枯桑 の俳句

枯桑 の俳句

枯桑

例句を挙げる。

くくられて枯桑光る夕かな 萩原麦草 麦嵐
この辺は蚕の村か桑枯るゝ 高浜虚子
こゝに来て低き赤城や桑枯るゝ 岡安迷子
どこまでも枯桑遠く日が沈む 深見けん二
ガソリンカー一人降しぬ枯桑の駅 原田種茅 径
一望の枯桑に山青き白き 京極杞陽 くくたち上巻
一枝の必ず伸びて桑枯るる 京極杞陽 くくたち下巻
募りくる悲愁枯桑のはてしなく 瀧春一 菜園
吹かれ来しもの枯桑にとどまれり 棚山波朗
家離り枯桑のみがかさなりくる 川島彷徨子 榛の木
山村は今桑枯るゝ静けさに 清崎敏郎
意地わるな枯桑と和し甲斐の旅 原子公平
日は一粒枯桑きりと身をしばり 宮坂静生
枯桑にとびつく筬のこだまかな 石原舟月 山鵲
枯桑にぬくき夕べの雨ふれり 長谷川双魚 風形
枯桑には最も遠き灯がともる 加倉井秋を 午後の窓
枯桑に打たせじと抱く福だるま 出牛青朗
枯桑に断崖どつと千曲川 福田蓼汀 山火
枯桑に汽車の短き笛一つ 松本たかし
枯桑に雪ありそめて利根細る 松本たかし
枯桑に雪嶺裾をひきにけり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑のいつもの道を恵方とし 倉田 紘文
枯桑のおどろや夕日どこへ落つ 中島月笠 月笠句集
枯桑のきれいな影の磧径 藤田あけ烏 赤松
枯桑のなかのお寺となりにけり 北村 光阿弥
枯桑のほの~として色ありぬ 高濱年尾 年尾句集
枯桑のみなとに湖の汽船あり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑の径の往来は初薬師 奥田可児
枯桑の断崖どつと千曲川 福田蓼汀
枯桑の日和の中に働ける 京極杞陽 くくたち下巻
枯桑の曙色に囀れり 瀧春一 菜園
枯桑の村に戻りて不仕合せ 川井 梅峰
枯桑の涯に浅間や矗と煙 石塚友二 方寸虚実
枯桑の灯は見てゐるとき灯る 加倉井秋を 午後の窓
枯桑の瓔珞散らす野辺送 松藤夏山 夏山句集
枯桑の道どこからも赤城見ゆ 上村占魚 『霧積』
枯桑や筑波の裸形よこむきに 河合凱夫 藤の実
枯桑や駅と駅との間の村 村山古郷
枯桑をひしひし折りて夜の焚火 瀧春一 菜園
枯桑を抱へ縮めて括りけり 古屋敷香葎
枯桑を括り損ねて弾かれし 鈴木長春
枯桑を燃やし小豆を煮てくれる 沢木欣一
桑枯るるなか電柱を植ゑる声 秋元不死男
桑枯れし安達ケ原に迷ひけり 菱沼杜門
桑枯れてずんずと山の近くなる 広瀬季見子
桑枯れてなりはひもなき町の音 水原秋桜子
桑枯れて伏流あれば滾滾と 下村槐太 天涯
桑枯れて利根の川波照るばかり 河合凱夫 藤の実
桑枯れて古葉鳴らすは雀ども 加藤楸邨
桑枯れて大きな木曾の家となる 大峯あきら 鳥道
桑枯れて大菩薩嶺をつらぬけり 水原秋櫻子
桑枯れて小さき月の高く行く 大峯あきら
桑枯れて山と平野と噛みあへり 川島彷徨子 榛の木
桑枯れて日毎に尖る妙義かな 石橋辰之助 山暦
桑枯れて水の流るる音もなし 清崎敏郎
桑枯れて秩父夜祭来りけり 岡田水雲
桑枯れて秩父街道晴れわたる 武田光子
桑枯れて茶がさく*壟(うね)のつむじ風 飯田蛇笏 春蘭
桑枯れて蒔絵曇りや伊賀盆地 橋本鶏二
桑枯れて西に大きく蔵王山 遠藤梧逸
桑枯れて近江にもある御陵かな 大橋櫻坡子 雨月
桑枯れて遠く浅間の煙噴く 蛭間繁次
母は家子は枯桑の道をくる 高野素十
無人踏切不気味にひかり桑枯るる 馬場草童
肌寒や桑枯れいそぐ風の音 大村のと子
通行人として枯桑の辺を過ぎぬ 加倉井秋を 午後の窓
鶲飛ぶ黄繻子の光り枯桑に 内藤吐天 鳴海抄

枯桑 補遺

どこまでも枯桑遠く日が沈む 深見けん二
ひろびろと桑末枯れて家乏し 松本たかし
千曲川磧の先の桑も枯る 森澄雄
山川に長橋かゝり桑枯れたり 村山故郷
山村は今桑枯るゝ静けさに 清崎敏郎
山桑の枯れし根株に祖母の声 佐藤鬼房
山桑の枯葉を噛めば日暮見ゆ 佐藤鬼房
末枯の桑の果なる町灯る 松本たかし
枯桑にさそはれ枯るゝ木立かな 清崎敏郎
枯桑に咋日も今日も空つ風 高浜年尾
枯桑に断崖どつと千曲川 福田蓼汀 山火
枯桑に雪ありそめて利根細る 松本たかし
枯桑の向うに光る茶の木かな 松本たかし
枯桑の涯に浅間や矗と煙 石塚友二 方寸虚実
枯桑はしらほゝけなり麦青み 日野草城
枯桑は寝覚の床をさまたげぬ 阿波野青畝
枯桑や駅と駅との間の村 村山故郷
枯桑を供へられしをよろこばん 高野素十
枯葉つけし桑と薄墨月信濃 古沢太穂 火雲
枯葉なほ存して桑の括らるる 清崎敏郎
桑くくる枯葉二三枚づつ梢に 山口青邨
桑枯るるなか電柱を植ゑる声 秋元不死男
桑枯るる視てしんしんと妻欲しき 伊丹三樹彦
桑枯る女をみる目ながしけり 石田波郷
桑枯れてあからさまなる住居かな 松本たかし
桑枯れてなりはひもなき町の音 水原秋櫻子 葛飾
桑枯れて伏流あれば滾滾と 下村槐太 天涯
桑枯れて大菩薩嶺をつらぬけり 水原秋櫻子 残鐘
桑枯れて天満宮へみちありぬ 雨滴集 星野麥丘人
桑枯れて天龍河原遠白く 松本たかし
桑枯れて水の流るゝ音もなし 清崎敏郎
桑枯れて爐の火赤しと見て来しや 中村汀女
桑枯れて篁畔雪をとどめたる 富安風生
桑枯れて茶がさく*くろのつむじ風 飯田蛇笏 心像
桑枯れて茶がさく*壟(うね)のつむじ風 飯田蛇笏 春蘭
橋に倦むいま枯桑の白さの上 大野林火 雪華 昭和三十九年
母は家子は枯桑の道をくる 高野素十
母系三代枯桑の瘤だらけ 佐藤鬼房
目路暗し枯れ立つ桑と地の高低 加藤秋邨
脱柵患に桑枯れて湖あからさま 楠本憲吉 孤客
道すぢの桑いたみつつ枯れにけり 上村占魚 球磨
野面今桑の枯れんとしつゝあり 清崎敏郎
鴎とぶ河口の夕日まで枯れ桑 飴山實 おりいぶ

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 07:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26579574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング