冬の日 の俳句

冬の日 の俳句

冬の日 の例句


冬の日 補遺

あし入や冬の日でりのわたし舟 許六
これは何といふこともなき冬の日土を盛りて 中川一碧樓
さらさらと冬の日紙の博物館 平井照敏
とかういふ間に冬の日や雪の梅 諷竹
ふるき帽いただき冬の日にちかく 細谷源二 鐵
みとりやる髪の一筋一筋の冬の日 荻原井泉水
わが冬の日をまなぞこにつむりゐる 三橋敏雄
ガラス越に冬の日あたる病間哉 正岡子規 冬の日
一木伐りおわれば冬の日なし 荻原井泉水
二つ三つ見え冬の日の藪中の石 中川一碧樓
井伊家の井の字の紋をちらしてふすま冬の日 荻原井泉水
佇めば冬の日ぬくし其角堂 山口青邨
俯きて歩けば冬の日は明るき 右城暮石 句集外 昭和十五年
僕が一疋の馬であるやうに冬の日或時の感触 中川一碧樓
六疊の奧迄冬の日ざしかな 正岡子規 冬の日
冬の日が兎となりてはね出すも 平井照敏
冬の日が墓墓の影を天に吊る 下村槐太 天涯
冬の日が羞らひともる児の耳に 林翔 和紙
冬の日だ山合に光の四肢が 金子兜太
冬の日とわれと消ぬべき一呼吸 斎藤玄 雁道
冬の日と余生の息とさしちがふ 斎藤玄 雁道
冬の日と同温の身を愛すなる 能村登四郎
冬の日にきゆるやう也沖の島 乙訓
冬の日にたうきび襖炎えんとす 山口青邨
冬の日になじみて京間畳かな 能村登四郎
冬の日にもてなしの緋毛氈をしき 高野素十
冬の日に照り倒さるる事やある 永田耕衣
冬の日に藻を裏がへす子らの業 能村登四郎
冬の日のあたらずなりし乾飯かな 正岡子規 冬の日
冬の日のあたる篁風に割れ 山口青邨
冬の日のいつも我追ひ我包み 星野立子
冬の日のお前が泣くそのやうに低い窓 中川一碧樓
冬の日のかき消されたるあとに在り 山口青邨
冬の日のかつと明るき一ト間かな 村上鬼城
冬の日のかなしや半日村といふ 山口青邨
冬の日のこの土太古の匂ひかな 飯田蛇笏 霊芝
冬の日のさし入松の匂ひ哉 加藤曉台
冬の日のしばらく照らす我身かな 高野素十
冬の日のとゞかずなりし小村哉 正岡子規 冬の日
冬の日のねびてゐるなれ酢蓮根 岡井省二 猩々
冬の日のぼつてり堀に墳の道 山口青邨
冬の日のむごき墓石選びかな 斎藤玄 雁道
冬の日のむらさきすでに中の空 岡井省二 鹿野
冬の日のよくあたる椽やおもちや箱 正岡子規 冬の日
冬の日のろばの匂ひとなりにけり 岡井省二 鯛の鯛
冬の日のイエスと遊びゐし記憶 平井照敏
冬の日のビルの隙より岐嶇々々と 山口青邨
冬の日の一つの石をあたためて 山口青邨
冬の日の二見に近く通りけり 正岡子規 冬の日
冬の日の人にかげあり暮の山 長翠
冬の日の光の靄の霞町 平井照敏
冬の日の入りて明るし城の松 正岡子規 冬の日
冬の日の刈田のはてに暮れんとす 正岡子規 冬の日
冬の日の大和の国の櫟本 高野素十
冬の日の小藪の隅に落ちにけり 正岡子規 冬の日
冬の日の手紙うごかす秤針 秋元不死男
冬の日の文語がよけれ古聖書 平井照敏
冬の日の明かなるを賞でばやな 高野素十
冬の日の暮れんとすなり八ツ下り 正岡子規 冬の日
冬の日の束の間なりし諸仏かな 高野素十
冬の日の板塀の反り家族欲し 岡本眸
冬の日の林の中に燃え学ぶ 山口青邨
冬の日の武蔵野に魚の骨光る 三橋敏雄
冬の日の沈むを惜しむわれのみか 星野立子
冬の日の没しつつある大虚かな 石塚友二 磊[カイ]集
冬の日の海に没る音をきかんとす 森澄雄
冬の日の涯なき水脈夜もつくる 山口誓子
冬の日の渋谷に魚ぞ*からき食堂 三橋敏雄
冬の日の眩しと吾子や病めるなり 石塚友二 光塵
冬の日の短けれども石部迄 正岡子規 冬の日
冬の日の筆の林に暮れて行く 正岡子規 冬の日
冬の日の羅漢寄せあふ咽喉佛 古舘曹人 砂の音
冬の日の美しかりし不言 高野素十
冬の日の膝にくる色木賊むら 岡井省二 山色
冬の日の落ちて明るし城の松 正岡子規 冬の日
冬の日の葬列天へ短かかりき 三橋敏雄
冬の日の薔薇なれや佳き隣人 日野草城
冬の日の読書巡礼はじまりぬ 山田みづえ 手甲
冬の日の貌のおびただしくくるか 岡井省二 五劫集
冬の日の運河へ下る段がある 渡邊白泉
冬の日の雀下りけり飯時分 正岡子規 冬の日
冬の日の雁の背丈の寸づまり 斎藤玄 雁道
冬の日の露店のうしろ渡るなり 岸田稚魚 雁渡し
冬の日の静かに去りし一日かな 右城暮石 散歩圏
冬の日の鶉のこゑの湖の岸 岡井省二 有時
冬の日はいつも傾き家鴨飼ふ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
冬の日は低し吾あり墓群の中 山口青邨
冬の日は傾く竹に直の木に 山口青邨
冬の日は墜ち一ぽんの葦のこる 富澤赤黄男
冬の日は干甘藷のためあるごとし 西東三鬼
冬の日は空の寒鯉かも知れぬ 平井照敏
冬の日は西にまはりて病床に 山口青邨
冬の日は運河に映りたのしき歩 山口青邨
冬の日びるでんぐ正面入口まで来た僕 中川一碧樓
冬の日もまだ白菊の明りかな 田川鳳朗
冬の日も照上は皆泣まいぞ 木節
冬の日やいたる処に藪の神 山田みづえ 忘
冬の日やざしきぼつこがゐはせぬか 山田みづえ 木語
冬の日やよらで過ぎ行く餅の茶屋 正岡子規 冬の日
冬の日やわが身の放つ塵吹かれ 岡本眸
冬の日やわつかの雲のすきに入る 正岡子規 冬の日
冬の日や一句のことばよくたがやせ 平井照敏
冬の日や仏のともしまだ消ず 鈴木道彦
冬の日や何か振舞ある小家 鈴木道彦
冬の日や前に塞る己が影 村上鬼城
冬の日や十二神将双腕欠き 安住敦
冬の日や土となりゆく巌の膚 鷲谷七菜子 一盞
冬の日や塔見えてくる火炎上 加藤秋邨
冬の日や塩の中なる浄め塩 鷹羽狩行
冬の日や天守に万のつぶて石 角川源義
冬の日や子を案じその子を愁ひ 安住敦
冬の日や寺の門より萱の道 大野林火 海門 昭和七年
冬の日や屋上の吾を見ぬ人等 香西照雄 対話
冬の日や庶幾くは出家せん 高野素十
冬の日や手塩にかけし子に頼り 安住敦
冬の日や指ぬきぬるき魚の棚 正秀
冬の日や昼は柿木朝千鳥 野坡
冬の日や来信太き二三行 鷲谷七菜子 一盞
冬の日や河床にまがふ道の澄み 大野林火 冬雁 昭和二十一年
冬の日や涙の井汲み道に撒く 角川源義
冬の日や父の薬包は子が抱へ 安住敦
冬の日や玉のまどかにわがいのち 日野草城
冬の日や珈琲沸し進みすすむ 山口誓子
冬の日や眼が疲るれば目をつぶり 安住敦
冬の日や矢矧堤のつく~し 句空
冬の日や細菌の図を染めて落つ 大野林火 海門 昭和十二年
冬の日や老もなかばのかくれがさ 智月尼
冬の日や臥して見あぐる琴の丈 野澤節子 未明音
冬の日や菰きて在す影法師 井上士朗
冬の日や蛇屋の前を突つ走り 安住敦
冬の日や軒にからびる唐辛子 村上鬼城
冬の日や逃ぐるごとくにレール岐る 秋元不死男
冬の日や遺髪の塚に志遂ぐ 角川源義
冬の日や電車を出れば顔ゆるむ 中村草田男
冬の日や馬の背中に落ちかゝる 正岡子規 冬の日
冬の日や馬の背中へ落かゝる 正岡子規 冬の日
冬の日や馬関の潮瀬衰へず 上村占魚
冬の日や鳶のとまりてやや翳る 山口誓子
冬の日をだんだら縞に幹の幸 細谷源二 砂金帯
冬の日をひそかにもれて枇杷の花 曲翠
冬の日を仰ぎ目くらむ一事かな 岸田稚魚 紅葉山
冬の日を当てて走れる郵便車 山口青邨
冬の日を鴉が行つて落して了ふ 橋本多佳子
冬の日何かやすらけきは枇杷の葉の大きく 中川一碧樓
冬の日小皿五まい一枚は疵あるを愛しき藍の小皿 中川一碧樓
冬の日水球GKの人たゞしく畳にすわり 中川一碧樓
冬の日河原の水が見えて幾らからくな風景 中川一碧樓
冬の日豆さんことこというてる 荻原井泉水
冬の日貧しくレグホンの白見たく歩く 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
冬靄にこもる冬の日紀尾井町 平井照敏
唇の紅残したまへり冬の日に 山口青邨
城を鎖し冬の日城の河に没る 山口誓子
基礎工事といふせめんと袋幾袋でも破いて冬の日 中川一碧樓
太幹のしづかさ冬の日をながし 長谷川素逝 暦日
子らの唄蓮田にこぞる冬の日よ 角川源義
山中に冬の日昇ること遲し 正岡子規 冬の日
岸鳴るや冬の日あるく薄氷 高屋窓秋
峠に見冬の日返しゐし壁ぞ 深見けん二
峰越えて来る冬の日をうち仰ぎ 山口青邨
強戸村大川村も冬の日に 高野素十
断崖を行く人冬の日を持てり 有馬朗人 母国拾遺
易をよむ冬の日あしや牢の中 正岡子規 冬の日
易を讀む冬の日さしや牢の中 正岡子規 冬の日
書庫の壁も桜の幹も冬の日を 山口青邨
木の橋をわたるに遠き冬の日や 橋閒石 朱明
松の木のすがた又の松の木のすがた冬の日ひかり 中川一碧樓
梟の眼に冬の日午なり 正岡子規 冬の日
歩いてゐて川がよく見える冬の風冬の日 中川一碧樓
江崎へ寄つて路銀を貰ひました桑畑冬の日 中川一碧樓
泥沼に冬の日の堕ちゐたりたり 上野泰 春潮
湖の町の湖面見えぬ方に来し冬の日にをる 中川一碧樓
焚くことのなき炉に冬の日がとどく 鷹羽狩行
煎餅の日影短し冬の町 正岡子規 冬の日
煎餅干す日影短し冬の町 正岡子規 冬の日
牛部屋や冬の入日の壁の穴 正岡子規 冬の日
玉川に短き冬の日脚哉 正岡子規 冬の日
珠を揺るごとく冬の日沈みたり 平井照敏 猫町
生きて人老い冬の日飛ぶ鳥を見し 中川一碧樓
瘤大木冬の日のぞく枕上ミ 角川源義
発掘の礎石冬の日をまぶしめる 山口青邨
百姓にして冬の日のうれしけれ 高野素十
睾丸の垢取る冬の日向哉 正岡子規 冬の日
石門を斜に冬の日影哉 正岡子規 冬の日
石階へ来て冬の日の固くなる 後藤比奈夫
稲刈りて力無き冬の朝日かな 正岡子規 冬の日
稻かりて力無き冬の初日哉 正岡子規 冬の日
竹伐つてすこしは冬の日を入るる 能村登四郎
草庵にうれしき冬の日かげ哉 舎羅
葉書ささりをり冬の日の格子戸に 大野林火 冬青集 雨夜抄
蘭・冬の日かげり支へ誰も居らぬ 佐藤鬼房
街角に冬の日溜りありにけり 稲畑汀子
見下すや冬の日向の十箇村 正岡子規 冬の日
逃亡や牛がけちらす冬の日矢 原裕 葦牙
鏡の間すさび冬の日苑に落つ 山口青邨
障子いつぱいの冬の日ふつとかげるとおわり 荻原井泉水
雪雲の縁を色どる冬日かな 正岡子規 冬の日
額に射す冬の日やふと懺悔の意 伊丹三樹彦
魚にくる~のまなこがあり冬の日ひとりの人に買はれた 中川一碧樓
鳥飛んで冬の日落る林哉 正岡子規 冬の日

以上

by 575fudemakase | 2017-01-22 05:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26574367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング