霜月 の俳句

霜月 の俳句

霜月 の例句


霜月 補遺

けつかうなこゝろ入也お霜月 凉菟
しみ込だ平信心や御霜月 三宅嘯山
ゆりかもめ来て霜月の柏尾川 石塚友二 玉縄以後
大時雨して霜月のはたゝ神 日野草城
天が紅つけた空也お霜月 馬場存義
後山へ霜降月の橋をふむ 飯田蛇笏 椿花集
後山道ゆく手明くて雪見月 飯田蛇笏 椿花集
懐子霜月二十日過ぎにけり 古舘曹人 樹下石上
暮て行時雨霜月師走哉 井原西鶴
柿のへた霜月神楽すみにけり 百合山羽公 樂土
母の顔老いしと思ふ朝の霜 桂信子 月光抄
縁側と砂ずり霜月鰈かな 岡井省二 大日
船頭も御門徒衆かお霜月 蘆本
隠元の評判おかし御霜月 三宅嘯山
雪待月その幽けきを鴨なけり 加藤秋邨
雪待月たしかに崖となりにけり 加藤秋邨
雪待月ひそかに梢もえゐたり 加藤秋邨
雪待月林はもののこゑ透る 加藤秋邨
霜月に節供もあらば水僊花 支考
霜月のうら枯れんとす葱畠 正岡子規 葱
霜月のかたつむりこときれてゐし 日野草城
霜月のめぐすりの木の葉が真つ赤 山田みづえ 草譜
霜月のサンチョ・パンサはわが下部 佐藤鬼房
霜月の土を均らして紅粉花蒔くと 山口青邨
霜月の小道にくさる紅葉かな 正岡子規 霜月
霜月の愛遠き船灯のともる 角川源義
霜月の朔何かありさうで 佐藤鬼房
霜月の望の潤みも夜盲ゆゑ 佐藤鬼房
霜月の梅おそなはる手向哉 秋之坊
霜月の梨を田町に求めけり 正岡子規 霜月
霜月の沼ひとつある山の中 飯田龍太
霜月の灯や氷らんと禰宜の袖 正岡子規 霜月
霜月の目に見えて時流れたる 相馬遷子 山河
霜月の石仏百をこえてをり 燕雀 星野麥丘人
霜月の裏富士に逢ふ旅匆々 能村登四郎
霜月の軍艦ひそむ入江かな 正岡子規 霜月
霜月の野の宮殘る嵯峨野哉 正岡子規 霜月
霜月の霜なく立てり青芭蕉 水原秋櫻子 帰心
霜月の霜のひかりや月と花 支考
霜月もこぼるゝものは松葉かな 桜井梅室
霜月も余日なし稿急がばや 石塚友二 玉縄以後
霜月も末の雨浸む菊葎 水原秋櫻子 霜林
霜月やかたばみ咲いて垣の下 村上鬼城
霜月やけふの今霄の花の宴 荷兮
霜月やすかれすかれの草の花 正岡子規 霜月
霜月や内外の宮の行脚僧 正岡子規 霜月
霜月や夜に抗ふ薔薇の白 石塚友二 光塵
霜月や夜は鍋ものの湯気立てて 石塚友二 玉縄抄
霜月や奈良の都のト屋算 正岡子規 霜月
霜月や奈良の都のト師 正岡子規 霜月
霜月や山の境の茶の木原 正岡子規 霜月
霜月や座辺の厭きぬおもひごと 飯田蛇笏 山廬集
霜月や日まぜにしけて冬籠 去来
霜月や末社にぎはふ気多の宮 上田五千石『琥珀』補遺
霜月や洩るる馬穴に真綿つめ 石川桂郎 高蘆
霜月や淀の夜舟の三四人 正岡子規 霜月
霜月や狸にも会う狢獲り 金子兜太
霜月や痩せたる菊の影法師 正岡子規 霜月
霜月や石の鳥居に鳴く鴉 正岡子規 霜月
霜月や空也は骨に生きにける 正岡子規 霜月
霜月や聖天さまに満ちし月 森澄雄
霜月や茂林寺に行く用ありて 村山故郷
霜月や軒にかさねし鰻笊 安住敦
霜月や酒さめて居る蝮取り 前田普羅 普羅句集
霜月や雲もかゝらぬ晝の富士 正岡子規 霜月
霜月や額の枝を刈る手応へなく 石川桂郎 四温
霜月や鶴の彳々ならびゐて 荷兮
霜月夜細く細くせし戸の隙間 橋本多佳子
霜月末日越冬燕二十四羽 安住敦
飲めもせぬ酒買ひに出る霜月夜 佐藤鬼房
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野

以上

by 575fudemakase | 2017-01-21 08:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26572012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。