枯木立 の俳句

枯木立 の俳句

枯木立

例句を挙げる。

くらしの声道へ筒抜け枯木立 雨宮昌吉
この後は桂郎忌てふ枯木立 斎藤玄 雁道
三井寺や狂女もあらず枯木立 高浜虚子
今日の日の空を支へて枯木立 星野立子
参道のあらはになりて枯木立 本田三千代
夕焼を背負ひて立てり枯木立 並松 玉哉
大仏も鎌倉文化枯木立 奥村青霞
居留地の頃のままなる枯木立 後藤比奈夫 初心
日の温み残して寺の枯木立 村上辰良
昼月の白じろと枯れ木立中 阿部美恵子
枯木立ありその上に八ケ岳 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
枯木立おぼろに茜沈めたり 林原耒井 蜩
枯木立しづかに揺れて触れあへり 小林勇二
枯木立どの幹となく揺れはじむ 清崎敏郎
枯木立モームの月のひつかかる 笠間圭子
枯木立一つひとつをよけ歩く 高木晴子
枯木立一宇一灯あきらかに 阿部みどり女
枯木立一樹は西行桜かな 山下喜代子
枯木立中の一樹は父ならむ 小俣由とり
枯木立千々ありありと夕日去る 松村蒼石 雁
枯木立埃つぽさの夜の目にも 行方克巳
枯木立影存分に伸ばしをり 大橋一郎
枯木立月光棒のごときかな 川端茅舎
柔道の先生来たり枯木立 滝井孝作 浮寝鳥
樽前の雪の裾野の枯木立 高濱年尾 年尾句集
満天の星を支へて枯木立 横原律子
潮風に冬住まぬ家や枯木立 玉越琅々
父逝きて枯木立けふも遠くに在り 有働亨 汐路
神様も鳥も素足や枯木立 栗林千津
雲代謝みなうつくしき枯木立 三好達治 路上百句

枯木立 補遺

おもひでの瞳に枯木立ありて来ぬ 三橋鷹女
この後は桂郎忌てふ枯木立 斎藤玄 雁道
すみずみに朝日のとどき枯木立 鷲谷七菜子 天鼓
ふくいくと嬰抱いてゆく枯木立 鷲谷七菜子 一盞
五六軒雪つむ家や枯木立 正岡子規 枯木
人はみなうしろ姿の枯木立 岡本眸
夜もしるき噴煙見よや枯林 村山故郷
寒枯林住みてひとりの素顔なる 高屋窓秋
居留地の頃のままなる枯木立 後藤比奈夫
日ねもすの靄に明暗枯木立 高浜年尾
昃りしざわめき起きぬ枯木立 中村汀女
明易き火焚きをり葉枯れ木の下に 河東碧梧桐
東京の空青く晴れ枯木立 中村苑子
枯れ木を手ごとに入れよ牡丹焚 野澤節子 八朶集以後
枯木立これよりの嵯峨寒からん 高野素十
枯木立どの幹となく揺れはじむ 清崎敏郎
枯木立ぬけて全く自分の影 橋閒石 荒栲
枯木立もゝしなやかに往きにけり 日野草城
枯木立千々ありありと夕日去る 松村蒼石 雁
枯木立名門の門遺りけり 上田五千石『田園』補遺
枯木立小学校の声がして 橋閒石 微光以後
枯木立巡査鳩首し何謀るや 村山故郷
枯木立影一斉に晴れ亘る 日野草城
枯木立月光棒のごときかな 川端茅舎
枯木立檻の鳥獣声尖り 上田五千石『田園』補遺
枯木立灯りのやうな瞳と逢ひぬ 岡本眸
枯木立緑濃きバス来ぬ往きぬ 日野草城
枯木立落つる夕日を止め得ず 中村苑子
枯林に月顔を洗つて出直そうか 金子兜太
枯林墓地の径のそこに尽く 大野林火 海門 昭和十三年
枯林泉低きへ歩み沈む亀 三橋敏雄
梟の思ひかけずよ枯木立 正岡子規 枯木
欠伸して顎ぬくもりぬ枯木立 岡本眸
法堂へ名も知らぬ枯木立かな 金子兜太
群歯朶のひたすら青し枯林 日野草城
赤しともよ倫盗に落日の枯林 金子兜太
雪の日や枯れ木も花の一盛り 正岡子規 雪

以上


by 575fudemakase | 2017-01-24 05:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26579455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング