 海門 昭和十三年
我が句碑を傾けゐたる冬木の根 右城暮石 散歩圏
戒律に冬木の空のまさをけれ 大野林火 海門 昭和十四年
或僧のたちいづるより冬木かな 阿波野青畝
戦報絶え日日の冬木と青空のみ 加藤秋邨
折こゝろにも山茶花は冬木かな 寥松 八朶園句纂
折れし枝ひつかかりゐる大冬木 右城暮石 散歩圏
描かれゆく冬木あたたかなるを見る 秋元不死男
放牧の冬木に胡弓ひく童あり 飯田蛇笏 山響集
新兵ら冬木にひそと煙草すふ 村山故郷
日々冬木ばらばらに隣人 中川一碧樓
日が当るとき冬木に枝冬木に枝 後藤比奈夫
日の沈むまで一本の冬木なり 橋閒石 和栲
日の筋をはだへに流す冬木かな 上田五千石『天路』補遺
明日ありや知らず冬木に取りまかれ 岡本眸
明日伐る木ものをいはざるみな冬木 細谷源二 砂金帯
昏れて無し冬木の影も吾が影も 三橋鷹女
星かぶり立てる冬木を楡と知る 能村登四郎
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉 大正時代
晴天の幹するすると冬のプール 廣瀬直人 帰路
曲りのぶ冬木の枝の恐ろしや 高野素十
書庫の壁も桜の幹も冬の日を 山口青邨
書庫の扉はわれ開かずば冬木の下 山口青邨
書痴の顔冬木の影に目をほそめ 加藤秋邨
月が冬木に墓のむきむき 種田山頭火 草木塔
月の堂鳩禰宜を怖るゝ冬木影 原石鼎 花影
東京の何に堪へゐる冬木かな 山田みづえ 手甲
枝をさしのべてゐる冬木 種田山頭火 草木塔
枝伐つて低くなりたる冬木かな 高野素十
枯れゆけばおのれ光りぬ冬木みな 加藤秋邨
根もとよりおのがしじまの大冬木 長谷川素逝 暦日
根を張りてやすらぎゐるや大冬木 大野林火 冬雁 昭和二十一年
梶の木と名を標したる冬木あり 山口青邨
森抜けてゆく一本の冬木より 稲畑汀子
椀程な塚の上にも冬木かな 河東碧梧桐
椎の木の梢枯れたる冬木かな 高野素十
楠の実や青島山の冬木越し 角川源義
楽書の彫り深き幹奈良の冬木 右城暮石 句集外 昭和二十九年
歳月の獄忘れめや冬木の瘤 秋元不死男
残照や歩まねば吾も一冬木 岡本眸
母校とは冬木ばかりが大きくなる 後藤比奈夫
水門の渦と暮れゆく冬木原 廣瀬直人
汽車道に冬木の影の竝びけり 正岡子規 冬木
没日消え冬木の高さのみとなる 加藤秋邨
河をへだて人も歩めり冬木の中 加藤秋邨
浮雲と冬木と斧とあたたかし 橋閒石 微光
涅槃寺冬木のままの桐つつ立つ 細見綾子
渡り来て冬木蹴去りぬ四十雀 石塚友二 磊[カイ]集
湯の神の冬木桜のさるをがせ 山口青邨
満月をあげ依代の一冬木 佐藤鬼房
潟冬木舟をつないで冴えにけり 大野林火 海門 昭和九年
火となりきり冬木の年輪見ゆるかな 加藤秋邨
火を焚きて眼を燃やしゐる冬木樵 大野林火 雪華 昭和三十七年
焼けあとの壁と冬木とのみの村 長谷川素逝 砲車
焼跡冬木火にあふられしかたちとどむ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
燈明の数の冬木を伐り倒す 橋閒石 荒栲
片側は冬木になりぬ町はつれ 正岡子規 冬木
犬の耳削ぎたるごとし冬木宿 橋閒石 雪
独楽が傾むき大冬木が傾むき 上野泰
独鈷の湯冬木に結ぶみくじ華 角川源義
猫下りて次第にくらくなる冬木 佐藤鬼房
田の果ては冬木のまゝに霞かな 右城暮石 句集外 大正十五年
田の畝のあちらこちらに冬木哉 正岡子規 冬木
町中冬木ある古る家 尾崎放哉 小豆島時代
画を蔵す大厦窓なく冬木影 福田蓼汀 秋風挽歌
界隈の冬木わが家の木も加ふ 大野林火 方円集 昭和五十一年
畳干す冬木の下や駅日和 河東碧梧桐
病棟の灯が突き放す冬樹の幹 右城暮石 声と声
痩村に行列とまる冬木かな 正岡子規 冬木
瘤負ひしものが最も冬木にて 加藤秋邨
白ふぐりつけて駈りぬ冬木犬 阿波野青畝
皎々たるこの夜の冬木誰か死ぬ 加藤秋邨
皿のごとき港見下ろす冬木の坂 大野林火 早桃 太白集
目前の冬木に禽をよせて逝く 飯島晴子
目覚めたり冬木のなかの松清浄 金子兜太
相見ざる人居て冬木暮れきらず 加藤秋邨
真つ白く冬木はじきし斧入るる 中村汀女
真上より滝見る冬木平かな 河東碧梧桐
真直ぐに冬木にまじり煙出 中村汀女
真直に冬木の影が子の窓に 有馬朗人 母国
睡り近づく冬木挽く香もすぐに過ぎ 加藤秋邨
石濤を遠き冬木の隠すなし 相生垣瓜人 微茫集
石階に折れて冬木の影淡し 橋閒石 雪
砂町は冬木だになし死に得んや 石田波郷
磊塊の冬木となりし桜かな 鷲谷七菜子 天鼓
磔像や冬木に人語ひそかなる 大野林火 海門 昭和十四年
空をバックに冬木倒影人急ぐ 松崎鉄之介
立ち掴む冬木の梢の星降り来 加藤秋邨
箸つかふ冬木伐つたる明るさに 飴山實 少長集
細胞の療舎燈ともり冬木濡らす 佐藤鬼房
美しと思ひてよりの冬木道 波多野爽波 鋪道の花
老人の気に入つてゐる冬木かな 岡井省二 鹿野
老松の冬木といふやたもとほる 齋藤玄 飛雪
肩に手を置くごと何時も倚る冬木 林翔 和紙
花の色はからび果てたる冬木かな 鬼貫
英霊車冬木は凭るにするどき青 加藤秋邨
茶博士の冬木の時を好みけり 村上鬼城
莨火に冬木の暮色すでに濃し 大野林火 海門 昭和十二年
莨火を人に借られし冬木の下 秋元不死男
華灯窓開けば冬木情あり 山口青邨
落日を戻す冬木あらざり雲もなし 細谷源二 砂金帯
落書を消す人居らぬ冬木かな 阿波野青畝
葬りの冬木の沙羅となりて立つ 岸田稚魚 筍流し
葬場の冬木それ~影もち佇つ 小林康治 四季貧窮
藤も冬木樹齢しづかにひろがりて 古舘曹人 能登の蛙
蚕まつりや冬木に裂く夜の花火 角川源義
行く人に冬木一本づつ来る 三橋敏雄
行人が冬木にかげをうばはれて 大野林火 海門 昭和十年
行人に冬木かたくなの光り持つ 大野林火 海門 昭和十四年
裸体美は人のみならず冬木にも 林翔
西空の横なす極み冬木なし 石田波郷
見てあれば冬木桜の花咲くよ 山口青邨
見下して滝つぼふかき冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
見返ればさむさかへして夜の冬木 大野林火 冬青集 海門以後
詩を吹いて冬木に言葉咲かせんか 上田五千石 天路
讃美歌と棗冬木とかかはらず 細見綾子
質朴(しつぼく)は己のことか冬木賊 星野麥丘人 2004年
赦免の身弟子の車に冬木道 角川源義
逃げ鳥は空白へ去り冬木賊 中村草田男
逆立てる冬木や達磨市となる 大野林火 飛花集 昭和四十四年
逆縁に妻を送りぬ冬木影 松崎鉄之介
逢ふ人のかくれ待ちゐし冬木かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
道端に根を張出して冬木かな 村上鬼城
遠く冬木倒るる音にルオーの訃 有馬朗人 母国
遠近の冬木が揺ぐとては棲む 三橋敏雄
遠近の冬木が搖ぐとては棲む 三橋敏雄
都はなるる汽車に面して冬木多し 松崎鉄之介
野火たかる若き冬木の油火よ 三橋敏雄
金堂を貫きたてる冬木かな 百合山羽公 春園
金堂を隠しさりゆく冬木かな 百合山羽公 春園
銭苔のうすきみどりの冬木なる 篠原梵 年々去来の花 雨
鐘の精尽きし冬木に犬放つ 角川源義
門前に舟干す冬木日和かな 河東碧梧桐
阿武隈の蘆荻に瀕す冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
隠亡の子が鴉飼ふ冬木かな 西島麥南 金剛纂
隠亡の子が鵜飼ふ冬木かな 西島麦南 人音
雨降るや冬木の中の翌檜 石塚友二 光塵
雲とほき冬木の幹をゆさぶれり 三橋鷹女
電車ゆき冬木がくれの夕日追ふ 大野林火 冬青集 海門以後
露人墓地冬木思ひ来しごとく立つ 加藤秋邨
青年へ愛なき冬木日曇る 佐藤鬼房
青桐の幹を流涕冬の雨 富安風生
青雲と冬木照りいで果つるなく 百合山羽公 春園
面当の紺に瞳があり冬木伐 加藤秋邨
面映ゆく冬木点せる宿につく 大野林火 海門 昭和九年
頭覚めよ崖にまざまざ冬木の根 西東三鬼
顔顔の中冬木ありてうち揺られ 加藤秋邨
風来ては冬木かがやく阿漕塚 角川源義
風邪の床一本の冬木目を去らず 加藤秋邨
風雪の光りみだるる冬木原 飯田蛇笏 家郷の霧
食絶つて痺る冬木にょりしかば 佐藤鬼房
食絶つて痺る冬木によりしかば 佐藤鬼房
香も白し冬木の樟の切口は 日野草城
馬場は冬木ざくらの返りざく二三輪、詣る 荻原井泉水
骨いだく義兄にしたがひ冬木道 大野林火 冬青集 海門以後
高架線とほくひびけり冬木憂し 大野林火 海門 昭和十二年
鳥よぎる冬木はあれどとまらずに 大野林火 飛花集 昭和四十四年
鳴くかもめ陽の幸は冬樹にも 飯田龍太
鵯の落ちこんで行く冬木かな 高野素十
鼻白む冬木見てゐて暮れしとき 大野林火 早桃 太白集

以上

by 575fudemakase | 2017-01-21 05:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26571798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング