枯萩 の俳句

枯萩 の俳句

枯萩

例句を挙げる。

きのふ菊けふ枯萩を焚きにけり 神蔵 器
そこはかと夕日ただよひ萩枯るる 橋本鶏二 年輪
ふとかはる人の表情萩枯るる 橋本鶏二 年輪
乳首より出づるものなし萩枯るる 桂信子
二階より庭が親しく萩枯るる 阿部みどり女 『光陰』
仮面そのまゝ枯萩をくぐりゆく 門奈明子
南縁のぬくゝ萩枯れ画譜置かれ 岸風三楼 往来
園の風高きをわたり萩枯るる 梶井枯骨
好日の蝶のよりどに萩枯るる 亀井糸游
島の娘と「かくれんぼ」して萩枯るる 阿部みどり女
帰る時ふと枯萩に日ののこり 高木晴子 晴居
影つくる力なきまで萩枯れて 田代杉雨堂
快くあづかる留守や萩枯るる 中村汀女
新薬師寺枯萩にまだ手をつけず 安住 敦
枯萩が下に筧の垂氷かな 筏井竹の門
枯萩となり夕闇のこゑとなる 河原枇杷男 定本烏宙論
枯萩となるには未だ間のありて 西村和子 夏帽子
枯萩と遠稲妻を一に見し 斎藤玄 狩眼
枯萩にけむりのごとく女立つ 赤尾兜子
枯萩にわが影法師うきしづみ 高浜虚子
枯萩に僧の奢や妾など 雑草 長谷川零餘子
枯萩に師の亡き嘆き深めけり 大串章
枯萩に放つ伐折羅の眼となりて 神蔵器
枯萩に盛りのことを人はいふ 阿部みどり女
枯萩のいつまで刈らであることか 高浜虚子
枯萩のいろ残しけり風の中 原田 逸子
枯萩のこんがらがりてよき天気 中田みづほ
枯萩のむざと刈られし昨日かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯萩の光りに鹿狼颪かな 阿部みどり女
枯萩の塵かぶらねば刈られずに 稲畑汀子
枯萩の宿てつびんのたぎりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
枯萩の性美しく焚かれけり 長山あや
枯萩の曲線描き尽しつつ 上野 泰
枯萩の焔ましろくすぐをはる 橋本多佳子
枯萩の白き骨もて火を創る 中村苑子
枯萩の葉ずれはなやぎ風の僧 小嶋樹美子
枯萩の西日揺らして刈られけり 阿部みどり女 『陽炎』
枯萩の重なり合ひて枝走る 篠原 としを
枯萩の風聞えしよ又聞ゆ 小川千賀
枯萩の髄脈々と雨氷る 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯萩は刈らずに今日の客の為 星野立子
枯萩やしきりにとべる朝すゞめ 久保田万太郎 流寓抄以後
枯萩やせはしき針に清夫なし 飯田蛇笏 山廬集
枯萩や忙しき針に情夫無し 飯田蛇笏
枯萩をくくりて白き老女の手 佐野美智
枯萩を刈らむとしつゝ経し日かな 安住敦
枯萩を刈りたりバネの強さあり 細見綾子 黄 炎
枯萩を折焚く宿や今年酒 松瀬青々
枯萩を焚かむとすなり横たへて 成瀬櫻桃子
枯萩を焚きて稚魚忌や十年経し 椎名書子
枯萩を焚き星空を曇らしぬ 山田弘子
枯萩を焚き美しき火を獲たり 三溝沙美
枯萩を焚く高高と炎飛び 上野泰 佐介
枯萩を起せばもとの暗き家 安井浩司 阿父学
枯萩叢明るく人語透きやすし 中島和昭
波郷死に枯萩に日の載りてゐし 加畑吉男
海を見し昨日は遠し萩枯るる 阿部みどり女
縷ともつる枯萩一事に執しけり 福田蓼汀 秋風挽歌
芭蕉枯れ萩枯れ吾に少しみどり 窪田丈耳
萩かれて雪隠見ゆる寒かな 横井也有 蘿葉集
萩枯るる人工水路に水少し 金子邦子
萩枯るる枝先は眼の果のごと 皆吉爽雨
萩枯るる風光り来る卓の上 岡本 眸
萩枯れいにしへの蹴鞠をおもふおん沓さゝげまつるを 中塚一碧樓
萩枯れてあけたてさむき障子かな 橋本鶏二 年輪
萩枯れて奥の細道どこへやら 広瀬惟然
萩枯れて山門高し南禅寺 高浜虚子
萩枯れて帯の間より銭出す人 細見綾子 黄 炎
萩枯れて斑愈々濃し鹿の親 西山泊雲 泊雲句集
萩枯れて波も幾重や荒岬 鈴木真砂女
萩枯れて芒は枯れて佐渡見ゆる 前田普羅 新訂普羅句集
萩枯れて音といふものなかりけり 富安風生
萩枯れて黄なりさゞなみ盈ち走る 渡邊水巴 富士
萩枯れぬ焚けばばうばう燃ゆるべし 森冬比古
葉をふるふ力も尽きて萩枯るゝ 大橋桜坡子
薺つむ野や枯萩もおもひ草 松岡青蘿
野袴の子は枯萩に立つべかり 斎藤玄
雲しづかに枯萩の芽の尖りけり 渡辺水巴 白日
風強き日の枯萩を玻璃ごしに 高濱年尾 年尾句集
鶴塚に日のふりそそぎ萩枯るる 宮内林童


枯萩 補遺

みの虫のまとひし萩の枯葉かな 細見綾子
よろづ枯る一萩叢をのみ残し 安住敦
ヒラリヤ病む犬の余命に萩枯れゆく 村山故郷
一院の枯萩鍋削るなり 石田勝彦 百千
乳首より出づるものなし萩枯るる 桂信子 月光抄
公魚釣る萩の枯枝の如き竿 山口青邨
名草枯ることにも萩の尾羽あはれ 上田五千石 風景
在所の上西受山の萩の枯 右城暮石 句集外 昭和八年
彳むやちりちりと鳴る萩枯葉 富安風生
息ふはと出て枯萩の前通る 岡本眸
括りおきたる枯萩を刈りにけり 安住敦
新薬師寺枯萩にまだ手をつけず 安住敦
末枯の萩に風出ぬ昼さがり 日野草城
枯れてしまうて萩もすすきも濡れてゐる 種田山頭火 草木塔
枯れてより日の経つてゐる萩を見し 細見綾子 桃は八重
枯れにけり牡丹と言はず萩と言はず 安住敦
枯れ残るものに萩あり刈りにけり 安住敦
枯れ黄ばむけしきに萩の盛りかな 原石鼎 花影
枯菊を焚き枯萩はまだ刈らず 安住敦
枯菊を焚き萩を焚き自愛かな 福田蓼汀 山火
枯萩と遠稲妻を一に見し 斎藤玄 狩眼
枯萩にけむりのごとく女立つ 赤尾兜子 玄玄
枯萩にものの雅びのひそみゐし 後藤比奈夫
枯萩に女ばかりの小句会 山口青邨
枯萩のむざと刈られし昨日かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯萩の日向へころぶ雀かな 雨滴集 星野麥丘人
枯萩の早きともしびつきにけり 山口青邨
枯萩の曲線描き尽しつつ 上野泰
枯萩の焔ましろくすぐをはる 橋本多佳子
枯萩の白き骨もて火を創る 中村苑子
枯萩の箒を作る約束よ 細見綾子
枯萩の緑をのこし黄をのこし 高野素十
枯萩の縷よりも繊きもつれかな 富安風生
枯萩の芽噴きて墓地によきところ 右城暮石 句集外 昭和三十年
枯萩の髄脈々と雨氷る 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯萩は刈り枯芒存せしめ 清崎敏郎
枯萩は陸奥紙につゝみけり 路通
枯萩も芽ぶくつゝじも暖かさ 右城暮石 句集外 昭和五年
枯萩やせはしき針に清夫なし 飯田蛇笏 山廬集
枯萩や日和定まる伊良古崎 正岡子規 枯萩
枯萩をつかねてありし縄ならむ 安住敦
枯萩を刈らむとしつつ経し日かな 安住敦
枯萩を刈らんと思ひ飯を食ふ 右城暮石 句集外 昭和十六年
枯萩を刈りたりバネの強さあり 細見綾子
枯萩を刈り伏せたれば年終る 細見綾子
枯萩を焚く高高と炎飛び 上野泰 佐介
枯萩を筆の軸とし萩筆と 山口青邨
枯萩を落ちぬ枯葉や馬の聲 永田耕衣
枯萩刈つてあと虚しさに月日経つ 安住敦
枯蓮の寺を見枯萩の寺も見き 安住敦
母と焚く枯萩の焔のしろがねに 寒食 星野麥丘人
水照るや枯れつゝ萩のうすみどり 渡邊水巴 富士
焚きものに萩生マ枯を年迎ふ 右城暮石 句集外 昭和十四年
燃さんと枯萩を横たへしなり 細見綾子 桃は八重
盗人萩流人送りし岸に枯れ 松崎鉄之介
神将ら枯萩などは刈らずけり 安住敦
総彦忌萩寺はもの枯れそむる 石川桂郎 高蘆
縷ともつる枯萩一事に執しけり 福田蓼汀 秋風挽歌
花つけてゐしやうに枯れ萩の枝 細見綾子 桃は八重
萩も菊も芒も枯れて松三本 正岡子規 枯萩
萩伐られ菊枯れ梅の落葉哉 正岡子規 枯菊
萩伐られ菊枯れ鶏頭倒れけり 正岡子規 枯菊
萩刈りし庭のかなたや枯芒 正岡子規 枯薄
萩山吹萩山吹と枯れならび 富安風生
萩枯て釣瓶落しの入日かな 長翠
萩枯るるまろ葉まろ葉の黄ばみつつ 山口青邨
萩枯るる枯れ切らずして十二月 細見綾子
萩枯るる身につけしもの一切捨て 安住敦
萩枯るる風光り来る卓の上 岡本眸
萩枯れてとどまる月日刈られけり 稲畑汀子
萩枯れてゐし光明の溢れゐし 後藤比奈夫
萩枯れて墓らしからぬ墓一つ 星野麥丘人
萩枯れて奥の細道どこへやら 惟然
萩枯れて帯の間より銭出す人(向島百花園) 細見綾子
萩枯れて極楽坊の縁ぬくし 燕雀 星野麥丘人
萩枯れて石の墓場は丘を越ゆ 山口青邨
萩枯れて隣の菊を妬みけり 正岡子規 菊
萩枯れて音といふものなかりけり 富安風生
萩枯れて頬白訪はずなりにけり 三橋鷹女
萩枯れて黄なりさゞなみ盈ち走る 渡邊水巴 富士
萩枯葉ちぢかまざるを得ず存す 阿波野青畝
萩枯葉まとひてゐたり小蓑虫(金沢、尾山神社三句) 細見綾子
萩芒互に枯れて乱れたる 高浜年尾
萩芒従弟のやうに枯にけり 松窓乙二
蓮枯れて塔萩枯れてそこにも塔 安住敦
薺つむ野や枯萩もおもひ草 松岡青蘿
野の冬の序に枯つ庭の萩 田川鳳朗
雄島白砂潮さびて萩枯れつくす 佐藤鬼房
雲しづかに枯萩の芽の尖りけり 渡邊水巴 白日

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 07:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26579582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング