冬霧 の俳句

冬霧 の俳句

冬の霧

例句を挙げる。

ひそひそと肉親の寄る冬の霧 猪俣千代子 秘 色
みやま木のこずゑの禽や冬の霧 飯田蛇笏
冬の霧ある夜の大地親しけれ 原石 花影以後
冬の霧こゑあげて扉に手をかけぬ 石原八束 空の渚
冬の霧もの言はぬ群遠ざかる 小池文子 巴里蕭条
冬の霧もやひ結びのあたりより 保坂敏子
冬の霧アルミの如き日かかれり 松崎鉄之介
冬の霧舟に嬰児のこゑおこる 加藤楸邨
冬の霧言葉の枝葉さやぎくる 原裕 青垣
友来る一灯を包む冬の霧 沢木欣一
寄席を出し目鼻に寄るや冬の霧 石田波郷
廊下にも一夜たちこめ冬の霧 原石鼎 花影以後
月光のしみる家郷の冬の霧 飯田蛇笏
深山木のこずゑの禽や冬の霧 飯田蛇笏 霊芝
灯が消えてしまへばただの冬の霧 岡鋭一
白を失ふ鶏のだんまり冬の霧 星野沙一
美作や田の面をのぼる冬の霧 大谷あさ子
路次ふかく英霊還り冬の霧 大野林火
鍬入れて信濃に早き冬の霧 宮川正子
馬の擦傷医すべく湧きぬ冬の霧 磯貝碧蹄館 握手
ちちははを容れ冬霧の軋みだす 山口 剛
スモッグから登る秋の旭六階層 赤城さかえ
スモッグに包まれステンドグラスの眠り 八木三日女 落葉期
スモッグの底キャデラックは深海魚 山下大杉
スモッグの黄昏 洋装店で撥ねるピン 伊丹公子
スモッグを毒霞とも呼ばんとす 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
スモッグ満ちて点りはじめる深海魚 五島高資
万歳の顔に紐垂る煙霧都市 小川双々子
冬霧があんまに揉まれ巨樹となる 四ッ谷 龍
冬霧にぼう~としてリスの尾よ 高橋馬相 秋山越
冬霧に睫毛濡れゆく見舞妻 石田あき子 見舞籠
冬霧に短かい階段とび降りる 横山白虹
冬霧のおりる山墓すでに濡れ 木村蕪城 寒泉
冬霧のかゝる上野や出初式 富安風生
冬霧のしみらに古瀬ながれけり 飯田蛇笏 春蘭
冬霧のはれゆく墓の減りもせず 石田波郷
冬霧の夜のなげきとはなりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
冬霧の奥デューラーの陽が棲めり 楠本憲吉
冬霧の日輪仰ぐたび歪む 辻 帰帆
冬霧の晴れゆく墓の減りもせず 石田波郷
冬霧の涯の彼方の貌ひとつ 石塚友二
冬霧の深夜月あり血のごとし 加藤楸邨
冬霧の灯に降り放送料費ふ 長谷川かな女
冬霧の鷲の白きを母郷とす 橋本鶏二
冬霧やここらにありき数寄屋橋 近藤一鴻
冬霧やしづかに移る朝の刻 谷野予志
冬霧やキュツキュツとふえる鴎 新間絢子
冬霧や四条を渡る楽屋人 中村吉右衛門
冬霧や死をさしてゆく道の上 赤尾兜子
冬霧や漁人の笠の古るびやう 飯田蛇笏 山廬集
冬霧や漁船離れぬ群かもめ 葉狩てる子
冬霧ゆく船笛やわが在るところ 橋本多佳子
冬霧をゆきて祈りぬ呟きぬ 堀口星眠 営巣期
冬霧を駆けりきて灯に大息つく 大橋櫻坡子 雨月
大阪に来し甲斐ありき冬煙霧 右城暮石 上下
失ふや冬霧の濃さやはらかさ 油布五線
山よりも冬霧街にしたしめり 神崎聖徳
山中の炊煙霧が濃くて失す 及川貞 夕焼
水爆止めよ被爆の船を都心煙霧の端に置く 橋本夢道 無類の妻
汝が魂よ冬霧すさぶ寄生木よ 堀口星眠 営巣期
浅草や冬霧胸にあふれくる 石田波郷
煙霧の汀腰紐のような手紙書く 八木三日女 落葉期
煙霧濃き聖樹担がれビルに入る 殿村莵絲子 牡 丹
琵琶の帆に煙霧も末の四月かな 飯田蛇笏 山廬集
石屋根の村がすっぽり冬霧に 市川秀穂
磁より強い冬霧コンピューターら喪に 八木原祐計
箱根姫しやら聳ゆ冬霧なき夜なり 及川貞 榧の實
細き灯やスモッグ街の鯛焼屋 本宮夏嶺男
言しづかなり冬霧の濃きことの 加倉井秋を 午後の窓
赫き日を得て冬霧のうごき出す 岸田稚魚


冬霧 補遺

オホツクの海荒れ番屋海霧寒し 高浜年尾
スモッグに午前は終り冬めく日 高浜年尾
スモッグ濃し大企業下の吾が職よ 草間時彦 中年
トマトジュースは胃潰瘍色スモッグ満つ 草間時彦 中年
冬の霧ある夜の大地親しけれ 原石鼎 花影以後
冬の霧アルミの如き日かかれり 松崎鉄之介
冬の霧僧形よぎる河岸の中 岡本眸
冬の霧夫の痩身何処歩む 岡本眸
冬の霧妻子おもへばこゑに出づ 岸田稚魚 雁渡し
冬の霧手套の黒き指を組む 橋本多佳子
冬の霧舟に嬰児のこゑおこる 加藤秋邨
冬の霧言葉の枝葉さやぎくる 原裕 青垣
冬の霧言触れず来て灯りぬ 加藤秋邨
冬スモッグ世界一流の都市並よ 右城暮石 句集外 昭和三十六年
冬霧に喪服は重し駅に急く 上田五千石『田園』補遺
冬霧のおりる山墓すでに濡れ 木村蕪城 寒泉
冬霧のしみらに古瀬ながれけり 飯田蛇笏 春蘭
冬霧のしろし相見る彼ぞ憂き 石田波郷
冬霧のはれゆく墓の減りもせず 石田波郷
冬霧の奥は見えきて竹の青 加藤秋邨
冬霧の奥デューラーの陽が棲めり 楠本憲吉 孤客
冬霧の森サツカーの声挙がる 飯島晴子
冬霧の流れやまざる月夜かな 村山故郷
冬霧の海に消えゆく振りむかず 桂信子 草影
冬霧の蔽へる川のなほ音す 大野林火 青水輪 昭和二十五年
冬霧の赤きはうるみゐたりけり 平井照敏 猫町
冬霧の鉛の浜に日本の子等 西東三鬼
冬霧やかくしに玉子買ひ戻る 鷲谷七菜子 黄炎
冬霧や人になれざるひとばかり 平井照敏 猫町
冬霧や寝てしまえど影死なず 赤尾兜子 蛇
冬霧や死をさしてゆく道の上 赤尾兜子 蛇
冬霧や漁人の笠の古るびやう 飯田蛇笏 山廬集
冬霧や肩並べゐてひとりなる 鷲谷七菜子 黄炎
冬霧ゆく船笛やわが在るところ 橋本多佳子
夜学生次々煙霧に没す眠るべく 伊丹三樹彦
大納言乾して吉野の霧寒し 阿波野青畝
大阪に来し甲斐ありき冬煙霧 右城暮石 上下
寄席を出し目鼻に寄るや冬の霧 石田波郷
山中の炊煙霧が濃くて失す 及川貞 夕焼
島の湖のほとりに泊つる冬の霧 村山故郷
帰路の飢きざす煙霧で鈍い電車 伊丹三樹彦
廊下にも一夜たちこめ冬の霧 原石鼎 花影以後
旅芝居かゝれる港冬の霧 村山故郷
月光のしみる家郷の冬の霧 飯田蛇笏 家郷の霧
橋に聞くながき汽笛や冬の霧 中村汀女
浅草や冬霧胸にあふれくる 石田波郷
深山木のこずゑの禽や冬の霧 飯田蛇笏 霊芝
火口湖の霧寒むければ石を積む 角川源義
琵琶の帆に煙霧も末の四月かな 飯田蛇笏 山廬集
白根のや焼石原の霧寒し 上村占魚 球磨
稲架も錆色 尖るものから煙霧晴れ 伊丹三樹彦
箱根姫しやら聳ゆ冬霧なき夜なり 及川貞 榧の實
艦が撃つ団煙霧にまぎれざる 山口誓子
赫き日を得て冬の霧うごき出す 岸田稚魚 雁渡し
赫き日を得て冬霧のうごき出す 岸田稚魚 負け犬
路地ふかく英霊還り冬の霧 大野林火 早桃 海風抄
路次ふかく英霊還り冬の霧 大野林火 海門 昭和十三年
遠望無し冬霧に揺れ一炊煙 中村草田男
霧寒く貸馬も眼をしばたたく 富安風生
霧寒し寄せては焚ける散紅葉 水原秋櫻子 緑雲
霧寒し山酔の人を炉に寝かす 村山故郷
霧寒の無間地獄にわが孤影 富安風生
霧寒や死ねと囁く夜の汐 鈴木真砂女
駅を出る開放気分冬の霧 岡本眸
鳩胸の誇冬霧わけ来たる 西東三鬼
鵙の黙冬霧の壁もう動け 加藤秋邨
黒姫の牛乳甘く霧寒し 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-01-22 06:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26574420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング