冬日 の俳句

冬日 の俳句

冬日(その1) の例句

冬日(その2) の例句


冬日 補遺

いつぽんの幹のさへぎる冬日なり 長谷川素逝 暦日
いづこにも冬日いちにち来給はず 飯田龍太
うごきやまぬ狐は冬日照返し 渡邊水巴 富士
おのづから止りし奔馬冬日落つ 橋閒石 雪
かぎり知られぬ右向の顔冬日さす 加藤秋邨
かくれ鬼冬日の塀に顔あてて 上野泰 佐介
かげる山のうしろ照る山冬日低し 相馬遷子 山国
かざす手に山国の冬日隠れたる 大野林火 飛花集 昭和四十五年
かたちなき勝利納(い)るるや冬日揺るる 中村草田男
からからと遠き日へ鳴り冬日の橋 鷲谷七菜子 銃身
からまつの散りて影なし冬日影 前田普羅 飛騨紬
きんかんの実へは小さな冬日来る 後藤比奈夫
ぎつしりの材木の底にある冬日 臼田亜郎 定本亜浪句集
くくり女と同じ冬日にうづくまる(愛知県有松) 細見綾子
くれなゐのこころの闇の冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
くわゐ掘冬日を泥に踏みこみて 細見綾子
けだものゝ食欲る目もて冬日見る 右城暮石 句集外 昭和十五年
こころなごみゆく地の起伏冬日和 飯田蛇笏 家郷の霧
この人に冬日の如く親しみし 高野素十
この坂も冬日も神戸育ちなる 後藤比奈夫
こぼれガソリン自ら乾き冬日うすし 中村草田男
さらば~神馬叩けば掌に冬日 赤尾兜子 稚年記
しばらくは愛染堂の冬日かな 雨滴集 星野麥丘人
しばらくは那須野に遊ぶ冬日かな 村山故郷
しまひおく数珠と聖歌集冬日影 山口青邨
しやれこうべに 冬日の脆さ 或る発掘 伊丹三樹彦
しろがねの冬日のかけらなる蝶か 橋閒石 朱明
すがれゐしものにあまねき冬日かな稲畑汀子
すでにすでに冬日を鼻におん屍 石塚友二 光塵
すめらぎの城壁の冬日雉子いでず 渡邊水巴 富士
そのあとの冬日昃ることもなく 波多野爽波 鋪道の花
その人の歩みをとどめ冬日中 高野素十
その日ただ海の冬日と思ひしのみ 飯田龍太
ただありて泰山木の冬日和 森澄雄
ただ焦土冬日を落す屋根もなし 加藤秋邨
たのしげに煙立ちのぼる冬日和 日野草城
つがもなき所へさすや冬日影 野径
つつましく冬日を額に人きたる 大野林火 海門 昭和十一年
ときのまの黄瀬戸の色の冬日見し 相生垣瓜人 微茫集
とぼしらの冬日に人を斬る絵を描き 三橋鷹女
どの窓か返す冬日に射られ行く 篠原梵 年々去来の花 皿
なかんづく墓守の像冬日影 山口青邨
ながれゆく水草もあり冬日暮る 中村汀女
なつかしく越路の冬日あびて行く 村山故郷
なりふりも構はずなりぬ冬日藁塚 岡本眸
にはたづみ冬日まみれや白毫寺 岸田稚魚 筍流し
ひとすぢの冬日おごれる怒髪の上 伊丹三樹彦
ひとすぢの冬日ぞ慈悲のかんばせに 伊丹三樹彦
ひよどりの持ち来し冬日墓の上 岸田稚魚 筍流し
ひら~とする笹の葉に冬日かな 高野素十
びんずるの 膝のり冬日 それも撫でる 伊丹三樹彦
ふたまたの幹へながれて冬日かな 長谷川素逝 暦日
ふと何かうしろすぎゆく冬日向 平井照敏
ふるさとのものの門田の冬日恋ふ 高野素十
ほとほとと冬日訪ひくるのぼり窯 角川源義
また妊む冬日輪を妊みしか 右城暮石 上下
まづ見ゆ大隈重信冬日影 山口青邨
もちの木の上の冬日に力あり 高野素十
もてなしのもの何もなき冬日かな 高野素十
やがて汽車つくに冬日の落ちかかり 上野泰
やまぐにの河に鳶舞ふ冬日和 飯田蛇笏 家郷の霧
やまのべのみちにありたる冬日かな 高野素十
よく続く冬日和かな母を訪ふ 星野立子
よろしき代の冬日の場末歩き得たし 中村草田男
よろめくや白衣に浴ぶる冬日ざし 石田波郷
わがこもる障子に冬日来ては燃ゆ 山口青邨
わすれゐるときのうれしさ冬日濃く 木村蕪城 一位
わだつみの神とも申す冬日和 高野素十
われを拒むもののひとつに冬日のベンチ 楠本憲吉 方壺集
をとこにありてをんなにあらぬ冬日暮 平井照敏
アンプル殼累々冬日呪詛めきて 伊丹三樹彦
オリーブ油冬日に振れば渦巻きぬ 細見綾子
ガード一角冬日が溜り手毬つく 飴山實 おりいぶ
コンクリートの中冬日確かに男立つ 赤尾兜子 蛇
コーヒーのむ冬日の窓に木椅子寄せ(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
サツカーの怒声野の一点の冬日 飴山實 おりいぶ
サロンより須磨の浦波冬日照る 飯田蛇笏 雪峡
ジャムの壜買つて荷物や冬日和 草間時彦
ステップにながれさし込む冬日かな 阿波野青畝
チヨークの粉渦巻き冬日遡る 篠原梵 年々去来の花 皿
デゴイチの煙腹ばひ冬日出づ 角川源義
デッサンのコンテの先にある冬日 上村占魚
バラックも並めば冬日にこの明るさ 香西照雄 対話
ベレーの窪みくぼみに冬日 グリーン・ベンチ 伊丹三樹彦
ホームバー愉しきかなや冬日落つ 山口青邨
ポストの頭冬日てらてら虚実古り 木村蕪城 寒泉
リヤカーの病者に冬日遍照す 飯田龍太
ルオーの冬日輪峡の天わたる 右城暮石 句集外 昭和四十九年
ロザリオの数珠海の色冬日射し 山口青邨
ヴェニスにて死ぬべし冬日沈むとき 有馬朗人 立志
一つづつ万の冬日が山に消ゆ 高屋窓秋
一とところ冬日慕うて雲隆み 中村草田男
一刷の冬日障子にさして消ゆ 山口青邨
一度だけの波音冬日昏れにけり 桂信子 女身
一日の暖かなりし冬日落つ 上村占魚 球磨
一日吹かれし冬日江東の雲燃やす 大野林火 青水輪 昭和二十五年
一箇到来のかぼちやを愛し日日冬かな 三橋敏雄
一院の冬日の芝も一と昔 高野素十
七面鳥冬日の中にわらひけり 原石鼎 花影以後
三階に冬日花嫁の室は灯を 山口青邨
不用の語言はざる暮らし冬日あり 右城暮石 句集外 昭和十六年
世に古るは冬日くまなき嶽のみか 飯田蛇笏 家郷の霧
中辺路や冬日のなかに魚乾び 桂信子 花影
主も大工冬日ぬくめし鑿を買ふ 有馬朗人 知命
乳を滴りて母牛のあゆむ冬日かな 飯田蛇笏 霊芝
亀浮いてやれやれ冬日ひびくかな 秋元不死男
事務の部屋たばここもるに冬日太し 篠原梵 年々去来の花 皿
二なし啻平和給び給へ冬日神 石塚友二 光塵
二三尺低くなりたる冬日かな 高野素十
二三足下駄並べ売る冬日かな 村上鬼城
二梃艪の汐切りさばく冬日かな 鈴木真砂女 夏帯
五百機連らね飛ぶ冬日燦爛たり 村山故郷
亡き人の鼎に現るる冬日かな 永田耕衣 物質
人たちて椅子の冬日もいつかなし 福田蓼汀 山火
人と人の交はり冬日木伝ひに 右城暮石 句集外 昭和二十三年
人の子を抱いて句作る冬日影 西島麦南 人音
人の家辞し市電の隅にこの冬日 香西照雄 対話
人家あるところ冬日のよく当り 上村占魚
人遠く低き冬日のもとにあり 木村蕪城 一位
今は昔冬日の猫に媚びられる 佐藤鬼房
今日よりの古稀の身冬日ぐるみかな 林翔
仔を連れて冬日赤らむ豚の耳 右城暮石 散歩圏
伎藝天の片頬かそかなる冬日(秋篠寺) 細見綾子
低山を低くわたりぬ冬日輪 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
何か慌し立つは冬日のどん底に 赤尾兜子 稚年記
何ごともなかりし如く冬日あり 星野立子
何残るとなけれど冬日なつかしむ 右城暮石 句集外 昭和十九年
俳諧のものの一つの冬日かな 高野素十
候補者の冬日の微笑何またらす 伊丹三樹彦
倶利伽羅の西にまはりし冬日かな 前田普羅 能登蒼し
傾いて地蔵艶なる冬日かな 橋閒石 和栲
元興寺塔阯の冬日だまりかな 燕雀 星野麥丘人
入の家辞し市電の隅にこの冬日 香西照雄
八方のまぶしからざる冬日かな 日野草城
公園に木馬ひとりや冬日影 山口青邨
公園の木馬冬日にぬくもりて 山口青邨
公園の気に入つてゐる冬日かな 後藤比奈夫
兵児帯を探す机辺の冬日沿ひ 原裕 葦牙
冬日々に家離れゆく木々の音 飯田龍太
冬日あたるうぶ毛の中のひよめき正し 篠原梵 年々去来の花 皿
冬日あび庭にまらうど外を飴屋 富安風生
冬日うけみなかがやける子供の頭 大野林火 冬雁 昭和二十一年
冬日うすくわが帰りゆく山路あり 大野林火 早桃 太白集
冬日かげ願ひのままに濃き日かな 松本たかし
冬日が照る山容に応ふべし 中川一碧樓
冬日きし身を託したる川蒸汽 大野林火 冬青集 海門以後
冬日くさし一日離れてゐたりし子 細見綾子 雉子
冬日くさし一日離れゐたりし子 細見綾子
冬日さし居る土間の下駄の数 尾崎放哉 大正時代
冬日さし色のかげんの草の山 岡井省二 山色
冬日さす上段の間に明治帝 木村蕪城 寒泉
冬日さす古金襴の匂ひかな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
冬日さす土間ぬち牛の孕み腹 木村蕪城 寒泉
冬日さす外出用意の二階かな 中村草田男
冬日さす式台ひろき山屋敷 西島麦南 人音
冬日ざし翁面迎への伝へ言 角川源義
冬日しむ地の蕭條をふみゆけり 飯田蛇笏 家郷の霧
冬日たかく母葬る穴掘られ掘られ 大野林火 冬青集 海門以後
冬日たかし乙女らがいて琴ひく家 古沢太穂 古沢太穂句集
冬日たのしむ犬浜沙を前押しに 中村草田男
冬日づたひ産れ髪して丘づたひ 三橋敏雄
冬日とは雀の屋根を歩く音 平井照敏
冬日とは離れ難げの花時計 後藤比奈夫
冬日とろりと鵜の捨て去りし離れ礁 鷲谷七菜子 銃身
冬日と兵省線の窓にたかまり来 加藤秋邨
冬日なか塞ぎの虫の影法師 鷹羽狩行
冬日なめらか今は父母なきたしかさよ 石塚友二 光塵
冬日に干す籠に縋りて貝死なず 林翔 和紙
冬日に微笑師弟切磋は会へば足る 香西照雄 対話
冬日に手翳して子規の町一と目 後藤比奈夫
冬日に椅子を出さんと思ひし事たのし 細見綾子
冬日に追ふ吾子の大きな影法師 伊丹三樹彦
冬日に飲む人肌温の囚徒の牛乳 能村登四郎
冬日ぬくし焼跡に暫し跼みをり 石田波郷
冬日のかげ鳥屠るわざを人に見られ 三橋鷹女
冬日のごとく交り淡くぬくかりき 大野林火 雪華 昭和三十三年
冬日の中父に似し子をさびしみゐる 三橋鷹女
冬日の吾子少年少女たる日までは 石田波郷
冬日の塀に影ら争ひつづけたり 平井照敏 猫町
冬日の妻よ吾に肋骨無きのちも 石田波郷
冬日の楽河口さざ波片寄りに 鷲谷七菜子 黄炎
冬日の湖がひかり今まともに見る岡谷の煙 中川一碧樓
冬日の白布四隅展げて穢を払ふ 中村草田男
冬日の縁弾み通せり今金色 香西照雄 対話
冬日の耳朶眼なければ眼挙げず 中村草田男
冬日の艶巌に沁みゆき風遠し 鷲谷七菜子 黄炎
冬日の蜂身を舐めあかず羽づくらふ 橋本多佳子
冬日の街黒の学生窓に泣き 金子兜太
冬日の車窓に朱きあかるき耳持つ人々 篠原梵 年々去来の花 皿
冬日の鉄壁ただねんごろに鋲多く 中村草田男
冬日の髪茶色母われが伝へし 橋本多佳子
冬日は一つ幸福もまた多からず 細谷源二 砂金帯
冬日へ廻す一脚の椅子吾晩年 楠本憲吉 孤客
冬日まみれにわが悲しければ日本かなし 松崎鉄之介
冬日もとより人をなぐさむるものでなく 細谷源二 砂金帯
冬日ゆく子とわれ妻はすこし後れ 大野林火 冬青集 海門以後
冬日よぎる軽子の畚翼めき 小林康治 玄霜
冬日よりあをくイエスを描きたる 野見山朱鳥 荊冠
冬日よりグラマンの貌奔騰す 加藤秋邨
冬日より高く阿夫利嶺雲を遣る 上田五千石『琥珀』補遺
冬日わがもの屑花崗岩五彩散らす 中村草田男
冬日を頒つ友なし山を開拓す 細谷源二 砂金帯
冬日一条目ひらきてすぐ目瞑る鶏 能村登四郎
冬日一輪をりをり光あらたにす 中村草田男
冬日中牛の骨格あふれをり 岡井省二 明野
冬日中赤子は手足忘れゐる 飯田龍太
冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと 小林康治 四季貧窮
冬日仰ぐ瞼ふるへ疲れをり 松本たかし
冬日低し吾と子の間妻急がん 石田波郷
冬日低し鶏犬病者相群れて 石田波郷
冬日偏し君らに詩あり若さもあり 能村登四郎
冬日入れて家ぬち皆目瓦礫多ぞ 石塚友二 光塵
冬日凍つ紅きゑのぐは血の匂ひ 三橋鷹女
冬日去る教室の誰も黙りし時 能村登四郎
冬日向ひとり娘が出て応へ 飯田龍太
冬日向また一人来て聾児なり 廣瀬直人
冬日向乾草は流人のにほひ 飯田龍太
冬日向干草の香の仔猫たち 飯田龍太
冬日向幹の途中に蟻迷ふ 桂信子 草影
冬日向念珠胡桃の音に似たり 飯田龍太
冬日向父が遺せし母いかに 森澄雄
冬日向犬のおほきな耳を愛す 大野林火 早桃 太白集
冬日向目つむれば臥す故人見え 飯田龍太
冬日向蝋石あそびせし匂ひ 鷹羽狩行
冬日向跛あゆめり羽摶つごと 小林康治 玄霜
冬日向馬が通れば馬の匂ひ 大野林火 青水輪 昭和二十三年
冬日呆 虎陽炎の虎となる 富澤赤黄男
冬日和あなうら肉の赤さ見す 松崎鉄之介
冬日和焚火に熱りつゝ讃ふ 山口誓子
冬日和白珠のごときひとわらふ 日野草城
冬日和誓子が近くなりにけり 日野草城
冬日和道明寺糒尼が売る 能村登四郎
冬日和飽食の客然と 日野草城
冬日地に燻り犬共疾走す 西東三鬼
冬日大円地へ触れ地のものみな不具(かたは) 香西照雄
冬日宙さはに振舞ふ絵馬の猿 角川源義
冬日宙少女鼓隊に母となる日 石田波郷
冬日射いのちの端にさはりをり 日野草城
冬日射ことばが水に浮び消ゆ 鷲谷七菜子 黄炎
冬日射しぬくもる数珠は乙女のもの 山口青邨
冬日射し明石大門の全反射 山口誓子
冬日射す又あの山のあのあたり 能村登四郎
冬日射わが朝刊にあまねしや 日野草城
冬日射祖母の文字版吾子がつくる 能村登四郎
冬日小さしクレーンの鉤何も吊らず 能村登四郎
冬日崖にあり行きづまりの家を訪ふ 大野林火 冬青集 海門以後
冬日差緩りたしかなる糸の艶 能村登四郎
冬日影ありけり風に消されつゝ 日野草城
冬日影はふり火もえてけむらはず 飯田蛇笏 心像
冬日影人の生死にかかはらず 飯田蛇笏 椿花集
冬日影壁に兜の軸かかる 赤尾兜子 稚年記
冬日影怒り羅漢のをかしさよ 角川源義
冬日影楮沈めし水おほふ 篠原梵 年々去来の花 雨
冬日得てぐみ朱ければ海忘れ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
冬日得て凍魚やうやく魚くさき 岡本眸
冬日愛し子ありて「只今」てふ言葉 伊丹三樹彦
冬日手に足にねむごろ怠け者 中村草田男
冬日暮湯気立つものに寄るばかり 細見綾子 桃は八重
冬日来て芝生はつきり傾がしむ 後藤比奈夫
冬日楽園あまたの薬得て戻る 角川源義
冬日沁みてきたなからざる馬の傷 中村草田男
冬日沁む紬の肩の痩せややに 星野麥丘人
冬日没し守銭奴のごと銭つかむ 有馬朗人 母国拾遺
冬日没す庭愕然と木木立てり 星野立子
冬日没りぬと空城を降り来る 山口誓子
冬日没る曠野の駅の嘲風子 加藤秋邨
冬日没る蒙古の天の端を見き 山口誓子
冬日没る諸仏歓喜を見て立たす 山口誓子
冬日没る金剛力に鵙なけり 加藤秋邨
冬日没る金色の女体かき抱かれ 山口誓子
冬日没る金色の女体姦せられ 山口誓子
冬日浴びて色放つ方の景を描く 中村草田男
冬日浴び鳶の炯眼彫り深し 香西照雄 対話
冬日消えとほき島山に紺還る 篠原梵 年々去来の花 雨
冬日消え師の口髯も昃りけり 大野林火 早桃 太白集
冬日消え池のほとりの女消え 高野素十
冬日消ゆ乱雑の机そのままに 山口青邨
冬日淡くまだ空谷に届かずて 大野林火 早桃 太白集
冬日清潔事務放たれしテニスの脛 伊丹三樹彦
冬日満つ安達太郎の雪けむり 角川源義
冬日満てる月桂樹まで歩きだす 石田波郷
冬日溜りて野放図に土佐明るし 山口誓子
冬日濃しあらたふととぞ呟ける 相生垣瓜人 負暄
冬日濃し冬日淡しと干す瓦 後藤比奈夫
冬日炎ゆ天草乾場あらあらし 角川源義
冬日照りかげるにこころ惹かれ読む 篠原梵 年々去来の花 皿
冬日燃ゆ林間二人づつ逍遥 山口青邨
冬日燦ふるさと杉に覆はれし 右城暮石 句集外 昭和五十五年
冬日眩しむベルトコンベアの一端にて 加藤秋邨
冬日移るちりめん白地一寸織られ 橋本多佳子
冬日縁はなし一とときはずみけり 飯田蛇笏 山廬集
冬日翳こころおびゆる日を経たり 飯田蛇笏 白嶽
冬日落ちる頭の影の塵一握り 永田耕衣
冬日落つ 冬日の中の 鶴の貌 富澤赤黄男
冬日落つたゆたふ靄の中に燃え 高浜年尾
冬日落つまこと梢の鴉島 河東碧梧桐
冬日落つ幼なき児等の呼び声に 右城暮石 句集外 昭和三十三年
冬日薄し船は傾きつゝ走る 村山故郷
冬日見え鴉かたまり首伸ばす 西東三鬼
冬日見て薬に睡る海の上 飯田龍太
冬日負ひて振向く既往みな明らか 中村草田男
冬日貴し日暮れて蒼暗の街角街路 金子兜太
冬日踏む宗祗の碑より十歩ほど(箱根早雲寺宗祇の碑、裏山に墓あり) 細見綾子
冬日蹴るくびれのふかき勁き足 篠原梵 年々去来の花 皿
冬日輪従二位の杉に謐もれり 飯島晴子
冬日輪没りたるのちの茜雲 桂信子「草影」以後
冬日透き藻の色に浮く金魚の屍 角川源義
冬日透る子の駈けぼこり学強ひねば 香西照雄 対話
冬日遅々仔馬が牛の角なめて 中村草田男
冬日野を染めつつ松を聳えしむ 三橋鷹女
冬日閑々とおもきみどりの油垂れ 富澤赤黄男
刈り伏せを踏めば音たて冬日和 鷹羽狩行
削る度冬日は板に新しや 香西照雄 対話
劫初より冬日うつろふ宙のみち 飯田蛇笏 家郷の霧
化粧成り女冬日に立ちいづる 波多野爽波 鋪道の花
北壁は雪南壁は冬日向 安住敦
北魏三尊冬日たひらに受けたまふ 鷲谷七菜子 一盞
十字切る別の我あり冬日射 阿波野青畝
十字街墓窖ここに冬日影 飯田蛇笏 山響集
千代田城げに太極の冬日かな 飯田蛇笏 春蘭
千曲川奈落に冬日照りにけり 阿波野青畝
午すぎて射しし冬日の厩戸に 能村登四郎
午前の冬日午後の冬日や飢深し 中村草田男
卒然と冬日が燃ゆる窓の向き 右城暮石 句集外 昭和二十二年
卓に冬日 レモン一個が漂着めき 伊丹三樹彦
南に冬日日ねもす北蒼し 中村草田男
南に没る冬日を見ずや行人裡 石田波郷
南の国の冬日の羨し 高野素十
原爆図真の冬日か野にあるは 加藤秋邨
厠穴きよらに蓋し冬日載る 能村登四郎
双の耳張りてさかしげ冬日の牛 大野林火 冬雁 昭和二十一年
古*えりに冬日は情を尽しきる 能村登四郎
古いもの見ずや柱に冬日かげ 凉菟
古墳出て煌々と副ふ冬日かな 角川源義
古沼の鯉釣り上げし冬日かな 村山故郷
名ばかりの薬草園の冬日かな 橋閒石 微光
吾が佇てば墓石傾ぎ来冬日の中 石塚友二 光塵
吾子生まる冬日幽かの妻を覗く 石川桂郎 含羞
善男に善女に冬日知恩院 高野素十
喪のバスの後部空席冬日射し 岡本眸
喪の冬日が襲い機翼を刃としぬ 楠本憲吉 孤客
噴火口のぞく片頬冬日が染む 鈴木真砂女 夕螢
噺家に似るといはれて冬日暮 平井照敏
囚われの虎斑 豹紋 冬日あつめ 伊丹三樹彦
国分寺跡の冬日のかくれなし 細見綾子
国愛しむまことに松の冬日かな 石塚友二 方寸虚実
國愛しむまことに松の冬日かな 「方寸虚実」石塚友二
土に描いて遊ぶ子に冬日なお残る 荻原井泉水
土に音ありて駭く冬日かな 右城暮石 句集外 昭和十五年
土は土に隠れて深し冬日向 三橋敏雄
坂に見て冬日真赤な操車場 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
垣のうち冬日通るを固唾のみ 岸田稚魚 筍流し
垣へだてとなりの庭も冬日の菜 篠原梵 年々去来の花 雨
埋めたる穴の表面の冬日 橋閒石 無刻
埋火の如くに冬日懸りをり 上野泰
城壁にあれば冬日が野に落つる 長谷川素逝 砲車
塔のあと大石存す冬日南 村山故郷
塔美し冬日彫心鏤骨かな 後藤比奈夫
塩田の上の冬日の頼母しき 高野素十
塩田句碑冬日ちりばむ時に来て 細見綾子
塩買ふや紫がかる冬日暮 細見綾子
塵の中落ちゆく冬日裏見せて 岸田稚魚 雁渡し
塵穴に燐寸一本冬日和 後藤夜半 底紅
境内の冬日を追うて遊ぶ子等 松本たかし
墓どれも膝抱く低さ冬日射 岡本眸
墓掘りに山また山の冬日和 廣瀬直人 帰路
墨する手いつか休めて冬日見る 星野立子
墾田(はりた)殖え墓殖え冬日あまねきのみ 香西照雄
墾田殖へ墓殖へ冬日あまねきのみ 香西照雄 対話
売る本の重さ冬日の中に佇つ 飴山實 おりいぶ
夏柑のかがやくは濃し冬日より 山口青邨
外房や冬日を連れの浦づたひ 上田五千石『田園』補遺
外泊二日冬日貧しき街ゆくも 角川源義
多摩一すじ冬日に展け光なす 古沢太穂 古沢太穂句集
多胡の碑の冬日まみれに分厚かり 松崎鉄之介
夜もぐるぐる廻る童画の冬日輪 右城暮石 句集外 昭和三十五年
夢華やぎ覚めぬ冬日は靄いでず 野澤節子 未明音
大佛の冬日は山に移りけり 星野立子
大和国原冬日が額にあつまりぬ 細見綾子
大塔宮覚園寺道冬日燦 石塚友二 曠日
大木の幹に影あり冬日濃し 上村占魚 鮎
大阪市ぬくもりがほの冬日かな 日野草城
天の冬日烈風の富士に炎え熄まず 渡邊水巴 富士
天一物も与ふなきこの冬日影 飯田蛇笏 椿花集
天日の徹る冬日の山泉 飯田蛇笏 家郷の霧
天照や梅に椿に冬日和 鬼貫
女同士の会釈冬日が髪にしむ 松崎鉄之介
女等は宙の冬日を大切に 飯田龍太
女衒めく松籟を背に冬日向 楠本憲吉 方壺集
娘の部屋に冬日あまねし 嫁がせねば 楠本憲吉 方壺集
嫁ぐ娘に冬日濃きさへ面映ゆく 後藤比奈夫
子と坐すや窓の形の冬日向 草間時彦 中年
子と母に冬日こぼるる燦々と 三橋鷹女
子の後を烏が歩く冬日向 石川桂郎 含羞
子を守るといふは冬日と遊ぶこと 後藤比奈夫
子を抱いていのち使はぬ冬日向 飯田龍太
子を褒むる言葉匂はす冬日の卓 林翔 和紙
実の藤に冬日うららの潮音寺 上田五千石『琥珀』補遺
実紫ちりばめたるが冬日にて 岡井省二 鹿野
家をさる柩のはやき冬日かな 飯田蛇笏 春蘭
家を去る柩のはやき冬日かな 飯田蛇笏 心像
家族ゐぬとき冬日の忍び寄る 百合山羽公 故園
寄り合うて犬・猫・吾の冬日南 右城暮石 句集外 昭和三十六年
富士茜真紅の冬日しづみければ 篠原梵 年々去来の花 雨
寐返れど半身いつも冬日享く 篠原梵 年々去来の花 雨
寒竹や直には射さぬ冬日影 日野草城
寺の畑冬日さら~さら~と 岸田稚魚 筍流し
寺建る僧のかり居や冬日なた 鈴木道彦
小さきコーヒー店あり冬日満つ(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
小さき竜骨組めり冬日の椿湾 能村登四郎
小火事騒ぎありていよいよ冬日和 岡本眸
少し曲つて住み良ささうな冬日路地 岡本眸
屈葬の過去も冬日を母として 有馬朗人 母国
山の冬日射しきて鉢の中に開く 中村草田男
山の端にころがる冬日忌を修す 岸田稚魚 筍流し
山を背に冬日満喫この家も 高田風人子
山中に菌からびぬ冬日輪 野澤節子 鳳蝶
山国や夢のやうなる冬日和 阿波野青畝
山泉冬日くまなくさしにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
山畑に何もなくなる冬日かな 松本たかし
山登る常に眉間にある冬日 福田蓼汀 山火
山肌の濃紫なる冬日かな 石橋秀野
山路見ゆ滝川ごしの冬日和 飯田蛇笏 飯田蛇笏
岩山に冬日的*れき友の婚 木村蕪城 寒泉
島山は冬日にただれ溶鉱炉 山口青邨
川ぞひの竹あからむや冬日和 卓池
川白し笑ひ惜しまぬ冬日向 飯田龍太
巡拝の心厳しや冬日和 高浜年尾
左眼閉づれば右眼の冬日忽と消ゆ 安住敦
巨き漢の喰む貝掘るや冬日の座 角川源義
市人や冬日に翳す札の束 石塚友二 磯風
希望は褪せぬ冬日にかざす痰コツプ 石田波郷
師よりの金妻よりの金冬日満つ 石田波郷
帰心うるめば飴いろの冬日さす 飯田龍太
常盤木の葉のてらてらと冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
幕ひけば句碑に冬日のいきづける 阿波野青畝
干されても鰺の背蒼き冬日かな 鈴木真砂女 夏帯
幹々に注ぐ冬日の滋しみ 上田五千石『天路』補遺
床低きショーウィンドウに冬日溜る 中村草田男
庭にも無し背高き母の冬日の影 中村草田男
建ち了る家新鮮に冬日和 日野草城
弟つれ髪刈ってきて冬日の中 古沢太穂 古沢太穂句集
影落して木精あそべる冬日かな 渡邊水巴 白日
後ろ手に冬日ちらりと友老いぬ 林翔
御手洗の点滴芝に冬日澄む 大野林火 早桃 太白集
御錠のその辺冬日残りをり 清崎敏郎
忌中札冬日あたればなほ白き 大野林火 海門 昭和七年
念力の通はざるなし冬日宙 桂信子「草影」以後
悔ゆる身を忘ぜんとする冬日かな 飯田蛇笏 雪峡
悔持ちてありや冬日の旧教徒 大野林火 海門 昭和十四年
惜しみなく冬日も暄を頒つべし 相生垣瓜人 明治草
惜命の杖に裾濃の冬日射す 石田波郷
愛されし墓に冬日のあからさま 石田勝彦 百千
愛銃を冬日あかるき木にもたせ 百合山羽公 故園
我が家の冬日翳らす宣伝機 右城暮石 句集外 昭和五十一年
我が浴ぶる冬日の質や又量や 相生垣瓜人 負暄
我が額に山国甲斐の冬日あり 清崎敏郎
我の行くところ冬日の美しき 高野素十
戦記なれば殺の字多き冬日向 中村草田男
戻りくれば机辺なづみし冬日消ゆ 能村登四郎
手を洗ふことが手休め冬日鵙 上田五千石『森林』補遺
手配師に堰かれし数や冬日差 石川桂郎 高蘆
投薬を待つ間の冬日子と眺め 安住敦
拍手の二つひゞきし冬日かな 高野素十
招提の冬日来れば命惜しきかな 細見綾子 桃は八重
括られてざんばら桑のその冬日 石塚友二 磊[カイ]集
指先を父祖まろびいづ冬日ざし 永田耕衣
捨て捨てし塵の五色の冬日かな 松本たかし
揉まれたる温泉にとゞかざる冬日かな 清崎敏郎
換気筒のみがまはれり冬日の中 加藤秋邨
擱坐せし如大冬日滞り 上野泰
故郷とは硫黄でぬめる冬日和 佐藤鬼房
教会のメタセコイアの冬日かな 雨滴集 星野麥丘人
新聞に冬日あまねく標題(みだし)残せる 篠原梵 年々去来の花 皿
施設へ運ぶ荷 老眼鏡に冬日を溜め 伊丹三樹彦
旅の友と旅に出て冬日大いなる 渡邊水巴 富士
旋盤の削屑(きりこ)へ冬日縞目なす 佐藤鬼房
日ひと日と命になづむ冬日かな 飯田蛇笏 家郷の霧
明石潟加茂本阿弥も冬日向 星野麥丘人
春に似て心うるはし冬日和 鬼貫
昨日よりもをとゝひよりも冬日和 星野立子
時の羽風冬日輪のゆるるさま 飯田蛇笏 家郷の霧
暮てから町はくおとや冬日和 卓池
暮天の冬日掴み来たれよかじかむ子 細谷源二 砂金帯
書庫の塵冬日親しくなりにけり 飯田蛇笏 椿花集
月よりもさびし山田にさす冬日 鈴木道彦
朝の間の冬日親しや越に住み 高浜年尾
朝ひげを剃りていちにち冬日和 日野草城
朝粥に冬日杉箸匂ふかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
朦朧と冬日の鳥になりすます 佐藤鬼房
木の肌や冬日すれずれ木の温み 高屋窓秋
木場ところどころ冬日の残りをり 津田清子
木曽人や今日の冬日に為し置くこと 松本たかし
本の幹に消えし冬日がいま畦に 飯田龍太
机上やや乱れてよりの冬日親し 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
朽木彫る男 冬日の奥の奥 伊丹三樹彦
杉山の梳き目こまかき冬日影 能村登四郎
来迎図あはれ冬日の射しながら 伊丹三樹彦
杭のごとく冬日の面に人立てり 加藤秋邨
杭より影の細りて冬日和 清崎敏郎
東山眠れり冬日昭々と 日野草城
松のひびき幽かに凍てし冬日かな 村山故郷
松の上冬日燦然として動かず 水原秋櫻子 蘆刈
松山に無人の冬日なまめきて 飯田龍太
林相をととのへ冬日深許す 上田五千石『風景』補遺
柞木の瘤の冬日に立話 岡井省二 鹿野
栄あるごとし冬日の喪服一家族 草間時彦 中年
校門前の冬日のポストヘ町娘 中村草田男
梅林の冬日素通しなる明るさ(奥多摩吉野梅林) 細見綾子
棕梠竹にケビンの冬日溢れたる 山口青邨
棕櫚の辺の冬日の欄干港町 木村蕪城 寒泉
棺の上冬日は雲にこもらへる 大野林火 海門 昭和十三年
椋鳥がかこめばくるふ冬日かな 加藤秋邨
楽団の大き旅嚢に優(やさ)冬日 秋元不死男
横枕小路乃木家に冬日落つ 林翔
機影去り直視為し得る冬日あり 中村草田男
機械光る冬日天窓よりことごとく 大野林火 早桃 太白集
櫟生の冬日を知るも欷歔のあと 能村登四郎
歓喜仏眼を瞋しぬ冬日没り 山口誓子
此坂のいただきの冬日射す町へ 中村草田男
此島の頭上の冬日信ぜばや 中村草田男
歩を返しそびらに受くる冬日かな 日野草城
歩幅にも冬日のやさしさの見ゆる 後藤比奈夫
死や生や冬日のベルト止むときなし 加藤秋邨
死装束冬日に干して老いゆく母 野見山朱鳥 運命
母の忌のこの日の冬日なつかしむ 高野素十
母の衣たたむ冬日に母を撫づるごと 野澤節子 未明音
母恋ひや冬日の薄み地の肌に 高屋窓秋
母逝きぬ冬日に幾顆飴遺し 能村登四郎
水上は冬日たまりて暖かし 前田普羅 飛騨紬
水口の止板にある冬日かな 岡井省二 山色
水底にとどく冬日のこころかな 後藤比奈夫
水底に冬日ちらつくそこに憩ふ 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
水族館員魚の目をして冬日浴ぶ 伊藤白潮
水汲女冬日を桶にをどらせて 能村登四郎
水瓶をさげて冬日へ一歩かも 細見綾子
水脈曳きて水脈のなか航く冬日和 鷹羽狩行
氷挽ききっていきれる冬日の鋸 古沢太穂 古沢太穂句集
永く居て薄き冬日にあたたまる 中村草田男
汐木拾へば磯べに冬日したゝれり 原石鼎 花影
汐汲みの汐こぼしゆく冬日かな 鈴木真砂女 生簀籠
汝よ汝の葬式に行く冬日低く 中村草田男
河原冬日子より眠しや子守歌 古沢太穂 古沢太穂句集
河尻の冬日を財と見つつ過ぐ 角川源義
油垢しむ櫛筥に冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
泊船に冬日とどまる術のなし 飯田蛇笏 家郷の霧
流木の裂目ふかきに冬日沁む 能村登四郎
浪子不動冬日の幸を身の芯に 角川源義
海へ没る冬日なれば斯く淡むまで 中村草田男
海もいま青からむ葱にこの冬日 大野林火 青水輪 昭和二十六年
海中の碑の肩に溜む冬日かな 角川源義
海女の家に冬日炎え来て犬眠る 角川源義
海港のうすき冬日を扉に受くる 大野林火 海門 昭和十三年
海見えてセメント練りに冬日差 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
海鳴りが死者にも聞こえ冬日さす 佐藤鬼房
海鳴りのもみくだきをり冬日向 平井照敏 天上大風
淙々と谷の真近き冬日向 廣瀬直人
淡々と冬日は波を渡りけり 稲畑汀子
深き冬日吏の小幸をあたためて 飯田龍太
深山の梢の冬日に死神ゆく 飯田龍太
添伏しの陽気な死神冬日の浜 西東三鬼
渡船場の冬日溜りも余震中 岡本眸
温泉煙の中に冬日のさし入りて 清崎敏郎
温至のまうへに白き冬日かな 山口青邨
湯煙をまぶしみ冬日かかりをり 清崎敏郎
満身の冬日忘れてゐたりけり 岡本眸
潮引きて倉庫無惨の冬日かな 藤田湘子 途上
潮騒やぶちまけし藍に冬日照る 渡邊水巴 白日
濁る冬日土手に鴉をつどはしむ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
濃き冬日来ては手伝ふ羽づくろひ 後藤比奈夫
濃すぎると思ふ冬日を逃れられず 後藤比奈夫
濠の禽と兵にあらざる冬日の民 飯田龍太
火山灰散つてくるおほぞらの冬日かな 鷲谷七菜子 游影
炭置けば冬日はなやぐことしばし 右城暮石 句集外 昭和十五年
焼跡の幾日冬日燃えざるや 石田波郷
煙草喫ふゆとり冬日の落つるまで 大野林火 早桃 太白集
煤煙流音あり館上冬日得て 中村草田男
熔岩海に伸びて火の島冬日和 高浜年尾
燈台の冬日の白扉内へ開く 中村草田男
爆痕に鳩があそべり冬日さす 加藤秋邨
爆痕より凧を冬日にあげてをり 加藤秋邨
爪先に力を入れて冬日歩く 細見綾子
爪先へ力を入れて冬日歩く 細見綾子 桃は八重
父の死顔そこを冬日の白レグホン 森澄雄
父情一片冬日きらめく湖の沖 鷲谷七菜子 銃身
片岸に丸太を浮べ冬日燃ゆ 佐藤鬼房
牛が鳴く冬日に過去を呼ぶ如く 有馬朗人 母国
物書く手あたためくれぬ冬日差 大野林火 冬雁 昭和二十二年
物蔭の冬日は誰も忘れゐぬ 加藤秋邨
犬と戯れ冬日まみれの身となれり 大野林火 雪華 昭和三十三年
猟人赤く駈くる一瞬没る冬日 伊丹三樹彦
献上のさま一枚の冬日向 鷹羽狩行
猿橋の虚空にかかり冬日澄む 松本たかし
獄出でしや曇り日一点の冬日ほのか 古沢太穂 古沢太穂句集
獣屋に冬日束の間爪かけて 飯田蛇笏 家郷の霧
獣屋を午前十時とす冬日輪 飯田蛇笏 雪峡
獣骨にたどりつく波炎える冬日 佐藤鬼房
玉砂利や塵ひとつなき冬日影 石川桂郎 高蘆
琴糸の鬱金冬日の中にながれ 能村登四郎
生徒騒がせ冬日の心燃えずをり 林翔 和紙
田のへりに藁ばかま洒れ冬日かな 原石鼎 花影以後
田子の老冬日はげしく股を貫く 飯田蛇笏 家郷の霧
男鹿も果刳り舟を撫で冬日を撫づ 能村登四郎
畑ひらく冬日表や国境 右城暮石 句集外 昭和十年
留守居子の頭を撫で冬日道戻る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
疎林透きずしりずしりと冬日陥つ 林翔
病む波郷われは道化て冬日中 石川桂郎 含羞
病室に海驢眺める冬日和 飯田龍太
病棟や冬日全き青椿 村山故郷
病者痩せ野良猫ふとり冬日享く 角川源義
病閑の熱き冬日に羽織垂れ 飯田龍太
瘤大木冬日疲れて枝に寄る 角川源義
発車ベルまだ鳴りつゞけ冬日和 星野立子
白からず冬日溜りの家鴨・山羊 鷹羽狩行
白き冬日枝垂桜の中にあり 山口青邨
白といふさびしさ冬日の下着売 岡本眸
白となり黒となり鳩冬日翔く 右城暮石 句集外 昭和四十三年
白墨の埃冬日の窓開くる 波多野爽波 鋪道の花
白焔に冬日の玉の隠れ燃ゆ 松本たかし
白焔の縁の緑や冬日燃ゆ 松本たかし
白粥の老人冬日たゆたひて 松村蒼石 雪
百花園冬日衰へゆきにけり 上野泰 春潮
皆晩年冬日黄なるに撮られけり 大野林火 雪華 昭和三十六年
目つむればまぶたにぬくき冬日かな 中村汀女
目を閉ぢて白猫となる冬日向 鷹羽狩行
直面一瞬「ゆるし給はれ」冬日の顔々 中村草田男
眠りいつまで貝塚に侍し冬日の犬 佐藤鬼房
瞑りたる瞼に冬日覚えけり 清崎敏郎
矢が走り即ち冬日走るなり 上野泰
石像の凹む眼の中冬日射す 右城暮石 句集外 昭和三十一年
石階を踏みて冬日に近づきぬ 後藤夜半 底紅
砂利採りの背が吸う冬日荒れた河原 飴山實 おりいぶ
硝子厠午後の冬日はむしろ惨 能村登四郎
碧潭をうつせし水に冬日影 右城暮石 句集外 昭和十一年
磐石の重なり合へる冬日かな 高野素十
磨かせる靴の尖りにある冬日 橋閒石 雪
磨かれて冬日まぶしむ杉丸太 清崎敏郎
磨崖仏冬日翳れば顔消えて 津田清子
祖母亡へる幼子に冬日向 飯田龍太
神さまのお膝ださうな冬日向 平井照敏
神の橋かがやくばかり冬日和 山口青邨
神松や稲も荒穂の冬日和 鬼貫
禅房の時じく簾冬日絶つ 上田五千石『琥珀』補遺
秒針は愛し冬日を微塵にす 橋閒石 雪
稀に来る鵯も翼に冬日抱く 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
稲干のもゝ手はたらく冬日かな 北枝
穂芒は冬日の亡者白亡者 山口誓子
空港の青き冬日に人あゆむ 西東三鬼
空瓶と老いし盲の冬日向 中村草田男
立ち去るや冬日と貝を掌につつみ 角川源義
立枯の大枝しかと冬日の座 鷲谷七菜子 銃身
童らに山垣おそき冬日あぐ 渡邊白泉
竹の秀にありし冬日もすぐ消えし 安住敦
竹立てて*どを沈めたり冬日影 山口青邨
笑ひ声冬日の鉄路汝居ぬ世 中村草田男
簀の葭の一すぢ一すぢ冬日沁む 林翔 和紙
粗雑な生よ冬日に晒す川の底 上田五千石『田園』補遺
糞まる猫捨鉱山に冬日沁み 岸田稚魚 負け犬
紅玉の冬日懸れるゴルフ網 山口誓子
終の栖の冬日やぬくし人の語も 弟子 星野麥丘人
絨毯のあしおと吸うて冬日影 飯田蛇笏 春蘭
網つくろひ筵布団に冬日溜め 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
緑金に見よや冬日のゆらぎ燃ゆ 松本たかし
編笠に須臾の冬日の燃えにけり 石橋秀野
編隊機冬日の國土挙げ移る 飯田蛇笏 山響集
縁は無し冬日珠なす晩年など 安住敦
群鴎港を退る冬日追ふ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
翅をもつもの歩ませて冬日向 鷹羽狩行
老体を玉にしてみむ冬日和 斎藤玄 狩眼
老猫の大きな顔に冬日かな 阿波野青畝
考えるための仕草の 冬日向 伊丹三樹彦
考へる老虎とあるく冬日かな 高屋窓秋
而して後藤新平像冬日蔭 山口青邨
耳病めば冬日かゞやきわたるかな 右城暮石 声と声
聖人像の誰も吾見ず冬日澄む 上田五千石『天路』補遺
聖雄と*くわうの木椅子に冬日向 飯田蛇笏 家郷の霧
職を追ふ呆け赤靴冬日沁む 小林康治 玄霜
職甘き壁に冬日のとろりと燃ゆ 飯田龍太
肩の手も冬日もぬくし木挽唄 中村苑子
胸も頬も油まみれの冬日落つ 加藤秋邨
胸像に記憶冬日に記憶かな 後藤比奈夫
能登人来ひざを正して冬日の礼(福久清一さん来る) 細見綾子
脳中にしみこむ冬日光りの巣 金子兜太
船よせて漁る岸の冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
船溜り猫が冬日を浴びにくる 飴山實 句集外
船窓の冬日消え佐渡はまだ遠し 村山故郷
芝のやさしさは冬日が来てきめる 後藤比奈夫
芝傾ぐ角度冬日の来る角度 後藤比奈夫
花の香の病間に隣る冬日向 飯田龍太
若き仲仕の昼餉冬日の崖を背に 佐藤鬼房
若き日のオリーブが笑む冬日影 佐藤鬼房
草雲の冬日の旧廬保存会 高野素十
荊冠に冬日一閃射してやむ 山口誓子
荒すきの畝にひだるい冬日置く 佐藤鬼房
荒滝の虹まぼろしとなる冬日 鷲谷七菜子 銃身
菊状に一処一時の冬日向 斎藤玄 狩眼
著けたまふ淡き冬日の色のもの 相生垣瓜人 微茫集
葡萄酒や沈む冬日は野にゆだね 橋閒石 朱明
蔵王権現山裾こがす冬日かな 角川源義
蕎麦寺にはじめて参る冬日かな 村山故郷
藪の湯の大藪のその冬日かな 石塚友二 玉縄抄
藪の端を染むる冬日の仄かにも 飯田蛇笏 椿花集
虎御前は美しき人冬日さす 山口青邨
虎生きて冬日に眠る虎斑濃し 右城暮石 句集外 昭和二十六年
蜂蜜の糸たれたたむ冬日中 中村草田男
蜂飛べり冬日輪を上下して 右城暮石 声と声
蝶も蜂も舞ふよ小さき冬日向 山口青邨
血曼陀羅冬日に燃ゆる仏あり 加藤秋邨
行く馬の背の冬日差はこばるる 中村草田男
行軍兵冬日に背きゆくばかり 加藤秋邨
裏側の冬日溜も花時計 後藤比奈夫
西風つよし冬日に青む避難港 大野林火 雪華 昭和三十四年
見下してゐる間に冬日移る街 波多野爽波 鋪道の花
観音へ冬日昃りし人通り 清崎敏郎
言無き夫と冬日の枳殻垣長し 細見綾子
讃美歌やくちびるのみな冬日射 藤田湘子
谷の冬日向日向に墓据ゑて 鷲谷七菜子 花寂び
谷の家の冬日ヘ掃き出す埃見ゆ 中村草田男
豊頬に冬日の翳をいなしつつ 中村草田男
赤き岬鵜の沖岩を冬日護る 中村草田男
赤に黄に燃ゆる冬日よ片頬だけ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
赤松のはづれの幹の冬日かな 大野林火 冬雁 昭和二十一年
赤門の下に汐さす冬日かな 河東碧梧桐
足萎えの歩ける冬日燦として 右城暮石 句集外 昭和二十三年
踏み入りて樹々の冬日に雲脂落す 伊丹三樹彦
身を縛りゐる架線夫に冬日燦 伊丹三樹彦
軍手売る冬日やたらに埃浮き 岡本眸
迫戸過ぎて水脈を拡ぐる冬日和 山口誓子
遍路笠裏に冬日の砂の照り 橋本多佳子
道の辺や冬日にぬくむ塚の膚 小林康治 玄霜
道元元元(もともと)冬日親鸞も亦また 永田耕衣 人生
道現れて竹は冬日にさやぎけり 石橋秀野
遠き冬日よわが青春のチエホフよ 石塚友二 曠日
遠き岬ありあり見ゆる冬日かな 鈴木真砂女 夏帯
遺書父になし母になし冬日向 飯田龍太
遺身の香女帯の長さ冬日に巻く 橋本多佳子
避難船冬日を得ては濤なだめ 岡本眸
那須五峰冬日に黒さつらねけり 渡邊水巴 富士
那須嶽に冬日栄えて雲遊ぶ 村山故郷
都心やや離れ冬日の塀洗ふ 木村蕪城 寒泉
野の下に冬日のみどり芽ばえつゝ 高屋窓秋
野ゆく子に余所なる冬日暮れにけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
野水迅く耕土冬日を逝かしむる 飯田蛇笏 家郷の霧
金絲猴ほどの冬日に染まりをり 岡井省二 猩々
金色を冬日はぐくみゐたりけり 松崎鉄之介
金輪際影曳くめしひ冬日向 飯田蛇笏 家郷の霧
金輪際牛の笑はぬ冬日かな 飯田蛇笏 家郷の霧
金鑛を獲んと僧ゆく冬日かな 飯田蛇笏 家郷の霧
金魚田に冬日みごもり海の音 角川源義
鈴懸の冬日の影の二階まで 亭午 星野麥丘人
鈴生りの柿の冬日となりゐたる 石塚友二 玉縄抄
鉄を下し冬日の馬に水やりいる 古沢太穂 古沢太穂句集
鉄橋に水ゆたかなる冬日和 飯田蛇笏 雪峡
鉈の刃をむけて冬日の光りけり 百合山羽公 故園
鋭くて冬日狂はぬ山畑 飯田龍太
鋳掛の釜をかざして冬日さぐりあてぬ 加藤秋邨
鋳物場に馬も鉄色冬日和 伊丹三樹彦
鋼けづるバイトきらめき冬日白し 大野林火 早桃 太白集
鎌倉の谷戸の冬日を恋ひ歩く 星野立子
鎖骨よりかまきり生れ来る気配 鬼貫
鐙摺の人車に堰かれ冬日落つ 角川源義
門限の正しき寺を冬日去る 阿波野青畝
開拓者には冬日より綱垂れむ 平畑静塔
闇市の混沌として冬日和 日野草城
陶工の一家に冬日柔かに 高野素十
陸橋の風のむかうにある冬日 富澤赤黄男
隠れ岩冬日もつとも永かりき 齋藤玄 飛雪
雑踏を抜けて冬日の白々し 橋閒石 雪
雪の御所玉のごとゆく冬日かな 角川源義
雪雲の縁を色どる冬日かな 正岡子規 冬の日
雲にのる冬日をみたり仏山忌 飯田蛇笏 山廬集
雲の裏こそばゆくして冬日過ぐ 能村登四郎
雲厚く大川ンに乗る冬日かな 松村蒼石 寒鶯抄
電話来る君閑な人冬日和 星野立子
青みかんに冬日のやうな日ざし哉 右城暮石 句集外 昭和十一年
青年翔たせて羽音のつよき冬日の鳩 古沢太穂 火雲
頂は見えぬ赤松冬日沁む 石田波郷
順の墓湖南の墓や冬日燻ゆ 星野麥丘人
頬杖つき思ふノートルダムの冬日 山口青邨
頸の根の鳰の赤毛の冬日差 松崎鉄之介
頼朝の朝の真下の冬日かな 石塚友二 曠日
飴ねぶり大き冬日を背に負ふも 三橋鷹女
首枷に刻きざまれて冬日退く 角川源義
馬目樫の木もやまもゝの木も冬日 高野素十
骨屑のごとき冬日や黒怒濤 斎藤玄 狩眼
髪亜麻いろ少女等の列冬日に出でぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
髭剃つて顔晏如たり冬日影 飯田蛇笏 霊芝
魂しづむ冬日の墓地を通るかな 飯田蛇笏 雪峡
鳥かげの冬日溜りに眠る土器 佐藤鬼房
鳥影もなく蔵王冬日に照られをり 角川源義
鳩の群旋りつつ冬日の光となる 篠原梵 年々去来の花 皿
鳰のこゑ湧き起り冬日野に小さし 三橋鷹女
鴉行く沖の冬日の覚えかな 齋藤玄 飛雪
鵙の贄見しより冬日怖れけり 後藤比奈夫
鵙低くあさるルオーの冬日輪 右城暮石 句集外 昭和三十年
鵜は舟に鴉は山に冬日かな 飯田蛇笏 霊芝
鵜を乗せて冬日の礁走り出せ 佐藤鬼房
鷹とんで冬日あまねし龍ケ嶽 前田普羅 普羅句集
鹿の中鹿ひた急ぐ冬日かな 岸田稚魚 筍流し
麗子像燃え立つ冬日屋根より受く 松崎鉄之介
黄檗の冬日しんかんたる石廊 加藤秋邨
黒猫の双眼冬日にそむきたる 中村草田男
鼠一匹捨つれば冬日落ちゆけり 飴山實 おりいぶ

以上

by 575fudemakase | 2017-01-22 05:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26574378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング