鴨 の俳句

鴨 の俳句

鴨 の例句


鴨 補遺

*たらの芽や満濃池に鴨のこゑ 岡井省二 鯛の鯛
*におどりに鴨添ひゐてや寒見舞 岡井省二 明野
あきらかに鴨の群あり山峡漂泊 金子兜太
あはれ鴨はばたきて腋ぎらと見す 山口青邨
いじめ鴨いじめられ鴨寄りて浮く 右城暮石 一芸
いねがてや小鴨のこゑとも身に添へる 岸田稚魚
うかうかと鴨見て居れは年くるゝ 正岡子規 年の暮
うとうとと獲物の鴨にまどろめる 中村汀女
うれしさの霰たばしる鴨の数 山田みづえ まるめろ
おびえ翔つ鴨あり羽音天に満つ 阿波野青畝
おもしろう鴨の滑りし氷かな 岸田稚魚
お歳暮に大きな鴨と思ふかな 阿波野青畝
からくりの鴨もほのかに白きこゑ 後藤比奈夫
から鮭のさしみや鴨はもらひ物 正岡子規 乾鮭
かんかんと鴨鳴く声す浮御堂 山口誓子
きのふ見し円舞は鴨の名残かや 阿波野青畝
けふ二段三段なせし鴨の道 岡井省二 大日
こがらしの野鴨啖ひて憚らず 齋藤玄 飛雪
ここも親不知真近くに鴨浮び 山口誓子
こころしづかに合鴨の池通りけり 飯島晴子
この会へ鴨一番ひ手土産に 高野素十
この家を鴨ものそくや仙波沼 正岡子規 鴨
この鴨が衣ケ浦の海苔荒らす 高野素十
さざなみの白砂に似たり鴨の水 岡本眸
さつま郡ゐむたの池に鴨とると 高野素十
さみしさのいま声出さば鴨のこゑ 岡本眸
さわさわと越す夕鴨や農夫わかれ 細谷源二 砂金帯
しんしんと深雪や鴨も声を断つ 野見山朱鳥 幻日
すべもなく鴨山おもふ人麿忌 水原秋櫻子 蘆雁
その奥の鴨睦み合う 葦襖 伊丹三樹彦
それほどの川でなけれど鴨のきて 岡井省二 鹿野
ただひとつただよふ手負鴨あはれ 山口青邨
たわたわと薄氷に乗る鴨の脚 松村蒼石 寒鶯抄
だみ声は禁猟の鴨驕る声 百合山羽公 樂土
ぢりぢりと鴨の大群移動する 山口誓子
つがひ鴨田に下り童注進を 山口青邨
つぎはぎの水を台に浮寝鴨 斎藤玄 狩眼
つつ立ちし鴨の細身の羽摶ちけり 鷲谷七菜子 游影
つるされて尾のなき鴨の尻淋し 正岡子規 鴨
とある鳰鴨を水先案内す 阿波野青畝
ともし火の堅田は寒し鴨の聲 正岡子規 鴨
とらばさみ鴨にしかけて鱒を養ふ 上村占魚
どこにでもある軸垂らし鴨の宿 桂信子 花影
どこへでも行つてみたくて鴨涼し 雨滴集 星野麥丘人
なほも水はじく飾毛鴨の死後 津田清子 礼拝
のこれるは荒波にをり鴨かへる 水原秋櫻子 霜林
はぐれ鴨加はりすぐに夜の鴨 橋本多佳子
はぐれ鴨夜半を鳴くなり蘆の中 水原秋櫻子 玄魚
ひたすらに行き鴨を見ず鴨も見ず 飯田龍太
ひとすぢに天の戸明り鴨の海 阿波野青畝
ひとすぢに撃たるる鴨のつまびらか 斎藤玄 狩眼
ひねもすを鴨の空声先んずる 齋藤玄 飛雪
ひゆつ~とひゆつ~と夜の空を鴨 高野素十
ふるさとの鴨猪を薬喰 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
へだたりを近くせずゐて鴨と吾 上田五千石『琥珀』補遺
また一陣鴨吹きあぐる潟あらし 上田五千石 天路
まだ去らぬ鴨を浮べて浦晴れて 上村占魚 球磨
みちのくの雪沼そこの鴨なりと 山口青邨
みちのくを幾群となく鴨つづく 阿波野青畝
みづうみに辺境ありて鴨の陣 上田五千石 森林
みづやかにしてがらくたや骸鴨 斎藤玄 狩眼
めでたさや空より降りて川に鴨 岡井省二 五劫集
もどかしきものの 俺似の 羽ばたく鴨 伊丹三樹彦
やや冷えて鴨待つ水のひろさかな 鷲谷七菜子 花寂び
やや寒し雀鴨く度身を緊めて 香西照雄 対話
ゆく鴨に野のいとなみのはじまれる 加藤秋邨
ゆく鴨のあまたや湖に触れつゝも 及川貞 夕焼
わが影の水に沈めば鴨らたつ 臼田亜郎 定本亜浪句集
をかしさよ銃創吹けば鴨の陰 阿波野青畝
オーロラに憑かれて杏いろの母 佐藤鬼房
ガン臭い波間 漂う 手負いの鴨 伊丹三樹彦
ジェット機に翔たざりし鴨人に翔つ 右城暮石 句集外 昭和四十九年
バスそこで降り鴨を見てあと歩く 安住敦
ペンキ塗り青首となす囮鴨 阿波野青畝
モー夕ー艇鴨は翔たねばならず翔つ 山口誓子
一つづつつぎつぎ鴨の翔ちつるる 高野素十
一つ家に鴨の毛むしる夕哉 正岡子規 鴨
一の沢周辺に鴨「子取ろ」の唄 佐藤鬼房
一めんの萍の名は鴨すすり 高野素十
一列に登城せし鴨凍てしまま 平畑静塔
一刷の日の移りゆく鴨の湖 深見けん二
一番乗りの鴨の着水鳰が見て 鈴木真砂女 居待月
一群の鴨内宮の日暮飛ぶ 右城暮石 上下
一芸と言ふべし鴨の骨叩く 右城暮石 一芸
一茎の寒芦見て鴨逆立ちす 阿波野青畝
一茎の蘆に発火し鴨撃たる 阿波野青畝
一髪の空に鴨寄る岸のこゑ 原裕 青垣
七星を寝鴨の毬の挿頭とす 下村槐太 天涯
三つといふ数複雑につがひ鴨 能村登四郎
上京の鴨にネオンのまた増えし 岡本眸
下りそびれたる鴨一羽飛んでをり 清崎敏郎
不忍の鴨寐靜まる霜夜かな 正岡子規 霜夜
不忍の鴨鳴きさわぐ年の暮 山口青邨
不忍や鴨鳴かぬ時鳩が鳴く 山口青邨
世は寒しインバネス被て鴨を毟る 中村草田男
中天に鴨のこゑあり日眩しき 大野林火 早桃 太白集
中年に違はざるなり鴨を毟る 中村草田男
中洲にも上がり家鴨と鴨睦む 右城暮石 虻峠
丸腰ぼくらに 羽音したたか 遁走鴨 伊丹三樹彦
二沼のあひだに灯る鴨の茶屋 阿波野青畝
二羽いつも距離を縮めて風の鴨 山口青邨
二重橋下こそ鴨のよき浮寝 高浜年尾
人の世に窓際鴨の世に水際 後藤比奈夫
人の気のある日の中に鴨のとぶ 岡井省二 有時
人死ぬと篠叢越しの鴨のこゑ 飯島晴子
仔鴨食う巨き異国の男のなか 赤尾兜子 歳華集
仮寝鴨こぞりて羽博ちはじめけり 阿波野青畝
佐鳴湖に下りゐて鴨は畝をなす 山口誓子
佐鳴湖に鴨山門に納豆あり 百合山羽公 樂土以後
傘に雪 みしみし 鴨平さん死んだ 伊丹三樹彦
元日の一湖を拓く鴨の陣 原裕 青垣
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
先づ昏るる鴨よ白鳥まだ昏れず 林翔
光琳の梅にしぶきを 水浴び鴨 伊丹三樹彦
入り混じり群なせり鴨小白鳥 右城暮石 句集外 昭和六十二年
全開の羽摶き鴨は天上ぞ 平畑静塔
八千の鴨に北国日和かな 山田みづえ 草譜
八方に向き鴨の向定めなし 山口誓子
八荒の西の晴れたる鴨の向 岡井省二 鹿野
八雲見し百年前の湖の鴨 山口誓子
公魚とる網をめぐらす沖に鴨 山口青邨
内濠に小鴨のたまる日向哉 正岡子規 鴨
写真家の大き荷鴨をおどろかす 右城暮石 一芸
冬川に鴨の毛かゝる芥かな 正岡子規 冬の川
冬籠盥になるゝ小鴨哉 正岡子規 冬籠
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴返り鴨らは闇の遠くを見る 松村蒼石 雪
出し入れの枕のときも鴨の海 岡井省二 猩々
刈草を踏むやはらかき鴨の足 石田勝彦 秋興
励むから われもわれもの 潜り鴨 伊丹三樹彦
勤かざる鴨なし陣は崩さずに 大野林火 飛花集 昭和四十四年
十五夜の野にあか~と鴨威し 高野素十
千の鴨とびたつ千の羽音たて 鷹羽狩行
千羽鴨浮寝ゆるゆる覚むるもの 平畑静塔
半蔵門黒くとざしぬ鴨も眠る 山口青邨
厚胸の撃たれ鴨なり手渡され 星野麥丘人
去るものは日々に疎しよ鴨も人も 安住敦
双眼鏡にて見る鴨に日当れる 右城暮石 虻峠
双眼鏡当ててまばらや浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和五十六年
古池や凍りもつかで鴨の足 正岡子規 鴨
古池や柳枯れて鴨石に在り 正岡子規 枯柳
古濠の小鴨も居らぬ氷かな 正岡子規 氷
向き向きに動く木製囮鴨 右城暮石 虻峠
吹き晴れて吹きはれて鴨寄辺なし 岡本眸
吹き晴れて浮寝の鴨の落つかず 清崎敏郎
嘴伸べて 食藻音を ぶぐぶぐ 鴨 伊丹三樹彦
四面楚歌 投餌の菜っ葉くわえた鴨 伊丹三樹彦
囮鴨かもにかも似てかきくもる 平畑静塔
囮鴨として家鴨や鴨遊ばせ 山口青邨
囮鴨めす沢山にゐて遊ぶ 高野素十
囮鴨伊吹颪にいきいきと 阿波野青畝
囮鴨夫婦々々と余りなし 高野素十
囮鴨時々鳴いて波の上 深見けん二
囮鴨月さしそめて動く見ゆ 高野素十
囮鴨照りかがやきて囮たれ 平畑静塔
囮鴨雌をつゝきぬ悲しけれ 高野素十
土器や鴨まつ青によこたはる 阿波野青畝
地いまはうるめるを知る鴨の脚 松村蒼石 雁
城の死角鴨ら屯して浮寝 山口青邨
壕の鴨羽摶つや人を忘れゐず 加藤秋邨
声悪しけれど月明の鴨のこゑ 森澄雄
夕日沼光りきそへる鴨の波 高野素十
夕波に見えがくれする鴨のあり 上村占魚 球磨
夕空の紫紅は広重 鴨ら舞う 伊丹三樹彦
夕空透明な鴨と見るその声と聞く 荻原井泉水
夕雨となりてあがりし湖に鴨 上村占魚
夕鴨の鳴きつれ苑の空を出でず 山口青邨
夕鴨や二つ三つづゝ水尾明り 高野素十
夕鴨や捕り手の網をすれすれに 阿波野青畝
夕鴨や遥かの一つ羽ばたける 高野素十
夕鴨を見ての一本徳利かな 石田勝彦 雙杵
外を見て女寒がる鴨料理 右城暮石 句集外 昭和三十五年
外濠にとぶ鴨遠きおもひ出を 飯田蛇笏 雪峡
外濠の鴨を窗辺に年用意 飯田蛇笏 雪峡
夜の目にも真鴨鈴鴨それと見ゆ 清崎敏郎
夜の雪の田をしろくしぬ鴨のこゑ 水原秋櫻子 古鏡
夜の鴨のこゑの不思議を枕上ミ 森澄雄
夜更けたり何にさわだつ鴨の聲 正岡子規 鴨
夜鴨の声はかなしむばかり人には悔 中村草田男
夜鴨鳴き水にひびきて吾に聞ゆ 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
夜鴨鳴くわが灯の幅を汐流れ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
大いなる河ばらばらに鴨が浮く 山口誓子
大き月出て湖鴨の声すぎぬ 村山故郷
大寺の竹藪青し鴨櫓 高野素十
大揺れの布陣日本海の鴨 鷹羽狩行
大景の中飛ぶ鴨の粉微塵 山口誓子
大池のあれば小池も鴨のこゑ 石田勝彦 百千
大河に浮寝の芥浮寝の鴨 山口誓子
大河に立ちあがり鴨羽摶ける 山口誓子
大海に下りてどこかに鴨ゐるよ 山口誓子
大琵琶の一隅に鴨微細なり 山口誓子
大粒の夕鴨に目をやりてこそ 岡井省二 山色
大鴨をどさと投げだし餅を啖ふ 加藤秋邨
大鷲を水かけて鴨防ぐとか 高野素十
天に雁 地に鴨 時雨推し移る 伊丹三樹彦
天に鴨すべて先頭競ふらし 阿波野青畝
天津原去る鴨ニアミスなどはなし 平畑静塔
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太き尻ざぷんと鴨の降りにけり 阿波野青畝
奥まりて鴨の塒のあるらしく 清崎敏郎
女たち笑ひさざめき鴨沖に 山口青邨
妻泣くを泣かしめむしる鴨の毛羽 草間時彦 中年
子の丈に跼めば鴨のよく見ゆる 岡本眸
宍道湖の鴨と添うたるひと夜かな 飴山實 次の花
寄る鴨に マントひろげの 鴨守よ 伊丹三樹彦
密集し真黒となる浮寝鴨 山口誓子
密集の飛沫合戦 撒き餌に鴨 伊丹三樹彦
密集の鴨浜名湖の精気なり 百合山羽公 寒雁
富士見ゆといへども見えぬ鴨の空 山口青邨
寒の内桶ケ谷沼の鴨見舞ふ 百合山羽公 樂土以後
寒濤に鴨たちあがる日和かな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
寒聲や一むれさわぐ鴨の聲 正岡子規 寒声
寒風の鴨浮き鴉翔ちにけり 齋藤玄 飛雪
寒鴨の屯は美醜争はず 阿波野青畝
寝上手の鴨に白鳥すかされて 平畑静塔
小夜しくれ小鴨のさわぐ入江哉 正岡子規 時雨
小夜ふけて峡このごろの鴨の声 飴山實 句集外
小閑充実鴨くさきまで鴨の群 中村草田男
小鴨等もみちのくのほの白きかほ 右城暮石 天水
尻振つて陸を歩けり餌づけ鴨 右城暮石 一芸
尻揚げて江上の鴨羽ばたけり 阿波野青畝
尻重き翔ちざまの鴨白鳥湖 橋本多佳子
尾羽強く振る鴨族の喜びは 山口誓子
尾越鴨しばらく右往左往かな 阿波野青畝
屏風絵の蘆より鴨を追ふところ 松本たかし
屠蘇強ふや鴨汁盡きて蠣の汁 正岡子規 屠蘇
山の湖鴨は陣なす数ならず 清崎敏郎
山冥し鴨の胸みなこちら向く 飯島晴子
岸の鴨暮れて尻ふりはじめけり 阿波野青畝
崩し文字なり川に張る鴨の陣 山口誓子
川を堰く如鴨の群一列に 山口誓子
己が影の上滑る鴨 朝茜 伊丹三樹彦
巴なす鴨の水輪や梅咲きぬ 水原秋櫻子 磐梯
干し足袋も鴨の形す湖辺宿 右城暮石 上下
年の瀬の橋脚が守り鴨遊ぶ 佐藤鬼房
年暮るる雌の鴨つれ雄の鴛鴦 山口青邨
年玉の鴨提げて書生戸を叩く 正岡子規 年玉
年玉や同穴の契り番ひ鴨 正岡子規 年玉
幾千の鴨見んと一羽見つつあり 加藤秋邨
庭先で鴨をうつなり諏訪の宿 山口青邨
廃田の水漬くままなる 鴨天国 伊丹三樹彦
弁天の奏で給ふ琵琶鴨送る 山口青邨
弁天の池にぎやかに鴨涼し 山口青邨
強霜にたちて鶏鴨荒削り 上田五千石『田園』補遺
影を曳くものら 浮寝の 陸寝の鴨 伊丹三樹彦
後からの車も停車鴨の池 右城暮石 句集外 昭和五十三年
後れ馳せ鴨空中の千羽追ふ 平畑静塔
後ろより編隊機過ぐ鴨が過ぐ 金子兜太
御猟場の池に遊ぶは囮鴨 清崎敏郎
微塵に骨叩き砕きし鴨料理 右城暮石 句集外 昭和三十五年
心愉しまぬ日や鳰を見て鴨を見て 安住敦
心身のおどろが鴨を焙れる 斎藤玄 狩眼
思ひ立ちしんがりの鴨飛び立てり 平畑静塔
怯え鴨 先翔つも また遅れ翔つも 伊丹三樹彦
息長の川を乱して漁る鴨 阿波野青畝
或る入寂日が差してきて鴨の声 橋閒石 卯
手負鴨なほ頑にもつれけり 赤尾兜子 玄玄
折蓮が 寝鴨が 蓮が また鴨が 伊丹三樹彦
押黙る鴨と刻経しわれに気付く 大野林火 早桃 太白集
指入れて部厚き羽毛鴨の胸 右城暮石 散歩圏
指南堀とて鴨の叉手網ふりまはす 山口青邨
搦手や晝凄うして濠の鴨 正岡子規 鴨
撃ちし鴨探して時間空費せり 右城暮石 一芸
撃柝に鴨起つ城の大手かな 内藤鳴雪
数へ日の枯蓮を見て鴨を見て 安住敦
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
数知れず 離水の一番鴨追うは 伊丹三樹彦
断橋もよからずや鴨百羽浮き 山口青邨
日(ひい)あらばそこに浮きたる鴨の首 岡井省二 前後
日のあたるところがほぐれ鴨の陣 飴山實 次の花
日の寵は白鳥にのみ鴨翔ける 橋本多佳子
日は遠くなり捲き返す鴨の群 臼田亜郎 定本亜浪句集
日を負うて鴨の飛ぶなり年暮るる 森澄雄
日矢うごけども志賀の鴨翔たざりし 阿波野青畝
日貧し餌を奪ひ合ふ鴨の上 後藤比奈夫
昃る沼吸はるるごとく下りくる鴨 大野林火 早桃 太白集
明暗の波の綺羅また鴨の数 大野林火 月魄集 昭和五十六年
晴れつづき夜の冷込む鴨のこゑ 森澄雄
暁け放れきし湖の面の鴨の数 清崎敏郎
暁紅へ首のべきつてはぐれ鴨 鷲谷七菜子 銃身
暗厚き陸地目ざして海の鴨 右城暮石 句集外 昭和三十七年
曲汀を 縁どる鴨の 浅眠り 伊丹三樹彦
書信ひとつなかばより鴨みえてくる 岡井省二 有時
月光の 恐ろしきまで 傷み鴨 伊丹三樹彦
月光を葦に沈めて鴨のこゑ 松村蒼石 雁
月影を 砕くは 鴨の出立よ 伊丹三樹彦
望む松凍てつく星や鴨の鳴く 河東碧梧桐
朝鴨に比し夕鴨は寂と居き 相生垣瓜人 明治草
木にとまるまむきの鴨の胸白く 山口青邨
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
木偶鴨を積み枯菰へ投げ碇 木村蕪城 寒泉
木場に浮く鴨とシベリアよりの材 鷹羽狩行
木曽川の好きな鴨みな木曽川に 山口誓子
木曽川の群鴨視野に牧まらず 山口誓子
未明より海も動きて鴨啼ける 百合山羽公 寒雁
本番の鴨笛すでに魔笛なり 百合山羽公 樂土
杙(くひ)の番鴨が濡羽を干しにける 平畑静塔
東大の構内にして鴨の池 稲畑汀子
松籟や鴨に平らな日のつづく 桂信子 花影
枕まで海の暁紅鴨の声 百合山羽公 寒雁
林泉飛ぶ鴨 投麸ごときに苛立って 伊丹三樹彦
枯木宿よき酒蔵す鴨遊び 山口青邨
枯柳枯梅の下に芝の鴨 河東碧梧桐
枯草に鴨の彩羽をむしりすつ 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯葭の黒穂は鴨に色合はず 山口誓子
枯蓮は動くともなし鴨の波 林翔
柊を挿し鴨の浦鳰のこゑ 岡井省二 鹿野
桟橋の脚かと黒く鴨浮ぶ 右城暮石 句集外 昭和五十一年
梅雨荒ぶ奥沼 まして孤遊の鴨 伊丹三樹彦
森かげに鴨のつきたる苗代田 高野素十
森の上を返してゆくは鴨らしや 清崎敏郎
森の鴨をりをり声を思ひ出し 石田勝彦 百千
棲み分けて 右岸左岸の 鴨 小鴨 伊丹三樹彦
棲み分けの鴨の 余りの水面の 鳰 伊丹三樹彦
楓の芽ほのかに紅し鴨かへる 水原秋櫻子 古鏡
横縞の紺に白添ふ鴨の翅 山口青邨
武蔵野ののつぽ木囲む浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和五十六年
武蔵野の此処に水凝り鴨呼ばふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
殘る鴨何番の花置火燵 正岡子規 炬燵
比翼の鴨 翔たせ 湯島は十三夜 伊丹三樹彦
毛見に云ふ虫がつかねば鴨がつき 高野素十
水に映る飛ぶ鴨を見て年送る 山口青邨
水の中まであをあをと鴨日和 鷹羽狩行
水上に 日月の道 鴨の道 伊丹三樹彦
水上や風にしたがふ鴨の笛 松村蒼石 寒鶯抄
水噛んで浮寝の鴨となりにけり 岸田稚魚
水尾曳かず水輪つくらず独り鴨 上田五千石『風景』補遺
水擦つて鴨の偽傷の永からず 伊藤白潮
水洟や鼻を拉げば鴨飛んて 森澄雄
水浅きところの鴨の よく潜る 伊丹三樹彦
水漬く木の枝を止り木見張鴨 鷹羽狩行
水濡れの鴨よ富士襲うか吾を襲うか 金子兜太
水牢のありしあたりに睦む鴨 佐藤鬼房
水神の階に浮鴨進み寄る 山口誓子
水神の鴨に水泣の高まれる 山口誓子
水禍より起き立ちてはや鴨を撃つ 百合山羽公 故園
水走る音に覚めたる鴨の宿 飴山實 次の花
水逃がし 藻をのこす嘴 潜り鴨 伊丹三樹彦
水郷の飛雪に鴨の声多し 阿波野青畝
江の鴨に橋ろんろんと響く夕 松村蒼石 雪
池に浮く鴨もそぞろや草萌る 松本たかし
池の鴨嬉々として水潜り浮く 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
池の鴨見にどやどやと五六人 右城暮石 散歩圏
池見えねども 既にして鴨の声 伊丹三樹彦
池重く鴨のたつきの淡々し 松村蒼石 雁
汽車におどろく鴨におどろく旅人われ 臼田亜郎 定本亜浪句集
沖にも群るこれらの鴨と縁なき鴨 山口誓子
沖の鴨まぶしと見るやなほも殖ゆ 岡井省二 明野
沖の鴨一夜に浦をうづめけり 水原秋櫻子 緑雲
沖移りしてゐる雪の鴨の陣 岡井省二 明野
没り日いま尾越の鴨か湖に浮き 石川桂郎 高蘆
河口の洲雪敷き浮み夜鴨鳴く 大野林火 雪華 昭和三十六年
沼田の鴨又錯落となりにけり 阿波野青畝
沼移りしてつどひをる鴨小鴨 河東碧梧桐
波にふりむく一群れ鴨の中の一羽 松崎鉄之介
波まぶし湖心の鴨の陣見えず 高浜年尾
波光るとき鴨いづこ鳰いづこ 稲畑汀子
注連かけて鴨の字隠る翁塚 林翔 和紙
洋館の片かげに浮く土佐の鴨 右城暮石 散歩圏
洲の鴨のふたたび鳴かぬ夜の雨 加藤秋邨
流れつつ浮寝の鴨の醒むるなし 清崎敏郎
流木に鴨の宿の灯ともりけり 岡井省二 明野
浜名湖の小入江鴨の好き嫌ひ 百合山羽公 樂土以後
浮いて寄る鴨の数さへ日和かな 飴山實 次の花
浮くは鴨かと問ひ佳き句得たるらし 山口誓子
浮く鴨に志賀のさざなみ細かなり 山口誓子
浮く鴨はみな少しづつ前進す 山口誓子
浮寝して漂ふ鴨を天つつむ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
浮寝せる青首鴨の粒揃ひ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
浮寝百立寝三百鴨日和 鷹羽狩行
浮寝鴨の濡れ身そのまま夜に入る 桂信子 晩春
浮寝鴨よりも白浪数多し 山口誓子
浮寝鴨一文字になるときもあり 山口誓子
浮寝鴨数ふるたびに数増ゆる 右城暮石 虻峠
浮寝鴨浮寝芥と紛らはし 山口誓子
浮寝鴨琵琶湖の到る所にて 右城暮石 一芸
浮寝鴨若きらは水走るなり 石田波郷
浮寝鵯 陸立鴨 稀に連舞鴨 伊丹三樹彦
浮御堂佛のこゑの鴨鳴ける 森澄雄
浮御堂浮寝の鴨に燭消さず 山口誓子
浮標と見てゐしは鴨なり羽摶ける 山口誓子
浮紅葉分けて くつくつ 餌漁り鴨 伊丹三樹彦
浮鴨が川に嘴入れて抜く 山口誓子
浮鴨にたがふなく日のあたりゐる 岡井省二 有時
浮鴨の近きいちにち松の雨 岡井省二 明野
海と河絶ちたる鴨の大布陣 阿波野青畝
海に出て伸縮自在鴨の列 右城暮石 上下
海に鴨発砲直前かも知れず 山口誓子
海の上あたたかに鴨の沖移り 村山故郷
海の鴨あはれまむにもみな潜く 山口誓子
海の鴨時に飛翔す羨まし 山口誓子
海の鴨粗朶にも入りて浮き沈む 山口誓子
海口へ寄る無垢のこゑ鴨の群れ 原裕 青垣
海苔粗朶は海の菜園鴨あそぶ 鷹羽狩行
湖すれすれ鴨飛ぶ息をつゞかしめ 右城暮石 上下
湖に鴨琴糸作り見も知らず 石川桂郎 高蘆
湖の水にかくるゝ鴨の群 右城暮石 句集外 昭和三十五年
湖の筌鳰も入る鴨も入る 高野素十
湖の闇波見えてゐて鴨見えず 清崎敏郎
湖の陽や遠見の鴨へ金の波 桂信子 花影
湖の鴨見えずなる着水して 右城暮石 句集外 昭和四十三年
湖の鴨見て浮きごころ秋の旅 森澄雄
湖は日矢にはなやぎ鴨の声 飴山實 句集外
湖北に寝てなほ北空の鴨のこゑ 橋本多佳子
湯揉みして湯浴みて鴨の定宿よ 岡井省二 鹿野
満ち足りし思ひの顔や鴨の宿 桂信子 花影
潟や日やようこそ小鴨ひどり鴨 山田みづえ 草譜
潮合は浮鴨のためよき平 山口誓子
濁みごゑの親しき鴨や今朝下りし 水原秋櫻子 霜林
濠の鴨かかるあをそらいつまでも 大野林火 早桃 太白集
火箸熱きを掴む鴨ちかく啼く 橋閒石 無刻
灯がとどきたるはかいつぶりか鴨か 岡井省二 明野
灯ちらちら鴨鳴く家のうしろかな 正岡子規 鴨
炭火たちやすく鴨鳴く海辺なり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
焚火消すうす暗がりに鴨の列 右城暮石 声と声
照る波にまぎれまぎれて鴨見ゆる 清崎敏郎
片寄りて鴨が見てゐる堰普請 能村登四郎
猟夫と鴨同じ湖上に夜明待つ 津田清子 礼拝
猟師出現 立つは対の鴨 対の鴨 伊丹三樹彦
瑠璃露草鴨緑江の土手草に 山口青邨
町中にきゝとめし鴨打の銃 清崎敏郎
町川に鴨かたまつて恵方かな 岸田稚魚 紅葉山
画架立てて鴨の池畔に師弟らし 水原秋櫻子 雪蘆抄
畦凍てて洲にかへるなり小田の鴨 加藤秋邨
番鴨美醜かかはりなかりけり 阿波野青畝
痛み羽をたゝみきれざる浮寝鴨 右城暮石 上下
白き胸こちらに向きし湖の鴨 右城暮石 上下
白日に向ふ鴨あり皿に鴨 斎藤玄 狩眼
白殖すよろこび鴨の縦横に 岡本眸
白波の一里のかなた鴨の睦 平畑静塔
白浪に身を躱しつつ鴨浮けり 山口誓子
白鳥の一羽は連れ子千羽鴨 平畑静塔
白鳥の陣包囲して鴨の陣 鷹羽狩行
白鳥の離水 鴨らを顧ず 伊丹三樹彦
白鳥を囲みては解き尾長鴨 佐藤鬼房
百羽翔ちつづく百羽の鴨しぶき 鷲谷七菜子 一盞
盆の上鴨眠るさま嘴かくし 山口青邨
目が疎し百本杭と見えし鴨 阿波野青畝
直面に鴨の翔ちたる翳りかな 石田勝彦 雙杵
着替へむと畳を立つや鴨とべり 岡井省二 明野
着水の 鴨の安堵の声 しばらく 伊丹三樹彦
着水へ 空気掴んだ諸羽の鴨 伊丹三樹彦
睦む鴨稲食ふ鴨と思はれず 百合山羽公 樂土
石垣に鴨吹きよせる嵐かな 河東碧梧桐
石山や夕鴨明りほのぼのと 阿波野青畝
石積の上の鐘楼鴨のみち 岡井省二 鹿野
確かむる家鴨にまじる鴨翔たせ 右城暮石 句集外 昭和五十一年
禁猟の鴨だらしなく岸歩む 百合山羽公 樂土以後
禁猟の鴨を囃して翔たしむる 右城暮石 句集外 昭和六十三年
禁猟の鴨湖にちらばれる 右城暮石 句集外 昭和五十一年
禁猟湖鴨が滑走して翔たず 右城暮石 一芸
稲妻のけはしき空に鴨を見き 加藤秋邨
稼ぎ鵜の一つが翔たす遊び鴨 石塚友二 光塵
空谿の何の谺ぞ鴨かへる 藤田湘子 途上
空青すぎて鴨の陣まとまらず 岡本眸
立ち上り雨ふりはらふ鴨かなし 山口青邨
立ち並ぶ杭にて鴨も立ち並ぶ 山口誓子
立ち尿まる吾におどろき鴨翔てり 右城暮石 句集外 昭和四十六年
竹藪の裏は鴨鳴く入江哉 正岡子規 鴨
答へなき広き玄関鴨を下げ 星野立子
築山や鴨這ひ上る芝の上 河東碧梧桐
紀の川の岸に上りて鴨歩く 山口誓子
納骨の扉かがやかす野鴨の声 橋閒石 風景
終ひ鴨炙り惜しみつ簾巻き 石塚友二 方寸虚実
経ケ島あはれに古りぬ鴨日和 高浜年尾
結氷の湖尻にまづ鴨目覚む 廣瀬直人
絶え間なき羽摶ちや霧のはぐれ鴨 鷲谷七菜子 銃身
絶え間なく発つジェット機に浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和四十六年
繖(きぬがさ)の日の空鴨のみち強き 岡井省二 鹿野
群をなす鴨は烏合の衆ならず 山口誓子
羽ばたきて鴨雄ざかりの胸を見す 津田清子
羽ばたき翔ち水したたらす鴨のあり 大野林火 早桃 太白集
羽摶けば鴨の翼の大いなる 山口誓子
羽摶つもの見えつ木鴨にあらざりし 阿波野青畝
羽摶て水を離れず鴨の尻 石田勝彦 百千
翁忌がくるぞと鴨の淡海入り 上田五千石『琥珀』補遺
翔ちし鴨なすすべもなく見送れり 右城暮石 句集外 昭和五十四年
聞き慣れぬ声なり鴨となすべきか 相生垣瓜人 負暄
肢のみは赤くいとしや撃たれ鴨 山口青邨
胸に嘴埋めて鴨の自閉せる 津田清子
胸毛に五指入れ鴨の屍をいつくしむ 津田清子 礼拝
脂じむわが額 鴨の羽繕い 伊丹三樹彦
臘梅に声の不思議は鴨のこゑ 森澄雄
自動車の灯にまつくらな鴨の湖 波多野爽波 鋪道の花
自動車は迅しお濠の鴨を見て 山口青邨
舟中に鴨仰ぐ雲の重畳も 大野林火 雪華 昭和三十八年
舵をとる足なえを籠絡の鴨 橋閒石 風景
船が吐くけむりの海を鴨すすむ 下村槐太 天涯
船泊り失せぬこの代の鴨のみち 加藤秋邨
船着けば切符も売りて鴨の宿 後藤比奈夫
船箪笥の環鴨らす雪中の資料舘 古沢太穂 捲かるる鴎
船進む前横切れりはぐれ鴨 右城暮石 句集外 昭和四十七年
船過ぎて鴨の円陣あとかたなし 山口誓子
艫の音のしばし過ぎゆく鴨の宿 桂信子 花影
芦翔つ鴨音とし賤ヶ岳の雨 古沢太穂 捲かるる鴎
芦隠れなる水あれば鴨のゐし 清崎敏郎
花蓼や鴨の飛沫のここにまで 岡本眸
芸の無き鴨の餌鴎宙に盗る 右城暮石 散歩圏
苑の鴨鳴くや巷の音かすか 山口青邨
苗代に鴨つきてより鴨威し 高野素十
苗代の鴨の足あと見に二人 高野素十
草城の句碑まで歩く 岸の鴨 伊丹三樹彦
落ちさうな飛びざまの鴨俺もまた 佐藤鬼房
落命にまあるさつをの腕の鴨 阿波野青畝
落日を 光背として 歓喜鴨 伊丹三樹彦
葛藤の鴨仲直りして進む 阿波野青畝
葛飾の田螺を食ひし鴨なりき 阿波野青畝
葦靡く方 団塊の声の鴨 伊丹三樹彦
蓮かれて小鴨のしぐれ哀なり 正岡子規 枯蓮
蓮枯れて氷に眠る小鴨哉 正岡子規 枯蓮
蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側 正岡子規 蕪村忌
蕭々と湖に鴨鳴くたたずめば 大野林火 青水輪 昭和二十三年
藪入や逆さくぐりの鴨の尻 石田勝彦 秋興以後
藺田を四方なるゆゑ鴨の夕ごころ 阿波野青畝
藻も枯れてあるがままなる鴨の水 臼田亜郎 定本亜浪句集
藻畳の上にあれも鴨これも鴨 山口青邨
藻畳の上の鴨藻草啄むも 山口青邨
藻畳はよきや鴨たち雨の中 山口青邨
行く年のひとこゑ立てし霧の鴨 鷲谷七菜子 天鼓
行く鴨にまことさびしき昼の雨 加藤秋邨
行く鴨を導く星のありと云ふ 相生垣瓜人 明治草
行基さまさまと浮寝す鴨の群 右城暮石 一芸
街の灯の消ゆれば水に羽摶つ鴨 石塚友二 光塵
街不況なり杭に鴨杭に鴨 岡本眸
褐色や櫟の上に鴨の糞 岡井省二 猩々
襤褸のごと鴨死す鷹に襲はれて 右城暮石 句集外 昭和五十五年
西方に敵あるごとく鴨の陣 後藤比奈夫
見張り鴨動かず波に身を任せ 右城暮石 上下
見渡してみてほどほどの鴨の数 桂信子 花影
見渡して動いてをらぬ鴨のなく 清崎敏郎
診察の椅子をくるりと鴨の湖 波多野爽波
誰と逢ふ約もなければ鴨でも見む 安住敦
誰も見ず明石潮路に鴨一羽 山口誓子
豊年や尾越の鴨の見ゆるとき 森澄雄
貰ひたる鴨をしたたる雨雫 大野林火 雪華 昭和三十五年
賞園の空暮れ淵の鴨飛んで 山口青邨
赤彦の歌碑のほとりの鴨を聞く 山口青邨
起し見て鴨は他意なくくづをるる 中村汀女
足袋よごし佇つ山陰に鴨啼けば 橋閒石 無刻
踏青や遠さざなみの芯に鴨 岡本眸
蹊を天井向けに鴨の店 阿波野青畝
身中の鴨に眠りの神誘ふ 桂信子 花影
軒の雨玉の簾や鴨を前 山口青邨
軽装のわれら三人鴨の陣 原裕 青垣
近づけば鴨遠ざかる水尾となる 稲畑汀子
近江にて水遠き野やもどり鴨 能村登四郎
逃げる逃げる野鴨野鼠妻の時間 金子兜太
遅れ翔つ鴨はしんがり心得て 平畑静塔
道に出て鴨ころころと乾くなり 岡本眸
遠い女シベリヤの鴨潟に浮き 西東三鬼
遠き鴨蜑の早寝に雪積り 林翔 和紙
遠ネオン読めて意味なし鴨も旅寝 中村草田男
遠江湖の微塵は鴨なりけり 山口誓子
遠目には浮寝のさまの鴨の陣 鷹羽狩行
遠鴨といふはおもちやのやうに浮く 後藤比奈夫
遠鴨に目やりて年ぞ新たなる 木村蕪城 寒泉
遠鴨の念仏汝の鎮魂歌 角川源義
野風呂さん在るがごとくに鴨百句 阿波野青畝
野鴨霧にまぎれ狐も凍みゆくや 金子兜太
野鴨驚き飛びたつてゆく君が家 金子兜太
鈴鴨の海に護られ座禅窟 佐藤鬼房
鈴鴨の突進一揆なせりけり 阿波野青畝
鉄塔は長物ならず鴨飛んで 山口誓子
鉄砲の発火と鴨の距離を問ふ 阿波野青畝
銃口にかゝる命や空の鴨 日野草城
銃口を下げ鴨撃の一と会釈 阿波野青畝
銃音に湖空めぐる夜明け鴨 飯田蛇笏 家郷の霧
長閑さにまだゐる鴨や浦戸湾 松本たかし
門川は鴨と共有寒の内 百合山羽公 樂土以後
降りし鴨光りまぎるる湖面あり 稲畑汀子
降る雪にさめて羽ばたく鴨のあり 加藤秋邨
降る雪のいまは鴨さへかきくらす 水原秋櫻子 蘆刈
降る雪の底にして鴨の青うごく 水原秋櫻子 蘆刈
降る雪の松に浮寝の鴨にふる 水原秋櫻子 蘆刈
陣といふ言葉は嫌ひ鴨の陣 後藤比奈夫
陣立の鴨に居眠許されず 後藤比奈夫
陸暗くなりてそはそは海の鴨 右城暮石 句集外 昭和三十六年
陸鴨に温もる 翼下の石五六個 伊丹三樹彦
隣る池まで陸濡らす 移り鴨 伊丹三樹彦
雄鴨の朝 水浴びの誇示またも 伊丹三樹彦
雄鴨雌鴨~とつゞく見ゆ 高野素十
離れたる家鴨を追ひて鴨飛べり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
離れ昃るは雌鴨か哀れ水尾も曳かず 橋閒石 無刻
難民のごとく包まり浮寝鴨 鷹羽狩行
雨の鴨嘴に銜へしもの垂らす 右城暮石 句集外 昭和五十七年
雪の日や鴨場の御狩せられけり 河東碧梧桐
雪はらはず鴨殺生の傍観者 橋本多佳子
雪催翔ちきつたるや鴨の青 齋藤玄 飛雪
雪待月その幽けきを鴨なけり 加藤秋邨
雪後いま慎しみ浮ぶ鴨の群 飯田龍太
雪明りこゑももらさず餌場の鴨 橋本多佳子
雪消えし沢よと見れば鴨翔てり 山口誓子
雪白の中に鴨見の目がつぶれ 平畑静塔
雪空ゆるがして鴨らが白みゆく海へ 種田山頭火 自画像 層雲集
雲集の鴨やこころは北に向け 百合山羽公 寒雁
霧の中蓮田の空を小鴨とぶ 右城暮石 句集外 昭和八年
青襤褸にまぎれなかりし鴨の果 斎藤玄 狩眼
青頸の青に奢りのもどりけり 飯島晴子
鞘当の鴨の勢ひ遠眼鏡 阿波野青畝
須佐之男が裂きし鴨裂くたましひも 斎藤玄 狩眼
風やめば櫓が映り鴨の濠 後藤比奈夫
風景のなかに昏れゆく湖の鴨 桂信子 花影
風立てば鴨の浮き足月の出前 桂信子 晩春
風落ちて夜鴨の声を聞きとめし 清崎敏郎
風除の隙鴨を見て人撃たず 山口青邨
飄飄と先行く翁には鴨が 佐藤鬼房
飛びし鴛鴦鴨と変らぬ形せり 右城暮石 句集外 昭和六十三年
飛び立つて十字絣の海の鴨 山口誓子
飛び翔てば全身黒き鴨となる 右城暮石 虻峠
飛ぶ鴨の拙き翅を見る勿れ 山口誓子
餌に潜る 射程距離とは無縁の鴨 伊丹三樹彦
餌付鴨寄りて縄張争へり 右城暮石 句集外 昭和五十六年
首長に鴨とぶ額の花のうへ 岡井省二 明野
驚きし鴨の声にて闇は満つ 加藤秋邨
鳥海の尾越の鴨に別れけり 松崎鉄之介
鳰と鴨違ふ動きをして浮けり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
鳰のうみ青波を鴨ついばめり 平畑静塔
鳰まぎれこみたる鴨の陣 清崎敏郎
鳴き立つる鴨波被ても波隠れず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
鳴くを鴨ときめて蒲団に寝ねがたしや 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
鴛鴦と鴨かりのめをとや年の暮 山口青邨
鴛鴦のねむりわかたれ乞食鴨 鷹羽狩行
鴨あそぶ仲に蹼もたぬ鳩 阿波野青畝
鴨あはれ宙青ければ鳴き乱れ 細谷源二 砂金帯
鴨あふぐ征かぬ大学生ふたり 加藤秋邨
鴨あまた一夜に下りぬ散紅葉 水原秋櫻子 重陽
鴨あまた浮かべし湖や諏訪の神 木村蕪城 一位
鴨あるく池一はいの氷かな 正岡子規 氷
鴨いよゝふえてわが船先よぎる 高浜年尾
鴨うごき闇に水輪のひろがれる 桂信子 花影
鴨が群れゐたり港の近づきて 右城暮石 句集外 昭和四十七年
鴨が翔ぶはつり仏がとぶごとし 岡井省二 明野
鴨く燕仰ぎ灯台守と話す 野見山朱鳥 幻日
鴨こぞり夕逆浪に闇待てり 松村蒼石 雁
鴨さびし村八分されたるも居り 阿波野青畝
鴨しかと見ゆ嘴の平たきも 山口誓子
鴨すべる己の影をぶらさげて 有馬朗人 耳順
鴨たちに冬百日は過ぎ易し 安住敦
鴨たつや影より己ひきちぎり 有馬朗人 耳順
鴨たてゝ再びねむる野山かな 前田普羅 能登蒼し
鴨つぎつぎ着水 身震う櫨紅葉 伊丹三樹彦
鴨てふ字出来し前より鴨泛かぶ 桂信子 花影
鴨とても一本杙に長居せず 平畑静塔
鴨とべりわれの頭と松が枝と 岡井省二 有時
鴨と居て 鴨の声出す 男ひとり 伊丹三樹彦
鴨と鯰萍あれば出会いけり 金子兜太
鴨と鳰見分くる白さ目じるしに 右城暮石 句集外 昭和五十二年
鴨と鴛鴦見分けつくまで見続ける 右城暮石 散歩圏
鴨どもとつゞきに寝たる心地よさ 飴山實 次の花
鴨に会ふためには用意足らざりし 後藤比奈夫
鴨に囲まれてさつぱり温もらず 岡本眸
鴨に餌を投げ尽したる たなごころ 伊丹三樹彦
鴨ねむる水の変貌深まりて 古舘曹人 能登の蛙
鴨ねるや舟に折れこむ枯尾花 正岡子規 鴨
鴨のこる池が真中競馬場 飯島晴子
鴨のこゑそのうしろより闇のこゑ 野澤節子 八朶集以後
鴨のこゑ蘇鉄の河に銀の日矢 角川源義
鴨のなく雜木の中の小池哉 正岡子規 鴨
鴨のなげきどんなめがねをかければ知るや 細谷源二 砂金帯
鴨のなげき共々空に首のべて 細谷源二 砂金帯
鴨のよくあがりて朝の東風の磯 岡井省二 五劫集
鴨のゐて鴛鴦はをらずやをりにけり 清崎敏郎
鴨の出で入り海苔粗朶の放棄林 鷹羽狩行
鴨の列堰きゐて川に淀つくる 山口誓子
鴨の声 深沈 番屋日誌も更け 伊丹三樹彦
鴨の声媼の泪ぬくかりし 飯島晴子
鴨の声昏るるに早き水の上 角川源義
鴨の声燈のある道になかなか出ぬ 大野林火 雪華 昭和三十六年
鴨の好く河がこれかと河を見る 山口誓子
鴨の季過ぎしよ囮鴨もゐず 鷹羽狩行
鴨の宿著けばとつぷり暮れてゐし 清崎敏郎
鴨の居るあたりもつとも光る湖 稲畑汀子
鴨の岸少年幽かなる痙へ 藤田湘子
鴨の川の未明や獄の時計塔 松村蒼石 雪
鴨の意のまま右往する左往する 山口誓子
鴨の水かしこき苑の松の影 石塚友二 方寸虚実
鴨の水ごぼりごぼりと日が昇る 佐藤鬼房
鴨の水舟遣る人に活計の和 石塚友二 方寸虚実
鴨の池さりげなく鴛鴦をゆるす 松村蒼石 雪
鴨の池大きく浮ぶ雁らしき 高野素十
鴨の池山を距てて浦戸湾 右城暮石 散歩圏
鴨の沼雁の沼大花野 高野素十
鴨の波夕明りしてひろごれり 高野素十
鴨の泣く土師の古道かい暮れぬ 阿波野青畝
鴨の浮き出づるとき海盛り上る 山口誓子
鴨の浮くあたり日ざして霧深し 臼田亜郎 定本亜浪句集
鴨の海今朝わたりきし事を思ふ 高野素十
鴨の湖ここで一度に怒りけり 飯島晴子
鴨の目に柿赤くてまだかたき 山口青邨
鴨の群たむろす声も鶴の里 山口青邨
鴨の群移動す一羽従はぬ 山口誓子
鴨の群翔けりて那古の浦と呼ぶ 山口誓子
鴨の群飛べり追越し自由にて 山口誓子
鴨の羽根浮きたる水の堰を越ゆ 桂信子 花影
鴨の聲母の衣を貰ひけり 永田耕衣
鴨の聲蜜柑ひそかに母にやる 永田耕衣
鴨の胸波の高さの見ゆるなり 石田勝彦 秋興
鴨の胸老女の如き小紋着て 山口青邨
鴨の遺句かなしき小さき忌を修す 富安風生
鴨の門あり水生の芦生には 平畑静塔
鴨の陣から雁の陣 時雨過ぐ 伊丹三樹彦
鴨の陣はつきり雪の山ぼうと 波多野爽波 鋪道の花
鴨の陣ゆれず西湖の島ゆれず 鷹羽狩行
鴨の陣何の字北の字とも見ゆ 山口誓子
鴨の陣座敷より見ゆ諏訪の宿 山口青邨
鴨の陣日当るかたへ移りけり 安住敦
鴨の陣照り昃りして波の間に 福田蓼汀 山火
鴨の陣絶壁の裾はやゆふべ 福田蓼汀 山火
鴨の陣遠見は黒き影ばかり 高浜年尾
鴨の雄に美しからぬ雌が添へり 山口誓子
鴨の鳴く梁山泊の裏手かな 正岡子規 鴨
鴨はただ黒しと思ふへだたりに 山口青邨
鴨は枯木に女達髪を結ふ 山口青邨
鴨は洲に寄れり最も好きな洲に 山口誓子
鴨は翔つ脂粉のにほひただよへば 山口青邨
鴨は翔び下手よ渚に老婆出て 岡井省二 明野
鴨は見るばかり味噌汁酒の燗 正岡子規 鴨燗(かん<酉+間>)
鴨は飛ぶ 粧う山の抛物線 伊丹三樹彦
鴨めつきり減りし蜆を掻いてをり 安住敦
鴨もろく飛雪に遠く撃たれけり 飯田蛇笏 家郷の霧
鴨わたり暮雨瀟々の前穂高 水原秋櫻子 玄魚
鴨ゐるはゐるはと顔がにつこりす 岡井省二 前後
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 松本たかし
鴨を撃つ夜明け路地でる伯父の棺 金子兜太
鴨を撃つ舟かやいまに暮るるべし 山口誓子
鴨を曳きずる小包の紙のまま 山口誓子
鴨を焼く鉄板さても硯に似て 山口青邨
鴨を見てをりて翁の忌なりけり 清崎敏郎
鴨を見てをり夫婦とは親子とは 安住敦
鴨を見ることも遊びのうちといふ 雨滴集 星野麥丘人
鴨を見るコートの下に喪服着て 深見けん二
鴨を見るシートベルトを外さずに 右城暮石 一芸
鴨を詠み白鳥を詠みながらの旅 佐藤鬼房
鴨一羽こんなところといふところ 石田勝彦 秋興以後
鴨一羽翔ち遅れ飛ぶ船の上 右城暮石 上下
鴨一羽顔振り向きて吾を見る 右城暮石 散歩圏
鴨一羽飛んで野川の暮にけり 正岡子規 鴨
鴨三羽歩みいし我追随す 金子兜太
鴨休む島は水浸けり鴨猟場 山口青邨
鴨去れりややありて鴨の声はつか 橋閒石 朱明
鴨向きをかへてかはしぬ蘆の風 松本たかし
鴨啼いてともし火消すや長だ亭 正岡子規 鴨だ<酉+它>
鴨啼いて昔の見ゆる日暮がた 岡本眸
鴨啼くや上野は闇に横はる 正岡子規 鴨
鴨啼て比枝山颪來る夜哉 正岡子規 鴨
鴨啼や火鉢の炭の消え易き 正岡子規 鴨
鴨四五羽翔ち二三羽のおくれ翔ち 深見けん二
鴨天国金く河口埋めをり 阿波野青畝
鴨威し燃えはじめたる宿屋かな 高野素十
鴨宿の屏風金屏とはゆかず 桂信子 花影
鴨宿の帳場船長帽かかり 後藤比奈夫
鴨射ちが粉雪を払ひ船上る(七尾にて二句) 細見綾子
鴨射ちの下げたる鴨の目は見ざり(七尾にて二句) 細見綾子
鴨屋一軒美事な風の吹いてゐる 飯島晴子
鴨山かこの枯山を疑へり 山口誓子
鴨山は岩根の山か人丸忌 山口青邨
鴨平悼む コーヒーに匙ながく沈め 伊丹三樹彦
鴨御猟場の正門の鉄格子 清崎敏郎
鴨打ののつと加はる夜汽車かな 中村汀女
鴨打の家の女房子を抱く 高野素十
鴨打の家の子供等庭を掃く 高野素十
鴨打の舟の戻りつきし渚の波 中川一碧樓
鴨打を憎み歩み 中川一碧樓
鴨捕れぬかはりに呉れし小綬鶏 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鴨探がす船中湖に堪能して 右城暮石 上下
鴨探がす船湖を割りすゝむ 右城暮石 上下
鴨探す船の鏡中湖が満つ 右城暮石 句集外 昭和三十五年
鴨撃たぬ退屈日向ちりばむる 斎藤玄 狩眼
鴨撃たる吾が生身灼き奔りしもの 橋本多佳子
鴨撃ちと逢ひ鴨撃ちの眼と逢ひぬ 鷹羽狩行
鴨撃ちに空の鴨道月出でぬ 高野素十
鴨撃ちの相逢ひて目をそらしゆく 加藤秋邨
鴨撃ちの素破射損じし鴨翔てり 石塚友二 光塵
鴨撃ちや晝は百姓餘念なく 高野素十
鴨撃つてそれより長き砂洲かへす 山口誓子
鴨撃つて喜ばるるは薪を炉に 石川桂郎 四温
鴨撃と見ゆる一舟漕ぎ出しぬ 清崎敏郎
鴨撃の銃ならん否威銃 清崎敏郎
鴨撃の銃音ならん遠こだま 清崎敏郎
鴨撃は猟男にあらじ鴨くさし 斎藤玄 狩眼
鴨料理平鉢に載す一羽分 右城暮石 散歩圏
鴨日和とは風が吹き波が立ち 後藤比奈夫
鴨暮れて銭屋五兵衛を空しうす 阿波野青畝
鴨毟る雪降らざれば止まぬなり 橋本多佳子
鴨池につき出し山の薄紅葉 高野素十
鴨池に思はぬ長居してをりぬ 安住敦
鴨池に蔭あれば鴨蔭にゐる 山口誓子
鴨池の冬霞見てもどりけり 右城暮石 句集外 昭和十一年
鴨池の陸を好みて白鳥よ 平畑静塔
鴨池の鴨見つづけて一周す 右城暮石 句集外 昭和四十六年
鴨池を 離陸大事の ジェット機過ぎ 伊丹三樹彦
鴨沖にユネスコ村の楽流れ 山口青邨
鴨流れゐるや湖流るるや 深見けん二
鴨浮くほかなく鳰沈むほかなく 安住敦
鴨浮けり上流に向き下流に向き 山口誓子
鴨浮寝ときに覚めては向きかふる 高浜年尾
鴨涼し人の母子の睦ぶ前 安住敦
鴨猟ののぞき穴など冬うらら(浜離宮) 細見綾子
鴨発つてひかりを散らす深入江 佐藤鬼房
鴨眠る 池心の天へ凧糸繰る 伊丹三樹彦
鴨眠る中洲無数の砂ゑくぼ 伊藤白潮
鴨眠る山の眠りを頒たれて 鷹羽狩行
鴨睦む強気をもつて師にむけば 佐藤鬼房
鴨睦む水の面に立ちあがり 鷹羽狩行
鴨立ちしあとに花咲く紡ぎ唄 橋閒石 卯
鴨笛の一番星も誘ひけり 百合山羽公 樂土
鴨絶えず動いてをりて陣なさず 清崎敏郎
鴨網や青首一羽外道二羽 百合山羽公 樂土
鴨網場小鴨のこゑの先づ近し 百合山羽公 樂土
鴨群の鴨翔つ従ひしは数羽 橋本多佳子
鴨群るるいとしづかなりいつか見えず 松村蒼石 雁
鴨群るるさみしき鴨をまた加へ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
鴨群れてしづかに浮ぶ又この景 山口誓子
鴨群れて浮くこれほどの奢りなし 山口誓子
鴨翔たばわれ白髪の媼とならむ 三橋鷹女
鴨翔ちしそのあとの水広かりし 高浜年尾
鴨翔つて広き皇居の空なりし 高浜年尾
鴨翔つを素手で計りて射程距離 右城暮石 上下
鴨翔てばたちまち山の上に出る 右城暮石 句集外 昭和三十五年
鴨翔てば古き影あり水の上 永田耕衣
鴨若し挙措ことごとく光生み 岡本眸
鴨見てをれば修学旅行うしろを過ぐ 安住敦
鴨見るに欲しき手袋耳袋 後藤比奈夫
鴨見るベンチひとの母子と相席で 安住敦
鴨追うて何とせむ古王宮の水 臼田亜郎 定本亜浪句集
鴨遊ぶ青沼を過ぎ火葬場へ 佐藤鬼房
鴨隠し 知らぬ存ぜぬ 大葦原 伊丹三樹彦
鴨雄々しみな風に向き波に乗り 山口青邨
鴨離れ浮く大群と小群と 山口誓子
鴨飛ぶや鴨の桃源境抜けて 百合山羽公 寒雁
鴨飛べり長距離を行く形して 右城暮石 散歩圏
鴨飛来 水没村の墓碑をかすめ 伊丹三樹彦
鴨飛翔翅切々と動かして 右城暮石 句集外 昭和四十六年
鴨飛翔黒く全身充実して 右城暮石 上下
鴨食うていいことはないかも知れぬ 亭午 星野麥丘人
鴨食うてゐる床の間に寒櫻 森澄雄
鴨食うて肋抱いて寝まりたり 岡井省二 前後
鴨食ふや湖に生身の鴨のこゑ 森澄雄
鴨高く翔けて立山をよぎりたり 水原秋櫻子 玄魚
鴨鳴いてわづかな日射散らしけり 岡本眸
鴨鳴いて何処かに月のありにけり 加藤秋邨
鴨鳴いて月さしそめし障子かな 加藤秋邨
鴨鳴くは湖近きこと霧の中 山口青邨
鴨鳴くや傘のうちなる手が濡れて 岡本眸
鴨鳴くや流動ほのと天の星 百合山羽公 故園
鴨鳴くや湖光をつつむ夜の雨 村山故郷
鶯も鴨の巣にすむ秋の暮 正岡子規 秋の暮
鶴たむろ鴨たむろすや月の下 山口青邨
鶴の餌を鴨がぬすむと憎みける 山口青邨
鷲がゐて池の鴨みな息づまる 山口誓子
麗や皆働ける池の鴨 松本たかし
黒が濃し散りゐたる鴨かたまりて 山口誓子
黒き肝食うべて鴨と浮き寝せる 桂信子 花影
黒雲を出し鴨見ゆる西の天 右城暮石 上下

鴨 続補遺

あめつちの透間や鴨の浪にのる 寥松
あるものか鴨といふ舟の人の汗 沾徳 花摘
うねうねと船に筋かふ鴨の声 佐藤鬼房
かみこ着し我をしかるか鴨の声 鈴木道彦
かも河の鴨を鉄輪に雪見かな 其角
かれ芦にかいくれ見えぬ小鴨かな 露川
かれ芦や鴨見なくせし鷹の声 炭太祇
きぬを踏脛より鴨のあぶら哉 建部巣兆
くる~と堀江の鴨の浮寐哉 支考
こがらしやけさはふへたる池の鴨 井上士朗
しぐるゝや鴨の羽色の筑波山 長翠
しらをともいはぬあたりや鴨の糞 寥松
すゞ鴨や日ぐれざかひの野の曇り 成田蒼虬
ずうと行鴨の心をしらで何 兀峰
そらはまだ鴨の羽音の柳かな 木導
たつ鴨の腋からおとす田螺哉 桜井梅室
たつ鴨を犬追かくるつゝみかな 乍木
たま味噌に鴨や山家の旅籠汁 三宅嘯山
つれ汐や鴨も旅寐の枕かえ 野坡
なつかしきみちのくぶりや鴨雑煮 三宅嘯山
はゞからず雀のゆくや鴨の中 蕉雨 発句題叢
ひとつづゝあとへ廻るや暮の鴨 卓池
ひよこ~と浪にまかする小鴨哉 旦藁
ひる啼てさびしきものや小田の鴨 成田蒼虬
ほとゝぎす鴨河越えぬ恨かな 高井几董
またがりて藻屑にまかす小鴨哉 一笑(金沢)
むかし誰この堀越えし鴨脚ぞも 高井几董
もち直す日和も寒し鴨の艶 馬場存義
やはらかに石をつゝくや鴨の觜 雪芝
よしか芦か鴨のうき巣かごもくたか 琴風
わたる鴨一谷づゝに一とまり 桜井梅室
をし鴨のつくべき水の見晴かな 林紅
三日月を見添ては聞鴨の声 野坡
人かほを見てなく鴨ぞいた~し 成美 はら~傘
何処からか出て来て並ぶ小鴨かな 成田蒼虬
喰ふて寐る身の不性さよ浪の鴨 野坡
坂下りて月夜も闇し鴨の声 有井諸九
声たてゝ池這あがる田鴨哉 秋之坊
声ほそき小鴨にはるゝ雪吹哉 秋之坊
売鴨の毛も撫つくす師走哉 浪化
夕雲のてるや藪根のひとつ鴨 成田蒼虬
夜あらしや鴨の腹する長等越 正秀
夜がらすをそやし立鳧鴨のむれ 丈草
夜すがらの鴨より寒し鷺の鈍 百里
夜は鴨のこゑひゞくなりから瓢 井上士朗
夜道打耳の根摺て鴨の声 朱拙
夢みたか啼て飛ゆく浮ね鴨 配力
家鴨かとおもふ人なし沖の鴨 佐藤鬼房
寐ることをあまりきらひな小鴨哉 松窓乙二
小一時門たゝけども鴨の声 田川鳳朗
小田に降雨見てもひく小鴨哉 松窓乙二
小鴨にも余所々々しさや都鳥 鈴木道彦
小鴨にも余所~しさや都鳥 道彦 蔦本集
小鴨啼水ふむ道の夜明かな 五明
尻ざりに鴨見て入ぬ門の口 松窓乙二
尾をこしぬ北斗を跡に鴨の声 三宅嘯山
山水や鴨の羽色に流れこむ 松窓乙二
峠こす鴨のさなりや諸きほひ 丈草
島やりに小鴨ながるゝ夕哉 百里
己が塩やくともしらず鴨の声 野坡
己が闇声は見られて月の鴨 野坡
我かみこ鴨の足水かゝりけり 加藤曉台
打入て先あそぶ也池の鴨 北枝
折~や唯近付の鴨の声 田川鳳朗
捨たりな鴨に追るゝ夜の雨 百里
敲れむ船頭もなし鴨のこゑ 許六
旅しらぬ友まじはりや花に鴨 田川鳳朗
旅姿鴨さへ迯ぬあわれ也 如行
日に鴨の白沙あゆむ尾ぶりかな 白雄 白雄句集
明方や城をとりまく鴨の声 許六
暗がりや鴨鳴方の北らしき 田川鳳朗
月の夜をきたなくするな鴨の声 松窓乙二
朝川にひたして赤し鴨の足 成田蒼虬
朝顔よおもはじ鶴と鴨のあし 素堂
朝~にかぞへる池の小鴨哉 成田蒼虬
棒提てゆけば鴨なく沢辺かな 夏目成美
此日和冬に入ての出鴨哉 呂風
歯朶うりと一度に鴨の羽音哉 智月尼
毛を立て驚く鴨の眠かな 黒柳召波
水に巣の鴨方ならば一夜寐ん 支考
水仙に花なき里の小鴨かな 松窓乙二
水凝て鴨なく星の林かな 椎本才麿
池の雪鴨やあそべと明て有 千代尼
汲水の波をよけ行小鴨かな 成田蒼虬
沖の寒岸にうねるや鴨の波 野坡
法の声睡るや鴨も香炉形リ 野坡
洗得し皃見せ茎や鴨の水 三宅嘯山
浮鴨のゆふ暮はこぶ嶋根かな 寥松
浮鴨や戯男に射崩され 加藤曉台
湖を鴨で埋たる夜あけかな 井上士朗
滝つぼを覗て見たる小鴨哉 程已
片~に見えつ濁りつ鴨かもめ 土芳
献立に鴨とかく筆物ぞおもふ 百里
立テ~といふて一度に鴨の飛 水颯
紅梅によりうく鴨の名残哉 素行
経石にけふは換ふぞ鴨脚ちる 鈴木道彦
群鴨の遁れ行江や流しもち 三宅嘯山
胸水のうごく鴨より夜のしらむ 寥松
自由して鷺に見せたる小鴨かな 鼠弾
芦鴨のさはがぬ宿も石の上 北枝
芦鴨の寐るより外はなかるべし 建部巣兆
草枯に手うつてたゝぬ鴨もあり 利牛
荷(か)たれて母にそふ鴨の枕蚊帳 素堂
菅かれて喰物清し鴨の声 野坡
萍に何を喰フやら池の鴨 嵐雪
蓼青し鴨をつらぬく泉川 三宅嘯山
薄塩の鴨になづなの雫かな 浪化
見たよりは松山浅し鴨の声 田川鳳朗
觜に目のあぶなさや並ぶ鴨 杜若
遁れけり年の矢向の老の鴨 野坡
達磨忌や空から戻る鴨の沓 蓼太 蓼太句集二編
遠干潟沖はしら波鴨の声 佐藤鬼房
野あらしに鴨なを眠る小池哉 荻子
鈴鴨の虚空に消ゆる日和哉 成田蒼[きゅう]
鈴鴨の虚空に消る日和哉 成田蒼虬
鈴鴨の音や拍子や朝の月 芙雀
鈴鴨やともに駅路の夜あけがた 馬場存義
銭百で買れうならば波の鴨 松窓乙二
間引菜やそゝぎ上たる鴨の水 三宅嘯山
雁鴨に鳩の居まじる冬野かな 鈴木道彦
雁鴨の影くみかはす祝ひ哉 田川鳳朗
雁鴨の日さへ短く成にけり 松窓乙二
雁鴨を浪に打こむ雪吹かな 素覧
雪ぞらや河内の海の鴨の声 野坡
霜さむし鴨は身幅の石の上 卓袋
霜腹の寐ざめ~や鴨のむれ 丈草
青竹のそなた表や池の鴨 松窓乙二
風呂に居て鴨の料理の差図かな 桜井梅室
高網に鴨もぬからぬ羽音かな 怒風
鳴ぬ鴨ばかり昼つく門田哉 田川鳳朗
鴈鴨や又うちあけて神送 去来
鴛鴨かなけば枯たつ芦辺哉 井上士朗
鴛鴨の毛ごろも染よあきの水 井上士朗
鴛鴨よ延喜の御代の鳥ならん 鈴木道彦
鴨うりのほめ~撫る背中哉 朱拙
鴨うればむしろ売也年の暮 凉菟
鴨おりて水まであゆむ氷かな 嵐雪
鴨おろす水に筋あり昆陽の池 支考
鴨なくや二月の雨が雪になる 長翠
鴨なくや名をいゝ当し闇の友 野坡
鴨なくや汐さす堀の行留り 桜井梅室
鴨なくや雪にもち込南じけ 鈴木道彦
鴨のなく声よりうへの月夜哉 田川鳳朗
鴨のなく背戸田へ千里冬がまへ 鈴木道彦
鴨の声寝耳をきしる夜ぞ寒き 野水
鴨の巣の見えたりあるはかくれたり 路通
鴨の毛や笊打たゝく軒の水 黒柳召波
鴨の毛や鴛の衾の道ふさげ 其角
鴨の毛を捨るも元の流かな 炭太祇
鴨の羽を借して飛すや冬の梅 中川乙由
鴨の脚継やうき世のとしの波 望月宋屋
鴨一羽帯にはさむやとしの市 凉菟
鴨啼や弓矢を捨て十余年 去来
鴨啼や浦淋しくもたつ楸 加舎白雄
鴨啼や皆寺附の浜長家 三宅嘯山
鴨啼や菊で垣したながしもと 鈴木道彦
鴨啼や雪の明りのあつみ山 長翠
鴨啼や風に消たる砂の道 長翠
鴨河の一瀬になりて寒さかな 風国
鴨脚葉や唐の倭の書の腹 三宅嘯山
黒鴨のふくべのまねや夕涼み 野径

以上

by 575fudemakase | 2017-01-23 04:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング