鳰 の俳句

鳰 の俳句

鳰 の例句


鳰 補遺

あかるくて老の遠目のかいつぶり 能村登四郎
あけぼのや覚めてまだ見ぬこゑの鳰 森澄雄
あまり小さき鳰の子なれば可笑しけれ 松本たかし
うつくしき語彙が過ぎけり鳰 能村登四郎
おどろきも怒りも鳰は潜くのみ 藤田湘子 神楽
かいつぶりいつたん退いて覆る 飯島晴子
かいつぶりさびしくなればくゞりけり 日野草城
かいつぶり人は夕映着て帰る 林翔
かいつぶり唇からこぼれしかと思ふ 岡井省二 夏炉
かいつぶり思はぬ方に浮て出る 正岡子規 鳰
かいつぶり日ざしつひやさざりしかな 岡井省二 夏炉
かいつぶり浮き沈み地は照り曇り 村山故郷
かいつぶり浮寐のひまもなかりけり 正岡子規 鳰
かいつぶり湖国の子ども欠伸欠伸 金子兜太
かいつぶり潜りしあとの霞かな 鷲谷七菜子 一盞
かいつぶり男は着物肩で着て 岡井省二 鯨と犀
かいつぶり釣人に日は暮れなづみ 飴山實 句集外
かいつぶり雨の日杭の沈むほど 古沢太穂 捲かるる鴎以後
かたかたは霰ふるなり鳰の月 正岡子規 霰
かつ翔んで鳰の細声年暮るる 森澄雄
きさらぎや鳰浮くまでの水の影 鷲谷七菜子 花寂び
きよときよとと鳰が過ぎゆく忘れ稲架 能村登四郎
きらめきし後の昏きが鳰 斎藤玄 狩眼
きりもなきさみだれ鳰の長潜り 大野林火 方円集 昭和五十年
ぐるりから春風吹くや鳰の海 正岡子規 春風
さざなみに消されてしまひかいつぶり 鷹羽狩行
さまざまな声経て雪の鳰のこゑ 岡井省二 明野
さらばこそ雪中の鳰として 赤尾兜子 玄玄
さゝ波や氷らぬ鳰の湖青し 正岡子規 鳰
さゞなみの鳰におりたち紅葉狩 百合山羽公 春園
しんかんと汝が瞳かげれり鳰の声 渡邊白泉
すぐ消える波紋も 鳰の由無しごと 伊丹三樹彦
すさましや霰ふりこむ鳰の海 正岡子規 霰
それなりの浮沈つづける 離れ鳰 伊丹三樹彦
つむりさだかに六月のこゑの鳰 岡井省二 夏炉
とある鳰鴨を水先案内す 阿波野青畝
ながれ鳰うごかぬ鳰の前を過ぐ 能村登四郎
にほどりのあちら向いては潜りけり 鷹羽狩行
にほどりのかき失せてゐる水ぐもり 鷲谷七菜子 花寂び
にほどりの三尺吹かれ桜ごち 岸田稚魚
にほどりの浮び上りしきよろきよろ眼 能村登四郎
にほどりの浮巣を珠として湖北 鷹羽狩行
にほどりの鋭声まばたく波の中 飯田龍太
にほどりや野山の枯るゝ閑けさに 日野草城
ほどほどの日射しが似合ふ鳰 能村登四郎
まだ居りし我におどろき鳰くゞる 右城暮石 上下
まなぶたに捉へむものの鳰 斎藤玄 狩眼
みづうみに目をやる鳰の声の晴 森澄雄
もぐり浮き鳰の疑ひ深きかな 右城暮石 虻峠
やはらかな雨足ばかり鳰の海 飴山實 次の花
やよ雁よどこまで往ても鳰の海 正岡子規 雁
ゆく年の引く澪にのりかいつぶり 能村登四郎
ゆく年の行火を股に鳰のこゑ 森澄雄
ゆく春や動悸ほど鳰ただよひて 能村登四郎
ゆるやかに時の過ぎゆくかいつぶり 鷹羽狩行
わが思ふはじまりいつも鳰くるよ 岡井省二 明野
わが魂のごとく動かずしぐれ鳰 能村登四郎
わが魂の鳰浮き金色に鳴きぬ 橋閒石 無刻
われになく鳰に隠るる水のあり 後藤比奈夫
ジャケツだけ着て公園の鳰を見に 安住敦
ポケツトの手を出せば鳰潜るなり 右城暮石 虻峠
一つ行きてつゞく声なし鳰 渡邊水巴 白日
一円に一引く鳰の水ばしり 岡井省二 明野
一月の鳰が来てゐる綸子かな 岡井省二 鯨と犀
一条の洩れ日を鳰のふりかへり 能村登四郎
一汁を干して 鳰との心遊び 伊丹三樹彦
一番乗りの鴨の着水鳰が見て 鈴木真砂女 居待月
三伏の首さしのべて鳰遊ぶ 松崎鉄之介
不忍の池に忍びのかいつぶり 鷹羽狩行
不破こえて春風吹くや鳰の海 正岡子規 春風
中年に日月速し鳰 三橋鷹女
交む隙あたへて逃げてかいつぶり 鷹羽狩行
佇つわれに安心の鳰よく潜る 岡本眸
個は潜り 対は相寄る 鳰の水 伊丹三樹彦
借景に鳰の水輪も鳴く声も 右城暮石 句集外 昭和五十年
僧のゐる間ぢゆう鳰落ついて 能村登四郎
公園の鳰のほかには見るものなし 安住敦
六月の鳰と生れて川に鳴く 岡井省二 夏炉
冷酒やをかしき鳰の水走り 森澄雄
凩の暮れかゝりけり鳰の海 正岡子規 凩
出没は鳰ら 懸念のない時間 伊丹三樹彦
出航やるるりくくりとかいつぶり 上田五千石 天路
刈りし藻の山なす上に鳰のゐて 能村登四郎
初凪をみださず鳰の水潜り 能村登四郎
励み鳰ほどにも 読むか 書くか 撮るか 伊丹三樹彦
十月の夜の鳰どりの満月寺 岡井省二 明野
千佛や呼べば寄り来るかいつぶり 岡井省二 鯛の鯛
卑小とも 溌刺とも言え かいつぶり 伊丹三樹彦
及ばざるものの一つに鳰の息 石田勝彦 秋興以後
友鳰の走るかぎりの鳰の湖 阿波野青畝
古利根の水なめらかや鳰進む 高野素十
古妻や鳰とあそびて誕生日 石田波郷
合歓咲くや煙雨にあそぶかいつぶり 藤田湘子 神楽
向替へてまた水ひろし春の鳰 鷲谷七菜子 游影
吾も見き師走の湖のその鳰を 相生垣瓜人 明治草
呉竹の池の二月のかいつぶり 岡井省二 鹿野
唇むすびどほしの旅のかいつぶり 能村登四郎
啼きごゑとならずつぶやく夜の鳰 森澄雄
啼き合うは 城山の鳶 湖畔の鳰 伊丹三樹彦
喜べば 陸寄りに浮く 雨の鳰 伊丹三樹彦
囮鴨鳰のよりくるばかりなり 百合山羽公 春園
夏果の鳰やどの鳥にも馴染み 能村登四郎
夕日はろばろ鳰に鳴かるる家路かな 大野林火 冬青集 雨夜抄
夕波にまぎるる鳰のかなしけれ 中村汀女
夕照りのさびしさに鳰啼き立つる 中村苑子
夕闇の鳰はしきりに水走り 清崎敏郎
夕鳰のまたも遠きを嘆きけり 飯島晴子
夕鳰の西へかたよるふしぎかな 能村登四郎
夕鳰の遣瀬なき身のまた潜く 岡本眸
外套をゆるやかに着て鳰とをり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
夜嵐やどこの落葉を鳰の海 正岡子規 落葉
大年の渺たる鳰に惹かれけり 相生垣瓜人 明治草
大年の雨の間に聞く鳰の笛 松村蒼石 雪
大霜のあかるさ鳰を見うしなふ 能村登四郎
天外にまなこを集む鳰 赤尾兜子 玄玄
天平の鳰の裔かや初もぐり 飴山實 次の花
天高き日のかいつぶり失せてをり 鷲谷七菜子 一盞
女を待つ鳰かい潜るたびに待つ 伊丹三樹彦
婚約やこの川の辺に鳰見つつ 加藤秋邨
子をつれて鳰のゆく見ゆ沼の宿 山口青邨
孤の影と共に浮き出て かいつぶり 伊丹三樹彦
定刻があって 鳰とも別れねば 伊丹三樹彦
寄りて来る鳰なつかしき貌をして 清崎敏郎
対の鳰より 個の鳰の 永潜り 伊丹三樹彦
小娘となりゐし吾子等鳰の行衛 中村草田男
山影に押されて沖へかいつぶり 鷹羽狩行
崇神陵へ鳰こそつつ走る 山田みづえ 草譜
川の辺の町の佐原の汚れ鳰 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
巡礼美貌げんげ彼方に鳰潜き 飯田龍太
巣に通ふ鳰もぐり来て頭出す 右城暮石 一芸
巣立して鳰の居らざるから巣哉 正岡子規 巣立
巣立して鳰も居らざるから巣哉 正岡子規 巣立
帰る鴨鳰と別れを惜しみけり 鈴木真砂女 居待月
年越しの密かのこゑや余吾の鳰 森澄雄
底沙すずし潜ぐれど見ゆる鳰一つ 中村草田男
底紅をひかりに入れて鳰の海 森澄雄
弥陀如来鳰の遠出を戒めて 安住敦
彼の女は俥にて去る鳰は浮いて流れる 中川一碧樓
心愉しまぬ日や鳰を見て鴨を見て 安住敦
恋の鳰鳴いて雨降る藻の花よ 大野林火 方円集 昭和五十年
息長く潜きし鳰の浮くあたり 後藤夜半 底紅
扇骨木の実妃陵の鳰の鳴きにけり 岡井省二 鹿野
手を拍つて春の鳰くぐらしむ 右城暮石 句集外 昭和四十年
摂待のうどんすすれば鳰寄り来 大野林火 飛花集 昭和四十八年
新涼やこちらむくとき鳰のとり 石橋秀野
日くもりて鳰の水尾さやかに白き 日野草城
日白うして鳰啼くや松納 渡邊水巴 白日
早梅やひとりたのしき鳰 石田波郷
春の夢さめたる鳰の水ばしり 鷲谷七菜子 天鼓
春の暮鴎の波に鳰の乗り 岸田稚魚
春の鳰数へたつるに安からず 上田五千石『天路』補遺
春の鳰浮いた話もなかりけり 安住敦
春深し寝ぎはのこゑのかいつぶり 岸田稚魚
春風や箒目入れし鳰の海 正岡子規 春風
時雨すぎ鳰あまたをり鵜もうかぶ 水原秋櫻子 岩礁
暮るるまで冬耕も鳰も羽ばたかず 能村登四郎
曙の雪明りより膳所の鳰 阿波野青畝
月待つや寄りては潜く鳰二つ 石田波郷
月涼し鳰も路通も寝支度 藤田湘子 神楽
期すもの何 鳰の甲浮き 乙潜る 伊丹三樹彦
朧夜やともし火帰る鳰の海 正岡子規 朧夜
木の椅子の温み 鳰とは至近距離 伊丹三樹彦
木枯や潮さからふかいつぶり 石橋秀野
東京に出て日は西す鳰の岸 石田波郷
東嵐の波かぶりては鳴く鳰 清崎敏郎
東風波に覆へらんとしたる鳰 清崎敏郎
松籟の大揺れ止めりかいつぶり 秋元不死男
枯蘆に春風吹くや鳰の海 正岡子規 枯芦
柊を挿し鴨の浦鳰のこゑ 岡井省二 鹿野
柴漬の艫臍泣きゆく鳰の中 飴山實 次の花
棲み分けの鴨の 余りの水面の 鳰 伊丹三樹彦
榛の木に鳰ののぼれる小春かな 清崎敏郎
橋ぎはへ流れて來たか鳰 正岡子規 鳰
死せる鳰沈まず浮けり水晒し 右城暮石 句集外 平成三年
母は子を叱つてゐるが鳰すすむ 永田耕衣
母鳰の滑水帰着浮巣揺るよ 香西照雄 対話
水かぶりたかぶりをどり鳰しばし 原石鼎 花影
水くゞる鳰見えずなりぬ五月雨 河東碧梧桐
水に朝の光余れば鳰浮かす 能村登四郎
水の張り強きところに鳰浮巣 鷹羽狩行
水上に何かゐて鳰おちつかず 能村登四郎
水上の引き算 鳰に習わんか 伊丹三樹彦
水温む彼方を鳰の往来せる 清崎敏郎
水草生ふころの窶れや鳰の首 藤田湘子 てんてん
永すぎる鳰の潜水人に母心 香西照雄 素心
沈潜といふこと鳰に及かずけり 安住敦
河骨の中なる鳰にふりむかる 岡井省二 明野
沼曇れども春鳰の列なして 村山故郷
泛び来し鳰の険しき面窶れ 岡本眸
波光るとき鴨いづこ鳰いづこ 稲畑汀子
流さるゝ浮巣に鳰の声悲し 正岡子規 浮巣
流木に逢ひ鳰鳥のかへしくる 能村登四郎
浮いてゐる鳰が一つや忍冬忌 星野麥丘人
浮かび出て 給餌は須臾の ずぶ濡れ鳰 伊丹三樹彦
浮かび出てからは無風の 鳰の顔 伊丹三樹彦
浮きてすぐ水くぐる鳰吾に似る 右城暮石 句集外 昭和四十七年
浮けば鳴く晴れがましさよ鳰の秋 原石鼎 花影
浮巣への 漸くの首 親鳰は 伊丹三樹彦
浮御堂もとより吹雪きかいつぶり 安住敦
浮御堂も鳰の浮巣も夕波に 安住敦
浮御堂弥陀千体と鳰の子一体 安住敦
浮御堂鳰の浮巣を秘中の秘 安住敦
涼しさや我船一つ鳰の海 正岡子規 涼し
淀君の悲史以後のこと鳰 阿波野青畝
湖の筌鳰も入る鴨も入る 高野素十
湖や渺々として鳰一つ 正岡子規 鳰
湖国の雪被き鳰めく声を出す 林翔
湖荒るる日はかいつぶり深潜り 安住敦
湖西線堅田駅下車鳰を見に 安住敦
漂うは 遂に一羽の怠け鳰 伊丹三樹彦
漣のひかり凍てつつ鳰棲めり 三橋鷹女
潜りては鳰遠ざかる春の昼 岡本眸
潜り鳰 浮き鳰 衛兵の監視外 伊丹三樹彦
潜ること忘れしか鳰暖かし 鷲谷七菜子 一盞
潜るより 浮くが意外の 夕日の鳰 伊丹三樹彦
濠の鳰見つつゐて顔憂かりけり 森澄雄
火を伏せて窯おぼろなり鳰のこゑ 岡井省二 明野
灯がとどきたるはかいつぶりか鴨か 岡井省二 明野
物思ふ鳰かも遂に潜らざる 林翔
生きて 怯えて 滑走鳰の水の音 伊丹三樹彦
田の池に四日の鳰のあつまりぬ 星野麥丘人
町川の七日の瀞のかいつぶり 上田五千石 天路
畑大根肩抜いてをり鳰のこゑ 森澄雄
百姓の漸く暇に親子鳰 福田蓼汀 山火
眉の上山火となりぬ川に鳰 岡井省二 鹿野
真菰刈る童に鳰は水走り 水原秋櫻子 葛飾
眼帯や鳰の浮沈も定かには 安住敦
着物着て池に来てをり鳰をかし 岡井省二 猩々
睡蓮に鳰の尻餅いくたびも 川端茅舎
睦むもの浮燈台と春の鳰 大野林火 方円集 昭和五十年
瞼にもしらじら夜明鳰のこゑ 森澄雄
知らないが 羽根干す鳰を君は見たか 伊丹三樹彦
石炭殻に沼埋められつつ鳰浮ぶ 伊丹三樹彦
秋の鳰淋しく人を裏切るよ 岡本眸
稲鳰の秋田平野は夜となりぬ 山口青邨
籠るべき鳰が窺ふ蘆くらし 能村登四郎
絖色に統べて晩夏の鳰の湖 清崎敏郎
緋の菜洗ひて鳰声の濯ぎ橋 岡井省二 鹿野
羽ばたきの鳰を小癪と わが頬杖 伊丹三樹彦
翁忌といへば近江のかいつぶり 上田五千石 琥珀
聞きとめて日和くづれの鳰のこゑ 岸田稚魚 紅葉山
肉眼に遠き距離なり鳰浮巣 右城暮石 句集外 昭和六十二年
胸奥の景に雨ふるひとつ鳰 能村登四郎
脇僧に似て坐りをり鳰の湖 能村登四郎
舟に乗る一人は涼し鳰の海 正岡子規 涼し
舟通しふかく入り来て鳰の居り 水原秋櫻子 玄魚
芦刈りを見に来し鳰の芦まみれ 能村登四郎
芦間出て来たる子連れの鳰 清崎敏郎
芭蕉忌の暮れて甘ゆる鳰のこゑ 森澄雄
花冷えに頸をすくめてかいつぶり 能村登四郎
花早き氷の木かげのかいつぶり 臼田亜郎 定本亜浪句集
花筏やぶつて鳰の顔のぞく 飴山實
草城の鳰の句碑見て 鳰も見て 伊丹三樹彦
草木瓜やみささぎめぐる鳰のこゑ 藤田湘子 途上
菜が咲いて鳰も去りにき我も去る 中村草田男
萍のひらきて閉ぢて鳰くゞる 高野素十
葦のひま鳰の浮巣を匿しけり 石川桂郎 四温
葦沼は島の日溜かいつぶり 佐藤鬼房
蓮枯るる黒面の鳰をどり出づ 山口青邨
薄味の国の桑箸取る 鳰啼く 伊丹三樹彦
薄氷を碎いて鳰の浮きにけり 正岡子規 鳰
藁屑とひとつ鳰ゐて小晦日 能村登四郎
藻畳に毬のごとしやかいつぶり 高浜年尾
蘆刈るや鳰の待ちゐる川淀に 能村登四郎
虎落笛 ときには鳰の笛まじえ 伊丹三樹彦
行楽の妻子に鳰の水くぐり 百合山羽公 春園
見られゐる鳰浮び出てまた潜る 右城暮石 句集外 昭和四十六年
見渡して鳰の数ゐる松手入 森澄雄
誰彼に会ひたくなくて鳰潜る 安住敦
負けてをれぬとその鳰も潜りけり 後藤比奈夫
蹼を見せて浮巣に鳰上がる 右城暮石 一芸
転生のたとへば鳰が似つかはし 伊藤白潮
道の児も鳰も西日の倭文村 飯田龍太
遠くへは行かぬ水尾曳き鳰 後藤比奈夫
遠目きくさびしさ鳰の数もよみ 能村登四郎
遠野火のとほき煽りが鳰ちらす 能村登四郎
遠鳰の長啼くたびに風光る 上田五千石『風景』補遺
遠鳰を見る明るさにまばたきて 能村登四郎
遺句集の序を書いて来し鳰の岸 能村登四郎
酒やつて枯れざりし松春の鳰 岡井省二 山色
酔うてゐてすとんと酔ふや鳰のこゑ 岡井省二 明野
里人の遠目の効きてかいつぶり 鷹羽狩行
野火匂ふ白日のもと鳰鳴けり 橋閒石 雪
釣舟やしぐれて歸る鳰の湖 正岡子規 鳰
鋭声 それから 遠く確かに相寄る鳰 伊丹三樹彦
錯落と流れてゆくやかいつぶり 下村槐太 天涯
降り沈む暮雪向き変ふ鳰ひとつ 鷲谷七菜子 銃身
隠沼に鳰ゐて錆びぬ白椿 石川桂郎 高蘆
隠沼の十月の鳰遊ばしむ 石塚友二 玉縄抄
隣室は女の泊り鳰のこゑ 森澄雄
雨あがる鳰の浮巣のほとりより 鷹羽狩行
雨の夜や浮巣めくりて鳰のなく 正岡子規 浮巣
雨の日のさびしさ知るや鳰 中村汀女
雨の鳰しきりに鳴いてをりしのみ 安住敦
雨ひねもす 湖面に 鳰の加減算 伊丹三樹彦
雨色にて鳰すこしづつ動く 能村登四郎
雪やんで旧正月の鳰鳴けり 橋閒石 朱明
雪を待つばかりの鳰と観世音 橋閒石 和栲
雪暮れて湖を見せずに鳰のこ森澄雄
雪煙る遠嶺湖心に鳰暮るる 角川源義
雲洩るる日の一ところかいつぶり 橋閒石 雪
雲洩るる日の一とところかいつぶり 橋閒石
青山を枯山にしてかいつぶり 斎藤玄 雁道
青芦の彼方の水の鳰の数 清崎敏郎
頭勝ちなる鳰の身すぐにくつがへる 橋本多佳子
頸の根の鳰の赤毛の冬日差 松崎鉄之介
風の鳰きほひなきつゝ進みけり 原石鼎 花影
風吹て海靜かなりかいつふり 正岡子規 鳰
風波に躓き躓き鳰 清崎敏郎
駐屯地前 犯されぬ鳰の水 伊丹三樹彦
高稲架や暮光に浮かぶ鳰ひとつ 鷲谷七菜子 銃身
髪梳るいとまや鳰を見ぬ月日 三橋鷹女
鳥の世に鳰は忍者と言ひつべし 阿波野青畝
鳰あまた北し南し比良の裾 阿波野青畝
鳰がゐて川おのづから岐れゆく 山口誓子
鳰がゐて春の祭を昨日にす 佐藤鬼房
鳰くぐる水底にこそ綺羅ありと 桂信子 花影
鳰くぐる沼に注げる鉄気水 松崎鉄之介
鳰すでに遠寄す波に構へをり 能村登四郎
鳰と目があう鉄道長屋へ粉雪舞い 古沢太穂 火雲
鳰と鴨違ふ動きをして浮けり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
鳰どりのひとりのしぐさ一遍忌 森澄雄
鳰どりの中の満月寺の鳰よ 岡井省二 明野
鳰どりの川に来てゐるふくさ藁 岡井省二 明野
鳰どりも湖北に寄りぬ鳰のこゑ 森澄雄
鳰どりも鴎もこゑの近松忌 森澄雄
鳰ないていよいよ罩むる時雨靄 日野草城
鳰には鳰の途ある 花藻ぎっしりだが 伊丹三樹彦
鳰にまた鶲を加へし豊の秋 森澄雄
鳰に消え寺につみゆく湖の雪 森澄雄
鳰に雨 無声映画に雨降るごと 伊丹三樹彦
鳰のうみ青波を鴨ついばめり 平畑静塔
鳰のこゑカットグラスを運びけり 岡井省二 猩々
鳰のこゑ冬田に失せて沼におこる 加藤秋邨
鳰のこゑ四十九日を澄めりけり 星野麥丘人
鳰のこゑ日輪に触り野を衝ける 三橋鷹女
鳰のこゑ湧き起り冬日野に小さし 三橋鷹女
鳰のよく潜るさいはひさはにあり 岡井省二 明野
鳰のゐて*えり簀を出たり入つたり 清崎敏郎
鳰の仔や花藻の下辺餌に満つや 中村草田男
鳰の声冴えきるや水曇りをり 鷲谷七菜子 銃身
鳰の声夕づく湖の衰へぬ 角川源義
鳰の子が一つ遊ぶはわれに似て 安住敦
鳰の子が親の水輪の中にゐる 水原秋櫻子 岩礁
鳰の子に夕さざなみの万遍なく 岡本眸
鳰の子に水走りくる親のあり 松本たかし
鳰の子に淡海の靄のまだ晴れぬ 鷲谷七菜子 一盞
鳰の子のおくるるに親泳ぎ寄り 中村汀女
鳰の子のこゑする処暑の淡海かな 森澄雄
鳰の子のまだ親がかり浮御堂 安住敦
鳰の子の三つあつまり笛を吹く 山口青邨
鳰の子の泳ぎぞめする濁りかな 正岡子規 鳰の子
鳰の子の糸より繊き水尾を曳く 後藤比奈夫
鳰の子の萍にあと引き遊ぶ 高野素十
鳰の子の親の真似して潜りけり 正岡子規 鳰の子
鳰の子は真黒にして従へる 中村汀女
鳰の子は親の真似してくゞりけり 正岡子規 鳰の子
鳰の子も首小刻みに出遊べり 右城暮石 句集外 昭和三十年
鳰の子をしのつく雨に見失ふ 上村占魚
鳰の子を乗せて密なる菱畳 百合山羽公 樂土
鳰の岸女いよいよあはれなり 石田波郷
鳰の岸来りて結の報恩講 岡井省二 山色
鳰の巣に葭のひと茎冴えにけり 飴山實 句集外
鳰の巣の流るゝ淀の八軒屋 飴山實 句集外
鳰の巣の見え隠れする浪間かな 村上鬼城
鳰の巣を揺るさざなみも近江かな 安住敦
鳰の息ほど長からず鳰の笛 後藤比奈夫
鳰の水昃りやすく照りやすく 飯島晴子
鳰の池まはつて悼む逆さごと 能村登四郎
鳰の池夜間飛行の燈をうつす 大野林火 雪華 昭和三十五年
鳰の浮巣極秘のごとく教へられ 能村登四郎
鳰の海紅梅の咲く渚より 森澄雄
鳰の湖の舞子の浜も秋の声 石塚友二 磊[カイ]集
鳰の湖侵せり鴨が渡り来て 右城暮石 虻峠
鳰の着水光るよ椅子へ出勤す 香西照雄 対話
鳰の笛風のつらしと韻きけり 後藤比奈夫
鳰の顔とつくりと見て日ぐれかな 飯島晴子
鳰は浮巣へ魚ひらひらとはこぶなり 中村草田男
鳰まぎれこみたる鴨の陣 清崎敏郎
鳰も居りわが初だより淡海より 森澄雄
鳰より大ぶりなるは鷭ならん 清崎敏郎
鳰ゐる親しさの園の池 清崎敏郎
鳰を見ておれば 代りの蜆汁 伊丹三樹彦
鳰を見て浦の郵便局のひと 木村蕪城 寒泉
鳰一つ潜けば又一つ 清崎敏郎
鳰一つ首をふりふり泳げるよ 清崎敏郎
鳰一列鴎一列花の池 高野素十
鳰一点弁財天の使者と見ゆ 阿波野青畝
鳰二つこゑのもつるる朝寝かな 森澄雄
鳰二つ対ひあひゐてなくなりぬ 後藤夜半 翠黛
鳰人をしづかに湖の町 森澄雄
鳰叫び乙鳥ひるがへり嵐めく 富安風生
鳰吹かるる岸の曠野なり 斎藤玄 狩眼
鳰啼いて畝傍の町の昃りぬ 下村槐太 天涯
鳰啼けり近江どの田も燻すとき 飴山實 次の花
鳰失せて仏の白髪ふえにけり 橋閒石 卯
鳰家鴨威せば沈むなり 高野素十
鳰忽と雪くる光まとひつつ 鷲谷七菜子 銃身
鳰時計鳴るや早寝の宵戎 赤尾兜子 玄玄
鳰暮るる声交ふ葭地焼 森澄雄
鳰暮れて松山墓の湖に寄る 角川源義
鳰残す波紋に倦くよ死者忘れ 香西照雄 素心
鳰沈みわれも何かを失ひし 中村汀女
鳰沈み黒き手套の夫人と逢う 橋閒石 荒栲
鳰浮いて失意の貌は人に見せず 安住敦
鳰浮きてくぐらず船を見送れる 右城暮石 句集外 昭和五十五年
鳰浮きて相寄るといふことのなし 清崎敏郎
鳰浮ぶうしろ姿の僧に似て 大野林火 月魄集 昭和五十五年
鳰浮巣編みあまるもの漂へり 能村登四郎
鳰消えてからの波紋に 彼の孤座 伊丹三樹彦
鳰涼し千世の堤と名付けあり 阿波野青畝
鳰涼し夢前川とありにけり 星野麥丘人
鳰涼し琴糸の里余呉の湖 森澄雄
鳰潜き沼の全景雪となる 岡本眸
鳰潜ぎ劣等感を紛らすか 津田清子
鳰潜く寸前の身を暗めけり 岡本眸
鳰潜る 雨紋に敵わぬ波紋残し 伊丹三樹彦
鳰潜るわが息止るほど 後藤比奈夫
鳰聴ける人に用箋ありにけり 永田耕衣
鳰葭に集りぬ湖暮るる 中村汀女
鳰見つつ肩ぬくもりぬ彼岸過 石田波郷
鳰見てをり家人に行方晦まして 安住敦
鳰見るといふことにして家を出づ 能村登四郎
鳰見るに刻かけ帰宅また遅らす 安住敦
鳰遠く花浮く水があるばかり 桂信子 晩春
鳰隠る蘆の昏みも枯るる前 能村登四郎
鳰首ひよこひよこと進みをり 高田風人子
鳰鳥に仕科似てくる寒釣師 能村登四郎
鳰鳥のおののきが生む冬水輪 能村登四郎
鳰鳥のとほき澪へとこころざす 能村登四郎
鳰鳥の息のながさよ櫨紅葉 山口誓子
鳰鳴いて齢ふかまる一木椅子 岡本眸
鳰鳴くや春著の鈴も夕急ぎ 香西照雄 対話
鳰鳴くや落葉踏みくる茶の帽子 三橋鷹女
鳰鳴けば祭頃よと思はるゝ 右城暮石 句集外 昭和十六年
鳰鳴けり落ちぬ雑木の枯葉見て 右城暮石 句集外 昭和十九年
鳰黒く彼岸の沼に侍りけり 岡本眸
鳴きかはす鳰どりに雨やむきざし 上村占魚
鴉来て動き変りし鳰親子 右城暮石 一芸
鴨と鳰見分くる白さ目じるしに 右城暮石 句集外 昭和五十二年
鴨の来て鳰の動きも活気づく 右城暮石 一芸
鴨は夜の鍋となりをり鳰のこゑ 森澄雄
鴨浮くほかなく鳰沈むほかなく 安住敦
鶲来やくらがりがちに鳰 斎藤玄 狩眼
鷭もゐるらし鳰もゐるらし春の闇 清崎敏郎
黄金週間をはる鳰の子一つ育ち 安住敦

鳰 続補遺

うき出る身をはつ秋のかいつぶり 井上士朗
かげろふに打ひらきたる鳰の海 壺中
さびしさを我とおもはん秋の鳰 智月尼
さみだれや植田の中のかいつぶり 泥足
はつゆきや払ひもあえずかいつぶり 許六
ほとゝぎすなかでさへよきに鳰の海 高桑闌更
ほとゝぎす鳰の月夜や待まうけ 支考
みじか夜の鳰の巣に寝て世を経ばや 鈴木道彦
やゝのびて冬の行方やよかいつぶり 鬼貫
ゆられ~終には鳰も巣立けり 高桑闌更
一夜来て泣友にせん鳰の床 風国
内川や鳰のうき巣に鳴蛙 其角
十六夜に落る潮なし鳰のうみ 三宅嘯山
千早振卯木や鳰の水かゞ見 露川
名月や磯辺~の鳰の声 諷竹
夏海や碁盤の石のかいつぶり 野坡
夕ぐれや露にけぶれる鳰の海 樗良
夕暾や此ごろ鳰の冬気色 許六
子のやうに鴛をまはすや鳰 桜井梅室
小蝦喰て正月するかかいつぶり 角上
嶽~や鳰とりまはす雪けぶり 史邦
御目にかくる鳰の浮巣ぞ耻しき 越人
息災な顔を見せけり鳰の亀 智月尼
月代や一隅うごく鳰のうみ 卓池
月涼し袖に吹込鳰の声 田川鳳朗
朝霧の此方もひろし鳰の海 去来
梅桜九十九浦や鳰のうみ 智月尼
欄干で*抓まば鳰の雲の峯 露川
此度は鳰のうき巣のなるやうぞ 土芳
水鳥もふねも塵なり鳰の海 桜井梅室
湖をわがもの顔やかいつぶり 長虹
燕の鴈に問てや鳰まはり 丈草
玉を産鳰の浮巣や池の月 中川乙由
畑打や鳰に照りこむ鍬の影 露川
石竹に雀すゞしや砂むぐり 史邦
破レ鐘もかすむ類ひか鳰の海 言水
秋かぜや芥をくゞるかいつぶり 完来
粽ゆふ鳰のうき巣や膝頭 早野巴人
糸ゆふのちる方見せよ鳰の海 園女
菊の香に鳰も硯の水添ん 嵐雪
菜の花の匂ひや鳰の礒畑 惟然
蓴菜や鳰の浮巣のたりひづみ 游刀
藻のはなに水あびる子やかいつぶり 素覧
藻の花に行との沓か鳰ふたつ 角上
蛍火や吹とばされて鳰のやみ 去来
蜻蛉や日は入ながら鳰のうみ 惟然
蜻蛉や日は入りながら鳰のうみ 広瀬惟然
身の上の夕立なれや池の鳰 成田蒼虬
野の池や氷らぬかたにかいつぶり 高井几董
霧よりはこなたへ広し鳰の海 千子
鳰とりのかづく蓑なし芦にあめ 乙二 をののえ草稿
鳰どりにつれて動くやゆきの舟 卓池
鳰どりのかづく簑なし芦の雨 松窓乙二
鳰どりも雨正月や蓮のはな 卓池
鳰のうき巣舎奇虫のやどり山桜 濁子
鳰の子に家分てやる柳哉 千那
鳰の巣に吹とらるゝな田うゑがさ 加藤曉台
鳰の巣に巻や粽の巻し 許六
鳰の巣のあらはなるよりしぐれそめ 加藤曉台
鳰の巣や螢もかりの足やすめ 荊口
鳰の巣をかゝへながらや菱の花 遅望
鳰ひとつ相手に池の月見かな 成田蒼虬
鳰照や猶有難き夏の月 中川乙由
龍の手につかみはづすや鳰の月 魯九

以上

by 575fudemakase | 2017-01-23 05:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング