短日 の俳句

短日 の俳句

短日 の例句


短日 補遺

あそびくせつき時計見て日短か 星野立子
あたたかき日は日短きこと忘れ 後藤比奈夫
いき~と電光ニュース暮早し 清崎敏郎
うるむ瞳の奈良の鹿にも日短か 森澄雄
かきくもるかに窓の暮早し 上田五千石『琥珀』補遺
このみちも亦日短か忌に集ふ 高野素十
こゝに又湖一つ日短か 高野素十
しわしわと矢島の波の暮早し 上田五千石『琥珀』補遺
だし鍋にほぐるる湯葉の日の短か 草間時彦 櫻山
ちりしきてある山茶花に日短き 右城暮石 句集外 昭和六年
なげかへばなげかへばとて日短か 上田五千石『天路』補遺
はぐらかされゐて短日も長きかな 松崎鉄之介
ゆきずりの顔一つ消え日短か 岸田稚魚 紅葉山
わが処する事わかりかけ日短 星野立子
わが焚ける焚火いとしや日短 山口青邨
わが生活崩すテレビや日短 星野立子
わが視野を出ず短日の沖の石 飯島晴子
アパートを出て短日の店通ひ 鈴木真砂女 夏帯
キラ~と栂の緑に日短かし 前田普羅 飛騨紬
ニコライの鐘に祈るか日短か 山口青邨
ネオンサイン左右に走り日短か 山口青邨
モクひろひわが足もとに日短か 山口青邨
一日の行三仏寺日短か 高野素十
一枚の朴落葉手に日短し 右城暮石 句集外 昭和三十四年
人住みて短日灯す門の袖 富安風生
人波にもまれ腹立ち日短か 富安風生
佛壇の妻の寫眞も日短か 森澄雄
出船より入船に日の短かり 後藤比奈夫
原一つ越えての町の日短き 鈴木真砂女 卯浪
厨の燈おのづから点き暮早し 富安風生
厨辺の母にいくさの日短し 岸田稚魚 負け犬
古井戸のあたりを掃いて日短し 飯田龍太
右手遊ぶことの多くて日短か 石塚友二 玉縄抄
君とわれ短日読めぬ墨の銘 水原秋櫻子 重陽
吾等同人草鞋をぬぐや日短 山口青邨
味けなく帰るアパート日短 高浜年尾
嗟と応へて短日の訃音受く 上田五千石『琥珀』補遺
四五人のお弟子ながらも日短 後藤比奈夫
四年(よとせ)経つは実(げ)に短日の如かりし 中村草田男
墓地抜けて家路へ急ぐ日短か 福田蓼汀 山火
墓地深く行き短日の鉄路見き 岡本眸
大小の用事の飛沫日短か 上野泰
大阪の宿はこのへん日短か 高野素十
妻よわが短日の頬燃ゆるかな 石田波郷
娘は短日のいぶせき家々を見て過ぎんとした 中川一碧樓
家うちに葱の香こもる日短 鈴木真砂女 居待月
小買物とは言ひ難く日短 後藤夜半 底紅
屋上短日現代母子図まれには父子図 松本たかし
屋根を葺くひとの高ごゑ日短し 飯田龍太
山あひの~空日短か 高野素十
山の空みどりを湛へ日短し 飯田龍太
山負うて願成就院日短し 星野麥丘人
山越ゆる鳥もをりをり日短き 村山故郷
島村の渡舟いよ~日短か 高野素十
帆布の匂ふ父と子との短日 中川一碧樓
師の墓につきしばかりに日短か 山田みづえ 手甲
帯留を身よりはづして日短し 桂信子 女身
帰校の子家うち走れば日短し 飯田龍太
御所の森一つともりぬ日短 山口青邨
忠臣蔵見て短日をすごしけり 松崎鉄之介
意に介すこと日短かのみならず 上田五千石『琥珀』補遺
愛国者国会に満つ日短き 相馬遷子 山国
拭込んで縁つやゝかや日短き 日野草城
掛け忘れある短日の軒梯子 橋閒石 雪
数珠かけしひとの手を見て日短し 飯田龍太
新聞舗近くに出来て日短し 右城暮石 散歩圏
日短かき淵の色また空のいろ 廣瀬直人
日短かければの寺の長参道 上田五千石『琥珀』補遺
日短かし青貝のごと河北潟 前田普羅 能登蒼し
日短かと言ふつぶやきに冬至あり 森澄雄
日短かの三時を宵の□明り 上田五千石 風景
日短かを嘆かふほどの旅でなし 上田五千石 天路
日短か出雲崎はた寺泊 上田五千石『琥珀』補遺
日短か昼の部はねて濠に靄 山口青邨
日短か牛舎の牛は人を恋ふ 福田蓼汀 山火
日短か踏まれて邪鬼の喜悦声 上田五千石 森林
日短か麦の葬の夢を見て 日野草城
日短きことにこだはり過ぎてをり 後藤比奈夫
日短き少彦名の祭かな 後藤夜半 底紅
日短くつくづくいやなふかなさけ 飯田蛇笏 雪峡
日短く夜長し我が家我等のみ 右城暮石 句集外 昭和三十五年
日短く棺さしのぞくうからかな 飯田蛇笏 白嶽
日短く港出てゆく貨物船 飯田龍太
日短く葬者のもろき泪かな 飯田蛇笏 白嶽
日短く運ぶ童子の火が強し 飯田龍太
日短しまた宙にとぶイルカ見え 飯田龍太
日短し五慾のうちの四慾枯れ 飯田龍太
日短し書庫の真澄みの鏡また 飯田龍太
日短し漁夫の荒鵜のごとき眼は 飯田龍太
日短し色慾漣のごとく消え 飯田龍太
日短し詩の道木の間隠れにて 飯田龍太
日短し農婦も髪をちぢらせて 三橋鷹女
日短し雑書嵩なす辺に目覚め 飯田龍太
日短し風の一団村を揺り 飯田龍太
日短し魚割く刃先見え隠れ 飯田龍太
昼花火古巣にひびき日短し 飯田龍太
昼食を終りしばかり日短し 右城暮石 句集外 昭和三十七年
暮早きほとけのかげのかなしさよ 伊丹三樹彦
暮早き扉はいまだとざされず 加藤秋邨
暮早き針通し神は口すぼめ 加藤秋邨
暮早し海彦もまた父を呼ぶ 上田五千石『田園』補遺
暮早し甌穴の谿水ひびき 佐藤鬼房
朝刊の午後もある駅日短かし 右城暮石 虻峠
木の実踏む音のたしかに日短し 飯田龍太
本山の夕ベの鐘も日短か 高野素十
枯れ果てし真菰の水や日短か 高野素十
枯草のひろきところも日短か 高野素十
樋の草に日短かさよ婢の炊ぐ 飯田蛇笏 山廬集
檻に鷲短日の煤地におちる 桂信子 月光抄
水音の今高まりて来し短日 右城暮石 句集外 昭和十九年
洞門をうがつ念力短日も 杉田久女
海を見てまた山を見て日短し 飯田龍太
湖のおもてふと見て日短し 飯田龍太
滝壺を見て短日の底にゐる 岡本眸
火山灰地帯のなべて日短か 高野素十
燭もえて僧短日の餉に興ず 飯田蛇笏 春蘭
片づけて~用日短 星野立子
牛羊の牧短日の歩みかな 河東碧梧桐
玻璃閉してさへ短日の暗くなる 山口誓子
町角に短日の靄よどみそむ 相馬遷子 山国
画家とゐて阿修羅がほとり暮早き 伊丹三樹彦
白面の子に短日の詩集かな 日野草城
皇居拝して去る帰還兵日短き 渡邊水巴 富士
皮剥の皮剥ぐ音も日短か 飯島晴子
看護婦の声に短日はじまりぬ 石田波郷
短日といふ足どりとさもなきと 後藤比奈夫
短日にえらび出されし前の山 斎藤玄 雁道
短日にゐるや若さは若さとし 右城暮石 句集外 昭和二十三年
短日に九官鳥の口はさむ 百合山羽公 樂土
短日に御者の眠れる車蓋かな 河東碧梧桐
短日に馬休ませて田家かな 河東碧梧桐
短日の 光の中の 倒れ独楽 伊丹三樹彦
短日のいくののみちの今遠し 高野素十
短日のいんこ多くは目をつむり 伊丹三樹彦
短日のお茶が上手にはいりけり 後藤比奈夫
短日のかかるむなしさ鴉啼き 伊丹三樹彦
短日のかゝるところにふとをりて 清崎敏郎
短日のここにも釘を打てと云う 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
短日のこころに鶸の廻りとぶ 岡井省二 明野
短日のたゞ急がれよ~ 高野素十
短日のはや秋津嶋灯しけり 飯田蛇笏 山廬集
短日のひたすら遠き暮天かな 飯田龍太
短日のひとり屋上より下る 橋閒石 朱明
短日のふくらはぎ海よそよそし 原裕 青垣
短日のふと何を欲り指輪欲り 星野立子
短日のふりかへりざまものいふも 佐藤鬼房
短日のものうつくしく灯ともりぬ 加藤秋邨
短日のわれの暮れゆくことはやし 山口誓子
短日のシネマの廊に出てひとり 伊丹三樹彦
短日の一ト荷はみがき鰊かな 鈴木真砂女 夏帯
短日の一日なりし君を訪ひ 高野素十
短日の中の人まかせの時間 後藤比奈夫
短日の二つの庭の相隣り 高野素十
短日の出入や紅きマット踏み 岡本眸
短日の出雲訛りに湯ぶねかな 石橋秀野
短日の刃先ころりと真珠生む 飯田龍太
短日の刻をはかりて立ちいづる 波多野爽波 鋪道の花
短日の唾せし石翳ふかき 伊丹三樹彦
短日の土に疲れて戻りけり 右城暮石 句集外 大正十年
短日の地に降り嘆く塗装工 右城暮石 句集外 昭和三十年
短日の坂を下れば根津八重垣町 山口青邨
短日の城は遠くに仰ぐのみ 稲畑汀子
短日の城跡時間経ち易し 右城暮石 句集外 昭和四十年
短日の埠頭がとどむ黒き荷車 飯田蛇笏 雪峡
短日の壁に居残勤務表 日野草城
短日の大いなる樹を斫り倒す 日野草城
短日の大和当麻が行きどまり 大野林火 方円集 昭和五十年
短日の大地にあげて冠の朱 原石鼎 花影
短日の奢侈をさげすみ吝嗇も 飯田蛇笏 家郷の霧
短日の子供ばかりに波の群 岸田稚魚 雁渡し
短日の季に入る港大路かな 飯田龍太
短日の家を追はれて家を得ず 橋閒石 雪
短日の家訪ね得し風の道 角川源義
短日の山々我を遮りし 高野素十
短日の山あることのやゝ淋し 高野素十
短日の山かげいつか対岸に 高浜年尾
短日の山の祭に犬まじる 廣瀬直人 帰路
短日の山影及ぶ橋の上 清崎敏郎
短日の島の時間で昼飼とる 鷹羽狩行
短日の左右に子あり温泉のあふれ 渡邊水巴 富士
短日の干しもの翳り佃島 林翔
短日の庭師書屋ははや灯り 山口青邨
短日の庭師理髪師の如く 山口青邨
短日の往還しきりなる軍歌 伊丹三樹彦
短日の或る時点よりネオン増ゆ 山口誓子
短日の抽象画展覗きけり 橋閒石 微光
短日の振つて袋の浄め塩 鷹羽狩行
短日の放心に猫来てすわる 伊丹三樹彦
短日の日を揉みくちやに礁波 岡本眸
短日の日向残れる櫟山 清崎敏郎
短日の日輪はたき落とされし 上野泰
短日の星の低きを親しとも 山口青邨
短日の昼になりけるやはらかみ 細見綾子 桃は八重
短日の時計の午後のふり子かな 飯田蛇笏 山廬集
短日の暗き活字を子も読める 中村汀女
短日の暮れはじめてははたと暮れ 細見綾子
短日の木曾の日短か龍の玉 森澄雄
短日の机置きある畳かな 岡井省二 夏炉
短日の村渓流に杉を倒し 飯田龍太
短日の杖曳くすべはまだ知らね 安住敦
短日の松の葉末のなほ暮れず 山口誓子
短日の柱天女の足裏飛ぶ 古舘曹人 能登の蛙
短日の梢微塵にくれにけり 原石鼎 花影
短日の櫓音休まず船通る 廣瀬直人 帰路
短日の歩々に暮れゆき暮れにける 日野草城
短日の水に影ある漁人かな 飯田蛇笏 山廬集
短日の水面ばかりに信濃川 岸田稚魚 負け犬
短日の波の白さを手掴みす 岡本眸
短日の海あることのやゝ淋し 高野素十
短日の湯にゐてとほき楽をきく 桂信子 月光抄
短日の滝音にまぎれ日の在り処 右城暮石 句集外 昭和十八年
短日の灯し頃をバスにあり 星野立子
短日の灯のあることの慌し 高浜年尾
短日の灯をともす間の筆を措く 後藤夜半 底紅
短日の照し終せず真紅ゐ 川端茅舎
短日の熔岩に親しむ女学生 廣瀬直人 帰路
短日の燃ゆるひとみのギター弾き 三橋鷹女
短日の爪一つづつ手洗ひぬ 右城暮石 句集外 昭和二十一年
短日の猿のわざ見て無職なる 伊丹三樹彦
短日の獄はなたれし僧を泊む 飯田蛇笏 家郷の霧
短日の玉座は既にあやなけれ 日野草城
短日の用事の沼に脚奪はれ 上野泰
短日の疲れては見る指の先 加藤秋邨
短日の皿青九谷赤九谷 山田みづえ 草譜
短日の眉月既にかかりゐし 清崎敏郎
短日の眼置かるる路傍草 斎藤玄 雁道
短日の磯を汚しゝ烏賊の墨 原石鼎 花影
短日の空気はづませ入り来し人 右城暮石 句集外 昭和十九年
短日の紙幣をつまむ天邪鬼 飯田蛇笏 山響集
短日の肉買はむかと呟きしか 安住敦
短日の胸厚き山四方に充つ 飯田龍太
短日の芒いつまで縛さるる 山田みづえ 忘
短日の蔀戸あげて櫛造る 木村蕪城 一位
短日の蕎麦湯すするや暮れ切りぬ 草間時彦 櫻山
短日の薔薇白々と夫遅き 桂信子 月光抄
短日の蛤、串に焼かれけり 鈴木真砂女 卯浪
短日の街はすかひに抜けて来し 稲畑汀子
短日の見えなくなりし水の底 廣瀬直人 帰路
短日の護送囚人餉につけり 飯田蛇笏 春蘭
短日の金門橋下汐変る 高浜年尾
短日の鉄うつひゞきかや遠し 山口誓子
短日の闇より闇へ光る牛 原裕 葦牙
短日の障子のひとつなほ日なた 長谷川素逝 暦日
短日の雲に離れて没る日あり 飯田龍太
短日の電光ニュース走り初め 清崎敏郎
短日の電話の告げてをりしこと 稲畑汀子
短日の靄とも煙とも知れず 廣瀬直人
短日の顔ふりむけば日の虜 原裕 葦牙
短日の顔昏れきつて毛蟹売 岡本眸
短日の風のゆくへの雲に見ゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
短日の高厦雨添ふ夕灯 飯田龍太
短日の高速道路森をかすめ 廣瀬直人 帰路
短日の鴎のひかりに重き海 飯田龍太
短日はさびし来る夜のおそろしき 赤尾兜子 玄玄
短日は一紅滴の陽で終る 林翔
短日や「福翁自傅」脇挟む 赤尾兜子 稚年記
短日やいつまで澄みてくるゝ空 原石鼎 花影
短日やいま切りし枝を焚火とし 及川貞 夕焼
短日やけふも蛇屋の前通る 山口青邨
短日やこころ澄まねば山澄まず 飯田龍太
短日やこのいち日のこの一句 鈴木真砂女 紫木蓮
短日やさそはれ出しかげ詣り 河東碧梧桐
短日やたぎりそめたる燗銅壺 鈴木真砂女 卯浪
短日やつぶやけば醒むひとつの名 楠本憲吉 楠本憲吉集
短日やなぜかきびしく記したく 飯田龍太
短日やひくき波のむ高き波 鈴木真砂女 生簀籠
短日やひるみてものを言ふ勿れ 上田五千石 天路
短日やわれらおのおのの悔を持ち 加藤秋邨
短日や一管噎ぶ虚空の曲 石塚友二 光塵
短日や二階さす音落ちかかる 山口誓子
短日や人に向はぬ席えらぶ 香西照雄 対話
短日や人攫ふかに関の杉 佐藤鬼房
短日や仏童子の瞳を讃ふ 右城暮石 句集外 昭和十九年
短日や別れのぬくみ掌にのこり 岸田稚魚 紅葉山
短日や夜空の下の茜雲 渡邊白泉
短日や天の一角あをあをと 日野草城
短日や天窓よりの人の声 鷹羽狩行
短日や嫁ぎゆく顔かくれ剃る 石川桂郎 含羞
短日や子の泣声と山の音 大野林火 方円集 昭和四十九年
短日や客ひとり押売ひとり 山口青邨
短日や山辺をさして鵯渡る 村山故郷
短日や岬のあざみ色うすく 鈴木真砂女 生簀籠
短日や工場島なす町に来ぬ 山口誓子
短日や帯に噛ませる乗車券 秋元不死男
短日や影も角出す金米糖 野見山朱鳥 愁絶
短日や応へなき語を繰返し 赤尾兜子 [はやて]
短日や念駈くことのみ多くなりぬ 石塚友二 方寸虚実
短日や息づき初めしタワーの灯 楠本憲吉 方壺集
短日や我れもこころのギター弾き 三橋鷹女
短日や或時ふとき我心 原石鼎 花影
短日や旅の終りの齟齬二三 村山故郷
短日や晩年日記とびとびに 秋元不死男
短日や書体父より祖父に似る 廣瀬直人
短日や林林先生に会ふことも 山田みづえ 草譜
短日や柳眉を立つる岐神 古舘曹人 樹下石上
短日や樫木原の葱細 村上鬼城
短日や母に告ぐべきこと迫る 中村草田男
短日や水にまぎれし白き鯉 鈴木真砂女 卯浪
短日や水仕にあかぬ女の手 西島麦南 人音
短日や泉汲まんとまづ拝し 星野立子
短日や洲に集れば島乱れ 廣瀬直人
短日や湾に警笛すれ違ひ 鷹羽狩行
短日や灯にかざしみる切粉傷 加藤秋邨
短日や盗化粧のタイピスト 日野草城
短日や竹林に雲凍てしまま 村山故郷
短日や脱ぎて地に置く鉄兜 加藤秋邨
短日や薪入れてある竈口 波多野爽波 鋪道の花
短日や藁にまぶるゝ子犬をり 村山故郷
短日や裁物板は傷だらけ 日野草城
短日や豆腐屋の戸をひと覗き 石田勝彦 秋興以後
短日や賎が会釈の羞かしく 飯田蛇笏 霊芝
短日や起てばつまづく机辺の書 上田五千石『琥珀』補遺
短日や身を鎧ふごと割烹着 鈴木真砂女 紫木蓮
短日や頭に残るルオーの青(ルオー展) 細見綾子
短日や風呂敷の紺細(こま)結び 鷹羽狩行
短日や鳥糞の中骨くづる 角川源義
短日や黄楊の小櫛のけづり屑 木村蕪城 一位
短日や鼻血出す子の頭に手を載す 山口誓子
短日をけふは上手に使ひけり 後藤比奈夫
短日をわれもかこちて用なき身 後藤比奈夫
短日を使ひこなしてをりにけり 後藤比奈夫
短日を嬉々とあそべり童女らは 飯田龍太
短日を少し伸ばして西へ旅 稲畑汀子
短日を泪滂沱とシネマに兵 伊丹三樹彦
短日を灯して工事続きけり 稲畑汀子
短日を睡りつゞけて夢も見ぬは 相馬遷子 山河
短日暮れかかる笈のおもさよ 種田山頭火 草木塔
石油の港彩る日短か 山口誓子
磴掃いてをりし宿の婢日短か 清崎敏郎
神戸コロツケ買ふ列に佇ち日短 鈴木真砂女 都鳥
窓口に短日の客溜りけり 日野草城
竹を褒め竹をなだめて日短 後藤比奈夫
築地詠み銀座を詠みて日短 鈴木真砂女 紫木蓮
緒につきしことに熱中日短 星野立子
老い父に日は長からむ日短か 相馬遷子 山河
老人の耳よくきこえ日短し 飯田龍太
老友のかく会しかく日短か 高野素十
聞いてゐるのかゐないのか日短 後藤比奈夫
肌着替ふとき老人に日短し 飯田龍太
胴塚は首塚を恋ひ日短か 有馬朗人 非稀
自動車に擦過されたる日短か 相馬遷子 山河
船宿の障子灯れば日短 清崎敏郎
苦湯にも鉄湯にも客日短か 高野素十
茜して短日の舟乾きをり 松村蒼石 寒鶯抄
菊もみぢ然るをあまり日短な 寥松
蒲焼を噛んでとろけて日短かき 日野草城
藍壷に浮きしあぶくや日短し(愛知県有松) 細見綾子
詩の如き短き雑文日短か 山口青邨
話いろ~土産いろ~日短 高野素十
買物はたのしいそがし日短 星野立子
逆まつ毛騒ぎのありて暮早し 能村登四郎
逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子 未明音
遠山に日あたるまこと日短か 岡井省二 明野
金魚田にひと映りゆき日短し 飯田龍太
鉛筆のすぐに書き減り日短 星野立子
銀行を背に短日の靴磨 橋閒石 雪
陵に昏れ短日の星斗たちまち見ゆ 三橋敏雄
電話して片づく用事日短 星野立子
青空の覚めつ眠りつ日短し 飯田龍太
鞘払ふ刃に短日のひびくさま 飯田蛇笏 家郷の霧
魚の目汚れてかなし日短か 鈴木真砂女 卯浪
鷄頭を伐るべく秋の日短し 正岡子規 秋の日

以上

by 575fudemakase | 2017-01-21 08:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26572030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング