鶴 の俳句

鶴 の俳句

鶴 の例句



鶴 補遺

あをあをと鶴を織りゐる雪女 有馬朗人 耳順
いかのぼり落ちたるあたり田鶴遊ぶ 岸田稚魚
うらゝかや躑躅に落つる鶴の糞 日野草城
おおははを憶ふ浅黄の凍鶴よ 三橋鷹女
お隣りや銀座うら舗鶴を吊る 飯田蛇笏 雪峡
かたまつてゐて凍鶴となり難し 後藤比奈夫
かの眼は 半眼 虚空 鶴渡る 富澤赤黄男
こだまして雪山に鶴浮び出づ 野見山朱鳥 幻日
この里の野鶴はくろし群れ遊ぶ 杉田久女
ころろころろ田鶴鳴きけふの日も暮るる 山口青邨
すさまじき垂直にして鶴佇てり 斎藤玄 狩眼
その中の病鶴もつとも凍てにけり 能村登四郎
つがひ鶴相喚びのばる熱沙かな 加藤秋邨
つまをよぶ鶴や千歳の松の友 正岡子規
つるるつるると鳴く鶴のうららうらら 荻原井泉水
にぶき刃も鶴の子柿は剥き易し 阿波野青畝
ひともがきして凍鶴の凍てを解く 能村登四郎
ひと揺ぎせり凍鶴に夢ありや 能村登四郎
ふり仰ぐ空の青さや鶴渡る 杉田久女
まがねなる鋳物の鶴や菖蒲園 山口青邨
みちのくの小米届くや鶴渡る 赤尾兜子 玄玄
むらさきに凍鶴昃りそめにけり 後藤比奈夫
もし鶴にまじりて哄笑せんとせば 岡井省二 前後
わが家の鶴の襖の焼ける火を 山口青邨
オリオンは暁低く鶴の里 山口青邨
ゴビの鶴夕焼の脚垂れて翔く 加藤秋邨
ランチタイム禁苑の鶴天に浮き 西東三鬼
一千の一脚の鶴闇に眠る 山口青邨
一千の鶴鳴けば一千の声年明くる 山口青邨
一対の凍鶴何の黙示なる 上田五千石 風景
一竿の国旗舞ふかに鶴の舞 中村草田男
一群の鶴を頭上に老よろめく 山口青邨
一羽だけ離れし鶴の凍てにけり 能村登四郎
一輪の龍胆餐けよ鶴の墓 阿波野青畝
七つ星七つよむ間の鶴すがた 飯島晴子
七福の一福神は鶴を飼ふ 山口青邨
不知火の海の松風鶴の墓 山口青邨
不知火の海初明り鶴も覚む 山口青邨
世に遠きことのごとしや鶴鶴 加藤秋邨
世の中よ鶴は放さぬ人心 正岡子規
丘陵の前鍋鶴のひらひらと 高野素十
丹田にひびく丹頂鶴の声 鷹羽狩行
丹頂と乞食鴉と並び食ふ 鷹羽狩行
丹頂と二人芝居となりゐたり 岡井省二 鯛の鯛
丹頂のくれなゐ黒き寒さかな 飯島晴子
丹頂の巣藁もらひて巣籠らず 右城暮石 句集外 昭和四十年
丹頂の水を踏むたび丹の虚空 岡井省二 鯨と犀
丹頂の相寄らずして凍てにけり 阿波野青畝
丹頂の里を空より下りて訪ふ 鷹羽狩行
丹頂の青芦の中啄むさま 山口青邨
丹頂の鶴の汚れしままの凍て 鷹羽狩行
九天を極めし鶴も凍てにけり 鷹羽狩行
二三歩をあるき羽摶てば天の鶴 野見山朱鳥 天馬
二日かけ鶴に遠逢ふ南風の沼 角川源義
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女 居待月
五羽の鶴巣立ちし翼ひろげけり 水原秋櫻子 殉教
亦白し丹頂鶴の吐く息も 相生垣瓜人 明治草
人知れず鹹湖は干つつ鶴渡る 藤田湘子 てんてん
仏坂より雪深き鶴の村 野見山朱鳥 幻日
仰ぎ見て塒戻りの鶴ならん 清崎敏郎
仲悪き田鶴も塒にもどりけむ 阿波野青畝
元日の鶴ぬすまれて尾長鳥舞ふ 山口青邨
元日の鶴大股にすすみけり 阿波野青畝
元日や何やら語る鶴四五羽 正岡子規 元日
元日や朝日に鶴の羽つくろひ 正岡子規 元日
元日や鶴の絵のこる一瓶子 水原秋櫻子 緑雲
元日や鶴も飛ばざる不二の山 正岡子規 元日
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
冬ざれやころろと鳴ける檻の鶴 水原秋櫻子 葛飾
冬日落つ 冬日の中の 鶴の貌 富澤赤黄男
冬晴の雲井はるかに田鶴まへり 杉田久女
凍てちかき羽ばたき一つ檻の鶴 鷹羽狩行
凍て鶴のやをら片足下ろしけり 高野素十
凍て鶴のゐる一隅に薄日さす 能村登四郎
凍て鶴の火を蔵したる胸かたち 能村登四郎
凍に入る丹頂鶴の一羽は臥し 鷹羽狩行
凍らせるもの絶世の鶴立たす 秋元不死男
凍強くして凍鶴の安らげる 鷹羽狩行
凍解けしことあきらかに鶴の嘴 鷹羽狩行
凍解けて鶴の臭ひの身に戻る 鷹羽狩行
凍解けに丹頂鶴は加はらず 鷹羽狩行
凍鶴が動き四五人うごきけり 藤田湘子 てんてん
凍鶴が羽ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝
凍鶴とちがふところに病める鶴 能村登四郎
凍鶴となり長き脚長き嘴 鷹羽狩行
凍鶴となる際の首ぐぐと入れ 飯島晴子
凍鶴と見えはた老鶴とも思ふ 能村登四郎
凍鶴に人を待ちつつ弱くなる 石川桂郎 含羞
凍鶴に十歩はなれて糞も凍つ 能村登四郎
凍鶴に忽然と日の流れけり 石橋秀野
凍鶴に立ちて出世の胸算用 波多野爽波
凍鶴に自照の光顕ちにけり 上田五千石 風景
凍鶴に近づく水輪何ならむ 水原秋櫻子 蘆雁
凍鶴に隣の襤のさわがしく 鈴木真砂女 居待月
凍鶴のおろそかの瞳や神のごと 永田耕衣
凍鶴のごとくに老いよこひつまは 三橋鷹女
凍鶴のしかと締りし羽交ひかな 能村登四郎
凍鶴のつういつういと一漁り 阿波野青畝
凍鶴のひらかんとせし翼かな 永田耕衣
凍鶴の一本足の安定度 阿波野青畝
凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす 山口青邨
凍鶴の上に檻の影あやまたず 飯島晴子
凍鶴の佇ちの寂づけさ耐へがたし 安住敦
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の吐息に触れし指の先 中村苑子
凍鶴の咽喉に寸の日ざしかな 林翔
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ 山口誓子
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
凍鶴の嘴にてしごく風切羽 右城暮石 虻峠
凍鶴の嘴勁し餌の砂まみれ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
凍鶴の夢のはじめに火色雲 鷹羽狩行
凍鶴の対なるものは寿 鷹羽狩行
凍鶴の思ひの外にわれ立てり 鷹羽狩行
凍鶴の愛忘じたる立すがた 能村登四郎
凍鶴の日翳れば一木叢なり 平井照敏 天上大風
凍鶴の景をくづさず足替ふる 上田五千石 琥珀
凍鶴の柔毛そよぐに任せたる 鷹羽狩行
凍鶴の水仰ぎ飲む一度きり 右城暮石 句集外 昭和四十九年
凍鶴の片眼寄り行く吾を見る 右城暮石 句集外 昭和四十七年
凍鶴の白き羽毛と黒き羽毛 右城暮石 声と声
凍鶴の白き黙考つゞきをり 上田五千石『田園』補遺
凍鶴の真顔は真顔もて愛す 三橋鷹女
凍鶴の真黒き羽毛を落しゐぬ 永田耕衣
凍鶴の眼の瞠きてをりにけり 能村登四郎
凍鶴の眼の紅さしてかなしけれ 山口青邨
凍鶴の筒声天に冲しける 山口誓子
凍鶴の群れて即かざる離れざる 鷹羽狩行
凍鶴の羽ばたき散りしもの小さし 永田耕衣
凍鶴の羽摶たむと佳き形せり 右城暮石 声と声
凍鶴の翼に金ンの生れけり永田耕衣
凍鶴の翼ひろげて少し不幸 鷹羽狩行
凍鶴の膝折るところ見てしまふ 鷹羽狩行
凍鶴の足上げ吾に歩み寄る 右城暮石 句集外 昭和三十八年
凍鶴の金網羽毛ちりばめて 右城暮石 虻峠
凍鶴の首いつせいに伸ばすとき 鷹羽狩行
凍鶴は夜天に堪へず啼くなめり 山口誓子
凍鶴やけぶりの空をかづきたる 後藤夜半 翠黛
凍鶴や孤松もまことたのもしく 山口青邨
凍鶴や頂へ丹を押し上げて 鷹羽狩行
凍鶴を腸冷ゆるまで見てゐたり 能村登四郎
凍鶴を見つめるわれも檻の中 鷹羽狩行
凍鶴を詠ふや人に負けまじく 波多野爽波
初テレビ丹頂鶴を啼かせけり 安住敦
初日さす座右一枚の鶴の羽 山口青邨
初日射松よりこぼれ鶴の墓 山口青邨
初明り紫尾山はむらさき鶴の里 山口青邨
初汐にすれてとびけり鶴一羽 正岡子規 初潮
初汐につれていでけり鶴一羽 正岡子規 初潮
初汐や渚をたどる鶴の足 正岡子規 初潮
初空へつゝとのべけり鶴の首 正岡子規 初空
初鶴飴のごとくに焼かれけり 阿波野青畝
前世に約されしごと鶴凍つる 上田五千石 風景
剥製の認可の下りし仔鶴の死 清崎敏郎
十六夜の噴水の鶴黒くあはれ 山口青邨
双鶴の影をかはして凍てにけり 西島麥南 金剛纂
双鶴の紋の重箱蓬餅 山口青邨
双鶴の離れて芙蓉水に濃き 渡邊水巴 富士
受験日の霧雨かかる襤の鶴 飯田龍太
古庭や鶴の餌に散る梅の花 正岡子規 梅
名月や鶴ののつたる捨小船 正岡子規 名月
向う山舞ひ翔つ鶴の声すめり 杉田久女
啼きつれて群れ真鶴の頬の紅 上村占魚
啼き交す双鶴 出稼ぎ農家の裏 伊丹三樹彦
啼き過ぐる簷端の田鶴に月淡く 杉田久女
啼くときに凍鶴羽をすこし使ふ 鷹羽狩行
嘴が重たくなりて痩せし鶴 富澤赤黄男
四川の新米旨しと食べてあと鶴歩 金子兜太
回想は鶴要塞をかがやき翔び 富澤赤黄男
園丁と鶴と暮れゐる落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
地芝居のお鶴お弓に雨激し 飯島晴子
塒鶴有明月をかかげけり 阿波野青畝
壮行歌遠のきゆふべ鶴凍てき 伊丹三樹彦
声高し渡る朝田鶴低ければ 阿波野青畝
夕影の青芝踏みて鶴涼し 日野草城
夕日いま珠と抱ける鶴の里 後藤比奈夫
夕陽や刈田に長き鶴の影 正岡子規 刈田
夕風凍む カンココカンココ 鶴啼いて 伊丹三樹彦
夜に着きし海辺ぞ凍てし鶴のこゑ 山口誓子
夢ひとついま凍鶴の羽の中 加藤秋邨
大嶺にこだます鶴の声すめり 杉田久女
大根の鶴蕪の龜や酒九獻 正岡子規 大根
大空に一鶴白し鷹はやる 原石鼎 花影
大空に舞ひ別れたる鶴もあり 杉田久女
大綿の翅輝きて鶴の如し 後藤比奈夫
天が下鶴を埋めて墓はあり 野見山朱鳥 荊冠
天の川かうかうたるに鶴鳴ける 加藤秋邨
太白は田水に炎ゆる鶴の里 山口青邨
好晴や田鶴啼きわたる小田のかげ 杉田久女
好晴や鶴の舞ひ澄む稲城かげ 杉田久女
子の鶴も親にならひて凍てはじむ 波多野爽波
子をかばふ鶴たちまどふ吹雪哉 正岡子規 吹雪
子を連れて落穂拾ひの鶴の群 杉田久女
子等下校鶴飼橋の蜻鈴翔たせ山口青邨
孫祈りし鶴文机に花曇 山口青邨
宵闇に漁火鶴翼の陣を張り 松本たかし
寄り添ひて野鶴はくろし草紅葉 杉田久女
富士根雪鶴は再び病みにけり 渡邊白泉
寒庭に水音ばかり鶴はゐず 山口誓子
寒月やげに晴れわたる鶴の空 星野立子
寒月下まぼろしの鶴彳ちにけり 山口誓子
小松かくれ鶴の子見ゆる子日哉 正岡子規 子の日
屠蘇干せば沈金の鶴飛びさうな 阿波野青畝
山冷にはや炬燵して鶴の宿 杉田久女
山茶花の大樹花満つ鶴の村 野見山朱鳥 運命
山風に鶴が啼いたる寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
巣ごもりの鶴の絵朝寝は受験の果 中村草田男
左義長の火中に鶴の舞へりけり 古舘曹人 砂の音
弥生はや一羽は啼けり親子鶴 古舘曹人 砂の音
形代にあまりし紙の鶴うまる 能村登四郎
患者みな貧し千羽の紙の鶴 西東三鬼
旅果ててテレビの鶴に見惚れいし 金子兜太
旅籠屋の背戸にも下りぬ鶴の群 杉田久女
日の出鶴それもばらもん凧のうち 後藤比奈夫
日はのぼる頭上の鶴はまだ暗く 山口青邨
日照雨鶴と鶴とがすれちがふ 富澤赤黄男
日盛の汚れし鶴と写生子と 川端茅舎
日盛りや脚老い立てる一羽鶴 橋本多佳子
昃れば雪蟲まひて鶴病みぬ 飯田蛇笏 山響集
星消えて朝鶴に空放たれし 稲畑汀子
時雨るると鶴監視人出てをりし 清崎敏郎
暁の靄残れる鶴の塒かな 清崎敏郎
暑を兆し鶴裂帛の声発す 有馬朗人 耳順
曉の田鶴啼きわたる軒端かな 杉田久女
書初に鶴の歌書く檀紙哉 正岡子規 書初
月の夜や人も眠れば鶴も眠る 山口青邨
月光に舞ひすむ鶴を軒高く 杉田久女
月照らす千羽の鶴をはるかにし 山口青邨
有明の月恋ふならん田鶴群るる 阿波野青畝
朝光にけむらふごとく鶴凍てき 伊丹三樹彦
朝靄のたち込め鶴の里夜明け 星野立子
朝鶴のよく鳴くことよ日出でつゝ 高浜年尾
朧夜や首さげて飛ぶ群鶴図 古舘曹人 樹下石上
朱鷺も殖え鶴も殖え国寒くあり 藤田湘子 てんてん
村人に田ごとの鶴となれりけり 阿波野青畝
東をどり白扇は鶴の舞ふごとく 山口青邨
松の上に月うすうすと鶴の里 山口青邨
松の芯鶴飼橋の帆立歌碑 角川源義
枯草に舞ひたつ鶴の翅づくろひ 杉田久女
枯蓮に落ちてけむらふ鶴の糞 日野草城
梅散りて鶴の子寒き二月かな 内藤鳴雪
梅白しおもかげ鶴のおりて立たるる 荻原井泉水
植樹祭飼はるる鶴は嘴そろヘ 細谷源二 鐵
樹のそばの現世や鶴の胸うごき 飯島晴子
檻に彳ち凍鶴としておしとほす 上田五千石『田園』補遺
檻の中なるがごとくに鶴の凍て 鷹羽狩行
檻の鶴八ッ手の花をついばめる 右城暮石 声と声
残る雪鶴郊外に下りて居り 河東碧梧桐
母子睦む緑蔭を過ぎ鶴の前 桂信子 月光抄
母郷にて鶴も羽毛を薄くせり 中村苑子
水ふくみて鶴日を仰ぐ冬至かな 渡邊水巴 富士
水平の美を弁へて鶴飛べり 後藤比奈夫
水底に凍鶴白く映り佇つ 右城暮石 句集外 昭和三十年
水滑りなどして残り鶴一羽 上田五千石 風景
水翳に凍鶴の羽の吹かれもす 飯田蛇笏 白嶽
水飲みて凍を強めし凍鶴か 鷹羽狩行
永き日や松の梢に鶴の首 正岡子規 日永
永き日や鶴下りて居る岡の上 正岡子規 日永
求愛の鶴啼いて群れ乱れけり 松崎鉄之介
沈金の鶴を見て屠蘇干しにけり 阿波野青畝
波にのり波にのり鶴のさびしさは囓子 桂信子 花影
温泉を珠と育てて弥生鶴の里 古舘曹人 砂の音
湯ざめして欄間に透かし彫の鶴 鷹羽狩行
湿原は鶴の涯なる二月盡 古舘曹人 砂の音
満月に繽紛と翔ぶ出水鶴 阿波野青畝
満月を上げたり鶴を見る人に 山口青邨
灌佛やヒマラヤを鶴越ゆる頃 藤田湘子 てんてん
火を焚けば天の田鶴群舞ひみだれ 野見山朱鳥 天馬
炎天に愛しみあへり鶴と女 三橋鷹女
炎天の鶴に真対ひ征く日なし 三橋鷹女
炎暑寂ぶ鶴飼橋は父祖の橋 佐藤鬼房
煤拂のほこりを迯て松の鶴 正岡子規 煤払
爛爛たる星座凍鶴並び立つ 山口誓子
狐松老鶴元日の雨うつくしく 山口青邨
狐鶴かなしたゆたひ飛んでつひに消ゆ 山口青邨
田の奥に鶴ゐて凶悪なる袂 飯島晴子
田居の鶴五六羽風に浮きあがり 岸田稚魚
田居の鶴羽そらしては上はあるき 阿波野青畝
田鶴あそび一つは翔る稲架の空 石塚友二 光塵
田鶴の如遠き田人の頬被 阿波野青畝
田鶴唳きて白衣の君に雪解かな 飯田蛇笏 白嶽
田鶴群の鳴く天彦をうち仰ぎ 野見山朱鳥 荊冠
畔ぬくし静かに移る鶴の群 杉田久女
畔移る孤鶴はあはれ寄り添はず 杉田久女
番鶴身じろがざるにひと吹雪 岸田稚魚 筍流し
病む鶴に人影凍てて佇ちにけり 飯田蛇笏 山響集
病む鶴に添うてなまめく妻の鶴 日野草城
病む鶴のうすき翼を張りにけり 日野草城
病む鶴の老足露にまみれけり 日野草城
病む鶴の高くは翔ばぬ露日和 日野草城
病鶴の癒えて放たれ檻に死魚 山口青邨
痩身の鶴を傾げて走る断雲 富澤赤黄男
痩鶴のごとくに老いし袴能 能村登四郎
白ジヤケツ鶴の聖女の旅途中 平畑静塔
白地着て痩脛鶴のごとくなり 富安風生
白菖蒲一茎高く鶴のごと 山口青邨
白金魚にて丹頂の金魚あり 山口誓子
白閃々一夫一婦の鶴の舞 中村草田男
白鷺が鶴の舞ひして涸磧 右城暮石 句集外 昭和六十二年
直亭々白閃々の鶴の舞 中村草田男
真正面より凍鶴へ歩み寄る 鷹羽狩行
眼をあけて偽凍鶴となりきりし 能村登四郎
着地鶴二三歩はづみ羽根納む 岸田稚魚
瞳に灼けて鶴は白衣の兵となる 三橋鷹女
石打つて鶴飛ばせたり青嵐 臼田亜浪 旅人 抄
祝ぎの如夕焼の鶴仰がるる 阿波野青畝
禰宜を鶴としてわが言葉神に申さく 荻原井泉水
稔よ和人よ丹頂鶴にサビタ咲いた 金子兜太
稗蒔や百姓鶴に語つて日く 正岡子規 稗蒔
稲佐山かけて朝焼にけり鶴の海 小林康治 玄霜
稲域かげ遊べる鶴に歩み寄り 杉田久女
窓ひとついつも粗食の鶴がゐし 飯島晴子
窓一つ灯るは鶴の監視小屋 清崎敏郎
立ち跼り双の凍鶴汚れし午后 伊丹三樹彦
立舞の鶴さながらに雪の城上村占魚
笠山に有明の月鶴の里 山口青邨
笠山も紫に暮れ鶴沈む 山口青邨
第一信鶴のこと雪舞ふに着く 大野林火 月魄集 昭和五十四年
粉雪の句帳にたまる鶴を待ち 古舘曹人 砂の音
紅鶴に 羽片授かる 誕生日 伊丹三樹彦
縁蔭の鶴を友とし四十路なり 三橋鷹女
群鶴の影舞ひ移る山田かな 杉田久女
群鶴を驚かしたるわが歩み 杉田久女
羽をのして鶴啼く寒の日和かな 飯田蛇笏 白嶽
翅ばたいて群鶴さつと舞ひたてり 杉田久女
老鶴の天を忘れて水温む 飯田蛇笏 家郷の霧
胸ふかく鶴は栖めりきKao Kaoと 佐藤鬼房
舞ひあがる翅ばたき強し田鶴百羽 杉田久女
舞ひ下りてこのもかのもの鶴啼けり 杉田久女
舞ひ下りて田の面の田鶴は啼きかはし 杉田久女
舞ひ下りる鶴の影あり稲城晴 杉田久女
舞ひ澄みて鶴より白しスケーター 有馬朗人 天為
芭蕉の忌燭台の鶴燭銜へ 山口誓子
花屋敷雪とまがうて鶴さみし 細谷源二 鐵
花束のごとく丹頂鶴の凍て 鷹羽狩行
若草や空を忘れし籠の鶴 飯田蛇笏 山廬集
茶のけむり立つ日も鶴は凍てにけり 水原秋櫻子 蘆雁
草枯や又国越ゆる鶴のむれ 飯田蛇笏 山廬集
菊の香や鶴はしづかに相よれる 水原秋櫻子 新樹
菊日和夕さむくして鶴鳴けり 水原秋櫻子 新樹
萩さやぐ火の山の裾の鶴溜 小林康治 玄霜
葉桜や鶴の身をかる沼の家 角川源義
葉牡丹の一塊凍鶴の檻の前 山口青邨
蓬に日の出の鶴のめでたさよ 後藤比奈夫
蓬莱ノ松ノ茂リヤ鶴百羽 正岡子規 蓬莱
藁塚ひとつただあり鶴をかくれ見る 山口青邨
蜂とぶや鶴のごとくに脚をたれ 飯田蛇笏 家郷の霧
蠅ひとつ離れぬ鶴飼屋形船 石川桂郎 高蘆
行年や這入りて見たる邸鶴 阿波野青畝
見張鶴我に気づいてゐるらしく 清崎敏郎
親鶴に従ふ雛のやさしけれ 杉田久女
親鶴の子の丈となり嘴移し 鷹羽狩行
親鶴は頂ける丹を子に誇る 山口誓子
読初のものの栞に鶴の羽 山口青邨
足と嘴はなしたる鶴凍てにけり 阿波野青畝
踏襲のままの姿勢に鶴凍てり 上田五千石 田園
身を掻けば穢(え)がぽろぽろと鶴凍つる 波多野爽波
軒端の梅雪被て鶴のかたちせり 安住敦
軒高く舞ひ過ぐ田鶴をふり仰ぎ 杉田久女
近づけば舞ひたつ田鶴の羽音かな 杉田久女
近づけば野鶴も移る刈田かな 杉田久女
退路なし鶴の丹頂まで凍てて 鷹羽狩行
逆様の曲芸は鶴蹴る椿 阿波野青畝
連鶴てふ花思ひつつ牡丹植う 山口青邨
連鶴と名にしおふ牡丹紅ほのか 山口青邨
連鶴は名にこそおへれ牡丹の芽 山口青邨
逸れ鶴の一羽は逆行 夕茜 伊丹三樹彦
遠くにも歩み現はれ田鶴の群 杉田久女
遠くにも群鶴うつる田の面かな 杉田久女
遠眼鏡のぞけば見ゆる月の鶴 山口青邨
野火を見てこころの鶴はくれなひに 野見山朱鳥 荊冠
金の芒 銀の芒を 鶴あゆむ 伊丹三樹彦
銀座うら雪降れる夜の鶴吊れり 飯田蛇笏 山響集
鍋鶴は闇に親しや夕まぐれ 山口青邨
鍋鶴も項は白し初明り 山口青邨
長閑さや干潟の石の鶴一羽 正岡子規 長閑
長閑さや親子つれたつ鶴の顔 正岡子規 長閑
陣笠に鶴の紋ありけふの月 正岡子規 今日の月
雑嚢に鶴の夢つめ枯れ急ぐ 橋閒石 卯
雙鶴の影をかはして凍てにけり 西島麦南 人音
雛鶴に親鶴何をついばめる 杉田久女
雛鶴のうぶ毛吹かるゝ余寒哉 正岡子規 余寒
雨打つべし鶴の毛衣といふ菖蒲(神宮外苑) 細見綾子
雪の上に鶴の羽遺失物めきぬ 阿波野青畝
雪原に紛れざらんと鶴啼けり 岸田稚魚 筍流し
雪折の松や翼を折りし鶴 山口青邨
雪蟲のなぶるにあらず鶴の凍 飯田蛇笏 白嶽
雪蟲はすずろに凍てし鶴双つ 飯田蛇笏 白嶽
雪解富士真向ひにあり鶴歩む 大野林火 方円集 昭和五十年
雲に凍鶴声をはなちけり 西島麦南 人音
雲の影きて凍鶴となる百羽 鷹羽狩行
電燈の明るさに鶴凍てにけり 渡邊水巴 白日
青芦の中鶴の碑の白く立つ 山口青邨
青銅の鶴よりも灼け亀の甲 鷹羽狩行
鞠躬如その凍鶴の歩みけり 古舘曹人 砂の音
頂の丹より凍鶴解けはじむ 鷹羽狩行
風花やいまわのきわに鶴の声 橋閒石 風景
風説を北へ還して鶴みごもる 橋閒石 荒栲
飛翔鶴雪の登校児遥かにす 岸田稚魚 筍流し
飛鶴いま鈎となる 俺の野望形 伊丹三樹彦
飼ひ鶴の行きつ戻りつ月夜哉 正岡子規 月夜
餌あさる鶴丹頂をわれに向け 鷹羽狩行
高きに登り鶴ともまがふ僧に会ふ 大野林火 方円集 昭和五十二年
高熱の鶴青空に漂へり 日野草城
鮎に張る鶴翼の陣下り簗 山口誓子
鳥影の鶴にはならず初日影 山口青邨
鴨の群たむろす声も鶴の里 山口青邨
鵞は泛きてすごもる鶴や梅うるむ 飯田蛇笏 心像
鵠鶴吹きわかれたる落葉より 高野素十
鶴かへる空ありガラス割れにけり 藤田湘子 てんてん
鶴ころろ鷲かんかんと啼いたりき 山口誓子
鶴すぎしさゞ波雲や葡萄吸ふ 渡邊水巴 白日
鶴たてり 擂鉢形の 冬の底 富澤赤黄男
鶴たむろ鴨たむろすや月の下 山口青邨
鶴といへる鳥肌寒の意中にす 野澤節子 未明音
鶴とべり初鶴とべり鶴は美し 渡邊白泉
鶴とほく翔けて返らず冬椿 水原秋櫻子 緑雲
鶴ないて 冬天(てん)を支ふるもののなし 富澤赤黄男
鶴なくと起き出しわれに露台の旭 杉田久女
鶴なけば 氷の破片(かけら) 日の破片 富澤赤黄男
鶴ねむる 天はしづかに朱をながす 富澤赤黄男
鶴ねむる翼の下に秘むる紅 有馬朗人 天為
鶴の嘴に水滴ひかりさぶく垂る 伊丹三樹彦
鶴の墓大霜となむ置酒の客 阿波野青畝
鶴の声これより空の長閑なり 正岡子規 長閑
鶴の夢見き枯蓮はぼうとうすれ 右城暮石 句集外 昭和十八年
鶴の子のあとを子の日の小松哉 正岡子規 子の日
鶴の子の成木買ひして柿屋屋組む 右城暮石 散歩圏
鶴の巣のごとく鶴見の町に住む 水原秋櫻子 餘生
鶴の巣を傾けてふる霰哉 正岡子規 霰
鶴の形はコスモスの枯枯中に 右城暮石 声と声
鶴の影ひらめく畔を我行けり 杉田久女
鶴の影舞ひ下りる時大いなる 杉田久女
鶴の本読むヒマラヤ杉にシャツを干し 金子兜太
鶴の棲むところと聞けば凍ゆるむ 山口青邨
鶴の棲む湿原はよし菖蒲咲き 山口青邨
鶴の棹一しなひして飛べりけり 清崎敏郎
鶴の檻雪片月をかすかにす 飯田蛇笏 白嶽
鶴の歩の止りぬ凍てに入るならむ 能村登四郎
鶴の毛は鳴るか鳴らぬか青あらし 加藤秋邨
鶴の群屋根に稲城にかけ過ぐる 杉田久女
鶴の群驚ろかさじと稲架かげに 杉田久女
鶴の羽の拔けて殘りぬ力草 正岡子規 力草
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴の羽をこほるゝ露や星月夜 正岡子規 星月夜
鶴の腹つめたからめや木守柿 阿波野青畝
鶴の舌赤銅の日に哭きただれ 富澤赤黄男
鶴の舞ふ杯はよし雪見酒 山口青邨
鶴の里大いなる絵の中の我 星野立子
鶴の里菊咲かぬ戸はあらざりし 杉田久女
鶴の闇はるかに一つ二つの灯 山口青邨
鶴の餌を鴨がぬすむと憎みける 山口青邨
鶴の首のどかに亀の首あたゝかに 正岡子規 長閑
鶴はなく雲の雫に盲(めつぶ)れて 富澤赤黄男
鶴は病み寒日あゆむことはやし 飯田蛇笏 白嶽
鶴は病み日あたる巌凍みにけり 飯田蛇笏 山響集
鶴は病めり街路樹の葉の灼けて垂り 三橋鷹女
鶴は鳴く雲の炎に身を絞り 富澤赤黄男
鶴も皿も棍棒の先に椿の夜 永田耕衣
鶴やみて水べにさゆる冬花かな 飯田蛇笏 山響集
鶴やみて片雲風にさだまらず 飯田蛇笏 山響集
鶴を連れ獄卒を連れこれも旅 佐藤鬼房
鶴を飼う濁つて赤き冬渚 飴山實 おりいぶ
鶴一羽稻刈るあとの夕日哉 正岡子規 稲刈
鶴下りて背戸の田螺をあさりける 正岡子規 田螺
鶴凍ててとほき港の白浪す 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
鶴凍てて夕べ山影伸び切りし 稲畑汀子
鶴凍てて日輪心細くなる 後藤比奈夫
鶴凍てて紙の如くに羽吹かれ 深見けん二
鶴凍てて花の如きを糞りにけり 波多野爽波
鶴凍てぬ 透きとほるまで凍ててあれ 富澤赤黄男
鶴凍てゝ一羽毛すら散らさざり 能村登四郎
鶴呼びの秘法も 種蒔き老婆のもの 伊丹三樹彦
鶴咳きに咳く白雲にとりすがり 日野草城
鶴哭くや新雪須臾にして消えさり 橋閒石 無刻
鶴啼かず日は中天にありながら 亭午 星野麥丘人
鶴啼くと三階に敷く褥かな 阿波野青畝
鶴妙に凍ててともしきいのちかな 飯田蛇笏 山響集
鶴威ひらひら鶴の色をして 山口青邨
鶴威鶴の羽音の蔽ひたり 岸田稚魚
鶴守といへるたつきは心惹く 後藤比奈夫
鶴守になりたきこころ嘘ならず 能村登四郎
鶴守のメモ単純な数字のみ 藤田湘子 神楽
鶴居らず月下の梅の明るさに 阿波野青畝
鶴待つや雪で固めて畦の窪 古舘曹人 砂の音
鶴御岳指す青鷹の羽はやり 能村登四郎
鶴料理るまな箸浄くもちひけり 杉田久女
鶴昏れて煙のごとき翼ひけり 富澤赤黄男
鶴暮るるいまは月照ることを待つ 山口青邨
鶴棲むと湿原菖蒲こぞり咲く 山口青邨
鶴歩み己が水影正しけり 有馬朗人 立志
鶴消えた空 夕月の独り占め 伊丹三樹彦
鶴渡る大地の阿呆 日の阿呆 富澤赤黄男
鶴燻ゆるひろげし翼のむらさきに 富澤赤黄男
鶴病みて梅散る頃や冴返る 正岡子規 冴返る
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
鶴立てり透明体の君のからだ 金子兜太
鶴翔てり天の創をばつくろふと 有馬朗人 知命
鶴翼の備くづるゝ霞哉 正岡子規 霞
鶴菱も業平菱も雛のもの 後藤夜半 底紅
鶴遊ぶこのもかのもの稲城かげ 杉田久女
鶴頸の一茎末摘花あはれ 山口青邨
鶴飼橋稲刈人のいまわたる 山口青邨
鶴鳴いて月の都を思ふかな 正岡子規 月
鶴鳴いて郵便局も菊日和 杉田久女
鶴鳴く霜夜の障子ま白くて寝る 須磨寺時代
鷹狩や鶴の毛ちらす麥畑 正岡子規 鷹
鷹狩や鶴の毛を吹く麥畑 正岡子規 鷹
鷹鶴を押へて落ぬ麥畑 正岡子規 鷹
麗や鶴にとさかのなきことも 三橋鷹女
黄落の襤にくづ折れ鶴病めり 右城暮石 天水
黒帯の鶴夜の高階へ高階へ 赤尾兜子 歳華集
齒朶の羽蓬莱鶴の如く也 正岡子規 齒朶

鶴 続補遺

*こう鶴の田をこぐ足や雪の中 嵐青
*こう鶴も行てこちらも涼み哉 野紅
あら礒や鶴眠らするきり~す 寥松
いねつむと田鶴の眠や見ていひし 寥松
かげろふに中さしもなしふだん鶴 紫道
きさらぎや庵へも貰ふ鶴の塩 鈴木道彦
くらしよい冬ではあるぞ雲に鶴 井上士朗
さのゝ小春和哥の浦辺は鶴あらん 松岡青蘿
しづけしや鶴に定るあきの雲 加藤曉台
しら菊や鶴の都の霜降羽 支考
すぼ~と夕ぐれて見ゆ鶴の尻 夏目成美
すゝ掃や取かへされし鶴の雛 桜井梅室
ぬれわたる鶴の背中や初時雨 許六
のどかさよ鶴の齢を六七羽 越人
はつ雪や溝川つたふ鶴の道 許六
はるの海鶴のあゆみに動きけり 松岡青蘿
ひき鶴の背にものせたしうしろつき 鈴木道彦
やすき瀬や冬川わたる鶴の脛 高井几董
ゆく月や国なきかたに田鶴の声 高井几董
わかな野や鶴つけ初めし足の跡 杉風 類題発句集
わか松に鶴の立たる青寒み 鈴木道彦
七種や七日居りし鶴の跡 松岡青蘿
世の中は鶴と成ても首たるし 支考
丹頂の朝日戴く冬至かな 吐月 発句類聚
丹頂の頭巾似あはむ霜の鶴 高井几董
乱菊に遊ぶや鶴のひろひ足 野坡
五月雨にかたよる声や不断鶴 怒風
人音を鶴もしたふて若菜哉 千代尼
今日ぞ鶴花の弟のゑぼし親 越人
冬更てみな番鶴に見ゆる也 鈴木道彦
凍とけや野づらに高き鶴の脛 松岡青蘿
凩の空見なをすや鶴の声 去来
初声を鶴ともきかめ松の花 鬼貫
初日影鶴に餌を飼ふ人は誰 松岡青蘿
初汐にうらうつ貝や鶴のあし りん女
初汐のうらうづがひや鶴のはき りん女
券の日やすそ野を渡る鶴の声 望月宋屋
区~や鷹の日和を鶴の声 田川鳳朗
十六夜や鶴眠る間のちぎれ雲 朱拙
名月やたしかに渡る鶴の声 嵐雪
名月や粟に肥たる鶴の友 洒堂
名月や鶴とも見ゆる白徳利 桜井梅室
大雪と成けりけさは鶴のこゑ 成田蒼虬
女出て鶴たつあとの若菜哉 小春
寒からば鶴に身をかれ旅ごろも 寥松
年浪やおさめ過たる鶴の皃 三宅嘯山
扇にもむせずや神の宝鶴 りん女
斧朽し跡に翅を花の鶴 支考
日暮るゝに凩ふくに磯の鶴 桜井梅室
昼皃の鶴もつゞかぬ牛の道 鈴木道彦
時鳥一声まじる鶴の声 杉風
月の雲鶴はなしたを気色かな 桜井梅室
朝がほは鶴眠る間のさかりかな 風麦
朝顔よおもはじ鶴と鴨のあし 素堂
木がらしやねぐらを鶴の声もるゝ 成田蒼虬
杉のはの雪朧なり夜の鶴 支考
松かげや鶴のこゝろにも一夜庵 支考
松原に稲を干したり鶴の声 椎本才麿
松島の鶴になりたやはるの空 松窓乙二
松島や鶴に身をかれほとゝぎす 曽良
毛を替て今のかたさや老の鶴 露川
水に濺ぐ根芹や鶴のきれい好 三宅嘯山
汐さきにすゞむ眼ざしや朝の鶴 卓池
炭がまをさして飛けり夜の鶴 桜井梅室
田の空もひとつに鶴の寒さかな 助然
白浜や鶴たつあとのおぼろ月 桜井梅室
真鶴の命よろこべ後の月 鈴木道彦
福寿草咲や後に土佐が鶴 露印
稲村の鶴を見ておるすゞめ哉 孤屋
耕して鶴をまねけよ杖の友 松岡青蘿
芦田鶴の香を*嗅出す粽かな 言水
芹摘や向ひへ廻る鶴の跡 十丈
苗代や鶴のかためし屋敷取 野坡
若草にまだ遊ぶなりふだん鶴 陽和
若菜野や鶴つけ初めし足の跡 杉風 類題発句集
菊の日や旅の寐覚の鶴の声 舎羅
萩の花咲そろふ日や鶴のこゑ 鼠弾
蒔つけし夜より鶴鳴岡の麦 松岡青蘿
道灌の世も見し鶴かすみだ川 寥松
野は枯てのばす物なし鶴の首 支考
降からに鶴を着初るあしたかな 鬼貫
雛恋ふる親のこゝろや夜の鶴 松岡青蘿
雪ちるや何処で年とる小田の鶴 成田蒼虬
雪風や鶴の目つらに吹そびき 鈴木道彦
雲霞千里もひゞけ鶴の声 破笠
霜の鶴土へふとんも被されず 其角
霜月や鶴の彳々ならびゐて 荷兮
青陽の空に鶴咲き花の声 鬼貫
静さや鶴に出べき庭の雪 土芳
鳴渡る鶴の高さよ霜の月 卯七
鴬のとるとし鶴もうらやむか 寥松
鶴おりて日こそ多きに大晦日 其角
鶴にまかせ斧をともなひ居士頭巾 園女
鶴の声菊七尺のながめかな 嵐雪
鶴の目の千石広し草の花 除風
鶴の脚はじめて折か涅槃像 左次
鶴の脛長しとなくか冬田づら 鈴木道彦
鶴の舞ふかげもあまさず花の空 鈴木道彦
鶴ほどに鳶の影さす初日かな 桜井梅室
鶴も巣を今日かけ初めむ雛の宿 松岡青蘿
鶴を画く雲井の空や鷄合 炭太祇
鶴下りて笠をぬがするかゞし哉 泥足
鶴啼もあてにはならず夕しぐれ 成田蒼虬
鶴啼や其声芭蕉やれぬべし 曽良
鶴小屋にかけて稲葉の入日哉 卯七
鶴飛ら嘸うれしうも涼しうも 惟然
鷺ぬれて鶴に日のさすしぐれ哉 与謝蕪村

以上ー

by 575fudemakase | 2017-01-23 05:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング