初雪 の俳句

初雪 の俳句

初雪 の例句


初雪 補遺

あたふたと降る初雪を蔑ろ 山田みづえ まるめろ
うしろより初雪ふれり夜の町 前田普羅 普羅句集
だんだんに初雪草の雪の嵩 後藤比奈夫
ちらちらと初雪ふりぬ波の上 正岡子規 初雪
はつ雪に志あり矢大臣 阿波野青畝
はるか新雪北へ真直ぐ道作り 森澄雄
マフラーの新雪のごと肩にゆたか 山口青邨
仙丈新雪を見る日の君を煙とするか 荻原井泉水
入舟や何處の初雪載せて來る 正岡子規 初雪
入船の初雪載せて來るかな 正岡子規 初雪
六甲の初雪見ゆる庵とて 高浜年尾
処女雪に孤児驕りては足印す 岸田稚魚 雁渡し
初虹の初雪よりも消えやすき 正岡子規 初虹
初虹や初雪よりも消易き 正岡子規 初虹
初雪か暫らく巍峨を立ち目守る 山口誓子
初雪ちらちら垣どなりどち代がはり 中村草田男
初雪にころびぬまさに家の前 岸田稚魚 紅葉山
初雪によしや女の雪丸げ 正岡子規 初雪
初雪に富士の春秋極めたる 稲畑汀子
初雪に祇園清水あらはれぬ 正岡子規 初雪
初雪に離亭の往き来絶えにけり 水原秋櫻子 緑雲
初雪に馴鹿の乳をしぼりけり 飯田蛇笏 春蘭
初雪のたちまち吹雪く駅広場 佐藤鬼房
初雪のつもりし昼の鯣裂く 橋閒石 雪
初雪のはらりと降りし小不二哉 正岡子規 初雪
初雪のふるとは見えてつみもせず 正岡子規 初雪
初雪の下に火を焚く小舟かな 正岡子規 初雪
初雪の中に光るや金の鯱 正岡子規 初雪
初雪の中を淀川流れけり 正岡子規 初雪
初雪の久住と相見て高嶺茶屋 杉田久女
初雪の厚く残りし大藁屋 上野泰 佐介
初雪の国道二大都をむすぶ 橋閒石 朱明
初雪の大雪になるそ口をしき 正岡子規 初雪
初雪の奇麗になりぬ大江山 正岡子規 初雪
初雪の宵を鳴り澄む瓦斯ランプ 橋閒石 朱明
初雪の年の内にはふらざりし 正岡子規 初雪
初雪の忽ち松に積りけり 日野草城
初雪の日の雪隠に香焚けり 古舘曹人 砂の音
初雪の梦や見るらん浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
初雪の水に色めくもの金魚 橋閒石 朱明
初雪の津津と水つぽい夜空 佐藤鬼房
初雪の流れて青し朝日川 正岡子規 初雪
初雪の瓦屋よりも藁屋哉 正岡子規 初雪
初雪の空をみどりにして解けし 大野林火 月魄集 昭和五十六年
初雪の藍にも染まであはれなり 正岡子規 初雪
初雪の重さ加減やこもの上 正岡子規 初雪
初雪は根雪にならぬ林檎かな 阿波野青畝
初雪は隠岐に残れる悲歌に降る 野見山朱鳥 幻日
初雪やあちらこちらの寺の屋根 正岡子規 初雪
初雪やおばしま赤き太鼓橋 鷹羽狩行
初雪やかくれおほせぬ馬の糞 正岡子規 初雪
初雪やけがれなくして狂へるよ 平畑静塔
初雪やけむりのごときぶな地帯 阿波野青畝
初雪やたちまち白き化粧坂 有馬朗人 知命
初雪やふじの山よりたゞの山 正岡子規 初雪
初雪やふらりと家を出でくれば 村山故郷
初雪やふるふが如き雛の壇 河東碧梧桐
初雪やみるみる母の菜園に 中村汀女
初雪や丸藥程にまろめける 正岡子規 初雪
初雪や伊豫のお鼻は十八里 正岡子規 初雪
初雪や半分氷る諏訪の海 正岡子規 初雪
初雪や唐人の歌女郎の歌 正岡子規 初雪
初雪や奇麗に笹の五六枚 正岡子規 初雪
初雪や妓に借りし絵入傘 日野草城
初雪や富士の雀が軒に鳴く 村山故郷
初雪や小鳥のつゝく石燈籠 正岡子規 初雪
初雪や我子に簔と笠きせて 正岡子規 初雪
初雪や松の梢の天主閣 内藤鳴雪
初雪や椽へもて出る置こたつ 正岡子規 初雪
初雪や橋のむかうの舟灯る 桂信子 草影
初雪や橋の擬玉珠に鳴く鴉 正岡子規 初雪
初雪や海を隔てゝ何處の山 正岡子規 初雪
初雪や畑より歸る牛の角 正岡子規 初雪
初雪や異人ばかりの靴の跡 正岡子規 初雪
初雪や百本杭の杭の杭のさき 正岡子規 初雪
初雪や百萬石の城の跡 正岡子規 初雪
初雪や秋葉の山も千代川も 正岡子規 初雪
初雪や窓あけてしめあけてしめ 正岡子規 初雪
初雪や船筆削ることもして 星野麥丘人
初雪や輕くふりまく茶の木原 正岡子規 初雪
初雪や鉛筆削ることもして 雨滴集 星野麥丘人
初雪や雀よろこぶ手水鉢 正岡子規 初雪
初雪や靴門内に入るべからず 正岡子規 初雪
初雪や靴門内へ入るべからず 正岡子規 初雪
初雪や鴉の羽に消えて行く 正岡子規 初雪
初雪をのせたり雑草園門の松 山口青邨
初雪をふるへばみのゝ雫かな 正岡子規 初雪
初雪を獨り物にせん草の庵 正岡子規 初雪
初雪を見るや手を措く妻の肩 日野草城
初雪を頂上にして富士黒し 山口誓子
初雪嶺月出てわれを引見す 上田五千石『森林』補遺
初雪草富士の高嶺のごと咲かす 後藤比奈夫
天高き処新雪降りしきる 山口誓子
妻縁を走り障子開け初雪見せにけり 原石鼎 花影以後
富士新雪これほどまでに薄しとは 林翔
少年死処暁の初雪既に消え 中村草田男
山の襞みな垂直に新雪を 山口青邨
山初雪やどりぎの毬白くしぬ 山口青邨
山初雪枯木の中に顔入れて 細見綾子
岳新雪前山幾重衿合わせ 山口青邨
干柿の八ツ岳新雪のかがやきに 山口青邨
年木積み新雪ひかる岳を負ふ 水原秋櫻子 霜林
幽きより風新雪の竹しなふ 鷲谷七菜子 銃身
新雪すでに山を覆へり発哺に灯 及川貞 夕焼
新雪にやもめ炊爨ラヂオ鳴る 飯田蛇笏 白嶽
新雪にスキー応へてをりにけり 後藤比奈夫
新雪に一歩また一歩あゆみ出づ 相馬遷子 山河
新雪に何か声澄むさるをがせ 飯田龍太
新雪に出て橇犬のふる尾かな 飯田蛇笏 春蘭
新雪に触れ三行の葉書出す 有馬朗人 母国
新雪のかがやきを遠ざかり来し 細見綾子
新雪のかがやき何にたとへんか 細見綾子
新雪のスキーの音の上に立つ 篠原梵 年々去来の花 皿
新雪の上いたましや玩具燃ゆ 飯田龍太
新雪の人の表札を見てはゆく 加藤秋邨
新雪の富士の肩荒きへら使ひ 細見綾子
新雪の富士や忙しき里車 石塚友二 光塵
新雪の富士現はれし草の上 飯田龍太
新雪の富士見ゆるなり妻の墓 森澄雄
新雪の山別々の闇に入る 飯田龍太
新雪の幹のうしろのかたつむり 飯田龍太
新雪の木曽駒と遇ひ君等と会ふ 松本たかし
新雪の来て花ひらく蓮華岳 山口青邨
新雪の東京神妙に在りぬ 山田みづえ まるめろ
新雪の比良正面に朝日出る 右城暮石 句集外 昭和三十五年
新雪の浅間燃えたり人丸忌 相馬遷子 山国
新雪の消えてしばらく山日和 福田蓼汀 秋風挽歌
新雪の穂高の奥の光るは槍 山口青邨
新雪の葡萄畑に水の音 松崎鉄之介
新雪の闇より闇へ雁のこゑ 飯田龍太
新雪の高嶺相寄るごときあり 上田五千石『天路』補遺
新雪へ絵踏のごとく踏み出だす 上田五千石『田園』補遺
新雪や山のゴンドラに犬も乗る 村山故郷
新雪や崖の上下に声めざめ 加藤秋邨
新雪や空の蒼さに神ひしめき 橋閒石 朱明
新雪をかぶり富士山一本立ち 平畑静塔
新雪をもて槍岳は槍としたり 山口青邨
新雪を一浴したる駒ケ嶽と会ふ 松本たかし
新雪を来て返しゆく郵便夫 右城暮石 上下
新雪を染めざる浦の溢れ潮 飯田蛇笏 雪峡
新雪を被てはるかなる加賀の山 石塚友二 光塵
新雪を見つめたる眼を伏せにける 細見綾子
新雪来り約して今日小生来り 荻原井泉水
新雪眉のごとし杖老の手にしてのぼる 荻原井泉水
暮れるまで処女雪 日時計のほとり 伊丹三樹彦
東京の初雪人が出て歩く 山田みづえ 手甲
東京は初雪が降り初天神 山口青邨
柿吊つて新雪の神嶺に来ぬ 森澄雄
根雪ふみ新雪にぬれ旅の町 及川貞 夕焼
歸るさや初雪やんで十日月 正岡子規 初雪
海の上に初雪白し大鳥居 正岡子規 初雪
海の中に初雪積みぬ大鳥居 正岡子規 初雪
湯戻りの袖に初雪かゝりけり 日野草城
灰すてゝ日に初雪の待たれけり 正岡子規 初雪
父の墓へは新雪 母焼く煙見返り 伊丹三樹彦
爺ケ岳新雪の髪ふりかぶる 山口青邨
白菊は富士新雪を前に光る 山口青邨
立山に初雪降れり稲を刈る 前田普羅 普羅句集
紙を干す富士新雪と相照らひ 山口青邨
紙漉や初雪ちらりちらり降る 正岡子規 初雪
編笠山新雪すこしのせ瀟洒 山口青邨
英霊に日ざし初雪あとを止めず 渡邊水巴 富士
葡萄垂る駒が初雪はるかにし 山口青邨
藪裾の初雪予後は大切に 角川源義
裏山に初雪の雲かゝりけり 河東碧梧桐
見渡せば初雪つもる四里四方 正岡子規 初雪
見渡せば初雪ふりぬ四里四方 正岡子規 初雪
記憶を持たざるもの新雪と跳ぶ栗鼠と 中村草田男
誰かある初雪の深さ見て参れ 正岡子規 初雪
赤城嶺に初雪計らざりにけり 石塚友二 方寸虚実
遠つ嶺に刷く新雪や母へ駈く 能村登四郎
錦帶橋長し初雪降り足らず 正岡子規 初雪
長期戦富士は初雪はや白し 渡邊水巴 富士
雲のまに新雪きそふ嶺三つ 飯田蛇笏 家郷の霧
雲捲けど嶺の初雪まぎれなし 相馬遷子 山国
鶴哭くや新雪須臾にして消えさり 橋閒石 無刻

初雪 続補遺

はつゆきに人ものぼるかふしみ船 其角
はつゆきは松の雫に残り鳧 千代尼
はつゆきやほゝ笑来たる無二の友 三宅嘯山
はつゆきやみぞれで仕廻笹の音 木因
はつゆきや世に尋常な朝の様 三宅嘯山
はつゆきや今年七十五日あり 三宅嘯山
はつゆきや侍従拝賀の階の下 三宅嘯山
はつゆきや子共の持て歩行ほど 千代尼
はつゆきや居所替る蘭の鉢 望月宋屋
はつゆきや庚申待のあまり客 野紅
はつゆきや御灯の残る八王寺 三宅嘯山
はつゆきや払ひもあえずかいつぶり 許六
はつゆきや松の心も一かまへ 除風
はつゆきや落葉拾へば穴が明 千代尼
はつゆきや青物市のよめがはぎ 高井几董
はつゆきを我いさみ気を見て嬉し 土芳
はつ雪にとなりを顔で教けり 野坡 炭俵
はつ雪にやらおそろしの波の*のた 千那
はつ雪に大事の朝や恵比須講 土芳
はつ雪に此小便は何奴ッぞ 其角
はつ雪に起ッころびつ亭主哉 凉菟
はつ雪のおしや木々には咲ざりし 鈴木道彦
はつ雪のことしも袴きてかへる 野水
はつ雪のひるにもなるか斧の音 成田蒼虬
はつ雪のわづかうれしや誰もしる 猿雖
はつ雪の冠きぬ身ぞ果の楽 遅望
はつ雪の撫もさすりもならばこそ 三宅嘯山
はつ雪の此いきほひに梅も咲 土芳
はつ雪の空に烏は何よりも 塵生
はつ雪の足袋かん板にかゝりけり 寥松 八朶園句纂
はつ雪の降て居にけり明る朝 田川鳳朗
はつ雪の降なをしたる気しき哉 秋之坊
はつ雪の降出す比や昼時分 傘下
はつ雪は人そばへしてやみにけり 梢風尼
はつ雪は影伴ひてふりけるか 土芳
はつ雪は朝寐に雫見せにけり 千代尼
はつ雪は盆にもるべき詠哉 其角
はつ雪は餅に造りて進ぜませ 野坡
はつ雪もおぶく焚火に消にけり 許六
はつ雪や*もみじ松葉を手にすくひ 怒風
はつ雪やいかなる木曽の七ふしぎ 許六
はつ雪やきよろりと消ていなり山 野坡
はつ雪やこゝろあてある小傾城 馬場存義
はつ雪やふり行年の老の花 昌房
はつ雪やほむる詞もきのふけふ 千代尼
はつ雪やをさまる江戸の人ごゝろ 許六 五老井発句集
はつ雪や一枝折て硯蓋 早野巴人
はつ雪や三度ふらねど伊吹山 許六
はつ雪や乞食疱瘡する菰の下 木導
はつ雪や人のくれたるひの木笠 井上士朗
はつ雪や人の底意はいとけなき 桜井梅室
はつ雪や人まつ市の松かゞり 諷竹
はつ雪や何は落ずと落葉山 土芳
はつ雪や先草履にて隣まで 路通
はつ雪や先馬やから消そむる 許六
はつ雪や入院の僧の礼まはり 鈴木道彦
はつ雪や八百屋にたのむ今朝の鐘 木導
はつ雪や内に居さうな人は誰 其角
はつ雪や医師に酒出す奥座敷 炭太祇
はつ雪や十日~の雨の後 宗瑞 たつのうら
はつ雪や器量の分る沙の上 望月宋屋
はつ雪や土辺にとゞく鶏の觜 三宅嘯山
はつ雪や夜着に帯してつき居り 朱拙
はつ雪や奥の洞屋の雪なだれ 李由
はつ雪や孤雲に栩をさはす音 千那
はつ雪や富士の煙のたばこ好 吾仲
はつ雪や富士は九重さくや此 亀世
はつ雪や嵐の中の夜半の鐘 土芳
はつ雪や御駕へ運ぶ二八そば 一茶 八番日記
はつ雪や松にはなくて菊の葉に 北枝
はつ雪や榎の下庵は枝伝ひ 土芳
はつ雪や横川の杉の三分一 千那
はつ雪や治る江戸の人ごゝろ 許六
はつ雪や波に伊吹の風外れ 千那
はつ雪や波のとゞかぬ岩のうヘ 松木淡々
はつ雪や湯のみ所の大銅壷 其角 五元集
はつ雪や溝川つたふ鶴の道 許六
はつ雪や灰にかいたる梅のはな 成美 成美家集
はつ雪や犬の面出す杉の垣 其角
はつ雪や町に居あはす桑門 炭太祇
はつ雪や石がきつたふ手習子 遅望
はつ雪や石に敷たるさんだはら 建部巣兆
はつ雪や菅笠とつて櫻河 言水
はつ雪や見しらぬ人に会釈する 舎羅
はつ雪や赤子に見する朝朗 其角
はつ雪や酒の意趣ある人の妹 炭太祇
はつ雪や金柑折て樽のうヘ 史邦
はつ雪や降おそろしう水の上 千代尼
はつ雪や静に百の法師達 土芳
はつ雪や鱠に盛し二子山 其角
はつ雪をもてなす竹の葉のひねり 朱拙
はつ雪を持ちからなく落葉かな 杉風
はつ雪を聞名に寒し比曽河内布 土芳
はつ雪を見てから顔を洗けり 越人
はつ雪を誰見に行し馬の糞 史邦
はつ雪を鳴て奢るや江湖僧 野紅
今ふるぞ初雪ゆきは降ながら 北枝
其年の初雪見ずにをはられし 探志
初ゆきになど腑替リの鳥部山 旦藁
初ゆきに酒屋来て酒買せけり 三宅嘯山
初ゆきの発句や皃の南ミ向ク 卓袋
初ゆきや朝寐のたらぬ早隠居 野紅
初ゆきや綿屋の店の笑ひ声 三宅嘯山
初ゆきや酒の意趣ある人の妹 炭太祇
初ゆきや風のねぶりのさむるまで 千代尼
初ゆきや馬がはなれて朝ぼらけ 〔ブン〕村
初雪じや大きな雪じや都かな 露印
初雪と見る間につのるあらし哉 田川鳳朗
初雪にあふみの茶店や銀世界 朱拙
初雪にかくれあふする菜の青み 風国
初雪にむかひの家の朝寝かな 樗良
初雪にやがて手引ん佐太の宮 正秀
初雪に人寒からぬ御宴かな 黒柳召波
初雪に何してゐるぞ隣殿 兀峰
初雪に売られて通る狸哉 蘆本
初雪に御庭をよごす足の跡 野童
初雪に忘るゝ物は寒さかな 杉風
初雪に文字ふるへたる文ぞよき 旨原 反古ふすま
初雪に来る人嬉し窓の竹 四睡
初雪に熊の出たる海辺哉 不玉
初雪に牧やえられて無事なやつ 其角
初雪に真葛が原のめかけ哉 其角
初雪に着るや古手の蔦の紋 建部巣兆
初雪に近江の杣は帰けり 許六
初雪に雀のよりや松の笠 浪化
初雪に風のかゝりし梺かな 路健
初雪に鷹部屋のぞく朝朗 史邦
初雪のあとに気の付やなぎ哉 里東
初雪のあはれは高き所かや 智月尼
初雪のしるしのさほや艸の茎 高井几董
初雪の中で消るや炉次の笠 朱拙
初雪の今宵はどこぞずいと雲 車庸
初雪の今朝はかくれず沓の鼻 可南女
初雪の今朝は火燵の御留主哉 亀世
初雪の山まだ若き木の芽哉 支考
初雪の工夫にしづむ衾かな 桃妖
初雪の市にうらばや雉子兎 正秀
初雪の手際はむらやふゆ椿 魯九
初雪の次手のよさにあられ哉 雪芝
初雪の畳ざはりや椶櫚箒 智月尼
初雪の白子若松月夜なり 長翠
初雪の見事や馬の鼻ばしら 利牛
初雪の跡さかりなる枇杷のはな 松岡青蘿
初雪の青みがちなり麦の畝 孤屋
初雪の風呂によばるゝ夕かな 仙化
初雪は尾花が上のうそらしや 杜若
初雪は翁の墳も降たるか 夕道
初雪もおなじ時分や廻り忌ミ 嵐青
初雪も降ぬに猫の恋心 史邦
初雪も飛石ほどの高さかな 斜嶺
初雪やあしあとは皆女中達 木導
初雪やあぶればしめる小風呂敷 田川鳳朗
初雪やいか様草の有所 望月宋屋
初雪やいな風が来て惹そやす 朱拙
初雪やいらぬ木の葉のさしまぜて 朱拙
初雪やうううと云ふは老の耳 荊口
初雪やおしにぎる手の寄麗也 傘下
初雪やかけかゝりたる橋の上 芭蕉 其便
初雪やかけ絵は茶の木いなすゞめ 野坡
初雪やことしのびたる桐の木に 野水
初雪やちらずにそつと草の上 陽和
初雪やつきそふて見る小手巾 りん女
初雪やつまめば香の一ひねり 馬場存義
初雪やとく~たまれ宵の門 りん女
初雪やならし~て一つかみ 梢風尼
初雪やならぶ伊丹のかはら葺 朱廸
初雪やなんてんの実の鳥の糞 木導
初雪やねぢれて終に西おろし 野坡
初雪やふところ子にも見する母 杉風
初雪やまだ持足らぬ藪ぢから 中川乙由
初雪やまだ新家の門仕廻 林紅
初雪やみえすく雲のはしながら 万乎
初雪ややさしき数の青物屋 百里
初雪や一返ふりて散紅葉 尚白
初雪や一面に降る勢田の橋 李由
初雪や三日どまりは下々の客 使帆
初雪や不二でもてなすうるま客 田川鳳朗
初雪や井筒きよむる炭俵 野紅
初雪や亭主ぶりする浦鵆 正秀
初雪や人の機嫌は朝の中 桃隣
初雪や今に取べき笘の上 三宅嘯山
初雪や今朝なき例の二日酔 呉雪 嵐雪廿七周忌追善集
初雪や今朝下られし山法師 許六
初雪や仏の道は垣一重 野坡
初雪や伯楽過る旦那方 許六
初雪や便となればくだり酒 蝶々子 富士石
初雪や信濃のものもおなじ事 許六
初雪や先馬から消へ初る 許六
初雪や児の手にのる小傘 荷兮
初雪や内にゐられぬ公儀もの 李由
初雪や出懸る暮のふりへらし 苔蘇
初雪や勝負もつかず比えあたご 正秀
初雪や勢田へはとをし鮗の魚 野坡
初雪や匂ひの失ぬ共あいだ 桃妖
初雪や北山越ゆるはしら売 野坡
初雪や十に成子の酒のかん 其角
初雪や唯は通さじ関隣り 洒堂
初雪や四五里へだてゝひらの嶽 去来
初雪や地の上かるき駒の足 野明
初雪や夜すがら軒のなりひさご 北枝
初雪や夜着からのぞく懶さ 落梧
初雪や夜降置て空見せぬ 土芳
初雪や大津の方のひゑの山 許六
初雪や宇治の小茶師がひとり釜 鈴木道彦
初雪や実は降のこす薮柑子 松岡青蘿
初雪や客ありながら照かくる 朱拙
初雪や寐て居る上の山白し 荻人
初雪や寝言にいひし夢合 知足
初雪や小坂にはやくすべりみち 配力
初雪や尾骨から来る風のマン 林紅
初雪や屏直さんと云くらし 野坡
初雪や年寄だてらおどけもの 路通
初雪や庵に付たる一人扶持 沙明
初雪や庵の後へ廻り道 曽良
初雪や形さま~の煙出し 浪化
初雪や御難の餅の過し今朝 松窓乙二
初雪や微塵の喰たるぬり文庫 朱拙
初雪や思ひまうけし鯉の汁 凉葉
初雪や我袖かさんみそさゞひ 宗波
初雪や扇だけなる墓の松 呂風
初雪や手をやる程のあはい嶋 紫道
初雪や政宗殿の門の屋根 許六
初雪や散るがてんにて咲合点 吾仲
初雪や文箱の房のもゆる色 桃先
初雪や旅へ遣たる従者が跡 炭太祇
初雪や既に薄暮の嵐より 黒柳召波
初雪や日ごろはむさき町はづれ 朱拙
初雪や日にすかされて舞て居る 野紅
初雪や旦那乞食の朝廻り 嵐青
初雪や昨日は拾ふ椎の菓子 野坡
初雪や是を柳のかへり花 野坡
初雪や昼ふるものとおもはれず 松窓乙二
初雪や東坡が門の薬とり 許六
初雪や柴に咲かせて山桜 鬼貫
初雪や柿に粉のふく伊吹山 許六
初雪や根の付さうな竹の間 千代尼
初雪や桐の丸葉の片さがり 路健
初雪や桐の葉はまだ落果ず 路健
初雪や植こみ退て松たはむ 卓袋
初雪や水へも分ず橋の上 千代尼
初雪や江戸の人あし跡の沙汰 幽山 誹枕
初雪や河豚で死たる人の塚 許六
初雪や清水汲せし新手桶 卓池
初雪や湯のみ所の大銅壺 其角
初雪や火をもらはるゝ隣あり 牧童
初雪や火袋古キ石燈籠 木因
初雪や爪臙脂のつく雪礫 木導
初雪や爰から拝む城の松 吏全
初雪や片髭剃てさしのぞき 如行
初雪や献上鷹の馬蒲団 臥高
初雪や畳扣くは城の外 怒風
初雪や疝気は冷としりながら 朱拙
初雪や疾く御格子を上られたり 三宅嘯山
初雪や白きにつけて食の恩 吾仲
初雪や矢箆竹植る路次の内 木導
初雪や神の料理の宜禰が袖 怒風
初雪や窓の朝日に鳥の影 牧童
初雪や竹に雀をかざるほど 支考
初雪や竹をたよりにふりかゝる 寂芝
初雪や笠に付たる緋のきれ 嵐雪
初雪や筆捨山の右左 桃隣
初雪や箕にてひた程草のうへ 三宅嘯山
初雪や米まき入ルシヤムの篭 基継
初雪や紀伊国石を水藜蘆の実 木導
初雪や紙燭指出す忍ぶぐさ 猿雖
初雪や網代の小屋の高鼾 〔ブン〕村
初雪や縁にもて出る孫の膳 岱水
初雪や羅紗の羽織にのしめ鞘 去来
初雪や茶を出しかけて半蔀 利牛
初雪や菅の小笠は旅の人 吾仲
初雪や薩*たをこえる鈴のこゑ 〔ブン〕村
初雪や裾へとゞかぬ白丁花 嵐雪
初雪や見るうちに茶の花は花 千代尼
初雪や訪んと思ふ人が来たり 三宅嘯山
初雪や跡なひやうで御簾の内 りん女
初雪や跡な烏は鼠いろ 中川乙由
初雪や路次の飛石埋む程 許六
初雪や都の夜の菰かぶり 支考
初雪や門にいはへるはなれ駒 りん女
初雪や門にいばへるはなれ駒 りん女
初雪や門に橋ある夕まぐれ 其角
初雪や関の清水の埋れむ 建部巣兆
初雪や隔夜の僧は夜の形り 野坡
初雪や雀の扶持の小土器 其角
初雪や雀の足の三里だけ 其角
初雪や雪にもならで星月夜 早野巴人
初雪や順礼の居ぬ紀三井寺 三宅嘯山
初雪や顔した顔のはづかしき りん女
初雪や風にもまるゝ桜ほど 望月宋屋
初雪や餅を乞子も家に有 風国
初雪や高のしれたるみそさゞゐ 沙明
初雪や鯨尺にて二寸五分 亀世
初雪や鳥声ほそし朝附日 乙訓
初雪や鴉の色の狂ふほど 千代尼
初雪や鵙の草茎うづむらん 許六
初雪や麓も富士になかりけり 越人
初雪や麦の葉先キを仕廻かね 千代尼
初雪や黄は橘柚の朝ぼらけ 許六
初雪をうがのに清し塚の前 夕兆
初雪をおしまではたく頭巾哉 毛〔ガン〕
初雪をどろにこねたる都かな 正秀
初雪を合羽に出立おとこかな 白雪
初雪を紙子の袖にふらせけり 如行
初雪を脊中に負ふや網代守 許六
卯の花や初雪咲キぬ時鳥 支考
口あいて初雪待や炭俵 露川
年々に皆はつゆきのひかり哉 土芳
急がねば初雪のふる旅路かな 建部巣兆
恵比寿講この初雪はいくらにす 鈴木道彦
我あほう初雪ぬすむ夢見けり 万子
比良消て初雪高しゆふま暮 尚白
狩衣やけさ初雪に源三位 三宅嘯山
老の羽織初雪迄に仕立たり 仙杖
色鳥の初雪握る木末かな 為有
茶の人や初雪足をいたゞかん 一笑(金沢)
虫ほさんけふ初雪の富士颪 尚白
鷹の巣に初雪白し岡の松 許六

以上

by 575fudemakase | 2017-01-23 06:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26576939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング