冬の鵙 の俳句

冬の鵙 の俳句

冬の鵙

例句を挙げる。

おちつきのある冬鵙となりにけり 阿波野青畝
パン袋掌に冬鵙とはたと会ふ 原田喬
冬鵙が家族のごとし喪の終り 中山純子 沙羅
冬鵙が恋しや咽喉に湿布して 三橋鷹女
冬鵙となる一幹に夕日透き 神尾久美子 掌
冬鵙に天あり孤児の提げしもの 加藤楸邨
冬鵙に常より小さく髪束ね 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬鵙のぎうと落柿舎暮れにけり 高澤良一 燕音
冬鵙のさびしきときは樹を離れ 中島ふき
冬鵙のゆるやかに尾をふれるのみ 飯田蛇笏 春蘭
冬鵙の目の張り朝日水に射す 桂信子 花寂び 以後
冬鵙の翔つむらさきの先を読む 鳥居おさむ
冬鵙の贄なるものの鼻の穴 大木あまり 火球
冬鵙の顔をはなるる日射かな 小島千架子
冬鵙の鳴かで渡りぬまむし沢 青木重行
冬鵙へはがねのごとく病めるなり 加藤楸邨
冬鵙や分秒に塔暮れてなし 井沢正江 晩蝉
冬鵙や取り替へきかぬ山の数 大木あまり 火のいろに
冬鵙や寺の日暮れは一段づつ 小島千架子
冬鵙や山稜に日の環ふるへ 矢島渚男
冬鵙や手術の髪を切らぬ意地 朝倉和江
冬鵙や流されゆかむ転居の荷 手塚美佐 昔の香
冬鵙や百姓肩をまろめ来る 米沢吾亦紅 童顔
冬鵙や石も煤けて工都の墓地 北野民夫
冬鵙や綺羅を野道にかがやかす 桂信子 黄 炎
冬鵙や足になじまぬ露地草履 斉藤小夜
冬鵙や針山待針咲くがごと 大峯あきら
冬鵙や鏡みがいて朝始まる 田口美喜江
冬鵙や風が磨ける石畳 大岳水一路
冬鵙や骨壷しかと抱きゆく 小野寺安居
冬鵙や高干をして男シヤツ 遠藤梧逸
冬鵙よ汝の贄は薄目して 大木あまり 火球
冬鵙を前や俳句は気合いもの 高澤良一 随笑
冬鵙切に泣けど動かぬ遺髪塚 原子公平
古戦場訪ふ冬鵙の猛る駅 岡田游子
寒鵙の今を墓守の妻も聴けり 下村槐太 天涯
射程距離にて冬鵙の尾を振れる 岸風三樓
磨かれし冬鵙のこゑ生駒山 廣瀬直人
端役にも心動かすとき冬鵙 高澤良一 宿好
詩を捨て得ず冬鵙胸を照しをれり 米沢吾亦紅 童顔
誰もゐない公園冬鵙枝移り 大高弘達
面皰多き吾子冬鵙に似しと思ふ 石田あき子 見舞籠
いまありし鋭声かへらず冬の鵙 井沢正江
はみだされゆく農なるや冬の鵙 影島智子
まばたきに十年を消し冬の鵙 堀井春一郎
一川を引いて他なし冬の鵙 斎藤玄 雁道
一徹な男の眉間冬の鵙 石川辛夷
一揆の地いま名水の地寒の鵙 上野英一
一本の白髪おそろし冬の鵙 桂信子 花寂び 以後
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
人間をやめるとすれば冬の鵙 加藤秋邨 吹越
低くとぶ分水嶺の冬の鵙 河合凱夫 飛礫
光陰をほづえにわする冬の鵙 飯田蛇笏 雪峡
冬の鵙いずれの蓋も合わざりけり 橋石 和栲
冬の鵙いぶかしむ子の眸に朝暾 瀧春一 菜園
冬の鵙かんばせ七つ茫々たり 鈴木湖愁
冬の鵙ももいろの骨捨へといふ 水野恒彦
冬の鵙チョーク踏まるるたび砕け 行方克巳
冬の鵙五十路はものゝ遽なり 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙人をいざなふ声からび 岩田昌寿 地の塩
冬の鵙伐折羅は指を地へひらく 橋本鶏二
冬の鵙切り火の声をもらしけり 石飛如翠
冬の鵙去りてより木は揺れはじむ 加藤楸邨
冬の鵙啣へしものを垂らしけり 勝又一透
冬の鵙墓犇きてあるばかり 石田波郷
冬の鵙放言癖を虔めと 脇 祥一
冬の鵙時に石打つ乙女の鍬 飯田龍太
冬の鵙男に老いのはやきかな 大野悠子
冬の鵙病者の一人ふりむける 椎橋清翠
冬の鵙空に盲ふるごとくなり 矢島渚男
冬の鵙荷役いたみの石の階 石田晶子
冬の鵙裾なき山が湖の上に 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙誓子第一線を退く 橋本美代子
冬の鵙遁れ来りし如くなり 石田波郷
冬の鵙醫師に訴ふ聲甘し 石田あき子 見舞籠
冬の鵙頸かしげゐて人を過す 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙飛んで大きく見えにけり 猪股洋子
前向けばうしろ見られて寒の鵙 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
吾に子の五十年忌や冬の鵙 西村公鳳
大学に兵舎残れり冬の鵙 丹羽登代
天辺に個をつらぬきて冬の鵙 福田甲子雄
太陽の淋しさに在り冬の鵙 河原枇杷男
女面割つて修羅断つ冬の鵙 勝村茂美
寒の鵙墓犇きてあるばかり 石田波郷
小さくてその面構冬の鵙 小檜山繁子
少年に白紙おかれて冬の鵙 桂信子
山に向く複線工事冬の鵙 飯田弘子
山削る音昨日より冬の鵙 船坂ちか子
巡礼の老のよき顔冬の鵙 向笠和子
師の声のある日の声を冬の鵙 石川桂郎 含羞
師の聲のある日の聲を冬の鵙(横光利一逝去) 石川桂郎
廃鉱の空縄張りに冬の鵙 菅原文子
待つに鳴く二た声までも冬の鵙 石塚友二 光塵
後れ毛のあるいは冬の鵙なるか 橋石 和栲
志賀直哉今も栖むかに冬の鵙 右城暮石 声と声
忘恩の囚の頬骨 冬の鵙 野村秋介
暮れきつてつひの絶叫冬の鵙 野見山朱鳥
檣頭にこゑ切り落す冬の鵙 山口誓子
死者の髪伸びる刹那を冬の鵙 今井豊
水に日のゆらめきあれば冬の鵙 山上樹実雄
沈黙の筋を通して冬の鵙 香川千江子
沐浴の胸にまつすぐ冬の鵙 下田稔
父は言葉失い冬の鵙を聞く 田川飛旅子 花文字
独霜除を作る冬の鵙がだまつて働く 梅林句屑 喜谷六花
目端利く冬の鵙とはなりゐたり 高澤良一 随笑
磔像に切傷ふやす冬の鵙 成瀬桜桃子
神のもの神の火に焚く冬の鵙 池田幸利
稲架竹に青さ残れり冬の鵙 椎木嶋舎
耳病むや近く遠くに冬の鵙 斎藤愼爾
血のおとの首筋のぼる冬の鵙 成澤たけし
言ふも悔言はざるも科寒の鵙 野澤節子 黄 炎
遠き陽にしぐれ皃なる冬の鵙 小松崎爽青
黙殺をもてとゞめ剌す冬の鵙 上田五千石 田園
冬の鵙素寒貧とはなりにけり 高澤良一 寒暑


冬の鵙 補遺

おちつきのある冬鵙となりにけり 阿波野青畝
このわれに友無きごとく冬鵙も 三橋鷹女
一川を引いて他なし冬の鵙 斎藤玄 雁道
一本の白髪おそろし冬の鵙 桂信子 晩春
世はやすく教師を責めき冬の鵙 能村登四郎
亡き夫の下着焼きをり冬の鵙 岡本眸
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
人間をやめるとすれば冬の鵙 加藤秋邨
何せんと世に遺されし冬の鵙 上田五千石 天路
光陰をほづえにわする冬の鵙 飯田蛇笏 雪峡
内に熱して発せざるもの冬鵙よ 加藤秋邨
冬の鵙いずれの蓋も合わざりけり 橋閒石 和栲
冬の鵙けふは遠きに母葬る 能村登四郎
冬の鵙ここにも愚かなる夫 橋閒石 朱明
冬の鵙されど嘆きの音にあらず 飯田龍太
冬の鵙ときに凜々しき声を出す 飯田龍太
冬の鵙むくみは足をのぼりつつ 野見山朱鳥 愁絶
冬の鵙上流に橋三つほど 飯田龍太
冬の鵙他の囀りをまねしゐし 右城暮石 句集外 平成四年
冬の鵙何か云ひゐるかがやく顔 岸田稚魚 雁渡し
冬の鵙力一点張りは不可 上田五千石『琥珀』補遺
冬の鵙去りてより木は揺れはじむ 加藤秋邨
冬の鵙崖かんかんに凍てにける 加藤秋邨
冬の鵙怒れるごとく翔けて二羽 岸田稚魚 紅葉山
冬の鵙愛しづかなるひと日かな 鈴木真砂女 夏帯
冬の鵙時に石打つ乙女の鍬 飯田龍太
冬の鵙朝日やさしくさすところ 飯田龍太
冬の鵙来るや黝びし槇其他 石田波郷
冬の鵙止まつて居りし道路鏡 右城暮石 散歩圏
冬の鵙白山うごく気配ありと 橋閒石 微光
冬の鵙石積みの火を絶やさずに 廣瀬直人
冬の鵙菜畑を鳴き過ぎにけり 廣瀬直人
冬の鵙親の死嘆くいとまもなし 安住敦
冬の鵙遁れ来りし如くなり 石田波郷
冬の鵙道白むまでくもらせぬ 大野林火 早桃 太白集
冬の鵙酔ひ果てし日はなかりけり 加藤秋邨
冬の鵙鳴いたるかなや印度起て 加藤秋邨
冬鵙か鵯か雄叫び空曇り 星野立子
冬鵙と共有世界もの言ふな 加藤秋邨
冬鵙に*かりんの喬さありにけり 安住敦
冬鵙に青天あり浮浪の子には何 加藤秋邨
冬鵙のしづかなる目を持てりけり 加藤秋邨
冬鵙のゆるやかに尾をふれるのみ 飯田蛇笏 春蘭
冬鵙の咽喉ひりひりと風に昏る 上田五千石『田園』補遺
冬鵙の暮れんとしつつ雪明り 加藤秋邨
冬鵙の来ぬ日は黐も悲しめり 三橋鷹女
冬鵙の版図に吾と小流れと 上田五千石『風景』補遺
冬鵙の空は褪めゆくばかりかな 平井照敏 猫町
冬鵙は孤りの我を置き去れり 三橋鷹女
冬鵙へはがねのごとく病めるなり 加藤秋邨
冬鵙や子授け石に陽がたつぷり 佐藤鬼房
冬鵙や水交社にて女人句座 岡本眸
冬鵙や煙草得て戻る坂の町 角川源義
冬鵙や胸底におく原爆図 加藤秋邨
冬鵙や黙つて死ねとかつての日 加藤秋邨
冬鵙叫ぶ「大野人いま逝きける」と 楠本憲吉 孤客
医師に嫌はれ鳴きたてる冬の鵙 廣瀬直人
唐寺の紅にそまずや冬の鵙 有馬朗人 知命
家鴨鳴き冬鵙はしづかなり漁る 右城暮石 句集外 昭和十九年
寒の鵙呟きもせで去りにけり 相生垣瓜人 負暄
寒の鵙墓犇きてあるばかり 石田波郷
寒の鵙見窄らしきが訪ね来し 相生垣瓜人 負暄
寒鵙の今を墓守の妻も聴けり 下村槐太 天涯
寒鵙の糾合するに誰も来ず 上田五千石『田園』補遺
寒鵙の羽裏ゆ三文文士墜つ 永田耕衣
師の声のある日の声を冬の鵙 石川桂郎 含羞
待つに鳴く二た声までも冬の鵙 石塚友二 光塵
後れ毛のあるいは冬の鵙なるか 橋閒石 和栲
志賀直哉今も栖むかに冬の鵙 右城暮石 声と声
怠りのいちにちあらめ冬の鵙 上田五千石『天路』補遺
愚図愚図の筆あはれめや冬の鵙 上田五千石 天路
故郷は冬鵙ばかり友等亡く 三橋鷹女
明暗の中に人生く冬の鵙 松崎鉄之介
暮れきつてつひの絶叫冬の鵙 野見山朱鳥 愁絶
檣頭にこゑ切り落す冬の鵙 山口誓子
海の紺冬鵙あさる埋立地 右城暮石 句集外 昭和六十年
深谷は波の寄せぎは冬の鵙 佐藤鬼房
焚火消す時現れし冬の鵙 右城暮石 一芸
焚火跡冬鵙あさる目じるしに 右城暮石 句集外 昭和三十四年
父恋ふと母には言はず冬の鵙 山田みづえ 木語
物食べて忘るる怒り冬の鵙 岡本眸
磨かれし冬鵙のこゑ生駒山 廣瀬直人
稀に鳴き地声あらはの冬の鵙 能村登四郎
言ふも悔言はざるも科寒の鵙 野澤節子 鳳蝶
贄のもの思ひ出しけむ冬の鵙 山口青邨
躓いたは石か 仏か 冬の鵙 伊丹三樹彦
金貯めて墓も買はねば冬の鵙 安住敦
閑かなり銘なき墓と冬鵙は 飯田龍太
電線を翔ちて軋ます冬の鵙 鷹羽狩行
鳴くまでは鳴かぬ冬鵙市騒ぐ 中村草田男
黐の実がうまくて啼きぬ冬の鵙 三橋鷹女
黙殺をもてとゞめ刺す冬の鵙 上田五千石 田園

以上



by 575fudemakase | 2017-01-23 03:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング