鴛鴦 の俳句

鴛鴦 の俳句

鴛鴦 の例句


鴛鴦 補遺

あさあけや鴛鴦のみ渡り来し山湖 松村蒼石 雁
あはれ也死でも鴛の一つがひ 正岡子規 鴛鴦
いつからのやもめぐらしぞをし一つ 正岡子規 鴛鴦
いつの間に殖えて華やき鴛鴦の沓 後藤比奈夫
うかぶ鴛鴦色うしなへりななかまど 水原秋櫻子 殉教
うつりすぐ善女善男鴛鴦の水 飯田蛇笏 春蘭
おとうとよ鴛鴦の池荒れてゐる 飯島晴子
おもひ羽を高くあげたり雪の鴛鴦 原石鼎 花影
くづれては鴛鴦に波うつ松の雪 尾崎放哉 大学時代
さゞなみの音たつらしも鴛鴦眠る 渡邊水巴 富士
そのうちに隠れ住みたき鴛鴦の沼 飯島晴子
ただ一角の巌頭鴛鴦の淵深し 中村草田男
ひとそろひゐるばかりなる鴛鴦涼し 日野草城
よる鴛鴦にかげふかぶかと雨の傘 飯田蛇笏 山廬集
をしの中を邪魔する鳥もなかりけり 正岡子規 鴛鴦
をし鳥の小嶋に上る氷かな 正岡子規 鴛鴦
をし鳥や嵐に吹かれ月に流れ 正岡子規 鴛鴦
をし鳥や廣間に寒き銀屏風 正岡子規 鴛鴦
をし鳥や氷の劍ふんで行く 正岡子規 鴛鴦
人間のやもめを思へ鴛二つ 正岡子規 鴛鴦
今にして思へば夏の鴛鴦ながれ 飯島晴子
円光を著て鴛鴦の目をつむり 長谷川素逝 暦日
凩に尻をむけけり離れ鴛 正岡子規 凩
初鴨の鴛鴦にまじつて人に媚び 山口青邨
剃り立ての顔にぺたぺた鴛鴦の水 秋元不死男
古池に亡き妻や思ふ鴛一羽 正岡子規 鴛鴦
古池のをしに雪降る夕かな 正岡子規 鴛鴦
古池や昼静かなる夏の鴛 正岡子規 夏
囲む山高飛ぶ鴛鴦を見たかりし 右城暮石 句集外 昭和六十三年
城の名は不来方鴛鴦の渡りけり 阿波野青畝
夜嵐や鴛鴦の思ひ羽散りもあへず 正岡子規 鴛鴦
天女履きすてし如くに鴛鴦の沓 後藤比奈夫
寒狭川奥の澱に鴛鴦の群 松崎鉄之介
小心の鴛鴦に霰の水柱 日野草城
山堰きし水源ダムに鴛鴦居つく 右城暮石 一芸
山川をながるる鴛鴦に松すぎぬ 飯田蛇笏 春蘭
年暮るる雌の鴨つれ雄の鴛鴦 山口青邨
後水尾天皇のこと鴛鴦の池 燕雀 星野麥丘人
思ひ羽を崩しては鴛鴦滑走す 右城暮石 句集外 昭和六十二年
思ひ羽を崩して鴛鴦が鴛鴦を追ふ 右城暮石 句集外 昭和六十三年
思羽いとしや老の書にはさむ 山口青邨
撃ちもたらす鴛鴦どこよりか泥こぼす 橋本多佳子
散る雪に息して鴛鴦の思ひ羽 能村登四郎
新涼の水かきうすく鴛鴦流る 松村蒼石 寒鶯抄
日ざしきて鴛鴦のさざ波彩絵なす 上村占魚
日の中のひかりをひいて鴛鴦すすむ 長谷川素逝 暦日
日も月も窃かに注せり鴛鴦の池 飯島晴子
早も小雪かゝりし水や鴛鴦の沓 原石鼎 花影以後
旭に飛べる鴛鴦見たり甲斐の春 原石鼎 花影
月さして鴛鵞泛く池の水輪かな 飯田蛇笏 山廬集
月の鴛鴦みじろぐさまの水輪かな 西島麦南 人音
朝の靄彩だたせ鴛鴦たむろせり 上村占魚
樹にとまりすずしき鴛鴦の水かがみ 阿波野青畝
水づく枝を鴛鴦のすぎつつ底明り 飯田蛇笏 春蘭
水の輪を花のごとくに鴛鴦の池 鷹羽狩行
水泡立ちて鴛鴦の古江のさみだるゝ 村上鬼城
水美し鴛鴦の契の映りつつ 後藤比奈夫
涅槃図に侍れるときも鴛鴦の沓 後藤夜半 底紅
湖近く掌ほどの池鴛鴦を飼ふ 山口青邨
瀞を下るにつぎつぎに岸に鴛鴦 岡井省二 五劫集
積もりあへず思ひ羽振ふ雪の鴛 正岡子規 鴛鴦
細江一筋ここまで鴛鴦ののぼるとか 山口青邨
絶壁の一点に鴛鴦とまりけり 阿波野青畝
美しきほど哀れなりはなれ鴛 村上鬼城
老妻の筐底秘むる思羽 山口青邨
肉眼に見えざる鴛鴦が水脈つくる 右城暮石 句集外 昭和六十三年
舳に遠く鴛鴦とべりいしがはら 飯田蛇笏 山廬集
芙蓉咲いて古池の鴛やもめ也 正岡子規 芙蓉
花くもり鴛鴦の頭のひかるなり 下村槐太 光背
花ぐもり鴛鴦の頭のひかるなり 下村槐太 天涯
薄氷を踏むをし鳥の思ひかな 正岡子規 鴛鴦
薄絹に鴛鴦縫ふや春の風 正岡子規 春風
薄雪にふられて居るや鴛一つ 正岡子規 鴛鴦
虔しきほどは虚しき鴛鴦の水 斎藤玄 狩眼
衣紋着し客と鴛鴦飼ふ二日かな 原石鼎 花影
身を掻いて鴛鴦の艶すこし失せ 能村登四郎
迷ひ出し誰が別莊の鴛一つ 正岡子規 鴛鴦
迷ひ出でし誰が別莊の鴛一羽 正岡子規 鴛鴦
遠ちの鴛鴦躯かたむけ見てゐたり 上村占魚
釣殿の下へはいりぬ鴛二つ 正岡子規 鴛鴦
雄の鴛鴦は水尾を曲げ雌をみちびける 阿波野青畝
雄を逃げてくるりとまはる鴛鴦雌なり 阿波野青畝
雄雌を分ちて鴛鴦の数かぞふ 右城暮石 一芸
雌の鴛鴦飛び立ちて雄従へり 右城暮石 天水
霧ケ峰あすはも雪や鴛鴦を飼ふ 山口青邨
靜かさやをしの來て居る山の池 正岡子規 鴛鴦
飛びし鴛鴦鴨と変らぬ形せり 右城暮石 句集外 昭和六十三年
飼ひなれしをしや汽車にも驚かず 正岡子規 鴛鴦
鴛鴦あそぶ水玉水の上をまろび 長谷川素逝 暦日
鴛鴦うくや林間の瀬のあきらかに 飯田蛇笏 心像
鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな 臼田亜浪 旅人 抄
鴛鴦と鴨かりのめをとや年の暮 山口青邨
鴛鴦に月のひかりのかぶさり来 阿波野青畝
鴛鴦ねむる山上の苑どんと祭 佐藤鬼房
鴛鴦のいづれ思ひ羽思はれ羽 鷹羽狩行
鴛鴦のつく山田の稲のおそじまひ 右城暮石 句集外 昭和八年
鴛鴦のねむりわかたれ乞食鴨 鷹羽狩行
鴛鴦のめをと~と進み連れ 高浜年尾
鴛鴦の二つ竝んで浮寐かな 正岡子規 鴛鴦
鴛鴦の二羽ゐて涅槃釈迦嘆く 右城暮石 句集外 昭和四十七年
鴛鴦の向ひあふたり竝んだり 正岡子規 鴛鴦
鴛鴦の夢の名残りのさざなみか 鷹羽狩行
鴛鴦の家鴨などにはかかはらず 清崎敏郎
鴛鴦の寝に窗掛おもく垂れにけり 飯田蛇笏 雪峡
鴛鴦の巣をたしかめに御杖村 右城暮石 散歩圏
鴛鴦の思ひ羽春を乱れけり 正岡子規 春
鴛鴦の水尾もつれたる風情なり 水原秋櫻子 蘆雁以後
鴛鴦の沓を揃へし眠りかな 鷹羽狩行
鴛鴦の沓夢窓國師は行きたまふ 川端茅舎
鴛鴦の沓女は穿くか小料理屋 山口青邨
鴛鴦の沓波にかくるることもあり 山口青邨
鴛鴦の深淵に得し妻なるか 中村草田男
鴛鴦の湖二つづつ出て夏星満つ 中村草田男
鴛鴦の濡れて居るなり春の雨 正岡子規 春の雨
鴛鴦の糞榛の花かと掌にのせし 右城暮石 句集外 昭和六十一年
鴛鴦の羽に薄雪つもる靜さよ 正岡子規 雪
鴛鴦の羽掻いて居る春風 正岡子規 春風
鴛鴦の色して一掬の水さへも 古舘曹人 砂の音
鴛鴦の色に寄りゆく菜屑の色 斎藤玄 狩眼
鴛鴦の雄いつも手前にをりにけり 岡井省二 夏炉
鴛鴦ばかりあたゝかさうや雪の中 正岡子規 雪
鴛鴦や交情水の流るるまま 中村草田男
鴛鴦や即刻愛し即刻絶つ 永田耕衣
鴛鴦や松ケ枝高く居静まり 川端茅舎
鴛鴦や雄の金の繍銀の繍 鷹羽狩行
鴛鴦をつつみてひかりよごれなし 長谷川素逝 暦日
鴛鴦夫婦気になる孔雀夫妻の餌 後藤比奈夫
鴛鴦捉へ望遠レンズ華やげり 右城暮石 句集外 昭和六十三年
鴛鴦来べき空を映して神の池 鷹羽狩行
鴛鴦泛いて人ひたぶるに枯るるかな 橋閒石 卯
鴛鴦浮くや雌やゝに雄に隠れがち 原石鼎 花影
鴛鴦鳴けり口まね出来ぬ声出して 右城暮石 一芸
鴨と鴛鴦見分けつくまで見続ける 右城暮石 散歩圏
鴨のゐて鴛鴦はをらずやをりにけり 清崎敏郎
鴨の池さりげなく鴛鴦をゆるす 松村蒼石 雪

鴛鴦 続補遺

おもひ羽に月さす鴛のうき寐哉 松岡青蘿
かたよりて島根の鴛の夕かな 黒柳召波
こがらしや日に~鴛鴦のうつくしき 井上士朗
しのびねに鳴夜もあらん離れ鴛 加藤曉台
すゝ掃やはたして居らぬ池の鴛 成田蒼虬
せりあふて寐かゝる時や鴛の声 舎羅
たはれ男よ鴛の契を思へかし 三宅嘯山
ひそかなる小池を鴛の寝床哉 尚白
ひとつかと瞞して見るや月の鴛 寥松
ほしか買鴛の洲崎へ暮そめき 指水 江戸名物鹿子
人をたゞうらみ声也はなれ鴛 加藤曉台
剃て住む爰にも鴛の浮世かな 蘆文
十石は鴛につく也龍安寺 其角
夜すがらの心づかひや眠る鴛 成田蒼虬
夜の鴛鴦の中よりも哀なり 加舎白雄
夫倶して鴛鴦は一しほ哀れ也 鈴木道彦
妻をしの影さす鴛の横身かな 田川鳳朗
子のやうに鴛をまはすや鳰 桜井梅室
対にしてかぞへて歩く鴛見哉 炭太祇
尋常に余所心なし鴛二ッ 三宅嘯山
小夜中や早瀬に鴛の声くだる 東皐
山吹や瓦の鴛を雛の苑 野坡
川舟につかの間鴛の別れかな 巽籬 反古ふすま
帰来て夜をねぬ音や池の鴛 炭太祇
影うつる鴛のふすまやよばひ星 高井几董
氷にも盞とぢよ鴛の中 其角
滝口やおもひ捨ても池の鴛 其角
片よつてあれは鴛なり池の月 小西来山
筏士の見かへる跡や鴛の中 木節
腹のたつ人にみせばや池の鴛 野水
袖嶋に通ふ妹背や秋の鴛 りん女
身をよせし人の別れや鴛の声 りん女
降たらぬほどや鴛見の池の雪 支考
音なしに鴛のつれまつ夕日哉 紫道
鴛と寐ん恋もしけるを寒苦鳥 鈴木道彦
鴛どりの中へ投ばや小さかづき 早野巴人
鴛どりの泉水山や嶋ひとつ 凉菟
鴛のはなのさかりの御池かな 尚白
鴛の一声も念を入にけり 利牛
鴛の中さけな礫をもつ童 園女
鴛の住池はどこ~後の月 りん女
鴛の住浪はうらなしきぬた貝 りん女
鴛の子のおもひ羽生ん秋のたつ 鈴木道彦
鴛の来て物潜なる小池哉 尚白
鴛の羽の影や氷の薄みどり 野紅
鴛の血に恋捨人や染がみこ 馬場存義
鴛の衾に二日やいとかな 黒柳召波
鴛は野鳥になりて声の色 土芳
鴛ばかり吹立られず風のあと 完来
鴛や所々の小藪の付とゞけ りん女
鴛鴦のかざしの花かかきつばた 松岡青蘿
鴛鴦のちぎりや沓の右ひだり 蓼太 蓼太句集初編
鴛鴦の樹からおりるや川けぶり 卓池
鴛鴦の盃とぢようすごほり 其角
鴛鴦も吹わけられて秋のかぜ 夏目成美
鴛鴦や下行水に八重の色 馬場存義
鴛鴦や十二の裾のはねかへり 素丸 素丸発句集
鴛鴦をむれて笑ふか朝すゞめ 寥松
鴛鴨かなけば枯たつ芦辺哉 井上士朗
鴛鴨の毛ごろも染よあきの水 井上士朗
鴛鴨よ延喜の御代の鳥ならん 鈴木道彦
鴨で来て鴛に浮ムや波の上 白雪
鴨の毛や鴛の衾の道ふさげ 其角
麦畑に鴛の啼音や朧月 曽良

以上

by 575fudemakase | 2017-01-23 05:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング