枯木の俳句

枯木の俳句

http://fudemaka57.exblog.jp/23355812/

http://fudemaka57.exblog.jp/23369792/

http://fudemaka57.exblog.jp/23369783/

http://fudemaka57.exblog.jp/23369773/

http://fudemaka57.exblog.jp/22937733/

http://fudemaka57.exblog.jp/22937892/


枯木 補遺

かの日より地平に立てる一枯木 野見山朱鳥 愁絶
けもの貌となりつつありぬ枯木鳶 鷲谷七菜子 游影
こけしたちみな鬢ながく枯木宿 山口青邨
こけしたち袖をたたみて枯木宿 山口青邨
このあたり川の幅よき枯木宿 岡井省二 山色
このごろの午後五時枯木暮るゝ時 山口誓子
この後は桂郎忌てふ枯木立 斎藤玄 雁道
この枯木この落葉いま波郷亡し 石塚友二 磊[カイ]集
この町の春夏秋冬枯木晴 高田風人子
この道の枯木も家もおぼえあり 上村占魚 球磨
こびりつき雪の残れる枯木かな 清崎敏郎
これが最後の枯木の踊一つ星 西東三鬼
さるかけは枯木に似たる若葉哉 正岡子規 若葉
さるすべり裸木けものの肌をして 山口青邨
さるをがせまとひて枯木湖に沈み 高濱年尾
しづかなる空がまいにち枯木の上 長谷川素逝 砲車
すみずみに朝日のとどき枯木立 鷲谷七菜子 天鼓
たうたうと滝ひびく枯木径かな 村山古郷
たばこ燃ゆ枯木からから吹く風に 細谷源二 鐵
だんまりの一つ鵯ゐて大枯木 石塚友二 玉縄以後
つばらかに月夜の枯木枝を張り 上村占魚
づばぬけて高き裸木桐なりし 右城暮石 散歩圏
てのひらに枯木のぬくさ過去遠し 鷲谷七菜子 黄炎
てのひらを枯木の膚に触れしむる 日野草城
どこまでも枯木と見せて梅の花 正岡子規 梅
なぐられて枯木の中に泣けもせず 上村占魚 鮎
にぎやかに雲のぼりくる枯木坂 上田五千石『天路』補遺
はらからの涙垣なす枯木蔭 野見山朱鳥 愁絶
ひかりつつわが家越え来し枯木雲 野見山朱鳥 愁絶
ひと行くと躍り鞭打つ枯木影 川端茅舎
ふくいくと嬰抱いてゆく枯木立 鷲谷七菜子 一盞
ふり仰ぐ裸木ぎよつとなまめかし 石塚友二 光塵
ぽつかり鉢植の枯木がぬけた 尾崎放哉 須磨寺時代
まなかひに枯木山あり十日月 星野立子
まなぶ窓枯木しづかに天を刺す 鷲谷七菜子 黄炎
めぐり立つ枯木非情や追はれれば 藤田湘子 途上
やどり木が鞠と見せたる枯木かな 阿波野青畝
ゆきちがふ枯木の右は我が行き 加藤楸邨
ゆふぐれの枯木に独楽をぶつけたり 大野林火 海門 昭和七年以前
ゆるぎなく夕日とどまる枯木山 松村蒼石 雪
ゆれる過去 縄の末端枯木にたれて 富沢赤黄男
わが庭の夕ベを澄める枯木かな 日野草城
わたしが焚くほどの枯木はおとしてくれる山 種田山頭火 自画像 落穂集
オリオンが枯木にひかる宵のほど 山口誓子
キツツキの音に間のある枯木群 飯田龍太
キャンプせり名無浜にて枯木灘 右城暮石 句集外 昭和五十年
シヨーウインドー枯木を飾り冬めける 山口青邨
スワンレークよ落葉松は裸木に 佐藤鬼房
チェロ聴いて帰る枯木の中の家 有馬朗人 母国
チェンソーの不意のひびきや枯木山 桂信子 草影
ツンドラに生きつづけをる枯木かな 阿波野青畝
ユトリロ好みの枯木館で ある邂逅 楠本憲吉 楠本憲吉集
一すぢの滝のこゝろや枯木山 原石鼎 花影
一と所透かぬ枯木や農夫ゐて 津田清子 礼拝
一もとの枯木を闇や花ざかり 正岡子規 枯木
一本の又は二本の大枯木 高野素汁
一本の枯木の幹をまのあたり 高野素汁
乳離れや枯木みじろぐ日の出前 橋閒石 風景
乾いた枯木 ぬれてかがやくけものの目 富沢赤黄男
乾鮭は魚の枯木と申すべく 正岡子規 乾鮭
二の酉や枯木襖のむらさきに 石田波郷
五六軒雪つむ家や枯木立 正岡子規 枯木
人はみなうしろ姿の枯木立 岡本眸
人声の登りゆくなり枯木山 草間時彦
仮眠時の枯木いろどり雲移る 角川源義
伐り倒す裸木強く地を打てり 右城暮石 一芸
佐久のかの人も逝きしか枯木星 石塚友二 磊[カイ]集
何の木ぞ宿り木多き裸木は 右城暮石 散歩圏
何事もない枯木雪ふる 種田山頭火 草木塔
何鳥か五六羽來たる枯木かな 正岡子規 枯木
倚る裸木蒼天に悉く耀る 伊丹三樹彦
光まとひて十一月の枯木ども 相馬遷子 山国
全山の枯木となりし静かかな 高濱年尾
八幡宮枯木桜の奥の奥 山口青邨
円山の枯木このへんとび~に 高野素汁
円山の枯木にあそぶ日和かな 日野草城
冬に入る見分け難きは枯木と死木 三橋鷹女
冬の陽や枯木の中の竹二本 日野草城
冬山に枯木を折りて音を聞く 飯田蛇笏 椿花集
凍雪のひつかかりゐる枯木かな 高野素汁
凩に三味も枯木の一ツ哉 正岡子規 凩
初午や枯木二本の御ン社 村上鬼城
初富士は枯木林をぬきん出たり 高濱年尾
制札を掛けたる宮の枯木かな 正岡子規 枯木
前へ前へ幹は出でんと枯木山 藤田湘子 てんてん
前向きに緊るモデルの背の枯木 赤尾兜子 蛇
前屈みしてゐる枯木観世音 山口誓子
十字架も枯木屠場へ道開く 有馬朗人 母国拾遺
千の患者に千の聖果や枯木中 石田波郷
午過ぎて枯木の色となりにけり 加藤楸邨
卒業は近し枯木の銀杏ども 山口青邨
危険用口-プの端は枯木に巻く 岡本眸
双手に綿菓子 枯木の瘤に腰おろし 三橋鷹女
古寺に藤の花さく枯木哉 正岡子規 藤
台風通り裸木ばかり春の潮 角川源義
吹降りの底ひの枯木枝交ひて 石塚友二 光塵
周恩来亡し枯山の大枯木 石塚友二 磊[カイ]集
味噌の話あれこれ枯木宿の夜や 大野林火 飛花集 昭和四十四年
咳くや吹きつけられて枯木に星 上田五千石『田園』補遺
咳けば 枯木の天も咳けり 富沢赤黄男
啄木鳥の啄く若葉の枯木かな 右城暮石 句集外 昭和十年
四五尺の枯木にとまる鴉かな 正岡子規 枯木
四五本の枯木を過ぎて女なり 加藤楸邨
四聖をまつり六腎を迎ふ枯木かな 山口青邨
地に倒したる裸木の枝拡がる 右城暮石 句集外 昭和二十七年
堂の扉の枯木模様の又変る 上野泰 佐介
墳の祠や枯木の隙に利根光る 角川源義
夏枯木死神騎士の眼路追ひ得ず 中村草田男
夕方につきたる宇治の枯木よし 星野立子
夕茜移りつつあり大枯木 山口青邨
夜の枯木町空明り背景に 高濱年尾
夜夜俺のドア叩くケロイドの枯木 金子兜太
夢に父と枯木を見しが枯木立つ 加藤楸邨
大いなる人のいまなき枯木かな 高野素汁
大いなる月おそろしき枯木かな 川端茅舎
大かたの枯木の中や初桜 正岡子規 初桜
大佛の後ろ見て住む枯木宿 松本たかし
大年の枯木の奥に灯ともれる 橋閒石 雪
大枯木あまたの星をちりばめて 山口青邨
大枯木しづかに枝をたらしたる 長谷川素逝 暦日
大枯木すと日かげりてしりぞきぬ 長谷川素逝 暦日
大枯木より大枯木まで十歩 高野素汁
大枯木光琳笹に根を埋め 野見山朱鳥 曼珠沙華
大枯木小枯木家は煉瓦積み 高田風人子
大枯木日あたるところなかりけり 長谷川素逝 暦日
大枯木焔の雲をとばしたる 山口青邨
大枯木雄雄しく斧をうけてをり 上村占魚 球磨
大根を掛けて裸木の安けさよ 鷹羽狩行
大福や枯木に似たる梅の花 正岡子規 大福
夫妻の間柘榴枯木の影こまやか 山口青邨
奥山や枯木の穂にも初日影 原石鼎 花影以後
女の子枯木に顔をあてて泣く 高野素汁
女来て枯木に煙草こすり消す 阿波野青畝
女達枯木の宿をまもりゐる 山口青邨
妻は我を我は枯木を見つつ暮れぬ 加藤楸邨
妻恋へり裸木に星咲き出でて 石田波郷
姿よき枯木とはなり了りたる 後藤比奈夫
子を想ふとき詩を欲るときを枯木立つ 橋本多佳子
宇治に来てかくも水急枯木よし 星野立子
宙凍てて枯木にひびく日の光り 飯田蛇笏 白嶽
寄生木と鳥籠かけぬ枯木宿 前田普羅 普羅句集
寒月や枯木の上の一つ星 正岡子規 寒月
寒肥をして貰ひたる枯木かな 山口青邨
寝に帰るいつもの数の枯木過ぎ 岡本眸
小寒やまぶしき月が枯木越し 相馬遷子 山河
小鳥来る枯木の空は暮れやすし 野見山朱鳥 愁絶
尻込みをしつつ大吠ゆ枯木宿 高田風人子
尾長の刻鳩の刻ある枯木かな 石田波郷
居留地の頃のままなる枯木立 後藤比奈夫
屠蘇かけて見ばや枯木の梅の枝 正岡子規 屠蘇
山の襞争ひ落つる枯木かな 原石鼎 花影
山下りる枯木に夕日あるうちに 高濱年尾
山初雪枯木の中に顔入れて 細見綾子
山椒魚寝て枯木より太きかたち 赤尾兜子 歳華集
山荘の銅蓮の大枯木大 高野素汁
山里や枯木の枝の初烏 正岡子規 初鴉
山雀が尾を打つ音の枯木かな 渡邊水巴 白日
山霧のかんがり晴れし枯木かな 飯田蛇笏
山高む町を離れて枯木道 松崎鉄之介
岳樺阿修羅の如く裸木に 山口青邨
崖は立ち枯木は聳えわれは見る 加藤楸邨
嵐山の枯木もすでに花曇 杉田久女
嶽は燃え枯木の鷹に水澄めり 飯田蛇笏 山響集
常に身に添ふは枯木と黒き男 橋閒石 無刻
常磐木にまじる裸木春の夕 日野草城
帽のふちにつぎつぎ従属国の裸木 金子兜太
幻の辛夷かがやく枯木中 角川源義
待ち呆けつ枯木かげわが影の上 大野林火 早桃 太白集
御園生の枯木は富有柿の木ぞ 山口誓子
心老うる日枯木の雀天使とす 大野林火 雪華 昭和三十四年
心頭を闇の枯木の照らしけり 橋閒石 卯
思はざる小気味よき音枯木折る 能村登四郎
思ふことなく枯木をひろひ歩きつつ 種田山頭火 自画像 落穂集
悲しさの極みに誰か枯木折る 山口誓子
愛憐や夜の枯木が掌をひらく 楠本憲吉 孤客
憑かれてぞ過ぎいつしかに枯木道 石塚友二 方寸虚実
懐炉胃に熱く枯木の径昏れぬ 橋閒石 雪
我に向つて来る女あり枯木中 川端茅舎
我に子にかの枯木星名はなくとも 加藤楸邨
我去るに大枯木立ちつくしけり 上野泰
打仰ぐ大枯木枝飛ばしをり 上野泰 佐介
折鶴のたましひうかぶ枯木山 平井照敏 天上大風
掛けてしづか虚子鷹の軸枯木宿 山口青邨
撃たれ落つ鳥美しや山枯木 原石鼎 花影
新劇を出て夜の枯木白く見き 岡本眸
新月、梅の花、もう枯木ではない 荻原井泉水
新月や枯木の梢四方より 山口青邨
日ねもすの靄に明暗枯木立 高濱年尾
日の中の孤独枯木に雲とどかず 鷲谷七菜子 黄炎
日の枯木海の鼓動の遠鳴りに 鷲谷七菜子 銃身
日の沈みたる空の色枯木山 星野立子
日光と枯木二月に入りにけり 相馬遷子 雪嶺
日曜の讃美歌枯木よぎるとき 伊丹三樹彦
日曜や匂うばかりに枯木の秀 楠本憲吉 孤客
日輪を金剛縛り大枯木 上野泰 春潮
早春の裸木はなやげる夕茜 中村苑子
早春や室内楽に枯木なほ 石田波郷
早春や枯木常盤木たばこ店 渡邊水巴 白日
昃りしざわめき起きぬ枯木立 中村汀女
昃りし枯木の中の山桜 清崎敏郎
昇天の座に乗りかふる枯木星 上田五千石『田園』補遺
明寺に藤の花咲く枯木哉 正岡子規 藤
星のかず枯木があれば増えにけり 山口誓子
星降りて枯木の梢にゐ挙れる 山口誓子
春の寺枯木の中を上りけり 正岡子規 春
春の月けふも枯木のうしろより 渡邊水巴 富士
春の月枯木がくれに黄にけぶる 渡邊水巴 富士
春の月枯木の中を上りけり 正岡子規 春の月
春めくと枯木の枝の日の微塵 長谷川素逝 暦日
春先や枯木のいてふ手を拡げ 岸田稚魚 紅葉山
昭和十五年終る日没す枯木かな 星野立子
時計置かぬ老の仕事場枯木山 岡本眸
暖かや枯木の影が手をひろぐ 中村汀女
暮るるよりさきにともれり枯木の町 大野林火 青水輪 昭和二十六年
暮れても枯木見ゆ降り出さば雪ならむ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
月あげて枯木華やぐ場末かな 伊丹三樹彦
月一つあるも怪しき枯木かな 河東碧梧桐
月光や踏めば鳴るかに枯木の縞 楠本憲吉 孤客
月明の底の枯木の影踏みゆく 藤田湘子 途上
月星を枯木にやどし鶏鳴す 角川源義
朝迎ふ裸木を日に押立てて 林翔 和紙
木立枯れて夜半の庭火のあらは也 正岡子規 枯木
杉檜なかの裸木こそ光れ 林翔
来ては去る枯木枯木や咳の中 加藤楸邨
東京の空青く晴れ枯木立 中村苑子
林の中*たらの裸木も塔の趾 山口青邨
枝詰めてかなしき阿修羅大枯木 山口青邨
枝鳴らす枯木の家に倒れ寝る 西東三鬼
枯ひまはりとなり枯木等に混れり 三橋鷹女
枯カスバ枯木の肌に女を彫り 平畑静塔
枯木あり倚れとばかりに枯木あり 上田五千石 天路
枯木いまだ一本の棒蝶舞ひ立つ 三橋鷹女
枯木がひかる わたしの中の風と雪 富沢赤黄男
枯木が点るこんな夕暮を米買ひに 細谷源二 砂金帯
枯木が空に刻む枯文字喀血報 楠本憲吉 孤客
枯木が隠すトタン屋根開け躍る朝眼 赤尾兜子 蛇
枯木たちなべて自在に日に甘ゆ 相馬遷子 山河
枯木でない証拠の足音として暮れる 橋閒石 風景
枯木ともしらずに蔦の紅葉哉 正岡子規 蔦紅葉
枯木なか出雲お国をたづねゆく 角川源義
枯木にて枝のびのびと岐ちをり 上田五千石 田園
枯木にのぼり麦蒔く父を眺めけり 川端茅舎
枯木に倚りいくとせ卒業生を送る 山口青邨
枯木に日晩年も事多からむ 安住敦
枯木に日病む夫に来て毛糸編む 森澄雄
枯木に星雪ふり雪ふり睡りいる 赤尾兜子 蛇
枯木に沿ふ焼夷弾道は見了んぬ 加藤楸邨
枯木に耳をあてれば 遠くオルゴール 富沢赤黄男
枯木に通ふ言葉あらざりひたに焚く 細谷源二 砂金帯
枯木に陽 わたしは現ンにここに居る 富沢赤黄男
枯木に鴉が、お正月もすみました 種田山頭火 草木塔
枯木ぬけ吾子に逢はむと菊の墓 角川源義
枯木の予感 どこかで大砲(ガン)がなつてをる 富沢赤黄男
枯木の眺め代赭色して呼吸難 石田波郷
枯木の義手の 穴だらけの時間よ 富沢赤黄男
枯木の股月の光を流すのみ 桂信子 月光抄
枯木また枯木目といふ熱きもの 岡本眸
枯木まだ枯木のまゝの一木かな 高野素汁
枯木みな天へ拡がる歓喜の歌 野見山朱鳥 愁絶
枯木みな鳶をとまらせ冬の雨 山口青邨
枯木ゆれ月光蛇のごとくのぼる 山口青邨
枯木より猫が降りざり犬が居る 原石鼎 花影以後
枯木らの贔屓の星の出そろへる 藤田湘子 てんてん
枯木ノ葬列 イツマデモ 立ツテオレ 富沢赤黄男
枯木中居りたる雲のなくなりし 松本たかし
枯木中白樺凝乎と巨魚の骨 石塚友二 方寸虚実
枯木光る映画館まだはじまらず 大野林火 早桃 太白集
枯木原に雪積んで居る月夜かな 河東碧梧桐
枯木坂垂れて天より犬がくる 秋元不死男
枯木多し日蝕よりもしづかな午後 大野林火 早桃 太白集
枯木宿ただ一点の黄の香炉 山口青邨
枯木宿よき酒蔵す鴨遊び 山口青邨
枯木宿カラタチの実の見ゆるなり 前田普羅 普羅句集
枯木宿俄に客や点りけり 高田風人子
枯木宿灯を消して出てかへりみる 木村蕪城 一位
枯木宿蚊帳の吊手をのこしけり 安住敦
枯木山すきまだらけになりてたのし 平井照敏
枯木山日のしたゝりの菫照る 渡邊水巴 富士
枯木山曲りて大き屋根かくす 及川貞 榧の實
枯木山杳たる面テゆるされし 岡井省二 山色
枯木山枯木を折れば骨の匂ひ 三橋鷹女
枯木山枯木を杖に亡母遊ぶ 三橋鷹女
枯木影たのし大いなる鳥影も 山口青邨
枯木影川に及べり泣く臼子 佐藤鬼房
枯木影月の干菜にかゝらうとす 原石鼎 花影
枯木折る若し「右の頬打たれなば」 秋元不死男
枯木抱きし手の結ばざる夕まぐれ 細谷源二 砂金帯
枯木抱くこの身さかさまかも知れず 橋閒石 微光
枯木揺れてもしづけさの乱されず 大野林火 月魄集 昭和五十六年
枯木星仰ぎ男は素手で泣く 中村苑子
枯木星孤立無援の吾に点く 津田清子
枯木星朝のめざめにしたたりぬ 石田波郷
枯木星湖の玻璃いま傾けり 赤尾兜子 蛇
枯木星睡れじの曲何々ぞ 石田波郷
枯木暮れ子等いまごろをよく遊び 中村汀女
枯木杖紅らむまでに縋りける 岡本眸
枯木灘捨て櫓の端の梅雨鴉 能村登四郎
枯木灘梅雨の晴間の藻汐焚く 能村登四郎
枯木照り元日の煙草手に白し 渡邊水巴 富士
枯木生く英字の名札釘打たれ 西東三鬼
枯木研ぐ朝光 ビルは灯の缶詰 伊丹三樹彦
枯木立これよりの嵯峨寒からん 高野素汁
枯木立ちぶさを深くつゝみけり 日野草城
枯木立どの幹となく揺れはじむ 清崎敏郎
枯木立ぬけて全く自分の影 橋閒石
枯木立もゝしなやかに往きにけり 日野草城
枯木立千々ありありと夕日去る 松村蒼石 雁
枯木立名門の門遺りけり 上田五千石『田園』補遺
枯木立小学校の声がして 橋閒石 微光以後
枯木立巡査鳩首し何謀るや 村山古郷
枯木立影一斉に晴れ亘る 日野草城
枯木立月光棒のごときかな 川端茅舎
枯木立檻の鳥獣声尖り 上田五千石『田園』補遺
枯木立灯りのやうな瞳と逢ひぬ 岡本眸
枯木立緑濃きバス来ぬ往きぬ 日野草城
枯木立落つる夕日を止め得ず 中村苑子
枯木等とわが半身に雪激し 西東三鬼
枯木等も伊賀荒し伊勢柔かし 右城暮石 句集外 昭和三十五年
枯木見て昨日と今日をつなぎをり 岡本眸
枯木見て立つ蒼天に身をひたし 相馬遷子 雪嶺
枯木豆くちびるを塗りすごしたり 日野草城
枯木豆掌のやはらかにしめりたり 日野草城
枯木道修道服の裾ゆたかに 津田清子
枯木道死なざりし影徐かに曳く 石田波郷
枯木道靴をしづかに喪に服す 山口誓子
枯木門に帷小路八番戸 山口青邨
枯木鳴り耀く星座かかげたる 橋本多佳子
枯木鳴る父たることを悲しめば 鷹羽狩行
枯枝のひつかかりゐる枯木かな 高野素汁
枯野の絵枯木の家に遺されぬ 加藤楸邨
栓さしてありし硝子戸枯木見ゆ 後藤夜半 底紅
桂郎忌の枯木波郷忌の枯木中 斎藤玄 雁道
梅はまだ枯木にもつとして花の春 正岡子規 初春
梅ハまだ枯木に似たり花の春 正岡子規 初春
梟の思ひかけずよ枯木立 正岡子規 枯木
梧桐の青き幹ある枯木かな 高野素汁
楢枯木夕日をかづく家鴨ども 角川源義
楷といふ一字の枯木大いなり 高野素汁
欠伸して顎ぬくもりぬ枯木立 岡本眸
歩きゐる向ふの岸の枯木人 高野素汁
母よいま鳴つてをるのは枯木の鞭 楠本憲吉 隠花植物
母老いぬ枯木のごとく美しく 三橋鷹女
水に枯木が空ふかう夕焼くる 種田山頭火 草木塔
水の面のはしりかがよふ枯木かな 下村槐太 天涯
水栓の漏れしとしとと夜の枯木 山口誓子
水落ちて橋高し枯木二三本 正岡子規 枯木
水飲んで人が首ふる枯木晴 岡本眸
水駅や外の枯木に足袋干せる 右城暮石 句集外 大正十五年
永病みやつかむ枯木の枝をれて 野見山朱鳥 愁絶
池に立ちゐし人や枯木に縫ひ去りし 阿波野青畝
法堂へ名も知らぬ枯木立かな 金子兜太
泣きやめし子のもたれゐる枯木かな 高野素汁
泣きやめし顔を離しぬ枯木より 高野素汁
泣き羅漢には明るすぎたる枯木山 鷲谷七菜子 天鼓
渋面の自画像の奥 枯木騒ぐ 楠本憲吉 楠本憲吉集
湖なくばたゞの枯木や湖辺の木 右城暮石 句集外 昭和三十五年
湯気立に遠く枯木といふものあり 下村槐太 天涯
満天の星に吹き上げ大枯木 山口青邨
満山枯木かゝるがゆゑの樅の瑞 石塚友二 方寸虚実
満月の枯木ごもりや年の暮 石田波郷
滅多打つ枯木枯木は純白に 赤尾兜子 蛇
漱石忌枯木へだてて彼我病めり 石田波郷
濃き霧よ枯木枯木と触れ合ひて 岸田稚魚 雁渡し
濡岩にとゞくことなし枯木の陽 日野草城
灯にかざす手や手の翳や枯木めく 能村登四郎
炎天の裸木リヤ王の白さなり 平井照敏 天上大風
烈風にぼんやり灯る枯木宿 川端茅舎
焚くだけの枯木はひろへた山が晴れてゐる 山頭火
無為の波音裸木は首縊れぬ木 佐藤鬼房
無縁墓積んだ高さの 枯木鴉 伊丹三樹彦
無花果の鈍な枯れ樣したりけり 正岡子規 枯木
焼夷弾爆ぜて枯木の形立つ 加藤楸邨
煖炉にも枯木枯枝影させる 山口誓子
照り昃ることにかかはり大枯木 長谷川素逝 暦日
照る枯木女情もっとも憂かりける 伊丹三樹彦
熟睡後枯木ばかりで落ちつかず 佐藤鬼房
燈をかばふ妻より若し背戸の裸木 細谷源二 砂金帯
爆煙に脚を焦がした枯木たち 伊丹三樹彦
父の忌の母と立ち見る野の枯木 加藤楸邨
父母の亡き裏口開いて枯木山 飯田龍太
爺婆が花咲かすべく枯木宿 山口青邨
犬細し女も細し枯木中 高野素汁
猫が来てにんげん仰ぐ枯木山 加藤楸邨
獄を出て触れし枯木と聖き妻 秋元不死男
瑪瑙雲色を変へつつ大枯木 山口青邨
生きて翔く枯木鴉や他の鳥も 石塚友二 玉縄以後
病個室枯木一片窓に見ゆ 野見山朱鳥 愁絶
発車して枯木の影を徐々に脱す 津田清子
白日の雲よ枯木よ蛇(くちなは)よ 富沢赤黄男
白樺の三四もまじへ枯木宿 上田五千石『風景』補遺
白樺の枯木もセット写真師待つ 山口青邨
百本の枯木の中に我はあり 高野素汁
眞間寺や枯木の中の仁王門 正岡子規 枯木
真夜中のごとく燈して枯木宿 上村占魚 鮎
真白な雲の通れる枯木かな 石田勝彦 秋興以後
真青に海は枯木を塗りつぶす 山口青邨
眼休むるため椴青し枯木原 富安風生
着ぶくれし影ぞ裸木の影へ触れぬ 香西照雄
知る店の潰れて矢鱈枯木に灯 岡本眸
石はみなわれて芽近き枯木かな 原石鼎 花影
磐石に枯木の影の今載りし 清崎敏郎
祈るとき愛なし枯木矗々と 赤尾兜子 蛇
神木の枯木の影も踏むまじく 上村占魚 球磨
禁欲やゆけばもつるる枯木影 伊丹三樹彦
種痘かゆし枯木に赤きもの干され 西東三鬼
積藁の枯木の霜に雀かな 河東碧梧桐
立ち止り羽織に枯木影とまり 上野泰 佐介
童等のうつくしき目や枯木立つ 加藤楸邨
竹筒に花鮮たなる枯木影 飯田龍太
竹藪の前の枯木にちる暮雪 飯田龍太
筑波嶺やかのもこのものめつた枯 正岡子規 枯木
紅墻は枯木のなかにおぼつかなし 山口誓子
紅梅も今は枯木の仲間かな 阿波野青畝
緋の欅畳にあそび枯木宿 阿波野青畝
置時計黄金の針枯木宿 山口青邨
而立既に子の声満たす枯木の家 有馬朗人 母国
聖の僧枯木影せる道を来る 山口誓子
聖堂より双眼鏡枯木を見て外らす 山口誓子
聳えたる枯木の中や星一つ 正岡子規 枯木
肉の影して削るものなし野の裸木 赤尾兜子 歳華集
胸に湧く声あり枯木光り出す 野見山朱鳥 幻日
胸像の壮者をしのぐ枯木して 古舘曹人 能登の蛙
自動車を廻しかねゐる夜の枯木 波多野爽波 鋪道の花
花嫁着く枯木は道の一行詩 古舘曹人 能登の蛙
芽ぶかざる枯木のままになほ幾日 山口誓子
芽ぶく木々暮れて枯木と異ならず 山口誓子
芽吹きつゝ枯木のまゝの月夜かな 渡邊水巴 白日
茶の花に梅の枯木を愛す哉 正岡子規 茶の花
葱買ふや枯木のうらの風からび 小林康治 四季貧窮
蓑虫の木瓜は枯木になりにけり 河東碧梧桐
薔薇窓(ロザス)はも大いなる花枯木の中 山口青邨
蘭咲くや雨は枯木のなかに澄み 飯田龍太
蝶のごと裸木めぐる春の雪 角川源義
行けど行けど裸木と星とあるばかり 右城暮石 句集外 昭和二十三年
街中に枯木そばだつクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十一年
街央の裸木誰も急ぐなり 伊丹三樹彦
裔いまだ体中の微塵枯木星 石塚友二 方寸虚実
裔いまだ體中の微塵枯木星「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
裸木が捧ぐ日輪癒え給へ 佐藤鬼房
裸木が捧ぐ日輸癒え給へ 佐藤鬼房
裸木といふ元日のやすけさよ 飯田龍太
裸木となりていよいよ巨きな樹 大野林火 月魄集 昭和五十六年
裸木となり裸木の影を呼ぶ 鷹羽狩行
裸木となるに愉悦のある如く 後藤比奈夫
裸木に 雨の鞭鳴る 寝正月 伊丹三樹彦
裸木にあたたかさうな空を描く 後藤比奈夫
裸木にきびしこれより雨も風も 山口青邨
裸木にとりついてゐる足力 石田勝彦 秋興以後
裸木にひたすらな顔残したり 加藤楸邨
裸木にふれあふといふところなく 石田勝彦 秋興以後
裸木に春めきたちし渓こだま 飯田蛇笏 家郷の霧
裸木に竹馬の世の茜空 飯田龍太
裸木に裸の艶の充ちにけり 松崎鉄之介
裸木のなんの灯にでも浮び出づ 後藤比奈夫
裸木のみなうつくしき齢かな 鷹羽狩行
裸木の六臂躍るよ築山に 山口青邨
裸木の夜天に動く風強し 右城暮石 句集外 昭和三十八年
裸木の方があたたかさうに立つ 後藤比奈夫
裸木の曲りよぢれて崖支ふ 右城暮石 散歩圏
裸木の朴に手をあて咳きいだす 佐藤鬼房
裸木の朴をぐるりと巡るなり 山田みづえ 手甲
裸木の枝先もつれ合ひし彩 右城暮石 句集外 昭和六十三年
裸木の極みとなりて踊り出す 岡本眸
裸木の清々しきも見飽きたり 相生垣瓜人 明治草
裸木の瘤の如しや信濃人 草間時彦 櫻山
裸木の皇居四方の門閉ざす 津田清子 礼拝
裸木の碧空頼むけしきかな 臼田亜浪 旅人 抄
裸木の肌なめらかに愛と彫る 山口青邨
裸木の若し幹枝競ひ立つ 右城暮石 句集外 昭和五十七年
裸木の雨露にも虹影 聖歌月 伊丹三樹彦
裸木は全存在を立ちにけり 平井照敏
裸木は金の膚の夕日かな 林翔
裸木や巨き知己あり飯うまし 永田耕衣
裸木や羅漢本来無一物 松崎鉄之介
裸木を振り返る時ぞ空青し 相馬遷子 山国
裸木を肌色に染め朝日さす 林翔
裸木を責めて興ぜむ日ともせり 相生垣瓜人 明治草抄
裸木春の雨雲行くや 尾崎放哉 小豆島時代
見えず降る雨黒かりし裸木に 岡本眸
解く帯のうすき湿りや枯木宿 岡本眸
言葉なし枯木幾度かほとりを過ぎ 加藤楸邨
誦さねば枯木佇つごと勤行僧 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
谷々に彼岸ざくらの枯木灘 角川源義
赤く見え青くも見ゆる枯木かな 松本たかし
赤城山に真向の門の枯木かな 村上鬼城
越の雪化粧つつある枯木山 松本たかし
躓けば 枯木が天を叩きけり 富沢赤黄男
身を忘じ枯木の癖を愛しけり 赤尾兜子 [はやて]
透くことは慰め枯木透くことも 山口誓子
逗留の我と二本の枯木かな 高野素汁
通りすぎ心に触れし枯木あり 桂信子 月光抄
逢ふところまでいくたびも枯木過ぎ 桂信子 月光抄
逮夜すぐ酒となりけり枯木星 佐藤鬼房
道に枯木曳き摺りし子を直ぐ忘る 山口誓子
道ふさぐこの傲岸な一枯木 能村登四郎
遠き白猫枯木攀ぢむとして止みぬ 石田波郷
遠の枯木桜と知れば日々待たる 未明音 野沢節子
遠景に枯木華やか急ぐなよ 三橋鷹女
遮断機はとくとく下ろす夜の枯木 中村汀女
酔ふほかはなし裸木は靄に濡れ 橋閒石 雪
鍵鳴らし一途に老いぬ枯木中 古舘曹人 能登の蛙
降りそめて人影の去る枯木かな 日野草城
隠れ葉も落ち裸木となりにけり 鷹羽狩行
雀は雀で野辺おくりする枯木の枝 荻原井泉水
雁の棹枯木の上に一文字 高野素汁
集ひてみな脚長少女枯木晴 岡本眸
雪やみて桐の枯木は肋骨なす 福田蓼汀 山火
雲ちぎれ飛ぶ早し月の裸木に 臼田亜浪 定本亜浪句集
雲迅く枯木倒れんばかりなり 福田蓼汀 山火
雲遊ぶ秋山頂の枯木かな 臼田亜浪 定本亜浪句集
雷鳴の丘の裸木クリスマス 西東三鬼
静かなる雲二つ三つ枯木中 松本たかし
韮生えて枯木のもとの古畑 村上鬼城
顧みて~皆枯木なり 高野素汁
風あたり強き妙義の枯木宿 上村占魚 球磨
風の枯木をひろうてはあるく 種田山頭火 草木塔
風は吹き裸木は皆無言なり 林翔
風は裸木虐げて水に沈みたれ 種田山頭火 自画像 層雲集
風を得て枯木と女ひかり合ふ 岸田稚魚 雁渡し
風情無き枯木の庭となりにけり 正岡子規 枯木
風致区となるわが家の枯木等も 右城暮石 句集外 昭和四十一年
風船の紐がからんで枯木かな 星野麥丘人
風過ぎて枯木と女ひかり合ふ 岸田稚魚 負け犬
飛行雲捲くとき枯木叱咤せり 赤尾兜子 蛇
飛行音枯木にみのる星さわぐ 西東三鬼
食卓に小さき炎を置き枯木宿 岡本眸
飯うまし枯木籠りに正座して 石田波郷
駅を出て見飽かぬ宵の枯木星 佐藤鬼房
髪かざる栄誉を枯木とり囲む 古舘曹人 能登の蛙
魚さげてゆくどこまでも枯木の影 橋閒石
鳥のゐる枯木 と 鳥のゐぬ枯木 富沢赤黄男
鳥の巣のありし枯木に旅心 高田風人子
鳥翔ちて光塵うごく枯木山 岡本眸
鴉とびさりしあと裸木はゆれやまぬかな 種田山頭火 自画像 層雲集
鴨は枯木に女達髪を結ふ 山口青邨
鵙一と声二た声春の枯木楫れば 金子兜太
鵯飛んで何の枯木ぞ骨太き 石塚友二 光塵
鵲白く枯木とともに日の翳に 山口誓子
鶯や枯木の中の一軒家 正岡子規 鶯
鶲とんで色ひゞき逃げし枯木かな 原石鼎 花影
鶲来てとまる枯木に今日は雨 松本たかし
鶲来て枯木うちはゆ雑煮かな 渡邊水巴 白日
鶲来て色つくりたる枯木かな 原石鼎 花影
黄昏の家と枯木とすれちがふ 富沢赤黄男
黄昏の枯木が歩くべき径 富沢赤黄男
黄昏は枯木がぬいだ白いシヤツポ 富沢赤黄男
黄昏は枯木が抱いてゐる竪琴(ハープ) 富沢赤黄男
黄昏は枯木むかうをむいて去る 富沢赤黄男
黒焦げの 枯木の 黒い旗がゆく 富沢赤黄男

枯木 続補遺

うぐひすの色先みする枯木哉 桜井梅室
しばらくもやさし枯木の夕附日 其角
ふれ~と枯木の谷の若みどり 智月尼
むつくりと岨の枯木も霞けり 杉風
凩に枯木のちから折レにけり 沾圃
取あへぬ細工や雪の枯木ども 蘆文
名月の今にも枯木に咲にけり 路健
夕だちの原にしぶとき枯木哉 荊口
家遠し枯木のもとの夕けぶり 黒柳召波
寒月や枯木の中の竹三竿 与謝蕪村
日の影の枯枝に配る落葉哉 高井几董
星一夜たとえ枯木も雫あれ 朱拙
春雨や枯木の上を降くらし 加藤曉
更に枯木に鹿の声淋し 杉風
木つゝきや枯木尋る花の中 丈草
枯木だに三たび咲ちる霜の花 十丈
枯木ほど更るものなしけふの月 松窓乙二
死ぬとしを枯木のやうに忘けり 松窓乙二
河はあせ山は枯木の涙かな 史邦
目じるしの枯木たふれて霜の月 加藤曉台
結縁も枯木に藤のわか葉かな 魯九
落る葉の枯木みよとや啼烏 亀洞
葱買うて枯木の中を帰りけり 与謝蕪村
蜻蛉の十ばかりつく枯枝かな 井上士朗
門さきの枯木もかすむこゝろあり 夏目成美
露霧を枯木のはなや佐白山 馬場存義
風かをる瀬戸の枯木や伽羅の肌 白井鳥酔
風渡る枯木もかなし泣たより 北枝
鴬のひよいと出て鳴枯木かな 斜嶺
鴬や枯木がちにていたましさ 支考
鵯の枯木さがしや雪ぐもり 風国
鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ 野沢凡兆

以上

by 575fudemakase | 2017-01-23 19:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26578441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング